社会人・会社員が向いてない人の特徴|おすすめの生き方&仕事を紹介

社会人・会社員が向いてない人の特徴|おすすめの生き方&仕事を紹介

この記事では、「社会人・会社員が向いてない人の特徴を知りたい…!という人に向けて、

『社会人・会社員が向いてない人の特徴』や『転職活動が向いていないと思った時にやるべきこと』などをお伝えしていきます!

社会人が向いていないと思いながらも、どのように行動するのが良いか分からず悩んでいる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、自分が社会人に向いているかや、自分に合った生き方が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 自分が社会人に合わないのか知りたい
  • 社会人以外の働き方はあるのか知りたい
  • 会社員に合わない人の特徴が知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

社会人に向いてない…?意外と多い社会不適合者とは

佐々木
結論からいうと、社会人に向いていないと思っている人は多いです!

なぜなら、多くの人が自分の向き不向きを考えたり、型にはまるだけが良いことではないと思い始めているからです。

しかし、社会不適合者と言われていても、そこには自分の性格や個性が隠れている場合が多いです!

その中でも、次のような人は社会不適合者と言えるかもしれません。

社会不適合者の特徴
  • 反省しない
  • 全て人のせいにする
  • 自意識過剰

自分がなぜ会社員に向いていないと思うのかを明確にすることで、働きやすくなりますよ!

次に、社会人・会社員が向いていないと思う人の特徴を紹介します!

社会人・会社員が向いていないと思う人の特徴9選

佐々木
それでは、社会人・会社員が向いていないと思う人の特徴をお伝えします!

向いていない人の特徴を知ることで、自分が本当に社会人に向いていないのか判断できるようになりますよ!

社会人が向いていない人の特徴
  1. ルールに縛られたくない
  2. コミュニケーションが苦手
  3. 忍耐力が無い
  4. 指示されるのが嫌
  5. 完璧主義で無駄が許せない
  6. ひとりで仕事がしたい
  7. 自由に働きたい
  8. 自分で時間を決めて働きたい
  9. 夢を叶えたい願望が強い

1つずつ見ていきましょう!

特徴1|ルールに縛られたくない

ルールに縛られたくない人は社会人に向いていません。

なぜなら、会社には就業時間や規則、部署ごとの決まりごとなど、様々なルールがあるからです。

ルールがあっても気にならない人は多いですが、理不尽さを感じたり縛られてると感じて苦しくなる人がいるのも事実です。

ルールがない方が自分のパフォーマンスを発揮できるなら、会社員に向いていないと言えます。

特徴2|コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人も会社に向いてないと思いやすいです。

なぜなら、会社には幅広い年代の人がおり、上司や同僚、先輩、部下と相手に合わせて対応を変える必要があるからです。

1人の仕事やスペースがあるとしても、仕事を教えてもらったり、仕事を報告するためには、会社の人とコミュニケーションをとる必要があります

それに加えて、職場の雰囲気が悪かったり、すぐに注意を受ける環境なら、人間関係に対してもめんどくささを覚えるでしょう。

特徴3|忍耐力が無い

忍耐力がない人も社会人に向いていないと言えるでしょう。

なぜなら、社会人として働くと、理不尽なことがたくさんあるからです。

具体的には次のような事例があります。

社会人が受けがちな理不尽
  • 上司のミスを押しつけられる
  • 定時間際に終わりきらない量の仕事をふられる
  • 飲み会に出ないことによる嫌がらせ

このような内容を始め、納得できない理由で怒られることも多いため、

忍耐力がないとストレスで体調を崩したり、すぐに反発して会社に迷惑がられてしまうでしょう。

特徴4|指示されるのが嫌

社会人になれば、基本的には誰かの指示を聞いた上で動く必要があるため、指示されるのが嫌な人も会社員に向いていないと思いやすいです。

会社では、非効率な指示をされることもありますが、上司に逆らうと怒りを買ったり、人事評価に響いてしまうこともあります。

そのため、誠意のない指示や相手都合の指示にカチンと来てしまう人は、社会人に向かないのでしょう。

特徴5|完璧主義で無駄が許せない

完璧主義で無駄が許せない人は、会社の仕組みややり方自体にイラつきを覚えて許せなくなりやすいです。

なぜなら、会社には無駄や非効率なことが多く、突き詰めていくとキリが無くなるからです。

完璧主義者の人は、無駄なことがあるという状況に消耗したり、意味がないことをやることに疑心感を持ちます。

そのため、会社にいること自体に意味を感じられなくなるので、社会人が向いていないと感じるでしょう。

特徴6|ひとりで仕事がしたい

ひとりでコツコツ作業をしたり、ひとりの空間で作業をすることが得意な人は、人と一緒にいたりペースを乱されることがストレスとなります。

会社にいれば、決まった条件の中で仕事をする必要があることに加え、常に周りに人がいたり、人と関わりながら仕事をする必要が出てきます。

そのため、行動するためには報告を行ったり、相談することが働き方の基本となります。

このような環境ゆえに、パフォーマンスが発揮できなかったり、精神的に追い詰められていると感じる場合は、社会人に向いていないと言えるでしょう。

逆に、1人で全ての工程を行いたいなど、責任感が強い傾向の人も、一人で仕事をしたいと思うことが多いです。

特徴7|自由に働きたい

好きな場所で好きな時間に働きたいと思う人は、社会人には向きません。

なぜなら、会社では就業時間が定められており、決まった場所で仕事をするような形になっているからです。

また、会社ではチームごとに仕事を行うため、連帯責任として評価が下がったり仕事が増えることも多いです。

このように、外部からの影響をうけることに抵抗がある人は社会人は向いていないでしょう。

特徴8|自分で時間を決めて働きたい

自分で時間を決めて働きたい人も、会社員には向きません。

なぜなら、会社には無駄な時間が多くあるわりに、自分で時間を決めて仕事をしづらい環境だからです。

具体的には、次のような時に無駄だと思うことが多いです。

無駄な時間
  • 通勤時間
  • 会議の時間
  • 残業時間
  • 形だけの資料作成の時間

このように、様々な場面で無駄な時間が発生しているので、効率よく仕事をしたり、

集中してまとめて仕事を進めたい人にはストレスがかかるでしょう。

逆に、時間にルーズだったり、夜中に活動したい人も、会社の規則に合わせずらいので、社会人に向いていないと言えるでしょう。

特徴9|夢を叶えたい願望が強い

自分の夢が明確にあり、その夢を叶えたい願望が強い人も社会人に向いていないでしょう。

仕事が夢に繋がっていれば問題なく働けますが、そうでない場合は何のために働いているのか目的を失ってしまうからです。

夢がある人は、自分をしっかりと持っている人が多いため、仕事の時間が無駄な時間と感じる人もことも…。

夢を叶えることが最優先事項の場合は、会社に勤めず自分で計画を立てて行動した方が良いでしょう。


佐々木
ここまで、社会人・会社員が向いていないと思う人の特徴をお伝えしました。

まとめると次の通りです!

社会人が向いていない人の特徴
  1. ルールに縛られたくない
  2. コミュニケーションが苦手
  3. 忍耐力が無い
  4. 指示されるのが嫌
  5. 完璧主義で無駄が許せない
  6. ひとりで仕事がしたい
  7. 自由に働きたい
  8. 自分で時間を決めて働きたい
  9. 夢を叶えたい願望が強い
ゆり
なるほど!

このような特徴があると社会人に向いていないんですね…!

佐々木
おっしゃる通りです!

この特徴が当てはまるからと言って悪いわけでは無いので、落ち込む必要はありません!

自分の性質を最大限発揮できるように、自分に合った生き方を見つけることが大切です!

次に、社会人が向いていない人におすすめの生き方を紹介します!

社会人が向いていない人におすすめの3つの生き方

佐々木
それでは、社会人が向いていない人におすすめの生き方をお伝えします!

自分に合った生き方を見つけることで、意欲的に働けるようになりますよ!

おすすめの生き方
  1. フリーランス
  2. 起業する
  3. 自由度の高い仕事に就く

1つずつ説明していきます!

生き方1|フリーランス

自分で時間を決めて自由に働きたい人は、フリーランスがオススメです!

なぜなら、フリーランスは個人事業主として働くため、仕事内容も働き方も自分で決めることが出来るからです。

最近では、デザイナーやプログラマー、翻訳家などはフリーランスの案件も多くあります。

自分のペースで働ける分、仕事を自分で探す必要があり、安定した収入を得るには一定期間かかることが在ることを覚えておきましょう!

生き方2|起業する

叶えたい夢ややりたいことが明確ならば、起業するのも良いでしょう!

なぜなら、会社を作れば自分でルールを決められますし、自分が好きなことを仕事に出来るからです。

社員の人数など含めて、自分が働きやすい環境で仕事を出来るので、より良いパフォーマンスを発揮できるでしょう!

生き方3|自由度の高い仕事に就く

会社に勤めていたい人は、自由度の高い仕事に就くことをおすすめします!

なぜなら、業界・職種によってはリモートワークなど、自分で働き方を選択できることもあるからです。

また、基本的に人と関わらずにできる仕事もあります。

自分がどのような環境ならパフォーマンスを発揮できるかをよく分析し、会社を選ぶことで自由度の高い仕事につけるでしょう!

さらに、会社に務めていれば、安定を手にできますよ!


佐々木
ここまで、社会人が向いていない人におすすめの生き方についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

おすすめの生き方
  1. フリーランス
  2. 起業する
  3. 自由度の高い仕事に就く
ゆり
社会人に向いていない人は、このような生き方がおすすめなんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

近年、働き方が多様化していることもあり、自分に合った生き方を選択しやすくなっています!

自己分析をして、自分に合った生き方を見つけていきましょう!

次に、社会人が向いていないと思ったときにやるべきことについて紹介します!

社会人が向いていないと思ったときにやるべきこと

佐々木
それでは、社会人が向いていないと思ったらやるべきことをお伝えします!

働き方の選択を失敗しないためにも、しっかりポイントを確認していきましょう!

転職する際のポイント
  1. 何が向いてないのか理由を明確にする
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 積極的に情報収集をする
  4. 今の会社を基準に転職先を探す

それぞれのポイントについて詳しくお伝えします!

ポイント1:何が向いてないのか理由を明確にする

ただ単に社会人が向いていないという思いから、ネガティブな気持ちで働き方を変えるのは危険です。

数ヶ月後にまた同じ思いで悩まないためにも、何が自分に向いていないのか明確にすることが大切です!

具体的には、自分がどんな環境にいれば前向きになれるか、また反対にどんな仕事や職場は嫌かを考えてみましょう。

佐々木
向いていない理由を考える時は、より客観的に考えるために、紙に書き出してみることをおすすめします!

ポイント2:徹底的に自己分析を行う

自己分析を徹底的に行い、自分の性格や特徴、強みや弱みを見つけることも大切です。

実際マイナビの調査でも、転職後の満足度が高い人の約40%が「自己分析が一番大切だった」と回答しています。

マイナビニュースの記事
転職後の満足度が高い人ほど「自己分析」を大切にする傾向に
参考:https://news.mynavi.jp/article/20160101-a050/
佐々木
自己分析のやり方が分からない方は、

リクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」をやってみることをおすすめします!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果

気軽に1人でも自己分析ができるので、「自己分析のやり方が分からない…」という人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

ポイント3:積極的に情報収集をする

自己分析を徹底的に行っても、自分の知識や考えの範囲内だけで考えると、また同じような問題にぶつかる可能性があります。

自分に合った環境で働きたいなら、積極的に情報収集を行い、

世の中にどのような仕事があり、どのような働き方があるのか知っておきましょう。

情報収集を行うためには、転職エージェントに相談したり、フリーランスや起業している人の話を聞くのが良いでしょう!

佐々木
さまざまな業界の転職事情を知ることで、自分に向いている仕事が見つかるかもしれませんよ!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

ポイント4:今の会社を基準に転職先を探す

転職先選びでは、仕事内容だけでなく、働く環境や人間関係も重要なポイントです。

面接では仕事に関する質問はもちろん、職場の雰囲気や年齢層、男女比なども質問してみましょう。

今の会社で給与面に不満があるなら、給与についても面接段階で質問すべきです。

気になることを一通り確認すれば、今の会社よりも良いか悪いか判断することをおすすめします。

佐々木
面接でしっかりと質問することで、仕事に対するモチベーションの高さを感じてくれる場合もありますよ!

佐々木
以上が、向いていない仕事から転職する際のポイントです!
転職する際のポイント
  1. 何が向いてないのか理由を明確にする
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 積極的に情報収集をする
  4. 今の会社を基準に転職先を探す
ゆり
本気で自分に合った働き方を探したい時は、これらを意識して探すのが良いんですね!
佐々木
そうですね!

転職にはリスクがつきものなので、安易な気持ちで転職先を探すのではなく、

自分で出来ることは徹底的にやることをおすすめします!

次の章では、社会人が向いていなかった人の体験談についてお伝えします!

理想の働き方を実現!社会人が向いていなかった人の体験談

佐々木
実際に、理想の働き方を実現した社会人が向いていなかった人の体験談を紹介します!

実例を見ることで、自分に合った働き方をイメージをしやすくなるはずです!

ゆり
フリーランスや起業を視野に入れて考えることで、自分に合った環境を見つけられている人が多いんですね!
佐々木
そうなんです!

社外人が向かないからと言って、フリーランスや起業が合うというわけでは無いので、

自分の性格とそれぞれの働き方のメリット・デメリットを洗い出したうえで判断しましょう!

次に、社会人・会社員が向かない人におすすめの仕事を紹介します!

社会人・会社員が向かない人におすすめの仕事8選

佐々木
最後に、社会人・会社員が向かない人におすすめの仕事をお伝えします!

どのような仕事がおすすめなのかを知っておくことで、仕事が選びやすくなりますよ!

会社員が向かない人におすすめの仕事
  1. Webライター
  2. Webデザイナー
  3. プログラマー
  4. カウンセラー
  5. 工場勤務
  6. 警備員
  7. 運送ドライバー
  8. 電気検針員

それぞれ見ていきましょう!

おすすめ1|Webライター

Webライターの仕事は、Webメディアに掲載する記事を作成する仕事です。

プログラマーやデザイナーと違って、比較的スキルが無くても始めやすい仕事になっています。

実際、クラウドソーシングサイトにも初心者から上級者向けまで、数多くのWebライターの案件があります。

おすすめ2|Webデザイナー

近年、IT業界が成長していることから、Webデザイナーの需要が高まっています。

その他にも、デザイナーには様々な分野の仕事があり、チラシや名刺などの印刷物や企業ロゴのデザインなどがあります。

応募条件が厳しい場合も多いですが、未経験転職が可能な企業やWebデザインのスクールも増えているので、十分転職出来る仕事です。

知識があれはフリーランスとして働くことも出来るので、食いっぱぐれる心配は少ないです。

おすすめ3|プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を扱って、仕様書をもとにプログラムを作り上げる職業です。

Webサイトの構築やアプリの開発、ゲーム制作など、担当する案件によって使う言語はさまざまです。

黙々と開発を行う仕事になるので、人との関わりが必要な案件でも話すのは相談程度になります。

Web業界は発展の最中なので、これからも仕事は増えていくと考えられます!

おすすめ4|カウンセラー

心理カウンセラーは、病院や学校や、企業などの様々な場所で、相談者の心理的な問題・心の病の解決をサポートする仕事です。

近年、心の病気に注目されていることもあり、企業での需要も増えています。

メンタル面の治療は対面で行う必要があり、患者さんの悩みに寄り添って声を聴くので、人間でなければ出来ない仕事です。

そのため、将来的にも機械に代替されることは無く、需要がある仕事と言えます。

おすすめ5|工場勤務

工場の作業員は、ライン作業やピッキング作業などが主な業務内容です。

仕事内容を理解できるまでは、先輩に仕事を教えてもらうなど、人との関わりが必要です。

しかしながら、単純作業が多いので、すぐに仕事は覚えられるでしょう。

慣れると黙々と一人で作業できる環境が多いので、社会人に向いていないと思う人もおすすめですよ!

おすすめ6|警備員

警備員は、監視・巡回・点検などが主な業務で、トラブルがない限り基本的に1人で任される仕事です。

現場によっては、チームを組んで警備を行う場合もあるので、ゼロというわけではありませんが、人との関わりは少ないです。

特に施設の警備は、活躍している年齢層が広く、男女関係なく働けるのでおすすめです!

おすすめ7|運送ドライバー

運送ドライバーは、会社や店舗、個人宅に荷物を運搬する仕事です。

1度拠点を出発し、外に出れば一人っきりになるので、誰にも気を使う必要はありません。

その日の業務にあわせて、休憩も自分で自由に取れるところは魅力です!

男性ドライバーが多いイメージがありますが、最近は女性のドライバーも増えていますよ!

おすすめ8|電気検針員

電気検針員は、各家庭の電気の使用量を検針する仕事です。

基本的に一人で担当地域を回って検針を行うので、人と関わることは少ないでしょう。

もちろん、地域の人と会った時は挨拶をした方が良いですが、それ以上のコミュニケーションは特に求められません。

電気やガスの検針員は、男女ともに活躍していて、年齢層も幅広い職業です!


佐々木
ここまで、社会人・会社員が向かない人におすすめの仕事についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

会社員が向かない人におすすめの仕事
  1. Webライター
  2. Webデザイナー
  3. プログラマー
  4. カウンセラー
  5. 工場勤務
  6. 警備員
  7. トラック運転手
  8. 電気検針員
ゆり
これらの仕事は、会社員が向かない人におすすめなんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

フリーランスとして働ける仕事や自由度の高い仕事を紹介しました!

これから仕事を探す人は、参考にしてみてください!

社会人が向いてないと思っても、働きやすい環境は必ずある!

佐々木
この記事では、社会人や会社員が向いていないと思う人の特徴などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 社会人が向いていないというのは1つの特徴である
  • 自分に合った生き方を選択することが出来る
  • 情報収集をしっかり行うことで自分に合った働き方を選べる
ゆり
ありがとうございます!

社会人が合わないと思った時の対象が分かりました!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!