転職エージェントおすすめランキング13選

エンジニアが選ぶおすすめ転職エージェント7選|200人の成功例を比較

エンジニアが選ぶおすすめ転職エージェント9選|200人の成功例を比較

この記事でお伝えすること
  • エンジニア向けおすすめ転職エージェント7選
  • エンジニア向けエージェントを比較する時の6つのポイント
  • エンジニアの転職成功例
  • エンジニア向け転職エージェントを使う際の注意点
  • 未経験からIT業界へ転職するときの3つのポイント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『エンジニア向けの転職エージェントが知りたい

『どうやってエンジニア向けの転職エージェントを選べばいいの?』

と考えている人は多いのではないでしょうか?

ゆり
エンジニア向けの転職エージェントを探しているのですが、

転職エージェントがいっぱいあって、どうやって選べばいいかわからなくて…

佐々木
たしかにエンジニア向けでも多くの転職エージェントがあって選ぶのも一苦労ですよね…

そんな人のために、エンジニア向けのおすすめ転職エージェントついてまとめたので、お伝えしていきますね!

エンジニア向けのおすすめ転職エージェント7選

佐々木
まずは、エンジニア向けのおすすめ転職エージェントを、次のように表にまとめてみました!
求人数・質提案力サポート体制
ワークポート
マイナビエージェント×IT
レバテックキャリア
リクルートエージェント
Geekly
type転職エージェント
GEEK JOB

それでは、1つずつ詳しく説明していきます!

ワークポート

ワークポート 『ワークポート』は10年以上前からIT業界やWeb領域の転職を支援しているエージェントです。

そのため、IT業界の転職ノウハウや、企業の採用担当者との深いパイプを持っておりサービスの質も非常に高いです。

利用者の口コミでも、「IT業界を知り尽くした担当コンサルタントが、自分に最適な優良求人をたくさん紹介してくれる」と評価が高かったです。

IT業界で転職するなら必須の転職エージェントなので、まず『ワークポート』に登録しましょう。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITの公式ページ

マイナビエージェント×IT』はITエンジニアに特化した転職エージェントで、中小企業の求人案件が豊富です。

マイナビは業界最大手の『リクルートエージェント』に求人数で対抗するため、中小企業にも積極的に営業しています。

中小企業への転職を考えているエンジニア・Webマーケターの方におすすめです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアの公式ページ

レバテックキャリア』は一般的な知名度は高くないですが、IT・Webに特化した転職エージェントの中では大手です。

もとはシステム受注の会社だったため、キャリアコンサルタントの技術的な知識レベルが高いです。

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県、または大阪府をサポート対象としているので、該当地域の求人を探している方におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント リクルートエージェント規模・実績ともに業界No.1の総合転職エージェントです。

2018年時点で全体の求人数が21万件を超えており、IT業界の案件数も豊富です。

実際に『IT・通信業界』『Web・インターネット業界』で絞り込み検索をすると公開求人で13,000件以上、非公開求人は58,000件あります。

圧倒的な求人数を考えると絶対に必須の転職エージェントなので、必ず他社同様に登録しておきましょう!

Geekly

ギークリー

Geekly』は、IT・Web・ゲーム業界特化の転職サイトです。

非公開求人数は、9,100件以上に登ります。

Web系のクリエイターのほかに、ゲームデザイナー、イラストレーター、サウンドクリエーターなどゲーム業界の求人がそろっているのが特徴です。

佐々木
ゲーム業界への転職が不安な人は、知識が豊富なアドバイザーにまず相談してみましょう!

type転職エージェント

type転職エージェントの公式サイト

type転職エージェント』は東京・神奈川・千葉・埼玉の案件を取り扱う総合転職エージェントです。

規模は業界最大手のリクルート、doda、パソナキャリアに比べると大きくはないですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。

規模が大きくないという点で、一人ひとりを丁寧にサポートしてくれる傾向が強いので、キャリアップを目指すエンジニアの方はぜひ登録してみてください。

GEEK JOB

GEEK JOB』は、20代のフリーター/第二新卒に強いエンジニア向け転職エージェントです!

未経験からプログラマーへの転職率は95.1%となっています。

未経験からIT業界へ転職したい人におすすめです!

GEEK JOBの公式サイトへ


以上がエンジニア向けのおすすめ転職エージェントです!

ゆり

ありがとうございます!たくさんありますね…

この中から1つ選べばいいんですか?

佐々木

あなたに合った転職エージェントを選ぶために、複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは複数社登録することで、転職の成功率が大きく上がりますよ!

複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

続いては、エンジニア向けの転職エージェントを比較するときのポイントについてお伝えします。

エンジニア向けの転職エージェントを比較する6つのポイント

佐々木

エンジニア向けの転職エージェントを選ぶときのポイントは、次の6つです。

転職エージェントを選ぶポイント
  • キャリアアップを見据えた提案ができているか
  • 担当者がIT業界出身者かどうか
  • 細かい希望を汲み取って求人を紹介してくれるか
  • 内定率の高さだけで求人を選んでいないか
  • スムーズな対応ができるかどうか
  • 相性の合う担当者が在籍しているか

ポイント1|キャリアアップを見据えた提案ができているか

ITエンジニアはスキルアップしてキャリアを積み上げていく職種のため、

キャリアアップを見据えた転職が重要になっていきます。

どの会社につくかより、どんな仕事でどんなスキルが身につくかが大事ということです。

実際、付加価値のないエンジニアは真っ先にリストラ対象になるのが現状になっています。

佐々木
ITに特化した転職エージェントは、IT業界のたくさんのキャリアを見ているため、先を見据えた提案をしてくれますよ。

ポイント2|担当者がIT業界出身者かどうか

担当者がIT業界出身かどうかは、とても大事なポイントです。

IT業界に詳しい担当者は、IT系の転職でのサポートの質が高いです。

佐々木
IT出身の多い転職エージェントを選び、担当者のキャリアについてもいろいろ聞いてみることをおすすめします。

ポイント3|細かい希望を汲み取って求人を紹介してくれるか

転職エージェントの担当者でも、履歴書の内容だけで判断した求人を紹介してくることもあります。

当たり前のことですが、転職先の希望は書面だけでは判断できません。

佐々木

希望に最も近い求人を紹介してもらうために、

転職エージェントの担当者と面談する際には、必ず細かい希望まではっきり伝えましょう。

ポイント4|内定率の高さだけで求人を選んでいないか

転職エージェントは、企業に転職者を紹介して、その成功報酬をもらうシステムです。

そのため、内定率の高さを優先して求人を紹介するパターンもあります。

佐々木
求人が自分の希望に合っていればいいですが、慎重にチェックしましょう。

ポイント5|スムーズな対応ができるかどうか

転職市場では他の希望者もいるため、スピードが重要です。

転職エージェントからの面接後のフィードバックや、日程調整などのスムーズな対応で、大きく差がでてきます。

佐々木

スピード感も大事な判断材料になってきますので、担当者の対応についてもチェックが必要です。

ポイント6|相性の合う担当者が在籍しているか

意外と重要なポイントですが、担当者との相性が合っていると信頼関係も築きやすいです。

面談で話してみて、「この人は信頼できるか」「相談しやすい」など感じるような担当者がベストです。

佐々木
もし合わないと感じれば、担当者の変更もできるので、必要なら申し出ることもできます!

転職を比較するポイントは以上です。

もう一度まとめると次の通りです。

転職エージェントを選ぶポイント
  • キャリアアップを見据えた提案ができているか
  • 担当者がIT業界出身者かどうか
  • 細かい希望を汲み取って求人を紹介してくれるか
  • 内定率の高さだけで求人を選んでいないか
  • スムーズな対応ができるかどうか
  • 相性の合う担当者が在籍しているか
ゆり
これらのポイントを見て判断すればいいんですね!
佐々木

その通りです!

転職エージェントでは、担当者の変更もできるので、ぜひ活用してくださいね。

担当者の変更の方法などについて知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

続いては、エンジニアの転職事例についてお伝えしていきます。

エンジニアの転職事例|年収UP・理想の働き方を実現!

佐々木
それでは、エンジニアの転職事例をお伝えしていきます。
ゆり
エンジニアの人の転職した成功例はあるんですね!
佐々木

もちろんです!

転職を成功させるためにも、転職エージェントを上手く使う必要があります。

そのため次の章では、転職エージェントを使う際の注意点についてお伝えしますね!

エンジニア向けの転職エージェントを使う際の注意点

佐々木
次に、転職エージェントを最大限活用する方法を紹介します。

転職の成功率を上げるために、次の5つの方法を実践してみましょう。

エージェント活用の5つのポイント
  1. 担当者との相性が合わない場合は変更する
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

活用方法1|担当者との相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くない担当者との転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しい担当者の方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理している転職エージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、転職エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

担当者の変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

だから、複数の転職エージェントに登録して、相性の良い担当者と出会いやすくするのがおすすめですよ!

佐々木
相性の良い担当者と出会って転職に成功するためにも、ぜひおすすめの転職エージェント2社に登録してみましょう!

複数登録のメリットについてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

活用方法2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

内容に虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう!

活用方法3|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまり、転職エージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、あなたの転職に対してやる気が無いキャリアアドバイザーは、経歴をそのまま写して推薦文を提出している場合があります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、必ず共有してくれますよ!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲の高さを見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲の高さを伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲が高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
しっかり転職意欲の高さをアピールすることが、転職成功への近道ですよ!

活用方法5|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、企業の採用担当者と面接後に必ず連絡を取ります。

あなたの面接内容を共有することで、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれますよ。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず面接内容を報告すべきです!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントを活用するポイント
  1. 担当者との相性が合わない場合は変更する
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけの活用方法を押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

続いては、転職エージェントをの登録後の流れについてお伝えしていきます。

転職エージェントの登録から入社するまでの流れ

佐々木
ここで転職エージェントに登録してからの流れを頭に入れておきましょう!

転職エージェントの利用の流れは、基本的にはどこのエージェントでも次の流れになっています。

STEP.1
WEBサイトから転職エージェントに登録
転職エージェントに登録をする女性 担当者から面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
STEP.2
登録後、担当者と面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当者から連絡が届きます。
STEP.3
担当者と面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
STEP.4
担当者から求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。
STEP.5
履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
STEP.7
書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当者からアドバイスをもらいながら進めていきましょう。
STEP.8
内定獲得後、担当者に給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントが全てやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。
ゆり
えっ…!
転職エージェントってこんなにサポートしてくれるんですね!
佐々木
実はそうなんです!

だからこそ、転職を成功させるうえで、転職エージェントの存在は大きいんです!

転職はどれだけ担当者に協力的に動いてもらえるかが大事なので、

担当者からの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると、

サポート全てに、次のようなマイナスの影響が出てしまいます。

マイナスの影響
  • 良い求人を紹介してもらえない
  • 書類選考が通りづらくなる
ゆり
なるほど…!

担当者との信頼関係がとても大事なんですね!

佐々木
そうなんです!

だからこそ、転職エージェントの担当者と良い関係を築くことが、転職を成功させる鍵なんです。

転職エージェントの使い方をもっと詳しく見たい人は、次の記事をご覧ください!

それでは、未経験からIT業界へ転職するときのポイントについてお伝えします。

未経験からIT業界への転職をする場合の3つのポイント

佐々木
未経験からIT業界への転職をするときのポイントは、次の3つです!
未経験から転職する時のポイント
  1. 未経験からエンジニアになれる年齢の上限を把握しておく
  2. 文系的な要素も求められることを把握しておく
  3. エンジニアだけでなく営業職も視野に入れておく

それでは、1つ目から詳しく見ていきましょう。

ポイント1|未経験からエンジニアになれる年齢の上限を把握しておく

未経験からエンジニアになれる年齢の上限を必ず把握しましょう!

未経験でエンジニアを募集してる会社は、自社で育成する体制なので、若い人材を欲しがっています。

佐々木
目安ですが、25歳前後までが対象になっていることが多いので、確認してみましょう。

ポイント2|文系的な要素も求められることを把握しておく

エンジニアは理系が多いイメージを持たれる人がいますが、基本的に文系と理系を問われることはありません。

佐々木

たしかに、プログラミングなどは情報工学で理系分野です。

しかし、企業でエンジニアとして働く上で、むしろコミュニケーション能力が求められることが多いです。

ポイント3|エンジニアだけでなく営業職も視野に入れておく

IT業界では、エンジニア職だけでなく営業職ももちろんあります。

会計ソフトを製作する企業でも、エンジニアと営業担当があります。

佐々木
システムエンジニアなどはプログラミングなどの知識が必要ですが、

エンジニアにこだわる必要がなければ営業職も視野に入れましょう。


未経験からIT業界へ転職するときのポイントは以上です。

もう一度まとめると次の通りです。

未経験から転職する時のポイント
  1. 未経験からエンジニアになれる年齢の上限を把握しておく
  2. 文系的な要素も求められることを把握しておく
  3. エンジニアだけでなく営業職も視野に入れておく
ゆり

なるほど…

未経験でも、IT業界へ転職できそうですね!

佐々木
はい!むしろITエンジニア業界は人手不足なので、求められている職業でもありますよ!

エンジニア向けの転職エージェントを利用して転職を成功させよう

佐々木
今回は、エンジニア向けの転職エージェントについてお伝えしてきました。

要点をまとめると次の通りです。

まとめ
  • 転職エージェントの利用では自分に合った担当者を見つけるべき
  • IT業界に強い担当者を選ぶ
  • 複数登録して相性の良い担当者を見つける
  • 転職成功者は転職エージェントに複数登録している
ゆり
ありがとうございます!

エンジニアの転職に強い転職エージェントの担当者を探してみます!

佐々木
はい!転職エージェントを活用して条件の良い企業へ転職しましょう。

それでは最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしますね。

おすすめの転職エージェント
佐々木
あなたの転職が成功することを願っています。