転職エージェントおすすめランキング13選

知らないと損!転職エージェントの裏事情11選|元社員が語る業界の裏側

転職エージェントの裏事情

この記事でお伝えすること
  • 転職エージェントの11の裏事情
  • エージェントに騙されないための対処法
  • エージェントを損しないで活用する方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を見ている人は…

「転職エージェントは裏事情があるんじゃないか?」

「どうせ利益優先でやってるんでしょ?」

…と思っていませんか?

この記事では、転職エージェントの裏事情をすべてお伝えしていきます!

最後まで読むことで、転職エージェントの裏事情上手く活用するためのポイントが分かるようになりますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

11ヶ月連続!人気1位
20代~30代の転職実績が豊富!約87%の人が満足のいく転職を実現させています

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!優良企業でキャリアアップしたい人におすすめです

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職エージェントの裏事情11選|損をしないための全知識

佐々木
まずは、転職エージェントの裏事情を紹介していきます!

裏事情を知ることで、全く損することなく転職エージェントを活用できるようになりますよ!

転職エージェントの裏事情は、フェーズごとに分けると次の4つになります。

転職エージェントの裏事情
  1. 転職エージェントに登録した時の裏事情
  2. 転職エージェントの面談とフォローに関する裏事情
  3. 転職エージェントの面接対策と面接フィードバックに関する裏事情
  4. 転職エージェントとの内定時の年収交渉と回答期限の裏事情

それぞれのフェーズごとの裏事情を詳しく見ていきましょう!

フェーズ1|転職エージェントに登録した時の裏事情

佐々木
まずは、転職エージェントに登録した時の裏事情から紹介していきますね!

転職エージェント登録時の裏事情を把握しておくことで、

担当者との面談までにパターンが具体的に分かるようになりますよ!

というのも、転職エージェント登録時の裏事情として、次の2つのパターンがあるからです。

登録時の裏事情
  • 裏事情1|面談を促されるパターンがある
  • 裏事情2|面談を拒否されるパターンがある

転職エージェントに登録されたら、先方から連絡が届きますが、

実はその連絡内容で、転職エージェントの担当者のサポートをしたい本気度が見えてきます。

それぞれのパターンの裏事情を見ていきましょう。

裏事情1|面談を促されるパターン

佐々木
面談を促されるパターンは、主に次の3つです。
面談を促されるパターン
  • カフェやホテルでの面談
    →求職者に対しての優先度は高い
  • 転職エージェントのオフィスでの面談
    →一番多いパターン
  • 電話やオンラインでの面談
    →少し注意が必要

転職エージェントは基本的に、転職エージェントのオフィスでの面談を提案してきます。

ただ、優先度が高い求職者に対しては、より積極的に会ってくれるため、カフェやホテルでの面談を提案されることもあります。

一方で、電話やオンラインでの面談は優先順位が低い場合もあります。

とはいえ、住んでいる地域によって変わることや、海外就職の場合は電話やオンラインが多いことは覚えておきましょう。

裏事情2|面談を拒否されるパターン

佐々木

転職エージェントは、転職できる可能性が低い人の登録は拒否する傾向があります。

登録を拒否する理由としては、登録した全員の転職サポートをするのは現実的に難しいからです。

ゆり
登録を拒否されることがあるんですね…
佐々木
そうなんです。

登録を断られる際は、「良い案件がございましたらご連絡させていただきます」

といった連絡が転職エージェントから送られてくるんです。

もし断られてしまった場合は、ハローワークの利用や複数の転職エージェントに登録して、

拒否されないエージェントを見つけることもおすすめですよ!

    転職エージェントの複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

    フェーズ2|転職エージェントの面談とフォローに関する裏事情

    佐々木
    次に、転職エージェントの面談とフォローに関する裏事情を紹介していきます!

    転職エージェントの面談とフォローに関する裏事情を知ることで、

    納得感持って転職できる可能性が上がるはずですよ!

    面談とフォローに関する裏事情は次の通りです。

    面談とフォローに関する裏事情
    • 裏事情3|求職者の希望の求人ではなく、転職できる可能性が高い求人を紹介する
    • 裏事情4|無理やり転職を促すエージェントもいる
    • 裏事情5|とりあえず紹介求人数を重視してるエージェントもいる
    • 裏事情6|求人票には書かれていない応募条件もある

    それぞれ詳しく見ていきましょう!

    裏事情3|求職者の希望の求人ではなく、転職できる可能性が高い求人を紹介する

    佐々木
    基本的に転職エージェントの担当者は、

    求職者の希望する求人ではなく、転職できる確率が高い求人を紹介することが多いです。

    その理由としては、転職が難しい企業への選考に時間を費やすことは非効率的だと考えるからです。

    また、ミスマッチの人材を企業に紹介すると、転職エージェントと企業の関係性も悪化してしまうことも理由と言えます。

    佐々木
    実際に、人気の上場企業メーカーや商社などは狭き門で、書類選考で大半が落とされてしまいます。

    そのため転職エージェントの担当者は、求職者が転職できる可能性が高い求人を紹介する傾向が強いんです。

    希望する求人を全然紹介してもらえないようであれば、他の転職エージェントに登録することや、求人サイトを利用してみることをおすすめします!

    裏事情4|無理やり転職を促すエージェントもいる

    佐々木

    転職エージェントの裏事情として無理やり転職を促す担当者も一定数います。

    なぜなら転職エージェントは、求職者が求人企業に転職して、初めて売上が発生するビジネスモデルだからです。

    そのため、求職者の希望とは違った企業へ無理やり転職を促す転職エージェントも、なかにはいます。

    佐々木
    無理やり転職を促す転職エージェントもいることを念頭においた上で、

    転職エージェントと上手く付き合っていくことをおすすめしますよ!

    具体的な解決方法は次の通りです。

    解決方法
    • 興味がない求人であればキッパリ断る
    • このようなケースも考えて複数の転職エージェントを利用する

    裏事情5|とりあえず紹介求人数を重視してるエージェントもいる

    佐々木

    なかには、とりあえず多くの求人を紹介して、たくさん応募してもらおうと考える転職エージェントもいます。

    このような転職エージェントの担当者は、

    とにかく転職エージェントの売上だけを意識している担当者です。

    なぜ多くの求人を紹介しようと考えるのかというと、

    『とにかく多く応募してもらう=採用される確率が高くなる=(エージェントの)売上ノルマを達成できる』からです。

    佐々木
    ただ、求人を多く紹介してもらえることは、

    少しでも可能性のある求人を多く見たい人にとってはピッタリです。

    とはいえ在職中で時間がなくて忙しい人は、早めに他の転職エージェントを利用しましょう!

    裏事情6|求人票には書かれていない応募条件もある

    佐々木

    裏事情の1つとして、なかには求人票に書いていない応募条件もあります。

    たとえば、女性しか受けていないポジションや、明確な年齢制限がある求人は多くあります。

    転職エージェントは求人票にも書かれていない情報も把握している場合が多く、その上で求人の提案をしてくれるんです!

    求人票に書いていない応募条件が気になる場合は、転職エージェントに「どんな人が転職しているのか」を聞いてみましょう!

    裏事情7|面談後のフォローの差とフォローされるための方法

    佐々木

    転職エージェントの担当者との面談後に、フォローをされる人とされない人がいます。

    面談の際に、今後も求人を紹介する旨を伝えられても、それ以降連絡がないことは頻繁にあることです。

    実は、転職エージェントとの面談後のフォローの差が生まれる理由は、次の3つなんです。

    面談後にフォローされない3つの理由
    • 経歴と希望条件が異なるため、求人紹介が難しい
    • 担当者が忙しくてフォローの時間を確保できていない
    • 何かしらの理由で求人紹介が難しい
    ゆり
    なるほど…

    経歴と希望条件が違っているとフォローをしてもらえないことがあるんですね…

    佐々木
    そうなんです。

    経歴と希望条件が違う求職者は、希望の転職が難しいため、

    サポートの優先度を下げられてしまうんです。

    そもそも転職エージェントの担当者は多くの求職者を担当しているため、

    転職できそうな人や、すぐに転職活動を開始しそうな人を優先的にサポートします。

    そのため、転職エージェントとの面談では、転職の熱意をアピールして自分の経歴に合う希望を提示しましょう!

    フェーズ3|転職エージェントの面接対策と面接フィードバックに関する裏事情

    佐々木

    次に、転職エージェントの面接対策と面接フィードバックに関する裏事情を紹介していきます!

    転職エージェントの面接対策と、面接フィードバックに関する裏事情を知ることで、

    面接の通過率が上がりますよ!

    面接対策と面接フィードバックに関する裏事情
    • 裏事情8|面接対策には確認すべき3つのポイントがある
    • 裏事情9|転職エージェントが面接フィードバックをする3つの理由

    それぞれ詳しく見ていきましょう!

    裏事情8|面接対策で確認しておきたいポイントがある

    佐々木

    面接対策で確認したいポイントは次の通りです!

    これらのポイントを確認することで、面接に通過する可能性が上がりますよ!

    面接対策で確認したい3つのポイント
    1. 面接企業の情報、面接で評価されるポイント
    2. 面接でのマナー
    3. 志望動機、転職理由、今後のキャリア

    面接企業の情報や面接の評価ポイントはもちろんですが、転職エージェントは志望動機や転職理由などについても、様々なアドバイスをくれます。

    佐々木
    そのため、初めて転職活動をする人は、転職エージェントの面接対策の依頼をおすすめします!

    裏事情9|転職エージェントが面接フィードバックをする3つの理由

    佐々木

    求人企業と面接を終えた後、転職エージェントの担当者からフィードバックが入ることが多いです。

    フィードバックをする理由は3つあり、次の通りです!

    面接フィードバックをする3つの理由
    1. 面接企業が求職者に合っているかヒアリングするため
    2. 面接について追加で提案のため
    3. 転職活動の進捗を確認するため

    転職エージェントの担当者が面接のフィードバックをする大きな目的は、

    求職が求人企業に合っているかどうかを把握するためです!

    また転職エージェントは、求人企業へのフィードバックのためにも、求職者にフィードバックをしています。

    なぜなら、求人企業に対する求職者の評価が高い場合、企業は自社で採用したいと考えるからです。

    佐々木

    そのため、転職エージェント側から企業に、求職者の評価をフィードバックするんです!

    面接後のフィードバックについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

    フェーズ4|転職エージェントとの内定時の年収交渉と回答期限の裏事情

    佐々木

    最後に、転職エージェントとの内定時の年収交渉と回答期限の裏事情について紹介していきます!

    転職エージェントとの内定時の年収交渉と、回答期限の裏事情について知ることで、

    細部まで納得感を持って転職できますよ!

    内定時の年収交渉と回答期限の裏事情
    • 裏事情10|年収交渉はそこまで大幅なUPは望めない
    • 裏事情11|内定承諾の回答期限をわざと早めるエージェントもいる

    それぞれ見ていきましょう!

    裏事情10|年収交渉はそこまで大幅なUPは望めない

    佐々木

    転職エージェントは、求職者の代わりに求人企業と積極的に年収交渉をしてくれます。

    なぜなら、転職エージェントの売上は求職者の年収の一部のため、

    転職エージェントにも求職者の年収を上げたいと考えるからです。

    ただ、適正ではない範囲で年収を上げてしまうと…

    入社後のあなたへの期待値が過度に上がり、短期離職につながるリスクもあります。

    佐々木
    そのため、年収に関しては、大幅な上昇は期待しない方が良いでしょう。

    裏事情11|内定承諾の回答期限をわざと早めるエージェントもいる

    佐々木

    内定承諾の回答期限は、企業によって変わってきますが平均7~10日程度です。

    ここで注意しておくべきことは、求職者から内定承諾を得るために、

    回答期限を意図的に早く設定する転職エージェントもいるということです。

    そのため、回答期限が2〜3日ほどであれば、回答期限を延ばしてもらうようお願いしてみましょう!

    解決方法
    • 転職エージェントに、回答期限を延ばしてもらうようお願いする
    佐々木
    回答期限を迫られて入社を承諾した場合、

    入社後にギャップを感じてすぐに退職をしてしまう人が多い傾向にあります。

    そのため、一度転職エージェントに回答期限を延ばしてもらうようお願いしましょう!


    以上が転職エージェントの裏事情になります。

    ここでもう一度まとめると、次の通りです!

    転職エージェントの裏事情
    1. 面談を促されるパターンがある
    2. 面談を拒否されるパターンがある
    3. 求職者の希望の求人ではなく、転職できる可能性が高い求人を紹介する
    4. 無理やり転職を促す転職エージェントもいる
    5. とりあえず紹介求人数を重視してる転職エージェントもいる
    6. 求人票には書かれていない応募条件もある
    7. 面談後のフォローの差とフォローされるための方法
    8. 面接対策で確認しておきたいポイントがある
    9. 転職エージェントが面接フィードバックをする3つの理由
    10. 年収交渉はそこまで大幅なUPは望めない
    11. 内定承諾の回答期限をわざと早める転職エージェントもいる
    ゆり
    転職エージェントの裏事情は、登録から内定するまで幅広くあるんですね。
    佐々木
    そうなんです!

    各フェーズごとの裏事情を知っておくことで、転職エージェントを最大限活用することができますよ!

    こんな裏事情があっても転職エージェントって利用すべきなの?

    ゆり
    転職エージェントに裏事情が多くあるのは分かりましたが…

    裏事情があっても転職エージェントを利用した方がいいんですか?

    佐々木

    裏事情が多くある転職エージェントですが、利用することをおすすめしますよ!

    なぜなら転職エージェントは、次のような転職サポートをしてくれるからです!

    佐々木
    実際に転職エージェントのメリットを挙げてみると…
    エージェントのメリット
    • 全面的に転職のサポートをしてくれる
    • 完全に無料で費用は一切かからない
    • 転職相談にのってくれる
    • 求職者に合った求人を紹介してくれる
    • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
    • 初回相談に行ったからといって必ず転職しなてくもOK!
    • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
    ゆり

    転職エージェントにはこんなにもメリットがあるんですね!

    佐々木
    そうなんです!

    完全無料で内定獲得まで利用できるため、まずは登録して転職相談をしてみることをおすすめしますよ!

    ゆり

    でも、もちろんデメリットもあるんですよね…?

    佐々木
    そうですね。

    もちろん転職エージェントにデメリットもあるので、紹介していきますね!

    エージェントのデメリット
    • 希望条件と異なる求人を紹介される
    • 求人紹介を受けられない可能性がある
    • 担当者と電話や面談をする必要がある
    • 担当者の質が低いと転職活動の邪魔になる
    • エージェントによって強みが違う
    ゆり
    なるほど…

    転職エージェントには、いくつかデメリットもあるんですね…

    佐々木
    そうなんです。

    とはいえ、様々な転職サポートをしてもらえるので、利用をおすすめしますよ!

    それでは次の章で、信頼できるおすすめの転職エージェントを紹介していきますね!

    信頼できる転職エージェントおすすめ5選

    おすすめ転職エージェント
    1. 『マイナビエージェント』
      20代/30代の転職実績が豊富!
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    2. 『doda』
      求人数と実績が豊富!
      【公式】https://doda.jp/
    3. 『リクルートエージェント』
      求人数が転職業界No. 1
      【公式】https://www.r-agent.com/
    4. 『パソナキャリア』
      業界No.1のサポート体制
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    5. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    ゆり
    これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

    ただ、どこに登録するか迷ってしまいますね…

    佐々木
    転職エージェントの登録は、1社だけでなく複数社に登録することをおすすめします!

    なぜなら転職エージェントに登録すると担当者がつくため、自分と相性が合う担当者と出会えるかがポイントになるからです。

    そのため複数社に登録して、多くの担当者に転職相談をすることが重要なんです!

    ゆり
    複数登録をして、自分に合った担当者を見つけることが大切なんですね!

    それでも、複数社を選ぶのが難しいですね…

    佐々木
    本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

    もし迷ったら、最低でも『マイナビエージェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

    迷ったら登録する2社
    1. 『doda』
      求人数と実績が豊富!
      【公式】https://doda.jp/
    2. 『マイナビエージェント』
      20代/30代の転職実績が豊富!
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    ゆり
    ありがとうございます!

    最低でも、この2社に登録すれば良いのですね!

    佐々木
    そうですね!

    転職を考えているのならば、まずは登録して相談だけでもしてみましょう!

    転職エージェントの複数登録について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

    転職エージェントを裏事情を把握して、上手く活用するための9つのポイント

    佐々木
    次に、転職エージェントの裏事情を把握して、上手く活用するためのポイントを紹介していきます!

    転職の成功率を上げるために、次の9つの方法を実践してみましょう。

    エージェント活用の9つのポイント
    1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
    2. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
    3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
    4. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
    5. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    6. 担当との相性が合わない場合は変更する
    7. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    8. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    9. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

    それぞれの方法について詳しく説明していきますね!

    活用方法1|転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

    担当者にはまず、良い企業があればすぐにでも転職したいと伝えましょう。

    転職の意欲を伝えることで、担当者はあなたに対する優先順位を上げてくれるからです。

    担当者も自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

    佐々木
    そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内と伝えましょう!

    活用方法2|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

    複数の転職エージェントに登録し、そのことを担当者に伝えましょう。

    転職エージェントは、転職希望者が入社する際に、企業側から紹介報酬を受け取っているため、自社経由で人材を紹介し、はじめて売上につながります。

    そのため、複数利用していることを伝えると、自社経由で転職に成功してほしい転職エージェント各社のフォローが手厚くなる可能性が高いんです!

    転職エージェントの報酬の仕組み
    佐々木
    登録後は、担当者に複数利用していることを伝えましょう!

    複数登録のメリットについてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

    活用方法3|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

    学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

    なぜなら、登録情報や担当者とのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

    内容に虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

    佐々木
    学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう!

    活用方法4|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

    書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

    丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、より一層、親身になってあなたの転職をサポートしてくれるので、結果的に自分の転職成功確率が上がります。

    反対に、担当者と良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性もあるので注意しましょう…。

    佐々木
    丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう!

    活用方法5|2週間に1度は連絡して意欲の高さを見せる

    定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲の高さを伝えるのがおすすめです。

    なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲が高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

    転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

    また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

    エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

    佐々木
    しっかり転職意欲の高さをアピールすることが、転職成功への近道ですよ!

    活用方法6|担当者との相性が合わない場合は変更する

    サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当者の変更依頼を出しましょう!

    相性の良くない担当者との転職活動はなかなか上手くいきません。

    担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

    佐々木
    念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
    メール例文

    メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

    ◯◯さま

    お世話になっております。
    先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

    先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

    もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しい担当者の方にもご相談したいです。

    お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

    メール作成のポイント
    • 連絡先と名前で求職者を管理している転職エージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
      (→細かい自己紹介などはいりません)
    • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、転職エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

    担当者の変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

    だから、複数の転職エージェントに登録して、相性の良い担当者と出会いやすくするのがおすすめですよ!

    佐々木
    相性の良い担当者と出会って転職に成功するためにも、ぜひおすすめの転職エージェント2社に登録してみましょう!
    転職エージェントおすすめ2社
    1. 『マイナビエージェント』
      20代・30代の転職成功率がダントツ
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    2. 『パソナキャリア』
      サポートが丁寧なので不安な方に◎
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/

    活用方法7|推薦文は必ず自分の目で確認する

    転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

    つまり、転職エージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

    ただ、あなたの転職に対してやる気が無い担当者は、経歴をそのまま写して推薦文を提出している場合があります。

    そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

    「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
    「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

    などの理由を添えれば、必ず共有してくれますよ!

    佐々木
    アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

    活用方法8|面接後にはすぐに担当者に報告する

    面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

    転職エージェントは、企業の採用担当者と面接後に必ず連絡を取ります。

    面接内容を共有することで、自分が面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれますよ。

    面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず面接内容を報告すべきです!

    佐々木
    転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい人は、次の記事をご覧ください。

    活用方法9|同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

    転職エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

    なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

    最悪の場合、企業・担当者の両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。


    ゆり
    誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
    佐々木
    そうですね!

    それでは最後にもう一度、おさらいしておきましょう!

    エージェントをフル活用する方法
    1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
    2. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
    3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
    4. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
    5. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    6. 担当者との相性が合わない場合は変更する
    7. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    8. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    9. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
    佐々木
    これだけの活用方法を押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    次のおすすめ転職エージェントを利用する際に実践して、転職を成功させましょう!

    転職エージェントおすすめ2社
    1. 『マイナビエージェント』
      20代・30代の転職成功率がダントツ
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    2. 『パソナキャリア』
      サポートが丁寧なので不安な方に◎
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/

    転職エージェントの裏事情を把握して転職を成功させよう

    佐々木
    この記事では、転職エージェントの裏事情について詳しくお伝えしてきました。

    要点をまとめると次の通りです!

    まとめ
    • 転職エージェントには11の裏事情がある
    • 転職エージェントの裏事情を把握して活用することがおすすめ
    ゆり
    ありがとうございます!

    これらを意識すれば良いんですね!

    佐々木
    おっしゃる通りです!

    最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをお伝えしますね!

    おすすめ転職エージェント
    1. 『マイナビエージェント』
      20代/30代の転職実績が豊富!
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    2. 『doda』
      求人数と実績が豊富!
      【公式】https://doda.jp/
    3. 『リクルートエージェント』
      求人数が転職業界No. 1
      【公式】https://www.r-agent.com/
    4. 『パソナキャリア』
      業界No.1のサポート体制
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    5. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    ゆり
    この5社がおすすめなんですね!

    でも、どこも良さそうで迷いますね…。

    佐々木
    本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社以上の登録をすべきなのですが…

    迷っている人は、最低でも『doda』『マイナビエージェント』の2社を登録することをオススメします!

    迷ったら登録する2社
    1. 『doda』
      求人数と実績が豊富!
      【公式】https://doda.jp/
    2. 『マイナビエージェント』
      20代/30代の転職実績が豊富!
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    佐々木
    皆さんの転職が成功することを祈っています!

    人気の転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は、こちらをご覧ください!