転職エージェントおすすめランキング13選

第二新卒の転職失敗パターン4選|転職を後悔した例に学ぶ失敗回避術

第二新卒の転職失敗パターン4選|転職を後悔した例に学ぶ失敗回避術

この記事でお伝えすること
  • 第二新卒の転職失敗パターン4選
  • 第二新卒の転職で失敗する人の特徴
  • 第二新卒の転職失敗を回避するための戦略
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『第二新卒で転職を考えているけど、失敗しそうで不安…。』

『第二新卒の転職に失敗しないためには、どうやって転職活動すればいいの?』

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり

第二新卒は転職しやすいとも聞きますが、良い転職先を見つけられるか不安です…。

転職に失敗したくないですし、どんな方法で転職活動を進めれば良いんですか?

佐々木

同じように、第二新卒で転職に悩んでいる人はたくさんいます。

実際、第二新卒は転職しやすい時期ですが、失敗したくないなら正しい方法で転職活動を行うべきです!

そこで今回は、第二新卒の転職で失敗しないための方法を詳しくお伝えします!

【2019年5月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

第二新卒の転職失敗パターン4選

佐々木
それでは早速、第二新卒の転職失敗パターンを紹介していきます!

実際に、第二新卒の転職で失敗する人はたくさんいます…。

第二新卒の人は、社会人経験も浅く、数多くの職場を見てきているわけではないので、

求人情報の良い部分だけを見て、転職先の良し悪しを判断してしまうことが多くなっています。

佐々木
具体的に、第二新卒の転職失敗パターンを書き出してみると、次のようなケースがあります。
第二新卒の転職失敗パターン
  1. とにかく今の会社を辞めるために転職している
  2. 新卒と同じ感覚で転職活動をしている
  3. 自分の能力を考えず難易度の高い企業ばかり受けている
  4. ネガティブな退職理由を持っている
佐々木
これらに当てはまる事例を紹介しておきますね。

ゆり

ただ単に、今の仕事を辞めたい気持ちだけで転職活動しても、

第二新卒の転職には失敗してしまうんですね…。

佐々木

そうなんです…。

第二新卒の転職に失敗してしまうと…

短期間で何度も転職を繰り返す「転職常習犯」になってしまう可能性もありますよ。

実際、短期間で転職を繰り返してしまうと、次の転職先を見つけたくても、

面接はもちろん、書類選考すら通過するのが難しくなってきます…。

佐々木

そのため、第二新卒で転職を考えているのであれば、

しっかりと計画性を持って転職活動を進める必要があります!

次の章では、どんな人が第二新卒の転職で失敗するのかお伝えします。

失敗例からわかった!第二新卒の転職で失敗する人の特徴

佐々木
第二新卒の転職で失敗する人には、次の8つの特徴があります。
失敗する人の特徴
  1. 転職理由が固まっていない
  2. 転職する目的意識が薄い
  3. 他人と比較ばかりしている
  4. 自分の実力を理解していない
  5. 現職を退職してから転職先を探している
  6. どの企業にも同じ志望動機を書いている
  7. 応募先が求めていることを把握していない
  8. 転職するタイミングが遅い

それぞれの特徴について説明します。

特徴1:転職理由が固まっていない

転職活動を始める前に、「なぜ今の仕事を辞めて転職するのか」ということをしっかり説明できるようにしておきましょう。

面接では、入社してすぐに辞めないかどうか、自社の業務に合っているかなどを確かめるために、転職理由を聞いています。

第二新卒を採用することは、企業にとってもリスクはあるので、企業が納得できる転職理由を持っていなければ、内定はもらえません。

佐々木

パッと思いついたような転職理由を話すのではなく、

自己分析を行い、転職理由を固めてから転職活動を進めましょう。

特徴2:転職する目的意識が薄い

転職して何を達成したのか、転職先でどんな仕事をしたいのかという目的意識を高く持つことは重要です。

転職は目的を叶えるための手段なので、転職すること自体が目的になってはいけません。

しっかり目的を持って転職先を探さなければ、良さそうな求人を見るたびに自分の意思がブレてしまいます。

佐々木

目的意識が薄い状態で転職しても、

「この仕事がしたかったんだっけ」と、後で後悔してしまう可能性もあります…。

特徴3:他人と比較ばかりしている

これまで違う環境で育ち、様々な経験をしてきた人が集まっている環境が会社なので、同期や同僚と自分を比較する必要はありません。

しかし、同期が成績を残している中で、自分は雑用ばかりの地味な仕事をしていれば、焦る気持ちもあるでしょう。

ただ、焦って鼻息の荒い状態で転職しても、その気持ちは長くは続きません。

入社して数年は、ほとんどの人が下積みを経験し、派手な仕事とは無縁の状態であることを頭に入れておきましょう。

佐々木

他人と比較して、「早く出世したい!」と思いながら転職するのではなく、

数年後の自分の成長を見据えて、長く働ける転職先を見つけましょう。

特徴4:自分の実力を理解していない

自分の実力を客観視せず、受かる可能性のない企業ばかりに応募することは時間の無駄です。

良い条件の求人は、求められる能力やスキルが高いことはもちろん、応募が殺到することもあるので、ライバルが多くなっています。

転職活動では、自分の実力を理解して、年収や企業の名前ばかりにこだわらないことが大切です。

佐々木

自分の実力が分からないのであれば、『リクナビNEXT』の適職診断を活用することをおすすめします!

質問に回答するだけで、仕事選びの価値観と隠れた性格を分析できますよ!

特徴5:現職を退職してから転職先を探している

転職活動は、必ず今の仕事を続けながら行うようにしましょう。

いつ内定がもらえるか分かりませんし、現職を辞めてしまうと無収入の期間が出来てしまいます。

すると、貯金を切り崩す期間ができ、焦りから妥協して転職先を選んでしまうこともあるでしょう。

佐々木

どこでも良いと安易な気持ちで転職先を選んでしまうと、

「結果的に前職の方が良かった…。」と後悔することもあります。

特徴6:どの企業にも同じ志望動機を書いている

どの企業にも同じ志望動機を書いていると、転職先について調べていないことがバレてしまいます。

確かに、応募書類を何通も作成していると、使い回しできる志望動機にしたくなる気持ちもわかります。

しかし、採用する側から見れば、当たり障りのない志望動機を読んでも、面接に来てもらいたいとは思いません。

「ぜひ一度話をしてみたい!」と、魅力を感じされるような志望動機を1社1社丁寧に作成しましょう!

佐々木

志望動機を作成する前には、応募先の研究を行う必要があります。

どんな仕事内容で、どういった社風なのかを把握した上で、適した志望動機を作成しましょう。

特徴7:応募先が求めていることを把握していない

企業側の目線に立って自分をアピールできなければ、内定をもらうことはできません。

企業が求めていることを理解し、自分のアピールポイントを整理する必要があります。

佐々木

応募する前に、企業がどんな人材を求めているのかを理解しておきましょう。

そして面接では、あなたを採用することで、どんな利益が生まれるのかを伝える必要があります。

特徴8:転職するタイミングが遅い

転職せず嫌々仕事を続けることも、失敗する一つの原因です。

第二新卒として転職できるのは、学校を卒業して3年以内です。

その時期を過ぎてしまうと、未経験職種への転職難易度は上がってしまいます。

「最低3年は働け」なんてことも言われますが…

辞めたい気持ちを持ったまま無理して仕事を続けることは、転職の機会を損失している場合もあります。

佐々木

長く仕事を続けることも一つの選択肢ですが、

無理をするのは良くないので、転職したい気持ちがあるなら早めに行動しましょう。


佐々木
以上が、第二新卒で転職に失敗する人の特徴です。
失敗する人の特徴
  1. 転職理由が固まっていない
  2. 転職する目的意識が薄い
  3. 他人と比較ばかりしている
  4. 自分の実力を理解していない
  5. 現職を退職してから転職先を探している
  6. どの企業にも同じ志望動機を書いている
  7. 応募先が求めていることを把握していない
  8. 転職するタイミングが遅い
ゆり
第二新卒の転職で失敗する人には、様々な特徴があるんですね…。
佐々木

そうなんです…。

理想の転職先を見つけ、転職に成功するためには目的意識を高く持ち、

徹底的に応募先の研究を行い、面接に向かう必要がありますよ!

次の章では、第二新卒の転職で失敗を回避するための戦略をお伝えします。

第二新卒の転職で失敗を回避するための5つの戦略

佐々木
第二新卒の転職で失敗を回避するためには、次の5つの戦略を持って転職活動を行いましょう!
失敗を回避するための戦略
  1. 転職する目的を明確にする
  2. 現職を続けながら転職先を探す
  3. 最低3年働けるかどうか考える
  4. 応募企業の目線に立って志望動機を作る
  5. 転職エージェントに相談する

それぞれの戦略について説明します。

戦略1:転職する目的を明確にする

まず、転職して叶えたいことを全て書き出してみましょう。

その中で優先順位をつけて、転職する目的を整理することは大切です。

そして、働きたくない職場の特徴も書き出してみましょう。

考えた転職する目的、働きたくない職場の特徴をもとに、求人を見て、自分に合っている転職先かどうか判断することをおすすめします。

佐々木

自分が満足できる条件が整っていれば、ぜひ応募してみましょう。

何も整理せず転職活動を行うのは、運任せで転職先を選ぶようなことなので、非常に危険です!

戦略2:現職を続けながら転職先を探す

失敗する人の特徴でも伝えた通り、現職を退職してからの転職活動は、

金銭的な問題が伴ってくるので、妥協して転職先を選んでしまいがちです。

精神的な余裕を持つためにも、収入源を確保しておくことは大切なので、現職を続けながら転職活動を行いましょう。

佐々木

仕事が忙しくて、転職活動の時間を確保できないのであれば、

ひとまず「転職エージェント」に相談してみることをおすすめします。

転職のプロとして、転職活動の進め方のアドバイスをしてくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

戦略3:最低3年働けるかどうか考える

何度も転職を繰り返してしまうと、転職常習犯になり書類選考すら通らなくなってしまいます。

そのため、転職先を選ぶ際には「最低3年働けるかどうか」を考えてみましょう。

入社した以上は職歴になるので、業務内容や待遇面などを踏まえ、将来を見据えて転職先を選びましょう。

佐々木

転職を繰り返すことは、30代、40代の人生にも大きく響いてきます。

後々後悔しないためにも、慎重に転職先を選びましょう。

戦略4:応募企業の目線に立って志望動機を作る

企業は現状抱えている課題を解決するために、採用活動を行っています。

求人を出す段階で、欲しい人材像がある程度できているので、それを無視して自分の強みをアピールしても内定はもらえません。

志望動機や自己PRは、企業目線で作成する必要があるので、企業のホームページや求人情報はくまなくチェックしましょう。

佐々木
面接での受け答えに関しても、企業が求めていることを把握しておけば、スムーズに話せるでしょう!

戦略5:転職エージェントに相談する

第二新卒の転職を成功させるためには、業界研究、最適な応募書類の作成、面接対策など、やるべくことがたくさんあります。

これら全てを自分一人で完璧にすることは難しく、かなり時間がかかってしまいます。

転職エージェントに相談すれば、自己分析や面接対策など、転職に必要な様々なサポートを行ってもらえます。

佐々木

実際、第二新卒で転職に成功する人のほとんどは、転職エージェントを活用しているので、

まずは登録して転職相談をしてみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

佐々木
以上が、第二新卒の転職で失敗を回避するための戦略です!
失敗を回避するための戦略
  1. 転職する目的を明確にする
  2. 現職を続けながら転職先を探す
  3. 最低3年働けるかどうか考える
  4. 応募企業の目線に立って志望動機を作る
  5. 転職エージェントに相談する
ゆり

転職に失敗しないためには、正しい戦略を持っておくことが重要なんですね!

佐々木

そうなんです!

実際、第二新卒の採用を積極的に行っている企業はたくさんあります。

ただ、その分ライバルも多くなっているので、正しい戦略を持って転職活動を行う必要がありますよ!

企業の採用担当者は、第二新卒の転職希望者に対して「またすぐ辞めるのでは」と心配する傾向があります。

そのため、なぜ今の会社を辞めたいのか、そして新しい会社に転職したい理由をしっかり整理し、

面接でスムーズな受け答えができるよう準備しておく必要があります。

佐々木

戦略を立てることは重要ですが、忙しい現職を続けながら1人で準備を進めることは難しいでしょう。

その場合、転職エージェントをうまく活用して、効率よく転職活動を行うことをおすすめします!

次の章では、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

第二新卒の転職に強い転職エージェントおすすめ5選

佐々木

それでは、第二新卒の転職に強いおすすめの転職エージェンを紹介します。

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的に、自己分析や転職理由に関する相談以外にも、主に次の6点をサポートしてくれます。

転職エージェントのサポート内容

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

なので転職エージェントを使えば、

担当者のサポートを受けながら、効率よく転職先を見つけることができますよ!

第二新卒におすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは、次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビエージェント』と『パソナキャリア』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木

そうですね!最低でもマイナビとパソナキャリアですね!

実際、第二新卒で転職に成功した人のほとんどは、転職エージェントを利用しているので、

転職したいと悩んでいるなら、まずは登録して相談してみてはいかがでしょうか。

次の章では、失敗を最小限にするために、第二新卒がチェックすべきサイトを紹介します。

失敗を最小限にするために第二新卒がチェックすべきサイトとは

佐々木
ここでは、転職の失敗を最小限にするために、

第二新卒がチェックすべき3つのサイトを紹介します!

第二新卒がチェックすべきサイト

それぞれの特徴をお伝えします。

おすすめサイト1|VOKERES

Vorkers 口コミサイト

【公式】https://www.vorkers.com/

特徴
  1. 「社員の生の声」として企業のリアルな情報を掲載
  2. 働き方や社風、年収を知ることができる
  3. 条件ごとに評価の高い企業をランキングで見ることができる

企業のリアルな情報を確認するためにおすすめなのが、VOKERESです。

求人の情報や事例の中には良い点だけを取り上げている場合もあるので、VOKERESで働き方や社風を見ることで実際の状況がわかります

組織風土や給与などについても詳しく書かれており、直近の書き込みも多いため参考になります。

おすすめサイト2|転職会議

転職会議 口コミサイト 【公式】https://jobtalk.jp/
特徴
  1. 転職口コミ情報を掲載
  2. 国内最大級10万件以上の求人情報を掲載
  3. 会員数500万人以上

幅広い企業の口コミを知るためにおすすめなのが、転職会議です。

転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されており、企業の状況を知ることができます。

正社員だけではなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、幅広い情報を得られます。

おすすめサイト3|ミイダス

MIIDAS

【公式】https://miidas.jp/

特徴
  1. 自分の市場価値や、適正年収がわかる
  2. 無料登録をすると、面接確約のオファーが届く
  3. 転職事例を見れたり、適性診断などサポート機能も充実

自分の適性年収を知るためには、「ミイダス」をおすすめします。

「ミイダス」は人材サービス大手のインテリジェンスが運営しており、質問に答えることで自分の適正年収がわかるサービスです。

会員登録をしなくても、適正年収や市場価値が分かります。

その後、任意で会員登録すると登録直後から面接確約のオファーが届くようになります。


佐々木
以上の3つが、第二新卒がチェックすべきサイトです!
第二新卒がチェックすべきサイト
ゆり
これらのサイトを利用すれば良いのですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

企業のリアルな情報を得るためにも、これらのサイトの活用は欠かせません

次の章では、第二新卒の転職でおすすめの職種・業種についてお伝えします。

第二新卒の転職でおすすめの職種・業種

佐々木

第二新卒の転職でおすすめの職種・業種を紹介する前に…

マイナビが実施したアンケートを一つ紹介しておきます!

第二新卒の人も該当する20〜27歳で転職した人にアンケートをとった結果、

この円グラフのように、61%の転職者が「職種・業界ともに変えた」というデータが出ています。

実際、第二新卒は売り手市場であることに加え、「ポテンシャル」や「やる気」を評価してもらえるので、

未経験の職種・業種へ転職する大きなチャンスと言えます!

佐々木
具体的に、第二新卒の転職でおすすめの職種・業種を3つ紹介しておきます!
第二新卒におすすめの転職先
  1. IT企業
  2. 建設業
  3. 介護・福祉業界

それぞれ確認していきましょう。

おすすめの転職先1:IT企業

年収(20代)
  • サーバーエンジニア:392万円
  • SE・プログラマー:367万円
  • ITコンサルタント:452万円

出典:doda

仕事内容
  • WEBサイトの設計開発
  • 仕様に沿った実装や管理
おすすめ
ポイント
未経験者を積極的に採用しているIT企業では、教育体制も充実しています。
資格なし
佐々木

未経験でも技術やスキルは関係なく、

自社の社風に合っているかどうかを重要視しているIT企業もたくさんあります!

おすすめの転職先2:建設業

年収(20代)
  • 施工管理(建設・土木)・・・448万円
  • 設計(内装・インテリア)・・・436万円
  • ビルマネジメント・・・415万円

出典:doda

仕事内容
  • 住宅・学校・病院などの建物の建設
  • 道路やトンネル・橋・水道などの整備
おすすめ
ポイント
東京オリンピックやリニア事業など、様々な分野の需要が増加している
資格なし
佐々木

建設業は人手不足に悩んでいる企業が多く…

世代交代のために、第二新卒の採用に積極的な企業が多くなっています!

おすすめの転職先3:介護・福祉業界

年収(20代)
  • ホームヘルパー/ケアワーカー・・・281万円
  • 介護福祉士/ケアマネジャー・・・295万円
  • 福祉施設長・・・341万円

出典:doda

仕事内容
  • 利用者の入浴介助、食事介助、レクリエーション
  • 福祉施設の管理および運営
おすすめ
ポイント
  • 『資格なしOK』『未経験者歓迎』『学歴・年齢不問』の求人が多い
  • 利用者から直接感謝されるのでやりがいを感じやすい
資格介護職員初任者研修
佐々木

介護と一言でいっても、仕事内容は様々あります。

専門知識が必要な仕事もあり、経験を積んで資格を取れば、高収入も期待できる業界です!


佐々木
以上が、第二新卒の転職でおすすめの職種・業種です!
第二新卒におすすめの転職先
  1. IT企業
  2. 建設業
  3. 介護・福祉業界
ゆり
未経験からでも様々な職業に転職できるのですね!
佐々木

はい!

人手不足に悩んでいる業界は数多くあり、多くの企業で第二新卒の人材が求めらていますよ!

他にも、営業職や販売職はコミュニケーション能力や人柄、ポテンシャルなどを評価する傾向にあるので、

未経験の第二新卒でも採用されやすくなっています。

また、近年増えているベンチャー企業でも、第二新卒の採用に積極的な企業が数多くありますよ!

佐々木

転職先選びに迷った時は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

転職のプロとして、これまでの経験や最新の業界情報をもとに、最適なアドバイスをしてくれますよ。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

正しい方法で第二新卒の転職の失敗を防ごう!

佐々木

今回は、第二新卒の転職で失敗しない方法についてお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

まとめ
  • 第二新卒の転職に失敗すると「転職常習犯」になる可能性もある
  • 第二新卒の転職は現職を続けながら慎重に行うべき
  • 第二新卒の転職で失敗しないために「転職エージェント」を活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いというわけですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり
これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、どれに登録すべきか迷いますね…

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
はい!転職に成功できることを願っています!