転職エージェントおすすめランキング13選

ビズリーチは年収600以上が登録するべき?|500人の評判/口コミを徹底検証

ビズリーチの評判を解説する池田

この記事でお伝えすること
  • ビズリーチの総合評価と評判・口コミ
  • ビズリーチのメリット・デメリット
  • ビズリーチがおすすめな人の特徴
  • ビズリーチを最大限活用するためのポイント
  • ビズリーチに関するよくある質問
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

ビズリーチ(BIZREACH)』は、ヘッドハンティング型の転職サービスです。

ヘッドハンティング型の転職サービスでは、リクルートの『キャリアカーバー』を凌いで、業界トップであるビズリーチですが、実際に利用するとなると評判や口コミが気になりますよね。

しかし、すでにネット上ある多くの情報は素人がネット上から拾い集めたものをまとめたものばかりで、調査に誤りや偏りがあるように思えます。

そこで今回は、300人以上の転職を成功させてきた私が…

信頼できる500人の生の評判・口コミを元に、ビズリーチの良い点も悪い点も、すべて紹介していきます!

ゆり
ビズリーチって、最近、テレビCMや電車の広告でよく見かけますが実際にどうなんですかね!
佐々木
ハイクラス層向けの転職サービスでは、口コミや評判はとても良いですよ!

今回この記事を書くにあたり「ビズリーチ」についての評判を、年齢・性別・業界を問わず、500人以上の幅広い層の方を対象に徹底的に調査をし、偏りのない生の評判・口コミを集めました。

さらに、私が独自のネットワークで収集した転職エージェント業界の裏事情も含めて検証を重ねたので、これを読めば「あなたがビズリーチを本当に使うべきかどうか」自信を持って決断できるようになりますよ!

評判・口コミの集め方

この記事では、信頼性が高い評判・口コミを参考にするため…

私の人事や転職エージェントの経験と併せて、Yahoo!知恵袋やTwitter、2ch(5ch)、実際の相談者のリアルな声を集めました。

良い評判・口コミだけでなく、悪い評判・口コミも載せているので、しっかり参考にしてくださいね。

評判・口コミから検証!ビズリーチの総合評価は…?

ビズリーチ

最初に、合計500名の評判・口コミを見てわかった…

「ビズリーチの評価」をお伝えします!

ビズリーチの評価
総合評価
(4.0)
求人の質・量
(4.5)
サポート体制
(3.0)
提案力
(3.5)

評判・口コミの調査結果から得られたビズリーチのメリット・デメリットをまとめると以下の通りでした。

ビズリーチのメリット
  1. ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできる
  2. 自分の転職市場での価値が明確になる
  3. 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会える
ビズリーチのデメリット
  1. 急いで転職をしたい人には向かない
  2. 転職市場での価値が低い人には向かない
  3. 応募企業の情報がヘッドハンターに依存されてしまう

評判・口コミを調査したところ、ヘッドハンティング型の転職サービスであるビズリーチは、経歴やキャリアによって向き不向きがハッキリしています。

そのため、ビズリーチは…

キャリアに自信があって、じっくり転職活動をしたい人に間違いなくおすすめの転職サービスです!

ゆり
ビズリーチの強みは、ハイクラス向けの転職にあるんですね!
佐々木
はい!

ハイクラス向けの転職には圧倒的に強みを持つので、キャリアに自信がある方にとってはオススメです!

公式サイトから登録する

そもそもビズリーチって転職エージェント?有料と無料プランの違いも解説!

ビズリーチの図解

参照:https://www.bizreach.jp/

ゆり
先程から、“ヘッドハンティング”という言葉が出てきますが、ビズリーチは転職エージェントとは違うんですか?
佐々木
よい質問ですね!

実は厳密に言うと、ビズリーチは転職エージェントではありません!

これから説明していきますね。

ビズリーチのよくある疑問
  1. 転職エージェントとの違いは?
  2. ビズリーチのヘッドハンターや求人の質は?
  3. 他のヘッドハンティング型サービスとの違いは?
  4. 有料と無料プランの違いは?

まず、ビズリーチの特徴を端的に説明すると、「2500人以上からのヘッドハンター、人事、採用担当から、直接オファーを受けることができるヘッドハンティング型の転職サービスです」です。

疑問1:転職エージェントとヘッドハンターの違いは?

ざっくり説明すると、求職者から見ると、転職エージェントがPush(プッシュ)型で、ヘッドハンターはPull(プル)型です。

転職エージェントは、転職を検討している求職者が転職エージェントに相談をして、お仕事を紹介してもらう仕組みです。

一方で、ヘッドハンターは転職を検討している有無を問わず、優れた経歴やスキルを持つ人に対してヘッドハンター自ら声をかけいきます。

よくある疑問1
転職エージェントはPush型、ヘッドハンターはPull型

疑問2:ビズリーチのヘッドハンター及び求人の質は高いのか?

ビズリーチの図解

参照:https://www.bizreach.jp/

登録されているヘッドハンターは、ビズリーチの独自の厳格な基準で選定されています。

そして、実績や口コミに応じてヘッドハンターは随時評価されており、登録者側から常に確認することができるので、ヘッドハンターの質は高いレベルで維持されています。

求人の質の視点で見ると、一般の転職サイトには掲載されていない、年収1000万以上の高収入案件を多く保有しています。理由としては、ハイクラス・エグゼクティブ層を採用したい企業は、求人サイトには掲載せずに、ヘッドハンターに依頼するからです。

必然的に、日本で1番ヘッドハンターの登録数が多いビズリーチは、年収1000万円以上の高収入案件を多く取り扱っていることになります。

よくある疑問2
ビズリーチはヘッドハンターも求人の質も高い

疑問3:ヘッドハンティング型サービス『キャリアカーバー』との違いは?

ちなみに、同じようなサービスを展開している、リクルートの『キャリアカーバー』とも比較してみました。

ビズリーチキャリアカーバー
ヘッドハンターの人数2,500人以上1,000人以上
料金プラン有料プランもあり完全無料
年収1,000万円以上の求人数約21,000件約10,000件

(2018年4月時点)

よくある疑問3
ビズリーチはヘッドハンター数と求人数が多い

疑問4:ビズリーチの有料と無料プランの違いについて

ビズリーチの料金プランの図解

参照:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは業界初の「求職者から料金を取る」スタイルの転職エージェントとして、以前話題になりましが、有料会員になるために課金する必要は全くなく、無料会員として十分に登録するメリットがあります。

無料プランの特徴
  1. 公募求人への応募及び求人情報の閲覧
  2. プラチナスカウトメールに返信・応募ができる
  3. ヘッドハンター情報閲覧
有料プランの特徴
  1. ハイクラス専門のヘッドハンターに相談できる
  2. 全てのスカウトに返信・応募ができる
  3. 全ての求人案件に応募ができる

プラチナスカウトとは、企業やヘッドハンターがあなたの経歴やスキルに強い関心を持った際に送る、面談・面接が確約された特別なスカウトです。無料でも返信できるため、ビズリーチを無料で利用しながら転職活動を進めることも可能です!

登録後に自らプレミアムプランへのアップグレードを申し込まない限り、利用料金は一切発生しないので、安心して無料で活用することをおすすめします。

よくある疑問4
ビズリーチは無料プランでも登録する価値がある

公式サイトから登録する

評判・口コミでわかるビズリーチの3つのメリット

500名の生の評判・口コミによればビズリーチには以下のようなメリットがあることがわかりました。

ビズリーチのメリット
  1. ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできる
  2. 自分の転職市場での価値が明確になる
  3. 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会える

ここからは、ビズリーチのメリットが実際にあなたの転職活動にどのように役立つのか見ていきましょう。

メリット1:ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできる

まず1番大きいメリットを挙げると…

ビズリーチに登録することが、日本中の優秀なヘッドハンターに自分の経歴をアピールすることができるということです。

それは、ビズリーチに登録しているヘッドハンターの人数が、業界でもトップクラスの2,500人だからです。これは競合であるリクルートが運営する『キャリアカーバー』の1,000人と比べても、2倍以上の差があります。

そのため、ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできると考えていただいて問題ございません!

メリット1
ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできる

メリット2:自分の転職市場での価値がわかる

転職エージェントに相談すれば、「自分の転職市場の価値が客観的にわかる」と言われていますが、ヘッドハンティング型の転職サービスのビズリーチも同様です。

他の転職エージェントサービスとは違い、ビズリーチはスカウトを待つのが基本的な使い方ですが、転職市場の価値が低い場合、スカウトが一切届かない場合もあります。

逆に考えると、ヘッドハンターからプラチナスカウトが来るようであれば、履歴書や職務経歴書上だけで判断される市場価値は高いと判断できます。

メリット2
自分の転職市場での価値がわかる

メリット3:年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会える

他の転職エージェントのような求人検索ができることもビズリーチの特徴です。

ビズリーチの公開求人数は89,000件ですが、実際に、20184月時点で年収1,000万円以上で求人を絞ると、21,000件以上の求人案件がありました。

ビズリーチの求人検索画面

参照:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは上記のキャプチャ画面のように求人検索もできます。

メリット3
年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会える

公式サイトから登録する

失敗しないために知っておきたいデメリット、不向きな人もいる!

ビズリーチのデメリット
  1. 急いで転職をしたい人には向かない
  2. 転職市場での価値が低い人には向かない
  3. 応募企業の情報がヘッドハンターに依存されてしまう

デメリット1:急いで転職をしたい人には向かない

すぐにでも転職先を探したい方には不向きなサービスです。

ヘッドハンティング型の転職サービスの特性上、「自分の希望や経歴を公開して、ヘッドハンターからのスカウトを待つ」という仕組みだからです。

キャリアに自信があって、転職活動にすぐにでも取り組みたい方は、ハイキャリア転職で実績が豊富な『JACリクルートメント』や、外資案件に強い『アデコ』がおすすめです。とにかく、幅広く求人を見ていきたいということであれば、『リクルートエージェント』と『doda』に登録しておけば間違いないです。

デメリット1
急いで転職をしたい人には向かない

デメリット2:転職市場の価値が低い人には向かない

メリット面でも触れましたが、転職市場の価値が低い場合、スカウトが一切届かない場合もあります。

そのため、キャリアには自信がないが、高収入やキャリアップを目指したい方は、「パソナキャリア」といったサポートが手厚い転職エージェントに登録しましょう。

デメリット2
転職市場の価値が低い人には向かない

デメリット3:応募企業の情報がヘッドハンターに依存されてしまう

非公開求人が多いため、応募企業の情報収集がヘッドハンターによって左右されてしまうことがデメリットとして挙げられます。

そのため、企業の内部情報を把握するためにも、企業の口コミや評判を知ることができる下記のサービスを併用することをおすすめします。

『カイシャの評判』:https://en-hyouban.com/
『Vokers』:https://www.vorkers.com/
『キャリコネ』:https://careerconnection.jp/

それぞれの特徴を挙げていくと、『カイシャの評判』はエン・ジャパンが運営してる日本最大級の会社口コミサイトで、『Vokers』と『キャリコネ』は社員口コミと求人情報が一括で見ることができるサービスです。

ビズリーチには優秀なヘッドハンターが多いですが、彼らも売上を上げなければいけない立場でもあるので、全員が包み隠さず企業情報を共有してくれるとは限りません。

だからこそ、ヘッドハンターから紹介された企業の口コミや評判は、自己責任で調べるクセをつけましょう!

デメリット3
応募企業の情報がヘッドハンターに依存されてしまう

評判・口コミでわかるビズリーチがおすすめな人

結論から言うと…

キャリアに自信があって、じっくり転職活動をしたい人におすすめの転職サービスです!

登録をして待つだけで、好条件な求人のヘッドハンティングが受けられるからです。

年収1,000万円以上の高収入案件は、企業側が突発的に人員が足りなくなったときに発生するケースが非常に多いです。

具体的に言うと、企業の事業方針の変更で、「高い報酬を支払っても構わないから、すぐにでも営業部長クラスの人を紹介知て欲しい」といったようなことがあるからです。

そのため、とりあえず希望年収などの条件を高い水準で登録しておけば、長期的なスパンで希望にあった高収入案件のスカウトがくる可能性があります。

公式サイトから登録する

また、希望業種や業界が決まっている人は、下記の専門性の高い特化型エージェントを併用しましょう。

スカウトを多くもらうために!ビズリーチの効果的な登録のポイント

ビズリーチにはヘッドハンティング型の転職サービスだからこそ、他の転職エージェントよりも、最初に登録する内容が重要になってきます。

ビズリーチの登録時のコツ!
  1. 嘘ではない範囲で経歴を良く見せる
  2. 登録情報の入力に時間をかけること
  3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  4. 職務経歴は具体的な数値を使うこと
  5. 転職希望時期を3ヶ月以内にすること

登録のコツ1:嘘ではない範囲で経歴を良く見せる

ビズリーチで1番優先することは、まずはヘッドハンターからスカウトをもらうことです。スカウトをもらわなければ、何も始まりません。

そのため、嘘はつかない範囲で、しっかり経歴を良く見せてヘッドハンターにアピールしましょう。

よくある疑問は、マネジメント経験の記載欄です。この点には関しては、まずはスカウトをもらうためにも、多少大げさに登録しておきましょう。

登録のコツ1
嘘ではない範囲で経歴を良く見せる

登録のコツ2:登録情報の入力に時間をかけること

ビズリーチが他の転職エージェントと違うところは、登録時にキャリアアドバイザーとの面談が無いことです。

そのため、ヘッドハンターがスカウトを「あなたに送るかどうか」は登録情報の良し悪しに左右されてしまいます。

だからこそ、登録情報の記載には時間をかけることを前提に、登録手続に進みましょう。

登録のコツ2
登録情報の入力に時間をかけること

登録のコツ3:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのはやめましょう。基本的に、登録情報やヘッドハンターとのやり取りは、すべてデータとして記憶されます。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

登録のコツ3
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

登録のコツ4:職務経歴は具体的な数値を使うこと

職務経歴の登録情報に説得性を持たせることができれば、スカウトを受けられる確率がグンと上がります。そのために、職務経歴には具体的な数値を盛り込み、客観性を出しましよう。

登録のコツ4
職務経歴は具体的な数値を使うこと

登録のコツ5:転職希望時期を3ヶ月以内にすること

ヘッドハンターも会社としての利益を考えないといけないため、すぐにでも転職したい意思がある人を1番優先して、スカウトをします。

そのため、転職希望時期は3ヶ月以内としておきましょう。

登録のコツ5
転職希望時期を3ヶ月以内にすること

公式サイトから登録する

まとめ:ビズリーチは評判・口コミの良いおすすめ転職エージェント!

ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップのため、キャリアに自信のある人に胸を張っておすすめできます。

キャリアに自信がある人の中でも…

忙しくて求人を探すのが後回しになってしまっている…

今すぐの転職を考えているわけではないが、良い案件があれば…

という人に良いと思います。

また、転職に向けてドンドン動いていきたいという人は、下記のエージェントも併用して、失敗しない転職活動をしましょう!

ビズリーチと併用すべき転職エージェント
  • 実績、求人数共に業界トップ|リクルートエージェント
  • サポートが充実!初めて転職をする方におすすめ|パソナキャリア
  • ハイキャリア向けに1番おすすめ|JACリクルートメント

最後にこの記事の内容を振り返っておきましょう。

ビズリーチのメリット
  1. ビズリーチに登録=日本中の優秀なヘッドハンターにアピールできる
  2. 自分の転職市場での価値が明確になる
  3. 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会える
ビズリーチのデメリット
  1. 急いで転職をしたい人には向かない
  2. 転職市場での価値が低い人には向かない
  3. 応募企業の情報がヘッドハンターに依存されてしまう
ビズリーチに向いている人
  1. すぐに転職する気はないけど、良い求人案件があったら転職したい人
  2. キャリアに自信がある人
ビズリーチの登録時のコツ!
  1. 嘘ではない範囲で経歴を良く見せる
  2. 登録情報の入力に時間をかけること
  3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  4. 職務経歴は具体的な数値を使うこと
  5. 転職希望時期を3ヶ月以内にすること

ビズリーチは『登録をしてヘッドハンターから連絡を待つ』だけです。そのため、面倒なパソコン操作なども必要ありません!

キャリアに自信のある方は『ビズリーチに登録する=日本中の優秀なヘッドハンターに「あなた」のご経歴を知らせることができる』ので、転職はまだ先と考えている人も今のうちから登録しておきましょう!

ゆり
登録をして、ヘッドハンターからの連絡を待てばいいだけなら、簡単そうですね!
佐々木
はい!そうですね!

登録も簡単なので、良い求人を提案されるのを待つだけの状態を早めに作っておくべきです!

 

公式サイトから登録する