会社を辞めたい…仕事を辞めるのに好印象な理由と状況別の退職方法

会社を辞めたい…仕事を辞めるのに好印象な理由と状況別の退職方法

この記事でお伝えすること
  • 会社を辞めたい気持ちは甘えではない
  • 辞めたい気持ちのままでいるリスク
  • 穏便に辞めるための理由の伝え方
  • 辞めたい感じた時の対処法
  • 穏便に辞めてホワイト企業に転職する方法
  • Twitter・2chの転職に成功した人の事例
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『会社を辞めたいけど、生活を考えるとなかなか決心がつかない…』

『穏便に会社を辞めるには、上司になんて伝えればいいんだろう?』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

会社を辞めたいのですが、なかなか上司に言い出せなくて…

引き止めやトラブルは避けたいのですが、穏便に辞める方法ってありますか…?

佐々木

たしかに、会社に迷惑をかけず穏便に辞めたいですよね…。

退職を甘えと思われたくないですし、生活を考えるとなかなか辞められないのもよく分かります。

しかし、辞めたい気持ちのままでいることは危険なんです!

そこでこの記事では、穏便に退職するための理由や退職の方法を詳しくお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

会社を辞めたい…だけど本当に辞めても大丈夫?【辞めるべき人の特徴】

佐々木

会社を辞めたいと感じていても、いざ辞めるとなると色んな不安があると思います。

会社を辞めることは、今後の自分の生活に大きく関係してくるので、ノリや勢いで辞めてしまうことはおすすめしません。

1度冷静になり、本当に今辞めるべきなのかを考えていきましょう!

ゆり

なるほど。

会社を辞めたことをあとあと後悔しない為にも、冷静に考える事が大事なのですね。

佐々木

はい、その通りです!

そこで、参考までに「会社を辞めるべき人の特徴」を説明したいと思います!

「会社を辞めるべき人の特徴」は次の3つです!

会社を辞めて良い人の特徴
  1. 今の会社の人間関係がきつい
  2. 仕事が忙しすぎて体が限界
  3. 他にやりたい事が見つかった

それでは、順番に見ていきましょう!

今の会社の人間関係がきつい

佐々木

人間関係の問題で会社を辞めたいと感じている人は、会社を辞めても良いです。

なぜなら、人間関係の問題は仕事のモチベーションを保つうえで重要な要素であり、また会社を辞める事でしか解決するのが難しいからです。

また、実際に会社を辞めたい理由や転職をしたい理由の上位には、毎回人間関係は必ず上がってきます。

仕事が忙しすぎて体が限界

佐々木
仕事の多忙さにより、体が限界にきているのであれば、会社を辞めても良いです。

なぜなら、そのまま無理をしたまま仕事を続けていると、最悪の場合心や体を壊してしまいます。

1度体や心を壊して仕事ができない状態になってしまうと、自身のキャリアにブランクができ、次の転職活動の時に困ることになります。

他にやりたい事が見つかった

佐々木
他にやりたい事が見つかった人も、会社を辞めても良いです。

なぜなら、やりたい事を仕事にすれば、仕事に対するモチベーションが上がり結果的に仕事でパフォーマンスを出せる可能性が上がります。

ただし、なんとなくやってみたいくらいの軽い気持ちだと、入社した後にまた辞めたいと思ってしまうかもしれないので、

本当にその仕事が自分のやりたい事なのか時間をかけて判断しましょう。


会社を辞めるべき人の特徴をまとめると、次の通りです!

会社を辞めるべき人の特徴
  1. 今の会社の人間関係がきつい
  2. 仕事が忙しすぎて体が限界
  3. 他にやりたい事が見つかった
ゆり
この3つの理由に当てはまる人は、会社を辞めても大丈夫なのですね。
佐々木

はい、その通りです。

次の章では、会社を辞めたい理由について詳しく見ていきます!

会社を辞めたい理由7選

佐々木

この章では、会社を辞めたい理由を7つ紹介します!

会社を辞めたい理由を理解することで、適切な対処方法が取れますよ!

会社を辞めたい理由
  1. 給料が少ない
  2. 人間関係が悪い
  3. 仕事内容がつまらない
  4. 残業が多い
  5. 休みが取れない
  6. 福利厚生の制度が悪い
  7. 社内で評価されない

それでは、順番に見ていきましょう!

理由1|給料が少ない

佐々木
1つ目の理由は、給料が少ないことです。

給料の高さを仕事のモチベーションや、やりがいに置いている人は多いので、給料が少ないと、どうしても仕事を辞めたいと思ってしまいやすくなります。

また、給料が少ないと、将来の不安なども出てきてしまうので思考がネガティブ気味になり、会社を辞めたいと感じる場面も増えてしまう傾向にあります。

理由2|人間関係が悪い

佐々木
2つ目の理由は、人間関係が悪いことです。

職場の人間関係が悪い場合、仕事に行くのが苦痛という気持ちが働いてしまい、会社を辞めたくなってしまう場合があります。

理由3|仕事内容がつまらない

佐々木
3つ目の理由は、仕事内容がつまらないことです。

自分が今担当している業務が楽しくない場合、仕事に対してのやりがいが見出せないので、会社を辞めたいと感じてしまう場合もあります。

理由4|残業が多い

佐々木
4つ目の理由は、残業が多いことです。

1日の仕事量だけでなく、残業の多さや休日出勤が多いのも、会社を辞めたくなる原因の1つです。

また、無理をし続けて残業をしていると、体や心を壊してしまう可能性があり、今後のキャリアに傷をつけてしまう危険性もあります。

理由5|休みが取れない

佐々木
5つ目の理由は、休みが取れないことです。

休みが取れないと、体や心をリラックスすることができず、仕事が苦痛という気持ちを切り替えられないまま、また仕事をしなくてはなりません。

また、まとまった休みが取れない場合だと、長期の旅行の予定などが立てれないので、

プライベートの充実さを担保するのも難しく、会社を辞めたいと感じやすくなってしまいます。

理由6|福利厚生の制度が悪い

佐々木
6つ目の理由は、福利厚生の制度が悪いことです。

今働いている会社の福利厚生が、有休休暇、育児休暇などを取りにくい場合、将来が不安になり会社を辞めたいと感じてしまうことも多いです。

理由7|社内で評価されない

佐々木
7つ目の理由は、社内で評価されないことです。

自分では一生懸命頑張っているつもりでも、社内から評価されないとモチベーションを維持することが難しく、会社を辞めたいと感じやすくなってしまいます。


会社を辞めたい理由をまとめると、次の通りです!

会社を辞めたい理由
  1. 給料が少ない
  2. 人間関係が悪い
  3. 仕事内容がつまらない
  4. 残業が多い
  5. 休みが取れない
  6. 福利厚生の制度が悪い
  7. 社内で評価されない
ゆり
会社を辞めたい理由は、人それぞれなのですね。
佐々木

はい、その通りです。

会社を辞めたい理由を理解し、適切な対処方法を取りましょう!

次の章では、退職理由の伝え方について説明します!

会社を辞めるのに好印象な退職理由の伝え方

佐々木
それでは次に、会社を辞めるのに好印象な退職理由の伝え方をお伝えします。

なかなか上司に退職の希望を伝えるのも勇気がいることですよね…

そこでまずは、直属の上司に相談ベースで退職の意思を打ち明けることがおすすめです。

直属の上司に相談ベースで退職の意思を打ち明けてみる

まず退職の意思を直属の上司に伝える前に、同僚や部下に伝えてはいけません。

直属の上司を飛び越えて、重役や別部署の上司に伝えることもダメです。

なぜならは、会社の中で話が広がり直属の上司が「そんな話聞いてないぞ!」と不快な気持ちを抱き、円満退社できない可能性があるからです…

退職の意思を伝えるときは、こちらから一方的に退職の話をするのではなく、あくまで相談ベースで話をしましょう。

話し合いの中であれば、上司に意思を聞いてもらいやすいですし、これまでお世話になった誠意も伝わります。

また、上司の仕事に支障をきたさないよう、勤務時間外や業務が落ち着いた時間帯に相談してみましょう。

好印象を得られるおすすめの退職理由とは

佐々木
では、具体的にどんな退職理由なら好印象を得られるかお伝えします。

まず、退職理由にネガティブな内容を持ち出すことはやめましょう。

・給料や待遇に不満がある
・仕事が忙しすぎて続けられない
・会社に苦手な社員がいる

などの不平不満を伝えてしまうと、喧嘩別れになる可能性もあります…

また、「給料や職場の環境を改善するから」と引きとめられる場合もあるでしょう。

もちろん、引きとめられても強い意思があれば退職ができますが、スムーズに退職したいなら、本音と建前をうまく使い分けることが大事です。

具体的におすすめの退職理由としては、次のようなものが考えられます。

おすすめの退職理由
  • 新しい分野の勉強をして、自分のスキルを高めたい
  • これまでの経験を活かして、違う環境で自分の力を試したい
  • 資格を取るために勉強に専念したい
  • 海外留学に行って語学力を磨きたい
  • フリーランスになって自分でサービスを作りたい

上記のようなポジティブな退職理由であれば、上司も否定したり引きとめにくくなります。

また、家族の事情、結婚や出産、転居、体調の悪化なども引きとめにくい退職理由です。

これらの退職理由をおさえた上で、新しい環境と出会うための準備を始めましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

どうしても辛い時に使える「退職代行サービス」とは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

上司に辞めたい意思を伝える必要もなく、ストレスを抱えることなく退職できる画期的なサービスですが、「本当に辞めたくて苦しい」「もう上司の顔は見たくない」などの場合に限って利用しましょう。

基本的には、自分でしっかりと上司に退職の意思を伝えて、円満退社をすることが第一です。

次の章では、会社を辞めたい時の対処方法を紹介します!

会社を辞めたい時の対処方法!

佐々木
ここからは、失敗を最小限に抑えて、ホワイト企業へ転職する方法をお伝えしていきます。

転職活動を行う上で、焦ることは禁物です。

世の中には優良企業がたくさんありますが、その反面ブラック企業もまだまだたくさんあります…

もしブラック企業に転職してしまえば、また同じように会社を辞めたいという気持ちをすぐに持ってしまうでしょう。

焦って転職活動をしてしまうと…

焦って転職活動をすると
  • 条件のいい求人が見つけられない
  • 本当にやりたい仕事に転職できない
  • 採用が出るとなんとなくて転職してしまう
  • 転職できてもすぐに辞めたくなる

上記のようになってしまえば、転職は失敗です。

まずは自分のやりたい仕事や希望の条件を整理して、心に余裕を持って転職活動を行いましょう。

人気の優良求人は早い者勝ち!

年齢が上がると転職の難易度も上がる

また、年齢が上がると同時に転職の難易度も上がります。

多くの企業では、長く働けて教育もしやすい若者を採用したいと思っています。

実際、20代、30代、40代と年代が上がるにつれ、求人数は減り、その分優良企業を見つけられる確率も低くなってしまいます…

具体的に、転職成功者の年齢の割合は下記の通りです。

転職成功者の年齢別割合

出典:doda

調査結果を見ても分かる通り、20代の転職成功者は、2017年下半期と比べると2018年上半期は上昇していますが、ほかの年代は全て下がっています。

手遅れにならないように、なるべく早く転職活動を始めましょう。

転職エージェントを活用して就職活動することが成功の秘訣

ゆり
実際、就職活動はどうやって行えばいいんですか?
佐々木
はい!まず就職先を探す方法としては、次のようなことが考えられます。
就職方法
  1. 転職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 転職フェアやイベントに参加する
  4. ハローワークを利用する
  5. 転職エージェントを利用する
ゆり
こうして見てみると、5つもあるんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ、5つの中でも転職サイトや転職エージェントを利用している人は多いですね。

ゆり
えっ!そうなんですね!
佐々木
はい!特に転職サイトよりも転職エージェントの利用が多い理由としては…

就職や転職のプロとして、様々なサポートを行ってもらえるからです。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら、安心して転職活動ができそう!

佐々木
おっしゃる通りです!

逆に考えると、転職エージェントを利用しなければこれらを全部自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!

実際に転職エージェント以外の、就職イベントへの参加などの転職方法でも良いのですが…

ゆり
それだと現職を続けながらや、自分の知識だけでは就職活動に苦労してしまう可能性がある!
佐々木
はい!そうなんです…

ここではサクッとおすすめの転職エージェントをご紹介しておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木

ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、『doda』も成功率を高めるために登録すべきです!

佐々木
転職のプロと一緒に、焦らず精神的に余裕を持って転職活動を行うことが成功の秘訣です!

次の章では、無理をしながら仕事を続けるリスクについて説明します!

仕事を辞めたいと言えない…耐え続けるとうつ病のリスクも…

佐々木
次に、辞めたいと感じながら仕事を続けるリスクについてお伝えします。

まず、会社を辞めたいと伝えられない理由としては、次のようなものが考えられます。

伝えられない理由
  • 引きとめられそうで恐いから
  • 会社に迷惑がかかると感じているから
  • 親や家族に会社を辞めたと言えないから

どちらかと言えば、今まで仕事に責任感を持ち真面目に取り組んできた人だからこそ、会社を辞めたいと言いずらいのかもしれません。

しかし、優先すべきなのは「気まずさ」よりもあなたの心身の健康です。

自分の気持ちを押し殺して仕事を続けていても、うつ病などのリスクが高まるだけです…

うつ病チェックリスト

佐々木

会社を辞めたいと悩んでいる人の中には、すでに軽度のうつ病を発症している人がいる可能性もあります…

うつ病かどうかの判断基準として、下記のチェックリストを確認していきましょう。

うつ病チェックリスト
  1. 憂うつ感:気分が落ち込んでいる。何事にも悲観的になる。
  2. 億劫感:何事にも興味や関心が持てない。
  3. 焦り、不安感:イライラが止まらず落ち着きがない。
  4. 睡眠障害:夜中に何度も目が覚める。なかなか寝つけない。
  5. 身体の症状:頭痛、めまい、吐き気、微熱、下痢や便秘が続く。
  6. 食欲・体重の変化:食欲がない。体重の増減が激しい。
  7. 疲労感:疲れが取れない。朝からぐったり疲れている。
  8. 遅刻・欠勤:会社に遅刻したり、欠勤することが増える。
  9. 日常生活の変化:新聞やテレビを見なくなる。人との接触を避けるようになる。

上記の症状はうつ病のサインです。

もし一つでも当てはまるものがあり、その症状が2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性があります!

また、うつ病を発症してしまうと、社会に復帰するためにはかなりのエネルギーが必要になります。

佐々木
少しでもうつ病の可能性があった人は、会社を休んで病院で検査を受けることをおすすめします。

次の章では、実際に会社を辞めて転職に成功した人の体験談を見ていきます!

辞めたい仕事から好きになれる仕事へ転職した事例・2chまとめ

佐々木
それでは実際に、辞めたい仕事から好きになれる仕事へ転職した事例を紹介していきます。

転職成功事例:Twitter編

転職成功事例:2ch編

22: 名無しさん@引く手あまた 2017/04/19 22:04:41.82 ID:J51FTq2Y0.net
福利厚生が申し分なくピカイチで、お給料もボーナスも中小に比べたら高い方なところで一時期働いてたけど…人間関係、仕事内容が酷すぎて転職。
給料、待遇は落ちたけど…今のところに転職出来て良かったって思える。
また中小でやることが多くて大変だけど、毎日楽しいし人間関係も良好。
お金も大切だけど、私的には人間関係と仕事内容が重要だったなって思ってます。
出典:2ch
4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/26(日)11:05:54 ID :TsF
転職成功したよ
前職は月150時間残業だったけど残業代込みの年収に50万上乗せした年収で転職できた
仕事しながらの転職活動、しかも良いとこ見つかるまで2年くらいかかったけど
活動中は色々面接して雰囲気や給料とかの条件合わないところ全部断ってた
出典:2ch
19名無しさん@引く手あまた2018/04/06(金) 20:42:05.34ID:Hm3ZdFpU0
ホワイト企業に転職して早9ヶ月目、、、
仕事にもそこそこ慣れてきた感。
異業種異業界の世界に飛び込んだけど
やっぱ完全週休二日制は神だわ。
気持ちがリセットできる。
出典:2ch
ゆり
正しい方法で転職活動をすることで、これだけの人が好きになれる仕事に転職できているんですね!
佐々木
そうですね!
辞めたい思いを持ったまま仕事を続けるよりも、好きになれる仕事を見つけた方が間違いなく幸せですよ!

会社を辞めたい時は限界が来る前に転職相談を!

今回は、会社を辞めたいと悩んでいる方に向けて、好印象な退職理由の伝え方やホワイト企業に転職する方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 会社を辞めたいと思うのは甘えではなく、自分を守ろうとするサイン
  • ポジティブな退職理由を用意し、上司に相談ベースで退職の話をするべき
  • 会社を辞めたいと思いながら仕事を続けるとうつ病になるリスクあり
  • 会社を辞めたいと思ったらうつ病になる前に転職相談すべき
  • 転職に失敗しないためにもエージェントを使うべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

会社を辞めたい気持ちが限界に来る前に転職相談をしましょう!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木

ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、『doda』も成功率を高めるために登録すべきです!

佐々木
あなたが辞めたい仕事から、好きになれる仕事に出会えることを願っています!