既卒が就職できないは嘘!就活を突破する際の注意点&50人の成功体験談

既卒が就職できないは嘘!就活を突破する際の注意点&50人の成功体験談

この記事では、「既卒から正社員就職したい」という人に向けて、

「実際の就職率から見える真実」や『既卒が就職を成功させるコツ』をお伝えしていきます!

既卒で就活をしている人は、転職できるかどうか焦りを感じることもあるでしょう。

しかし、正しい転職の方法やコツを知れば、既卒でも就職に成功できます!

この記事を読めば、既卒からでも就職に成功する方法がわかりますよ!

この記事がおすすめの人
  • 既卒からでも就職できるのか知りたい
  • 既卒の就職事情が知りたい
いま行動しないと人生規模で後悔するかも…

『ワークポート』はフリーター・ニートの就職実績が豊富で、未経験からのIT・Web業界への就職にも強いです。

優良ホワイト企業の求人は人気なので、早い者勝ちです。登録はお早めに!

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数584人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

既卒は就職できないというのは嘘?実際の就職率から見える真実

佐々木

まず結論をお伝えすると…

既卒からの正社員就職は、厳しいですが絶対にできないわけではありません!

具体的に、マイナビが実施した調査結果を見てみると、既卒からの内定率は45%となっており…

約半数近くの人が正社員への就職を成功させているのです!

既卒者の現在の内定率(マイナビ)

出典:マイナビ

既卒から就職することは難しいという声がある一方で、約半数の人は就職できていることを考えると…

正社員就職に向けて正しい準備をすれば、成功できる可能性があることが分かります。

佐々木
実際、既卒から正社員就職に成功した人の事例は、次のようなものがあります。
良い企業を見つけるのに時間がかかった

IT企業へ就職

既卒になってしまいましたが、なんとか正社員に就職できました。新卒の就活をしていた頃よりも、応募できる企業の数は減ったし、なかなか良い企業を見つけるのに時間がかかりましたね。自分の精神的にも、新卒の就活で失敗したことで、若干諦めがあり行動力が減っていた部分も関係していると思います。正社員になることはできたので、できるだけ早く一人前の社員となり、自分が既卒だったことを忘れるくらい会社に欠かせない存在になりたいと思っています。

就職相談:23歳・男性・神奈川県在住

とにかく徹底した準備を行った

自動車販売会社へ就職

既卒の就職活動をしていた頃は、とにかく徹底した準備を行い、なるべく早く内定をもらえるように努力しました。

応募した企業について徹底的に調べることや、自己分析、面接対策など、就職エージェントのサポートを受けながら準備を行い面接に臨んでいました。

結果的に、約1ヶ月で就職先を決めることができました!働き始めてすでに半年近くが経っていますが、より職場を見つけられたと思っています!

就職相談:22歳・女性・埼玉県在住

佐々木

半分の人が就職できていることを知れば、就職することは決して不可能ではないと思えるでしょう。

後ほど、就職するコツなどもお伝えしますが、しっかり準備をして就職活動を進めることが大切です!

次の章では、既卒で就職できない人の理由についてお伝えします。

既卒で就職できない人が多い8つの理由|原因を掴んで対策しよう

佐々木
既卒で就職できない人が多い理由には、次の8つがあります。

理由把握することで、既卒からでも就職が可能になりますよ!

就職できない人が多い理由
  1. そもそも就職活動の行動量が足りていない
  2. 既卒になった理由を説明できない
  3. 自分の知識だけで就職活動をしている
  4. 生活費を稼ぐためにバイトをしすぎてしまう
  5. 面接に慣れていない
  6. 志望動機が曖昧になっている
  7. 大手企業の選考ばかり受けている
  8. 社会人がライバルであることを理解していない

それぞれの理由について説明します。

理由1:そもそも就職活動の行動量が足りていない

マイナビの調査によれば…

「在学時に比べて就活の行動量(エントリー数・説明会参加数)が増えた」と答えた既卒者は、全体の4割しかいません。

半数以上の人は、行動量は変わらないまたは減ったと答えているのです。

厳しい言い方ですが、新卒の就活に失敗した人が、既卒の就活で行動量が増えていないのであれば、内定が出ないのも当然と言えます。

佐々木
既卒で就職するのが厳しくなっている分、新卒の倍頑張るくらいの行動力が必要ですよ!

理由2:既卒になった理由を説明できない

既卒の就職活動の面接では、「既卒になった理由」を確実に聞かれます。

面接官としては…

「大学卒業するまで就職先が決まらず、既卒になったのは何か問題があるかも」と考え、既卒になった理由を質問しています。

この質問に上手く答えられなければ、良い自己PRや志望動機であっても、「問題があるかも」と内定をもらえない可能性があります。

佐々木

既卒になった理由を説明するためには、徹底的に自己分析を行いましょう!

前向きな理由であれば、それほど問題にはなりません。

理由3:自分の知識だけで就職活動をしている

既卒の就活は、新卒と違ってあまりノウハウが出回っていません。

そのため、自分一人の力で就職活動を進めようとしても、情報不足で失敗してしまう場合があります。

少しでも既卒の就職活動で悩んでいるなら、就職支援サービスを使うことをおすすめします。

気軽に使えるのは、既卒向けの就職エージェントです。

求人紹介から履歴書の添削、面接指導など、既卒の就活ノウハウを持つコンサルタントが、サポートをしてくれます。

佐々木
就職エージェントは無料で使えるので、悩んでいるなら登録し相談してみることをおすすめします!
おすすめの就職エージェント
  1. 『ウズキャリ既卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
  2. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/

理由4:生活費を稼ぐためにバイトをしすぎてしまう

既卒の就職活動は、生活費を稼ぎながら行う人が多いです。

そのため、就職活動よりもバイトを優先してしまい、結果的に就職活動ができない人がいます。

場合によっては、新卒の給料よりもバイトの月収の方が多い場合などもありますが、

長期的に考えるとお金のことだけではなく、就職するために何をすれば良いのかを考えながら行動をすることが大事です。

佐々木
自分がどのくらいお金があれば生活できるのかを、1度整理することをおすすめします!

理由5:面接に慣れていない

既卒の方が就職の面接をする場合、年齢的な問題でキャリアやスキルより、熱意やポテンシャルを面接官は評価します。

面接に慣れていない人は熱意やポテンシャルを上手に伝えられず、良い印象を面接官に与えられない場合があります。

佐々木
面接についての詳しい内容は、次の記事を参考にしてみてください!

理由6:志望動機が曖昧になっている

志望動機がはっきりしていない人は、企業側に熱意が伝わらないため書類選考や面接の通過率が低いです。

インターネットでの情報だけでなく、実際にOB訪問などをすることで生きた情報が手に入り、周りの求職者よりも内容が深い志望動機が書けるはずです。

佐々木
志望動機の良し悪しが、就職の合否に大きく関係してきますよ!

理由7:大手企業の選考ばかり受けている

厚労省が「既卒3年以内を新卒として扱うこと」と要望を出しているため、多くの大手企業で既卒を新卒選考枠で採用しています。

実際、マイナビの調査によれば、7割近い企業が既卒を新卒枠で受付しています。

しかし、「選考が受けられること」と、「内定がもらえること」は別の話です。

先ほど45%の人が既卒でも就職できていると説明しましたが、大手企業に限れば、もっと数字は下がります。

佐々木

大手企業は人気があるため、倍率が高く選考に落ちやすい傾向にあります!

理由8:社会人がライバルであることを理解していない

既卒が就活サイトを使って就職活動を進めるのであれば、「既卒可」の求人に応募するでしょう。

ただ、既卒可の求人は「既卒が受けても良い」という意味で、既卒向け・既卒だけに用意された求人ではありません。

メインの対象は、第二新卒などの社会人経験者であることを理解しておきましょう。

あなたが見ている求人にも、多くの社会人から応募が集まっている可能性があります。

佐々木

既卒の人は、職歴がないことで若干不利になるため、

新卒向けなど若手に特化した求人を狙うことをおすすめします!


佐々木
以上が、既卒で就職できない人が多い理由です。
就職できない人が多い理由
  1. そもそも就職活動の行動量が足りていない
  2. 既卒になった理由を説明できない
  3. 自分の知識だけで就職活動をしている
  4. 生活費を稼ぐためにバイトをしすぎてしまう
  5. 面接に慣れていない
  6. 志望動機が曖昧になっている
  7. 大手企業の選考ばかり受けている
  8. 社会人がライバルであることを理解していない
ゆり
既卒ならではの厳しさを理解して、就職活動を進める必要がありますね。
佐々木

そうですね。新卒の就活以上に行動量を増やすことはもちろん、

既卒向けの就職サービスを上手に活用する必要がありますよ!

次の章では、既卒の正しい就活の進め方を説明します!

既卒でも就職できる!正しい就活の進め方

佐々木

この章では、既卒の方の正しい就活の進め方を説明します!

次の手順を行うことで、効率的に就職活動を行うことができますよ!

正しい就活の手順は、次の通りです!

正しい就活の手順
  1. 就職エージェントを使う
  2. 求人サイトを使う
  3. 企業のホームページから直接エントリーする

それでは、順番に説明します!

手順1|就職エージェントを使う

職歴がない方が失敗を最小限に抑えて就職活動をするためには…

就職エージェントを利用しましょう!

就職エージェントがおすすめの理由

就職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえるからです。

就職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く、求人サイトは1人で就活をしなくてはならないのでブラック企業を見極めにくいです。

そのため、まだ就活に慣れていない方には就職エージェントがおすすめなんです!

就職エージェントのサポート内容

佐々木
就職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく就職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な就職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

就職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!就職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

おすすめ就職エージェント

佐々木
私がおすすめする就職エージェントを紹介します!

次の就職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの就職者から高い評判を得ているんです!

おすすめ就職エージェント

◎書類選考の通過率が高い就職エージェント3選

◎職歴がない方におすすめの就職エージェント3選

手順2|求人サイトを使う

佐々木
就職エージェントだけでなく、求人サイトにも目を通すことで就職の成功率は上がってきます。

エージェントと違い求人サイトの場合は、掲載されている求人が基本的には即戦力向けです。

しかし、中には既卒OKの求人も存在するので、積極的に目を通しておきましょう!

手順3|企業のホームページから直接エントリーする

佐々木
直接企業のホームページからも、エントリーをすることができます。

大学のキャリアセンターなどを利用をすれば、希望の企業がホームページからのエントリーを実施しているかわかるのですが、

既卒の人は自分の手で調べる必要があります!

企業のホームページには、転職サイトなどでは分からない情報や求人案件が掲載されている場合もあるので、一度確認してみましょう!


既卒の方の正しい就活の手順をまとめると、次の通りです!

正しい就活の手順
  1. 就職エージェントを使う
  2. 求人サイトを使う
  3. 企業のホームページから直接エントリーする
ゆり
この3つの手順を試せばいいのですね!
佐々木

はい、その通りです!

正しい就活の手順を理解し、効率的に就職活動を進めましょう!

次の章では、既卒から就職に成功した人の事例を見ていきましょう!

既卒から就職に成功した人の事例|27歳職歴なしでもホワイト企業に

佐々木

参考までに、既卒から就職に成功した人の事例を紹介します!

ホワイト企業を紹介してくれた!

不動産会社に就職

既卒となって気づけば27歳になっていましたが、ようやく就職できました。

何度か半分諦めて就活を休んでいる時期もありましたが、年齢的にも少し焦り始めて本腰を入れました。就職エージェントのウズキャリさんにサポートを頼みましたが、ホワイト企業を紹介してくれて本当によかったです!

職歴がないし、年齢的にも若手より不利な自分がどうすれば就職できるかを、詳しく教えてくれました。もっと早く相談すればよかったと思っています。

就職相談:27歳・男性・東京都在住

ゆり
実際に、既卒から正社員就職に成功した人がたくさんいるんですね!
佐々木

はい!

それ以外にも既卒から転職できた人はいます!

準備をしっかり行うことで、希望通りの就職を実現できますよ!

既卒で就職を成功させるための4つのテクニック

佐々木

就活の手順がわかったところで、今度はテクニックについて説明します。

既卒で就職を成功させるためのテクニックは、次の4つです!

今から紹介するテクニックを活かせば、就職成功率がグンと上がりますよ!

就職を成功させるためのテクニック
  1. 既卒向けの求人に応募する
  2. 空白期間の説明をできるようにしておく
  3. 面接の練習をする
  4. 本当にやりたい仕事を見つける

それでは、順番に見ていきましょう!

テクニック1|既卒向けの求人に応募する

佐々木
1つ目のテクニックは、既卒向け・既卒歓迎の求人に応募することです!

既卒向け・既卒歓迎の求人は一般の求人比べ内定率が2倍になっています。

そのため、内定重視で仕事を選ぶなら既卒向け・既卒歓迎の求人に応募することをおすすめします!

また、1つ内定があると精神的にも落ち着くので、本命の求人とは別に滑り止めとして応募する方法もあります。

命の企業がある場合でも、一つ内定があると精神的に安定しやすいので、滑り止めや練習として既卒歓迎の求人に応募してみると良いですよ!

佐々木

既卒向け・既卒歓迎の求人は「ハタラクティブ」「ウズキャリア」などがおすすめです!

年間2万人の就職支援実績!

テクニック2|空白期間の説明をできるようにしておく

佐々木

2つ目のテクニックは、空白期間の説明をできるようにしておくことです!

空白期間の説明ができることで、面接官からの印象はアップします。

空白期間をマイナス評価にしない理由には、大きく分けて2つのパターンが存在します!

空白期間をマイナス評価にしない理由
  1. スキルアップ系
  2. 病気、介護系

それでは、順番に見ていきましょう!

理由例1|スキルアップ系

佐々木
まずは、スキルアップ系の理由から説明します!
◎資格の勉強をしていた

「資格の勉強をしていた」という理由は、空白期間の理由として最適です!

特に公認会計士などのような、難易度の高い資格に挑戦していた場合はより評価されやすいです。

それ以外にも、自分が転職したい業界に関連している資格の場合も面接官から評価されやすくなります。

◎スキルアップのために職業訓練を受けていた

「職業訓練を受けていた」という理由も、空白期間の理由として最適です!

資格の取得と違い、即戦力として活躍できる能力が身につく職業訓練は、場合によっては資格取得よりも評価される場合があります!

◎短期の語学留学をしていた

「語学留学」も空白期間の理由として良いです!

ただし、語学留学をアピールする場合は、TOEICやTOEFLのスコアがある程度高くないと、説得力にかけてしまうので注意が必要です!


次に、病気、介護系の理由例を紹介します!

理由例2|病気、介護系

佐々木
病気、介護系の理由例は次の2つのパターンが存在します!
◎家族の介護をしていた

家族の介護が理由で、空白期間ができてしまったケースは、空白の理由が直接的に本人のせいではないので、マイナスイメージを持たれにくくなります。

しかし、介護をしていた間に全く努力をしていないのはマイナスイメージに繋がるので、介護をしている間に職場復帰のために何をしていたかの説明をすることが重要になります!

◎ケガや病気で療養していた

けがや病気で自身が療養していたのも、空白期間としては正当な理由となります!

介護同様に、けがや病気も直接的に本人のせいではないので、マイナスイメージを持たれにくくなります。

しかし、病気の場合は今後再発の可能性が高いと、企業側としては採用しにくくなるので、完全に完治したことをアピールする必要があります!

テクニック3|面接の練習をする

佐々木

3つ目のテクニックは、面接の練習をすることです!

転職の採用基準には、職歴やスキル以外にも面接での印象も入っています。

そのため、練習もせずに面接に挑む人と、そうでない人とでは転職成功率が大きく変わってきます。

また、若いうちの転職は職歴やスキルよりも、熱意や態度などの方が採用に大きく関わってくる場合も多いので…

面接の本番に挑む前に必ず面接練習をするようにしましょう!

面接について詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてみてください!

テクニック4|本当にやりたい仕事を見つける

佐々木

4つ目のテクニックは、本当にやりたい仕事を見つけることです!

先ほども説明した通り、既卒の就職の場合は経験やスキルよりも、熱意ややる気の高さが合否に大きく関係してきます。

そのため、自分が心からやりたいと思っている仕事の方が、熱意ややる気を伝えやすいので採用される可能性は高いと言えます。

まずは、自己分析から始めて見ることをおすすめします!


既卒で就職を成功させるためのテクニックをまとめると、次の通りです!

就職を成功させるためのテクニック
  1. 既卒向けの求人に応募する
  2. 空白期間の説明をできるようにしておく
  3. 面接の練習をする
  4. 本当にやりたい仕事を見つける
ゆり
この4点を意識すれば良いのですね!
佐々木

はい、その通りです!

4つのテクニックを上手に使えば、効率的に就職活動を進められます!

次の章では、既卒でも活躍できる職種を紹介します!

既卒・職歴なしでも就職して活躍できるおすすめの職種

佐々木
最後に、既卒、職歴なしからでも活躍できるおすすめの就職先をお伝えします!

今から紹介する職業は未経験でも活躍できる職業なので、既卒の方におすすめです!

既卒におすすめの就職先
  1. 営業職
  2. 事務職
  3. 技術職
  4. 販売職

それぞれ確認していきましょう。

おすすめの就職先1:営業職

年収(20代)372万円

仕事内容
  • 自社のサービスや商品、情報の購入を促し契約を取り付ける
  • 顧客の課題を深掘りし、自社商品と絡めた課題解決方法の提案
おすすめ
ポイント
頑張った分だけ給料に反映されることが多い
資格なし
佐々木

営業職で一番大切なことは「ノルマ、数字をいかに追えるか」です。

コミュニケーション能力の高い人には、特におすすめの職種と言えます!

おすすめの就職先2:事務職

年収(20代)299万円

仕事内容
  • 書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力、電話応対
  • 見積書や発注書、請求書の作成など、営業職の社員のサポート
おすすめ
ポイント
土日休み、定時で帰れる環境が多い。女性に特におすすめ
資格なし
佐々木

事務職は、人気の職種なので、若干内定をもらうことが難しくなっています。

そのため、事務職単体で狙うのではなく、他の職種と併用して求人を見てみることをおすすめします!

おすすめの就職先3:技術職(IT企業)

年収(20代)
  • サーバーエンジニア:392万円
  • SE・プログラマー:367万円

仕事内容
  • WEBサイト、WEBシステムの設計開発
  • サーバーコンピュータの設計・構築、運用保守
おすすめ
ポイント
未経験者を積極的に採用しているIT企業では、教育体制も充実しています
資格なし
佐々木

未経験でも技術やスキルは関係なく、

自社の社風に合っているかどうかを重要視しているIT企業もたくさんあります!

おすすめの就職先4:販売・サービス職

年収(20代)294万円

仕事内容
  • 店舗に立ち、商品(有形商材)を顧客に販売
  • レジ打ち、商品の品出しと在庫管理、商品棚のレイアウト決め
おすすめ
ポイント
将来的にマネージャーや店長といった管理職になれば、収入大幅アップも可能
資格なし
佐々木

販売職への就職を成功させるポイントは、取り扱っている商品が好きかどうかです。

自分の好きなブランドを販売する仕事に就ければ、モチベーションが高い状態で毎日働けるでしょう!


佐々木
以上が、既卒におすすめの就職先です!
既卒におすすめの就職先
  1. 営業職
  2. 事務職
  3. 技術職
  4. 販売職
ゆり
これらの就職先が既卒におすすめなんですね!
佐々木

はい!

就職エージェントを使って、これらの職種の求人を探すことはもちろん、

気になる求人があれば、コンサルタントに相談してみることをおすすめします!

おすすめの就活サイト
  1. 『ウズキャリ既卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
  2. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/

既卒の就職は無理じゃない!正しい戦略で正社員に就職しよう

佐々木

今回は、既卒者が就職できない理由についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 既卒からの内定率は45%!約半数の人は就職できている
  • 既卒で就職できない人は「既卒になった理由」を説明できていない
  • 既卒就活を成功させるためには「就職エージェント」を使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識して就職活動を進めればいいんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの就職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめ就職エージェント

◎書類選考の通過率が高い就職エージェント3選

◎職歴がない方におすすめの就職エージェント3選

ゆり

これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、どれに登録すべきか迷いますね…

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「ウズキャリ既卒」と「ハタラクティブ」の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき就活サイト
  1. 『ウズキャリ既卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
  2. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
ゆり

わかりました!

早速登録して、就職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが就職に成功できるよう応援しています!