転職エージェントおすすめランキング13選

コミュ障にできる仕事おすすめ10選|正社員就職のコツ&人見知り克服法

コミュ障にできる仕事おすすめ10選|正社員就職のコツ&人見知り克服法

この記事では、「コミュ障が原因で仕事に悩んでいる方に向けて、

『コミュ障でも出来る仕事』や、『仕事を上手く進めるコツ』などをお伝えしていきます!

他人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は、仕事に支障が出たり、一人だけ浮いてしまうことがあるでしょう。

しかし、世の中にはコミュ障と自覚している人がたくさんいますし、コミュニケーションが苦手でも長く続けられる仕事もあります!

この記事を最後まで読めば、コミュ障でも出来る仕事への転職方法が分かり、今すぐ行動できますよ!

この記事がおすすめな人
  • コミュ障でも出来る仕事を教えてほしい
  • コミュ障と仕事の関係性を整理したい
  • コミュ障を克服して仕事を頑張りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

そもそもコミュ障とは?仕事への影響は何がある?

佐々木

まず始めに、コミュ障自体の説明と仕事への影響についてお伝えします!

コミュ障かも…と悩んでいる方は、本当に自分がコミュ障かどうか確認してみましょう。

そもそもコミュ障とは、人とのコミュニケーションが苦手で「上手く話せない」「自分を主張できない」といった特徴を持つ人のことを指します。

知的障害などで意思の伝達や理解が困難なコミュニケーション障害とは異なるので、注意しておきましょう。

しかしながら、決して病気ではないものの、多くの企業は社員に対してコミュニケーション能力を求めているので、

コミュ障だと仕事を続けることが困難だったり、そもそも採用されなかったりします…。

佐々木
実際、コミュ障が原因で転職に苦しんでいる人も多いです。
ゆり
たしかに、最近コミュ障で仕事に悩んでいる人は多いですね…。
佐々木

そうですよね…。

実際、どんな企業でも仕事をする上である程度のコミュニケーションは必要になるので、

コミュ障の人は働くこと自体が困難だったりします。

ただ、コミュ障は人とのコミュニケーションが苦手なだけなので、考え方を変えることで克服することもできます。

また世の中には数多くの仕事があり、コミュ障のままでも働きやすい環境はたくさんあります!

佐々木
決して無理をすることなく、やりやすい仕事に就き、自分の居場所を見つけるのも良いでしょう。

次の章では、コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事を紹介します!

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事10選

佐々木

それでは、コミュ障の人におすすめの仕事を紹介していきます。

ここではコミュ障でも正社員になれる仕事をピックアップしたので、参考にしてください!

コミュ障におすすめの仕事
  1. トラック運転手
  2. 新聞配達
  3. 清掃員
  4. 警備員
  5. 工場作業員
  6. セルフのガソリンスタンド
  7. プログラマー
  8. Webライター
  9. 翻訳家
  10. 飲食店のキッチンスタッフ

それぞれの仕事についてお伝えします!

おすすめ1:トラック運転手

トラック運転手は、大型免許などの資格は必要なものの、仕事中のほとんどは一人で過ごすことができます。

荷物の受け渡しをする際は人と関わりますが、一般的な会社員と比べると、人と接する機会は圧倒的に少ないです。

その日の業務にあわせて、休憩も自分で自由に取れる気軽さも魅力です!

佐々木
男性ドライバーが多いイメージがありますが、最近は女性のドライバーも増えていますよ!
コミュニケーションの範囲社内連絡
資格の有無運転免許(トラックの大きさにより免許の種類は異なる)

おすすめ2:新聞配達

新聞配達の仕事は、1人でバイクや自転車を使って配達を行うので、作業中は人との関わりがありません。

営業所に戻った時は、新聞の折込チラシを作成したり、電話当番など多少人との関わりはあります。

また、正社員として新聞販売店に就職すれば、集金の業務も担当するので、若干のコミュニケーションは必要になります。

佐々木
所属する新聞販売店によっては、集金なしで配達のみの業務を担当する場合もありますよ!
コミュニケーションの範囲社内連絡、電話当番など
資格の有無運転免許(バイクで配達を行う人のみ必要)

おすすめ3:清掃員

清掃員は、ビルや商業施設、公園などの清掃を行う仕事です。

メインの業務は清掃になるので、基本的にコミュニケーションを取りながら仕事をすることはなく、黙々と清掃を進めていきます。

もちろん、現場によっては同じ清掃会社から複数の社員で清掃に行くこともあるので、その場合は多少のコミュニケーションが発生します。

佐々木
清掃中は、誰かに気を使うことなく、黙々と仕事ができるので、コミュ障でもおすすめです!
コミュニケーションの範囲社内連絡
資格の有無なし

おすすめ4:警備員

警備員は、監視・巡回・点検などが主な業務で、トラブルがない限り基本的に1人で任される仕事です。

もちろん、不審者がいれば対応する必要がありますが、治安の良いエリアでは、ほぼほぼトラブルもありません。

また現場によっては、チームを組んで警備を行う場合もあるので、ゼロではありませんが、人とのコミュニケーションは少ないです。

佐々木
特に施設の警備は、活躍している年齢層が広く、男女関係なく働けるのでおすすめです!
コミュニケーションの範囲社内連絡やトラブル対応のみ
資格の有無なし(資格があった方が仕事に就きやすい場合もあり)

おすすめ5:工場作業員

工場の作業員は、ライン作業やピッキング作業などが主な業務内容です。

仕事内容を理解できるまでは、先輩に仕事を教えてもらうなど、人とのコミュニケーションが必要です。

しかしながら、単純作業が多いので、すぐに仕事は覚えられるでしょう。

佐々木
慣れると黙々と一人で作業できる環境が多いので、工場の作業員もおすすめですよ!
コミュニケーションの範囲社内連絡や仕事に慣れるまでの期間のみ
資格の有無なし(フォークリフト作業には資格が必要)

おすすめ6:セルフのガソリンスタンド

セルフのガソリンスタンドの店員も、人とのコミュニケーションが少ない仕事です。

トラブルがあれば対応しますが、それ以外でお客様対応やコミュニケーションを取ることは基本ありません。

業務内容としても、トラブル時の対応のほか、監視と給油承認の操作くらいなので、覚えることも少ないでしょう。

佐々木

待機時間は長いですが、コミュ障の人でも問題なく働ける仕事と言えるでしょう。

コミュニケーションの範囲社内連絡やトラブル対応のみ
資格の有無危険物取扱者

おすすめ7:プログラマー

Web分野に興味があるなら、プログラマーを目指すこともおすすめです。

プログラマーの仕事は、一人でパソコンに向かって黙々と作業するので、人とのコミュニケーションを最小限で済ませることが可能です。

実際、在宅でプログラマーとして活動している人も増えており、スキルを磨けば一生物のスキルを手に入れられますよ!

佐々木
もちろん、いきなり一人でプログラマーとして活躍するのは難しいので、

最初のうちは学校に通ったり、企業に所属する必要があるでしょう。

コミュニケーションの範囲社内連絡のみ
資格の有無なし

おすすめ8:Webライター

Webライターの仕事は、Webメディアに掲載する記事を作成する仕事です。

パソコンとインターネット環境があれば、ライターとして仕事ができるので、在宅で一人で仕事をすることも可能です。

実際、クラウドソーシングサイトにも初心者から上級者向けまで、数多くのWebライターの案件があります。

佐々木
企業が用意したマニュアルに沿って文章を作成するので、

人とのコミュニケーションもメールでの連絡程度で済みます!

コミュニケーションの範囲クライアントとの進捗連絡、案件の相談
資格の有無なし

おすすめ9:翻訳家

翻訳家は、さまざまな国の言語を日本語に翻訳する仕事です。

得意な海外の言語を持っている人であれば、クライアントとメールのやり取りのみで、在宅で仕事をすることもできるでしょう。

クライアントから依頼された物を、期限内に翻訳して納品するといった流れが主流です。

翻訳する文字数×単価で報酬が決まっている案件が多くなっています。

佐々木
メールのやり取りのみで仕事ができるので、コミュ障の人でも安心です!
コミュニケーションの範囲クライアントとの進捗連絡、案件の相談
資格の有無なし

おすすめ10:飲食店のキッチンスタッフ

飲食店のキッチンスタッフは、厨房内で仕事をするので、お客様の前に立つ事はほぼありません。

調理学校や製菓学校を卒業してから就職することが多いですが、有名料理店を除けば、未経験の人でも積極的に採用しているケースがあります。

実際、調理師免許が無くても働ける環境は多々あるので、料理が好きな方はおすすめです!

佐々木
仕事中は基本的に話をせず黙々と作業するので、コミュ障の人でも安心ですよ!
コミュニケーションの範囲社内連絡、業務の引継ぎなど
資格の有無なし(資格があった方が仕事に就きやすい場合もあり)

佐々木
以上が、コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事です!
コミュ障におすすめの仕事
  1. トラック運転手
  2. 新聞配達
  3. 清掃員
  4. 警備員
  5. 工場作業員
  6. セルフのガソリンスタンド
  7. プログラマー
  8. Webライター
  9. 翻訳家
  10. 飲食店のキッチンスタッフ
ゆり
コミュ障でも安心して働ける仕事は、こんなにたくさんあるんですね!
佐々木

はい!

ここで紹介したのはあくまでも一部の仕事ですが、

最低限の人とのコミュニケーションで出来る仕事はたくさんありますよ!

他にも人とのコミュニケーションが少ない仕事の情報が欲しい方は、「転職エージェント」に相談してみることをおすすめします!

あなたの悩みや長所・短所などを汲み取った上で、最適な提案をしてくれるので、効率よく向いている仕事を見つけられますよ!

無料で登録できるので、まずは登録して転職相談をしてみるのが良いでしょう。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、コミュ障に向いている仕事を探す正しい方法をお伝えします!

コミュ障に向いている仕事を探す正しい方法

佐々木

それでは、コミュ障に向いている仕事を探す正しい方法をお伝えします!

これからお伝えする方法を理解しておけば、効率よく自分に合う仕事を見つけられますよ!

結論からお伝えすると、仕事探しや転職を成功させたいのであれば、転職エージェントに相談すべきです。

転職のプロとしてあなたの悩みに寄り添いながら、コミュ障でもできるおすすめの仕事を紹介してくれるでしょう。

転職エージェントのサポートについて

佐々木
転職エージェントの具体的なサポート内容は、次の通りです。
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

サポートがあるからこそ、転職エージェントを使えば効率よく自分に合う仕事を見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの就職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、コミュ障の人がやってみるべき適職診断についてお伝えします!

コミュ障がつらい…不安なら適職診断をしてみるべき!

佐々木

それでは、コミュ障の人がやってみるべき適職診断についてお伝えします!

適職診断は、自分にどんな仕事が合っているのか分かるのでおすすめですよ!

実際、仕事探しには時間がかかるものですし、いざ転職しても自分に合わないと思ってしまえば、また転職活動のやり直しになります。

そうした事態を避けるためにも、本当に自分がどんな仕事に向いているのか徹底的に調べるべきです。

ゆり
たしかに、転職に失敗してまたやり直しになるのは辛いですね。
佐々木

そうですよね。

失敗を防ぐためにも、安易に転職先を決めずに徹底的に自己分析をしたり、仕事について調べるのは大切です!

おすすめの適職診断ツールは、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」です!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果
佐々木
適職診断を行えば、どんな仕事が向いているか分かるだけでなく、

転職活動での面接や自己PRの作成にも活用できますよ!

無料で本格的な診断が行えるので、「自己分析のやり方が分からない…」という人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

次の章では、コミュ障の人が仕事を上手く進めるコツをお伝えします!

コミュ障の人が人見知りを克服して、仕事を上手く進めるコツ

佐々木

それでは、コミュ障の人が仕事を上手く進めるコツをお伝えします!

お伝えするコツを実践すれば、人見知りを克服でき、働きやすさを感じられるかもしれませんよ!

仕事を上手く進めるコツ
  1. 無理に話そうとしない
  2. 会話の聞き役に徹する
  3. 相手を褒めてみる
  4. 必ず挨拶をする
  5. 完璧であることを求めない

それぞれ詳しくお伝えします!

コツ1:無理に話そうとしない

人は意識し過ぎると、緊張や恐怖が増してしまうものです。

そのため、話すことを強く意識すれば、緊張感がどんどん強くなり、余計上手に話せなくなるでしょう。

今の時代、口頭だけでなく、メールやチャットのやりとりでも十分会話をすることが可能です。

佐々木

初めから積極的に話そうとするのではなく、慣れてきてから少しずつ会話するので問題はないです!

コツ2:会話の聞き役に徹する

会話をする上で、必ずしも自分の意見が必要なわけではないので、聞き役に徹することもおすすめです。

聞き役に徹するコツとしては、相手の言葉に対して適度に相槌を打つことです。

相槌を打っていれば、相手は「話を聞いてくれてる」という気持ちになるので、好印象を与えられるでしょう。

佐々木
特に相手が女性の場合は、共感してくれることに喜びを感じやすいので、

上手く聞き役に徹すれば、コミュ障だと思われないでしょう!

コツ3:相手を褒めてみる

相手を褒める発言を積極的にしてみるのも良いでしょう。

褒めるという行為は、相手に嫌われることなく、かつ相手との仲を深められる行為です。

コミュ障の人は細かいことに気づけるといった特徴を持っている人が多いので、相手のちょっとした変化に気づき、褒めてあげることをおすすめします!

佐々木
褒める行為で相手に嫌われることはないので、安心して話しかけてみましょう!

コツ4:必ず挨拶をする

たとえコミュ障でも、「人に会ったら自分から挨拶する」「挨拶されたら挨拶を返す」というのは徹底すべきです。

挨拶はコミュニケーションの基本ですし、挨拶されて嫌な気分になる人はほとんどいないでしょう。

毎日「おはようございます」「お疲れ様でした」の挨拶をするだけで、少しずつコミュ障を改善させることも可能です。

佐々木
理想は相手の目を見て挨拶すべきですが、無理そうなら鼻や口元など、少し目線を下げても大丈夫です!

コツ5:完璧であることを求めない

コミュ障の人は、他人から嫌われることを人一倍恐れている傾向があります。

そのため、完璧な発言が見つかるまでは、コミュニケーションの機会が少なくなりがちです。

しかしながら、絶対に嫌われない発言なんてないもので、人それぞれどんな発言を嫌うかは異なります。

つまり、完璧を目指していたら、いつまでも人とのコミュニケーションに積極的になれないのです。

佐々木
完璧である必要なないと割り切って、もう少し会話を気軽に楽しんでみましょう!

佐々木
以上が、コミュ障の人が上手く仕事を進めるコツです!
仕事を上手く進めるコツ
  1. 無理に話そうとしない
  2. 会話の聞き役に徹する
  3. 相手を褒めてみる
  4. 必ず挨拶をする
  5. 完璧であることを求めない
ゆり
これらを意識して、毎日の仕事に取り組めば良いんですね!
佐々木

はい!

コミュ障を克服できれば、日々の仕事がより楽しくなりますよ!

コミュ障でも続けやすい仕事はたくさんある!

佐々木

今回は、コミュ障が原因で仕事に悩んでいる方に向けて、

コミュ障でも出来る仕事や、仕事を上手く進めるコツをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • コミュ障のままでも働きやすい環境はたくさんある
  • コミュ障に出来る仕事を探すなら、転職エージェントを使うべき
  • 仕事探しが不安なら、適職診断をして自分について調べるべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!