会社がブラックすぎる!怖すぎる体験談&ホワイト企業への転職方法を解説

会社がブラックすぎる!怖すぎる体験談&ホワイト企業への転職方法を解説

この記事では、「会社がブラックすぎる…」と悩んでいる人に向けて、

『ブラックすぎる会社にいる危険性』や、『辞めたい時の対処法』などをお伝えしていきます!

近年、ブラック企業の増加が社会問題になっており、実際に苦しみながら働いている社員たちがたくさんいます。

せっかく一生懸命働こうと思って入った会社が、ブラックすぎる環境なら、すぐに辞めたいと思うでしょう。

しかし、辞めたくても辞めさせてくれないのもブラック企業の特徴です…。

この記事を最後まで読めば、ブラックすぎる会社を辞める方法が分かり、ホワイト企業でのびのび働けるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 自分の会社が本当にブラック企業なのか知りたい
  • ブラックすぎる会社の辞め方を教えてほしい
  • ブラック企業を辞めた人の体験談を聞いてみたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

早く辞めるべき!ブラックすぎる会社にいる危険性

佐々木

早速ですが、ブラックすぎる会社で働き続ける危険性をお伝えします!

自分の会社がブラック企業かもと悩んでいるなら、今すぐ辞める準備を始めた方が良いですよ!

ブラックすぎる会社で、無理して仕事を続けることは非常に危険です。

過度な残業や無謀なノルマ、多すぎる作業量など、劣悪すぎるブラック企業で働いていると、どんどん体も心も限界に近づいてきます。

最悪の場合、限界を超えて働けない体になってしまうこともあるので、ブラック企業からは早めに脱出すべきです!

ゆり
ブラック企業で、無理して働き続けるのは危険なんですね…。
佐々木

そうですね…。

今より良い環境は必ずあるので、転職活動を始めて、脱出する準備をすべきです!

実際に、Twitterでは次のような投稿もありました。

ゆり
こういった会社では、体も心も苦しいですし、何のために仕事をしているか分からなくなりますね…。
佐々木

そうですね…。

日に日に苦しさは増していくので、自分を守るためにも、早めに動くことが大切ですよ!

世の中にはたくさんの仕事がありますし、転職活動は早ければ早いほど仕事を見つけやすいです!

今よりも良い環境は必ずあるので、体や心が限界に達する前に、転職活動を始めましょう。

少しでも悩んでいるなら、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

これまでの豊富な経験を活かして、条件の良いホワイト企業を紹介してくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、ブラックすぎる会社で本当にあった怖いことをお伝えします!

会社がブラックすぎる…実際にあった怖い現実

佐々木

それでは、ブラックすぎる会社で本当にあった怖いことをお伝えします!

実際にあったことを紹介するので、同じような経験があれば、今働いている会社は十分ブラック企業ですよ!

実際にあった怖い現実
  1. 残業や休日出勤は当たり前
  2. 残業代やボーナスがない
  3. 離職率が異常に高い
  4. セクハラ・パワハラがある
  5. 辞めたくても辞めさせてくれない
  6. まとまった休みが取れない
  7. 上司に言いたいことが言えない
  8. うつ病になった社員がいる

それぞれ詳しくお伝えします!

怖い現実1:残業や休日出勤は当たり前

会社全体として、残業や休日出勤が当たり前になっているのは、ブラック企業でよくあることです。

新人やベテランを問わず、長時間労働が当たり前になっていたり、上司が帰るまで帰れない職場もあります。

忙しい月であれば、1日も休めず、毎日残業が続くこともあるでしょう。

定時で自分の仕事が終わった日でも、同僚の手伝いをやらされて帰れない場合もあります…。

佐々木
残業や休日出勤が続けば、プライベートの時間も無くなるので、精神的にも辛い状態になってしまうでしょう。

怖い現実2:残業代やボーナスがない

残業代が出ずに、サービス残業として長時間働かされることもあります。

残業代を払わないことは、法律的に問題がありますが、上司や先輩が当たり前のようにサービス残業をしていると、

そういった働き方に、違和感を感じなくなってしまうこともあるでしょう…。

長時間働いているのに、残業代が0円で、月給も安ければ、モチベーションはどんどん下がっていくでしょう。

佐々木
残業代を払わないことは違法なので、今すぐその会社を辞めるべきです!

怖い現実3:離職率が異常に高い

離職率が高い会社は、何かしらの問題があると考えた方が良いでしょう。

実際、良い社員や仕事ができる人ほど、決断力や判断力が備わっているので、ブラック企業からすぐに離れていきます。

同じ会社で長期間働くことも大切ですが、ブラック企業であれば、自分にとって良いことが無いので、話は別です。

離職率が高い環境であれば、もう辞めさせられないと上司がしつこく引き止めにくる可能性もあるので、早めに動き出すべきですよ!

佐々木

実際、上司に今の会社の離職率を確認してみるのもおすすめです。

もし離職率を詳しく教えてくれない場合は、危険な会社かもしれませんよ!

怖い現実4:セクハラ・パワハラがある

上司という立場を利用し、女性社員にはセクハラ、男性社員にはパワハラをする人も実際にいます。

セクハラやパワハラを受けてしまうと、トラウマで一生忘れられなくなる可能性もあるので、早めに逃げるべきです。

また、既にセクハラやパワハラを受けている場合は、ストレスが体に影響してくるので、今すぐ会社を辞めましょう。

まだ余裕がある人は、会社の中で相談できる人に話してみることをおすすめします!

佐々木
セクハラやパワハラがある職場で働いても、自分にとってメリットが無いので、辞めた方が正解ですよ。

怖い現実5:辞めたくても辞めさせてくれない

すぐにクビを宣告するような会社もブラック企業ですが、反対に辞めたくても辞めさせてくれない会社もブラック企業です!

ブラック企業は離職率が高くなっているので、会社側も人手不足を避けるために引き止めを行ってきます。

上司から「残ってもらわないと困る」「会社が回らなくなる」なんて言われると、自分が必要とされていると勘違いしてしまうこともあるでしょう。

実際、自分が辞めても会社は機能するので、上司の言葉を鵜呑みにせず、自分の意思を貫くべきです!

佐々木
将来良い仕事をして良い生活を手に入れたいなら、周りのことは考えず、自分の気持ちを大切にすべきですよ。

怖い現実6:まとまった休みが取れない

年末年始やお盆休みなど、まとまった休日が取れそうなタイミングでさえ、無理やり働かされるのは非常に悲しいことです…。

最初の1.2年なら耐えられるかもしれませんが、長期休みが何年も無いと、いつか燃え尽きてしまうでしょう。

また、ある程度休みが取れないと、親戚や知人の冠婚葬祭に出席することもできません。

仕事と休みはバランスが大事なので、働きっぱなしの時間が続けば、次第にやる気も失っていくでしょう。

佐々木
社員の健康面を軽視し、休みをしっかり与えないことは、ブラック企業の非常に危険な特徴です!

怖い現実7:上司に言いたいことが言えない

ワンマン経営者タイプのような人が上司であれば、言うことを全く聞いてくれない場合もあるでしょう。

自分の意見を言っても、聞く耳を持ってくれない上司がいれば、非常に働きにくいです。

また、何年も話を聞いてくれない上司のもとで働いていると、それが当たり前になり、反発する気にもなれずどんどん関係が悪化していくでしょう。

今は我慢できたとしても、耐えられなくなる時が必ずやってきますよ…。

佐々木
仕事をする上で上司の存在は大切なので、自分が尊敬できる上司のもとで働くようにしましょう。

怖い現実8:うつ病になった社員がいる

ブラック企業では、よく社員がうつ病になって仕事に来なくなることがあります。

うつ病になってしまうと、長期的な休みが必要になり、転職どころか仕事ができず、家から出ることも難しくなります。

実際、周りの同僚や先輩、後輩の中で、うつ病を発症した人がいれば、次は自分の番かもしれません…。

うつ病の人がいるということは、会社の中にうつ病を発症してしまう要素があるということなので、気をつけましょう。

佐々木
無理をしながら、体や心に負担をかけてまで働く必要は全くありませんよ。

佐々木
以上が、ブラックすぎる会社で本当にあった怖いことです!
実際にあった怖い現実
  1. 残業や休日出勤は当たり前
  2. 残業代やボーナスがない
  3. 離職率が異常に高い
  4. セクハラ・パワハラがある
  5. 辞めたくても辞めさせてくれない
  6. まとまった休みが取れない
  7. 上司に言いたいことが言えない
  8. うつ病になった社員がいる
ゆり
ブラック企業では、本当にこんな怖いことが起きているんですね…。
佐々木

そうなんです…。

お伝えしたことは、すべて本当にあったことです…。

どれも非常に危険な出来事ばかりなので、同じようなことがあった人は、会社を辞める準備を始めるべきですよ!

次の章では、ブラックすぎる会社を辞めたいときの対処法をお伝えします!

ブラックすぎる会社を辞めたいときの対処法

佐々木

それでは、ブラックすぎる会社を辞めたいときの対処法をお伝えします!

今すぐ会社を辞めたいと思っている人は、次の対処法で退職の手続きを行いましょう。

会社を辞めたいときの対処法
  1. 退職の意思を上司に伝える
  2. 退職届を書いて郵送する
  3. 退職代行サービスもあり

それぞれの対処法についてお伝えします!

対処法1:退職の意思を上司に伝える

退職する意思が固まったら、なるべく早く「直属の上司」に退職を切り出しましょう。

退職を切りだすポイントは次の3つです。

切り出し方のポイント
  • 退職予定日の2ヶ月前には切り出す
  • 最初に直属の上司に切り出す
  • 引き留められても自分の意思をはっきり示す
佐々木
退職は、強い意志を持って2ヶ月前には上司に切り出すのが大切ですよ!

上手に退職を切り出せれば、スムーズに退職が進みますよ!

退職を切り出したら、希望の条件で、希望の月日に辞めることを認めてもらう「退職交渉」を行います。

会社側は辞めてもらいたくないので、希望の条件を受けいれてくれない可能性がありますが、強気に退職交渉を進めるのが重要です。

佐々木
円満に退職交渉を進めたいなら、次の5つを意識すべきです!
退職交渉術
  • 退職理由は個人的で前向きなものにする
  • 後任者への引き継ぎは計画的に行う
  • 相談ではなく、退職の報告というスタンスで
  • 転職先の社名は言わない

次の記事では、退職の切り出し方や交渉術などを解説しているので、チェックしてみてください。

こちらの記事では、切り出し方のポイントやベストなタイミングを全て紹介しています。

佐々木
退職交渉をスムーズに終わらせることが出来れば、後の手続きも楽になりますよ!

対処法2:退職届を書いて郵送する

上司に対面で退職の話をするのが難しい場合は、退職届を書いて郵送で提出しても問題ありません。

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、社員証や通勤定期、制服などがあれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて、添え書きとして次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、ブラック企業では退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

内容証明に関して
日本郵政グループ:内容証明とは
佐々木
上司と話をしたくない人は、郵送で退職届を出しましょう!

退職届の郵送に関して詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

対処法3:退職代行サービスもあり

退職代行サービスは、あなたに代わって会社に退職の連絡をしてくれるサービスです。

1番の特徴としては、会社の上司や人事に退職の旨を自分から話さなくて済むという点です。

そのため、次のような人には退職代行サービスはおすすめと言えます。

利用するべき人
  • 自分で退職を上司に言い出せない
  • 辞めさせてもらえない
  • 会社に出社せずに辞めたい

退職代行サービスの費用は、利用するサービスによって3万円〜8万円ほど幅があります。

次の記事では、各サービスについて詳しく説明しているので参考にしてください!


佐々木
以上が、ブラックすぎる会社を辞めたいときの対処法です!
会社を辞めたいときの対処法
  1. 退職の意思を上司に伝える
  2. 退職届を書いて郵送する
  3. 退職代行サービスもあり
ゆり
これらの対処法で、会社を辞める手続きを進めれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

円満に退職するためには、上司に直接退職を切り出すのが良いですが、

難しい人は他の方法で対処すれば問題ないですよ!

次の章では、ホワイト企業に転職するための方法をお伝えします!

ホワイト企業に転職するための”たった一つの方法”

佐々木

それでは、ホワイト企業に転職するための方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、転職を成功させるためには「転職エージェント」を上手く活用すべきです!

転職エージェントは、ホワイト企業の求人案件を数多く保有しています!

転職のプロとして、これまでの経験をもとに、最適なアドバイスをしてくれるので、

ブラック企業を避けて、安心して働ける職場を紹介してもらえます!

また、様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、ホワイト企業に転職できるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、ブラック企業からホワイト企業に転職した人の体験談を紹介します!

ブラックすぎる会社からホワイト企業に転職した人の体験談

佐々木

ここでは、ブラック企業からホワイト企業に転職した人の体験談を紹介します!

自分らしく働ける環境を見つけた人の事例を紹介するので、参考にしてください!


ゆり
ホワイト企業への転職を実現できている人がたくさんいるんですね!
佐々木

そうなんです!

正しい方法で転職活動を行えば、必ずホワイト企業に転職できますよ!

次の章では、入社前にブラック企業かどうか見極めるポイントをお伝えします!

入社前にブラック企業かどうかを見極める6つのポイント

佐々木

最後に、入社前にブラック企業かどうか見極めるポイントをお伝えします!

転職活動をするときに、ブラック企業かどうか判断するための参考にしてください!

ブラック企業か見極めるポイント
  1. 求人広告のフレーズ
  2. 求人広告の時期
  3. 企業理念
  4. 残業代のシステム
  5. 労働実態の調査などの情報
  6. 口コミサイトで内情を確認

それぞれのポイントについてお伝えします!

ポイント1:求人広告のフレーズ

ブラック企業は、求人広告のフレーズを実際よりも誇張して書いている場合があります。

なぜなら、自分の企業を優良企業だと思ってもらうために、耳障りの良い言葉を羅列することがあるからです。

具体的に、ブラック企業に多いフレーズは次の3つです。

ブラック企業に多いフレーズ
◎年収の幅が広い
「年収300~700万円」「頑張ればその分稼げます」「未経験でも丁寧に指導します」といった、簡単に稼げると受け取れる内容は、ブラック企業に多いです。

◎応募のハードルが低い
「学歴不問」「年齢不問」「業務経験不問」「未経験者歓迎」など、応募条件が緩い企業は従業員に酷い働き方を強いる場合が多く、離職率も高い可能性があります。

◎「成果主義・実力主義」などのフレーズ
やりがいを主張している企業は待遇が良くない場合が多く、高すぎるノルマを課し、達成できなければ一向に給料が上がらないこともあります。

佐々木
内容が良すぎる求人は、ブラック企業の可能性があるので、

面接で深掘りしたり口コミサイトを利用して、実態を調べておきましょう。

ポイント2:求人広告の時期

ブラック企業は人の出入りが激しく、常に人手不足のため、年中求人を掲載しています。

一般的に求人が増える時期は「3~4月」「9~10月」と決まっているので、これ以外の時期にたくさんの求人を掲載している企業は注意が必要です。

またホワイト企業は、社内環境や福利厚生の内容が良いため、退職者は少なく求人もあまり多くないことを覚えておきましょう。

佐々木
転職活動をするタイミングにも寄りますが、求人が多くない時期は、

ブラック企業の求人に当たってしまう確率が高くなるので要注意です!

ポイント3:企業理念

気になる企業が出てきたら、企業のホームページにある「会社概要」「企業理念」「コンプライアンスに関するページ」を確認しましょう。

なぜなら、ブラック企業には企業理念が無かったり、意味不明な内容である場合が多いからです。

ブラック企業はロジックよりも精神論を重視したり、勢いに任せていることが多いのです。

また、無駄に横文字を多用している企業も注意したほうが良いでしょう。

佐々木
企業理念に違和感を感じた時は、絶対にその企業に応募しないことをおすすめします!

ポイント4:残業代のシステム

ホワイト企業かブラック企業かを見極める際に、残業時間と残業代を確認するのは大きなポイントです。

なぜなら、月額給与に見込み残業代が含まれており、別途で支払われない企業は「社員をタダで使い倒したい」と考えている場合が多いです。

残業は本来、月に45時間までと法律で制限がかけられているだけではなく、月の残業が80時間を超えると過労死ラインになります。

佐々木
残業時間・残業代については、入社前にしっかりと確認しておきましょう!

「人によって時間が異なる」など、曖昧な表現をする企業も要注意ですよ!

ポイント5:労働実態の調査などの情報

最近はブラック企業大賞や、厚生労働省が行うブラック企業の労働実態調査など、ブラック企業の情報が出回っています。

そのため、自分が気になった企業がブラック企業の対象ではないか、正しい情報をしっかりと掴むことが大切です。

佐々木
自分でブラック企業と見極めるのは簡単ではありません。

ですから、このような正式な情報を確認したり、転職エージェントを利用するなど、

なるべく正しい情報を確認できるようにしましょう!

ポイント6:口コミサイトで内情を確認

インターネットで見つけた情報だけを見て、全て鵜呑みにして、ブラック企業かどうかを判断するのは危険です!

今はインターネットを使えば、簡単に口コミや評判を見つけられる時代になっています。

しかし、全ての口コミや評判が正しい情報とは限りません。

ただ、参考にする程度なら問題ないので、情報収集の一環として口コミサイトを利用するのはありでしょう。

佐々木
次の口コミサイトは、実際に働いた経験のある元社員からの投稿も多く集まっているので、信用できますよ!
おすすめ口コミサイト

佐々木
以上が、入社前にブラック企業かどうか見極めるポイントです!
ブラック企業か見極めるポイント
  1. 求人広告のフレーズ
  2. 求人広告の時期
  3. 企業理念
  4. 残業代のシステム
  5. 労働実態の調査などの情報
  6. 口コミサイトで内情を確認
ゆり
求人広告のフレーズや企業理念などを見て、ブラック企業かどうか判断すべきなんですね!
佐々木

そうなんです!

ブラック企業に入社しないためにも、安易に転職活動を行うのではなく、

自分で出来ることを徹底的にやるべきですよ!

会社がブラックすぎると思うなら、なるべく早く辞めるべき!

佐々木

今回は、会社がブラックすぎると悩んでいる方に向けて、

ブラックすぎる会社にいる危険性や、辞めたい時の対処法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • ブラック企業で働き続けるのは危険なので、早く転職活動をすべき
  • 会社が辞めされてくれない時は、退職代行サービスを使うのもあり
  • ホワイト企業に転職するためには、転職エージェントを活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!