転職エージェントおすすめランキング13選

プログラマーやめたい、向いてない…辞める理由5選&おすすめの転職先

プログラマーやめたい、向いてない…辞める理由5選&おすすめの転職先

この記事では、「プログラマーをやめたい…という人に向けて、

『プログラマーを辞めたいと思う理由』や、『向いていない人の特徴』などをお伝えしていきます!

プログラマーとして働いている人の中には、このまま無理をしながら働き続けて良いのかと不安を感じる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、プログラマーから転職を成功させる方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • プログラマーをやめたい
  • プログラマーが向いていない気がする
  • プログラマーに疲れた
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

プログラマー辞めたい…と思ったら限界がくる前に行動すべき

佐々木

早速ですが、プログラマーを辞めたくて悩んでいるなら、早めに行動を始めるべきです!

なぜなら、プログラマーは向き不向きが現われやすい職種でもあるので、

仕事を始めてから様々な悩みが出てくる可能性が大いにあるからです。

納期によるストレスや残業時間からくる体調への影響など、悩みが深くなると自分をどんどん苦しめることになります。

中には、無理をしながら仕事を続けた結果、体調を崩してしまった人もいます。

実際にTwitterを見てみても、プログラマーで体を壊してしまった事例が出てきます。

フリーランスエンジニアと言えるほどではないけど、たまにエンジニアとして超簡単な仕事なら受けてるよ。

2-3万とかの即終わるやつだけどもw

— ほっしー@メンタルハッカー (@HossyMentalHack) August 28, 2018

少しでもプログラマーを辞めたいと思っているのであれば、転職エージェントに登録して、

自分に合った求人や自己分析の方法について相談してみましょう!

次に、プログラマーをやめたいと思う理由を見ていきましょう!

プログラマーを辞めたいと思う5つの理由

佐々木
それでは、プログラマーをやめたいと思う理由についてお伝えしていきます!

次の5つの理由を見ることで、自分がプログラマーを辞めたい理由も明確になってきますよ!

プログラマーをやめたい理由
  1. 残業が多すぎる
  2. 人間関係に疲れた
  3. プログラミングが苦手
  4. スキルアップ・キャリアアップが出来ない
  5. IT業界のスピード感についていけない

それぞれ見ていきましょう!

理由1|残業が多すぎる

プログラマーは残業が当たり前な上に、残業代が払われない企業も多いため、辞めたいと思う人が多いです。

プロジェクトの納期によっては深夜残業だけでなく、休日出勤や徹夜で作業を行う会社もあります。

数日だけなら我慢できますが、そもそもの納期設定が無理なスケジュールで組まれているなど、日常的に繰り返されては限界が来ます。

このような状況では、給料が変わらないのに時間ばかりが過ぎ、心と身体がすり減ってしまうので、辞めたいと思い始めるようです。

理由2|人間関係に疲れた

プログラマーには、コミュニケーションが苦手な人が多いことから、人間関係を上手く築けずに辞めたいと思う人もいます。

なぜなら、コミュニケーションが取れないことで、連携が取れなかったり、トラブルに発展してしまうことがあるからです。

コミュニケーションが出来ない人がいると、報告や連絡の周知すらままならないので、円滑に仕事を進めることが出来ません。

また、このような状況を生んでしまうと、職場の雰囲気が悪くなったり、時には邪魔者扱いされてしまうことも…。

このように人間関係が悪くなっていき、人間関係に疲れて辞めたいと思うのです。

理由3|プログラミングが苦手

プログラマーになって時間が経つにつれて、プログラミングが苦手と感じるようになり、辞めたいと思う人も多いです。

なぜなら、プログラミングには様々な言語があるため、幅広い知識が必要になるからです。

実際、「最初のうちは何とかなっていたけど最近ついていけない…。」「複数言語は出来るけど、高度な内容は分からない!」と思っている人も多いようです。

現場では自分の状況やスキルに関わらず、出来ること前提で話が進んでしまうことも多いため、

プログラミングの苦手意識が強まって辞めたいと思うようです。

理由4|スキルアップ・キャリアアップが出来ない

下請けの企業や部署の問題で、何年働いても上流工程に関わることが出来ない場合は、スキルアップやキャリアアップを見込めません。

なぜなら、このような状況ではプログラミングとテストの繰り返しなど、末端の仕事しか出来ずスキルが身に付かないからです。

また、体力や学習能力の低下を理由に、35歳を過ぎるとプロジェクトに入れてもらえないことも…。

スキルがついたころには仕事が無くなったり、会社に居場所が無くなる不安から、プログラマーを辞めたいと思う人も少なくありません。

理由5|IT業界のスピード感についていけない

IT業界は常に成長し続けているため、プログラマーも常に新しい技術を勉強し続ける必要があります。

若いうちは最先端の情報を幅広く追えますが、いつまでも追い続けるのは難しいです。

なぜなら、年齢とともに最新技術を追いかけるのは面倒になるうえに、新しい情報を受け取りづらくなるからです。

最新技術についていけないと、専門分野に詳しいとも言えなくなっていき、最終的には時代遅れなエンジニアになりかねません。


佐々木
ここまで、プログラマーをやめたいと思う理由をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

プログラマーを辞めたい理由
  1. 残業が多すぎる
  2. 人間関係に疲れた
  3. プログラミングが苦手
  4. スキルアップ・キャリアアップが出来ない
  5. IT業界のスピード感についていけない
ゆり
皆さんこういう理由で辞めたいと思っているんですね…。
佐々木
そうなんです!

少しでもプログラマーを辞めたいという気持ちがあるなら、

これまでの経験を活かして転職するという手もありますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、そもそもプログラマーに向いていない人の特徴をお伝えします!

そもそもプログラマーに向いていない人の特徴3選

佐々木
ここでは、そもそもプログラマーに向いていない人の特徴を紹介します!

特徴を知ることで、今の環境やモチベーション的に辞めたいのか、向いていないのかが分かりますよ!

向いていない人の特徴
  1. 「常に勉強していこう」という意識を強く持てない
  2. 論理的思考よりも感覚的思考を大切にしてしまう
  3. 現在、そしてこれから先のプログラミングの仕事を楽しめていない

1つずつ説明していきます!

特徴1|「常に勉強していこう」という意識を強く持てない

IT業界は変化が激しいので、常に勉強して行こうという意識が持てないと、業界の常識に乗り遅れてしまいます。

なぜなら、日々新しい技術やトレンドが出ているので、学び続けていく必要があり、新たに学んだこともすぐに古くなってしまうからです。

そのため、プログラマーであり続ける限り常に勉強が必要になります。

プログラマーの中には、休日も勉強をしたり、意識しなくても技術的な情報にアンテナを張っている人が多いため…

勉強をしていないと大きな差が出来てしまいます。

特徴2|論理的思考よりも感覚的思考を大切にしてしまう

プログラマーは様々な場面で論理的思考が大切になります。

なぜなら、感情的思考を優先してしまうと業務に影響が出たり、苦痛を伴うことが増えるからです。

プログラマーの実務において、バグの修正やコードの見直しは日常茶飯事です。

このとき、バグの原因を論理的に突きつけられれば問題ありませんが、「面倒くさい」などの感情が先に出てしまうと日常の業務は苦痛になるでしょう。

また、プログラマーが関わる多くの人は技術的な知識がないため、作業が大変な依頼が来ることもあります。

このような状況が続くので、コードの書き方から完成までのプロセスを楽しめる人でないと、感情的になってしまったり苦痛の連続になる可能性が高いのです。

特徴3|現在、そしてこれから先のプログラミングの仕事を楽しめていない

プログラマーとして向いているかどうかは、プログラミング作業そのものが好きかどうかで分かります。

なぜなら、プログラマーの仕事の多くはコードを書くことだからです。

プログラミングが好きでない限り、仕事を続けるうちに疲弊してしまうでしょう。

キャリアをしっかり築けるように、長期的な目線でプログラマーを続けられるか考えてみてください!


佐々木
ここまで、プログラマーに向いていない人の特徴をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

プログラマーに向いていない人の特徴
  1. 「常に勉強していこう」という意識を強く持てない
  2. 論理的思考よりも感覚的思考を大切にしてしまう
  3. 現在、そしてこれから先のプログラミングの仕事を楽しめていない
ゆり
このような人はプログラマーに向いていないんですね…。
佐々木
そうなんです!

これらの特徴を踏まえて、長期的にみてプログラミングを続けられるかどうかの判断をしてみてくださいね!

次に、実際にプログラマーを辞めてよかった人の体験談を見てみましょう!

プログラマー辞めて良かった!やめた人の成功体験談

佐々木
それでは実際に、プログラマーを辞めてよかった人の体験談を紹介します!

実際の成功例を見ることにより、より鮮明に転職のイメージができるはずです!

ゆり
プログラマーから転職して、生活が豊かになっている人もいるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この体験談を読んで、少しでも転職したいと思った人は…

転職エージェントに登録して行動を始めることをオススメします!

次の章で、プログラマーからの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

失敗を最小限に抑えて、プログラマーから転職を成功させる方法

佐々木
失敗を最小限に抑えて、プログラマーからの転職活動をするためには…

転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえます!

転職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く混ざっていたり、求人サイトは1人で就活を進める必要があるのでブラック企業を見極めにくかったりします。

転職エージェントについて

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的に転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

就職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

おすすめ就職エージェント6選

佐々木
私がおすすめする就職エージェントを紹介します!

次の就職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの就職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『ワークポート』
    IT・Web・ゲーム系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアへの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    業界トップクラスのIT求人数
    【公式】https://career.levtech.jp/
  4. 『dodaエンジニアIT』
    大手企業を中心に3万件以上のIT求人を持つ
    【公式】https://doda.jp/engineer/
  5. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
  6. 『TechClipsエージェント』
    高年収&高待遇に特化した求人を保有
    【公式】https://agent.tech-clips.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、プログラマーを辞めたい人におすすめの転職先をお伝えします!

プログラマーを辞めたい人におすすめの転職先6選

佐々木
それでは、プログラマーを辞めたい人におすすめの転職先を紹介します!

転職先を知ることで、これからのキャリアプランを考えやすくなりますよ!

おすすめの転職先
  1. 社内SE
  2. Web業界のエンジニア
  3. Webプランナー
  4. Webプロデューサー
  5. IT営業
  6. データアナリスト

1つずつ紹介していきます!

おすすめの転職先1|社内SE

プログラマーからの転職で一番一般的なのは、社内SEに転職することです。

社内SEは自社のシステムのため上流工程を担当でき、比較的仕事の負担が少ないので余裕をもって働けます。

勤務先
  • 一般企業・製造業・金融業・メーカーなど
仕事内容
  • 自社のシステムの開発・運用・保守
  • PCやネットワーク周りの全ての業務のサポート  など
おすすめ
ポイント
  • 土日休みで残業が少ない企業が多い
  • 企画・要件定義などの上流工程を担当できる

おすすめの転職先2|Web業界のエンジニア

ECサイトやSNSなどのインターネットサービスを提供するWeb業界は、自社開発が基本のためWebエンジニアとして転職が出来ます

Web業界では、企画から運用まで全ての工程を行えることに加え、最新の技術に触れる機会も多いです。

また、急成長している業界のため採用も積極的に行っているので転職しやすい仕事です!

勤務先
  • インターネットサービスを提供する企業 など
仕事内容
  • 新規サービスの企画
  • インターネットサービスの開発・運用 など
おすすめ
ポイント
  • スピーディーで柔軟に開発が出来る
  • PHPやJavascriptなどチャレンジしやすい言語が多い

おすすめの転職先3|Webプランナー

プログラマーの経験を生かしてディレクションやプランニングを行いたい人には、Webプランナーがおすすめです!

プログラマーとしての経験は、ディレクターやプランナーへ転職したときの大きな強みになります!

また、経験を積んでキャリアアップすることも出来るので、長期的に見てもおすすめの職種です!

勤務先
  • Webサイトを提供する企業 など
仕事内容
  • Webコンテンツ制作のプランニング
  • クライアントからのヒアリング~企画設計
おすすめ
ポイント
  • クライアントとやり取りができる
  • 幅広い知識を得ることが出来る
佐々木
現場よりの制作がしたい人は、Webディレクターがおすすめです!

おすすめの転職先4|Webプロデューサー

人と関わりながら事業計画~設計を行いたい人は、Webプロデューサーがおすすめです。

Webプロデューサーは人のコミュニケーションが必要なので、プログラマーではマイナスとされていた感覚的思考が重宝されます。

勤務先
  • Webサイトを提供する企業 など
仕事内容
  • 事業計画、サイト設計、予算管理
おすすめ
ポイント
  • 人と多く関われる
  • 戦略的思考や経営者的思考が身に付く
佐々木
Webプロデューサーは、Webプランナーの業務に加えて予算などお金の管理も行うと考えるとイメージしやすいでしょう!

おすすめの転職先5|IT営業

お客様とコミュニケーションを取ったり、感謝されることにやりがいを感じる人は、IT営業がおすすめです!

直接お客様とやり取りが出来るので、生の声を知ることが出来ます!

勤務先
  • IT関連の製品やサービスを販売・提供する企業
仕事内容
  • 自社製品の販売や契約後のフォロー
  • お客様との価格や納期の交渉
おすすめ
ポイント
  • 高度な営業力が身につく
  • IT技術などの知識を活かせる
佐々木
IT営業もニーズが増えており、中でもIT技術について説明できる人は重宝されるので、転職にはおすすめです!

おすすめの転職先6|データアナリスト

分析やマーケティングが好きな人は、データアナリストがおすすめです!

大量のビッグデータを分析し、その中から利用者の行動や将来的なニーズなどを見出すことで、サービス改善に役立てています、

勤務先
  • Webサイトやネットゲームの運営会社 など
仕事内容
  • ITデータの分析から消費者の行動の特徴や傾向を見つける
  • 問題点や課題の解決策の提示
おすすめ
ポイント
  • マーケティングの知識が身に付く
  • 幅広い知識が身に付くのでキャリアアップにも有利

佐々木
ここまで、おすすめの転職先についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

おすすめの転職先
  1. 社内SE
  2. Web業界のエンジニア
  3. Webプランナー
  4. Webプロデューサー
  5. IT営業
  6. データアナリスト
ゆり
プログラマーからキャリアアップできる仕事だけでも、こんなにいろいろあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

これ以外にも、転職出来る職種はたくさんあるので…

転職エージェントを利用して相談してみることをオススメします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、プログラマーを辞める人が転職前に準備するべきことを紹介します!

プログラマーを辞める人が準備するべきこと

佐々木

それでは実際に、プログラマーを辞めるために準備すべきことをお伝えします。

転職の準備をきちんとすることで、スムーズに転職活動を行えます!

まず、プログラマーを辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。

辞める前に準備するべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う

それぞれ詳しくみていきましょう。

準備1|次の職場でやりたいことを明確にする

実際に転職届けを出す前に、まずんな仕事に転職するのかを明確にしておくことが大切です。

焦って転職先を決めると、転職を繰り返す結果になるリスクもあります。

佐々木

焦って転職先を決めて、転職を繰り返して今後のキャリアに影響してしまった人もいます。

準備2|応募先が求めていることを理解する

応募先が求めていることを理解することも大切です。

応募先が求めていることを理解せずに転職活動を進めてしますと、思うように転職活動が進まないこともあります。

佐々木

実際に、自分一人で応募先が求めていることを理解するのは難しい場合が多いです。

転職を成功させる為にもプロのエージェントを利用することをおすすめします。

準備3|プロに相談して転職先のリサーチを行う

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

プロのエージェントに相談しながら転職先のリサーチを行いましょう!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

職種だけではなく、どんな条件・待遇で求人を探すのかを決めておくと、より自分に合った求人を探しやすいです。

佐々木

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木
ここまで、プログラマーを辞めるために準備すべきことをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

辞める前に準備するべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う
ゆり
この3つは、事前に準備しておくと良いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この3つを行うことで、自分が理想とする転職先を見つけやすくなりますよ!

プログラマーを辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

佐々木
ここまで、プログラマーを辞めたい人に向けて転職方法などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • プログラマーは向き不向きが出やすい仕事
  • 少しでも辞めたいならすぐ行動に移すべき
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『ワークポート』
    IT・Web・ゲーム系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアへの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    ITエンジニアの求人が転職サービスの中ではトップレベル
    【公式】https://career.levtech.jp/
  4. 『dodaエンジニアIT』
    大手企業を中心に3万件以上のIT系の求人を持つ
    【公式】https://doda.jp/engineer/
  5. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
  6. 『TechClipsエージェント』
    高年収&高待遇に特化した求人を保有
    【公式】https://agent.tech-clips.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!