仕事ができない人の特徴とは?改善策から職場の人への対処法まで徹底解説!

仕事ができない人の特徴とは?改善策から職場の人への対処法まで徹底解説!

この記事では、「仕事ができない」と悩んでいる人に向けて、

『仕事ができない人の特徴』や、『仕事ができない自分を変える方法』などをお伝えしていきます!

いつも上司に怒られる、周りと比べて成績を伸ばせないなど、仕事をスムーズにこなせないと自分に対する自信も失くしてしまうでしょう。

実際、仕事ができないと悩んでいても、現状をどう改善すれば良いか分からないという人も多いです。

しかしながら、仕事ができない現状は、ちょっとした工夫によってすぐに改善できる可能性も十分ありますよ!

この記事を最後まで読めば、仕事ができないと言われる原因が分かり、仕事ができる人に大きく近づけますよ!

この記事がおすすめな人
  • なぜ自分が仕事ができないと言われるのか知りたい
  • 職場の仕事ができない人への対応策を知りたい
  • 仕事が出来るようになる対処法を教えてほしい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

そもそも「仕事ができない人」と言われるのはなぜ?

佐々木

まず始めに、そもそも仕事ができない人とはどんな人のことを示す言葉なのか、お伝えします!

結論からお伝えすると、仕事ができない人は「会社に利益を与えられない人のこと」を指します。

利益を与えられない人と言ってもさまざまなケースがあり、わざと手を抜いている人もいれば、一生懸命やっているのに結果が出ていない人もいます。

また、利益と言っても数字だけ出なく、仕事中の態度や部下との接し方など、数字には現れない周りの人からの評価も関係してくるでしょう。

ゆり
なるほど…!

会社に利益を与えられない人のことを、仕事ができない人と言うんですね!

佐々木

そうなんです!

実際には、「仕事のスピードが遅い」「慎重さに欠けている」「責任感が感じられない」など、

利益以前の段階において、仕事ができないというレッテルを貼られることが多いです。

Twitterを見ると、次のような特徴が見られました。

ゆり
たしかに、仕事が遅い人や責任感がない人には、『仕事ができない』というイメージを持ってしまいますね…。
佐々木

そうですよね。

具体的に、仕事ができない人の心理について次の章でお伝えしますね!

仕事ができない人の心理とは?

佐々木

それでは、仕事ができない人の心理についてお伝えします。

心理を知ることで、仕事ができないと思われる原因が分かりますよ!

仕事ができない人の心理
  1. 仕事ができると勘違いしている
  2. 周りのことを考えていない
  3. 給料さえ貰えれば良いと思っている
  4. 怒られても反省していない
  5. 何を改善すべきなのか理解していない
  6. 必要以上に周りに気を使っている

1つずつ見ていきましょう!

心理1:仕事ができると勘違いしている

仕事ができない人は、自分自身の実力をはっきりと把握できておらず、自分は仕事が出来ると勘違いしていることが多いです。

仕事ができていると勘違いしていると、謙虚な姿勢を忘れてしまうので、自分の能力が上がりにくいことはもちろん、他人を傷つけがちです…。

たとえ仕事のペースが遅くても、自分は仕事ができると思っているので、頑張って早く終わらせようという考えは出てこないでしょう。

佐々木
仕事ができると勘違いしている人は、基本的に楽観的すぎる場合が多いので、自分自身に甘い傾向があります。

心理2:周りのことを考えていない

同僚や取引先との協力があって仕事は成り立っているのに、自己中心的で自分のペースで仕事をしている人もいます。

自分のノルマや期限しか気にしていないので、周りの人への配慮の姿勢が少ないです。

周りのことを考えていない人は、自分の仕事が終わっても、配慮の無さからプロジェクト全体に迷惑をかける場合もあります。

佐々木
自分が終われば良いと考えていても、チーム全体の結果として仕事ができないと思われる可能性があるでしょう。

心理3:給料さえ貰えれば良いと思っている

仕事ができない人の中には、仕事内容自体に重きを置いていない人がいます。

とりあえず給料が貰えれば良いと思っている人は、一つひとつの仕事に対して、熱心に取り組まない傾向があります。

結婚したら仕事を辞めるつもりの女性や、仕事よりも家庭を優先に考えている男性が該当するでしょう。

佐々木

仕事に対するやる気が周りの人と違えば、その分足を引っ張ることも多くなってきます。

心理4:怒られても反省していない

たとえ上司に怒られても「やればできる」「今回はたまたま」と考えてしまう人も、仕事ができない傾向にあります。

怒られても反省しない人は、特にプライドが高い人が多く、自己評価が高すぎて現実を直視できていません。

「何で怒られる必要があるんだ」と考える場合もあり、なかなか反省して仕事に取り組むことが出来ないでしょう。

佐々木
相手が怒っている時は、自分がよほどの事をしたのだと反省する必要があるでしょう。

心理5:何を改善すべきなのか理解していない

やる気はあるけれど、何をすれば良いのか分からず辛い思いをしている人もいます。

何を改善すべきか理解していない人は、頭の中で考えていることと、行動が一致していないことが多いでしょう。

本人も駄目だという自覚があるのに、実際上手く行動できないことで、周りにも理解してもらえないのです。

佐々木
同僚や上司に相談したり、周りの人の成功例を参考にして、慎重に行動することが大切です!

心理6:必要以上に周りに気を使っている

周りの人への配慮を気にしすぎた結果、仕事ができない人と思われる場合もあります。

実際、周りの人が忙しそうと感じてしまうと、質問などを尋ねるタイミングを逃し、結果として自分の仕事が遅くなってしまいます

自分の中では気遣いのつもりが、仕事が遅くなってしまい余計に迷惑がかかっている可能性が高いです。

佐々木
気遣いができることは良いことですが、必要以上にならないように気をつけましょう!

佐々木
以上が、仕事のできない人の心理です!

まとめると次の通りです!

仕事のできない人の心理
  1. 仕事ができると勘違いしている
  2. 周りのことを考えていない
  3. 給料さえ貰えれば良いと思っている
  4. 怒られても反省していない
  5. 何を改善すべきなのか理解していない
  6. 必要以上に周りに気を使っている
ゆり
勘違いしていたり、反省していなかったり、仕事ができない人の心理が分かりました!
佐々木

そうですね!

目に見える行動でなくても、考え方一つで仕事ができないと思われる可能性は十分あるんです。

次に、仕事の出来ない人に多い特徴を紹介します!

仕事のできない人に多い特徴10選

佐々木

それでは、仕事のできない人に多い特徴をお伝えしていきます!

行動からも分かる仕事ができない人の特徴には、次の10個が考えられます!

仕事の出来ない人の特徴
  1. 締め切りや期限を守れない
  2. 報告・連絡・相談ができない
  3. 仕事のスピードが遅い
  4. 同じミスを繰り返している
  5. 基本的にやる気がない
  6. レスポンスが遅い
  7. 指示待ち人間になっている
  8. 毎日残業している
  9. ミスを人のせいにする
  10. ネガティブな発言が多い

それぞれ詳しく説明します!

特徴1:締め切りや期限を守れない

いくら丁寧に仕事ができる人でも、締め切りや期限を守れないと信用を失くしてしまいます。

期限が守れない主な理由としては、スケジュール管理が苦手なことが挙げられます。

メモを取らない、忘れっぽい、無理して仕事を引き受けてしまうなどの行動は、期限を守れない可能性に繋がるので要注意です!

「少しくらい大丈夫」という甘い気持ちから、周りに対して大きな迷惑をかけることもあります。

佐々木
一人できる仕事なら良いですが、期限を過ぎると周りの人にも迷惑がかかることを理解しておきましょう。

特徴2:報告・連絡・相談ができない

報告・連絡・相談ができないことは、仕事ができないと思われる大きな原因です。

指示を理解しないまま仕事を進めたり、報告や連絡をせずに自己判断をすると、見通しを間違えて余計な手間がかかる場合もあります。

少し面倒に思っても、こまめに報告・連絡・相談をすることで、結果的に仕事がスムーズに進むでしょう。

佐々木

上司とコミュニケーションを取る良い機会にもなるので、ホウレンソウ(報連相)はこまめに行うべきです!

特徴3:仕事のスピードが遅い

仕事に対して、質を重視しすぎてスピード感がない人も、仕事ができないと思われてしまいます。

なぜなら、質を重視しすぎると一向に仕事が終わらず、仕事が溜まる一方だからです。

完璧主義の人は、仕事ができるイメージもありますが、それは期限やスピード感を守ってこその話です!

相手が求めているスピード感で仕事が仕上がってこないと、場合によっては質が良くても問題視されてしまいます。

佐々木

期限までに仕事を終わられることは、仕事の中で最も重要な要素の一つです。

間に合うスピード感の中で、質を高める努力をしましょう!

特徴4:同じミスを繰り返している

同じミスを繰り返し、上司や同僚に注意やフォローをしてもらう時間を割かせてしまうのも、仕事ができない人の特徴です。

同じミスに関する指摘を何度もされるのは辛いですが、本人以上に周りの人もイライラしてしまいます…。

ミスを繰り返す人には、メモを取らなかったり、やる気を失っていたり、注意力が低いなどの原因が考えられます。

佐々木
同じミスを繰り返すことは、誰の得にもならないので、今一度自分の行動を見直し改善を図りましょう!

特徴5:基本的にやる気がない

仕事に対してやる気がない人は、周りの人の足を引っ張る傾向があるので、仕事ができない人と判断されやすいです。

やる気が低いと良い仕事はできませんし、納期の遅れや品質の低下によって、周りの人を困らせてしまいます。

もちろん、全員が仕事を最優先に生きている訳ではないですが、周りの足を引っ張るほどのやる気の無さは、会社にとって悪循環です。

佐々木
もし仕事に対してやる気が出ないのなら、自分に合っていない仕事の可能性が高いので、

転職を考えるのも一つの手段です!

特徴6:レスポンスが遅い

仕事をしていると上司や同僚をはじめ、取引先との連絡が必要不可欠なため、レスポンスが遅いことは仕事ができないことに繋がります。

質問したい事があって連絡している場合、レスポンスが遅いと業務の進行に支障をきたしてしまいます。

連絡した側はすぐに返事が欲しい場合が多いので、レスが遅いと他の担当者や上司に連絡する可能性もあり、周りの人にまで迷惑をかけることになります。

佐々木
上司に情報が回れば、社内でもレスが遅い人というレッテルを貼られ、仕事ができない人と思われます…。

特徴7:指示待ち人間になっている

積極的に仕事に取り組めない人は、一緒に仕事をしたいと思ってもらえません。

仕事において、指示待ちの体勢になってしまうと、上司や同僚の手を煩わせてしまう場合が多いです。

特に、経験が少ない新人は指示待ち人間になってしまう傾向があります。

分からないことは積極的に聞くことで、仕事に対しての意欲を示せるため、指示待ち人間だとは思われにくいですよ!

佐々木
上司や同僚とは積極的にコミュニケーションを取り、自分がやるべきことを明確にしておきましょう!

特徴8:毎日残業している

残業をしている人は、他の人よりも仕事量が多い場合もありますが、ダラダラ仕事をしている人も一定数います。

定時までの時間内で、仕事が終えられない人と周りに思われてしまうと仕事ができない人と判断される可能性もあります。

実際、周りの人と業務量の差がないのに毎日残業をしている人は、職場の利益を損なっています。

具体的には残業代や電気代など、不要なコストがかかってしまうのです。

佐々木
もし仕事の負担が大きすぎる場合は、上司に相談して時間内に業務を終わらせられるようにしましょう!

特徴9:ミスを人のせいにする

ミスを人のせいにする人は、責任感の弱さや無駄なプライドの高さを持っています。

仕事が正しい方向に進むよりも、自分自身のメンツを大切にしており、間違ったまま仕事を進めてしまう可能性もあります。

上司としては、責任感の弱い人に重要な仕事を任せることはできません。

何か問題が起きた時に大変なことになるので、どんどん他の人に大事な仕事が任せられるようになるでしょう。

佐々木
ミスを人のせいにしていては、職場内での人間関係にも大きな溝を作ってしまいますよ…。

特徴10:ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言が多い人は、周りの人に悪影響を与えてしまいます。

「でも」「だって」「疲れた」「辞めたい」など、ネガティブ発言をたくさんして、問題点を先送りにしてしまうこともあるでしょう。

自分自身だけの問題であれば良いですが、周りの人のモチベーションにも大きく関わってきます…。

やるべき事をやっていても、ネガティブ発言の多さから、仕事ができないと捉えられることもありますよ。

佐々木
仕事中はできるだけポジティブな発言をし、社内に良い雰囲気を作り出せるようにしましょう!

佐々木
以上が、仕事ができない人の特徴です!

まとめると次の通りです!

仕事の出来ない人の特徴
  1. 締め切りや期限を守れない
  2. 報告・連絡・相談ができない
  3. 仕事のスピードが遅い
  4. 同じミスを繰り返している
  5. 基本的にやる気がない
  6. レスポンスが遅い
  7. 指示待ち人間になっている
  8. 毎日残業している
  9. ミスを人のせいにする
  10. ネガティブな発言が多い
ゆり
期限を守れなかったり、やる気がないなど、行動面も周りの人によく見られているんですね…。
佐々木

そうですね…。

一度仕事ができないとレッテルを貼られると、なかなかイメージを覆すことは難しくなります。

そのため、今一度職場での自分自身の行動を見つめ直すことをおすすめします!

次の章では、仕事ができない自分を「仕事ができる人」に変える方法をお伝えします!

仕事ができない自分を「仕事ができる人」に変える方法8選

佐々木

それでは、仕事ができない自分を「仕事ができる人」に変える方法をお伝えします!

すぐに実践できる方法をお伝えするので、できるものから試してみましょう!

おすすめの方法
  1. まずは仕事に対するマインドを変える
  2. 1日のスケジュールを書き出してみる
  3. 業務リストの優先順位を整理する
  4. 時間を区切って業務を進める
  5. コミュニケーションをしっかりとる
  6. 少しでも分からない時は必ず質問する
  7. 仕事ができる人の真似をしてみる
  8. 思い切って転職してみる

それぞれの解決策についてお伝えします!

方法1:まずは仕事に対するマインドを変える

何はともあれ、まずは仕事に対するマインドを変えることが大切です!

仕事に対して、苦手意識を持っていたり、嫌々やっているようでは、何をしても仕事ができない状況を打破しにくいでしょう。

いきなり今の仕事を大好きになるという訳ではなく、もちろん徐々にで構いません。

仕事に対するマインドが変われば、これまで嫌だったことも乗り越えやすくなりますよ!

佐々木
自分の心持ち次第で仕事に対する考え方は大きく変わります!

前向きな気持ちを持って、一つひとつの仕事に取り組むようにしましょう!

方法2:1日のスケジュールを書き出してみる

特にスケジュール管理が苦手な人は、1日に自分がやるべきことを書き出し、スケジュールを整理することをおすすめします。

具体的には、会社に出勤後朝一番に、今日やるべき業務を整理するのが良いでしょう。

何となく毎日の業務がスムーズに進まないと感じているのであれば、最適な方法です!

スケジュール専用のノートやメモ帳を用意し、毎日の習慣してみましょう。

佐々木

スケジュールを整理することで、一つひとつの業務をスムーズに進めやすくなりますよ!

方法3:業務リストの優先順位を整理する

やるべき業務を書き出すだけでなく、業務の優先順位を整理すれば、さらに良いでしょう。

優先順位を明確にすることで、何から仕事を始めるべきか考えやすくなります。

優先度の高いものから順番を付けたメモを置いておくと、見やすく整理できるでしょう。

佐々木
仕事にかかる時間だけでなく、締め切りも意識すれば、優先順位を決めやすくなりますよ!

方法4:時間を区切って業務を進める

優先順位を決めた後に、それぞれの業務にどれくらいの時間がかかるのか想像しておくことも大切です!

どの程度時間を割けるかが明確に分かれば、スケジューリングがしやすくなります!

業務を開始する前に割ける時間を明確にして、業務中はストップウォッチや時計を使って、時間を管理しましょう。

佐々木
毎日時間を測りながら仕事をすれば、徐々にスピードに対する意識も高まりますよ!

方法5:コミュニケーションをしっかりとる

当然のことですが、日頃から同僚とコミュニケーションを取り、良い関係性を築いておくことは大切です。

仕事で問題が起きた時、自分一人で改善できることもありますが、周りの人の協力が必要な場合も多いでしょう。

日頃から良い関係を作っておけば、困った時には助け合えるようになります。

佐々木
コミュニケーションを取っておけば、困った時に説明する手間を省け、スピーディーに問題を解決できますよ!

方法6:少しでも分からない時は必ず質問する

仕事中に分からないことがあれば、必ず途中で進行を止める必要があります。

スムーズに仕事を進めるには、事前に業務内容を理解した上で、取り掛かるのが大切です!

また、業務を進める過程で分からないことがあれば、すぐに質問することも重要です!

何となく分かったふりをして仕事が終わる場合もありますが、時間の無駄になる可能性もあるので、疑問点は解消してから仕事を進めましょう。

佐々木

たとえ相手が忙しそうでも質問することは大切です!

質問しなかったことで、後で大きな問題に発生することもありますよ。

方法7:仕事ができる人の真似をしてみる

仕事はマニュアル通りに進まないこともあるので、仕事ができる上司や同僚の真似をするのも大切です!

仕事ができる人は、無駄なく効率的に業務をこなしている場合が多く、見習うべき点が多々あるはずです。

まずは仕事ができる人がどのような業務を進めているかを観察し、一定期間徹底的に真似してみることをおすすめします。

佐々木
可能であれば仕事ができる人のサポートに付かせてもらい、近くで観察するのも良いでしょう!

方法8:思い切って転職してみる

仕事ができない辛さから、辞めたいと思っているのであれば、転職するのも一つの手段です!

転職せず今の仕事で結果が出るまで頑張るのも立派ですが、環境を変えるだけで自分らしく働けることは多々あります。

今の仕事で無理に頑張りすぎて、体調を崩してしまう人もいるので、辞めたいと思っているなら、早めに行動することをおすすめします。

佐々木
一定期間頑張ってみるのは良いですが、転職して仕事を変える選択肢もあることを心に置いておきましょう!

転職に関して本気で考えたい人は、ひとまず「転職エージェント」に登録して、今の状況を相談してみることをおすすめします!

転職のプロとして、これまでの経験をもとにあなたにとって最適なアドバイスをしてくれるでしょう。

無料で登録できますし、相談だけで必ず転職しなければならない訳ではないので、気軽に登録してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
転職エージェントについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧だくさい!

佐々木
以上が、仕事ができない自分を「仕事ができる人」に変える方法です!

まとめると次の通りです!

おすすめの方法
  1. まずは仕事に対するマインドを変える
  2. 1日のスケジュールを書き出してみる
  3. 業務リストの優先順位を整理する
  4. 時間を区切って業務を進める
  5. コミュニケーションをしっかりとる
  6. 少しでも分からない時は必ず質問する
  7. 仕事ができる人の真似をしてみる
  8. 思い切って転職してみる
ゆり
これらを意識して、毎日の仕事に取り組んでみれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

一つのマインド、一つの行動を変えるだけで、見違えるように仕事ができる人になる可能性はあります!

一気に完璧を目指すのではなく、できることから取り組んでみるのが良いでしょう!

次の章では、実際に仕事ができない状況を乗り切った人の体験談を紹介します!

職場の仕事ができない人にイライラする時の4つの対処法

佐々木

自分自身の仕事のできなさではなく、職場の人に対してイライラを持っている人もいると思います!

そこで最後に、仕事ができない職場の人にイライラする時の対処法を紹介しておきます!

職場へのイライラの対処法
  1. スキルや能力に見合った仕事を渡す
  2. 仕事の進め方を丁寧に教える
  3. 苦手だと思う部分を指摘してあげる
  4. こまめに業務の状況を確認する

それぞれの対処法に就いて説明します!

対処法1:スキルや能力に見合った仕事を渡す

仕事の振り分け量を調整することは大切です!

相手の能力やスキルを正しき見極め、妥当な仕事量を渡すようにしましょう。

正しく能力を見極めるには、日頃からコミュニケーションを取ったり、進捗を把握することが重要です。

作業にかかっている時間も把握しておけば、1日の中で最適な業務を渡せるでしょう。

佐々木

仕事に慣れてもらってから、徐々に仕事量増やしていくのが良いでしょう!

対処法2:仕事の進め方を丁寧に教える

仕事ができない人は、やる気はあるけどどのように改善すれば良いか分かっていない可能性もあります。

そのため、仕事の段取りの方法や進め方など、丁寧に指導していくのも良いでしょう。

特に仕事に慣れていない新人や、配属されたばかりの人には、丁寧に仕事を教えることは必要不可欠です。

丁寧に指導するのは大変なことですが、結果的に業務全体のスピードや質の改善が図れますよ!

佐々木

相手が理解してくれるまで、根気よく丁寧に教えることが大切です!

対処法3:苦手だと思う部分を指摘してあげる

客観的に見て、苦手だと思う部分を指摘してあげることも大切です!

正しい指摘ができれば、「自分のことをよく見てくれている」と思ってもらえるので、その流れで一緒に改善策を考えましょう。

仕事ができない人は自分自身と向き合う余裕がないことも多いので、客観的な意見を伝えることで、改善の大きな近道になります。

佐々木
一人では誤った改善策を考えてしまう可能性もあるので、改善策を一緒に考えることも今後のために重要です!

対処法4:こまめに業務の状況を確認する

業務の進捗状況をこまめに確認するのも良いでしょう!

「何かあれば連絡が来る」「納期に遅れそうなら相談がある」と思わず、自分から話しかける方が良いでしょう。

実際、仕事のことで目一杯になると、報告・連絡・相談がおろそかになってしまう人もいます。

チームとして円滑に仕事を進めるためには、受け身で報告を待たず、自ら確認することも大切です!

佐々木
こまめに進捗を確認できれば、早め早めにフォローに入れるでしょう!

佐々木
以上が、仕事ができない職場の人にイライラする時の対処法です!
職場へのイライラの対処法
  1. スキルや能力に見合った仕事を渡す
  2. 仕事の進め方を丁寧に教える
  3. 苦手だと思う部分を指摘してあげる
  4. こまめに業務の状況を確認する
ゆり
仕事ができない職場の人に対しては、これらの方法で対処すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

「本当は仕事ができるようになりたい」と思っている人もたくさんいるので、

正しいサポートをしてあげることは大切ですよ!

仕事ができないイメージを無くすには、毎日の心がけが大切!

佐々木

今回は、仕事ができないと悩んでいる方に向けて、

仕事ができない人の特徴や仕事ができない自分を変える方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りです。

まとめ
  • 仕事ができないと言われる人は、原因になる行動がある
  • 少しの心がけで「仕事ができる人」になることは出来る
  • 思い切って転職活動をして、自分に合う仕事を探すのもあり
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどちらも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、2社ともに登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!