新人を育てる気がない職場は辞めるべき?職場の特徴&対処法を紹介!

新人を育てる気がない職場は辞めるべき?職場の特徴&対処法を紹介!

この記事では、「新人を育てる気がない職場に入ってしまった…」と悩んでいる人に向けて、

『新人を育てる気がない理由』や、『成長するための対処法』などをお伝えしていきます!

新人として教育体制が整っていない会社に入ってしまうと、社会人として良いスタートが切れず、将来のキャリアにも悪影響が出てしまいます…。

この記事を最後まで読めば、新人を育てる気がない職場に入った時の対処法が分かり、自分が望んでいる理想の環境で仕事ができるようになりますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

新人を育てる気がない…成長できないなら早めに辞めるべき?

転職エージェントの佐々木
佐々木

早速ですが、新人を育てる気がない職場を辞めるべきかどうかお伝えします!

なぜ新人を育てる気がないのかの理由をもとに、退職の選択肢について考えていきましょう。

新人を育てる気がない職場に入ってしまい、会社や上司の教育に対する考え方で悩んでいるなら、辞めることも考えるべきです!

なぜなら、新人の期間にどういった働き方をするかは、自分の将来のためにも重要だからです。

新人教育をしっかり受けられないと、現職の業務だけでなく、社会人としてのスキル不足が起きる可能性もあります。

いざ転職したくなっても、同年代と比べてスキルや実績で劣ってしまい、転職活動をスムーズに進められなくなることもあるでしょう…。

転職希望者のゆり
ゆり
新人を育てる気がない職場に入ってしまった時は、辞めることも考えるべきなんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね。

日々苦痛を感じながら働き続けるのは辛いので、新人という早い段階で退職の判断をするのも一つの選択肢です。

具体的に、新人の教育を疎かにしてしまう理由としては、次のものが考えられます。

新人教育が疎かになってしまう理由
  • 人手不足で教育係になる人がいない
  • 通常業務が忙しく教育に時間を使えない
  • マニュアルが整備されていない
  • 新卒採用を始めたばかりで体制が整っていない
転職エージェントの佐々木
佐々木

会社側にどんな理由があれば、新人は正しい教育を受けられないと、仕事に対する不満が募っていくものです…。

実際に、Twitterには次のような投稿もありました。

転職希望者のゆり
ゆり
会社や仕事に対して、不満を持っている新人の人がたくさんいるんですね…。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね。

ただ、会社の方針や上司の対応を、いきなり変えることは簡単ではありません。

そのため、仕事に嫌気が指しているなら、辞めることも一つの正しい選択肢ですよ。

次の章では、新人を育てる気がない職場に共通する特徴をお伝えします!

新人を育てる気がない職場に共通する特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、新人を育てる気がない職場に共通する特徴をお伝えします!

自分の会社に当てはまるものがあるか、確認していきましょう。

新人を育てる気がない職場の特徴
  1. 教育体制やシステムが整っていない
  2. 人手不足が深刻化している
  3. いきなり難しい仕事を押し付けてくる
  4. 新人を放置することが当たり前になっている

それぞれの特徴についてお伝えします!

特徴1:教育体制やシステムが整っていない

一番多く見受けられる特徴は、教育体制やシステムが整っていないことです。

開業して間もない会社、立ち上げたばかりの部署でよくあることで、明確な業務のルールがまだ作られていないのです。

決まったルールなどが明確にないため、人によって教え方が変わったり、そもそも指導してくれないなど、

教育体制が整っていない環境では、正しく業務の知識を学べないのです。

下手な上司に当たってしまうことで、成長のスピードが遅くなり、業務の知識を蓄えきれず、将来のキャリアアップにも影響が出る可能性があります…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

新人は、初めて行う業務ばかりなのに、正しい教育が受けられないと必要な知識も身につけられません。

特徴2:人手不足が深刻化している

とにかく人手不足が深刻化していることも、新人を育てる気がない職場の特徴です。

そもそも人手不足で、上司や先輩が業務を抱えすぎて多忙な状態だと、新人の教育に手が回りません。

自分の仕事をこなすだけで精一杯な状態なので、新人は教育を受けられず、長時間放置されることもあります。

上司や先輩が忙しい状態だと、気軽に仕事の話ができないので、新人は常に不安な状態を持ち、いつまでも自分の仕事に自信を持つことができなくなるのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
人手不足の会社はたくさんありますが、新人の教育にも手が回せない会社はかなり深刻です…。

特徴3:いきなり難しい仕事を押し付けてくる

いきなり難しい仕事を新人に押し付けてくることも、育てる気がない会社の特徴です。

大企業ではあまりないことですが、比較的規模が小さな会社では、新人が中堅社員と同じような仕事を任されることもあります。

一見、期待の表れにも感じますが、仕事を丸投げされているのは、ただ教育する力が無いだけの場合もあるのです。

いざ実践の場に立っても、何も教えてもらえないこともあり、いきなり出鼻を挫かれる新人もたくさんいます…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
教育体制が整っておらず、いきなり難しい仕事を任せてくる会社は、新人の定着率が低いケースがほとんどです…。

特徴4:新人を放置することが当たり前になっている

新人を放置することが当たり前になっている、危険な職場もあります。

決して人手不足という訳ではないのに、上司や先輩からあまり指示が出ず、新人が何か聞いてくるまで、自分の仕事に集中しているのです。

こういった職場では、協力して業務を進める体制が整っておらず、一人で黙々と仕事をするのが当たり前になっている場合が多いです。

そのため、長期的な目線で考えても、自分一人で仕事をすることが多くなるので、協調性を持って仕事がしたい人には不向きな環境と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
指示された仕事が終わっても話しかけづらく、そのまま放置されることも少なくありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、新人を育てる気がない職場に共通する特徴です!
新人を育てる気がない職場の特徴
  1. 教育体制やシステムが整っていない
  2. 人手不足が深刻化している
  3. いきなり難しい仕事を押し付けてくる
  4. 新人を放置することが当たり前になっている
転職希望者のゆり
ゆり
こういった特徴があれば、新人を育てる気がない職場と言えるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

教育体制が整っていない理由はさまざまありますが、

新人の立場からすれば、どれも働きづらく、不満が溜まっていく環境と言えるでしょう。

次の章では、育ててもらえなかった新人に起きる怖い現実についてお伝えします!

育ててもらえなかった新人に起きる怖い現実

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、育ててもらえなかった新人に起きる怖い現実を紹介します!

教育を受けられないままでいると、どんな末路を迎える可能性があるか把握しておきましょう。

育ててもらえない新人に起きる現実
  1. 同期との差がどんどん開いていく
  2. 仕事ができない人という烙印を押される
  3. 成長できていない自分が悲しくなる
  4. スキルや経験が乏しく転職が難しくなる

それぞれについてお伝えします!

怖い現実1:同期との差がどんどん開いていく

教育する気がない職場や上司の元で仕事をすれば、教育をしっかり受けている同期や同世代の人との差がどんどん開いていきます。

入社したタイミングや、元々の能力ややる気が同じでも、環境の違いで数ヶ月も経てば大きな差が生まれます。

実際、会社という組織で一度差ができ、周りの人からの評価も低くなると、評判を覆すことはかなり難しく、

賞与や役職アップなど、将来のキャリアにも影響が出てしまうのです…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
Twitterでは、同期との差について次のような投稿もありました。
転職エージェントの佐々木
佐々木
新人の1年間で、育てる気がない上司に当たってしまうと、同期との差ができ、出世の道が絶たれることもあります…。

怖い現実2:仕事ができない人という烙印を押される

新人は、同期や入社間もない若手の社員と比較されることが何かと多いです。

そんな中で、しっかりと育てられず、仕事で結果を出せないままでいると、次第に「仕事ができない人」という烙印を押されてしまいます。

ましてや、会社側は上司が悪いとはあまり考えず、そもそも新人の能力が低かったと考えることが多いので、

難しい仕事や責任感のある仕事を任されなくなってしまうのです…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
Twitterでは、仕事ができない人と思われることについて次のような投稿もありました。
転職エージェントの佐々木
佐々木

仕事ができないという烙印を押されると、次第に会社での居心地が悪くなります…。

その結果、元々やる気があった新人の人でも、退職を考えるのです。

怖い現実3:成長できていない自分が悲しくなる

しっかりと育てられていない分、なかなか成長を感じられないので、自分が悲しくなることもあります…。

実際は成長できていたとしても、自分で成長を感じられないと、自信をどんどん失うので、仕事の成果も余計に出づらくなります。

人によっては、精神的にどんどん追い詰められ、心の病を抱えてしまうこともありますよ…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
Twitterでは、成長できていない自分について次のような投稿もありました。
転職エージェントの佐々木
佐々木
新人の頃を振り返って、全然成長できていない自分自身に対して、悲しくなってしまう人は少なくないはずです。

怖い現実4:スキルや経験が乏しく転職が難しくなる

新人を育てる気がない職場に在籍し続けると、余程自分に能力がない限り、年相応のスキルや経験を得られません。

その結果、数年後に転職を考えても、条件の良い企業に転職することが難しくなってきます…。

数年間仕事をした後の転職であれば、転職先としては即戦力として活躍できるかどうかを見極めてきます。

年相応のスキルが身についていないと、評価が低くなるので、なかなか内定をもらうことができないのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
Twitterでは、スキルや経験の乏しさについて次のような投稿もありました。
転職エージェントの佐々木
佐々木

年齢が上がるにつれて、転職の難易度は上がります。

若さを活かせる新人のうちに、転職先を探すのも一つの選択肢ですよ。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、育ててもらえなかった新人に起きる怖い現実です!
育ててもらえない新人に起きる現実
  1. 同期との差がどんどん開いていく
  2. 仕事ができない人という烙印を押される
  3. 成長できていない自分が悲しくなる
  4. スキルや経験が乏しく転職が難しくなる
転職希望者のゆり
ゆり
同期との差が開いていったり、ゆくゆくは転職することも難しくなるんですね…。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

新人時代に選んだ環境によって、将来は大きく変わってきます。

慎重に入社する会社を選ぶことはもちろんですが、育てる気がない職場に入った時の対処法も知っておくべきですよ。

次の章では、新人を育てる気がない職場や上司に当たった時の対処法をお伝えします!

新人を育てる気がない職場や上司に当たった時の対処法

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、新人を育てる気がない職場や上司に当たった時の対処法をお伝えします!

すぐにできる対処法を紹介するので、できることから実践してみましょう!

新人を育てる気がない時の対処法
  1. 自分から上司・先輩に話しかけてみる
  2. 仕事に対する知識を増やしてみる
  3. 過去の自分の行いを振り返ってみる
  4. 仕事ができる上司・先輩の真似をしてみる

それぞれの対処法についてお伝えします!

対処法1:自分から上司・先輩に話しかけてみる

自分から上司や先輩に積極的に話しかけることも、新人の頃には大切なことです。

基本的に、新人は仕事が分からないのは当然のことです。

分からないままにしておくと、余計に仕事ができない人と思われてしまうので、勇気を出して自分から話しかけるようにしましょう!

また、指示された仕事が終わり、次にやる仕事がない時は、何か手伝えることがないか自分から声をかけるのも大切です。

転職エージェントの佐々木
佐々木

話をすることは、人間関係を構築する第一歩です!

忙しくても話す隙は必ずあるので、タイミングを見計って自分から声をかけてみましょう。

対処法2:仕事に対する知識を増やしてみる

自分の仕事に対する知識を増やすことは、上司や先輩にやる気をアピールする意味でも大切なことです!

自分が働いている業界や職種の知識を増やしたり、先輩の姿を見て仕事の仕方を学ぶことで、会社に自分がいる存在意義を高められます。

具体的には、自社の過去の資料を読んだり、業界に関する本を読んでみることをおすすめします!

知識が増えれば、仕事に対して前向きな気持ちを持てるので、会社に居づらくなることはないでしょう。

上司や先輩にも仕事に対する姿勢を評価され、教育体制が変わることもありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
仕事をやりやすくするために、自分自身で知識を身につけることは大切です!

対処法3:過去の自分の行いを振り返ってみる

教育されないのは、会社側に問題があるのではなく、自分自身に問題があるケースもあります。

そのため、入社してからの自分の行いを振り返り、何か問題はなかったか考えてみましょう。

入社して間もない頃に反感を買ってしまったり、面接時に大口を叩いていたなんてことはよくあることです。

具体的に、次のような些細な行動や言動で反感を買ってしまうことはあります。

反感を買ってしまうことの例
  • 周りの意見に同調せず批判してしまう
  • マイナス発言ばかりしてしまう
  • リア充なことをアピールしてしまう
  • 言葉と行動が伴っていない
  • 周りの人が気にしていることを平気で言う
  • 上から目線な発言してしまう

自分では何も思っていなくても、上司や先輩はあなたに対して何か考えている可能性もありますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木
自分自身で反省すべきことはなかったか、一度振り返る時間を作ってみましょう。

対処法4:仕事ができる上司・先輩の真似をしてみる

新人の頃は、仕事ができる上司や先輩に真似をすることも大切です。

仕事ができる人の多くは、いきなり自己流の仕事の仕方をするのではなく、

まずは真似をして良い部分を盗み、自分なりに試行錯誤を重ねて、自己流の形に行き着いています。

そのため、まずは徹底して上司や先輩の真似をして、仕事の結果を出していきましょう!

真似させてもらっていることを伝えると、より仕事が効率よくできる方法を教えてくれる上司や先輩もいますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木

仕事ができる人は、基本がしっかりと身についています。

良い人のお手本を参考に、仕事の基本を身につけ、少しずつ仕事ができる人に近づいていきましょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、新人を育てる気がない職場や上司に当たった時の対処法です!
新人を育てる気がない時の対処法
  1. 自分から上司・先輩に話しかけてみる
  2. 仕事に対する知識を増やしてみる
  3. 過去の自分の行いを振り返ってみる
  4. 仕事ができる上司・先輩の真似をしてみる
転職希望者のゆり
ゆり
こういった方法で対処していけば良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい!

全て会社のせいにするのではなく、自分自身で対処していけることをまずは実践してみましょう!

次の章では、新人を育てる気がない職場から抜け出す方法をお伝えします!

転職もあり!新人を育てる気がない職場から抜け出す方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、新人を育てる気がない職場から抜け出す方法をお伝えします!

職場の教育体制で悩んでいるなら、転職を考えるのもありですよ!

新人という若手の時期であれば、転職してもまだまだやり直しが効くので、悩んでいるなら早い段階で動き始めることをおすすめします。

また、同じように職場選びで失敗しないためにも、転職する時は「転職エージェント」を使うべきです!

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーが転職のサポートを行ってくれるので、

今の仕事を続けながらでも、効率よく転職先を見つけられますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、おすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木
もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントのサポート内容や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、新人を育てられる職場かどうか見極めるコツをお伝えします!

新人を育てられる職場かどうか見極めるコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、新人を育てられる職場かどうか見極めるコツをお伝えします!

入社する会社に将来性があるのかを確認するのためにも、見極めるコツを知っておきましょう!

新人の教育体制が整っているかどうかは、会社の将来性を図るためにも重要なポイントです。

教育体制が整っている会社は、ある程度業績が安定していたり、将来のビジョンが明確だからこそ、新人を教育して自社の経営を守ろうとしています。

そのため、企業のホームページを見て、経営者の挨拶や企業理念などから、人材を大切に育てる意識を持っているかを確認してみましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、企業のホームページを隅々までチェックし、

口コミサイトを活用して、よりリアルな内情を調べてみることをおすすめします!

おすすめ口コミサイト

また、転職エージェントの担当者は、紹介する企業の内部事情を詳しく知っているので、

面談や求人紹介の際に教育体制について聞いてみることをおすすめします!

転職希望者のゆり
ゆり
企業のホームページや口コミサイトを見たり、転職エージェントに聞いてみるのが良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

入社してから後悔しないためにも、応募する前に教育体制を確認することをおすすめします!

実際に優良企業は、ただ利益を上げることだけでなく、しっかりと人材の教育も計画的に行っています。

教育体制が整っている会社で適切な指導を受け、いち早く成長して、会社にとって欠かせない存在を目指しましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
いますぐ教育体制を確認したい方は、早速転職エージェントに登録してみましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

新人を育てる気がない職場なら、辞めることも考えるべき!

佐々木

今回は、新人を育てる気がない職場に入ってしまった…と悩んでいる人に向けて、

新人を育てる気がない理由や、成長するための対処法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 新人を育てる気がない職場に入ったら、辞めることも考えるべき
  • 育ててもらえないままでいると、同期との差がどんどん開いていく
  • 上司や先輩に自分から話しかけたり、仕事の知識を増やすのも良い
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木
もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!