コンビニオーナー辞めたい!違約金の有無&フランチャイズ契約の解約方法

コンビニオーナー辞めたい!違約金の有無&フランチャイズ契約の解約方法

この記事では、「コンビニオーナー辞めたい…と感じている人に向けて、

コンビニのオーナーを辞めたいと感じる原因』や、『フランチャイズ契約の解約方法』などをお伝えしていきます!

コンビニのオーナーになったものの業務は年々大変になり、売り上げも厳しいことからオーナーを辞めたいと思う人は多いです。

一時的な厳しさなら良いですが、その状態が続くと働く意欲を次第に失い、転職したいと思うこともあるでしょう。

この記事を最後まで読めば、コンビニオーナーの辞め方が分かり、今の苦しい状態から抜け出せますよ!

この記事がおすすめな人
  • コンビニのオーナーを辞めたい
  • フランチャイズ契約の解約方法が知りたい
  • 違約金が発生するのか知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

コンビニオーナーを辞めたい…経営者が抱える悲惨な現実

佐々木
さっそく、コンビニオーナーを辞めたいと思う経営者が抱える、悲惨な現実についてお伝えします。

コンビニオーナーは想像以上に辛いことが多いため、辞めたいと思っている人が多いです。

なぜなら、24時間営業であることに加え、人員不足などの穴は自分で埋める必要があるからです。

具体的には、次のような現実を抱えている人が多いです。

コンビニオーナーの現状
  • アルバイトが集まらない
  • 24時間営業で休む暇がない
  • 競合店舗に勝つ必要がある
  • 本部は何もしてくれない
  • 赤字が大きくならないように必死

また、契約期間が定められており、それ以前に辞めると契約違反に値するので、なかなか辞められない人が多いのも事実です。

次の章で、具体的にコンビニオーナーを辞めたい理由を紹介します!

よくあるコンビニオーナーを辞めたい理由4選

佐々木
それでは、コンビニオーナーを辞めたい理由を紹介していきます!

周りのオーナーの辞めたい理由が分かれば、自分だけが苦しいわけでは無いと勇気が湧くでしょう!

コンビニオーナーを辞めたい理由
  1. 売り上げを出すのが大変
  2. 慢性的な人員不足
  3. 休みが無い
  4. 身を粉にして働く必要がある

1つずつ見ていきましょう!

理由1|売り上げを出すのが大変

コンビニは想像以上に売り上げを出すのが大変なため、赤字が大きくなり辞めたいと思う人が多いです。

毎日の売れ残りの商品は店舗で負担する必要があるものの、スーパーのように値引き売りはできない、

仕入れを減らすと本部から指摘が入るなど、様々な制約があるのも事実です。

それに加え、近隣に競合店舗がオープンすればライバル店舗ができ、さらに売り上げが作りづらくなります。

このような状況もあり、年々売り上げを作るのは厳しくなっており、日々のやりくりに疲れてしまいます。

理由2|慢性的な人員不足

求人を出してもなかなか応募が来ないだけでなく、本部からも人件費を削れと言われ、慢性的な人員不足に陥っているのも原因です。

最低賃金では応募は来ないですし、近年業務内容が増えているのこともあり、コンビニアルバイトは懸念される傾向にあります。

そのため、慢性的な人員不足はなかなか解消されず、オーナー自ら穴を埋めるために店舗に立たなければなりません。

この中で、様々な業務を行いながらスタッフのケアを行うなど、オーナーの業務も増える一方であるため辞めたいと思う人が増えています。

理由3|休みが無い

コンビニは24時間営業であるため、オーナーは24時間店舗を気にかける必要があります。

自分が何をしている時であれ、スタッフに休みが出たりトラブルがあれば、すぐに対応しなければなりません。

そのため、人手が集まらない場合はオーナーや家族が寝る間を惜しんでカバーしており、休む暇がありません。

場合によっては、人件費を抑えるために家族だけで店舗を回すため、家族の会話は途絶え関係が悪くなることも…。

一般社員のように毎週の休みを決めることも出来ず、長期間休みが無いため辞めたいと思う人が増えるのです。

理由4|身を粉にして働く必要がある

オーナーは頼る人もおらず、赤字にしないために身を粉にして働く必要があるので、辞めたいと思う人が多いのです。

オーナーの労働内容について、本部は指導しませんし制約もしません。

そのため、土日祝日も深夜も関係なく働く必要があり、その上残業代の支給もありません。

しかし、本部はオーナーが店舗で働くことを推奨しているため、ほぼ毎日長時間勤務を行っているオーナーがほとんどです。

オーナーが病気で倒れたとしても本部からは援助が無く、むしろ高い時給で社員が派遣され、後日高額請求が来ることも…。

このように厳しい状況の中で、オーナーは身を粉にして働いているのです。


佐々木
ここまで、コンビニオーナーを辞めたい理由についてお伝えしました!

まとめると次の通りです。

コンビニオーナーを辞めたい理由
  1. 売り上げを出すのが大変
  2. 慢性的な人員不足
  3. 休みが無い
  4. 身を粉にして働く必要がある
ゆり
コンビニのオーナーは大変だと感じていましたが、皆さん同じように悩んでいるんですね…。
佐々木
そうなんです…。

皆さん、苦しい状況の中でコンビニオーナーを続けており、辞めたくても辞められない人が多いのです。

次の章から、コンビニオーナーを辞める方法について、説明していきますね!

コンビニオーナーは途中で辞められる?違約金の有無

佐々木
コンビニのオーナーを途中で解約すると、違約金が発生する場合が多いです。

なぜなら、契約書に契約期間満了前に解約した場合の違約金について記載されているからです。

具体的には、次のような契約内容の場合が多いようです。

契約内容の例
  • 契約期間が10~15年
  • 家族2人で契約
  • 違約金は数百万~1000万

この他にも、場合によっては冷蔵庫などをオーナー負担で購入させられ、契約解消時には残っている費用を負担する必要があることも…。

このような契約内容の場合が多いですが、違約金の発生条件は契約内容によって異なります!

任期満了の場合は違約金は発生しないので、任期満了のタイミングを狙うのが一番良い辞め時でしょう。

次に、コンビニのフランチャイズ契約を上手く解約するコツを紹介します!

コンビニのフランチャイズ契約を上手く解約するコツ

佐々木

本当に辞めたいのならば、事前に明確に辞めるためのストーリーを作る必要があります。

なぜなら、本部が納得する理由が無ければ、スムーズに契約解消を進められないからです。

そのために一番重要なのは、中途解約をする最もらしい理由を明確にすることです。

私の経験上、次の理由であれば本部は「仕方ない」と判断しやすいので、ストーリーを組み立てる際に盛り込みましょう!

中途解約をする理由
  • 本人が病気(まともに店舗勤務ができない状態)
  • 副店長、サブマネージャーなどパートナーが不在(例:離婚、病気、トラブル等)
  • 債務超過、破産
  • 加盟前の売上予測と大幅に乖離

上記のような理由が当てはまる方はそのポイントをを貫くことで、納得してもらいやすくなります。

当てはまらない人は、どうすれば本部が「仕方ない」と思えるかをよく考え、事前に解約するためのストーリーを作っておきましょう!

次に、コンビニオーナーを辞めて良かった人の体験談を紹介します!

コンビニオーナーを辞めてよかった人の体験談まとめ

佐々木
コンビニオーナーを辞めて良かったと思っている人は多いです!

実際に辞めた人の様子を知れば、自分が辞めることも想像しやすくなるでしょう!

ゆり
皆さん苦しい状態から、オーナーを辞めることが出来て良かったと思っているようですね!
佐々木
そうですね!

コンビニオーナーを辞めた人はたくさんいるので、諦めずに辞めるための準備を行いましょう!

次に、辞めた後の仕事が不安な人向けに、おすすめの方法を紹介します!

辞めた後の働き方が不安なら転職のプロに相談しよう!

佐々木
いざコンビニオーナーを辞めるとなっても、辞めた後の働き方が不安な人も多いと思います。

その場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします!

転職エージェントに登録すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

場合によっては、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在になってくれますよ!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
転職エージェントを活用できれば、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

コンビニオーナーを辞めたいなら早めの行動が大切!

佐々木
今回は、コンビニオーナーを辞めたいと思っている人に向けて、

コンビニオーナーを辞めたいと思う原因やフランチャイズ契約の解消方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • コンビニのオーナーを辞めたいと思っている人は多い
  • 違約金の有無は契約内容によるので事前の確認が大切
  • スムーズに契約を解消するためには本部が納得するストーリーを作る必要がある
ゆり

ありがとうございます!

コンビニオーナーを辞めるための方法が分かりました!

佐々木

良かったです!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたがコンビニのオーナーを辞められるように応援しています!