転職エージェントおすすめ13選
571人の評判を比較してわかった厳選ランキング

大手転職エージェントを徹底比較|大手の優良企業の求人が豊富な9社を厳選

大手転職エージェントを徹底比較|大手の優良企業の求人が豊富な9社を厳選

この記事でお伝えすること
  • おすすめの大手転職エージェント9社
  • 中小と大手転職エージェントの違い
  • 大手転職エージェントの活用方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

『結局、大手転職エージェントはどこがいいの…?』

『大手と中小転職エージェントの違いってなんだろう…』

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ゆり
大手の転職エージェントでも、いっぱいあってどれがいいのかわからないんです…
佐々木
たしかに、どの転職エージェントを選ぶか迷う人はいらっしゃいますね…

そこで今回は、おすすめの大手転職エージェントについてお伝えしていきますね!

優良求人が豊富な大手転職エージェント9社

佐々木
それでは、おすすめの大手転職エージェント9社を紹介していきます!
おすすめの大手転職エージェント

◎最大手転職エージェント

◎ハイクラス向け大手転職エージェント

  • 『JACリクルートメント』
    特徴:年収500万以上のエグゼクティブ向けエージェント
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  • 『ビズリーチ』
    特徴:ヘッドハンティング型最大手の転職サービス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎フリーター向け大手転職エージェント

  • 『DYM就職』
    特徴:35歳まで登録可能。書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  • 『就職shop』
    特徴:書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp

参考記事:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

最大手転職エージェント

佐々木
最大手の転職エージェントから紹介していきますね!

最大手1|マイナビエージェント

マイナビエージェント

【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

『マイナビエージェント』は新卒の就職実績No.1のマイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビの新卒領域での強みをそのまま活かしていることもあり、サポートが手厚く、20代〜30代前半には一番おすすめの転職エージェントです。

また、マイナビエージェントでは、大手ホワイト企業の優良案件を数多く保有しています。

20代〜30代で人気の大手企業の求人をチェックしたい人は一度相談してみましょう!

最大手2|パソナキャリア

【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

他社と違い、官公庁受託実績が豊富にあり、社会貢献にも力を入れていることから、

サポート体制は業界No.1と言われています。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることが可能です。

最大手3|リクルートエージェント

リクルートエージェント

【公式HP】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

2018年時点では求人数が21万件を超えており、転職活動を始めるなら必ず登録するべきエージェントです。

圧倒的な求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

最大手4|Spring転職エージェント

【公式HP】https://www.springjapan.com/

『Spring転職エージェント(アデコ株式会社)』は、世界60ヶ国に拠点を持つ、大手転職エージェントです。

幅広い求人案件を保有しており、2018年オリコン満足度1位を獲得するほど、サポート面でも充実したサービスを提供しています。

また「希望者全員と面談をする」という方針で運営されています。

そのため、他社で登録を断られた方や、キャリアに自信がない方にもおすすめです。

最大手5|doda

doda
【公式HP】https://doda.jp/

『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

求人案件数は『リクルートエージェント』と比べると少ないですが、実践的な転職のアドバイスに定評がありオススメのエージェントです。

実際に、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており…

どうすれば転職活動が成功するのか選考に通過しやすい履歴書/職務経歴書、といった具体的なノウハウが豊富です。

そのため、すぐに転職をする気持ちが強くなくても、情報収集のためにも登録をしておくと良いです。

ハイクラス向け大手転職エージェント

佐々木
次にハイクラス向け大手転職エージェントを紹介していきますね。

ハイクラス向け1|JACリクルートメント

JACリクルートメント
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

『JAC Recruitment』は年収500万〜1,200万円のハイキャリア向けや外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が500万円以上の方は相談してみましょう。

ハイクラス向け2|ビズリーチ

ビズリーチ
【公式HP】https://www.bizreach.jp/

『ビズリーチ』はヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラスの規模を誇ります。

ヘッドハンティング型ということもあり、年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会えるのが特徴的です。

ただ、基本的にスカウトを待つというサービスなので、急いで転職をしたい人には向いていませんが…

スカウト内容によって、あなたの転職市場の価値も同時に明確になるので、キャリアの棚卸しも含めて、登録することをおすすめします。

フリーター向け大手転職エージェント

佐々木
最後にフリーター向け大手転職エージェントについて紹介していきます。

フリーター向け1|DYM

DYM

【公式HP】https://www.dshu.jp/

『DYM就職』はもともと新卒領域に強みを持つ人材業界の企業です。

そのため、20代の第二新卒/既卒といった若い層のサポートがとても充実しています。

法人企業への営業力が高いDYM就職は、就職希望者を採用担当者にアピールするのが得意な就職エージェントです。

フリーター向け2|就職Shop

就職Shop

【公式HP】https://www.ss-shop.jp

『就職shop』は業界最大手のリクルートが運営する20代若手の就職に特化した就職エージェントです。

登録企業数が8370社、利用者が10万人を突破し、利用者の9割が20代です。

書類選考なしで面接が可能、且つ、未経験歓迎の求人が多いことが特徴なので、正社員で働きたい既卒は必ず登録しておきたいエージェントです。

佐々木
以上が大手の転職エージェント9選です。
おすすめの大手転職エージェント

◎最大手転職エージェント

◎ハイクラス向け大手転職エージェント

  • 『JACリクルートメント』
    特徴:年収500万以上のエグゼクティブ向けエージェント
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    『ビズリーチ』
    特徴:ヘッドハンティング型最大手の転職サービス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎フリーター向け大手転職エージェント

ゆり
ありがとうございます!

この大手転職エージェントがおすすめなんですね!

佐々木
そうなんです!

さらに自分に合ったエージェントを見つけるために、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!

転職エージェントに迷ったら、「マイナビエージェント」「パソナキャリア」の2社に登録してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

転職エージェントの複数利用について、詳しく知りたい人は、次のページを参考にしてください。

大手転職エージェントは大企業案件から中小ホワイト求人まで豊富

ゆり
というか、そもそもなんで大手転職エージェントがおすすめなんですか…?
佐々木
大手転職エージェントは、大手企業求人から中小ホワイト企業求人まで豊富だからです!

大手・ホワイト企業は、転職サイトより転職エージェントに求人を掲載してほしいのです。

大手企業などの人気企業は、転職サイトに求人を掲載すると応募が殺到してしまい、採用コストがかかってしまいます。

しかし転職エージェントでは、企業に合った求職者のみを紹介するシステムなので、人気企業は効率よく採用活動できるんです。

ゆり
だから大手企業の求人もあるんですね!
佐々木
そうなんです!

また中小より大手転職エージェントの方が、大手企業などの案件をたくさんもっています。

続いて、大手転職エージェントを利用した転職例を紹介します。

大手転職エージェントを活用して、転職に成功した例

佐々木
大手転職エージェントを使って転職を成功させた例をお伝えしていきます!

ゆり
大手転職エージェントを使って転職を成功させた人は多くいるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職活動では大手転職エージェントをうまく活用することをおすすめします。

そこで次は大手と中小転職エージェントの違いについて紹介していきます。

大手転職エージェントと中小転職エージェントの違い

佐々木
ここで大手と中小エージェントの違いについてお伝えしていきます。

大手転職エージェントの特徴

まずは大手転職エージェントの特徴です。

大手転職エージェントの特徴
  • 豊富な求人数
  • 担当コンサルタントの知識や経験が豊富
  • 登録している求職者が多く、1人当たりの対応が薄くなる

大手転職エージェントのメリットは豊富な求人数と、担当コンサルタントの豊富な知識と経験です!

しかし登録している求職者が多いので、対応が薄くなってしまう傾向にあります。

中小規模の転職エージェントの特徴

次に中小規模の転職エージェントの特徴です。

中小規模エージェントの特徴
  • 転職者1人ひとりに細やかなサポート
  • 競争が少ないためレアな求人に出会えることも
  • 求人が大手より少ない
  • 担当コンサルタントの経験が浅いこともある

中小エージェントのメリットは、大手よりも丁寧で細やかなサポートが受けられることです。

中小エージェントのデメリットは、求人が少なかったり、担当者の経験が浅いことが挙げられます。

志望業界・職種がある人は、中小転職エージェントがおすすめなので、次の記事を参考にしてください。

大企業やホワイト企業に転職したいなら、大手転職エージェントがおすすめ

佐々木
おすすめは大手と中小エージェントの両方に登録することです!

大手と中小の両者のメリットを最大限利用するために、複数登録すべきです。

ゆり
どれもいっぱいあって迷ってしまいます…どれがおすすめですか?
佐々木
大企業やホワイト企業に就職したいなら、豊富な求人を持つこの大手エージェント2社がおすすめです。
迷ったら登録すべき大手2社

続いては、転職エージェントに登録後の流れについてお伝えしていきます。

大手転職エージェント登録後の流れ|成功には複数登録が鉄則!

佐々木
転職エージェントを利用する流れは次の通りです。
転職エージェント利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

それでは流れを詳しく説明します。

  • STEP.1
    公式サイトから60秒で登録
    転職エージェントに登録をする女性

    担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも複数社ほど登録しておくと安心です。

    登録すべきエージェント
  • STEP.2
    登録後、面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

    メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

  • STEP.3
    担当エージェントと面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

    あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

  • STEP.4
    担当エージェントから求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

    登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

  • STEP.5
    履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

    最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性

    早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

  • STEP.7
    書類選考の通過後、企業との面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性

    いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

  • STEP.8
    内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

    給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。


ゆり
様々なサポートしてくれるので、転職エージェントは転職に欠かせない存在ですね!
佐々木
はい!転職を成功されるうえで、転職エージェントの存在はかなり大きいですよ!

転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、

市場価値の無い人と判断されたりすると…

サポート全てにマイナス影響が出てしまいます。

具体的には…

良い求人を紹介してもらえない、書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

佐々木
だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、担当コンサルタントと良い関係を築くことが転職を成功させる鍵なんです。

転職エージェントの使い方を詳しく確認したい人は、次の記事を参考にしてください。

大手転職エージェントを賢く活用する方法

佐々木

次に、転職エージェントを最大限活用する方法を紹介します。

転職を成功させるためには、次の7つの方法を実践してみましょう。

エージェントをフル活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

活用方法1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

活用方法2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。

活用方法3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります。

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

活用方法5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録にもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法7|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれます。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントをフル活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけの活用方法を知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

大手転職エージェントを活用して、転職を成功させよう

佐々木
今回は、大手転職エージェントについて、お伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

まとめ
  • 転職エージェントは大手を複数登録がおすすめ
  • 必要があれば中小転職エージェントも利用すべき
  • 転職成功者の9割が複数登録している
ゆり
ありがとうございます!

大手転職エージェントを複数登録してみます!

佐々木
はい!

転職エージェントをうまく活用して、より良い転職を目指しましょう!

それでは最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしますね。

おすすめの大手転職エージェント

◎最大手転職エージェント

◎ハイクラス向け大手転職エージェント

◎フリーター向け大手転職エージェント

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり
ありがとうございます!

この9社がおすすめの転職エージェントなんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社以上に登録すべきなのですが…

面倒だと感じる人は最低でも『マイナビエージェント』に登録して転職のアドバイスを受けましょう!

佐々木
皆さんの転職が成功することを祈っています。