45歳無職は就職できる?職歴なし・引きこもりからの脱出体験談や注意点を解説

「45歳無職でも就職できるのかな?」

「45歳無職の末路って…、なんとなく不安…」

このような悩みを持っている人に向けて、『45歳無職から正社員になる方法』や、『45歳無職が知るべき就職活動の戦略』などをお伝えします!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、45歳無職から就職する不安が無くなり、大きく人生を変えられますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

45歳で無職を脱出できる?

佐々木
まずは45歳で無職になってしまった人について、実例を交えて紹介します。

無職職歴なし45歳だから毎日のカップラーメン代をトップバリュ製で節約する俺の気持ちがわかるのかよ!🤢

— ことう(@UOnuma_kotou_2) 2020年11月7日

45歳無職のおっさんがルームメイトにいるんだけど、ほんと毎晩ひたすらビール飲んでテレビ見てるだけの人生で寂しいんだろうね。毎日俺たちが帰ってくると、その日の衝撃ニュースとか外出先で起こった事とか1人1人に報告すんだよね。

—全米が泣いた(@ra1kan) 2015年4月15日

俺の人生も変わるかな?
45歳無職無収入2ヶ月で気管支喘息で呼吸困難で今はもう医者にもいけない。実家に転がり込んだが毎日ガミガミ言われおかしくなりそうだが金もないので仕方ない。
親といっても金は一切貸してくれない。そんな人生終わってるな!
サヨウナラしかないですよね。

—難治性喘息に掛かったクズ(@atlife2007040) 2020年9月23日

僕も8月で仕事辞めて今も無職です。😭家族もあるし、早く仕事探したいけど、またあの体の絶不調に襲われるのかもと思うと、二の足踏んでしまうのも事実。😑
僕も未だに『希死念慮』に襲われることあります。もう45歳だし、消えちゃってもいいかななんて。毎日ゆっくりでも前進したいです。😌

—あつよし@ウォーキングと食事でうつを治す‼️(@ututokidoki) 2019年12月9日

あきら
無職になって自宅に引きこもり、人と話す機会が減ったんですよね。

いざ就職しようとしても世間の目は厳しく、うまくいかなくて…。

佐々木
そうですよね…。

今時、45歳で無職・引きこもりの人は珍しくありません。

その理由は以下の通りです。

45歳無職が多い理由
  • 社会的な評価から自信をなくしている
  • 行動をためらってしまう
  • 応募可能な求人が少なく転職に苦労する
  • 非正規雇用での就職は金銭面的に厳しい
佐々木
ただし、40代は仕事に就いて周囲との格差を埋める、最後のチャンスなんです!

なぜなら50歳を過ぎると、今よりもさらに就職が厳しくなるためです。

50歳を過ぎると、40代以上に高いレベルの専門性やマネジメント能力が求められるうえ、

定年までの勤続年数が短くなる50代を採用する会社はとても少ないのです。

また、無職の期間が長くなるほど、応募できる求人は減っていきます。

このため、選択肢が多いうちに、自分が納得できる就職先・職種に就けるように行動することがおすすめです。

佐々木
無職のまま50代になると悲惨な現実が待ち構えています。

それでは実際の体験談をご紹介します。

仕事が見つからない😢
まだまだ働けるのに、動けるのに…

あぁーまた職探しの1日が始まる(-。-;

#50代#シングル#求人

— Raon-ms(@ms_raon) 2020年8月18日

新しい仕事を探そうにも、
50代にもなるとなかなか見つからない。

なかなかというより、
見つからないと思った方がいい。

— 🌞ウンチクおじさん(@X8mo66LvJ9wHN3j) 2020年9月1日

40代50代の引きこもりの原因て、仕事辞めても次が見つからないって状況もあるよね。手に職無い人はマジ次無理なんだよな。おっさんおばさん雇う会社無いのよ。で、家でダラダラしてるうちに働く気無くなる。働かなくても生活出来てるからいっか、みたいな。

— maxi-mam(@naon_maon) 2019年6月3日

あきら
働きたくても未経験では採用されにくいんですね…。

でも、就職への焦りはあるものの何から始めればいいのかわからなくて…。

佐々木
そうですよね…ただ、45歳でも正社員就職した人はいるんです!

というのも、実際に私が相談を受けてきた経験上…戦略を立てた結果、優良企業に就職した元無職の方は多いのです。

あきら
45歳無職から就職できた方もいるんですね!

でも本当に就職できるのか不安です…。

佐々木
そうですよね…。

空白期間があり社会に対して不安がある方も多いと思います…。

その不安がやわらぐよう、就職のポイントをご紹介していきますね!

45歳無職のよくある質問

佐々木
多くの就職相談を受けた経験から、よくいただく質問についてご紹介します!

職業訓練校に通うべき?

佐々木
職業訓練校に通うメリットは以下の通りとなります!
職業訓練校に通うメリット
  • 受講料0円で講習が受けられる
  • 学校で資格試験を受けられる
  • 生活のリズムが作れる
  • 新しい出会いがあり、孤独感が薄れる
あきら
職業訓練校って、社会復帰に役立ちそうですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

ただし、注意していただきたい点も…。

職業訓練校に通うデメリット
  • やりたい科目やタイミングが合わないことがある
  • 集団での授業につき、自分のレベルに合わないことがある
  • テキスト代や資格試験の受験料などは別途必要
あきら
思ったより自分のペースで進められないんですね…。
佐々木
そうなんですよね…。

45歳という年齢もあり、早く就職して実務から学ぶことをおすすめします。

資格や免許をとるべき?

佐々木
資格を取得するのも無職脱出のためにはおすすめです!

とはいえ、誰でも取れる資格をとってもメリットは少ないです。

あきら
資格は多いほど有利になる訳ではないんですね…。
佐々木
おっしゃる通りです。

就職先と関係ない資格を持っていても、無駄になってしまうこともあります。

それよりも、早く就職して経験を積む方が、長期的に見たときに高い給料を得やすくなるでしょう。

正社員を目指すうえで派遣やアルバイトをすべき?

佐々木
派遣やアルバイトもひとつの手ですが、正社員を目指すなら遠回りです。

なぜなら、歳をとる分だけ正社員就職が難しくなるからです!

あきら
やっぱり一刻も早く正社員を目指すべきなんですね。
佐々木
おっしゃる通りです!

企業は「若い人」=「やる気があり素直な人」を採用したいものなんです。

また、派遣やアルバイト生活はリスクがあり、正社員になるためのスキルアップはしにくくなります。

派遣・アルバイトで生活するリスク
  • 給料が低くなり、安定しない
  • 正社員に再就職は難しくなる
  • 正社員以上に、時間と労働力を切り売りすることになる
  • 年齢が上がると、できる仕事が少なくなる
  • 年齢が上がる程、正社員との格差が広がる
  • 職場環境や人間関係がひどい可能性もある
  • 社会的な信用、世間からの評価は低下する
あきら
正社員になれないのは避けたいです…。
佐々木
そうですよね…。

ただ、正社員就職のハードルが高いという人は、派遣を選んでもOKです!

それに関連して、派遣先探しにおすすめのサービスを紹介しておきますね。

派遣登録なら!

◎リクルートスタッフィング

【公式】https://www.r-staffing.co.jp

脱出に一番いいのは正社員就職をすること

あきら
やっぱり無職を卒業して、社会復帰したいです。
佐々木
そうですよね…。

無職からの脱出で一番良いのは正社員就職です。

正社員で就職するメリットは以下の通りです。

正社員就職のメリット
  • 定年まで働けることが多い
  • 昇給・昇格、賞与や退職金など、得られる賃金が多い
  • 福利厚生や各種手当が充実している
  • 転職の際に職歴が評価される
  • 社会的な信用を得られる
あきら
正社員就職のメリットはこんなにあるんですね。
佐々木
おっしゃる通りです!

それでは、次に45歳無職から正社員になる具体的な方法についてご説明します!

45歳無職から正社員に!就職成功率が最も高い方法

佐々木
ここからは、無職から社会復帰するために45歳で正社員就職を成功させる方法を解説していきますね。

正社員就職のポイント

他の年代と比べて、45歳の就職をするうえで一番大事になってくることが…

『いかにして質の高い(自分に合っている確率が高い)求人を多く見ていくか』です。

なぜかというと、これは45歳を募集している求人の数が少ないからです。

45歳を募集している求人が少ないからこそ、求人を多く見れるかがポイントになってくるんです。

45歳の求人が少ない理由
45歳の求人が少なくなる理由は…

30代とは違い、40代以降は経験豊富な即戦力としての採用をする企業が大半であるためです。

このため、40代以降は未経験職種への就職が厳しくなります。

あきら
それでは、求人を見る量を意識すれば良いんですね!
佐々木
そうですね!まずはその意識でOKです!

ただ先程も言った通り、量だけでなく…

質の高い(自分に合っている確率が高い)求人を見ていくという視点も大事にしてください!

どうしても一人だけで、“質の高い”求人を“多く” 見ていくことには限界があるので…

就職のプロを上手く利用することがオススメです!

プロに頼むってどうすればいいの?

具体的に説明すると…

“質の高い”求人を “多く” 見ていくために、オススメできる就職のプロは大きく2つに分けられます。

相談するべき就職のプロ
  1. ハローワークを利用する
  2. 就職エージェントに相談する
もし就職に自信がある人は..
今までの職務経験に自信のある人は下記の3つもオススメです!

  1. 就職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 就職フェアやイベントに参加する

ただ、これらの方法はキャリアに自信があり、面接などにも苦手意識がない人向けです。

少しでも気になる点がある方はこれから説明する、就職のプロに任せることオススメします!

あきら
なるほど!

基本的にはハローワークと就職エージェントがオススメということなんですね!

佐々木
そうなんです!

それではその理由をこれから解説していきますね。

就職のプロ(1):求人数が豊富なハローワーク

転職エージェントの佐々木
佐々木
まず1つ目のおすすめ方法が、ハローワーク(公共職業安定所)を利用することです。

ここで45歳の就職でハローワークを利用することのメリットとデメリットをまとめてみました。

ハローワークの特徴
<メリット>

  1. 求人数が多い
  2. 退職者だけでなく在職者も利用可能
  3. 無料で履歴書の添削や面接対策を実施してくれる

<デメリット>

  1. 求人の質にバラツキがある
  2. 大手企業の求人が少ない
  3. 応募までに時間がかかる
  4. ブラックな案件もある
佐々木
メリットしては、派遣などの求人数を除いても約66万件あるという点ですが、

大手企業の求人は少なかったり、公共機関なので応募するまでに時間がかかってしまったり…

といったデメリットがあります。

ハローワーク公式ページ:https://www.hellowork.go.jp

就職のプロ(2):求人やサポートの質が高い就職エージェント

佐々木
就職を成功させる2つ目の方法は、就職エージェントを利用することです。
就職エージェントの特徴
<メリット>

  1. 求人の質が一定で大手企業の求人数が多い
  2. スピード感をもち就職をすることができる
  3. 無料で履歴書添削や面接対策をしてくれる

<デメリット>

  1. ハローワークと比べると求人数は少ない
あきら
あれ、こうやって見ると…

ハローワークと就職エージェントの役割ってあんまり変わらないんですね…

佐々木
するどい意見ですね!

おっしゃる通り、役割には大きな違いはありませんが、求人やサポートの質が違うことがポイントです!

就職エージェントのサポート例
  • 採用されやすい書類の作成方法を教えてもらえる
  • 面接テクニックや企業の見極めポイントなどを教えてもらえる
  • 非公開の魅力的な優良求人も紹介してもらえる

基本的に就職エージェントは、ハローワークよりも求人やサポートの質が高いです。

行政機関のハローワークと違い、就職エージェントは募集企業から仲介料をもらっているため、求人やサポートの質が高めるために予算が使えます。

また、デメリットとして求人数の少なさを挙げましたが、ハローワークと比べて少なく見えるだけで…

大手の就職エージェントは約10万件の求人があるため、求人数が少ないということはまずありません。

佐々木

求人数も大手の就職エージェントであれば十分なので…

効率よく失敗を最小限に抑えて、優良企業へ就職を成功させたい人は、まず就職エージェントを利用しましょう!

特に就職エージェントは、自分では手に入りづらい企業の情報やブラック企業を教えてくれたり、

面接や応募書類だけでは伝わらない「あなた」の良さを企業にアピールをしてくれたり…と手厚くサポートしてくれるため、

一人の就活では難しい企業にも採用されやすくなります。

だからこそ、45歳無職は可能な限り、就職エージェントを使うべきです。


あきら
なんだか整理が出来てきました!

45歳無職の就職は“求人の質と量”と“サポートの質”が大事で、それを考えると…

ハローワークよりも就職エージェントの方が良いということですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

もちろん、ハローワークも役に立つことは間違いないので…

就職エージェントを利用して余裕のある人はハローワークを利用してみてくださいね!

就職エージェントに関しては「おすすめのエージェントはありますか?」とよく聞かれるので、これから紹介していきますね。

45歳無職におすすめの就職エージェント

佐々木
私がおすすめするのは、次の就職エージェントです。
おすすめの就職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『FROM40』
    40~50代向けでスカウトあり
    【公式】https://www.from-40.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『Spring転職エージェント』
    求人の質の高さに定評あり
    【公式】https://www.springjapan.com/
あきら
ありがとうございます!

どれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…

もし迷ったら最低でも「DYM就職」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが…

相談後、「就職しない」となってもOKです!まずは登録して相談しましょう。

もしエージェントが駄目なら

上記すべてダメだった場合は、転職サイトのリクナビネクストで地道にコツコツ応募してみましょう。

【公式】https://next.rikunabi.com/
佐々木
45歳無職から正社員就職に成功するための方法は、以上になります。

45歳無職の就活体験談

佐々木
それでは実際に、正社員就職の事例をご紹介していきますね。

45歳で無職からの再就職が決まったとき
本当にありがたいなと思った。

その仕事を続けている今、
本当にありがたいな、と毎日思う。

毎日感謝を続けていれば、
毎日がありがたく尊いものになる。

生きているだけで100点満点なんだよ。

ーりんりん🌺45歳からの【負けない】生き方🌺(@makenai45)2020年11月11日

おめでとうございます
自分は45才からの中途採用から
正社員になりましたので
ご苦労がよく分かります(^o^)

ーヤマゼン@さびしおす(@musai51)2018年6月6日

うち初任者取ったばかりの45歳初心者の方、いきなり正社員ですよ☺️自分の時は2年準社員をやらないと正社員になれなかったけど、良い時代になったものです。

ーあかいの。(@ekuc06)2020年11月25日

余談ですが、私の親戚に45才(女性)で正社員として就職した方がいます。40才でも可能性が無いわけではありません。

ー麦茶(@6gicha0ishi)2020年1月13日

あきら
やっぱり45歳になってしまうと厳しい面もありますが…

45歳無職でも正社員になれる可能性があるんですね!

佐々木
そうなんです!

実際に45歳未経験からでも正社員を目指せる業種職種もあったりします!

45歳未経験から正社員になるためのポイントがあるので、次の章でご紹介していきますね!

45歳が未経験から正社員就職を成功させるポイント

佐々木
45歳が未経験から正社員就職を成功させるポイントは次の通りになります!
正社員就職を成功させるポイント

◎生活習慣

  1. ネットに依存した生活から離れる
  2. 生活リズムを夜型から朝型にする
  3. 外出して人とコミュニケーションをとる

◎就職活動の準備

  1. 無職の理由を説明できるようにしておく
  2. 企業が求めていることを理解する
  3. 自己分析をする

◎就職活動

  1. できるだけ多くの企業を受ける
  2. ライバルが少ない業界を狙う
  3. 履歴書や経歴書をしっかり準備しておく
  4. きちんとした身だしなみで面接に向かう

それでは1つずつ説明していきますね。

◎生活習慣

ポイント1|ネットに依存した生活から離れる

1つ目のポイントは、ネットに依存した生活から離れることです。

ずっと家の中にいると、パソコンやスマートフォン、ゲームなど常に手放さず持ってしまう可能性が高くなります。

今の時代インターネットがあれば、何でも情報が得られますし、ゲームを楽しんでいると何時間でも時間を潰すことが可能です。

しかし、ずっとネットに依存した生活を送っていては、ただ時間が過ぎるだけで将来に向けて得られるものがありません

「今日は一日パソコンを触らない」、「ゲームは1日1時間だけ」などのルールを決めて、少し無理をしてでもネットから離れた生活を送ってみましょう

ポイント2|生活リズムを夜型から朝型にする

2つ目のポイントは、社会に出て働くための第一歩として、規則正しい生活を送るべきです。

45歳で無職や引きこもりの人の中には、ダラダラと夜更かしをしたり、時間が余り過ぎて昼寝をたっぷりしてしまうなど、昼夜逆転の生活を送っている人がたくさんいます。

夜間の仕事に就くなら問題ないかもしれませんが、やはり仕事をする上で体調管理などが重要なポイントです。

まずは規則正しい生活と健康的な生活を取り入れ、無理なく社会復帰できる身体を作りましょう

ポイント3|外出して人とコミュニケーションをとる

3つ目のポイントは、45歳無職から脱出するために外出して人と会うべきです。

やはり人と話して感情を抱いたり、表情動かすことは働く上でも重要です。

誰かと会話をしていれば、自然と笑みがこぼれたり、思っていることを話せるのでストレスの発散にもつながります

45歳無職から脱出するために外出して、親や昔の友人などと少しでも会話をしましょう。

◎就職活動の準備

ポイント1|無職の理由を説明できるようにしておく

1つ目のポイントは、45歳まで無職である理由を明確にしておくことです。

なぜなら面接官は、無職である理由を聞き、

「長期的に働いてくれる人なのか」

「やる気を持っている人なのか」

を判断して、あなたの採用可否を決めるからです。

もし次のような理由で無職だったのであれば、面接の際にアピールするポイントにもなります

45歳まで無職の理由例
  • ◯◯資格の取得
  • 家族の介護
  • △△のプロを目指していた
上記の例を参考に、45歳まで無職であった理由を明確にしておくことが大切です。

あきら
でも、明確な理由なく無職だったんです…
佐々木
そのような人でも心配いりません!

実際、ストレスや精神的な問題、ギャンブルにハマったことが理由で無職の人もいます。

その場合は事実を説明するよりも、面接官に納得してもらえるストーリーを用意することで印象が良くなるんです!

無職の時期に得られた経験や、失敗経験も準備しておくと説得力が増します。

ストーリーを考えるのが苦手な人は、就職エージェントを利用することで、一緒に考えることができますよ!

おすすめの就職エージェント

ポイント2|企業が求めていることを理解する

2つ目のポイントは、企業が求めていることを理解することです。

採用で企業が注目している点は以下の通りです。

企業が採用で見ている点
  • 人柄
  • 価値観
  • 今後の可能性
  • 意欲・熱意
  • 礼儀やマナー

以上の点を踏まえてその会社で活躍できそうか、社風とは合っているかを判断しています。

自分の強みやエピソードをもとに、しっかりアピールしましょう

ポイント3|自己分析をする

3つ目のポイントは自己分析をすることです。

というのも、自己分析をすることで次のようなメリットがあるからです!

自己分析のメリット
  1. 自分に合った職種や業界、企業が分かるようになる
  2. 自分の強みを理解し、面接時にアピールすることができる
あきら
自己分析をすることで、就職できる可能性があがりそうですね…!
佐々木
そうなんです!

自分の強みを面接でアピールできれば、採用される確率は大きく上がりますよ!

自己分析をする時に考えたほうが良いポイントは次の通りです!

自己分析のポイント
  • 性格・特性
  • 興味のあること
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • これまでの人生で頑張ったこと

自己分析は、就職の失敗を防ぐために自分が持っている経験や特性と正直に向き合うための作業です。

見栄を張らず自分に正直に進めていくことで、本当に自分に合った転職先が見えるようになりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

1人で行うことに不安があるなら、転職エージェントを活用して客観的な意見をもらいながら進めたり、

自分の強みが分かる「グッドポイント診断」などを活用すると良いでしょう!

詳しい自己分析の方法は、こちらの記事をご覧ください!

◎就職活動

ポイント1|できるだけ多くの企業を受ける

1つ目のポイントは、できるだけたくさんの企業を受けることです。

書類の書き方や面接のコツは、回数を重ねることで身につきます。

準備が不十分なうちに本命の企業を受けた場合、失敗の可能性はかなり高くなります。

後悔なく働きたい企業で就職できるように、練習と思ってたくさんの企業を受けてみましょう。

ポイント2|ライバルの少ない業界を狙う

2つ目のポイントは、ライバルの少ない業界を狙うことです。

45歳だと、大手企業や人気のある会社に就職することはかなり難しいです。

特別なスキルや能力があれば別ですが、人気のない業界=ライバルの少ない業界を狙うことで、就職の可能性が上がります。

ただし人気のない業界だからといって、ブラック企業ばかりではありません。

特に人手不足の業界は、今後も人を集めるために待遇改善に努めているところも増えています。

ポイント3|履歴書や経歴書をしっかり準備しておく

3つ目のポイントは、履歴書や経歴書を準備しておくことです。

もしアルバイト経験があれば、履歴書にしっかりと記載しましょう。

というのも…アルバイト経験も立派な職務経歴だからです。

たとえ正社員経験がなくても、アルバイト経験は大きなアピールポイントになります!

実際どんなことを職歴として書けばいいか悩む方が多いと思いますが、次のことを出来るだけ分かりやすくしっかりと書きましょう。

記載すべきアルバイト経験
  • どんなアルバイト先・・・職種をはじめ職場環境のことなど
  • いつアルバイトをしていたか・・・何年何月からどれくらいの期間働いていたか
  • どんな仕事内容だったか・・・担当していた業務内容を細かく書く
  • アルバイトで工夫したことや努力したこと・・・自分なりに頑張ったことなど
あきら
アルバイトは職歴に書かないと思っていましたが…アピールポイントになるんですね!
佐々木
もちろんです!

就業経験があると面接官の印象が変わりますので、アルバイト経験がある場合は記載しましょう!

経験がない場合でも、空白期間の理由を説明できるストーリーを用意しておいたほうがいいです。

一人でストーリーを考えるのが難しいと感じる方は、就職エージェントでプロと一緒に考えることをおすすめします!

おすすめの就職エージェント

※職務経歴書・履歴書の書き方についてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事をお読みください。

ポイント4|身だしなみをきちんとして面接に向かう

最後のポイントは、身だしなみをきちんとして面接に向かうことです。

どの仕事をやる上でも、「人と会う」ということは共通項目です。

仕事を一緒にしていくメンバーの中に、清潔感のない人や暗い感じの人がいれば、業務上やりにくくなることもあるでしょう。

チェックされている第一印象は、綺麗さやかっこよさではなく、表情や身だしなみ、声の抑揚から受ける印象です。

見た目だけでなく、内面から出るエネルギーで、「この人なら今のメンバーともうまくやっていけそう!」という印象を与える必要があります。

特に女性はメイク、男性は髪型や清潔感を中心に見直してみましょう。


佐々木
以上が45歳が未経験から正社員就職を成功させるポイントとなります。

それではここで振り返ってみましょう!

正社員就職を成功させるポイント

◎生活習慣

  1. ネットに依存した生活から離れる
  2. 生活リズムを夜型から朝型にする
  3. 外出して人とコミュニケーションをとる

◎就職活動の準備

  1. 無職の理由を説明できるようにしておく
  2. 企業が求めていることを理解する
  3. 自己分析をする

◎就職活動

  1. できるだけ多くの企業を受ける
  2. ライバルが少ない業界を狙う
  3. 履歴書や経歴書をしっかり準備しておく
  4. きちんとした身だしなみで面接に向かう
あきら
このポイントをおさえたら、正社員就職できる気がしてきました!
佐々木
いいですね!

45歳無職の方でも正社員になりやすい就職先や職種があるので、次の章でご紹介していきますね!

45歳無職・職歴なしの方におすすめの就職先

佐々木
45歳無職・職歴なしの方におすすめの就職先・職種をまとめると次の通りになります!
おすすめの就職先
  • 飲食業
  • 小売業(スーパーなど)
  • 介護職
  • 営業職(ルートセールス)
  • 配送ドライバー
  • タクシードライバー

それぞれ詳しく確認していきましょう。

おすすめの就職先1:飲食業

■平均年収:約300万円

飲食業はやりがいを感じて働く人が多い職業です。

デスクワーク作業などと違い、飲食業界は毎日違うお客様が来て、そのお客様に合った対応を自身でしていきます。

そのため資格やスキルよりもコミュニケーション能力が求められる仕事です。

おすすめの就職先2:小売業(スーパーなど)

■平均年収:約320万円

小売業は、仕入れた商品を消費者に販売する仕事で、主にスーパーや百貨店などで働く人です。

正社員になれば、顧客のニーズを掴みながら、売り場の雰囲気、取り扱う商品の種類、陳列方法など、工夫を凝らしながら、競合(近くのスーパーなど)に負けないよう努力する必要があるでしょう。

シフト制の職場も多いので、割と時間の融通が利く業種です。

おすすめの就職先3:介護職

■平均年収:約313万円

『資格なしOK』『未経験者歓迎』『学歴・年齢不問』といった理由から、多くの求人があります。

訪問介護や施設介護の利用者から直接感謝されることも多い、やりがいのある仕事です。

また介護に必要な『介護職員初任者研修』を働きながらでも取得できるようなサービスもあります。

介護業界は人手不足に悩む企業が多く、未経験でも就職しやすい業界です。

おすすめの就職先4:営業職(ルートセールス)

■平均年収:約349万円

営業職のルートセールスは、決められた得意先を回って営業などを行う仕事です。

営業は大変だというイメージを持たれている方は多いと思いますが、ルートセールスでは飛び込み営業はありません。

尚、資格や学歴よりもコミュニケーション能力が高い人材が求められます。

✴︎普通運転免許が必要な場合がある。

おすすめの就職先5:配送ドライバー

■平均年収:約315万円

営業用の普通・小型貨物自動車を使って、配送の仕事します。

求人に応募する際は、普通免許があれば、年齢や学歴、経験を問われることはほとんどありません

また配達ドライバー未経験の人や年齢が高い人でも仕事ができるよう、企業側もサポート体制を十分に整えています。

おすすめの就職先6:タクシードライバー

■平均年収:約313万円

男女共に、高い年齢層の方が働いている業界です。

有名な大手タクシー会社では、『入社する98%の方がタクシー未経験』というように、未経験からタクシードライバーを始める人はとても多いです。

応募条件は『普通免許』のみという企業がほとんどです。

その多くは入社後に、タクシードライバーに必要な『二種免許』を会社の費用で取得できます。


佐々木
以上が45歳無職におすすめの就職先・職種となります。

それではここで振り返ってみましょう!

おすすめの就職先・職種
  • 飲食業
  • 小売業(スーパーなど)
  • 介護職
  • 営業職(ルートセールス)
  • 配送ドライバー
  • タクシードライバー
あきら
45歳無職でも正社員就職が狙える職種が6つもあるんですね!
佐々木
はい、そうです!

就職しやすい業界を狙うことで、就職成功率をアップさせましょう!

45歳無職から正社員に就職して人生をやり直そう

佐々木
今回は、45歳無職でも、正社員になれることをご説明してきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 45歳無職でも正社員に就職できる
  • 就職エージェントに登録することで正社員に就職できる可能性が上がる
  • 正社員就職に成功する人は、平均3社のエージェントに登録している
あきら
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いのですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの就職エージェント
あきら
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

ただ、求人を紹介してもらえる窓口を広げるため、

優良企業への就職を成功させるためには3社以上に登録すべきです!

相談後、「就職しない」となってもOK!まずは登録して相談しましょう。

面倒だと感じる方は『DYM就職』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木
45歳のあなたが正社員就職に成功することを願っています!