転職エージェントおすすめランキング13選

転職エージェントは使うべきか?利用すべき人と必要ない人の違いとは

転職エージェントは使うべきか?利用すべき人と必要ない人の違いとは

この記事でお伝えすること
  • 転職エージェントを使うべき人に当てはまる7つの条件
  • 転職エージェントを利用するメリット・デメリット
  • 使うべきおすすめの転職エージェント5選
  • 転職エージェントを最大限活用する7つの方法
  • 転職エージェントを使った人の体験談
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『転職エージェントを使うべきかどうかわからない…』

『転職エージェントってどんな人が使うべきなの?』

と思っている人も多いのではないでしょうか?

ゆり

転職を考えていますが、転職エージェントを使うべきか迷っています…

佐々木

転職が初めてで、どうやって転職活動したらいいか、わからない人は多くいらっしゃいます。

そこで今回は、転職エージェントを使うべきかについて詳しくお伝えしていきますね!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

11ヶ月連続!人気1位
20代~30代の転職実績が豊富!転職者のおよそ7割が年収UPに成功しています

年収600万円以上のハイクラス転職に強い!キャリアアップを目指す30代の方に人気です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職エージェントを使うべきか?利用すべき人の全条件7つ

佐々木
転職エージェントは無料で利用できるので、転職を考えている全ての方におすすめできるサービスです。

特に下記に当てはまる人は利用すべきです。

転職エージェントを利用すべき人
  • 初めて転職する人
  • 転職相談をしたい人
  • 転職で失敗した経験のある人
  • 平日休みが取りにくい人
  • 現住所から離れた場所へ転職したい人
  • 面接に苦手意識がある人
  • 絶対に行きたい企業がある人
ゆり
初めての転職だし、相談もしたいので使った方がいいんですね!
佐々木

はい!利用することをおすすめします!

次のように転職エージェントを使う人は多くいらっしゃいますよ。

ゆり

転職エージェントを使ってる人はやっぱりいるんですね!

佐々木

はい!登録してキャリア面談を受けると、自分の市場価値や狙っている業界動向などを教えてくれます。

迷っている人は、とりあえず相談だけでも利用する価値がありますよ!

転職エージェントには他にもたくさんのメリット・注意すべきデメリットがあるので、次の章でお伝えしていきます。

転職エージェントを使うメリット・デメリット

佐々木
では転職エージェントのメリットとデメリットを紹介していきます!

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用するメリットは次の5つです!

転職エージェントのメリット
  1. 非公開求人を紹介してくれる
  2. 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  3. 各業界に合わせた面接対策をしてくれる
  4. 給与や条件面の交渉を行ってくれる
  5. 現職の退職サポートを行ってくれる

メリットを1つ目から詳しくお伝えしていきます。

メリット1|非公開求人を紹介してくれる

転職サイトや企業の採用ページに載っていない「非公開求人」をエージェントは大量に保有しています。

非公開求人とは、人気企業が応募の殺到を防いだり、他企業に事業を知られないように、会社名を非公開にしている求人です。

佐々木
そのため、エージェントを利用することで、非公開求人の中にある優良求人を見つけることができます。

非公開求人については次の記事を参考にしてください。

メリット2|面倒な手続きをすべて代行してくれる

次のように、転職エージェントは面倒な手続きの代行など、様々なサポートをしてくれます。

エージェントのサポート内容
  • 履歴書の添削
  • あなたに合った求人を探してくれる
  • 『応募→面接→入社』までの手続き
  • 面接などの日程調整
  • 待遇・給与の交渉
転職活動に必要なことはすべて代わりにサポートしてくれます。

佐々木
1人で転職活動するよりも、エージェントを使う方が効率よく進めることができますよ。

メリット3|各業界に合わせた面接対策をしてくれる

転職エージェントは、過去に転職した人のデータから、業界に合わせてどのような人が採用されるかなどの情報を教えてくれます。

佐々木
面接官の名前や性格など、細かい情報を教えてくれることもあるので、採用される可能性が上がります!

メリット4|給与や条件面の交渉を行ってくれる

通常の内定では、最終面接で同意書を書くことが多く、給与や待遇の交渉をする機会がありません。

しかし転職エージェントなら、代わりに給与や待遇の交渉をサポートしてくれるため、最大限活用すべきです。

佐々木
他にも伝えにくい交渉などがあったら、担当者に遠慮なく聞いてください!

メリット5|現職の退職サポートを行ってくれる

退職する際の失業保険の給付など、様々な手続きのサポートを受けることが可能です。

佐々木
また、トラブルのない円満退社ができるように、退職手順のアドバイスもしてくれます。

以上が転職エージェントのメリットになります!

まとめると次の通りです。

転職エージェントのメリット
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • 各業界に合わせた面接対策をしてくれる
  • 給与や条件面の交渉を行ってくれる
  • 現職の退職サポートを行ってくれる
ゆり
転職エージェントはこんなにメリットがあるんですね!
佐々木
はい!またサポートの費用は企業側が払うので、無料で利用することができます!

しかし、注意すべき転職エージェントのデメリットもあるのでお伝えしていきますね!

転職エージェントを使うデメリット

転職エージェントのデメリットは次の3つです!

転職エージェントのデメリット
  • 注意しないと上手い営業トークにのせられる
  • 転職に時間がかかる場合がある
  • 相性の悪い担当者に当たる可能性がある
デメリットを1つ目から詳しくお伝えしていきます。

デメリット1|注意しないと上手い営業トークにのせられる

転職エージェントは、あなたが転職すると企業から報酬(転職者の年収の3割前後)を受け取る仕組みです。

そのため転職エージェントの中には、うまく営業して転職させようとする担当者がいることを頭にいれておいてください。

デメリット2|転職に時間がかかる場合がある

企業とのやりとりは転職エージェントの担当者経由でないといけないため、面接から内定まで時間がかかってしまうことがあります。

担当者の質によっては、面接から内定まで1週間から1か月かかる場合もあります。

デメリット3|相性の悪い担当者に当たる可能性がある

返信が遅かったり、希望と合わない求人を紹介してくる担当者にあたることもあります。

相性が悪いと思った場合は、担当者の変更、他のエージェントの複数登録も可能なので検討してみてください。


以上が転職エージェントのデメリットになります。

まとめると次の通りです。

転職エージェントのデメリット
  • 注意しないと上手い営業トークにのせられる
  • 転職に時間がかかる場合がある
  • 相性の悪い担当者に当たる可能性がある
ゆり
時間がかかることもあるんですね…
佐々木
そうなんです…

ただメリットはあるので、このデメリットを知っておくだけでも、有利に転職活動を進められますよ。

続いては、おすすめの転職エージェントを紹介します!

どれを使うべきか?おすすめ転職エージェント5選

佐々木
私のおすすめの転職エージェントは次の通りです。
おすすめの転職エージェント

参考記事:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり

このエージェントを使えばいいんですね!

登録するのは1社でいいんですか?

佐々木

転職の成功率を上げるために、1社ではなく複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!

実際に転職成功者の9割は3社以上に登録しています。

ゆり
複数登録がおすすめなんですね!

どれも良さそうですが、たくさんあって迷ってしまいますね…!

佐々木
本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社すべてに登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は、最低でも『リクルートエージェント』を登録をして就職相談を受けるべきです!

続いて、転職エージェントを使って転職した人の事例を紹介していきます。

実際に転職エージェントを使った人の体験談

佐々木
まずは転職エージェントを使った成功事例からお伝えしていきますね!

転職に成功した人の体験談

ゆり
転職エージェントを使って転職を成功させた人は多くいるんですね!
佐々木
そうなんです!

しかし次のように失敗事例もあります!

転職に失敗した人の体験談

ゆり
失敗した人もいるんですね…
佐々木
そうなんです…使い方によっては失敗してしまう可能性はあります。

失敗をしないためにも、エージェントを最大限活用する方法を、次の章でお伝えしていきますね。

転職エージェントを最大限活用する7つの方法

佐々木

次に、転職エージェントを最大限活用する方法を紹介します。

転職を成功させるためには、次の7つの方法を実践してみましょう。

エージェントをフル活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

活用方法1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

活用方法2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。

活用方法3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的にあなたの転職成功に繋がります。

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

活用方法5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、切り替えて他社の転職エージェントを頼るのもいいでしょう。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録にもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

次のように理由を添えれば、問題ありません。

推薦文を見たい理由
  • 「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
  • 「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」
佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法7|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれます。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントをフル活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけの活用方法を知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!
迷ったら登録すべき2社

転職エージェントを使わない転職方法とは

佐々木
それでは、転職エージェントを使わない転職方法を紹介していきます。
転職方法特徴
転職サイト全ての人におすすめ
企業のホームページに直接応募中小企業や飲食、工場、土木建築の求人が多い
ハローワーク正社員未経験の人におすすめ
リファラル採用入りたい会社の知人から推薦を受けて採用してもらう方法
ヘッドハンディングを受けるハイキャリアの人の人向け
SNSで採用担当者とコンタクトIT業界やベンチャー企業におすすめ
ゆり
エージェントの以外にも、使わない方法はたくさんあるんですね。
佐々木

はい!自分に合った転職方法があると思いますが、

いろいろなサポートが受けられる転職エージェントをおすすめしています!

転職エージェントの魅力を理解して使うべきかどうかの判断を

佐々木
今回は、転職エージェントを使うべきかどうか、エージェントのメリット・デメリットなどをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 転職をするなら転職エージェントは使うべき
  • 転職エージェントのメリットは、優良求人の紹介や面接対策など様々
  • 転職エージェントのデメリットは、内定まで時間がかかってしまう等がある
  • 転職エージェントを使わない転職方法もある
  • 転職を成功させるためにはエージェントに複数登録すべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

参考記事:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
はい!より良い転職先に出会えることを願っています!