週休1日はきついし疲れが取れない&給料のメリットなし?全対策を紹介

週休1日はきついし疲れが取れない&給料のメリットなし?全対策を紹介

この記事では、「週休1日の仕事がきついと悩んでいる人に向けて、

『週休1日のメリット』や、『仕事のきつさを軽減する方法』などをお伝えしていきます!

週休1日の仕事は、精神的にも体力的にも辛いですよね。

この記事を最後まで読めば、週休1日の辛い仕事から解放されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 今働いている会社が、週休1日で悩んでいる
  • 転職を考えている
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

週休1日はつらいし疲れも取れない?働き方の現実

ゆり
今の仕事が、週休が1日なので、休みの日に疲れが取れなくて辛いんです…
佐々木
確かに、週休1日の仕事は、仕事内容もハードで、休みの日が少ないので疲れが取れないですよね。

週休1日の定義は、次のようになっています!

週休1日について

週休1日とは、一般的な週休2日とは違い、週1日しか休みがない状況です。

そのため、1年間を54週と考えると、年間休日数は54日となります。

ゆり

なるほど。

週休1日だと、年間の休日数が54日しかないのですね。

佐々木

はい、その通りなんです…

ただ例外として、祝日が休みであったりGWや夏休みがある場合もあります。

しかし、週休1日で働いている人はかなり珍しいと言えます。

実際に働いている人の、休日日数の割合は次の通りです。

休日日数の割合
  • 完全週休2日制より多い→10.2%
  • 完全週休2日制→57.0%
  • 週休2日制→28.3%
  • 週休1日制又は週休1日半制→4.5%
ゆり

え!

週休1日制は全体の5%もないのですね。

佐々木

はい、そうなんです。

そのため、無理をして週休1日で働くことはあまりおすすめできません。

次の章では、法律の観点から週休1日の働き方を見ていきましょう!

週休1日で働くのはブラック?違法じゃないの?

ゆり
そもそも、週休1日で働くのは違法ではないのですか?
佐々木

答えとしては、YESでもありNOでもあります。

というのも、週休1日は違法の場合とそうでない場合があるのです!

2つの違いについて、詳しく見ていきましょう!

週休1日が違法でない場合

佐々木
実は、週休1日だからと言って、必ずしも違法になるわけではないんです。

週休1日が違法になる可能性があるとしたら、労働基準法を破った場合です。

労働基準法では、1週間の労働時間を40時間内、1日の労働時間を8時間以内、休日を週に1回以上、4週間で4日以上と定められています。

佐々木
そのため、週休1日で働いていても、1日の労働時間が6時間であれば、

1週間で40時間をオーバーしないので、違法にならないのです。

ゆり

なるほど!

このように基準の範囲内なら、週休1日でも違法にはならないのですね。

佐々木

はい、その通りです!

そのため、単純に「週休が1日だから違法」というわけではないんです。

次に違法の場合を説明します!

週休1日が違法な場合

佐々木
先ほども説明した通り、週休1日が違法になる可能性があるとしたら、労働基準法を破った場合です。
労働基準法について
1週間の労働時間を40時間内、1日の労働時間を8時間以内、休日を週に1回以上、4週間で4日以上。

原則として、上記の規則を守っていれば問題はないのですが、一般的に企業は1日の労働時間が8時間の場合が多いです。

その場合、週休1日のペースで働いていると週の労働時間が40時間を超えるので違法になってしまいます。

ゆり

なるほど。

休みが1日しかないことではなく、1日の労働時間の多さや、

週の労働時間の多さの問題で違法になる場合があるのですね。

佐々木

はい、その通りです!

そのため、自分が1日に働いている時間や週に働いている時間の合計によっては、企業を違法で訴えることができます!

次の章では、週休1日、週6勤務で働くメリットについて説明します!

週休1日、週6勤務で働くメリット

佐々木

週休1日で働く事には、メリットも存在します。

そこで、この章では週休1日で働くメリットについて詳しく説明していきます!

週休1日で働くメリットは、次の3つです!

週休1日で働くメリット
  1. 仕事のスキルが上がる
  2. 給料が高い場合がある
  3. 仕事が好きなら、毎日が充実する

それでは、順番に見ていきましょう!

メリット1|仕事のスキルが上がる

佐々木
週休1日で働くことには、仕事のスキルが上がるメリットがあります。

なぜなら、週休1日で働けば、普通の人よりも仕事に触れる回数が増えるので仕事のスキルが成長しやすいのです。

そのため、将来独立を考えている人などはあえて週休1日の環境に身を置くのも良いかもしれません。

メリット2|給料が高い場合がある

佐々木
2つ目のメリットは、給料が高い点です!

違法で週休1日制度を実施している会社の多くは、残業代を給料に反映していない場合が高いです。

しかし、週休1日を正式に採用している企業の場合は、もともとの給料にプラスで残業代も入るので、週休2日勤務で働いている人よりは、給料が高くなる可能性があります!

メリット3|仕事が好きなら、毎日が充実する

佐々木
最後のメリットは、毎日の充実度が高い点です。

もし今の仕事内容に満足しているのであれば、ほぼ毎日仕事に触れられる週休1日の働き方は、充実度が非常に高いと言えます!


週休1日で働くメリットをまとめると、次の通りです!

週休1日で働くメリット
  1. 仕事のスキルが上がる
  2. 給料が高い場合がある
  3. 仕事が好きなら、毎日が充実する
ゆり
週休1日で働くことには、メリットも存在するのですね!
佐々木

はい、その通りです!

考え方によっては、週休1日の働き方は自分の人生にプラスに働く場合もあるんです!

次の章では、反対に週休1日で働くデメリットを説明します!

週休1日、週6勤務で働くデメリット

佐々木
週休1日で働くことには、もちろんデメリットも存在します。

この章では、週休1日で働くデメリットについて詳しく見ていきましょう!

週休1日で働くデメリットは、次の2点です!

週休1日で働くデメリット
  1. 肉体や精神を壊す可能性がある
  2. プライベートが充実しない

それでは、順番に見ていきましょう!

デメリット1|肉体や精神を壊す可能性がある

佐々木
1つ目のデメリットは、肉体や精神によくない点です。

仕事内容に満足している場合は良いのですが、そうでない場合だと週休1日で働くと十分な休みが取れず、

疲労を溜め込んだ状態でまた仕事に取り組むことになります。

そういった生活を続けていると、肉体や精神を壊す可能性もあるんです。

デメリット2|プライベートが充実しない

佐々木
2つ目のデメリットは、プライベートが充実しない点です。

休みを休息にあてることで精いっぱいなので、人と遊ぶことができなく、その結果、彼女や友人との泊りに行けず疎遠になる可能性があります。


週休1日で働くデメリットをまとめると、次の通りです!

週休1日で働くデメリット
  1. 肉体や精神を壊す可能性がある
  2. プライベートが充実しない
ゆり
確かに最近、体の疲れが取れなかったり、人間関係が疎遠になりがちかも…
佐々木

体や心を壊してしまうと、仕事を続けるのも難しくなり自身のキャリアにも傷をつけてしまうことになります。

そうなる前に、対策を打っていきましょう!

次の章では、週休1日の仕事を乗り切る対策を紹介します!

週休1日は体がきつい、疲れが取れない…仕事を乗り切る対策を紹介!

佐々木
この章では、週休1日の仕事を乗り切る対策を紹介します。

適切な対策を取ることで、体や心をケアすることができるんです!

対策方法は、次の4つです!

対策方法
  1. 休みの1日をゆっくり過ごす
  2. 疲労回復のメカニズムを知る
  3. 有給を使い、長期休暇を取ってみる
  4. それでも辛いなら転職するのもあり

それでは、順番に見ていきましょう!

対策方法1|休みの1日をゆっくり過ごす

佐々木
1つ目の対策方法は、休みの1日をゆっくり過ごすことです!

疲れがひどい場合は、仕事を休み1日ゆっくり休むことが大切です。

なぜなら、1日休んでも疲れが回復しない場合は、慢性的な疲労になっている可能性があるからです。

十分な睡眠を取ったり、ゆったりお風呂につかるなど、自分がリフレッシュ出来ることを行いましょう。

ひとことで「疲れ」と言っても、人によって感じ方は様々で、次のように疲れの種類もいくつかあります。

疲れの種類
  • 急性疲労:1日寝ればとれる程度の疲労
  • 亜急性疲労:1週間ほど続く疲労
  • 慢性疲労:6ヶ月以上続く疲労

疲れを無視して働き続けると、自分の体はもちろん、仕事にも影響が出るので、疲労があまりにも続く場合は、医療機関を受診することをおすすめします!

対策方法2|疲労回復のメカニズムを知る

佐々木
2つ目の対策方法は、疲労回復のメカニズムを知ることです!

身体的疲労と精神的疲労は密接に関係しているため、疲労回復のメカニズムを知っておくことは大切です。

例えば、精神的疲労により胃が痛くなることで身体への影響が出てしまい、身体的疲労にも繋がることがあげられます。

また、精神的疲労を感じ続けていると、ストレスを感じやすくなるので、悪循環が始まってしまいます

疲労が慢性的になる前に解消させるためにも、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

疲れを取る5つのポイント
  1. こまめに姿勢を変え筋肉に負担をかけないようにする
  2. 休養をとり心と身体をリフレッシュする時間を持つ
  3. 充分な睡眠をとる
  4. 適度な運動をして筋肉を動かす
  5. 栄養バランスの良い食事を1日3食、よく噛んで食べる

参照:世田谷区保健センター

全てを行うのが大変な人は、出来るものから日常に取り入れてみてくださいね!

対策方法3|有給を使い、長期休暇を取ってみる

佐々木
3つ目の対策方法は、有給を使い、長期休暇を取ってみることです!

精神的疲労がある場合は、自分がリフレッシュするための長期休暇を取ることをおすすめします!

なぜなら、仕事の場では様々な情報が飛び交う上に、気を使うことが多いので、頭や心が疲弊しやすくなるからです。

そのため、長期休暇中は仕事のことを考えず、自分のためだけの時間を過ごすことが大切です。

精神的疲労がひどい場合は、この休暇中に医療機関に行くのも良いですね。

有休は誰もが取れる制度ですが、会社によって申請期間が異なるので就業規則を確認したうえで事前に申請しておきましょう。

休むことで職場に戻れなくなるなどの不安を感じる人は、あくまで休暇を取っているだけと考え、深く考えすぎないようにしましょう!

対策方法4|それでも辛いなら転職するのもあり

佐々木
4つ目の対策方法は、転職を考えてみることです!

上記の対策方法を試して見ても、辛さが軽減されない場合は転職を視野に入れてみる事をおすすめします!

すぐには転職を考えられない人も、求人情報を見たり、セミナーなどで外部の人との交流することで気分転換になったりするのでぜひ試してみてください!

おすすめの就職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!


週休1日の仕事を乗り切る対策方法をまとめると、次の通りです!

    対策方法
    1. 休みの1日をゆっくり過ごす
    2. 疲労回復のメカニズムを知る
    3. 有給を使い、長期休暇を取ってみる
    4. それでも辛いなら転職するのもあり
    ゆり
    この4点の対策方法を試してみれば良いのですね!
    佐々木

    はい、その通りです!

    次の章では、実際に週休1日のきつい仕事から解放された事例を紹介します!

    週休1日のきつい仕事から解放され、転職に成功した事例

    佐々木

    この章では、週休1日の仕事を実際に辞めた人の事例を見ていきましょう。

    実際の体験談を見ることで、転職のイメージがしやすくなるはずです!

    ゆり
    週休1日制度に悩んでいる人は多くいるのですね。
    佐々木

    はい、その通りです!

    転職エージェントなどを活用して正しい転職活動を行えば、自分らしく働ける環境が見つかりますよ!

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    週休1日の仕事がきついなら、転職を考えるのもアリ!

    佐々木

    今回は、週休1日の仕事に悩んでいる人に向けて、対策方法などをお伝えしました!

    まとめると次の通りになります。

    まとめ
    • 週休1日は違法の場合もある
    • 適切な対策方法を取る事で、仕事のきつさを軽減できる
    • どうしても仕事が辛いなら、転職を考えるのあり
    ゆり

    ありがとうございます!

    これらを意識すれば良いんですね!

    佐々木

    はい!

    最後に、もう1度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

    おすすめの転職エージェント
    1. 『リクルートエージェント』
      求人数が転職業界No. 1
      【公式】https://www.r-agent.com/
    2. 『doda』
      求人数やサポート体制共に安定!
      【公式】https://doda.jp/
    3. 『マイナビエージェント』
      20代の転職実績が豊富!
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    4. 『パソナキャリア』
      業界No.1のサポート体制
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    5. 『JACリクルートメント』
      年収アップを目指すハイキャリア向け
      【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    佐々木
    あなたがつらい仕事から、解放される事を応援しています!