転職エージェントおすすめランキング13選

転職エージェントの使い方|登録から流れまでプロが教える全活用方法

転職エージェントの使い方

この記事でお伝えすること
  • 転職エージェントを活かすための使い方
  • 転職エージェントのサポート内容・メリット
  • 実際の転職エージェントの利用の流れ
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

転職を考えている人のなかには…

「転職エージェントの使い方が分からなくて困っている….」

「そもそも転職エージェントって何をしてくれるの?…」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり
私も聞いたことはあるけど…恥ずかしながら転職エージェントの使い方をよく知りません…
佐々木

そうですよね…

私も転職エージェントの使い方について多くの質問を受けています。

そして、転職エージェントの使い方を知らずに転職すると…

『希望している職種や条件の仕事がなかなか見つからない…』

『面接で何度も落とされて、転職がスムーズに進まない…』

といったことになる危険性もあります。

ゆり
やっぱり自分一人で転職活動を進めるのってなかなか大変なんですか…?
佐々木

そうですね…これまで私が見てきた中でも苦労してきた人がたくさんいました。

実は転職エージェントの使い方を知っているだけで、転職に成功する可能性がグッと高まるんですよ!

そこで今回は、これまで500人以上の転職を成功に導いた私が、プロの経験を元に…

転職エージェントの使い方をはじめ、転職を成功させるためにキャリアコンサルタントとの面談や、企業の選考で気をつけるべきことを紹介します。

「転職エージェントを200%活かす使い方」のための予備知識

佐々木
早速ですが、転職エージェントの使い方についてお伝えしていきます。

転職エージェントとは?転職サイトと比較したメリット・デメリット

ゆり

私はそもそも転職エージェントについてよく分かっていません…

転職を考えている人は全員、転職エージェントを使うべきなんですか?

佐々木

結論から言うと、転職するなら全員転職エージェントを使うべきです!

ここでは、転職エージェントと転職サイトを比較してメリット・デメリットを説明しますね。

転職サイトは確かに気軽に多くの求人が見れたり、好きな求人に自分で応募ができるというメリットがあるのですが…

初めての転職で不安がある…絶対に転職活動で失敗したくない!と思っている方はもちろん、転職を考えている全員が転職エージェントに相談すべきです。

具体的には下のようなメリットがあるからです。

転職エージェントのメリット
  • 転職の相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
えっ!こんなにサポートしてくれるんですか?
佐々木
はい!しかも無料です!

転職エージェントの他のポイントもまとめてみると…

転職エージェントのポイント
  • 完全に無料で全面的に転職のサポート
  • 初回相談に行ったからといって必ず転職しなてくもOK!
  • 転職エージェントは複数利用してもOK!(むしろするべきです!)
ゆり
恥ずかしながら、転職エージェントがこんなに良いなんて、初めて知りました…!

でもこんなに都合が良いことってあるのかな…

何か裏がありそう…

佐々木
心配しないでください!

サポートが手厚かったり、無料で使えたりする理由はちゃんとあるので!

ここで転職エージェントについてよく頂く質問をまとめてみました!

転職エージェントのよくある疑問

Q.なんで無料なの?

A.もしあなたが転職エージェントを利用してA社に就職が成功した場合、エージェントはA社から仲介料金をもらっているからです!そのため求職者側は完全無料なんです!

Q.ブラック企業に無理やり入社させられたりしないの?

A.無理やり入社させられることは一切ないです!そもそも転職エージェントを利用して内定を獲得しても断ることができます。

裏事情をお話すると、仮にあなたをブラック企業に無理やり入社させても…

短期間で辞められてしまうとエージェントは先程お話した仲介料をその企業に返金しないといけないんです。

そのため、エージェント目線から考えても無理やり入社させることはほとんどないです。

ゆり
それなら安心してエージェントを使えそうですね!
佐々木
良かったです!

それに人材業界の事情から考えても…

転職サイトよりも転職エージェントを利用した方が大手ホワイト企業に転職しやすいんですよね。

理由としては….

転職エージェントを使って積極的に採用をしている企業には、求人サイトと比べて大手ホワイト企業が多いんです。

人材業界の事情
  • 転職エージェント→企業が支払うコストが高い
  • 求人サイト→企業が支払うコストは低い

実際に企業側の採用コストが全く違い、企業側は求人サイトを利用する方が採用コストを抑えられるというメリットがあります。

ゆり
なるほど、そうした理由からもまずは転職エージェントを使うべきなんですね。
佐々木
そうですね!

まずはサポートが手厚い、且つ、大手ホワイト企業の求人が多い転職エージェントを使うべきです。

ここで転職エージェントについておさらいしておきましょう!

転職エージェントのおさらい

◎エージェントのメリット

  • 就職の相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる

◎エージェントのポイント

  • 完全に無料で全面的に就職のサポート
  • 初回相談に行ったからといって必ず就職しなてくもOK!
  • 転職エージェントは複数利用してもOK!(むしろするべきです!)

転職成功者はなぜ転職エージェントを使うのか

佐々木

私はこれまで数多くの転職者を見てきましたが、

やはり転職成功者は転職エージェントをうまく活用しています。

転職エージェントのメリットやポイントはここまでの説明でお分かりかと思いますが、

具体的に、転職エージェントを使う目的を確認しておきましょう。

転職エージェントを使う目的
  1. キャリア相談にのってもらう
  2. あなたに合った求人を紹介してもらう
  3. 書類選考や面接を通過しやすくしてもらう

転職エージェントを使う目的としては、上記3つがあります。

それぞれ確認しておきましょう。

目的1:キャリア相談にのってもらう

転職するタイミングやおすすめの職業など、これまでの経験をもとに、

あなたがより良い人生を送れるよう様々な転職に関する相談にのってもらえます。

目的2:求人を紹介してもらう

転職エージェントは、世の中に出ていない非公開案件なども含めて、数多くの求人情報を持っています。

その中から、面談などの結果をもとにあなたに合った求人を紹介してもらうことが可能です。

目的3:選考を通過しやすくしてもらう

職務経歴書や履歴書の添削をはじめ、企業とあなたの間に入ってくれます。

スムーズに選考が進むだけでなく、企業に対してあなたのいい部分を先に伝えてくれるのも大きなポイントです。


ゆり
なるほど!自分一人で転職活動をするよりも、かなりスムーズに転職が進みそうですね!
佐々木

その通りです!

多くの方が転職活動で悩む部分を、引き受けてくれるのでスムーズな転職が可能ですよ!

実際の転職エージェントの利用の流れ

佐々木
それでは、実際に転職エージェントの利用の流れを説明していきます。

さっくりと、転職エージェントを利用する流れは次の4つに分けられます。

転職エージェント利用の流れ
  1. 登録
  2. 面談
  3. 選考
  4. 内定

それでは、それぞれの詳しい流れについて確認していきましょう。

転職エージェントの使い方①|賢い登録方法・面談前の準備

佐々木

まずは、登録と面談前の準備についてです。

ここでは、次の2つのポイントに分け説明していきます。

エージェントの登録と面談前
  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 事前に自分の経歴や希望する業種業界を整理する

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

1.複数の転職エージェントに登録する

ゆり
転職エージェントって1社だけじゃなくて複数登録した方がいいんですか?
佐々木

はい、失敗の確率を大幅に下げるためにも、転職エージェントは1社ではなく複数登録すべきです!

なぜ複数のエージェントを登録するべきなのか?

佐々木
複数の転職エージェントを登録すべき理由としては、下記の2点が上げられます。
複数登録すべき理由
  1. 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高くなる
  2. 自分にあった求人と出会える可能性が高くなる

もしあなたが1社にしか登録しなかった場合…

知らずのうちに優秀とはいえないキャリアアドバイザーに転職活動を頼って、損してしまうおそれがあります。

「希望の条件には合わない求人ばかり紹介される…」

「連絡が返ってくるのが遅い」

と、転職が遠回りになるリスクも…。

また、キャリアアドバイザーとの相性も転職活動が成功するかどうかを左右します。

転職成功のポイントは、実際に複数のエージェントでキャリア面談を受け、あなたに最適なキャリアアドバイザーを見つけることです!

ここで大事になってくることは…

転職エージェントは得意分野がそれぞれ異なるので、あなたの希望や状況にあったエージェントを選ぶことが重要です。

実際に転職エージェント選びで気をつけるべきこと

ゆり
転職エージェントってたくさんあって、どれに登録すればいいか悩んじゃうんですよね…
佐々木
そうですよね…実際にどの転職エージェントがおすすめですか?という質問をよく頂きます。

まず、転職エージェントには「総合型転職エージェント」と「業界特化型転職エージェント」があることを頭に入れておきましょう。

それぞれの転職エージェントをざっくり説明すると、以下の通りです。

エージェントの説明
  • 総合型転職エージェント

業種業界に関係なく幅広い求人案件を取り扱っている

  • 業界特化型転職エージェント

IT、外資系など一つの業界に特化している

佐々木
次に、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。
総合型のメリット・デメリット
  • 業種業界を問わず大量の求人案件を保有している
  • 様々な業種業界へ転職できる可能性が広がる
  • 担当者によっては業界特有の知識を持っていない場合がある
業界特化型のメリット・デメリット
  • 業界に特化した知識の豊富な担当者が多い
  • 業界に特化した面接対策が受けられる
  • 総合型転職エージェントに比べ案件数が少ない
佐々木

このように、どちらにもメリット・デメリットがあります。

基本的に、自分の目指している業界の特化型転職エージェントがあれば登録する。

それ以外の方は、総合型転職エージェントに登録すれば問題ないでしょう。

おすすめの総合型転職エージェントを紹介

『リクルートエージェント』

人材業界No.1であるため、志望業種や業界に関わらず、就職活動を始める全ての人にオススメの転職エージェントです。

『doda』

業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。求人を多く保有しているので、あらゆる選択肢を知りたい人にオススメです。

『パソナキャリア』

サポート体制は業界No. 1と言われており、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることが可能です。

佐々木
ここでご紹介した転職エージェントをまとめておきますね!
おすすめの総合型転職エージェント
ゆり
この3つがおすすめの総合型転職エージェントなんですね!
佐々木
はい!

最低でもこれらから2つは登録しておきましょう!

それでは次に、特化型転職エージェントの代表として、

おすすめのIT、外資系に特化した転職エージェントを紹介します!

おすすめの特化型転職エージェント

『ワークポート』

ITやクリエイティブ系職種に関して、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。未経験からIT業界に転職を目指す方にもおすすめです!

『JACリクルートメント』

外資系・グローバル企業の求人案件を多く保有しています。年収500万〜1,200万円のハイクラス案件の転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

佐々木

IT業界、外資系企業への転職を希望している方は、

ワークポートやJACリクルートメントに登録してみましょう!

それでは、再度ここで紹介した転職エージェントをまとめておきます。

おすすめの転職エージェント

2.事前に自分の経歴や希望する業種業界を整理する

佐々木

登録が終わればキャリアコンサルタントとの面談に進みますが、

より充実した面談を行うための方法をここで紹介します!

履歴書・職務経歴書を事前に送付する

履歴書・職務経歴書は、面談前に送付しておきましょう!

その場でこれまでの経歴などをヒアリングするよりも、

事前情報があればよりあなたにぴったりなアドバイスをすることが可能です。

佐々木

もし事前に履歴書や職務経歴書の準備が難しい場合は、

簡単で構わないので、あなたのこれまでの職務経歴を共有しておきましょう!

共有する職務経歴の例
  • 会社名、部署、役職・・・株式会社◯◯、営業部、係長
  • 業務内容・・・約5年間、新規顧客獲得のための企画営業。直近2年間は係長として営業部のマネジメント。
  • 持っている知識やスキル・・・コミュニケーション力、ヒアリング力、課題発見力

希望する業種業界を整理して伝えておく

経歴だけでなく、転職を希望する業種業界を伝えておくことも重要です。

事前に希望を伝えておけば、面談の当日にあなたの希望に合った条件の求人情報を持ってきてくれるでしょう。

佐々木
おすすめは、次の3つの希望を伝えておくことです!
共有しておく希望
  1. 希望の仕事内容
  2. 希望の勤務地
  3. 希望年収

仕事内容はもちろん、勤務地、年収は仕事を選ぶ上で重要な要素です。

あなたにぴったりな案件を紹介してもらうことはもちろん、

スムーズに転職活動を進めるためにも、事前に希望を共有しておきましょう!

転職エージェントの使い方②|成功に繋がる担当との付き合い方

佐々木

転職エージェントを使う中でも、

あなたの転職のサポート担当になるキャリアコンサルタントとの付き合い方は重要です!

ここでは、担当になるコンサルタントとうまく付き合うため、面談で気をつけるべきことを紹介します。

キャリア面談で気をつけるべきこと

ゆり
面談といっても、企業と行う面接とは違うので気軽な気持ちで行けばいいんですよね?
佐々木

もちろんです!

いろいろなことを伝えられるように、リラックスして臨みましょう!

ただ気をつけるべきこともあるので、下記に書き出しておきますね。

面談で気をつけること
  1. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  2. 転職する目的を明確化する
  3. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  4. 担当コンサルタントが合わなければ変更する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

注意点1:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

これは転職エージェントを使う以前に基本中の基本ですね。

経歴などを詐称してもいいことはありませんので、ありのままの自分を伝えましょう。

注意点2:転職する目的を明確化する

「とりあえず相談に来ました」「特に何も決めていません」と言われても…

担当のコンサルタントは何を伝えればいいか困ってしまうでしょう。

短い時間を有効に活用するためにも、あらかじめ転職する目的は明確化しておきましょう。

注意点3:複数の転職エージェントに登録している旨を伝える

伝える必要はない。と思いがちですが、早い段階で必ず伝えておきましょう。

もし、他社のエージェントと同じ案件に応募してしまえば、大きな揉め事になる可能性もあります…

「効率よく転職を行うために、他の転職エージェントにも登録しています」

と伝えれば、悪い印象を持たれることもないでしょう。

注意点4:担当コンサルタントが合わなければ変更する

まず担当コンサルタントを変更することは、それほど大きな問題はないことを頭に入れておいてください。

お互い人間なので合う合わないはありますし、担当者はあなたの転職をサポートする大きな役割です。

少しでも信用できないと思ったら、担当変更を希望しましょう。

下記のようなメールを送ることで、担当変更は可能です。

メール文面例

お世話になっております。

転職活動を支援して頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしております。

しかしながら、私は転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も伺いたいと思っています。

もし可能であれば、転職を志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方と

一度お話しさせて頂けませんでしょうか。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ゆり
これらに気をつけておけば、面談もスムーズに行えそうですね!
佐々木

そうですね!

面談ではあなたの希望を汲み取ってもらうために、今回紹介したことを気をつけましょう。

転職エージェントの使い方③|企業との面接前にやっておくべきこと

佐々木

エージェントとの面談が終われば、企業との選考に進みます!

選考の流れは下記の通りです。

選考の流れ
  1. 履歴書や推薦書などの書類提出
  2. 面接日の日程調整
  3. エージェントとの面接対策
  4. 企業との面接

この中でも、企業との面接前に必ずやっておくべきことは『面接対策』です!

面接対策について詳しく確認しておきましょう。

転職エージェントの面接対策とは?

転職エージェントを活用する大きなメリットの一つとして、面接対策が行えることはあげられます。

転職のプロがあなたのために面接対策を行ってくれるので、

面接に挑む心構えはもちろん、あなたの面接での弱点克服方法を客観的な視点で指導してもらえます。

また、転職エージェントの面接対策には次の2パターンがあります。

面接対策のパターン
  1. 個別面接対策・・・1対1で30〜1時間程度
  2. 面接対策セミナー・・・複数の転職希望者と一緒に2時間程度の講義形式
佐々木
それぞれの面接対策に関して、簡単に説明しておきます。

パターン1:個別面接対策

個別の面接対策は特におすすめです!

あなたに合った面接対策が行えることはもちろん、模擬面接を通して「良かった点」「悪かった点」など、

具体的なフィードバックを転職エージェントからもらえるでしょう。

パターン2:面接対策セミナー

セミナーでは、面接の流れや気をつけるべきポイントを2時間程度の講義形式で聞くことが出来ます。

もちろん、面接に自信がない方はセミナーを受けるのもいいですが、

よりあなたに合った面接対策を行いたい方は、個別の面接対策をおすすめします。

面接対策を受けるときのポイント

佐々木
ここでは、1対1の個別面接対策を受けるときのポイントを紹介します。
面接対策を受けるときのポイント
  1. 自己分析を事前に行う
  2. 職務経歴書を完璧に仕上げておく
  3. 改めて転職する意思があることを伝える
  4. 自分の強みを存分にアピールする

それぞれのポイントを説明していきましょう。

ポイント1:自己分析を事前に行う

面接対策と言っても、本番同様の心構えで模擬面接に挑むことをおすすめします!

そのため、事前に自己分析を行っておき、自分の長所や短所、そして志望動機などを、

しっかりと受け答えできるように準備しておきましょう。

ポイント2:職務経歴書を完璧に仕上げておく

実際にあなたの経歴を見て面接対策を行ってもらうために、職務経歴書は完璧に仕上げておきましょう。

あなたの経歴に沿った質問をしてもらい、受け答えがうまく出来るか確かめるためにも、

職務経歴書は完璧に仕上げ、面接対策前に提出しておきましょう。

ポイント3:改めて転職する意思があることを伝える

もちろん、ここまで来た人は転職する意思があると思いますが、

面接対策ではあなたの本気度をエージェントに伝えるチャンスでもあります!

改めて転職する意思があることを伝え、エージェントの強力なサポートをさらに受けましょう。

ポイント4:自分の強みを存分にアピールする

先ほどもお伝えしましたが、面接対策は本番同様に心構えで挑むべきです。

面接対策の場で、自分の強みをしっかりアピール出来なければ、より緊張する本番では難しくなります…

失敗しても的確なアドバイスをもらえるので、思い残すことなく自分の強みをアピールしてみましょう!

佐々木

お伝えした通り、面接対策は転職エージェントを活用する中でも大きなメリットです。

紹介したポイントを抑えて、面接対策を200%活用しましょう!

選考で気をつけるべきこと

佐々木
次に、書類や面接など方法は様々ありますが、企業との選考で気をつけるべきことを説明します。
選考で気をつけるべきこと
  1. 書類選考の際、エージェントの推薦文は必ず確認する
  2. 同じ求人案件に、複数のエージェントから応募しない
  3. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告する

それぞれの簡単に確認しておきましょう。

注意点1:書類選考の際、エージェントの推薦文は必ず確認する

あなたの担当コンサルタントが、企業に推薦文を提出してくれます。

稀に、あなたの経歴を写すだけなどひどいケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

注意点2:同じ求人案件に、複数のエージェントから応募しない

複数のエージェントから応募すると「他のエージェントから応募がきてるけど…」と担当に連絡が入ってしまいます。

場合によっては、選考が破談になり応募できないことはもちろん、転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなる可能性もあります…

注意点3:選考に進んだ際、面接後はすぐにエージェントに報告する

これは、マナーとして報告を入れましょう。

あなたの担当になったコンサルタントは、うまく面接が出来たかあなたのことを気にかけています。

ひとまず無事に面接が終わったことを伝え、結果を待ちましょう。

ゆり
選考まで行けば面接を頑張って、あとはエージェントに任せとけばいい!ってわけでもないんですね。
佐々木

その通りです!

ただやるべきことは最低限のことなので、頼れるとこはエージェントを頼ってOKです!

ゆり

そうですね!

転職エージェントの使い方が分かってきました!

佐々木

ありがとうございます!

では、ここで改めてですが転職エージェントを活用すれば転職に失敗しない理由を確認しておきましょう。

転職エージェントを活用すれば、就職に成功する確率がグッと高まります!

ハローワークや転職サイトでは、得られないような手厚いサポートを受けられることはもちろんですが..

何よりも、エージェントが企業人事の不安を解消するために動いてくれるからです。

たとえば、人事があなたに関して持っている不安を少し挙げてみると…

人事が持つ不安
  • 入社後に3ヶ月以内など短期ですぐに辞めてしまわないか?
  • 前職の退職理由はなだったのか?
  • 入社後は社内で人間関係を築けるか
  • 即戦力になるか?もしくはポテンシャルはあるのか?
  • 覚悟はあるのか?
  • ストレス耐性はあるのか?

etc….

ゆり
こんなにあるんですね…
佐々木
もちろん、面接で全てをアピールできれば良いですが現実的に難しいので…

転職エージェントが採用担当者のあなたに対する不安を解消するために動いてくれます。

だから全ての転職希望者は、転職のプロであるエージェントに頼むべきなんです。

給与交渉は最終面談後に行う

佐々木
もう一つ、このタイミングでエージェントを活用すべきことを『給与交渉』です。
ゆり
えっ!?そんなことまでやってくれるんですね!心強い!
佐々木
はい!しかし、給与交渉を行うには条件がありますので確認しておきましょう。
給与交渉を行う条件
  1. 企業から高い評価で内定を勝ち取ること
  2. 応募した企業の競合他社から内定を勝ち取ること

条件1:企業から高い評価で内定を勝ち取ること

内定と一括りにしても、高い評価をもらえる人と、ギリギリ内定の人のパターンがあります。

大前提として、高い評価でないと給与交渉には持ち込めません。

条件2:応募した企業の競合他社から内定を勝ち取ること

応募した企業の担当者に、給与を上げる根拠を与えることは必要です。

高い評価で複数の企業から内定を勝ち取れば、競争力が働き、給与交渉に持ち込みやすくなるでしょう!

転職エージェントの使い方④|内定から入社まで

佐々木

無事内定が出れば、いよいよ転職活動が終わりますが、

内定の通知の仕方にも2つのパターンがあるので知っておきましょう!

内定の通知のパターン
  1. 転職エージェント経由で内定通知書を受け取る
  2. 企業の人事経由で内定通知書を受け取る

パターン1:転職エージェント経由で内定通知書を受け取る

転職エージェントから内定通知書を受け取る場合は、疑問があれば転職エージェントに確認しましょう。

内定通知書の記載事項は、企業によって様々です。

細かい条件面などの内容が記載されていれば、問題ないかもしれませんが、

内定の事と給与のことだけ書いているケースもあります。

複数疑問が出て不安に思った場合は、面談を設定してもらいましょう。

パターン2:企業の人事経由で内定通知書を受け取る

企業から直接内定通知書を受け取る場合は、疑問があれば人事担当者に確認しましょう。

直接話が聞けるので、よりスムーズに疑問がクリアになるでしょう。

注意点としては人事から説明を受けるため、

業務上の疑問がある場合は、現場の方の同席をお願いしてみるのもいいかもしれません。

佐々木

まず内定通知書が届いたら、お世話になった転職エージェントにお礼を伝えましょう!

もちろん、内定後もサポートしてもらえるので疑問があれば気軽に聞いておきましょう。

まとめ|転職エージェントの使い方を覚えて転職を成功させましょう

今回は、転職エージェントの使い方についてお話してきました。

お伝えした通り転職エージェントを活用すれば、面接対策や選考はもちろん、些細な悩みにも相談に乗ってもらえるので、転職が成功する可能性がグッと高まります!

実際にTwitterなどを見てみると、

ゆり
たくさんの方が転職エージェントを使って、転職に成功してるんですね!
佐々木

おっしゃる通りです!

実際に私のまわりでも多くの方が転職エージェントを利用して、希望の仕事に就いています。

最後に、今回紹介した転職エージェントをおさらいしておきましょう。

まとめ
佐々木

現在、希望する業種業界が決まっていなければ、総合型転職エージェントを3社とも登録。

IT業界の転職を希望している方は、ワークポートと総合型転職エージェント2社

外資系への転職を希望している方は、JACリクルートメントと総合型転職エージェント2社

に登録しておけば間違いないですよ!

あなたが良い転職を実現できるように応援しています!