フリーターのよくある末路|続ける危険性&脱出する方法を徹底解説!

フリーターのよくある末路|続ける危険性&脱出する方法を徹底解説!

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「フリーターの末路ってどうなの..?と悩んでいる人に向けて、

『フリーターを続ける危険性』や『フリーターからの脱出方法』などをお伝えしていきます!

フリーターを続けているけど、このままでも大丈夫なのかと不安を感じている人は多いです。

少しでも早く不安を軽減するためにも、適切な対策方法を取っていきましょう!

この記事を最後まで読めば、フリーターから抜け出す方法が分かり、今ある不安が解消されますよ

この記事がおすすめな人
  • フリーターを続けるとどうなるか知りたい
  • フリーターの末路を知りたい
  • フリーターから脱出する方法が知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

フリーターの末路は悲惨…現状のままでいる危険性

佐々木
早速ですが、フリーターを続ける危険性についてお伝えします!

フリーターを続ける危険性を知ることで、次の行動を起こしやすくなりますよ!

フリーターのままでいる危険性
  1. 生涯年収が正社員の3分の1以下
  2. ブラック企業にひっかかる可能性が上がる
  3. 年金をあてに出来ない
  4. ローンが組めない
  5. 結婚が出来ない
  6. 親の病気で生活が一変する

それでは1つずつ紹介します!

危険性1|生涯年収が正社員の3分の1以下

フリーターは、生涯年収が正社員の3分の1以下になる可能性が高いです。

なぜなら、20代のうちは大差が無くても、昇給などを経て徐々に給料に差が出てくる上に、フリーターは体力的に厳しくなり年々収入が減るからです。

実際の、正社員とフリーターの生涯年収は次の通りです。

正社員とフリーターの生涯年収
  • 正社員:2億~3億円
  • フリーター:5000万~8000万円

このように、働き始めは大差ない収入が、長期的に見ると大きな差になってしまいます。

周りの状況を知らずにフリーターを続けていると、手遅れになってしまうでしょう。

危険性2|ブラック企業にひっかかる可能性が上がる

フリーターは年齢が上がるにつれて、ブラック企業にひっかかる可能性が上がります。

なぜなら、ホワイト企業ほど優秀な人材を採用するため、自分が採用される企業は「入社する人がいないブラック企業」である可能性があるからです。

自分がフリーターを続けている間に、就職活動のライバルは社会人経験者ばかりになるため、入社できる会社は限られてくるのです。

また、未経験転職を募集しているにも関わらず給料が多い会社はブラック企業が多いため、給料に釣られて応募してしまうこともあります。

このように、年を重ねるほど応募できる求人が減り、ブラック企業にひっかかる確率も上がります。

危険性3|年金をあてに出来ない

フリーターの人は、月々の国民年金保険料を全額払っていない場合が多いので、年金を当てにできません。

なぜなら、年金は必要期間に既定の金額を支払い続けた人のみが受給できるものからです。

また、全額納めていたとしても、正社員の人に比べて受給額は少なくなります。

そのため、正社員として働いていた人が年金暮らしを始めても、フリーターの人は年金が貰えず、生涯働き続け無ければなりません。

危険性4|ローンが組めない

フリーターは収入が安定していないため、ローンが組めません。

なぜなら、ローンの審査では雇用形態や年収が重視されるため、フリーターの人は審査に通らないからです。

そのため、住宅ローンや車のローン、教育ローンを組むことは出来ないのです。

危険性5|結婚が出来ない

フリーターは収入が不安定というイメージが先行しており、社会的信用も低いため、結婚できない可能性が高いです。

実際、結婚には多くのお金が必要になるため、現実的にも難しいと言えるでしょう。

年収は関係ないと言っている人であっても、300万円以上の年収は期待していたり、相手は問題なくとも親御さんに断られる場合も多いのが現実です。

危険性6|親の病気で生活が一変する

今は自分のアルバイトの収入と親からの支援で生活できていても、親の病気や死別により生活は一変します。

なぜなら、家賃や光熱費などの生活費の支払いに加え、病院代や介護のための費用が必要になるからです。

さらに、介護や看病が必要な場合は、自分が働く時間すらも無くなってしまうでしょう。

そのため、毎日を暮らすだけで精一杯な状況になり、最悪の場合生活することも厳しくなってしまうのです。


佐々木
ここまで、フリーターを続ける危険性についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

フリーターで居続ける危険性
  1. 生涯年収が正社員の3分の1以下
  2. ブラック企業にひっかかる可能性が上がる
  3. 年金をあてに出来ない
  4. ローンが組めない
  5. 結婚が出来ない
  6. 親の病気で生活が一変する
ゆり
フリーターの末路って思っていたより悲惨なんですね…。
佐々木
おっしゃる通りです!

今は大丈夫でも、自分の体力や周りの状況は変化していくため、一生同じ生活をすることは難しいのです。

次の章で、フリーターから脱出する方法をお伝えするので、ぜひ参考にしてください!

フリーターから脱出するために行うべきこと

佐々木
それでは、フリーターから脱出するために行うべきことをお伝えします!

次の方法を一つずつ実践することで、スムーズに社会に出ることが出来ますよ!

フリーターから脱出するための方法
  1. 『フリーターから正社員は難しい』という先入観を無くす
  2. 自分がフリーターをやめたい理由を明確にする
  3. 就職するための対策をする
  4. 派遣やアルバイトで働く
  5. 公的機関を利用する
  6. フリーター専門のエージェントを活用する

1つずつ説明していきます!

方法1|『フリーターから正社員は難しい』という先入観を無くす

就職に自信がない人は、まずはフリーターからの就職をポジティブに考えるところから始めましょう!

なぜなら、気持ちの面で負けていると、選考書類の内容や面接での表情に現れてしまい、意欲が無いと捉えられる可能性があるからです。

フリーターだから正社員は難しいと思っている人は多いですが、実はそこまで就職率が低いわけではありません!

厚生労働省「フリーターの正社員転職状況」の調査によると、次のような結果になっており、半数以上の人が就職出来ています。

フリーターからの正社員就職率
  • フリーター歴半年    72.5%
  • フリーター歴1年から2年 60.0%
  • フリーター歴3年超     57.0%

また近年は、人手不足の業界が増えていることもあり、既卒者や未経験者の採用を積極的に行う企業が増えています!

そのため、フリーターでも就職できるチャンスが増えているんです!

方法2|自分がフリーターをやめたい理由を明確にする

就職活動を始める際は、自分がどうしてフリーターを辞めたいのかを明確にしておきましょう!

なぜなら、やめたい理由を明確にすることでモチベーションを保ちやすくなることに加え…

仕事選びの軸にも直結するため就職後の満足度も高くなるからです!

たとえば、経済的な不安からフリーターを辞めたい場合、

「安定した生活を得ること」がモチベーションに、「給料に満足できること」が仕事選びの軸になるでしょう。

フリーターを辞めたい理由を明確にすることで、意欲的に就職活動しやすくなり、就職成功率も高まりますよ!

方法3|就職するための対策をする

就職活動を始めたら、内定をもらうための対策を行うことが大切です。

なぜなら、フリーターにも就職のチャンスがあるといっても、企業に必要な人材と思われなければ採用されないからです。

具体的には、次の2つが大切なポイントです!

対策のポイント
◎企業のニーズを考える

  • 経験やスキル
  • 年齢
  • 人柄や人物像

◎フリーターからでも就職しやすい求人を狙う

  • 人手不足の業界・職種
  • 未経験からでも採用されやすい職種

このように、事前の情報収集が就職成功の鍵となります!

また、フリーターを採用する企業は、やる気や将来性を重要視しているため、選考ではこの気持ちを伝えられるエピソードを用意しておくことが大切です。

佐々木
やりたい仕事があれば優先的にチャレンジすべきですが、

初めは広い視野をもって就職先を選ぶことをオススメします!

方法4|派遣やアルバイトで働く

いきなり正社員になることに不安を感じる人は、派遣やアルバイトとして働いてみましょう!

なぜなら、派遣やアルバイトは正社員に比べて、勤務日数や時間の融通が効く可能性が高いからです。

この時、次のような正社員登用のある仕事先を見つけることが大切です!

正社員になれる制度
  • 正社員登用制度
  • 紹介予定派遣制度

このような制度を使えば、正社員として働く機会を掴みやすくなります。

方法5|公的機関を利用する

公的機関を利用することで、無料で就職支援や職業訓練を受けられます!

具体的には次のような公的機関があります。

公的機関
  • サポステ(地域若者サポートステーション)
    厚生労働省が運営する機関。主に、就職相談やセミナーなど働く準備に関する支援を行う。
  • ジョブカフェ
    都道府県が運営する機関。就職相談から求人紹介まで就職活動の全体を通して支援を行う。
  • ハローワーク
    厚生労働省が運営する機関。主に、求職者に向けて求人を紹介する。
  • 職業訓練校
    ハローワークが運営。無料で様々な知識や技能の習得が出来る。

このような就職支援機関を利用することで、サポートを受けながら就職活動を行うことが出来るのです。

サポステとジョブカフェは30代の方までを対象としている機関ですが、近年では40代以降も利用できるところが増えてきたので確認してみましょう。

ハローワークは何歳でも利用できるので、ぜひ活用してください!

方法6|フリーター専門のエージェントを活用する

フリーターからの就職を成功させるためには、フリーター専門の就職エージェントを活用することをオススメします!

なぜなら、就職エージェントを使うと企業の細かい情報を知ることができる上に、幅広いサポートが受けられるからです。

実際のサポート内容は次の通りです。

転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく就職活動を進められます!

具体的な就職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

就職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
佐々木
はい!就職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木
ここまで、フリーターから脱出するために行うべきことをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

フリーターから脱出するための方法
  1. 『フリーターから正社員は難しい』という先入観を無くす
  2. 自分がフリーターをやめたい理由を明確にする
  3. 就職するための対策をする
  4. 派遣やアルバイトで働く
  5. 公的機関を利用する
  6. フリーター専門のエージェントを活用する
ゆり
これらの方法を実践することで、フリーターから脱出できるんですね!
佐々木
そうなんです!

フリーターだからと消極的になっていると、フリーターから脱出しづらくなります。

自信が無い人は就職エージェントなどを上手く活用し、前向きに就職活動を行っていきましょう!

次に、フリーターから正社員になるためにおすすめの方法を紹介します!

まだ間に合う!フリーターから正社員に就職する方法

佐々木
私がおすすめの方法は、就職エージェントを活用することです!

次の就職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの就職者から高い評判を得ているんです!

オススメの就職エージェントは次の通りです!

おすすめ就職エージェント

◎書類選考の通過率が高い就職エージェント3選

◎サポートが強い就職エージェント3選

◎業界最大手の求人数を誇る就職サイト

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが…

それでも選ぶのに迷ったら、最低でも「DYM就職」「ハタラクティブ」の2社に登録しましょう!

迷ったら登録すべき2社

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、

様々な担当者・求人を比較検討することで、就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、フリーターの末路から脱出した人の体験談を紹介します!

フリーターの末路から脱出した人の体験談

佐々木
それでは、フリーターから脱出した人の体験談を見ていきましょう!

実体験を見ることで、自分がフリーターを脱出するイメージが浮かびやすくなりますよ!

ゆり
フリーターの末路から脱出できた人は多いんですね!
佐々木
そうなんです!

皆さん前向きに就職活動を行ったからこそ、フリーターから脱出できてますね!

次の章で、フリーターが就職を成功させるコツを紹介するので、実践してみてください!

フリーターが就職を成功させる4つのコツ

佐々木
フリーターが就職を成功させるコツは次の通りです!

コツを知っておくことで、就職成功率が上がりますよ!

フリーターが就職を成功させるコツ
  1. 転職してからやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. 自己分析を行う
  4. プロに相談して転職先のリサーチを行う

1つずつ説明していきます!

コツ1|転職してからやりたいことを明確にする

実際に転職活動を始める前に、まずんな仕事に転職するのかを明確にしておくことが大切です。

焦って転職先を決めると、転職を繰り返す結果になるリスクもあります。

次の仕事が漠然としている場合は、資格を活かすか、長期的に働けるかという点から考えてみましょう!

佐々木

焦って転職先を決めて、転職を繰り返して今後のキャリアに影響してしまった人もいます。

コツ2|応募先が求めていることを理解する

応募先が求めていることを理解することも大切です。

応募先が求めていることを理解せずに転職活動を進めてしますと、思うように転職活動が進まないこともあります。

どのような人材を求めているのか、スキルは必要か、自主的な行動が重視されるかなど、会社によって異なるので、事前に良く調べておきましょう!

佐々木
実際に、自分一人で応募先が求めていることを理解するのは難しい場合が多いです。

転職を成功させる為にもプロのエージェントを利用することをおすすめします。

コツ3|自己分析をする

自己分析を行うと、自分に合った仕事が分かるだけでなく、自分の強みを理解して面接でアピールしやすくなります!

自己分析をする時に考えたほうが良いポイントは次の通りです!

自己分析のポイント
  • 性格・特性
  • 興味のあること
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • これまでの人生で頑張ったこと

おすすめの自己分析ツールは、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」です!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果

グッドポイント診断を使えば、自分の強みが分かるだけでなく、どんな仕事が向いているかも分かります

無料で本格的な診断が行えるので、自己分析をやりたい人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

コツ4|プロに相談して転職先のリサーチを行う

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

プロのエージェントに相談しながら転職先のリサーチを行いましょう!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

職種だけではなく、どんな条件・待遇で求人を探すのかを決めておくと、より自分に合った求人を探しやすいです。

佐々木

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木
ここまで、フリーターが就職を成功させるコツをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

フリーターが就職を成功させるコツ
  1. 転職してからやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. 自己分析を行う
  4. プロに相談して転職先のリサーチを行う
ゆり
応募先が求めていることを知ることや、自己分析をするのも大切なんですね…!
佐々木
そうなんです!

自己分析が行えていると、転職に失敗しづらいですし、モチベーションも維持しやすいです!

ひとりで自己分析を行うのに不安がある人は、転職エージェントを活用すると担当者が一緒に行ってくれますよ!

次に、フリーターにおすすめの就職先を紹介します!

フリーターにおすすめの就職先を紹介

佐々木
それでは、フリーターにおすすめの就職先を紹介します!

次の就職先は、人材を求めているので就職しやすいですよ!

オススメの就職先
  1. 飲食業
  2. IT業界
  3. 介護職
  4. 営業職
  5. 販売職
  6. 工場勤務

1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|飲食業

飲食業界は、人手不足の影響で人材を募集している企業が多くなっています。

アルバイト採用を積極的に行っている企業もあるので、とりあえずアルバイトから始めて、社員への昇格を目指すのも一つです。

ただし、若干他の職種や業界と比較すると、待遇が悪い企業も多いので、求人はよくチェックすべきです。

年収 約300万円
おすすめ
ポイント
  • お客さんの満足した顔を見れる
  • 幅広いお客さんと出会える
佐々木
飲食業界は資格やスキルよりもコミュニケーション能力が求められる仕事です!

おすすめ2|IT業界

IT業界は近年急速に拡大しており、人手不足の状態の企業が増えています。

そのため、フリーターでも積極的に採用しており、未経験でも活躍できるように教育体制を整えている企業も増えています。

一度IT企業に就職して、個人としての実績やスキルを蓄積すれば、好待遇での転職も目指せます!

年収約367万円
おすすめ
ポイント
  • スキルアップに比例して年収が上がる
  • 手に職が付けられる
佐々木
IT系の企業は、やる気が高ければ未経験からでも就職がしやすい業界です!

おすすめ3|介護職

介護業界は、人手不足かつ現場で働くのに高度なスキルが必要ないケースが多いため、フリーターの人でも積極的に採用している職場が増えています。

そのため、就職後に会社のサポートを受けながら資格を取れる企業も増えています。

高齢化社会が進んでいる現状を考えると、これからも市場の成長が見込まれる業界なので、雇用は安定していると考えられます。

また年齢制限が無いため、出産・育児などでブランクが空いても就職に困らず、続けやすい仕事とも言えます。

年収約313万円
おすすめ
ポイント
  • 利用者から直接感謝をされるのでやりがいがある
  • 『資格なしOK』『未経験者歓迎』『学歴・年齢不問』といった求人が多い
佐々木

介護と一言でいっても、その仕事内容は様々です。

比較的簡単なものから、専門的な知識が必要とされる高度のものまで幅広くあるのが介護職の特徴です。

おすすめ4|営業職

営業職は離職率が高く、常に新しい人材を募集する傾向にあります。

また、成績を残せば職歴なしからでも高収入を目指せるといった魅力もあります!

営業職として経験を積めば、優良人材として評価され、大手企業や有名企業への転職も実現できるでしょう。

特にコミュニケーション能力に自信がある方は、営業職を目指すのもおすすめです。

年収約349万円
おすすめ
ポイント
  • 飛び込み営業がない
  • 資格や学歴よりも、コミュニケーション能力が求められる
佐々木
営業職は人気の高い職業なので、未経験だと少し難しい業務でもありますが、その分やりがいも高いです!

おすすめ5|販売職

販売職をはじめとする接客業やサービス職も、未経験者歓迎の求人が多いので狙い目です!

未経験者歓迎の求人が多い理由としては、人が相手の仕事ということもあり、人物重視で採用する企業が多いからです。

たとえ未経験でも、「人と話すのが好き」「誰かの役に立つ仕事がしたい」といった意気込みがあれば、採用してもらえる可能性は高いでしょう!

仕事内容も難しいことは無いので、おすすめの仕事です!

年収約327万円
おすすめ
ポイント
  • 職務経験を積むと店長・支店長などにキャリアアップできる
  • お客さんとコミュニケーションを取りながら商品の提案ができる
佐々木

販売職はお客さんの感謝の気持ちを感じることができる仕事です。

お客さんに寄り添って、商品を提案してみたい人におすすめですよ!

おすすめ6|工場勤務

工場勤務の求人は非常に多く、経験やスキルが不問なところも増えています。

工場勤務は、工場の稼働に合わせて労働時間も決まってくるので、残業が発生しにくい点も魅力です。

ベテランが多い環境もありますが、それほど複雑な仕事は少ないので、すぐに仕事にも慣れるでしょう。

平均年収323万円
おすすめ
ポイント
  • 残業が発生しにくい
  • 複雑な仕事が少ない
佐々木

単純作業をコツコツと続けられる方には、工場勤務はおすすめです!


佐々木
ここまで、フリーターにおすすめの就職先を紹介しました!

まとめると次の通りです!

オススメの就職先
  1. 飲食業
  2. IT業界
  3. 介護職
  4. 営業職
  5. 販売職
  6. 工場勤務
ゆり
これらの場所は、就職しやすいんですね!
佐々木
そうなんです!

近年は人材不足もあり、以前より未経験者を歓迎する求人が増えています!

今お伝えした就職先は、意欲があれば入社できる可能性が高いので、ぜひ検討してみてくださいね!

それでは次に、フリーターの末路に関するよくある質問にお答えします!

フリーターの末路に関するよくある質問

佐々木
最後に、フリーターの末路に関するよくある質問を見ていきます!

なるべく不安は無くして就職活動に挑めるように、確認しておきましょう!

質問1|年齢によって問題って違うの?

年代によって、就職に対する環境や起こりうる問題は変わります。

それぞれの年代で起こりうる問題は次のとおりです。

各年代で起こりうる問題
◎20代

  • 正社員になれる可能性は高い
  • 職種もまだ選べる時期
  • フリーター向け求人や就職サービスも多くある
  • 企業は熱意や意欲のある人を求めている
  • 意欲がなければ就職は難しい

◎30代

  • フリーター向け求人が一気に減る
  • 年を重ねるごとに就職が難しくなる
  • 企業は即戦力がある人を求めている
  • 粘り強く就職活動を続けることが大切

◎40代以降

  • 選べる求人自体が少なくなる
  • 正社員になれる可能性はかなり低い
  • 企業はマネジメントできる人を求めている
  • 年齢を理由に採用を落とされることが増える

このように、年々就職は厳しくなるので、今すぐ動き出すことをおすすめします!

質問2|フリーターと正社員の違いはある?

フリーターと正社員には違いがあります!

フリーターと正社員を比較した際に考えられる、フリーターのメリットとデメリットは次のとおりです。

フリーターのメリット・デメリット
◎メリット

  • 時間の融通が効く
  • 働いた分の給料がもらえる
  • 難しい仕事が少ない

◎デメリット

  • 残業代が払われない
  • 負担を強いられる可能性が高い
  • ボーナスや昇級がない
  • 保険や年金を自分で払う必要がある
  • 年金の受取額が少ない
  • 信用が得られにくい

自由に働ける点はフリーターの方がよく感じるかもしれませんが、全体を見るとデメリットが大きいです。

近年、働き方が多様化していることもあり、正社員でも自分の好きな時間帯で働くことが可能になりつつあります。

そのため、フリーターであり続けるメリットは年々減っていると考えられるでしょう。

質問3|今からでも正社員になれるの?

結論から言うと、今からでも正社員になることは可能です!

しかし、年齢によっては厳しい状況を強いられる可能性もあるので、覚悟が必要です。

会社によっては、正社員経験がない人の雇用を避ける場合もありますが、

近年は人材不足が加速しているため、やる気と強い意志があれば採用してくれる会社も増えてます!

初めから諦めず、粘り強く就職活動を行っていきましょう!


佐々木
今からでも、フリーターから正社員への就職は遅くありません!

自己分析を行い、前向きに就職活動を進めていきましょう!

フリーターの末路を迎える前に、今すぐ行動を始めよう!

佐々木
今回は、フリーターの末路に不安を抱いている人に向けて、

フリーターを続ける危険性からフリーターを脱出する方法までお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • フリーターには悲惨が末路が待っている
  • なるべく早く就職のために行動を起こすべき
  • 正社員就職のためには就職エージェントに相談すると良い
ゆり
ありがとうございます!

早速、フリーターから脱出するために行動したいと思います!

佐々木
そうですね!

最後に、もう一度おすすめの就職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめ就職エージェント

◎書類選考の通過率が高い就職エージェント3選

◎サポートが強い就職エージェント3選

◎業界最大手の求人数を誇る就職サイト

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが…

それでも選ぶのに迷ったら、最低でも「DYM就職」「ハタラクティブ」の2社に登録しましょう!

迷ったら登録すべき2社

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、

様々な担当者・求人を比較検討することで、就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、就職の相談してみます!

佐々木
あなたが就職に成功できるよう応援しています!