リクルートの転職難易度は?中途採用の可能性&転職を成功させる方法

リクルートの転職難易度は?中途採用の可能性&転職を成功させる方法

「リクルートの転職難易度が知りたい!」

「リクルートは中途採用だと難易度が高いの?」

このような疑問を持っている人に向けて、リクルートの転職難易度やリクルートに転職するための方法などを紹介します!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、リクルートの転職難易度が分かり、適切な対策をして選考に臨めますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

リクルートへの転職難易度は高い?

転職エージェントの佐々木
佐々木
早速、リクルートの転職難易度についてお伝えしていきます!

結論から言うと、リクルートへの転職難易度は高いです!

リクルートは一般的な企業と比べて採用基準が異なる部分が多く、対策が難しいことが難易度が高い理由の一つになっています。

しかし、リクルートは学歴で採用することは少ないので、社風にマッチしていれば学歴問わず入社することが出来ます!

また、リクルートはグループ会社が多いので、こだわりが無ければ入社できる窓口は広いと言えますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、リクルートの転職難易度が高い理由は次の2つが考えられます!

難易度が高い理由1|人気企業でライバルが多い

転職エージェントの佐々木
佐々木

リクルートは人気企業であり、新卒・中途を問わず転職希望者が多いため、競走倍率が高いです!

給与水準が国内トップクラスであり、新しいことにチャレンジできる環境もあることから、人気を得ています。

ライバルが多いため、対策の手を抜くと選考に進むのは難しいです。

中途採用では、これまでに成果を上げており、さらに成長して活躍したいという意欲の高い人が多いので、

その中で選考を通過する必要があることを覚えておきましょう!

難易度が高い理由2|面接重視の選考で人間性を見られる

転職エージェントの佐々木
佐々木

リクルートは人間性や価値観などが重視されることから、面接に重きを置いて選考を行っています。

そのため、書類選考では選考を通過できる確率は高いですが、

面接では生い立ちから今までの出来事について深く聞きながら、その人の考え方や価値観を見定められるので難易度は高くなっています。

面接では、志望理由やこれまでの経験、入社後のビジョンなどから、

その人らしさやリクルートが求める人物像にあてはまっているかを厳しくチェックしています。

緊張する場面でも、自分の言葉で明確な意志を伝えられることが大切ですよ!


転職希望者のゆり
ゆり
リクルートの転職難易度は高いんですね…。
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです…!

しかし、事前に対策を行っておけば自分の考えをしっかりと伝えやすくなるので、成功する確率も上がります!

この記事では、対策方法もしっかりとお伝えするので安心してくださいね!

次に、事前に知っておきたいリクルートの企業情報について紹介します!

そもそもリクルートとは?事前に知っておきたい企業情報

転職エージェントの佐々木
佐々木
選考についてお伝えする前に、リクルートについてお伝えします!

リクルートがどういう会社なのかを知っておくことで、選考対策がしやすくなりますよ!

リクルートの企業情報
  1. リクルートについて
  2. リクルートのグループ会社
  3. リクルートの平均年収
  4. リクルートの福利厚生
  5. リクルート転職後のキャリアプラン

それぞれ説明していきます!

企業情報1|リクルートについて

リクルートはグループ会社として機能しており、中枢を担うのは株式会社リクルートホールディングスです。

その他、グループの主要各社が3つの事業セグメントに分けられており、

HRテクノロジー事業』『メディア&ソリューション事業』『人材派遣事業』それぞれの事業で、迅速な事業戦略を立てられるようになっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
リクルートホールディングスの概要は次の通りです!
社名株式会社リクルートホールディングス
英文社名Recruit Holdings Co., Ltd.
創業創業 1960年(昭和35年)3月31日
設立 1963年(昭和38年)8月26日
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
(登記上本社:〒104-0061 東京都中央区銀座8-4-17)
URLhttps://recruit-holdings.co.jp/
従業員数158名(2020年3月31日時点)
グループ従業員数49,370名(2020年3月31日時点)
グループ企業数366社(2020年3月31日時点)
資本金400億円(2019年6月20日より)
連結売上収益23,994億円(2019年4月1日~2020年3月31日)
連結営業利益2,060億円(2019年4月1日~2020年3月31日)

企業情報2|リクルートのグループ会社

リクルートのグループ会社は世界各国に数多くありますが、その中でもメインになっている企業は次の通りです!

リクルートのグループ会社

◎HRテクノロジー事業

  • Indeed Japan 株式会社

◎メディア&ソリューション事業

  • 株式会社 リクルート
  • 株式会社 リクルートキャリア
  • 株式会社 リクルートジョブズ
  • 株式会社 リクルートマネジメントソリューションズ
  • 株式会社 リクルートライフスタイル
  • 株式会社 リクルートマーケティングパートナーズ
  • 株式会社 リクルート住まいカンパニー
  • 株式会社 リクルートコミュニケーションズ
  • 株式会社 リクルートテクノロジーズ

◎人材派遣事業

  • 株式会社 リクルートスタッフィング
  • 株式会社 スタッフサービス・ホールディングス

さらに詳しくグループ会社について知りたい人は、次のページをご覧くださいね!

企業情報3|リクルートの平均年収

リクルートは平均年収が高く、新卒の年収が450万円前後、2~3年目で500~600万円と言われています!

年齢が上がるにつれて役職に就く人も増え、30代になると年収1000万円以上の人もいます

リクルートには「ミッショングレード制」という評価制度があり、価値が高い業務を担当している人には、それ相応の給与が与えられています!

30代前半でマネージャーになる人が多く、それ相応の評価をされているため、年収が高いと言えますよ!

企業情報4|リクルートの福利厚生

リクルートの福利厚生は一般的な企業とは異なっており、家賃補助などの制度はありません。

その代わり、より良い環境で仕事に打ち込めるような制度や環境づくりに力を入れています!

勤続3年以上の社員が最大28日間の休暇を取れる『STEP休暇』や、家族との記念日に年1回休暇を取れる『サンクス休暇』などがあります。

このように、休暇をとりつつ仕事をする環境ができているため、

育児休暇や有給休暇の取得率も高く、プライペートとのバランスを取りながら仕事をすることが可能です!

また、施設内が常に清掃されており、気持ちの良い環境で仕事ができるように整備が行き届いています。

企業情報5|リクルート転職後のキャリアプラン

リクルートでは若いうちから実績をつむためスキルやノウハウを取得できるため、多くの企業から求められている人材に成長できます!

ベンチャー気質の企業ということもあり、リクルート退職後は起業やフリーランスとして事業を行う人も多くいます。

プレーヤーとして働き続ける人もいますが、多くはマネージャーや役員など、マネジメントや経営に携わるポジションで働いていますよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、事前に知っておきたいリクルートの企業情報についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

リクルートの企業情報
  1. リクルートについて
  2. リクルートのグループ会社
  3. リクルートの平均年収
  4. リクルートの福利厚生
  5. リクルート転職後のキャリアプラン
転職希望者のゆり
ゆり
リクルートには、たくさんのグループ会社があるんですね!

リクルートについて、いろいろ知ることが出来ました!

転職エージェントの佐々木
佐々木
それは良かったです!

どのような企業かを知ったうえで転職活動に臨むことで、適切な対策がしやすくなるので、

企業情報を知っておくことは大切ですよ!

次は、中途採用で応募できるリクルートの募集職種について紹介します!

リクルートの募集職種!中途採用で応募できるポジション

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、中途採用で応募できる職種について見ていきましょう!

現在、専門的な職種に関しては、リクルートグループとして採用を行っています!

これからお伝えする職種は、今後のリクルートの発展を担う職種であり、比較的高いスキルが求められています。

その他、それぞれの企業ならではの職種や事務・営業といった職種に関しては、各転職サイトや企業ごとに採用を行っていますよ!

今回は、リクルートグループが募集をしている職種をまとめました!

リクルートの募集職種
  1. コーポレート
  2. ビジネスデベロップメント
  3. テクノロジー

1つずつ説明していきます!

募集職種1|コーポレート

コーポレートで募集している職種は、リクルートグループ全体の基盤を作る役割を持っています。

通常の事務職などは、転職サイトで募集があるか確認することをおすすめします!

コーポレート

◎リスクマネジメント

  • コーポレート法務:M&A
  • 審査室

◎投資マネジメント

  • 投資マネジメント

◎ファイナンス

  • 経理推進
  • Global accounting:連結決算/経営支援
  • DX推進

◎サステナビリティ

  • サステナビリティ推進

◎アナリスト/研究員

  • アナリスト/研究員(ワークス研究所)

募集職種2|ビジネスデベロップメント

ビジネスデベロップメントで募集している職種は、より事業を発展させるための事業の企画立案に関わる役割を持っています!

現在は、Web領域に関わる事業に力を入れているため、Web領域のスペシャリストを求めていると考えられます!

企画営業などの職種は、転職サイトで募集があるか確認することをおすすめします!

ビジネスデベロップメント

◎マーケティング

  • SEOスペシャリスト
  • アドテクノロジースペシャリスト
  • CRMスペシャリスト

◎プロダクトデザイン

  • デザインディレクター(UIディレクター/プロダクトデザイナー)
  • PdM(Webディレクター/UXディレクター/プランナー)
  • サービス企画・開発ディレクター(クライアントソリューション)

◎プロダクトマネジメント

  • 事業企画・推進(Airビジネスツールズ)
  • ブランドコミュニケーションマネジメント(Airビジネスツールズ)
  • BPR・SCMディレクター(AirPAY)

◎コンテンツ企画

  • 教材コンテンツディレクター(スタディサプリENGLISH)
  • 教材コンテンツディレクター(スタディサプリ小学講座・中学講座)
  • 教材コンテンツディレクター(スタディサプリ高校講座・大学受験講座)

◎プロダクト開発

  • IT企画・サービスディレクション
  • テクニカルプロダクトマネージャー (スタディサプリENGLISH)
  • テクニカルプロダクトマネージャー (toC向けスタディサプリto小中高生)
  • テクニカルプロダクトマネージャー (toB向けスタディサプリto小中高生)

◎社内ICT・DX推進

  • 次世代経営管理システム企画
  • 社内IDシステム企画・開発マネジメント(社内SE)

◎コンサルティング / セールス

  • M&Aコンサルタント (事業開発室メンバー)

募集職種3|テクノロジー

テクノロジーで募集している職種は、より良いサービスを作るためのアプリ開発や新たな価値創造をする役割を持っています!

業務内容だけに留まらず、その技術を活かして新たな価値を見出せるスペシャリストを求めているようです。

通常のエンジニア職は、転職サイトで募集があるか確認することをおすすめします!

テクノロジー

◎エンジニア

  • WEBアプリケーションエンジニア
  • ネイティブアプリエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • SRE
  • テスト自動化エンジニア(SET:Software Engineer in Test)
  • 新規プロダクト開発エンジニア(ブログウォッチャー出向)
  • エンジニアカジュアル面談
  • セキュリティエンジニア

◎データ

  • データサイエンティスト
  • 機械学習エンジニア
  • データエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • データプランナー
  • データガバナー(リーダー)
  • データガバナー(未経験歓迎)
  • R&Dエンジニア

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、リクルートグループが募集している職種についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

リクルートの応募職種
  1. コーポレート
  2. ビジネスデベロップメント
  3. テクノロジー
転職希望者のゆり
ゆり
リクルートでは、様々な職種のスペシャリストを募集しているんですね!

私は専門性が無いから、転職は難しいでしょうか…?

転職エージェントの佐々木
佐々木
公式HPではスペシャリストの募集をメインで行っていますが、

転職サイトや転職エージェントを活用すれば、スペシャリスト以外の求人もあります!

ですので、転職出来る可能性は大いにありますよ!

リクルートの募集職種について詳しく知りたい人は、公式サイトからご覧ください!

次に、リクルートへの転職を成功させる方法を紹介します!

リクルートへの転職を成功させる方法

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここでは、リクルートへの転職を成功させる方法をお伝えします!

お伝えする方法を知っておくことで、効率よく対策が出来るようになり転職成功率が上がりますよ!

リクルートへの転職を成功させる方法
  1. 求める人物像を確認する
  2. 選考の流れを頭に入れておく
  3. 自己分析をして考えを言語化する
  4. 選考対策を行う
  5. 面接対策を念入りに行う

1つずつ説明していきます!

方法1|求める人物像を確認する

リクルートは社風に合う人かどうかを重視しているため、求める人物像を確認しておくことが大切です!

具体的には、次のような人を求めています!

求められる人材
  • 常に前向きかつ意欲的に行動できる人
  • 自分事として物事を捉えてすぐに行動に移せる人
  • 論理的な考えを持ってスムーズなコミュニケーションが取れる人
  • チームプレーができる人
  • 自分の考えを正確にアウトプットできる人

リクルートでは、このような素質が重視されており、中途採用ではこの素質に加えて、これまでの実績やスキルを評価されます!

未経験での転職は難易度が高いので、自分の今までの経験を活かせる職種に応募することが大切です!

特に年齢制限はありませんが、20~30代前半の人材を求めている傾向があります。

方法2|選考の流れを頭に入れておく

余裕を持って選考対策をするためにも、選考の流れは事前に頭に入れておきましょう!

中途採用の選考は、基本的に次ような流れになっています!

中途採用の選考の流れ
  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次試験(面接官:人事または現場マネージャー)
  4. 最終面接(面接官:部長または役員)

エンジニアの場合はSPIの代わりにプログラミングテストがあるなど、応募職種により細かい選考内容は変わってきます。

リクルートは面接を重視しているため、書類選考を通過する確率は比較的高いですよ!

方法3|自己分析をして考えを言語化する

リクルートでは、自分の考えを正確に相手に伝えられる力を見られているので、自己分析を行って自分の考えを言語化しておくことが大切です!

具体的には、次の4つのポイントについて考えておくことをおすすめします!

自己分析の内容
  • 今までの経歴・経験
  • これから自分は何がやりたいのか
  • 自分は今何が出来るのか
  • 自分が企業から何が求められているのか

自己分析のやり方が分からない人は、無料で使える『グッドポイント診断』を行うところから始めるのも良いですよ!

グッドポイント診断や自己分析に関しては、次の記事を参考にしてください!

方法4|選考対策を行う

リクルートは、採用基準が他社と異なっている部分が多いので、しっかりと選考対策を行うことが大切です!

書類選考では、人物重視の選考のため学歴で判断されることは少ないですが、これまでの経歴やスキルは重要視されています。

SPIに関しては、リクルートが作った採用試験ということもあり、結果が重視されます!

難しい問題が出題される訳では無く、普通の問題が多数出題されるので、事前に問題を解いて対策をしておけば通過できる内容ですよ!

同時に行われる性格診断は、特に対策などを行わず素直に答えれば問題ないです。

下手に考えてしまうと、面接時の印象とかけ離れた結果になってしまい、逆に不利になる可能性があるので注意しましょう!

方法5|面接対策を念入りに行う

リクルートの選考の中で最も難易度が高いのが面接であり、応募者の考え方や価値観を知るために、様々な質問が投げかけられます!

そのため、面接対策を念入りに行い、自分の考えをスムーズに話せるように準備しておくことが大切になります!

準備として、学生時代から社会人までそれぞれの期間において、

何をしたか』『なぜそれをしたか』『どのような考え方をしてきたのか』を、具体的に説明できるようにしておきましょう!

面接では、自分の受け答えに対して、次のような問いを投げかけられることが多いです。

面接で投げかけられる内容
  • なぜその決断をしたの?
    →決断した背景や動機、理由はあるか
  • 他の選択肢はないの?それは正しい判断?
    →他の選択肢と比較検討した上で結論を出しているか
  • 具体的にはどのようなこと?
    →自分なりの解釈や定義づけ、物事に対する言語化が出来ているか

これらの問いを投げかけながら、応募者の価値観を深堀していきます。

一次面接から最終面接まで、聞かれる内容に大きな変化がある訳では無いので、より具体的により深く考えを言えるようにしておけば問題ありません!

最終面接では、面接時間が60分~90分と言われているので、自分のことを幅広く話せるように準備しておきましょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、リクルートの転職を成功させる方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

リクルートへの転職を成功させる方法
  1. 求める人物像を確認する
  2. 選考の流れを頭に入れておく
  3. 自己分析をして考えを言語化する
  4. 選考対策を行う
  5. 面接対策を念入りに行う
転職希望者のゆり
ゆり
リクルートへ転職する場合は、これらの点に気を付けて対策すると良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

リクルートは通常の選考よりも、その人の内面を重視する会社なので、

自分自身について深堀しながら対策を進めることが大切ですよ!

次に、リクルートへの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

リクルートへの転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木
先ほど紹介した職種以外で転職を希望する場合は、転職エージェントの活用がオススメです!

転職エージェントでは、次のようなサポートを受けられるため、効率的に対策を行いながら転職活動を進められます!

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉

転職エージェント利用することで、リクルートグループや各企業の内部事情も入手しやすくなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
リクルートに転職したい人におすすめの転職エージェントは、次の5社です!
リクルートへの転職におすすめ
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に◎
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『エンエージェント』
    中小優良企業を見つけたい人におすすめ
    【公式】https://enagent.com/
ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、いつどのサイトに求人が掲載されるかは分からないので、

最初から数社同時に登録しておくことで、転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、リクルートで働いている人の実際の口コミを紹介します!

リクルートで働いている人の口コミを紹介!

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、実際にリクルートで働いている人の口コミを見ていきましょう!

実際の口コミを見ることで、自分が働く姿をイメージしやすくなりますよ!

転職希望者のゆり
ゆり
リクルートでは、選考以外でも自分の考えを聞かれることが多いんですね…!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

このような社風があるからこそ、主体性が生まれ、周りから求められる存在になっていると考えられます!

選考の対策をしてリクルートへの転職を成功させよう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、リクルートの転職難易度が知りたい人に向けて、

難易度が高い理由や転職を成功させる方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • リクルートは転職難易度が高い会社である
  • 選考では自分のことを言語化して伝えることが大切
  • 書類は通りやすいが面接の難易度が高い
転職希望者のゆり
ゆり
ありがとうございます!

リクルートの転職難易度だけでなく、リクルートについても詳しく知ることが出来ました!

転職エージェントの佐々木
佐々木
それは良かったです!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

リクルートへの転職におすすめ
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に◎
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『エンエージェント』
    中小優良企業を見つけたい人におすすめ
    【公式】https://enagent.com/
佐々木
面倒かもしれませんが、いつどのサイトにリクルートの求人が掲載されるかは分からないので、

最初から数社同時に登録して確認しておくことで、転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職希望者のゆり
ゆり
早速、登録して転職活動をしてみます!
転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたの転職が成功することを祈っています!