確実に退職できる!皆が納得する退職理由3選&正しい伝え方のポイント

確実に退職できる!皆が納得する退職理由3選&正しい伝え方のポイント

この記事では、「確実に退職できる退職理由が知りたい!」と思っている人に向けて、

『皆が納得する退職理由の例』や、『退職理由を伝える時のコツ』などをお伝えしていきます!

円満に会社を辞めるためには、確実に退職できる理由を用意し、スムーズに退職手続きを進める必要があります。

この記事を最後まで読めば、確実に退職できる理由が分かり、会社と揉めることなく仕事を辞められますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

確実に退職できる!皆が納得する理由3選

転職エージェントの佐々木
佐々木

早速ですが、確実に退職できる理由からお伝えします!

お伝えする退職理由を伝えれば、誰もが納得してくれるので、ほぼ100%会社を辞めることができますよ!

確実に退職できる理由
  1. 転職してキャリアアップしたい
  2. やりたい分野の仕事が見つかった
  3. 自分の身体を大切にしたい

それぞれ理由の解説と、伝え方の例を紹介します!

退職理由1:転職してキャリアアップしたい

転職してキャリアアップを目指したいというのは、退職理由の中でも代表的なものです。

キャリアアップしたいという思いの裏には、夢を叶えたい、もっと難しい仕事がしたい、スキルを磨いて給料を上げたいなどの思いがあるはずです。

基本的に、キャリアアップしたいと思うことは、前向きな気持ちの表れであり、上司をはじめ会社の人は応援をしてくれます。

一昔前の終身雇用の時代は終わり、今は転職してキャリアアップしながら、個人の価値を高める時代なので、引き止められることも少ないですよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木
キャリアアップしたいという退職理由の伝え方の例を紹介しておきます!
伝え方の例

お忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございます。

急なことで申し訳ないのですが、◯月いっぱいでの退職を考えております。

今し方将来について考えたところ、スキルを磨いて業務の幅を広げたり、新たな環境で自分の力を伸ばしたいと思うようになりました。

今の業務内容にももちろん満足していますが、今後はさらに幅広いことに携われる仕事をしてきたいと考えています。

そのため、誠に身勝手ですが、◯月で退職させていただきたいと存じます。

退職理由2:やりたい分野の仕事が見つかった

やりたい分野の仕事が見つかったというのも、確実に辞められる退職理由の一つです。

実際、世の中には数えきれない数の仕事があるので、1つの分野だけでなく、他の仕事に興味を持つ人はたくさんいます。

また、働いていく中で就職活動をしていた学生時代には知らなかった職業を知り、挑戦してみたいと思う人もいるものです。

決して今の仕事に問題がある訳ではなく、他で活躍したいという前向きな気持ちからくる退職なので、ほとんどの上司が応援してくれますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
やりたい分野の仕事が見つかったという退職理由の伝え方の例を紹介しておきます!
伝え方の例

お忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございます。

急なことで申し訳ないのですが、◯月末で退職を考えております。

今の仕事にはとても魅力を感じてしますが、以前から◯◯業界に興味があって、この度本気でチャレンジすることを決意しました。

将来のことを考えると、今挑戦すべきだと思い、この時期に退職することを決めました。

そのため、誠に身勝手ですが、◯月で退職させていただきたいと存じます。

退職理由3:自分の身体を大切にしたい

体調を優先したいというのも、退職する時の理由ではよく使われます。

実際、長時間労働や休みの少なさから身体に支障をきたしている社会人の人はたくさんいます。

仕事のし過ぎで健康に害を及ぼすことは、あってはならないことなので、無理せず体調を優先したいことを伝え、退職を申し出ましょう。

実際、身体に支障が出ているなら、上司も無理して引き止めたりはしません。

また、病気になってしまった人は、病院で診断書を書いてもらい、退職を伝えるのと一緒に提出するのもありです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
身体を大切にしたいという退職理由の伝え方の例を紹介しておきます!
伝え方の例

お忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございます。

急なことで申し訳ないのですが、◯月末で退職を考えております。

今の仕事を続けたいと頑張ってきましたが、最近体調が悪くなり、続けるのは難しいと考えています。代わりを見つけるのも大変だと思うので、早めに報告させていただきました。

大変申し訳ございませんが、療養のためにも◯月で退職させていただきたいと存じます。


転職エージェントの佐々木
佐々木

以上が、確実に辞められる退職理由です!

確実に退職できる理由
  1. 転職してキャリアアップしたい
  2. やりたい分野の仕事が見つかった
  3. 自分の身体を大切にしたい
転職希望者のゆり
ゆり
こういった理由であれば、確実に退職できるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

他にも、親の介護に専念したい、結婚が決まった、妊娠したなどの理由であれば、退職できる確率が高いですよ!

次の記事では、よく使われている退職理由の紹介もしているので、参考程度で見ていただければと思います!

次の章では、退職理由を伝える時のコツを紹介します!

絶対に辞められる!退職理由を伝える時のコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、退職理由を伝える時のコツを紹介します!

確実に会社を辞めるためにも、お伝えするコツを知っておくことは大切ですよ!

退職理由を伝える時のコツ
  1. 会社に対するネガティブな退職理由は言わない
  2. 退職することがやむを得ない理由を伝える
  3. 転職先が決まっていても絶対に言わない
  4. 絶対に退職するという気持ちを変えない

コツ1:会社に対するネガティブな退職理由は言わない

退職理由を伝える時に、会社に対するネガティブな発言をするのはやめておきましょう。

「どうせ辞めるから、言っておきたいことを最後に言いたい」と思う人もいますが、揉めてしまう可能性もあるので、我慢すべきです。

実際、不平や不満を伝えたところで、退職の話がスムーズにいくわけではありません。

また、退職理由を伝えてから少しの間は、働かないといけないので、ネガティブな理由を伝えてしまうと、居心地が悪くなりますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木

円満退職はもちろん、残りの時間働き辛くならないためにも、ネガティブな発言は控えましょう。

コツ2:退職することがやむを得ない理由を伝える

確実に退職するためには、退職がやむを得ないことを納得してもらう必要があります。

自社では実現できないスキルを得たいことや、別の分野に挑戦したいという前向きな理由であれば、上司も簡単には引き止められません。

また、結婚や出産、親の介護など、他に代われる人がいないという理由も、やむを得ないので引き止められることは少ないです。

嘘をつくことはいけませんが、「どうしても今退職しないとダメ」という気持ちをしっかりと伝えることが大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
露骨な嘘はさけ、しっかりと本音で退職したい気持ちを伝えましょう。

コツ3:転職先が決まっていても絶対に言わない

すでに転職先が決まっていたとしても、退職理由を伝える段階では伝えない方が良いです。

実際、転職先に関しては、上司に伝える義務はありませんし、伝えたところで余計なトラブルに発展する可能性もあるからです。

悪い上司であれば、嫌がらせや引き止めのために、転職先に連絡する場合もあります。

裏でどんな話をされるか分からないので、転職先を聞かれても、具体的な名前などは絶対に出さないでおくべきです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職先を伝えるメリットはないので、話すとしても内定を貰っている会社があるという程度に押さえておきましょう。

コツ4:絶対に退職するという気持ちを変えない

どんな状況になっても、絶対に退職するという気持ちを変えてはいけません。

退職の旨を上司に伝える人は、それなりの覚悟を持って話をしに行っていると思います。

しかし、上司によっては上手く条件や働く環境の改善の話をして、引き止めてくる場合もあります。

そこで気持ちが折れて、会社に残ることにしても、一度退職の話をしたことで、居心地が悪くなる可能性もあります…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

条件や環境の改善の話をされても、実際に働きやすくなるとは限りません。

一度退職の旨を話したなら、絶対に気持ちを曲げるべきではありません!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、退職理由を伝える時のコツです!
退職理由を伝える時のコツ
  1. 会社に対するネガティブな退職理由は言わない
  2. 退職することがやむを得ない理由を伝える
  3. 転職先が決まっていても絶対に言わない
  4. 絶対に退職するという気持ちを変えない
転職希望者のゆり
ゆり
こういったコツを意識して、退職の話をすれば良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

しっかりと納得してもらうためにも、どういった形で退職理由を伝えるかは重要ですよ!

次の章では、円満に退職するために知っておくべきポイントをお伝えします!

円満に退職するために知っておくべきポイント

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、円満に退職するために知っておくべきポイントをお伝えします!

お伝えするポイントを理解しておけば、よりスムーズに退職の話が進みますよ!

知っておくべきポイント
  1. なるべく早く退職の旨を切り出す
  2. 直属の上司に退職の旨を切り出す
  3. 繁忙期近くでの退職はなるべく避ける

ポイント1:なるべく早く退職の旨を切り出す

退職の旨を切り出すのは、なるべく早い方が良いです。

具体的には、1〜3ヶ月前までが理想と言えます。

早く切り出した方が良い理由としては、引き継ぎ、社内外への挨拶、有給休暇の消化など、退職の準備があるためです。

退職者側も会社側も、早めに切り出すことで動きやすくなるので、早ければ早いほど、退職をスムーズに受け入れてくれる確率が上がると言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

法律的には、退職日から2週間前までに申し出れば、退職できるとなっています。

ただ、退職の準備は意外と大変なので、早めに切り出すことをおすすめします。

ポイント2:直属の上司に退職の旨を切り出す

退職の旨を一番最初に伝えるのは、直属の上司です。

仕事で一番お世話になっている人ですし、責任者という立場もあるので、直属の上司から伝えましょう。

間違っても、仲の良い同期や後輩、また直属の上司よりも上の立場の人に伝えてはいけません。

本人からではなく、別の人から直属の上司に退職の話が回れば、上司は信頼されていないと感じ、残りの期間仕事がやりにくくなる可能性があります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
いくら仲が良くても、上司よりも前に、同僚や後輩に退職の話はしてはいけませんよ。

ポイント3:繁忙期近くでの退職はなるべく避ける

できる限り繁忙期近くでの退職は避けるべきです。

一番忙しくなる時期に退職したいと言っても、最低でも繁忙期が終わるまで待ってほしいと言われる可能性が高いです。

また、繁忙期の期間のうちに、条件や環境の改善を進めて、繁忙期後も引き止められて、そのまま働かされる可能性もあります。

すぐに辞めたい気持ちも分かりますが、できる限り繁忙期は頑張って、落ち着いてから退職の話をするのが良いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
落ち着いて話をするためにも、上司が忙しくないタイミングを狙うのが、スムーズに辞められるコツと言えます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、円満に退職するために知っておくべきポイントです!
知っておくべきポイント
  1. なるべく早く退職の旨を切り出す
  2. 直属の上司に退職の旨を切り出す
  3. 繁忙期近くでの退職はなるべく避ける
転職希望者のゆり
ゆり
なるべく早めに、直属の上司に切り出すのが良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

退職理由の伝え方も大事ですが、切り出すタイミングも重要なんですよ!

退職の切り出し方については、こちらの記事でも詳しく書いているのでご覧ください!

次の章では、上司に退職を引き止められた時の対処法をお伝えします!

万が一上司に退職を引き止められた時の対処法

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、万が一上司に退職を引き止められた時の対処法をお伝えします!

上司によっては引き止めがしつこいこともあるので、対処法を知っておきましょう!

先ほどもお伝えしましたが、一度退職の意思を固めたのであれば、たとえ引き止めにあっても、自分の気持ちを曲げないようにすべきです!

上司によっては、会社に残ってもらうために、ありとあらゆる事をしてくる可能性があります。

たとえ、不満を解消するために、条件や環境を改善すると言われても、退職の意思は曲げるべきではありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
退職の意思を曲げるべきではない理由としては、次のことが考えられるからです!
退職の意思を曲げるべきではない理由
  1. 良い条件は上司が引き止めるための虚言の可能性がある
  2. 一度退職の意思を伝えたことで、社内で腫れ物扱いされる可能性がある
  3. 次退職したくなっても、退職の意思を伝えにくくなってしまう
転職希望者のゆり
ゆり
こういった理由があるから、退職の意思は曲げるべきではないんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

気持ちを曲げることで、危険な目にあう可能性があるんです。

なお、上司の引き止めがあまりにもしつこい時は、最終手段として「内容証明」で退職届を提出するという方法があります!

会社の人事部宛に内容証明で退職届を提出すれば、自動的に2週間後に退職できます。

内容証明について

内容証明は、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰宛に差し出したかを、差出人が作成し謄本によって、郵便局が証明する制度です。

よって、退職届を内容証明で郵送すれば、確実に退職届を提出したことが証明できます。

内容証明の差出方法や料金についてはこちらをご覧ください。

ただし、内容証明は最終的な対処法です。

内容証明で退職届を提出すれば、上司はもちろん、会社側は憤慨し、円満に退職できなくなる可能性が高いです。

提出後も働きにくくなるので、本当に最終手段として知っておきましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、上司が納得できる退職理由を用意して、根気強く交渉を続けることが大切ですよ!

次の章では、退職をサポートしてくれるおすすめのサービスを紹介します!

退職をサポートしてくれるおすすめのサービス

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、退職をサポートしてくれるおすすめのサービスを紹介します!

一人で退職手続きをするのが難しい人は、各種サービスを活用することをおすすめします!

具体的には、退職のサポートを依頼したい人は「転職エージェント」に頼むことがおすすめです!

転職エージェントは、これまで数多くの転職者をサポートしてきた経験を活かし、退職に関する悩みや手続きの相談にも乗ってくれます。

また、退職のサポートだけでなく、次の転職先の紹介も行ってくれるので、登録しておくことをおすすめします!

転職エージェントの佐々木
佐々木

具体的に、おすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木
なお、相性が合う担当者に出会うためにも、1社ではなく複数社に登録すべきです!

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントのサポート内容や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

また、退職代行サービスを使うのも一つの手段です!

退職代行サービスを使えば、退職手続きを全て代わりにやってくれるので、会社に行く必要もありませんし、上司と話さなくても済みます。

しかしながら、料金もかかりますし、円満退社というのはできなくなるので、内容証明と同じですが、

退職代行サービスも、どうしても上司と話せなかったり、会社に行きたくない人だけ使うようにしましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
退職代行サービスについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

次の章では、退職理由を伝えて円満に仕事を辞められた人の事例を紹介します!

退職理由を伝えて円満に仕事を辞められた人の事例

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、退職理由を伝えて円満に仕事を辞められた人の事例を紹介します!

参考になる成功者の事例を見ていきましょう!

転職希望者のゆり
ゆり
しっかり退職理由を伝えて、上司に納得してもらえている人がたくさんいるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

正しい方法で思っている事をしっかり伝えれば、上司は納得してくれますよ!

次の章では、退職理由を伝える時にNGなことをお伝えします!

知っておくべき!退職理由を伝える時にNGなこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、退職理由を伝える時にNGなことをお伝えします!

注意点についても知っておけば、より確実に退職しやすくなりますよ!

退職理由を伝える時にNGなこと
  1. 社外の取引先の人に退職の意思を伝えない
  2. 上司が忙しい時間帯に退職の相談をしない
  3. 飲み会の席で上司に退職の話をしない

それぞれについてお伝えします!

NG1:社外の取引先の人に退職の意思を伝えない

社外の取引先の人や顧客に、社内の人よりも先に退職の話をするのは絶対にダメです。

社外で伝えた話が、社内まで回ってしまうと、会社としての信用問題に発展しかねません。

取引先や顧客に退職する事を伝えるタイミングは、直属の上司と話し合ってから決めるべきです。

社外の人にいくら聞かれても、絶対に退職の話はせず、仕事の話だけをするようにしましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木

基本的に、上司と相談した上で、引き継ぎのタイミングなどで社外の人に退職の挨拶メールを送るのが一般的です。

挨拶メールを送った上で、特に親しかった人には直接挨拶をしに行くこともあります。

NG2:上司が忙しい時間帯に退職の相談をしない

上司が忙しく仕事をしている時間帯に、退職の相談をするのは止めておきましょう。

実際、会社によって忙しい時間帯は異なりますが、働いていればよく電話がかかってくる時間や、会議が入っている時間は分かるはずです。

忙しい時に話しかけても「後にして」と返され、次に声をかけるタイミングを逃してしまう可能性もあります。

日頃から上司を見ていれば、忙しい時間は分かるはずなので、余裕がある時間帯の時に話しかけるようにしましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
話を先延ばしにしないためにも、タイミングを見て話しかけるのが大切です!

NG3:飲み会の席で上司に退職の話をしない

飲み会の席で、上司に退職の話をするのもNGです。

飲み会になれば、上司も機嫌が良いですし、お酒も入っているのでついつい何でも話してしまいがちです。

しかし、お酒が入っている分、記憶があやふやになり、退職の話がうやむやに終わってしまう可能性があります。

また、真面目に話たいのに、お酒のせいで、話が上手くまとまらず、引き止められるなど、よくない方向に話が進んでしまうこともあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木

飲み会の場は、本音で話しやすいので、ついつい退職の話をしてしまいがちですが、

お酒の力を借りず、真剣に話せる時に話すべきですよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、退職理由を伝える時にNGなことです!
退職理由を伝える時にNGなこと
  1. 社外の取引先の人に退職の意思を伝えない
  2. 上司が忙しい時間帯に退職の相談をしない
  3. 飲み会の席で上司に退職の話をしない
転職希望者のゆり
ゆり

NGなこともしっかり意識しておいた方が良いですね。

転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね。

一つの甘い気持ちで退職手続きに手こずってしまう可能性もあるので、NGなことも理解しておくべきですよ!

確実に退職できる理由を考え、自分の気持ちを伝えよう!

佐々木

今回は、確実に退職できる退職理由が知りたいと思っている人に向けて、

皆が納得する退職理由の例や、退職理由を伝える時のコツなどをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 基本的に、前向きな退職理由は上司に納得してもらえる
  • 引き止められても、絶対に退職するという意思は曲げてはいけない
  • 転職エージェントに退職のサポートをしてもらうのもあり
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木
なお、相性が合う担当者に出会うためにも、1社ではなく複数社に登録すべきです!

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、退職サポートを受けてみます!

佐々木
あなたが退職と転職に成功できるよう応援しています!