ルート営業の仕事はきつい?一般営業との違い&楽な求人の条件の解説

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「ルート営業はきついの?と悩んでいる人に向けて、

『ルート営業の仕事の実態』や、『向いている人の特徴』などをお伝えしていきます!

ルート営業についてよく理解していない人はたくさんいると思います。

転職してから後悔しないためにも、ルート営業について正しく理解していきましょう!

この記事を最後まで読めば、ルート営業の仕事について詳しくわかり、後悔ない転職ができますよ!

この記事がおすすめな人
  • ルート営業と一般営業の違いがわからない
  • ルート営業のきつさを知りたい
  • ルート営業に自分が向いているか知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

ルート営業はきつい?一般営業との違いを解説

ゆり
よくルート営業はきつい仕事と聞くのですが、ルート営業と一般営業は何が違うのでしょうか?
佐々木

確かに、ルート営業と一般営業の違いはわかりにくいですよね…

2つの違いを理解するためにも、まずはルート営業の仕事内容を詳しく見ていきましょう!

ルート営業の仕事内容

ルート営業を簡単に説明すると、すでに取引実績のある企業に営業をすることです!

そのため、「得意先営業」と言われる場合もあります。

仕事内容としては、「取引先に不備や不満がないかの確認」「取引商品の見直し」「商品の提案」などをします。

また、ルート営業と言っても様々な種類があり存在します。

ルート営業をしている主な業界は、次の通りです!

ルート営業をしている主な業界
  • アパレルメーカー
  • 飲料水・食品メーカー
  • 日用品メーカー
  • 自動車メーカー
  • 家電メーカー

一般営業との違い

次に、ルート営業と一般営業の違いを説明します!

ルート営業と一般営業の違いは、新規顧客開拓の有無です。

ルート営業は一般営業と比べ、すでに取引である顧客先を廻るので、新規顧客開拓をする必要がありません。


ゆり

なるほど!

ルート営業は、顧客を新たに開拓する必要がないのですね。

佐々木

はい、その通りです!

ルート営業と一般営業の違いがわかったところで、次の章ではルート営業がきついと言われる理由を見ていきましょう!

ルート営業がきついと言われる8つの理由

佐々木

それでは、ルート営業がきついと言われる理由を見ていきましょう!

主な理由は、次の8つです!

ルート営業がきついと言われる理由

【仕事内容】

  1. 同業他社がたくさん存在する
  2. 雑務が多い
  3. 業務内容がルーティンワークでつまらない
  4. 取引先の管理が大変

【仕事環境】

  1. 新規開拓営業に比べ給与が低い
  2. トラブルが起きた時に緊急対応が必要
  3. 売り上げを伸ばしにくい

【精神的負担】

  1. めんどくさい顧客がいる

それでは、順番に見ていきましょう!

【仕事内容】理由1|同業他社がたくさん存在する

佐々木
1つ目の理由は、同業他社がたくさん存在する点です!

ルート営業で販売する商品は、取り扱っている会社は1社だけではなく、同業他社が沢山存在します。

そのため、同業他社に負けないで自社の商品を選んでもらうようにするためには、営業スキルやトークスキル、また事前調査などが必要になってきます。

入社したてで営業に慣れていない人は、特にきついと感じやすいかもしれません。

【仕事内容】理由2|雑務が多い

佐々木
2つ目の理由は、雑務が多い点です!

ルート営業は、営業以外にも実は資料や見積書、場合によっては注文書や報告書なども作成しなくてはなりません。

資料作成に時間を使いすぎてしまうと、思うように営業が周れず、サービス残業や休日出勤をしてしまう羽目になります。

【仕事内容】理由3|業務内容がルーティンワークでつまらない

佐々木
3つ目の理由は、業務内容がルーティンワークでつまらない点です!

ルート営業の仕事はルーティンワークである場合は多いです。

そのため、仕事のモチベーションが上がらず、仕事にやりがいを見出せないこともあるんです。

【仕事内容】理由4|取引先の管理が大変

佐々木
4つ目の理由は、取引先の管理が大変な点です!

ルート営業の仕事は取引先の情報を管理しておく必要があります。

取引先の情報を管理することで、営業やスケジュール調整がスムーズに進むのですが、

緊急性や手間がかかる作業なので、ついつい後回しにしてしまい、辛さが増していきます。

【仕事環境】理由5|新規開拓営業に比べ給与が低い

佐々木
5つ目の理由は、新規開拓営業に比べ給与が低い点です!

ルート営業の給料は他の職業と比べると少ないわけではないですが、一般営業と比べると、若干低い数値となります。

理由としては、ルート営業は新規顧客開拓が無いため、歩合が発生しないからです。

【仕事環境】理由6|トラブルが起きた時に緊急対応が必要

佐々木
6つ目の理由は、トラブルが起きた時に緊急対応が必要な点です!

ルート営業の仕事は、取引先にトラブルが起きた場合緊急に対応する必要があります。

自社に責任がなくても、対応をしなくてはならないので精神面で辛さを感じやすいです。

【仕事環境】理由7|売り上げを伸ばしにくい

佐々木
7つ目の理由は、売り上げを伸ばしにくい点です!

先ほどもお伝えした通り、ルート営業は基本的に新規開拓がないので、売り上げの伸び代がほとんどありません。

そのため、一般営業と比べるとどうしても売り上げを伸ばしにくいのです。

【精神的負担】理由8|めんどくさい顧客がいる

佐々木
8つ目の理由は、めんどくさい顧客がいる点です!

取引先の中には、めんどくさい顧客ももちろん存在します。

ルート営業の取引先は、得意先相手の営業がほとんどなので、今後の関係性を考えると、多少めんどくさいお願いをされても簡単に断ることはできません。


ルート営業がきついと言われる理由をまとめると、次の通りです!

ルート営業がきついと言われる理由

【仕事内容】

  1. 同業他社がたくさん存在する
  2. 雑務が多い
  3. 業務内容がルーティンワークでつまらない
  4. 取引先の管理が大変

【仕事環境】

  1. 新規開拓営業に比べ給与が低い
  2. トラブルが起きた時に緊急対応が必要
  3. 売り上げを伸ばしにくい

【精神的負担】

  1. めんどくさい顧客がいる
ゆり
ルート営業ならではのきつさがあるのですね。
佐々木

はい、その通りです!

ただし、ルート営業は楽な点も存在します。

そこで、次の章ではルート営業ならではの楽な点を紹介します!

知っておくべき!ルート営業ならではの楽な点

佐々木

この章では、ルート営業の楽な点を紹介します!

ルート営業はきつい面もありますが、楽な面も存在するんですよ!

ルート営業ならではの楽な点は、次の4点です!

ルート営業の楽な点
  1. 担当件数が少な目で自由な時間が多い
  2. 新規開拓をしなくても良い
  3. 一般営業に比べて、ノルマが低い
  4. お客様との信頼関係を築きやすい

それでは、順番に見ていきましょう!

楽な点1|担当件数が少な目で自由な時間が多い

佐々木
1つ目の理由は、担当件数が少な目で自由な時間が多いです!

ルート営業は、担当件数が一般営業に比べ少ないので自分のペースで仕事ができます。

自由に時間を使って、資料作成など別の仕事ができるのは営業マンにとっては嬉しいことです!

楽な点2|新規開拓をしなくても良い

佐々木
2つ目の理由は、新規開拓をしなくても良いです!

ルート営業は新規開拓をしなくてよいので、一般営業のように飛び込みで営業することがありません。

一般的に、新規開拓の営業の方が難易度が高いと言われているので、新規開拓をしなくても良いルート営業は楽だと言えます。

楽な点3|一般営業に比べて、ノルマが低い

佐々木
3つ目の理由は、一般営業に比べて、ノルマが低い点です!

ルート営業にもノルマは存在するのですが、一般営業に比べるとかなり低く設定されています。

ノルマに追われないで仕事ができるのは、精神的な負担がかからず楽な仕事と言えます!

楽な点4|お客様との信頼関係を築きやすい

佐々木
4つ目の理由は、お客様との信頼関係を築きやすい点です!

ルート営業は新規開拓営業ではないので、一般営業のように一度きりの契約ではなく、取引先と会う頻度も高いです。

接触頻度が増える分、一般営業に比べてお客様との信頼関係を築きやすいです!


ルート営業の楽な点をまとめると、次の通りです!

ルート営業の楽な点
  1. 担当件数が少な目で自由な時間が多い
  2. 新規開拓をしなくても良い
  3. 一般営業に比べて、ノルマが低い
  4. お客様との信頼関係を築きやすい
ゆり
ルート営業はきついイメージでしたが、楽な面もあるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

ルート営業は単にきついだけはないんですよ!

次の章では、ルート営業に必要なスキルや向いている人の特徴を紹介します!

ルート営業に必要なスキルと向いている人の特徴

佐々木

この章では、ルート営業に必要なスキルと向いている人の特徴を紹介します!

一般的に、次の項目に当てはまる人はルート営業に向いていると言われています!

向いている人の特徴
  • コミュニケーションを取るのが好き
  • 仕事の管理などが得意
  • 顧客と誠実に向き合える
  • 人の話を聞くことができる
ゆり
コミュニケーション能力以外にも、管理能力も必要なんですね。
佐々木

はい、その通りです!

次に、具体的に必要となってくるスキルを紹介します。

次の3点は、ルート営業に必要なスキルなので取得しておきましょう!

ルート営業に必要なスキル
  1. ビジネスマナー
  2. PCスキル
  3. コミニケーションスキル

それでは、順番に見ていきましょう!

必要なスキル1|ビジネスマナー

きちんとしたビジネスマナーを身につけていることは、営業をする上で重要なポイントです。

特にルート営業は、同じ顧客に会うことが多いので良い印象を持ってもらう必要があります。

関係性がよくなると、次第にマナーに対しての意識が薄れてきてしまいますが、油断することなく常にビジネスマナーには気をつけることが大事です!

必要なスキル2|PCスキル

先ほども説明した通り、ルート営業の仕事は営業以外にも資料作成などもあります。

そのため、一定のPCスキルが必要になってきます。

特別な資格などは必要ありませんが、最低限次のPCスキルは身につけておくことをおすすめします!

最低限必要なPCスキル
  • パワーポイント
  • エクセル
  • ワード

必要なスキル3|コミニケーションスキル

ルート営業は、一般営業と違い新規開拓はほとんどありませんが、それでも営業スキルやコミュニケーションスキルは必要です。

顧客から新しい情報を引き出すことで、継続的に取引を行ってくれやすくなります。

ルート営業は、同じ担当者とコミュニケーションを取る機会が多いので、細かな気配りが大事になってきます!


ルート営業に必要なスキルをまとめると、次の通りです!

ルート営業に必要なスキル
  1. ビジネスマナー
  2. PCスキル
  3. コミニケーションスキル
ゆり
この3点のスキルを身につけておけば良いのですね!
佐々木

はい、その通りです!

スキルを身につけておくことで、他の営業マンに差をつけることができますよ!

次の章では、ノルマが楽な求人の条件を紹介します!

ルート営業に転職したい人必見!ノルマが楽な求人の条件

佐々木

ルート営業は全体的にノルマ設定は低めですが、中には高いノルマを設定している企業もあります。

そこで、この章ではノルマが楽なルート営業の求人の条件を説明します!

ノルマが楽な求人の条件は、次の2つです!

ノルマが楽な求人の条件
  1. 大手企業の子会社または関連会社を狙う
  2. 大手企業と取引を行っている中小企業を狙う

それでは、1つずつ見ていきましょう!

条件1|大手企業の子会社または関連会社を狙う

佐々木
1つ目の条件は、大手企業の子会社または関連会社の求人であることです!

ノルマが楽なルート営業の仕事に就きたいなら、大手企業の子会社または関連会社を狙うことをおすすめします!

なぜなら、大手企業のように知名度が高い会社の方が、ネームバリューを活かして営業をすることができるからです。

世の中に認知されていない企業や商品を売るのは非常に難易度が高いので、ノルマ達成が難しくなります。

しかし、大手企業への求人は人気が高く転職難易度も高いです。

そのため、大手企業の子会社または関連会社の求人が狙い目なんです!

条件2|大手企業と取引を行っている中小企業を狙う

佐々木
2つ目の条件は、大手企業と取引を行っている中小企業を狙うことです!

大手企業の子会社または関連会社同様に、大手企業と取引を行っている中小企業の求人も狙い目です!

大手企業は金銭的に余裕があるので、営業を断る確率が低いです。

そのため、小さい会社にかける営業に比べて、大手企業に営業をかける方が難易度が低くノルマ達成もしやすいです。

また、中小企業は一般的な知名度も低く転職難易度も高くないのもおすすめのポイントです!


ノルマが楽な求人の条件をまとめると、次の通りです!

ノルマが楽な求人の条件
  1. 大手企業の子会社または関連会社を狙う
  2. 大手企業と取引を行っている中小企業を狙う
佐々木
この2つの条件のどちらかに当てはまっている企業に転職すれば、ノルマの低い営業ができる可能性が高いです!
ゆり

なるほど!

大手企業と関係している会社の方が、営業難易度が低くノルマを達成しやすいのですね!

佐々木

はい、その通りです!

反対に、「未経験歓迎」や「若手が活躍中」のように、

求人情報に曖昧なことを書いている企業はノルマ設定が高い可能性があるので注意してください!

次の章では、ルート営業に転職する前にやるべきことを説明します!

【成功率UP】ルート営業に転職する前にやるべきこと

佐々木

この章では、ルート営業に転職する前にやるべきことを説明します。

転職活動をする前に次の2点をしておくことで、転職成功率がグンと上がりますよ!

転職する前にやるべきこと
  1. 口コミサイトで企業の内情をチェックする
  2. 転職エージェントに相談する

やるべきこと1|口コミサイトで企業の内情をチェックする

佐々木
まずは、口コミサイトで企業の内情をチェックするようにしましょう!

内情のチェックをきちんとしておくことで、入社後のギャップが少なく自分のイメージ通りの働き方ができます。

おすすめのチェックの方法は、社員や元社員が書き込みをしている口コミサイトを活用することです。

口コミサイトは直接口では言えないようなことでも、リアルに書かれているので内情のチェックをするには最適です!

おすすめ口コミサイト

やるべきこと2|転職エージェントに相談する

次に、転職エージェントに相談しましょう!

転職のプロのサポートを受けることで転職の失敗が大幅に減り、効率的に転職活動が行えますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「マイナビ」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ルート営業はきつい部分もあるが、やりがいのある仕事!

佐々木

今回は、ルート営業のきつさを知りたい人に向けて、ルート営業の仕事の実態をお伝えしました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • ルート営業と一般営業は別物
  • ルート営業にはきつい面と楽な面がある
  • ルート営業には向き不向きがある
  • 転職活動をする前に、会社の内情チェックやプロのサポートを受けるべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!