評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

20代後半におすすめ転職サイト6選|20代後半の好機を逃さない活用法

20代後半の人におすすめの転職サイトランキング&活用方法

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木(@sasaki_recruit)です。

この記事を見ている人の中には…

『もう20代後半だけど、将来を考えると今のままじゃ不安…』

『30歳手前の人におすすめの転職サイトってどこだろう?

と疑問や悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

ゆり

20代後半の人が転職しやすい転職サイトってあるんですか?

初めての転職でどの転職サイトを狙うべきか、まったく分からなくて悩んでいます…

佐々木

20代後半の人の転職は、自分の将来を決める重要な決断でもあります!

未経験の転職やキャリアアップも考えた上で転職先を決めましょう。

そこで、今回は主に下記の点をお伝えしていきます。

この記事でお伝えすること
  • 20代後半の人におすすめの転職サイト
  • 20代後半の人が転職を成功させるための方法
  • 20代後半の人の転職成功事例
  • 20代後半の人が転職に失敗しないためのポイント
  • 今の会社の穏便な辞め方
佐々木
より手厚いサポートを受けたい人は、転職サイトよりも「転職エージェント」の方がおすすめです!下記の記事も合わせてご覧ください。

20代後半がどんな場合でも登録必須の転職サイト

佐々木
20代後半の人が必ず登録すべき転職サイトはリクナビNEXTです!

リクナビNEXT

佐々木

なぜ、リクナビNEXTがすべての人におすすめの転職サイトかというと、

次の3つのポイントを兼ね備えているからです!

リクナビNEXTのおすすめポイント
  1. 求人数が圧倒的に多い
  2. 理想の求人が見つかりやすい
  3. グッドポイント診断がおすすめ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

おすすめポイント1:求人数が圧倒的に多い

佐々木
実際に、リクナビNEXTと他社の求人数を比較してみたので、下記の表をご覧ください。

各転職サイトの求人数

東京都大阪府福岡県静岡県新潟県
リクナビNEXT455715871109872453
マイナビ転職405320671271830505
@type1993360223144109
エン転職30241459808552327
転職ナビ36161325835641358
とらばーゆ9083934582995
はたらいく58135817286135

※2018年11月現在の情報です。

上記の票を見れば、マイナビ転職も求人数が多いように見えますが、実は古い情報を掲載しており、件数が多くなっているのです。

実際に、「新着案件数」に限って比べてみると、以下の通りになります。

各転職サイトの新着案件数

東京都大阪府福岡県静岡県新潟県
リクナビNEXT1099571306248139
マイナビ転職66134415311370
@type35663483433
エン転職63432113610963
転職ナビ68044314210658
とらばーゆ4551891041139
はたらいく462201986389

※2018年11月現在の情報です。

上記の新着案件数の票をご覧いただくと、リクナビNEXTがいかに多くの求人数を保有しているか分かると思います。

佐々木

求人数の多い転職サイトに登録することは、まず重要なことです。

より多くの求人の中から転職先を選ぶために、リクナビNEXTへの登録は必須です!

おすすめポイント2:理想の求人が見つかりやすい

リクナビNEXTは、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れています。

まず、「サイトの操作性」に関しては、ITに強いリクルート企業だけあって、シンプルでユーザーがストレスを感じない直感的な操作を実現しています。

リクナビNEXT 求人検索画面

「求人情報の見やすさ」に関しては、転職者にとって必要な情報の量・質が高いということです。

例えば、各業界や働きたい地域に特化した、求人特集のコンテンツも設けられています。

「スカウト機能」に関しては、事前に職務経歴書や経歴を登録することで、あなたの情報を見て企業やエージェントから直接オファーが届く機能です。

スカウト機能があれば…

スカウト機能の良さ
  • オファーがあれば、書類選考なしで面接に行ける
  • リクナビNEXTに公開されていない、非公開企業からオファーを受けられる

といった点に優れているので、特に書類選考に自信のない方やより多くの企業の情報を得たい方にはおすすめです。

また、今の勤務先や取引先にバレないように、「企業ブロック機能」もあるので、安心して利用できるでしょう。

おすすめポイント3:グッドポイント診断がおすすめ

グッドポイント診断は、リクナビNEXT内にある会員限定の自己分析ツールです。

選択形式の質問に答えるだけで、自分の特徴や強みを見つけ出してくれます。

自分の特徴や強みを見つけることで、自己分析や職務経歴書の作成に活かせることはもちろん、面接での質疑応答にも活用できるでしょう。

佐々木

あらかじめ自己分析を行っておけば、転職活動をスムーズに進められるでしょう!

リクナビNEXTに登録しないと使えないので、まずは登録してみるべきです!


リクナビNEXTのおすすめポイント
  1. 求人数が圧倒的に多い
  2. 理想の求人が見つかりやすい
  3. グッドポイント診断がおすすめ
佐々木
リクナビNEXTは上記で説明した通り、他の転職サイトにはないおすすめポイントを持っています。

登録は1分くらいで簡単にできるので、まずは気軽に登録してみましょう!

20代後半におすすめの転職サイト比較ランキング

佐々木
次に、20代後半の人にオススメの転職サイトランキングを紹介します。

1位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

上記でも紹介したリクナビNEXTですが、実際に転職者の8割が利用した経験があると言われており、圧倒的なシェアを誇っています。

大きな強みは、リクナビNEXTだけの限定求人が約85%を占めているということ。

さらに、転職者をサポートするコンテンツが充実していることです。

佐々木
まず、転職サイトは王道のリクナビNEXTに登録しておけば、間違いありません!
こんな人におすすめ
  • 自分のペースで求人を探して転職活動を進めたい
  • 自分の強みや理想の職場がわからない
  • いい条件の会社があればすぐに転職したい

2位:doda

dodaは、リクナビNEXTに次いで国内トップレベルの膨大な求人数を持ちながら、全国にも対応している転職サイトです。

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートも魅力的なポイントです。

転職成功者の実績も多くあるため、登録しておきたい転職サイトといえます。

こんな人におすすめ
  • 膨大な求人数の中から探している人
  • 対応地域が全国の転職サイトを利用したい人
  • 大手優良企業の求人案件を探している人

3位:キャリトレ

キャリトレ キャリトレは、あなたのスキルや職務経歴、希望条件などに合わせて、自動的に募集案件を集めて紹介してくれる転職サイトです。

多岐にわたる求人案件を保有しており、いますぐ転職したい人だけでなく、自分に合った会社やポジションをゆっくり見つけたいという人にもおすすめです。

一問一答形式の質問に答えていくと登録ができるので、プロフィール作成の手間が省けて、気軽に登録できる点もおすすめと言えるでしょう。

佐々木
キャリトレに登録しておけば、登録内容に合わせて求人を紹介してもらえるので、

自分でも気づかない、自分の良さを活かして活躍できる仕事に出会えますよ!

こんな人におすすめ
  • 自分の強みや理想の職場がわからない
  • 自分に合った転職先を紹介してほしい
  • 数多くの求人案件を照らし合わせてみたい

4位:@type

@type @typeは、求人数は多くないものの、IT業界やエンジニアの求人が多い転職サイトとなっています。

また条件を細かく検索できることも@typeの特徴です。

具体的に言うと、多角的評価、女性社員5割以上、バイク通勤可、服装自由のような細かい条件まで指定できるんです。

こんな人におすすめ
  • IT業界への転職を希望する人
  • 転職サイト上で細かい条件まで指定したい人
  • エンジニア

5位:Switch

Switch Switchは、Facebookを活用した新感覚スカウト型転職サービスです。

大手企業を中心に、Web業界で注目されている企業の中から、厳選された求人を多数掲載。

登録すればFacebook経由でスカウトが届くので、メールを開く手間もありませんし、登録後はスカウトを待つだけでOK!

もちろん、Facebook上の友人に知られることもありませんし、企業側にも顔写真や氏名は見えないので安心です。

佐々木
Switchは、特にWeb業界に興味がある人にはおすすめです!

アプリを使って気軽に転職活動を始めましょう。

こんな人におすすめ
  • Web業界に転職したいと思っている
  • SNSを使って気軽に転職活動を行いたい
  • 自分から求人を探すのではなく、スカウトを待ちたい

6位:MIIDAS

MIIDAS MIIDASは、あなたの市場価値を見いだす新しい転職サービスです。

転職業界No.2のパーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営しており、200万人の転職実績データを利用し、精度の高いマッチングを実現。

ユーザーの約60%は、登録完了直後にオファーを受け取っており、効率よく転職活動が進められます。

佐々木
MIIDASは、書類選考なし面接確約のオファーのみが届きます!

まずは、あなたの市場価値を知るためにも登録してみましょう。

こんな人におすすめ
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 気軽に登録して転職活動を始めたい
  • なるべく早くオファーを受けたい

佐々木
以上が、20代後半の人オススメの転職サイトランキングです。
転職サイトランキング
  1. 『リクナビNEXT』
    特徴:希望の転職先がすぐに見つかる公式HP:https://next.rikunabi.com
  2. 『doda』
    特徴:国内トップレベルの求人数&全国対応
    公式HP:https://doda.jp/
  3. 『キャリトレ』
    特徴:自分の強みが見つかる転職サイト
    公式HP:https://www.careertrek.com
  4. 『@type
    特徴:ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト
    公式HP:https://type.jp/
  5. 『Switch』
    特徴:Facebookを使った新感覚転職サービス
    公式HP:https://switch.bz/lp/landing/
  6. 『MIIDAS』
    特徴:あなたの市場価値を見いだす転職サービス
    公式HP:https://miidas.jp
ゆり
それぞれの転職サイトによって、異なった特徴があるんですね!
佐々木

はい!自分に合った転職サイトを見つけるためにも、できるだけ多くのサービスを利用してみましょう!

20代後半は未経験転職のラストチャンス!

佐々木

未経験の職種業種へのチャレンジは、20代後半がラストチャンスなんです!

というのも…

20代後半になると、結婚や出産が控える可能性があるからです。

加えて、家族の介護といった理由でもチャレンジが難しくなってしまいます。

そこで、未経験職種業種に転職しなかったことで、後悔してしまった人の事例を見ていきましょう。

40代女性

40代の夫が、周囲の後輩が外資へ転職することに対し、「身軽で若いっていいよな」って遠くに目をやりボヤきます。

夫はここ数年仕事が如何にもこうにも楽しくないようです。仕事の伸び幅もなく、周囲の先輩方を行く末を見てきて「あれで終わりたくない」と日々過ごしています。

私自身が外資を転々としている身なので、日本企業と比べての外資のメリットデメリットは十分理解した上で外資を選んでいます。なので、夫に興味があるのなら、外資への転職を止めるどころか勧めるぐらいです。

夫も学歴・職歴から十分語学力もあり、外資をそれなりに理解しているのに、ヘッドハンティングされチャンスがあっても結局夫自身で断ってきました。

理由は、結婚し、子供を持ち、家族のための安定を求めた末の決断だそうです。

Yahoo!知恵袋

ゆり
家族のための安定を選んで、転職しなかったことを後悔してしまう人もいるんですね…
佐々木
そうなんです…家族と自分のどちらを優先するかは難しいですよね…

そのため、家族を持つ前の20代の今のうちに…

未経験の職種業種への転職も検討すべきなんです!

20代後半では、未経験の職種業種への転職がラストチャンスということをお伝えしてきましたが…

キャリアアップも狙える年齢なんです!

次の章ではそのことについてお話していきますね。

20代後半は「ジョブチェンジ」と「キャリアアップ」の2つの選択肢がある

先ほどもお話した通り、20代後半の人は、未経験からのジョブチェンジができるんです。

それに加え、キャリアアップの選択肢もある年齢なんです!

そのことについて、下記で具体的に説明していきますね。

理由1|若さを評価してもらえるから

20代後半の人は、若さを評価してもらえるからです!

というのも、採用担当者の視点で見ると…

20代後半の人は、まだまだ20代であり若いため、素直さやポテンシャルの有無の観点から好印象なんですよね。

佐々木
転職相談を受けてきた私の経験からも…

素直さやポテンシャルを持ち合わせていた27歳営業職の女性は、難なく転職に成功していましたね。

続いて、理想のタイミングである2つ目の理由をお伝えしていきます。

理由2|経験を評価してもらえるから

2つ目の理由は…

20代後半の人は、実績やスキルを評価してもらえるからです!

佐々木
20代後半の人は20代前半の人と比べて、スキルや経験も評価される傾向が強いです。

実際にベンチャー企業やスタートアップ企業では、20代後半でマネージャーや事業責任者をしている人が多くいますね。


20代後半の人の転職が理想のタイミングである理由は以上となります。

もう一度2つの理由を振り返ってみると…

20代後半の転職が理想である理由
  1. 若さを評価してもらえるから
  2. 経験を評価してもらえるから

だからこそ、20代後半の人はジョブチェンジに加えてキャリアアップも狙えるんです!

20代後半の転職活動で後悔したことNo1は情報収集不足

佐々木

また、転職活動で後悔したことのトップは、情報集収集不足です。

下記のデータをご覧ください。

転職活動で後悔したこと

出典:PRTIMES

上記の通り、実に転職活動を行った3人に1人が、「入社前の情報収集が足りなかった」と回答。

転職活動で情報収入をしっかり行わなかったことで、入社後のギャップが生まれ、雇用のミスマッチが生まれています…

ゆり
確かに、情報収集を怠ると、入社してから色々と苦労してしまいそうですね…
佐々木

そうですね…

後悔しないためにも、転職活動において情報収集は徹底して行いましょう!

失敗しないで理想の企業に転職する方法は、ズバリ「転職エージェント」を活用することです!

上記でも、様々な転職エージェントを紹介しましたが、エージェントを活用すれば、失敗の原因を未然に防ぐことが可能です。

自分のこれまでの経験から、とりあえず転職サイトである求人に応募したり、早く転職先を決めるため一番に内定がもらえた会社に入社する人もいますが…

焦って転職活動を進めるのは、危険です!最悪の場合、ブラック企業に入社してしまうこともあるでしょう。

佐々木
転職活動は、プロと一緒に精神的に余裕を持った状態で進めるのが、成功の鍵です!

実際に、転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!企業の裏事情、各業界の面接対策、自己分析など、

あなたに合ったサポートを行ってくれるので、失敗を未然に防げますよ!

実際に、転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用してプロと一緒に転職活動を行っています。

というのも転職エージェントは、面接では伝えきれないあなたの長所を企業に伝えてくれるからです。

エージェントのサポートを活用すれば、忙しい現職を続けながらでも効率よく転職活動が進められるでしょう。

佐々木
まずは、在職中に転職エージェントに登録して、転職相談をしてみましょう!

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
転職エージェントがいいのはよく分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントでは、転職に関するアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方に、できる限り多く登録して転職活動を進めるのがおすすめと言えます。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。

転職エージェントはこんな人におすすめ

ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

◎すべての20代後半の人におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/
  • 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり
ありがとうございます!これらのエージェントがおすすめなんですね!
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率を高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木

20代後半の人の転職希望者は、多くの業界から注目される存在です。

チャンスが多い反面、入念な準備をしておかないとチャンスを不意にしてしまうこともあります…

ゆり
なるほど!しっかりチャンスを掴むためにも、エージェントは活用すべきですね!
佐々木
はい!
プロと一緒に、精神的に余裕のある状態で転職を成功させましょう!

20代後半の成功例&失敗例|転職サイトと転職エージェントの比較

佐々木
それでは、実際に20代後半で転職した人の事例を見ていきましょう。

20代後半の人の転職成功例

佐々木
まずは、転職に成功できた人の事例です。
5: 名無しさん@引く手あまた 2017/04/13 13:33:52.12 ID:K7JX6UPe0.net
5年目にして、弱小問屋→売上兆越え日経225メーカーに転職果たした。平均年収200万くらい上がる。人生って楽しいもんだな。
出典:2ch
理想の働き方を実現

営業職→事務職

転職活動を行ってた頃、「若手募集」という求人が多く、29歳の私に合う求人をなかなか見つけられませんでした。

自分一人じゃ何も進まないと思い、リクルートエージェントに相談し、転職先を紹介してもらうことに。

登録してまず面談を行ったのですが、自分で見つけられなかった求人をたくさん紹介してくれました!

20代後半って、転職のラストチャンスなんて言いますが、本当に覚悟を持って転職活動を行えば、いい求人を見つけることができますね。

営業職から事務職に転職しましたが、理想の働き方ができ、プライベートも充実しています!

(29歳・女性・年収300万円台)出典:転職相談

20代後半の人の転職失敗例

佐々木
次に、転職に失敗してしまった人の例を紹介します…

671: 名無しさん@引く手あまた 2016/08/29 06:54:09.67 ID:pe/ds2Wd0.net

26歳、転職回数1回で現在営業職。

未経験の職種と業界だから「これも経験だな」と考えて入社して約1年。

しかし、想像以上に営業職が上手くこなせずにネガティブな毎日・・・

転職したいが、やりたいことが不明瞭だからまずどうすれば良いのかわからん。

出典:2ch
決断が遅かった...

僕は、もっと早く転職活動を始めればよかった…と後悔しています。

転職を考え始めたのは24歳あたりからでしたが、「みんな我慢しながら働いてるんだろうな」と思い、ダラダラと仕事を続けていましたね。

福祉関係の仕事をしていましたが、特にやりたかったわけではなく、とりあえず内定をもらえたからやっていました。

気づけば28歳…将来のことも考えて、いざ転職しようと決断!

しかし、狙っていた企業の求人は締め切られていたり、20代前半の募集が多く、結論として転職を諦めることに。

少しでも転職を考え始めた頃から、転職活動を始めていればよかった…と今でも後悔しています。

(28歳・ 男性・年収300万円台)出典:転職相談

ゆり
成功する人も失敗する人もいるので、転職活動はなるべく早く行動して、慎重に行うべきですね。
佐々木

おっしゃる通りです!

実際に20代後半で転職に失敗した人の事例を見たところで…

次は、失敗する人にどういった特徴があるのかも見ていきましょう。

20代後半で転職に失敗する人の特徴

それでは、20代後半の人で転職に失敗してしまう人の特徴を見ていきましょう。

転職に失敗する人の特徴
  1. 求人情報を疑わない
  2. 他人を理由に転職している
  3. やりたいことがわからない

特徴1|求人情報を疑わない

転職に失敗してしまう人の特徴は…

求人情報を疑わないことです!

というのも、求人情報には誇張された内容が記載されていることが多いため…

鵜呑みにして転職すると、失敗したと後悔してしまうからです!

具体的には次のような内容が、ギャップを感じて失敗したと後悔してしまう内容です。

失敗したと後悔する情報
  • 若手が活躍している
  • 頑張り次第では昇給あり
  • アットホームな雰囲気
  • 風通しのいい環境

このような入社前後のギャップを感じてしまうと、すぐに転職することになるキッカケになってしまいます。

だからこそ、求人情報は鵜呑みにしないようにしましょう。

確かな求人情報が欲しい場合は、転職エージェントに相談することでで得ることが出来ます。

特徴2|他人を理由に転職している(他責)

また、他人を理由に転職をしていることも転職に失敗する人の特徴なんです。

というのも、

『上司と合わない』
『会社の方針が良くない』

のように、他人のせいにする根本的な部分を変えないと、転職先の企業でも同じ理由で不満を感じてしまうからです。

もし面接で、

「上司が問題のある人で…」
「自分とは合わない会社だったので…」

のような、他人のせいにする発言をしてしまうと、内定をもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

このように他人を理由にして転職すると、失敗してしまうんです。

特徴3|やりたいことがわからない

また、やりたいことがわからない人も転職に失敗してしまう傾向が強いんです。

その理由は、 やりたいことがない状態で転職をしても、転職先の仕事に満足できるかわからないからです。

もしやりたいことではなかった場合、すぐにまた転職をしてしまいます。

なので、転職を考えたこのタイミングで一度自己分析をしてみましょう。

例えば、高校や大学を選んだ時の基準を考えると…

  • 取り組みたい部活動があった
  • 興味のある学部があった
  • 立地が良かった

といった理由が挙がります。

一度過去の基準を思い出し、今の自分は何を基準に転職したいのかを考えましょう。

職場環境や仕事内容、福利厚生、残業時間などの基準を考えることで転職を成功させることができるんです。


以上が20代後半で転職に失敗してしまう人の特徴になります。

ここでもう一度振り返ってみましょう。

転職に失敗する人の特徴
  1. 求人情報を疑わない
  2. 他人を理由に転職している
  3. やりたいことがわからない

20代後半でもOK!未経験からチャレンジできるおすすめ職種と業種

佐々木
20代後半で未経験でも、未経験からチャレンジできるおすすめの職種や業種を紹介していきますね。

営業職

20代後半で未経験の人が最も挑戦しやすいのは営業職です。

具体的に、未経験でも積極的に営業職を採用しているのは、下記の業界です。

未経験採用に積極的な業界
  • 製薬メーカー業界(MR)
  • 生命保険業界
  • 不動産業界
  • OA機器販売業界(オフィス機器)
  • 営業アウトソーシング・営業代行業業界

上記の業界は、市場規模が大きいことや、現在需要が高まっていることもあり、未経験者の採用も積極的に行っている企業がたくさんあります。

営業職は、法人営業や個人営業、Push型やPull型など様々な営業手法がありますが、基本が身につけばどの業界でも活躍できる可能性があります。

特別な資格やスキルが求められないことも多いので、20代後半の未経験の人でも挑戦しやすい職種です。

佐々木

実際に、未経験から営業職に転職したいのであれば、リクルートエージェントマイナビエージェント

キャリアに自信のない人はジェイックに、相談して営業について詳しく話を聞いてみましょう!

Web系のライター・エンジニア

IT業界も未経験者の採用に積極的な業界の一つです。

なかでも、Webライターやエンジニアは需要が高まっており、未経験から挑戦して、企業の中心的存在になっている人がたくさんいます。

一見Webの仕事と聞くと、難しく感じるかもしれませんが、最低限のPCスキルさえあれば、誰でも始められる仕事です。

また、未経験者を採用しているIT企業では、いち早く活躍できる人材になってもらうために、研修や教育制度が充実している傾向にあります。

20代後半であれば、技術や知識の飲み込みも早いので、長年Webの経験を積んでいけば、一生モノのスキルが手に入るかもしれません。

佐々木

未経験からライターやエンジニア挑戦したいのであれば、リクルートエージェントdoda

ワークポートに登録して、転職活動を始めましょう!

20代で未経験職種や異業種に転職する際の注意点

20代後半の人が未経験の職種や業種に転職するのであれば、面接でしっかり根拠ある理由を説明しなければなりません。

「なぜ前職と違う業界を選んだのですか?」
「前職と全く違う業界ですが、大丈夫ですか?」

など、未経験の職種や業界へ転職を決めた人は、しっかりと志望動機や転職理由を整理しておく必要があります。

また、理由として重要なのは、20代の前向きな姿勢を伝えられるかどうかです。

あなたの若さというポテンシャルに期待して、採用を考えている企業もたくさんあるので、仕事に対する熱意、将来へのビジョンなどを伝えましょう!

20代後半が転職を成功させるためのポイント

この章では、20代後半の人が転職を成功させるためのポイントを説明していきますね。

転職の成功ポイント
  1. 転職して叶えたいことを考える
  2. 優先順位を付けておく
  3. 3社以上に相談してどんな求人があるのかチェック
  4. 求人案件やキャリアコンサルタントを比較検討する
  5. 口コミサイトを利用する
  6. 経歴やスキルに嘘はつかない
  7. 推薦文は必ず確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 20代後半は経験を活かす

ポイント1|転職して叶えたいことを考える

20代後半の人が転職を成功させるためには、まず自分の叶えたいことを知ることです!

というのも、自分が何のために転職したいのかを把握していないと、転職先でも納得感を持って働けないからです。

具体的には、次のような叶えたいことを決めておくべきなんです。

叶えたいこと
  • 年収を上げたい
  • 安定したい
  • 土日祝日は休みたい
  • 転勤したくない
  • 正社員になりたい
  • スキルを身につけたい
  • 産休・育休を取得したい
  • 長時間残業したくない

上記のような、自分の叶えたいことを明確にしておくと、転職の成功に大きく近づくでしょう。

ポイント2|優先順位を付けておく

転職を成功させる2つ目のポイントは、ポイント1で説明した「叶えたいこと」に優先順位をつけることです。

その理由としては、自分が最優先する希望条件を満たした企業でないと、転職後に納得感を持って働けないからです。

とはいえ、すべての希望通りの転職することは難しいです。

そのため、条件に優先順位を付けておくと、応募する企業選びがスムーズになるんです。

転職を成功させるために、自分にとって何が重要なのかを今一度考えるべきなんです。

佐々木
また、優先順位を明確にしておけば、より条件に合った転職先をエージェントに紹介してもらえますよ!

ポイント3|3社以上に相談してどんな求人があるのかチェック

転職エージェントごとに、保有する求人は異なります。

そのため、複数の転職エージェントに登録することで、自分の希望に合う会社を見逃す可能性が少なくなると言えるでしょう。

どのエージェントを活用しても同じようなサポートが受けられますが、よりあなたに合った支援を受けるため、複数登録は必須です!

佐々木

キャリアアドバイザーと面談をする時には、複数のエージェントに登録している旨を伝えることを忘れずに!

他のエージェントのダブルブッキングなどを避けるためにも大切です。

ポイント4|求人案件やキャリアコンサルタントを比較検討する

ゆり
もし登録して、相性の合わないキャリアアドバイザーが担当になったら、どうすればいいですか?
佐々木

もちろん、たとえ転職のプロといっても、

キャリアアドバイザーも人間なので、合う合わないはあるでしょう。

そういった場合は、担当変更することも可能なので、安心してください!

担当者によっては、採用されやすさや年収の高さを優先し、転職希望者の条件に合わない会社を紹介してくることもあります。

もし、希望条件以外の求人ばかりを紹介してくるのであれば、利用する転職エージェントを変更することも考えましょう。

そのためにも、複数登録は必須です!

ゆり
確かに、複数に登録しておけばすぐに乗り換えできますし、安心ですね!
佐々木
はい!サポートを受けるなかで、自分に合ったエージェントを探してみましょう。

ポイント5|口コミサイトを利用する

求人情報にいいことばかりが書かれていても、転職したら実際違った…というケースは多々あります。

そのため、求人情報だけでは分からない実態を知るために、「Vorkers」「転職会議」などの口コミサイトを利用することはおすすめです。

実際に働いている社員が口コミを投稿しているため、現場の生の声を知ることができるでしょう。

もちろん口コミなので、全てが本音ではないですが、参考程度に転職先のイメージが掴みやすくなります。

佐々木
転職エージェントに求人を紹介してもらったら、まず口コミを確認すべきです!

ポイント6|経歴やスキルに嘘はつかない

これは転職エージェントを使う以前に基本中の基本ですね。

経歴やスキルなどを詐称してもいいことはありませんので、ありのままの自分を伝えましょう。

ポイント7|推薦文は必ず確認する

あなたの担当コンサルタントが、企業に推薦文を提出してくれます。
稀に、あなたの経歴を写すだけなどひどいケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

ポイント8|同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

複数のエージェントから応募すると「他のエージェントから応募がきてるけど…」と担当に連絡が入ってしまいます。

場合によっては、選考が破談になり応募できないことはもちろん、転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなる可能性もあります…

ゆり
なるほど!エージェントの活用方法と合わせて、気をつけるべきポイントもあるんですね!
佐々木
はい!転職を成功させるためにも、ここまで説明したことを覚えておきましょう!
ゆり

なるほど!

知らないことがたくさんありましたが、これらは重要なことですね!

佐々木
はい!転職を成功させるためにも、しっかり覚えておいてくださいね!

ポイント9|20代後半は経験を活かす

20代後半の人は今までの経験活かすことで、転職に成功することができます。

その理由として、20代後半という年齢は、20代前半までに経験してきた職種での専門的なスキルが求められるからです。

もちろん未経験採用の求人もありますが、20代後半では応募者に対する採用担当者の目線が変わることは確実です。

数値的な実績、Excelのスキル、具体的な業務改善の経験などをアピールすることで、20代後半の人は有利に転職活動をすることができます。


以上が、20代後半の人が転職を成功させるためのポイントになります。

ここでもう一度振り返ってみましょう。

成功ポイント
  1. 転職して叶えたいことを考える
  2. 優先順位を付けておく
  3. 3社以上に相談してどんな求人があるのかチェック
  4. 求人案件やキャリアコンサルタントを比較検討する
  5. 口コミサイトを利用する
  6. 経歴やスキルに嘘はつかない
  7. 推薦文は必ず確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 20代後半は経験を活かす

企業が20代後半を採用するときにチェックしていること

佐々木
ここで、20代を採用するときに企業がチェックしていることをお伝えします。

実際、応募者に対してどんなことを重視しているかを知れば、事前に対策を練り採用率を上げることが可能です。

そのため、下記の4つのチェックポイントを押さえておきましょう。

チェックポイント
  1. 自ら進んで貢献する意欲があるかどうか
  2. 採用後すぐに辞めてしまわないか
  3. 自分の短所に対してどのように対策しているか
  4. 将来へのビジョンはあるか

それぞれのチェックポイントを確認していきましょう。

チェックポイント1:自ら進んで貢献する意欲があるかどうか

仕事で成長を望むことは、社会人として当然のことです。

しかし転職活動で、自分の成長ばかりを望むような発言ばかりを繰り返すのはよくありません。

何故ならば、企業はお金をかけて人材を採用しているので、自社の発展に貢献してほしい気持ちが第一です。

スキルを磨きたい気持ちも分かりますが、会社は学校ではないので、いかにも企業に貢献できるかを伝える必要があります。

チェックポイント2:採用後すぐに辞めてしまわないか

「新卒は3年以内に辞める」と同じく、20代はまだまだ若手で「嫌なことがあったら、すぐに辞めるのでは」と思われがちです。

そのため、前職の退職理由を聞かれた時は、前向きかつ納得感のある回答を用意しておくべきです。

例えば、給料が低いことを理由に退職した場合、正直に伝えてしまうと、面接官に対しての印象が悪くなってしまいます。

給料に不満があっても、成果や実績がしっかり反映される会社で働きたい!のような、印象が良くなる話をしましょう。

チェックポイント3:自分の短所に対してどのように対策しているか

短所があるのは当然のことなので、決して悪いことではありません。

企業が知りたいことは、あなたが問題に直面した時にどう対処するかです。

あなたの短所が原因で問題を起こさないためにも、これまでの経験から対策方法を詳しく伝えられるよう準備しておきましょう。

普段から目標・計画を決めて行動し、達成できなかった時、何が原因だったか考える癖をつけておくことをおすすめします。

チェックポイント4:将来へのビジョンはあるか

20代の中には、スキルや技術を持っている人も一定数いますが、まだまだ仕事経験は浅いと認識している面接官もたくさんいます。

そのため、将来へのビジョンを持っておくことは非常に重要です。

企業側としては、将来へのビジョンがなければ、成長は期待できません。

「IT業界に転職して、資格を取りネットワークエンジニアになりたい」
「5年以内に管理職になり、責任感を持って仕事がしたい」
「営業スキルを磨いて、営業成績1位を取り、リーダーとして仕事をしたい」

など、具体的な将来へのビジョンを持っておけば、高く評価されるでしょう。

佐々木
以上が、20代の採用で企業がチェックすることです。
チェックポイント
  1. 自ら進んで貢献する意欲があるかどうか
  2. 採用後すぐに辞めてしまわないか
  3. 自分の短所に対してどのように対策しているか
  4. 将来へのビジョンはあるか
ゆり
20代ならではのポイントなので、絶対抑えておくべきですね!
佐々木

そうですね!

転職に成功するためにも、面接官の気持ちはしっかりと汲み取っていきましょう。

今の会社を穏便に辞める方法|賢い退職の流れ

ゆり
企業が20代後半の人を採用する際のチェックポイントは分かりましたが、退職するときに不安があります…

辞めるときにもめたくないので、円満退社する方法も教えてほしいです。

佐々木
たしかに退職も不安ですよね。

実は、転職エージェントは退職のサポートも行ってくれるんですよ!

転職エージェントは、退職する上で何をどうすべきなのか、またどうやって退職の交渉を行うべきかのアドバイスも実施しています。

基本的なことは転職エージェントに相談すれば問題ないですが、転職・退職するときに注意すべきポイントを2つお伝えしておきます。

1|転職先の内定が出てから退職を進める

現職を一度退職してから転職活動を行えば、新しい仕事が決まるまで収入面で苦労しがちです。

また、20代後半であればまだまだ貯金に余裕がない人が多く、生活が苦しくなると精神的に追い詰められることもあります…

その結果、「早く転職先を決めないと!」と焦ってしまい、転職に失敗してしまう可能性が高くなります。

金銭面はもちろん、精神的にも余裕を持って転職活動を行うために、現職は続けたままで、転職先が決まってから退職の手続きを行いましょう。

2|どんなに仲が良くても社内の人には転職の話をしない

どんなに仲が良くても、上司よりも先に同期に退職や転職の話をするのは絶対に避けてください。

実際に転職活動中に、仲のいい同期に退職の話をして大変なことになった事例もあります…

退職時の注意
現在、在職中でありながら転職を考えている26歳3年目です。

先日、つい仲の良い同期に、「自分は来年度に転職を狙う」という事を話してしまっていたのです。

その話が上司にバレてしまい、ごまかせず、その上司も自分の部下が最近多数辞めている事から、これ以上自分の部下に辞められると困る。という事で、人事部に私を飛ばす様に申し出られ、結果的に関連会社へ在籍出向となりました。

(29歳・男性・年収300万円)出典:転職相談

ゆり
どんなに仲がいい同期でも、上司より前に退職の話をしてはいけないんですね…
佐々木
そうなんです。

軽い気持ちで退職について話してしまうと、転職に失敗してしまうこともあるんです。

そのため、転職をする前にまずは転職エージェントに相談しましょう!

ゆり
なるほど!エージェントがサポートしてくれるなら、初めての退職も安心ですね!
佐々木
はい!転職のプロと一緒に、転職を成功させましょう!

20代後半の転職でよくある質問【Q&A】

佐々木
それでは、20代の転職についてよくある質問を紹介していきますね。

質問1:20代後半に選ばれている職業は?

20代後半に選ばれている職業を、タイプ別に紹介します。

20代後半に人気の職業

20代後半にとって転職のしやすさが人気の職業

  • 事務職
  • 営業職

専門性を高めたい20代後半に人気の職業

  • エンジニア
  • 不動産鑑定士

サービス業で20代後半に人気の職業

  • 飲食店の正社員
  • 介護職員

ハイクラスの20代後半に人気の職業

  • コンサルタント
  • MR

20代後半であれば、豊富な選択肢のなかから転職先を選ぶことが可能です。

だからこそ、より自分に合った転職先を見つけるためにも、慎重に転職活動を行う必要があるでしょう。

質問2:20代後半の女性でも転職できる?

もちろんできます!

ただ企業としては、産休や育休などで転職後すぐに現場を離れてしまうのではないかといった不安があります。

そのため、

『転職後はすぐに産休や育休を取らない』
『取得したとしても、復職後に長く働き続ける』

といった意欲を面接時にアピールすることが重要です。

質問3:未経験でも転職できる?

20代後半は、未経験の業種業界へ転職するラストチャンスとも言われています。

採用する企業としても、20代後半であれば、まだ「育てる」ことができるため、ゆくゆく会社に大きな貢献をしてくれる人材として採用できます。

また、特に未経験の場合はどうしても働きたいという「熱意」を伝えることが大切です。

あなたの気持ちや人柄、真面目さ、積極性、志向性など、人間性が評価されれば、内定をもらえる確率も高くなるでしょう。

質問4:転職して今より良い会社にいける?

現状の不満をしっかり洗い出して、転職エージェントのサポートを受ければ、今より良い会社に転職できるでしょう。

また、転職で譲れない条件なども考えておくべきです。

全ての悩みを改善することは難しいかもしれませんが、転職で叶えたいことに優先順位をつけておけば、今の職場よりは良い環境で働けるでしょう。

質問5:正社員になるのは難しい?

もちろん、20代後半であれば、正社員になることも可能です。

30代40代と比べると、20代は最も正社員になるチャンスが多い年代です。

しかし、正社員を目指すとなれば、書類選考や面接のハードルも少し上がるので、覚悟を持って転職活動に望む必要があるでしょう。

正社員を目指している人は、少しでも不安を解消するため、転職エージェントを必ず活用しましょう。

質問6:資格があったほうが転職に有利?

資格は転職の時のアピールポイントになります。

持っている資格がある人は、存分にアピールしましょう。

また、資格がない人は、転職先の選択肢が狭くなってきますが、転職エージェントを活用すれば、あなたの長所を十分にアピールすることが可能です。

実際に、無資格でも転職先で活躍している人はたくさんいます。

エージェントのサポートを受ければ、資格の有無を問わず、転職に成功できる可能性がグッと高くなりますよ。

佐々木
他にも質問があれば、リクルートエージェントに相談してみることをおすすめします!

質問7:20代の転職回数は何回まで?2回目、3回目でも大丈夫?

佐々木
結論から言うと…

20代前半の人は1回目、20代後半の人は、2回目までの転職が有利です!

というのも、20代は1回目と2回目の転職成功率が高めだからです。

年齢別の転職回数と成功率

出典:doda

ゆり
25~29歳だと、1回目と2回目の成功率が高いですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

また、転職エージェントを活用して転職活動を行えば、これまでの転職回数関係なく、書類選考や面接に挑むことが可能です。

実際、転職回数が多ければ、採用する企業側も「すぐに辞めるのでは?」というリスクを感じるものです。

しかし、転職エージェントを活用すれば安心です。

転職回数が2回以上あっても、エージェントが企業にフォローを行ってくれるので、書類選考で落とされることなく、面接に進むことができます。

ただし、面接では転職回数が多い理由について聞かれるので、必ず回答を準備しておきましょう。

佐々木
他にも気になることがあれば、リクルートエージェントに相談してみることをおすすめします!

まとめ|自分に合った転職サイト・エージェントを利用しよう

今回は『20代後半の人におすすめの転職サイト』についてお伝えさせていただきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 20代後半の人に最もおすすめの転職サイトはリクナビNXET
  • 転職に失敗しない方法は、転職エージェントを活用すること
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 穏便に今の会社を辞めるために、上司に転職の相談をすべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎すべての20代後半の人におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/
  • 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり

ありがとうございます!

ただ、どのエージェントも良さそうで迷ってしまいますね。

佐々木
もし登録先に迷っているなら、「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」の3社に登録しておけば間違い無いですよ!
佐々木

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

ゆり
早速エージェントに登録して、転職活動を始めてみますね!
佐々木
はい!あなたの転職の成功を願っています!