転職エージェントおすすめランキング13選

転職に失敗して辞めたい…入社後すぐに後悔する理由4選&正しい対処法

転職に失敗して辞めたい…入社後すぐに後悔する理由4選&正しい対処法

この記事でお伝えすること
  • 転職に失敗してもすぐに辞めるべきでない状況
  • 転職に失敗して後悔する4つの理由
  • 転職に失敗して辞めたくなった時の対処法
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『転職に失敗して、すでに辞めたいと感じる…。』

『転職したばかりだけど辞めてもいいの…?』

…と悩んでいませんか?

この記事では、転職後すぐにやめるべきかの判断軸や、転職後にすぐに辞めたくなった時の対処法などを紹介していきます。

この記事を読めば、転職後すぐにやめてもいいのか、判断できるようになりますよ!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

転職に失敗して辞めたい…すぐに入社後3ヶ月以内でも退職しても大丈夫?

佐々木
転職に失敗したかどうかは、ある程度続けないとわからないこともあるので、

転職後、3ヶ月は続けることをおすすめします。

しかし、それでも3ヶ月以内に辞めたいと思った場合は、状況によって判断すべきです。

なぜなら、状況によって辞めても良いのかが変わってくるからです。

そのため、ここでは次の2つの状況に分けてお伝えしていきます。

もし3ヶ月以内に辞めたいなら…
  1. 辞めない方がいい状況
  2. 辞めても良い状況

まずは辞めない方がいい状況からお伝えしていきます。

1. 転職後3ヶ月以内で「辞めない方がいい状況」

辞めない方がいい状況とは、「辞めたいという気持ちが一時的である場合」です。

なぜなら、もしその状況で辞めてしまうと、次の転職先でも同じことが起きてしまうからです。

次のような状況である場合、辞めたい感情が一時的であるかもしれません。

一時的な「辞めたい」かもしれない状況
  • 初めての仕事ばかりでストレスを感じている
  • 覚えることが多く面倒に感じている
  • 環境の変化でストレスを感じている
  • 同僚や上司とまだ打ち解けられず緊張している
佐々木

転職してすぐの場合、環境の変化などで一時的なストレスを感じているだけかも知れません。

自分がなぜ転職したいのか、感情の整理をして、一時的なのかどうか落ち着いて判断してみてください。

2. 転職後3ヶ月以内でも「辞めてもいい状況」

辞めても良い状況は、「転職理由をきちんと説明できる状況」です。

転職理由がはっきりしているということは、自分の理想がしっかりあるということです。

「自分の理想は今の会社で実現できなかった」という人は、自分の理想とのギャップを埋めることができる転職先を探せば問題ありません。

佐々木

辞めたくなった原因と理想をきちんと分析できれば、1度の失敗は何とかなります。

もし説明できれば、次の応募先の面接官が納得できる転職理由を話せるので、辞めてもいいと言えます。


以上が、「辞めるべきでない状況」と「辞めてもいい状況」です。

もう一度まとめると、次の通りです。

もし3ヶ月以内に辞めたいなら…
  1. 辞めない方がいい状況
    辞めたい気持ちが一時的な場合
  2. 辞めてもよい状況
    辞めたい理由と自分の理想をしっかり説明できる場合
ゆり
たしかに、辞めたい気持ちがすぐ変わってしまうとまた失敗してしまいますもんね…。
佐々木

そうなんです!

転職してすぐ辞めたくなる人は、一時的な気持ちで決断しているかも知れません。

自分の理想を整理するために、理想の条件リストなどを紙に書いてみるのもおすすめですよ。

続いては、転職後すぐに辞めたいと後悔する理由についてお伝えしていきます。

転職失敗…入社後すぐに辞めたいと後悔する4つの理由

佐々木

この章では、入社後すぐに辞めたいと後悔する理由についてお伝えしていきます。

自分がなぜ辞めたいか客観的に考えるためにも、次の理由を見ていきましょう。

入社後すぐに辞めたくなる理由
  1. 仕事に興味がない
  2. 会社の社風と合わなかった
  3. 人間関係がうまくいっていない
  4. 入社時に聞いていた条件と違う

理由1|仕事に興味がない

仕事に興味がなくて辞めたくなってしまう人は結構いらっしゃいます。

興味がないと仕事にモチベーションを保てなくなり、待遇や給与が良くても辞めたくなってしまいます。

会社にも慣れてくると、この先の業務を想像できてしまい、熱が冷めてしまうことも多いようです。

佐々木
仕事での充実感がなくなって転職を考えるようになるのは、当たり前ですよね。

理由2|会社の社風と合わなかった

会社の社風が合わなくて、辞めたくなるパターンもとても多いです。

たとえば、次のような事例の場合です。

社風が合わないと感じる時
  • 飲み会が多くあって行きたくない
  • 無駄な会議や朝礼がイヤ
  • 先輩・上司の仕事のやり方に疑問がある

これらの事例はとても多く、会社と自分のやり方が合わないと、いくらやる気があっても仕事を続ける気にはなれません。

佐々木

会社の社風が合わないと、次の人間関係で辞めたいという理由に繋がってきます。

理由3|人間関係がうまくいっていない

人間関係の悩みは、切っても切れない悩みで、辞めたい理由にも繋がってきます。

もし会社の社風が合わないと、上司や先輩とやり方が合わず、仕事もうまく行かないので、良い関係も築けないと思います。

朝出社するのも、憂鬱になってしまい、精神的に苦しい状況に陥る可能性もあります。

佐々木
ましてや転職での中途採用だと、人間関係を築くのは苦労しますよね…。

理由4| 入社時に聞いていた条件と違う

転職してすぐだと、「入社時に聞いていた条件と違う」という状況は、たびたび発生してしまいます。

会社から聞いていた残業時間より長かったり、業務内容が厳しかったりすると、頑張りたい気持ちも折れてしまうと思います。

佐々木
聞いていた条件と違うと、転職に失敗したと強く感じてしまうため、辞めたいと後悔する理由に意外と多いです。

以上が、転職してすぐに辞めたい後悔する理由でした。

もう一度まとめると、次の通りです。

入社後すぐに辞めたくなる理由
  1. 仕事に興味がない
  2. 会社の社風と合わなかった
  3. 人間関係がうまくいっていない
  4. 入社時に聞いていた条件と違う
ゆり
人間関係の悩みすら、仕事のモチベーションに関わってきますよね…。
佐々木

おっしゃる通りです。

人間関係の悩みは、様々な問題からくるものがあります。

我慢するのは良くないので、少しでも悩んでいるなら早めに対処しましょう!

次の章では、転職で失敗して辞めたいと感じた時の対処法をお伝えします!

転職失敗した…辞めたい…と悩んだらまずやるべき対処法

佐々木

それではここから、転職で失敗して辞めたいと悩んだ時の対処法をお伝えします!

対処法は次の4つなので、自分にどの方法が合うか考えてみましょう。

辞めたいときの対処法
  1. 現状の問題が何か書き出してみる
  2. 現職は次の転職のための経歴づくりと考える
  3. 心身の調子を整える
  4. 転職のプロに相談する

それでは1つ目から見ていきましょう。

対処法1|現状の問題が何か書き出してみる

そもそも「辞めたくなった原因・問題は何なのか」を紙に書き出してみると良いです。

これをすべき理由は、解決策を考えるために、まず現状の問題を明確にしないといけないからです。

問題がわかれば、解決策を考えることができます。

例えば、次の例のように問題を、なるべく具体的に書き出してみましょう。

辞めたくなってしまう理由や課題
  • 今のプロジェクトでは自分のやりたいことができない
  • 会社の社風と合わず、上司と意見がぶつかる
  • 年収などの待遇に不満がある
佐々木

もし問題が分かれば、次のアクションや解決策を考えることができます。

対処法2|現職は次の転職のための経歴づくりと考える

問題を明らかにしていっても、「やめたいけどまだ会社にいる必要がある」場合もあると思います。

その場合は、現職を次の転職のための経歴づくりと考えるのをおすすめします。

現職を経歴づくりと考えると、今の仕事が「辞めるまでの我慢」から「次の転職のためのステップ」に変わります。

佐々木
この考え方を持って仕事をすると自分のキャリアに自身が持てるようになるため、おすすめです。

対処法3|心身の調子を整える

仕事に辞めたくなって悩んでいる場合、一度心身の調子を整えるのも良いでしょう。

転職してすぐの場合、環境の変化で身体が疲れている可能性があります。

一度、身体を休めると、冷静に仕事について考えられるようになることも多いです。

佐々木
体を動かしてエクササイズをしたり、お風呂にゆっくり入ってみるのも、疲労回復には効果的ですよ。

対処法4|転職のプロに相談する

確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります。

佐々木
効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。


以上が、転職で失敗して辞めたいと悩んだ時の対処法でした!

辞めたいときの対処法
  1. 現状の問題が何か書き出してみる
  2. 現職は次の転職のための経歴づくりと考える
  3. 心身の調子を整える
  4. 転職のプロに相談する
ゆり
すぐに実践できる対策できることもありますね!
佐々木

はい!できることから実践してみてください!

次の章では、転職に失敗してすぐに退職・再転職した人の体験談をお伝えします!

転職に失敗してすぐに退職・再転職した人の体験談

佐々木

それでは、実際に転職してすぐ転職した人の事例を紹介します!

成功例と失敗例を分けて紹介するので、参考にしてください!

転職してすぐ転職した人の体験談|男性・女性の成功事例

佐々木
まずはすぐ転職してよかった人の成功事例です!
ゆり
短期間で仕事を辞めても、転職に成功している人がたくさんいるんですね!
佐々木

はい!

正しい方法で転職活動を行い、転職先選びを慎重に行えば、成功できる確率はグッと高くなりますよ!

転職してすぐ転職した人の体験談|男性・女性の失敗事例

佐々木
ただ、転職に失敗して後悔している人もいるので事例を紹介しておきます。
ゆり
失敗して転職を繰り返すことだけは避けたいですね…。
佐々木

そうですよね…。失敗しないためにも、安易に転職先を決めることは危険です。

そのため、次の章では、転職の失敗を避けるための方法についてお伝えします!

転職の失敗を避けたいなら、プロに相談するのもおすすめ

佐々木

転職してすぐ辞める場合、辞めてもいいのかと普通の転職より悩むと思います。

そのため、客観的に現状をみてくれる相談相手がいると心強いです。

もし転職する場合は、転職エージェントを活用して、転職相談するのがおすすめです。

転職エージェントの内容は次の通りです。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントでは、次のようなサポートをしてくれます。

転職エージェントの流れ

1人では面倒な書類の手続きを手伝ってくれたり、面接対策もサポートしてくれるので、

ムダのない効率的な転職活動ができます。

ゆり
こんなにサポートしてくれるんですね…。
佐々木

そうなんです!

登録から転職後まで完全無料で利用でき、一切費用はかからないので、1度登録してみるのをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

ゆり
実際、どこの転職エージェントを使えばいいんですか?
佐々木
まずは、業界で定番の転職エージェントをいくつか紹介していきますね!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

また業界でもサポートが充実していると定評のある転職エージェントばかりなので、

自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらうことができ、年収を下げない転職を実現できます!

ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職後すぐ退職する時の正しい手続きの手順

佐々木
転職エージェントに登録してからの流れを頭に入れておきましょう!

流れを知れば、スムーズに転職エージェントを使い始めることができますよ!

転職エージェントの利用の流れは、基本的にはどこのエージェントでも次の流れになっています。

STEP.1
WEBサイトから転職エージェントに登録
転職エージェントに登録をする女性 担当者から面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
STEP.2
登録後、担当者と面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当者から連絡が届きます。
STEP.3
担当者と面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
STEP.4
担当者から求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。
STEP.5
履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
STEP.7
書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当者からアドバイスをもらいながら進めていきましょう。
STEP.8
内定獲得後、担当者に給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントが全てやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。
ゆり
転職エージェントは、転職活動を始めたときから転職先に就職できるまで、しっかりサポートしてくれるんですね…!
佐々木
そうなんです!

だからこそ、転職を成功させるうえで、転職エージェントの存在は大きいんです!

転職に失敗して辞めたいと思ったら、まずはプロに相談を!

佐々木
今回は、転職に失敗した場合の対処法などについてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 辞めたい気持ちが一時的な場合は辞めるべきではない
  • しかし自分の理想のための転職ならアリ
  • 客観的な意見をもらうために転職エージェントに相談すべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

いくつか登録してみます。

佐々木
はい!

どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「マイナビエージェント」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!