ハローワークはろくな仕事がない?求人の質が悪い理由&他の全転職方法

ハローワークはろくな仕事がない?求人の質が悪い理由&他の全転職方法

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「ハローワークには良い仕事がない?と悩んでいる人に向けて、

『ろくな求人がない理由』や、『ハローワークを利用するメリット・デメリット』などをお伝えしていきます!

ハローワークの評判が悪く悩んでいる人は、あなた以外にも多くいます。

少しでも早く不安を軽減するためにも、リアルな情報を見ていきましょう!

この記事を最後まで読めば、今ある不安が解消されますよ

この記事がおすすめな人
  • ハローワークに良い仕事があるか知りたい
  • ハローワークを使うべきか悩んでいる
  • 転職に失敗したくない
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

ハローワークには良い仕事がない?ろくな求人がない理由

ゆり
ハローワークの求人は、ろくな求人がないと聞いたのですが、本当なのでしょうか?
佐々木
中には良質な求人もありますが、質の悪い求人が多いのは確かです。
ゆり
どうして、ハローワークの求人は質の悪いものが多いのですか?
佐々木

それは、ハローワークは一般的な派遣会社ではなく、国が運営する組織だからです!

詳しくは、次の章で説明しますね!

ハローワークは一般的な派遣会社ではなく、国が運営する組織

佐々木

ハローワークは、国が運営する組織のため、どうしても質の悪い求人が多くなってしまいます。

理由としては、国が運営する組織なので求人をだす企業側は仲介手数料がかかりません。

そのため、求人掲載までのハードルが低く、質の低い求人が増えてしまうのです。

ゆり

なるほど。

ハローワークは、求人掲載に仲介手数料がかからないので質の悪い求人が多くなってしまうのですね。

佐々木

はい、その通りです!

ハローワークは、求人掲載に仲介手数料がかからないため、求人掲載までのハードルが低く、質の低い求人が増えてしまうのです!

次の章では、ハローワークのメリット・デメリットを紹介します!

知っておくべき!ハローワークのメリット・デメリット

佐々木

この章では、ハローワークのメリット、デメリットを紹介します。

まずは、ハローワークを利用するメリットからみていきましょう!

ハローワークを利用するメリット

佐々木
ハローワークを利用するメリットは、次の5つです!
ハローワークを利用するメリット

◎求人面

  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い

◎サポート面

  1. 職業訓練や各種手当を受給できる
  2. 対面で転職相談ができる
  3. 必ず合否の通知がくる

それでは、順番にみていきましょう!

メリット1|地元での就職に強い

ハローワークは、数多くの地元求人を取り扱っているので、地元で転職したい方にはおすすめです!

なぜなら、ハローワークは次の職業安定法に基づいて運営させており、地域に特化した求人が集まっているからです。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十七条)
(職業紹介の地域)

第十七条 公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない。

出典:厚生労働省

転職サイトでは、大都市圏の求人が中心のことが多く、地方転職者には向いていない場合もあります。

一方、ハローワークの窓口で求人紹介を受けると…

基本的に現在の住まいから転居の必要がない範囲の求人を紹介してくれるので、効率よく転職を実現できます!

また、ネットの検索では他県の求人も簡単に調べられるので、UターンやIターンを考えている人にもおすすめです!

佐々木
地元に根付いた企業との太いパイプも持っているので、地方での転職に強いです!

メリット2|求人の量が多い

ハローワークは、全国の事業所で求人を集めているため、膨大な企業の求人を取り扱っています!

数多くの求人が集まっている理由は、転職サイトと異なり企業が無料で求人を出すことが可能だからです。

そのため、採用活動にあまり費用をかけたくない企業は、積極的にハローワークを使うため、多くの求人がハローワークに集まっているのです。

また、ハローワークは全国に540ヶ所以上にあり、全ての求人情報が一つのネットワークで繋がっているため、自分の可能性を広げるために活用することもできます!

佐々木
住んでいる地域にもよりますが、ハローワークに行けば数多くの求人を見て、各企業の情報を比較できますよ!

メリット3|職業訓練や各種手当を受給できる

ハローワークでは、求人の紹介だけでなく、無料で職業訓練が行えたり、各種手当を受け取ることも可能です。

なぜなら、ハローワークで求人を掲載するには、労働基準法を順守する必要があるため、

健康保険や年金、雇用保険などの社会保険が完備している会社しか掲載出来ないからです。

また、職業安定法の中には、次のような内容も含まれていることから、職業訓練を受けることが可能になっています。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十九条)
第十九条 公共職業安定所は、求職者に対し、公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校の行うものを含む。)を受けることについてあつせんを行うものとする。

(平一一法八五・全改)

出典:厚生労働省

自己分析のサポートや業界ごとの職業訓練が受けられるのは、ブランクのある方や、未経験の業界への転職を考えている人には嬉しいでしょう。

さらに、現職を辞めた後にハローワークを利用して転職活動を行うと、状況や条件によって月10万円以上の「失業保険」を受け取ることも可能です。

佐々木
転職に向けて、技術的な面だけでなく、金銭面もサポートしてくれるのは、非常に心強いでしょう!

メリット4|対面で転職相談ができる

ハローワークでは、職業相談員と対面で話をしながら、転職活動を進めることが可能です。

具体的には、次のような相談が出来ます。

ハローワークでの相談内容
  • 客観的な自己分析による適性判断
  • これからのキャリア相談
  • 失業保険などの手続き
  • パソコン技術などの職業訓練

幅広い内容の相談が出来るので、自分では気付かなかった適性を知れたり、今後のキャリアの視野が広がる可能性も高いです。

また、求人内容に不安がある場合は、企業に問い合わせてもらうことも出来るので、疑問点も解決しやすくなります!

佐々木
転職活動は、なにかと不安を感じることも多々あるので、対面で話せることは嬉しいポイントでしょう!

メリット5|必ず合否の通知がくる

ハローワークを使って応募した求人案件は、必ず合否の通知が来る上に、不採用の理由を教えてもらうことも可能です。

なぜなら、相談員が企業に問い合わせて、不採用の理由を確認してくれるからです。

他の転職サービスでは、選考の通過や採用時のみ通知を行うケースもあり、面接後に何の音沙汰もないことはよくあります。

ハローワークなら不採用でも自分を改善するポイントが知れるので、転職活動を効果的に進めやすくなります!

佐々木
必ず合否の連絡がくるので、選考を通過できなかった場合でも、

「気持ちを切り替えやすい」という声もありますよ。


次に、ハローワークを利用するデメリットをみていきましょう!

ハローワークを利用するデメリット

佐々木
ハローワークを利用するデメリットは、次の9点です!
ハローワークを利用するデメリット

◎求人面

  1. 職求人の質が悪くブラック企業が多い
  2. 職有名企業の求人が少ない
  3. 職掲載が終了している求人が混ざっている
  4. 職求人の情報量が少ない

◎サポート面

  1. サポート内容が十分でない
  2. 職員の対応が悪い
  3. 退職時期が決まらないとサポートを受けられない
  4. 土日の営業がない
  5. 希望の求人とマッチしにくい

デメリット1|職求人の質が悪くブラック企業が多い

ハローワークの悪い口コミは、ほとんどが求人に対しての苦情です。

実際にネットの口コミや体験談では、ハローワークの求人は質が悪くブラック企業の求人が多いと言われています。

また、ネットの情報だけでなく「ハローワークの求人の約4割が求人票に書かれた内容と違う」という内容はニュースにも取り上げられました。

デメリット2|職有名企業の求人が少ない

ハローワークで紹介される求人は、地方の会社や中小企業が多いです。

そのため、有名企業に転職したい人にとっては、あまり良い評価を受けていません。

デメリット3|職掲載が終了している求人が混ざっている

ハローワークは、古い情報がそのまま掲載されている場合があります。

実際に、求人を見て連絡をとってみると「既に求人の募集が終わっていた」などの苦情があります。

転職エージェントなどの有料のサービスであれば、掲載に費用が発生するので、企業も常に最新の情報を更新します。

しかし、ハローワークは、企業側が無料で求人をかけられるサービスなので、情報が更新されないまま放ったらかしになっていることもあるんです。

デメリット4|職求人の情報量が少ない

ハローワークの求人の情報量は、最低限度の情報しか記載されていません。

そのため、詳細が知りたい場合は自分で調べる必要があります。

情報が少ないまま転職してしまうと、入社後にイメージとのギャップなどが生まれてしまうので注意してください。

デメリット5|サポート内容が十分でない

ハローワークは転職希望者以外にも、失業者にも利用されているサービスです。

そのため、問い合わせが多く忙しい時期はどうしても失業者が優先され、転職希望者は後回しにされる傾向にあります。

デメリット6|職員の対応が悪い

ハローワークは、転職エージェントや転職サイトと違って企業利益やサービスの質を追求していません。

そのため、どうしても職員の質が悪くなりがちなのです。

また、実はハローワークの職員にも一定のノルマが存在しています。

そのため、ノルマを達成するために転職が簡単そうな企業ばかりを紹介することもあるようです。

デメリット7|退職時期が決まらないとサポートを受けられない

転職を最も安全に行うには、次の職場が決まってから今の仕事を辞めることです。

しかし、ハローワークは企業とのトラブルを避けるために、退職の時期が明確に決まっていない人をサポートしなかったり、後回しにする場合があるようです。

デメリット8|土日の営業がない

ハローワークは、基本的に土日祝日営業はしていません。

そのため、仕事をしながら求人を探すのが困難となります。

いくつか土曜日営業しているハローワークも存在しますが、隔週のみであったりと働きながら求人を見つけたい人には使いにくいサービスとなっています。

デメリット9|希望の求人とマッチしにくい

ハローワークは自分で求人を見つけて応募するシステムです。

そのため、転職エージェントや転職サイトなどのプロがサポートしてくれるサービスと比べて、ハローワークは希望の求人とマッチング率が低いです。


ハローワークのメリット、デメリットをまとめると次の通りです!

ハローワークを利用するメリット・デメリット

◎メリット

  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い
  3. 職業訓練や各種手当を受給できる
  4. 対面で転職相談ができる
  5. 必ず合否の通知がくる

◎デメリット

  1. 職求人の質が悪くブラック企業が多い
  2. 職有名企業の求人が少ない
  3. 職掲載が終了している求人が混ざっている
  4. 職求人の情報量が少ない
  5. サポート内容が十分でない
  6. 職員の対応が悪い
  7. 退職時期が決まらないとサポートを受けられない
  8. 土日の営業がない
  9. 希望の求人とマッチしにくい
ゆり
ハローワークの利用には、メリットとデメリットの両方が存在するのですね。
佐々木

はい、その通りです。

メリットとデメリット両方を理解した上で、本当にハローワークを利用するべきなのかを考えましょう!

次の章では、ハローワークが合う人・合わない人の特徴を紹介します!

ハローワークで仕事がない…合う人・合わない人の特徴

佐々木

この章では、ハローワークの求人が合う人、合わない人の特徴を紹介します。

まずは、ハローワークの求人が合う人の特徴からみていきましょう!

ハローワークの求人が合う人

佐々木
ハローワークの求人が合う人の特徴は、次の2つです!
ハローワークの求人が合う人の特徴
  1. 地元での転職を希望する人
  2. 未経験の業種に転職したい人

それでは、順番にみていきましょう!

合う人の特徴1|地元での転職を希望する人

ハローワークは、地元企業の求人を数多く取り扱っているので、地元で転職したい人にはおすすめです。

地元企業の人事担当との太いパイプを持っていることもあり、地域に密着した企業には、有利に転職活動を進められます。

なかには、地元のハローワークにしか求人を出していない企業もたくさんあります。

佐々木

地元に詳しい相談員もいるので、しっかり話をしながら転職活動を進めれば、

より働きやすい地元企業の求人を紹介してくれるでしょう!

合う人の特徴2|未経験の業種に転職したい人

これまで経験したことのない未経験の業種に転職したい人にも、ハローワークはおすすめです!

その理由は、未経験歓迎の求人が数多くあることも、ハローワークの特徴の一つだからです。

未経験の職種や業種への転職は、何かと不安も伴いますが、相談員からアドバイスをもらえるので、安心して転職活動を進められます!

佐々木

前職の職歴があまり長くない人でも、未経験OKの求人が数多くあるハローワークを利用すれば、

様々な求人案件に応募できるので、自分の可能性を広げられますよ!


次に、ハローワークの求人が合わない人の特徴をみていきましょう!

ハローワークの求人が合わない人

佐々木
ハローワークの求人が合わない人の特徴は、次の4つです!
ハローワークの求人が合わない人
  1. 気軽に求人情報を探したい人
  2. 中小企業や大手企業に転職したい人
  3. 効率よく転職活動を進めたい人
  4. 面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人

それでは、順番にみていきましょう!

合わない人の特徴1|気軽に求人情報を探したい人

ハローワークは、営業時間内しか相談や応募ができないため、気軽に求人情報を探したい人にとっては、転職サイトがおすすめです。

また、すぐ転職しない人で事前に情報を集めたい時にも、好条件の求人を見逃さないように、前もって登録しておくものアリです!

佐々木
自分のペースで求人を見たり、応募できることは転職サイトの大きな魅力です!

合わない人の特徴2|中小企業や大手企業に転職したい人

中小企業や大手企業に転職したい人には、ハローワークの利用をおすすめしません。

なぜなら、中小企業や大手企業の求人の数はハローワークよりも転職サイトの方が圧倒的に多いからです。

事実、転職サイトには企業が掲載料をかけて求人を出しています。

そのため、転職サイトには比較的余裕のある中小企業や大手企業の求人が多い傾向にあります。

佐々木

零細企業ではなく、中小企業や大手企業への転職を検討しているのであれば、

転職サイトを利用すべきです!

合わない人の特徴3|効率よく転職活動を進めたい人

効率よく転職活動を進めたい人は、ハローワークの利用をおすすめしません。

なぜなら、ハローワークには、面接対策などのサポートがないからです。

一方で、転職エージェントを利用すればキャリアアドバザーのサポートを受けながら、転職活動を進められます。

あなたの希望条件をヒアリングした上で、おすすめの転職先を紹介してくれるので、求人検索の手間を省けますよ!

佐々木

現職が忙しくても、上手く転職エージェントを活用すれば、

短期間で転職先を見つけることができますよ!

合わない人の特徴4|面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人

面接対策や書類の添削など、充実したサポートが受けたい人は、ハローワークの利用をおすすめしません。

先ほどもお伝えした通り、ハローワークには面接対策や書類の添削などのサポートがないからです。

一方で、転職エージェントに登録すれば希望の業界に特化した面接対策や、自己PRや志望動機の書き方、伝え方などを教えてくれます。

転職のプロとして様々なサポートを行ってくれるので、転職活動において非常に心強いパートナーになってくれますよ!

佐々木
転職は何かと不安なことも多いので、

キャリアアドバイザーのサポートがあることは嬉しいポイントです!


ハローワークの求人が合う人、合わない人の特徴をまとめると次の通りです!

ハローワークの求人が合う人・合わない人の特徴

◎合う人の特徴

  1. 地元での転職を希望する人
  2. 未経験の業種に転職したい人

◎合わない人の特徴

  1. 気軽に求人情報を探したい人
  2. 中小企業や大手企業に転職したい人
  3. 効率よく転職活動を進めたい人
  4. 面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人
ゆり
ハローワークの求人は、人によって合う合わないがあるのですね。
佐々木

はい、その通りです。

自分の置かれている状況によって、合う合わないが変わってくるはずです!

次の章では、ハローワークで仕事を見つける5つのポイントを紹介します!

仕事ない人必見!ハローワークで仕事を見つける5つのポイント

佐々木

それでは、ハローワークを活用して、転職を成功させるためのポイントをお伝えします!

次のポイントを抑えておけば、転職の成功率がグッと高くなりますよ!

転職を成功させるポイント
  1. 口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る
  2. 仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する
  3. よく見る企業の求人はできる限り避ける
  4. 相性の合う相談員に対応をお願いする
  5. 転職エージェントも併用して非公開求人を知る

それぞれのポイントを説明していきます!

ポイント1:口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る

企業の詳しい情報を知るために、口コミサイトも上手く活用すべきです!

口コミサイトには、実際に働いている企業の社員の投稿が集まっており、リアルな情報を知ることができます。

ハローワークの求人票や企業のホームページでは分からないような書き込みが多々集まっています。

実際に働いている社員の投稿を見れば、社内の雰囲気も感じとれるでしょう。

佐々木
おすすめの口コミサイトは次の2つです!
おすすめの口コミサイト
  1. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/
  2. 『openwork(旧:Vorkers)』
    【公式】https://www.vorkers.com/

ポイント2:仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する

仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認しましょう!

ごく稀にですが、ハローワークの求人には、記載されている募集要項と実際の仕事内容や福利厚生が異なるものがあります。

転職してから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、面接時に確認しておきましょう。

特に、あなたが転職において譲れない条件に関連する部分に関しては、必ず確認すべきです!

佐々木

仕事内容や福利厚生が求人票と大きく異なっていれば、ブラック企業の可能性があります。

そのため、もし内定が出てもしっかり検討してから返事することをおすすめします。

ポイント3:よく見る企業の求人はできる限り避ける

よく見る求人があれば、できる限り応募するのはやめておきましょう。

頻繁に募集を出している企業も多々ありますが、そこには何らかの理由が隠されている可能性があります。

たとえば、仕事がハード過ぎてすぐに辞める人が多い人間関係が悪い環境で人の入れ替わりが激しいなど…。

「この会社、前にも見た」と求人を見て思ったら、できる限り避けるようにしましょう。

佐々木
単純に大量募集をしているケースもありますが、余程魅力的な求人でなければ避けるべきです!

ポイント4:相性の合う相談員に対応をお願いする

相性の合う相談員がいれば、できる限り毎回サポートを依頼しましょう!

ハローワークの相談員の質は千差万別であり、対応が悪ければあなたが転職のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

いくら経験豊富なベテラン相談員といっても、人間同士のやりとりなので、あなたと相性が合うとは限りません。

自分で話をしてみて、熱心に相談に乗ってくれたり、しっかり対応してくれる相談員を見極めてみましょう!

佐々木

ハローワークを活用するなら、相談員の存在は非常に重要です!

しっかりと転職のアドバイスをしてくれる相談員に対応をお願いしましょう!

ポイント5:転職エージェントも併用して非公開求人を知る

より転職の成功率を上げるためには、転職エージェントも併用すべきです!

転職エージェントは、ハローワーク同様無料で利用できる転職サービスです。

キャリアアドバイザーのサポートが受けられるのもポイントですが、他では知れない非公開求人を数多く持っているのも特徴です。

転職エージェントの非公開求人の中には、大手企業や有名企業などの条件の良い案件がたくさんあります!

佐々木

あなたの希望に合う求人が、非公開求人の中に隠れている可能性もありますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
以上が、ハローワークを活用して、転職を成功させるためのポイントです!
転職を成功させるポイント
  1. 口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る
  2. 仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する
  3. よく見る企業の求人はできる限り避ける
  4. 相性の合う相談員に対応をお願いする
  5. 転職エージェントも併用して非公開求人を知る
ゆり
これらを意識しておけば良いんですね!
佐々木

そうですね!

これらのポイントを知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

ハローワーク以外で良い仕事を見つけるための全方法

佐々木

ハローワーク以外で良い仕事を見つけるためには、転職エージェントと転職サイトを上手に利用しましょう。

転職エージェントと転職サイトを併用して利用することで、ハローワークの弱みを補えますよ!

転職エージェントの利用

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「マイナビ」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職サイトの利用

佐々木

次に、おすすめの転職サイトを紹介します。

私のおすすめする転職サイトは、次の2つです!

おすすめの転職サイト
ゆり
この2社がおすすめなんですね!
佐々木

はい、その通りです!

また、転職エージェントと転職サイトの違いが知りたい人は次の表を参考にしてみてください!

転職サイト転職エージェント
気軽さ
選択肢
企業とのやりとり
転職成功率
キャリア相談
面接対策
企業の情報収集

詳しく違いを見たい人は次の表をご覧ください。

転職サイト転職エージェント
気軽さ自分のペースで進められる担当者と面談を行う必要がある
選択肢10万件以上の案件が常時掲載されている非公開求人にも応募できる
企業とのやりとり面接日程や条件の交渉など全て自分で行う担当者がやりとりを行ってくれる
転職成功率書類審査で落ちる可能性は高い1人ひとりに合わせたサポートで成功率は高い
キャリア相談アドバイスを受けられない自分の市場価値を引き出してくれる
面接対策求人情報やHPを見て自分で行う模擬面接など業界ならではの対策が可能
企業の情報収集転職サイト上では情報収集できない 担当者が企業の内部の情報を教えてくれる
ゆり

なるほど!

転職エージェントを使えば、担当者がサポートしてくれるのですね!

佐々木

おっしゃる通りです!

そのため、転職エージェントに登録して、断られた場合のみ転職サイトを利用するのがいいでしょう。


転職エージェントと転職サイトの違いを詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてみてください!

ハローワークで良い仕事がない時は、他の方法で求人を探すべき!

佐々木

今回は、ハローワークを使うべきか悩んでいる人に向けて、リアルな情報をお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • ハローワークは国が運営する組織のため、求人の掲載料がかからなく、質の悪い求人が多くなっている
  • ハローワークにはメリット、デメリットの両方が存在する
  • ハローワークの良い部分は上手く活用し、エージェントとサイトを併用することで転職の成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう1度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 「DYM就職」
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

けど、どれも良さそう…

佐々木
どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「マイナビ」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!