転職エージェントおすすめランキング13選

第二新卒で転職に失敗する人の特徴と後悔しない失敗回避術【事例あり】

第二新卒の転職失敗パターン4選|転職を後悔した例に学ぶ失敗回避術

この記事でお伝えすること
  • 第二新卒の転職に失敗する人の特徴
  • 第二新卒の転職に失敗しないための方法
  • 第二新卒が転職した成功例・失敗例
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『第二新卒の転職って失敗しやすい?』

『第二新卒の今、転職すべき?』

…と悩んでいませんか?

この記事では、第二新卒の転職事情を始め、第二新卒の転職に失敗しない方法などを紹介していきます!

この記事を読めば、第二新卒での転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

第二新卒は転職に失敗しやすいって本当?

ゆり
第二新卒の転職は失敗しやすいと言うのは本当なんでしょうか?
佐々木
第二新卒の転職は求人数自体が少なかったり、

「すぐ辞める」という理由で会社から良いイメージをもたれない場合もあるので…

転職が難しいと言う意見もあります。

ゆり

なるほど…

やはり、第二新卒の転職は厳しいのですね。

佐々木

いいえ、そんなことはありません!

株式会社アドバンスフローが実施した調査によると…

第二新卒の転職成功率は70%とされています!

ゆり

え、第二新卒の転職成功率は70%もあるんですか?

佐々木

はい、そうなんです!

現在、若手の人材不足に困っている企業は多く、第二新卒は重宝されやすいのです。

もちろん、先ほど述べたようなマイナスの意見もありますが、

正しい転職活動を行えば第二新卒でも転職活動に成功します!

次の章では、第二新卒の転職に失敗する人の特徴を説明します!

第二新卒の転職がうまくいかない…失敗する人の特徴

佐々木

まずは第二新卒の転職で失敗する人の特徴を見ていきましょう!

転職に失敗する人の特徴を理解することは、自身の転職活動の成功に繋がります!

失敗する人の特徴
  1. 転職理由が固まっていない
  2. 目的なく転職してしまっている
  3. キャリアを他人と比較している
  4. 人気の高い企業ばかりを受ける
  5. 現職を退職してから転職先を探している
  6. どの企業にも同じ志望動機を書いている
  7. 応募先が求めていることを把握していない
  8. 転職するタイミングが遅い

それでは、1つずつ見ていきましょう!

特徴1|転職理由が固まっていない

転職活動を始める前に、「なぜ今の仕事を辞めて転職するのか」ということをしっかり説明できるようにしておきましょう。

面接では、入社してすぐに辞めないかどうか、自社の業務に合っているかなどを確かめるために、転職理由を聞かれます。

第二新卒を採用することは、企業にとってもリスクはあるので、企業が納得できる転職理由を持っていなければ、内定はもらえません。

佐々木

パッと思いついたような転職理由を話すのではなく、

自己分析を行い、転職理由を固めてから転職活動を進めましょう。

特徴2|目的なく転職してしまっている

転職して何を達成したのか、転職先でどんな仕事をしたいのかという目的意識を高く持つことは重要です。

転職は目的を叶えるための手段なので、転職すること自体が目的になってはいけません。

しっかり目的を持って転職先を探さなければ、良さそうな求人を見るたびに自分の意思がブレてしまいます。

佐々木

目的意識が薄い状態で転職しても、

「この仕事がしたかったんだっけ」と、後で後悔してしまう可能性もあります…。

特徴3|キャリアを他人と比較している

これまで違う環境で育ち、様々な経験をしてきた人が集まっている環境が会社なので、同期や同僚と自分を比較する必要はありません。

しかし、同期が成績を残している中で、自分は雑用ばかりの地味な仕事をしていれば、焦る気持ちもあるでしょう。

ただ、焦って鼻息の荒い状態で転職しても、その気持ちは長くは続きません。

入社して数年は、ほとんどの人が下積みを経験し、派手な仕事とは無縁の状態であることを頭に入れておきましょう。

佐々木

他人と比較して、「早く出世したい!」と思いながら転職するのではなく、

数年後の自分の成長を見据えて、長く働ける転職先を見つけましょう。

特徴4|人気の高い企業ばかりを受ける

自分の能力を客観視せずに、倍率の高い人気企業ばかりに応募していると大事な時間を無駄にしてしまいます。

人気の高い企業の求人は応募者が多いだけでなく、求職者に求める能力やスキルも高く設定されているので転職成功率は低くなります。

佐々木
人気の高い企業ばかりに応募をしていると、最終的にどの企業にも転職できない事態に陥ってしまいます!

特徴5|現職を退職してから転職先を探している

転職活動は、必ず今の仕事を続けながら行うようにしましょう。

いつ内定がもらえるか分かりませんし、現職を辞めてしまうと無収入の期間が出来てしまいます。

すると、貯金を切り崩す期間ができ、焦りから妥協して転職先を選んでしまうこともあるでしょう。

佐々木

どこでも良いと安易な気持ちで転職先を選んでしまうと、

「結果的に前職の方が良かった…」と後悔することもあります。

特徴6|どの企業にも同じ志望動機を書いている

どの企業にも同じ志望動機を書いていると、転職先について調べていないことがバレてしまいます。

確かに、応募書類を何通も作成していると、使い回しできる志望動機にしたくなる気持ちもわかります。

しかし、採用する側から見れば、当たり障りのない志望動機を読んでも、面接に来てもらいたいとは思いません。

「ぜひ一度話をしてみたい!」と、魅力を感じされるような志望動機を1社1社丁寧に作成しましょう!

佐々木

志望動機を作成する前には、応募先の研究を行う必要があります。

どんな仕事内容で、どういった社風なのかを把握した上で、適した志望動機を作成しましょう。

特徴7|応募先が求めていることを把握していない

企業側の目線に立って自分をアピールできなければ、内定をもらうことはできません。

企業が求めていることを理解し、自分のアピールポイントを整理する必要があります。

佐々木

応募する前に、企業がどんな人材を求めているのかを理解しておきましょう。

そして面接では、あなたを採用することで、どんな利益が生まれるのかを伝える必要があります。

特徴8|転職するタイミングが遅い

転職せず嫌々仕事を続けることも、失敗する一つの原因です。

第二新卒として転職できるのは、学校を卒業して3年以内です。

その時期を過ぎてしまうと、未経験職種への転職難易度は上がってしまいます。

佐々木

「最低3年は働け」なんてことも言われますが…

辞めたい気持ちを持ったまま仕事を続けることは、転職の機会を損失している場合もあります。


第二新卒の転職に失敗する人の特徴をまとめると、次の通りです!

失敗する人の特徴
  1. 転職理由が固まっていない
  2. 目的なく転職してしまっている
  3. キャリアを他人と比較している
  4. 人気の高い企業ばかりを受ける
  5. 現職を退職してから転職先を探している
  6. どの企業にも同じ志望動機を書いている
  7. 応募先が求めていることを把握していない
  8. 転職するタイミングが遅い
ゆり
失敗する人の特徴はこんなにたくさんあるんですね…!
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

転職失敗者の特徴をきちんと理解し、自身の転職活動を成功させましょう!

次の章では、第二新卒の転職失敗を回避するための戦略について説明します!

第二新卒の転職で失敗を回避するための8つの戦略

佐々木

この章では、第二新卒の転職を失敗しないための戦略を説明します!

実は転職にはコツがあり

次の8つの戦略を取ることにより、転職成功率はグンと上がるんです!

失敗しないための戦略
  1. 自己分析の徹底
  2. 転職理由をポジティブにする
  3. 志望動機と将来のキャリアを明確にする
  4. 応募企業の目線に立って志望動機を作る
  5. 現職を続けながら転職先を探す
  6. 生きた情報を集める
  7. 最低3年働けるかどうか考える
  8. 転職エージェントに相談する

それでは、1つずつ見ていきましょう!

戦略1|自己分析の徹底

佐々木
まずは、自己分析の徹底から始めましょう!

第二新卒は転職しやすいタイミングであるからこそ、自己分析をきちんと行いキャリアプランを考えて、転職先を選ぶべきです!

自己分析が出来ていなければ、自分に合わない転職先を選んでしまい、環境に馴染めなかったり、活躍できない可能性もあります…。

また、第二新卒や同世代のライバルに勝ち、内定を取るためには、今までの経験や仕事で得た知識・スキルをアピールする必要があります。

戦略2|転職理由をポジティブにする

佐々木
転職理由をポジティブにすることでも転職成功率は上がります!

転職の面談で必ず聞かれる質問の1つは「前職の退職理由」です。

その際に「給料が低かった」「人間関係がよくなかった」などのネガティブな理由を答えてしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

そのため、転職理由はポジティブな内容を答えるようにしましょう!

ここで、3つほどポジティブな内容の転職理由の例を上げておきます!

良い転職理由1
以前働いていた会社は、個人の売り上げが重視されていました。

しかし、私は周りとコミュニケーションをとりながら、チームで成果をあげることの方が得意なので、今回転職を決意しました。

 

良い転職理由2
以前働いて会社は、年功序列が激しく若手が活躍できる場面が少なかったです。

しかし、私は年齢に関係なく社員同士が対等な立場で意見を言える環境で働き、若いうちからスキルを磨いていきたかったので、今回転職を決意しました。

 

良い転職理由3
以前働いていた会社は、個人ノルマが厳しく残業が多い職場でした。

多少の残業は苦ではないのですが、前社はあまりにも残業時間が多く、効率的な作業ができない状態でした。

もっと効率的にメリハリを持って仕事をしたいと思ったため、今回転職を決意しました。

 

佐々木
このように、転職理由をポジティブにするだけで、面接官への印象は大きく変わります!

戦略3|志望動機と将来のキャリアを明確にする

佐々木
退職理由が、志望動機や将来的なキャリアと重なるように伝えることも重要です!

話し方としては、「自分は◯◯になりたい。しかし、前職では実現できないので、退職することにしました」という形が理想です。

前職では目標を達成できなかったということを伝えれば、転職先に対して目標が達成できるという期待の裏返しになります。

その結果、スムーズに志望動機が伝えられることはもちろん、前向きな転職であることが伝わるでしょう!

戦略4|応募企業の目線に立って志望動機を作る

佐々木
志望動機を企業目線で考えることも重要です!

企業は現状抱えている課題を解決するために、採用活動を行っています。

求人を出す段階で、欲しい人材像がある程度できているので、それを無視して自分の強みをアピールしても内定はもらえません。

志望動機や自己PRは、企業目線で作成する必要があるので、企業のホームページや求人情報はくまなくチェックしましょう。

面接での受け答えに関しても、企業が求めていることを把握しておけば、スムーズに話せるでしょう!

戦略5|現職を続けながら転職先を探す

佐々木
転職先は、現職を続けながら探しましょう!

失敗する人の特徴でも伝えた通り、現職を退職してからの転職活動は、

金銭的な問題が伴ってくるので、妥協して転職先を選んでしまいがちです。

精神的な余裕を持つためにも、収入源を確保しておくことは大切なので、現職を続けながら転職活動を行いましょう。

戦略6|生きた情報を集める

佐々木
求人情報や企業のホームページは基本的に会社にとって都合の悪いことは書きません

そのため、インターネットだけの情報を信じてしまうと、入社後にイメージと違い後悔してしまう可能性が生まれます。

そのため、職場見学などを通して会社の生きた情報を得ることをおすすめします!

生きた情報を得ることにより、入社後の後悔を減らせるだけでなく、転職面談の際にも発言の質が変わります。

職場見学などができない人は、会社のホームページだけでなく、Twitterなどで個人の発信している生きた情報にも目を通しておきましょう!

戦略7|最低3年働けるかどうか考える

佐々木
転職先を選ぶ際には「最低3年働けるかどうか」を考えてみましょう。

何度も転職を繰り返してしまうと、転職常習犯になり書類選考すら通らなくなってしまいます。

入社した以上は職歴になるので、業務内容や待遇面などを踏まえ、将来を見据えて転職先を選びましょう。

転職を繰り返すことは、30代、40代の人生にも大きく響いてきます。

後々後悔しないためにも、慎重に転職先を選びましょう。

戦略8|転職エージェントに相談する

佐々木
転職エージェントに登録することで第二新卒の転職成功率は大きく上がります!

第二新卒の転職を成功させるためには、業界研究、最適な応募書類の作成、面接対策など、やるべくことがたくさんあります。

これら全てを自分一人で完璧にすることは難しく、かなり時間がかかってしまいます。

転職エージェントに相談すれば、自己分析や面接対策など、転職に必要な様々なサポートを行ってもらえます。

実際、第二新卒で転職に成功する人のほとんどは、転職エージェントを活用しているので、

まずは登録して転職相談をしてみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

第二新卒の転職を失敗しないための戦略をまとめると、次の通りです!

失敗しないための戦略
  1. 自己分析の徹底
  2. 転職理由をポジティブにする
  3. 志望動機と将来のキャリアを明確にする
  4. 応募企業の目線に立って志望動機を作る
  5. 現職を続けながら転職先を探す
  6. 生きた情報を集める
  7. 最低3年働けるかどうか考える
  8. 転職エージェントに相談する
ゆり
この8つを意識すれば良いのですね!
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

また、転職エージェントを利用する場合は、1社だけでなく2~3社を併用することをおすすめします!

エージェントを併用すべき理由
転職エージェントを複数併用すれば、より多くの求人が見れることはもちろん、自分にあったキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなります。

どの転職エージェントにも、良い評判と悪い評判はあるので…

1社に絞らず複数登録し、サポートの質や求人の特徴などを比較してみるのがいいでしょう。

実際に、転職成功者の9割は3社以上の転職エージェントに登録しています!

佐々木

どの転職エージェントに登録したら良いか迷ってしまう人は

最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」に登録しておけば大丈夫です!

最低でも登録しておきたい2社

転職エージェントについてより詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください!

転職エージェントおすすめ人気ランキング転職エージェントおすすめ人気ランキング13選|プロが評判・口コミを比較して評価!

次の章では、実際に第二新卒で転職した人の事例を見ていきます!

第二新卒の転職を経験した人の失敗事例と成功事例

佐々木
この章では、実際に第二新卒で転職をした人の「成功事例・失敗事例」を紹介します。

成功と失敗の両方を理解することで、納得感のある転職活動がおくれるはずです!

まずは、成功例から見ていきましょう!

ゆり
第二新卒と言うブランドをうまく活用して、転職に成功している人は多いのですね!

次に、失敗例を見ていきましょう!

ゆり
やはり、第二新卒の求人は少ないのでしょうか…?
佐々木

たしかに、第二新卒の応募できる求人数は少ない傾向にあります。

しかし、求人数が少ないからと言って、優良な求人がないと言う訳ではありません。

自分をうまくアピールすることができれば、第二新卒でも優良企業に転職することはできます!

次の章では、第二新卒の転職に強い転職エージェントについて詳しく説明します!

第二新卒の転職失敗率を下げる転職エージェント6選

佐々木

第二新卒におすすめなエージェントは6つあります!

第二新卒の転職に強い転職エージェントを利用することにより、転職成功率をあげることができます!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/

それでは、1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  1. 就職実績No.1
  2. ホワイト企業の優良案件を数多く保有
  3. 第二新卒の転職実績が豊富
【公式】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントでは、大手ホワイト企業の優良案件を数多く保有しています。

新卒採用で多くの人気企業が「マイナビ」を使う背景から、20代や第二新卒の転職実績を急拡大しており

「マイナビエージェント」でしか募集を出していない最大手人気企業も多数存在します

おすすめ2|パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 業界トップクラスのサポート体制
  • 業界ごとに専門のコンサルタントが在籍
【公式】https://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

サポート体制は業界No. 1と言われており、キャリアアドバイザーが丁寧に相談にのってくれると定評があります。

そのため、第二新卒の人のような転職活動に慣れていない人からの評判が非常に高いです!

おすすめ3|リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 20万件以上の求人数を保有!
  • 累計で40万人以上の転職成功実績があり業界ではトップクラス
【公式】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

圧倒的な求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

第二新卒からハイキャリア、またITなどの専門性の高い求職者まで、幅広い層からの高い支持を得ています。

おすすめ4|DYM就職

dym就職

DYM就職の特徴
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
【公式】https://www.dshu.jp/

DYM就職は、既卒やフリーター、職歴のない方の就職・転職サポートに定評のある転職エージェントです。

未経験OKの求人も数多く保有しており、親身なサポートで就職率は96%を誇っています。

また、企業と強いパイプを持っているため、第二新卒で正社員経験がない転職者でも書類選考なしで面接を行うことも可能です。

おすすめ5|ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ既卒
ウズキャリ第二新卒の特徴
  • キャリアアドバイザー全員が元既卒・元第二新卒
  • ソフトウェア通信やサービスインフラの求人を多数保有
【公式】http://daini2.co.jp/

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の求人に特化しており、内定率86%の高さを誇ります。

内定率が高い理由は、アドバイザー全員が元既卒・元第二新卒なので、転職希望者の気持ちに沿ってサポートしてくれるからです。

佐々木
独自の基準でブラック企業を排除しているので、転職後の内定率が低いのもおすすめのポイントです。

おすすめ6|リクらく

リクらく
リクらくの特徴
  • 20代の内定率94%
  • 未経験や第二新卒の転職に強い

【公式】http://www.rikuraku.net/

リクらくは、未経験や第二新卒の転職に強い転職エージェントで、20代の内定率は94%を誇ります。

求職者のカウンセリング実績は20,000人以上で、求人探しから入社まで徹底的にサポートしてくれます。

佐々木
未経験の業界への転職を考えている人には、リクらくがおすすめですよ!

第二新卒におすすめの転職エージェントをまとめると、次の通りです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/
ゆり
この6つが第二新卒におすすめの転職エージェントなんですね!
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

自分に合った転職エージェントを利用することで、転職成功の確率はドンと上がります!

また、転職エージェントは2~3つ併用して利用することにより、転職成功率をもっとあげることも!

エージェントを併用すべき理由
転職エージェントを複数併用すれば、より多くの求人が見れることはもちろん、自分にあったキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなります。

どの転職エージェントにも、良い評判と悪い評判はあるので…

1社に絞らず複数登録し、サポートの質や求人の特徴などを比較してみるのがいいでしょう。

実際に、転職成功者の9割は3社以上の転職エージェントに登録しています!

ゆり

なるほど!

転職成功者の9割は3社以上に登録しているんですね。

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

転職エージェントを複数登録した方が良いわけについて詳しく知りたい人は、

次の記事を参考にしてみてください!

転職エージェントは複数登録がおすすめ転職エージェントは複数登録が必須!何社も掛け持ちすべき理由&活用法を解説

第二新卒の転職を失敗しないために見ておくべきサイト

第二新卒が見るべき転職サイト
佐々木
ここでは、第二新卒が転職する際に転職エージェントと合わせて見るべき、サイトを6つ紹介します!

今回紹介するサイトに目を通しておくことで、第二新卒の転職に役立つ情報をゲットすることができます!

それぞれ1つずつ紹介していきますね。

おすすめサイト1|リクナビNEXT

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com

『リクナビNEXT』は転職業界で国内トップのリクルートグループが運営する転職サイトです。

求人数が豊富なので、「とりあえず求人だけ確認したい!」という人におすすめのサイトです。

また、リクナビNEXTには履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあり、それだけでも利用する価値があります。

おすすめサイト2|OpenWork

【公式】https://www.vorkers.com/

『OpenWork』は社員口コミの企業評価サイトでは最大手のサイトで、転職先を決定する際の判断材料の一つとして活用しましょう。

「退職検討理由」「入社理由と入社後のギャップ」といった転職を決める前に知りたい情報を確認することができます。

口コミを書いた人の年代も表示されるので、第二新卒世代の社員の投稿を参考にしてみるべきです。

おすすめサイト3|転職会議

転職会議の概要 【公式】https://jobtalk.jp/

『転職会議』はアルバイト採用領域で強みを持つリブセンスが運営する企業口コミサイト。

第二新卒世代の投稿が多く見られ参考になることはもちろん、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、リアルな社内の雰囲気を感じられます。

企業の評判情報を幅広く集めたい方は、『OpenWork』と併用するのがおすすめです。

おすすめサイト4|ミイダス

MIIDAS

【公式】https://miidas.jp/

『ミイダス』は自分がどれくらいの年収で転職ができるのか?を診断できるサービスになります。

適正年収の他にも、向いている業種職種もわかるので、客観的に自分の転職市場での価値を把握したい人におすすめです。

第二新卒の転職において提示される年収の妥当性も確かめられるので、ぜひ活用すべきサービスです。

おすすめサイト5|Wantedly

Wantedly

【公式】https://www.wantedly.com/

Wantedlyは「はたらく」を面白くするビジネスSNSサービスです。

特にベンチャーやスタートアップの求人をメインに掲載されており、実際に企業の担当者とメッセージのやりとりを行うことが可能です。

Wantedlyを通じて求人に応募できることはもちろん、人脈の構築や管理、ビジネス情報の収集に活用されています。

おすすめサイト6|Twitter(bosyu)

Twitter

【公式】https://twitter.com/

Twitterは若者を中心に人気のあるSNSです。「つぶやき」と呼ばれる140文字以内の短い文章を書き込むことができます。

他のユーザーのつぶやきを読んだり、返信することでコミュニケーションが生まれますが、活用法次第では転職活動にも大いに役立ちます。

特にTwitterにも数多く投稿されている『bosyu』には注目すべきです!

フリーランスからベンチャー、さらに大手まで様々な人がTwitter上で求人募集をかけているので、気になるbosyuがあれば応募して話を聞いてみましょう。

bosyuの公式サイトは”こちら


佐々木
以上が転職エージェントと合わせて見るべき、おすすめのサイトになります!
ゆり
転職エージェントだけじゃなくて、サイトも活用した方が良さそう…!
佐々木

そうなんです!

転職の成功の確率を少しでも上げたい人は、ここで紹介したサイトも積極的に利用していくべきです!

最低でも『リクナビNEXT』を利用すると、応募求人の選択肢が広がるので、転職エージェントと併用していきましょう!

次の章では、第二新卒の転職におすすめの職種・業種を説明します!

失敗率を最小限に!第二新卒の転職におすすめの職種・業種

佐々木
この章では、第二新卒の転職におすすめの職業を3つ紹介します!

おすすめの転職先
  1. ベンチャー企業
  2. 建設業
  3. 介護・福祉

それでは、順番に見ていきましょう!

ベンチャー企業

年収400万円
仕事内容
  • 領域によって異なる
おすすめ
ポイント
  • 経営者との距離が近い
  • 能力に応じて年収アップ
資格なし
佐々木
ベンチャー企業は若いうちからもチャンスを与えられやすい傾向にあります!

建設業

年収492万円
仕事内容
  • 主に建設物の工事完成までを請け負う。
おすすめ
ポイント
  • やりがいがある
  • 資格などの取得により年収アップ
資格なし
佐々木
新卒・第二新卒の採用の場合は基本的にスキルや資格を求められるこよは少ないです!

介護・福祉

年収約313万円
仕事内容老人ホームなどの施設内で、ご年配の方の入浴や排泄など、身の回りのお世話などをするお仕事
おすすめ
ポイント
  • 利用者から直接感謝をされるのでやりがいがある
  • 『資格なしOK』『未経験者歓迎』『学歴・年齢不問』といった理由から、求人募集が多い
資格介護職員初任者研修
佐々木

介護と一言でいっても、その仕事内容はさまざまであります。

比較的簡単なものから、専門的な知識が必要とされる高度のものまで幅広くあるのが介護職の特徴です。

第二新卒の転職の失敗を防いで、後悔のない転職を!

佐々木

今回は、第二新卒で転職を考えている人に向けて

第二新卒からの転職に失敗しない方法などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 第二新卒の転職は70%成功する
  • 第二新卒の転職には失敗しないための戦略がある
  • 転職エージェントは複数併用することにより、転職成功率をあげることができる
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いのですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/
ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビ』と『パソナキャリア』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
第二新卒のあなたが転職に成功できることを願っています!