転職エージェントおすすめランキング13選

転職の面接でよくある質問一覧&回答例|状況・職種別の面接対策を解説

転職の面接でよくある質問一覧&回答例|状況・職種別の面接対策を解説

この記事でお伝えすること
  • 転職の面接で聞かれる質問
  • 転職の面接の適切な受け答え
  • おすすめの転職エージェント
  • 質問のセオリー「STAR」
  • 回答のセオリー「PREP」
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『転職の面接はどのような質問をされるの…?

『転職の面接はどのように答えるのが適切なの?』

…と悩んでいませんか?

この記事では、転職の面接で聞かれる内容、答え方などを紹介していきます!

この記事を読めば、転職の面接を突破するコツがわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

転職面接の4ステップ|絶対に聞かれる質問と回答例

佐々木

この章では、実際の面接の流れを紹介します!

面接の流れを理解することで、事前に面接の対策をすることができますよ!

転職面接は次の4ステップに分かれています!

転職面接の4ステップ
  1. 自己紹介
  2. 自己PR
  3. 転職理由や志望動機
  4. 逆質問

それでは順番に見ていきましょう!

ステップ1|自己紹介

佐々木
一般的にはまず初めに、面接官への「自己紹介」から始まります。

自己紹介では、大学卒業から今に至るまでの経緯を話しましょう。

面接官から時間指定がある場合もありますが、指定がなければ1分程度で話をまとめるのがベストです。

実際に、自己紹介を考えた後、声に出して時間を計ってみることをおすすめします。

佐々木
具体的に、自己紹介の話の構成は次の通りに考えてください。
自己紹介の構成
  1. 面接の機会をいただいたことに対するお礼を述べる
  2. 自分の名前
  3. 卒業した大学名・学部名
  4. 大学卒業後に入社した会社名
  5. 会社の業務内容
  6. 配属された部署
  7. 自分が担当していた業務内容
  8. 簡単な自己PR(時間に余裕があれば)

それでは実際に、自己紹介の例を紹介します。

自己紹介の回答例

本日はお忙しい中、面接のお時間をいただきありがとうございます。

私は◯◯◯◯と申します。◯歳です。

平成△△年に□□大学□□学部を卒業し、株式会社◯◯に入社しました。

◯◯は、◯◯を行っている会社で、私は△△へ配属となり、□□に関する業務を◯年間務めてきました。

前職で培ったことを活かし、御社の業務に貢献できるよう一生懸命頑張りたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

佐々木

自己紹介は、面接の一番最初に聞かれる質問です。

第一印象は非常に大切なので、しっかり答えられるよう準備しておきましょう!

ステップ2|自己PR

佐々木
自己紹介の後は、自己PRに移ります!

具体的にはあなたの強みについて深く問われます。

面接で強みを聞かれる理由は、自己分析ができているか企業が求めている人物像と合っているかを確認するためです。

長所について話す時は、具体的なエピソードがないと、自己分析ができていないと思われるので注意してください。

そのため、長所をいくつも考えるより、1つの長所を具体的に考えた方が好印象です!

応募先企業の求めている人物像に合う要素や、自分らしさがアピールできる長所がおすすめです!

佐々木

人から褒められた話や、前職での体験など、

長所があったからこその成功体験を思い出してみましょう!

それでは、長所に関する回答例を紹介します。

長所の回答例

私の長所は、コミュニケーション能力の高さです。

前職では、自動車販売会社の営業マンとして働いていました。

新規のお客様を獲得するために、自動車に関する正しい知識を持って営業に取り組んでいましたが、

さらに営業成績を上げるために、既存のお客様のアフターケアも丁寧に行っていました。

契約後も、定期的に店舗の来られるお客様と積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を構築していきました。

その甲斐もあって、既存のお客様が友人の方を紹介してくださったり、多くの契約を獲得することができました。

佐々木

いくつも長所を出すのではなく、

応募企業への貢献につながる一つの長所を具体的に伝えるようにしましょう!

ステップ3|転職理由や志望動機

佐々木
次に、転職理由志望動機について、問われます。

面接では、早期退職しないかを確認するため、必ず転職理由に関する質問がされています。

実際、転職理由はネガティブなものがほとんどですが、そのまま面接官に伝えてはいけません。

「嫌なことがあれば、すぐに辞める人」と思われないためにも、

ネガティブな理由をポジティブな理由に変換することが必要です!

佐々木
具体的に、2つのネガティブな退職理由をポジティブに変えて説明してみます。

転職理由の例

給料が低くて転職する場合
→前職が経験を重視する会社で、実績を上げてもあまり評価につながらなかった。そのため、実力主義の外資系企業に転職し自分の力を試したいと思った。

仕事内容に不満があって転職する場合
→前職は、企業研究を十分に行わず、入社してしまった。今回は業界研究を徹底的に行い、御社のビジョンに共感できたので志望した。

佐々木

ポジティブな退職理由に変換できれば、やる気が伝わることはもちろん、

採用担当者に納得感を持ってもらうことができるでしょう。

具体的な退職理由の回答例を紹介しておきます!

転職理由の回答例

前職では、営業職として新規顧客の開拓を主な業務としておりました。

新規のお客様から契約をいただく仕事にやりがいを感じていましたが、

契約後はシステム部やカスタマーサポート部の社員がお客様と接することが中心になるため、

お客様と長期的な関係を築くことが難しい仕事でした。

私は、営業職としてよりステップアップできる環境を探しており、

長期的にお客様をフォローし関係性を深められる御社のビジネスに魅力を感じたので、

前職を退職し応募させていただきました。

佐々木

退職理由は、必ず前向きな理由を伝えるようにしましょう。

間違っても、前職の会社の悪口や不満は言わないように注意してください。

志望動機は、採用担当者が一番重視するポイントと言っても良いほど、重要な質問です。

そのため、他社にないその企業だけの魅力自分が何に貢献できるかなど、

企業の特徴や業務内容、事業内容に目を向けて志望動機を考えましょう。

注意点としては、「土日休みなのが良かった」「未経験歓迎と書いていたから」というような、

自分の都合の動機を伝えてはいけません。

志望動機の回答例

前職では、アパレルや雑貨を取り扱っている専門店で、販売員として仕事をしていました。

日々の業務では、店舗に来られるお客様の接客に力を入れており、素早く適切な商品を勧められるように、業務を行ってきました。

御社では、店頭の販売員を経て、副店長そして店長として働くキャリアプランがあると知り、私の理想とマッチしていたので応募させていただきました。

佐々木

志望動機では、応募先のどこに魅力を感じたのかハッキリ伝えることが大切です!

ステップ4|逆質問

佐々木
面接の最後は、逆質問の時間が設けられます。

この質問には、入社意思を確認する意図があるので、「ありません」と答えるのはやめましょう。

また、ホームページに書いていることや、給料やボーナス、昇給などの待遇に関することも、入社意欲があまり感じられないためNGです。

佐々木

逆質問では、求人情報やホームページから読み取れないことを聞くのが正解です!

いくつか逆質問の例を紹介しておきます。

逆質問された時の回答例

  • 御社が求める人材として、最も重視しているのはどの点ですか。
  • 御社の営業職の社員の一日の仕事の流れを教えてほしいです。
  • 入社するまでに、最低限準備しておくべきことはありますか。
佐々木

面接対策をしている人も、この最後の逆質問の対策をしていない人は多く、

結果的に転職に失敗してしまう人が一定数います。

そのため、最後の逆質問の対策までしっかりと行い、他の転職者と差をつけましょう!


転職面接のステップをまとめると、次の通りです!

転職面接の4ステップ
  1. 自己紹介
  2. 自己PR
  3. 転職理由と志望動機
  4. 逆質問
ゆり
転職面接は上記のような流れで行われるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

必ずしも、この流れのままとは限りませんが、一般的には上記の流れで面接は進んでいきます!

次の章では、職務要件別のよくある質問と解答例について説明します!

【転職する職務要件別】面接でよくある質問と回答例

佐々木

この章では、転職する職務要件別に質問内容と解答例を説明します!

企業によって、応募者に求める要件は異なりますが、

ここではどの企業にも当てはまる要件に絞り、質問内容と解答例を紹介します!

職務要件別の質問内容は、次の10つです!

職務要件別の質問内容
  1. 仕事への前向きさに関する質問
  2. 交渉力に関する質問
  3. リーダーシップに関する質問
  4. チームワークに関する質問
  5. 行動力に関する質問
  6. 自立性に関する質問
  7. ストレス耐性に関する質問
  8. 誠実さに関する質問
  9. グローバルスキルに関する質問
  10. キャリアビジョンに関する質問
それでは順番に見ていきましょう!

仕事への前向きさに関する質問

面接官の質問
仕事をする上で、あなたが大切にしていることはなんですか?
解答例

私が仕事をする上で大切しているのは、社員とコミュニケーションをたくさん取ることです。

なぜなら、良質な関係の中で仕事をする方が無駄なコミュニケースオンコストなどもかからず、円滑に仕事が進むと考えているからです。

 

ポイント
転職の面接では、多くの会社があなたの仕事に対するスタンスについて質問をしてきます。

この際に、できるだけ会社のカルチャーにマッチした回答をすることで、転職成功率は上がります!

交渉力に関する質問

面接官の質問
今までの仕事で、交渉の求められる業務の経験はありますか?

また、その際にどのようなスタンスで交渉を進めますか?

 

解答例
前職で、クライアントとの金銭面の交渉を担当していました。

交渉のスタンスとしては、目先の利益を追求するだけでなく、長期的に良好な関係を築けるように努力していました。

 

ポイント
営業スキルが高い人は、会社の即戦力になるので、重宝されやすいです。

そのため、交渉周りの質問をされた場合は、会社のスタンスに寄せた内容を回答するようにしましょう!

リーダーシップに関する質問

面接官の質問
今までに、リーダーのポジションでプロジェクトを進行させた経験はありますか?

また、リーダーに必要な条件はなんだど思いますか?

 

解答例
前職で、◯◯のリーダーとしてプロジェクトを進めた経験があります。

その際は、いかに周りを巻き込めるかを意識して取り組んでいました。

その結果、仕事の成果をあげることができました。

 

ポイント
リーダーシップが取れる人も、転職では重宝されやすいです。

そのため、リーダーの経験がある人はそのエピソードを強く推していきましょう!

チームワークに関する質問

面接官の質問
何か、チームで成果をあげた経験はありますか?

また、その際どのようなことを意識しましたか?

 

解答例
前職の会社の営業では、〇〇のチームで成果をあげていました。

私は友人から「よく気がつく人」だと言われることもあり、周りの人に積極的に声をかけることを意識していました。

学生時代の部活では、自分のことだけに必死になるのではなく、チームメイトや後輩が疲れている時には積極的に声かけを行ったことで、全員で最後までやりきることが出来ました。

その経験を生かし、会社でも周りの人に積極的に声をかけたことで成果を上げることが出来ました。

 

ポイント
どの企業もチームワークに関する質問はしてきます。

そのため、自分なりのチームに対しての考え方をまとめておきましょう

行動力に関する質問

面接官の質問
過去に行動力が求められる仕事の経験はありますか?

解答例
はい、あります。

私は前職がベンチャー企業であったため、上司から仕事を貰うというよりは、自分で課題を見つけて解決するようなことをしていました。

そのため、行動力に関しては自信があります。

 

ポイント
行動力や活動量に関する質問は、ベンチャー企業や営業職を志望する場合によく聞かれる質問です。

自律性に関する質問

面接官の質問

自ら率先して業務を進めた経験はありますか?

 

解答例
前職では、マーケティング部のPMとして働いていたので、自分からメンバーに声をかけて状況把握をしていました。

ポイント
どの企業でも、自律性が高い人は重宝されます。

そのため、本来は苦手であっても、自律性が高いと思われるエピソードを話すことをおすすめします。

ストレス耐性に関する質問

面接官の質問

今までで、一番辛かったことはなんですか?

また、それをどのようにして乗り越えましたか?

 

解答例
今までで一番辛かったのは、受験勉強です。

その際には、仲間と励まし合うことでその辛さを乗り越えていました。

 

ポイント
どの企業もストレス耐性に関する質問はしてきます。

そのため、自分なりのストレス発散方法を言語化し、ストレスを溜めにくい人だという印象をつけれるようにしておきましょう。

グローバルスキルに関する質問

面接官の質問
語学力のスキルはありますか?

解答例
TOEICの点数は〇〇で、日常会話レベルならば問題なく話せます。

ポイント
海外展開をしている企業に転職をする際は、必ず語学力に対しての質問をされます。

最近では、テストの点数だけでなく、スピーキングの高さも評価の軸に入っているんで、スピーキングができることもアピールしておきましょう。

キャリアビジョンに関する質問

面接官の質問

将来成し遂げたいことや夢はありますか?

また、2~3年後のキャリアビジョンがあれば、教えていただきたいです。

 

解答例
将来はフリーランスエンジニアとして独立したいと考えています。

そのために、この先2年で大きなプロジェクトに関わり、エンジニアとしてのスキルを高めていきたいと考えています。

 

ポイント
キャリアビジョンは会社の方針に合わせたものを用意する必要があります。

会社によっては、将来独立する意思がある人を採用しない場合もあるので、事前に会社のスタンスを理解しておきましょう。


転職する職務要件別に質問内容と解答例をまとめると、次の通りです!

職務要件別の質問内容
  1. 仕事への前向きさに関する質問
  2. 交渉力に関する質問
  3. リーダーシップに関する質問
  4. チームワークに関する質問
  5. 行動力に関する質問
  6. 自律性に関する質問
  7. ストレス耐性に関する質問
  8. 誠実さに関する質問
  9. グローバルスキルに関する質問
  10. キャリアビジョンに関する質問
ゆり
職務要件別だと、上記のような内容を問われるのですね!
佐々木

はい、その通りです。

前に質問内容を理解し、適切な回答を準備しておきましょう!

次の章では、転職先の規模別によくある質問と回答例を見ていきます。

【転職先の規模別】面接でよくある質問と回答例

佐々木

この章では、転職先の規模別に質問内容と解答例について説明します!

大企業が求める人材像と、中小企業・ベンチャー企業が求める人材像は異なるので、

それぞれ、転職先の規模別に対策をしていきましょう!

まずは、中小企業・ベンチャー企業の質問から見ていきましょう!

中小企業・ベンチャー企業への転職でよくある質問

面接官の質問
弊社のどの点に魅力を感じましたか?

 

解答例
〇〇社の△△というカルチャーに魅力を感じました。

私は仕事をする上で〇〇を大切にしているので、その点と企業のカルチャーがぴったりだと思い、〇〇社応に募させていただきました。

 

ポイント
中小企業・ベンチャー企業の場合は、会社のカルチャーにマッチする人材かどうかがかなり見られます。

そのため、志望動機をいう際には、会社のカルチャーについて話すと良いでしょう!

また、中小企業・ベンチャー企業の場合は残業や休日出勤についての質問をされる場合もあります。

残業や休日出勤にあまり抵抗がないことをアピールすると、中小企業・ベンチャー企業の働き方と相性の良い人材と見なされ、転職成功率は上がります。

大企業への転職でよくある質問

面接官の質問
他社との交渉経験はありますか?

また、長期的なプロジェクトに参加した経験はありますか?

 

解答例
交渉経験に関しては、前職でクライアントとの金銭面の交渉を担当していました。

交渉のスタンスとしては、目先の利益を追求するだけでなく、長期的に良好な関係を築けるように努力していました。

また長期プロジェクトの参加に関しても、経験があります。

内容としては、エンジニアの育成を目的としたプログラミングスクールの立ち上げを行い、プロジェクトマネージャーとして2年間勤めました。

 

ポイント
大企業への転職の評価軸は「交渉力」「プロダクト・プロジェクトマネージャー経験」などが見られます。

自身の仕事を振り返り、上記の2点に適する業務経験を整理しておきましょう。


ゆり
中小企業やベンチャー企業と大企業とでは、求められる人材像が違うのですね!
佐々木

はい、その通りです!

自分の職歴に自信がない場合はやる気や理念を重視される「中小企業・ベンチャー企業」職歴に自信がある場合は、経験を求められる「大企業」への転職が相性が良く転職成功率が上がります。

次の章では、転職者の経歴別に質問と解答例を見ていきましょう!

【転職者の経歴別】面接でよくある質問と回答例

佐々木

この章では、転職者の経歴別に質問内容と解答例について説明します!

転職者の経歴によって面接で聞かれる質問は変わってくるので、

自分の職歴に合わせて対策をしておきましょう!

転職者の経歴は大きく分けて、次の5つがあります!

経歴別の質問内容
  1. 異業種・未経験への転職者によくある質問
  2. 初めて転職する人によくある質問
  3. 転職回数が多い人によくある質問
  4. ブランクがある人によくある質問
  5. リストラ後の人によくある質問

それでは、順番に見ていきましょう!

異業種・未経験への転職者によくある質問

面接官の質問
なぜ、今回異業種・未経験への仕事に転職しようと考えたのですか?

また、異業種に転職した場合、また1からスキルを学ぶ必要がありますが、問題はありませんか?

 

解答例
今回〇〇業界に転職を考えている理由は、市場の伸び率が非常に高いからです。

また、前職で得た〇〇スキルが〇〇市場と相性が良いと感じたのも転職理由の1つです。

1からスキルを学ぶ点に関しては、〇〇業界にもともと興味があったので、むしろ意欲的に取り組んでいきたいと考えています。

 

ポイント
異業種・未経験への転職の際は、「転職理由」と「転職者の覚悟」についての質問が問われます。

そのため、事前に面接官が納得する転職理由と、覚悟が伝わるような意欲を見せるように努力しましょう。

初めて転職する人によくある質問

面接官の質問
前職とは異なる社風の環境で働く事に対し、不安はありませんか?

 

解答例
はい、不安はありません。

実際に会社のHPやOB訪問を通し、自分の性格と一致した企業だと感じています。

 

ポイント
初転職の場合は、環境が変わる事に対しての質問が問われます。

その際には、既に自分の手で会社の調査をしていることを伝えるなど、異なる社風の環境でも問題なく働けることをアピールしましょう。

転職回数が多い人によくある質問

面接官の質問
転職回数が多い理由は何ですか?

また、業務がつまらないと感じた時に、どのように乗り越えますか?

 

解答例
転職回数が多い理由としては、それぞれの会社で業務をやりきったと感じたからです。

実際にどの会社でも社内表彰を受けております。

確かに、転職回数は多いですが、それぞれの会社でベストを尽くした自負はあり、逆に言えば業務をやりきるまでは仕事をやめた経験はありません。

業務がつまらないと感じた場合は、業務にゲーム性を取り入れています。

具体的には、どのようにしたら1番利益が上がるかなどを考え、仮説検証を繰り返します。

それにより、業務自体はつまらないと感じても、高いモチベーションで業務に取り組んできました。

 

ポイント
転職回数が多い転職者に場合は、「転職理由」と「すぐ辞める人ではないか」の質問を問われます。

この際に、一貫した転職理由を伝えることで、面接官にプラスのイメージを与えることができます。

ブランクがある人によくある質問

面接官の質問
仕事にブランクがあるのは、なぜでしょうか?

また、仕事をしていない期間は何をしていましたか?

 

解答例
前職での仕事が多忙すぎて、精神的に病んでしまったのが理由です。

その期間は、実家に住みながら、アルバイトをして生活費のやりくりをしていました。

現在は精神的にも安定し、自己分析を行うなどストレスの解消法を見つけたので、今後の不安要素はありません。

 

ポイント
ブランクのある理由は、必ず正直に答えるようにしましょう。

入社後に嘘がバレると解雇される可能性もあり、自身のキャリアに傷をつける事になります。

解雇経験があると、それ以降転職が難しくなるので、必ず嘘はつかないようにしましょう。

リストラ後の人によくある質問

面接官の質問
リストラされた原因は何ですか?

 

解答例
会社の業績が急激に落ちた事と、自分自身が病気などであまり会社に行けてなかったのが理由です。

現在は病気は完治しており、以前のような心配はありません。

 

ポイント
ブランクの理由と同様に、リストラの理由は必ず正直に答えましょう

入社後に嘘がバレると解雇される可能性もあり、自身のキャリアに傷をつける事になります。

解雇経験があると、以降転職が難しくなるので、必ず嘘はつかないようにしましょう。


経歴別の質問内容をまとめると、次の通りです!

経歴別の質問内容
  1. 異業種・未経験への転職者によくある質問
  2. 初めて転職する人によくある質問
  3. 転職回数が多い人によくある質問
  4. ブランクがある人によくある質問
  5. リストラ後の人によくある質問
ゆり
経歴によって、面接で聞かれる質問は変わってくるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

面接官に良い印象を残そうとするあまりに、嘘の理由を言わないように気をつけましょう!

次の章では、年代・状況別の質問と解答例を説明します!

【転職者の年代・状況別】面接でよくある質問と回答例

佐々木

この章では、転職者の年代・状況別に質問内容と解答例について説明します!

転職者の年齢や状況によって、面接で聞かれる内容は異なるので、

自分の年齢、状況に合わせて対策をしておきましょう!

年代・状況別の質問内容
  1. 第二新卒や20代の転職者によくある質問
  2. 30代の転職者によくある質問
  3. 女性の転職者によくある質問

それでは、1つずつ見ていきましょう!

第二新卒や20代の転職者によくある質問

面接官の質問
今回転職を考えた理由は、何ですか?

また、もう少し長い期間、働こうとは思いませんでしたか?

 

解答例
転職を考えた理由としては、前職での仕事はやりきったと感じたからです。

もう少し長く前職で働くことも検討はしましたが、自分のやりたいことを最速で実現させるためには転職を早くした方が適切だと考えました。

具体的には、前職では個人の売り上げが重視されていました。

しかし、私は周りとコミュニケーションをとりながら、チームで成果をあげることの方が得意です。

そのためチームで成果をあげるような環境で働く方が自分の力を発揮できると思い、今回転職を決意しました。

 

ポイント
第二新卒や20代の面接の際には「また転職するのではないか?」と思われない転職理由を用意する必要があります。

20代の人材を求める企業は多いので、自分を上手にアピールし転職活動を成功させましょう!

30代の転職者によくある質問

面接官の質問
リーダーシップを発揮された経験やマネジメントの経験はありますか?

 

解答例
はい、経験があります。

長期プロジェクトとして、エンジニアの育成を目的としたプログラミングスクールの立ち上げを、プロジェクトマネージャーとして勤めました。

そのため、チームのマネジメントや統率をとることは得意分野です。

 

ポイント
30代の転職の質問は、リーダーシップやマネジメント経験など、チームをまとめられる人材かどうかが問われます。

しかし、上記のような経験がない場合でも自分ならではの強みを伝えることで、転職は十分に可能です。

女性の転職者によくある質問

佐々木
近年多くの会社で、女性ならではの質問をすることは禁止されています。

しかし、子育てに関する質問は、まだ聞かれる場合もあるので、次のような質問をされることは想定しておきましょう!

女性の転職者によくある質問
  • 結婚後も仕事を続けたいと考えていますか?
  • 育児と仕事については、どのように考えていますか?
  • 残業や休日出勤は可能ですか?

年代・状況別の質問内容をまとめると、次の通りです!

年代・状況別の質問内容
  1. 第二新卒や20代の転職者によくある質問
  2. 30代の転職者によくある質問
  3. 女性の転職者によくある質問
ゆり
年代や状況によって、面接で聞かれる内容は異なるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

自分の年代、状況に合わせた回答を用意し、転職活動を成功させましょう!

次の章では、転職諸条件別のよくある質問と回答例を紹介します!

【転職諸条件別】面接でよくある質問と回答例

佐々木

この章では、転職諸条件別に質問内容と解答例について説明します!

内定・入社条件別にそれぞれ見ていきましょう!

内定条件に関するよくある質問

佐々木
内定条件に関する質問は、次のような内容です!
内定条件に関する質問
  • 内定が決まった場合は、いつから働けますか?
  • 内定が決まった場合、いつまでに結果をいただけますか?
  • 内定を出した場合に、他社を辞退することは可能ですか?
解答例
気持ち的には、是非明日からでも働きたいのですが、

会社の引き継ぎなどを考えると、1ヶ月後あたりが目安になります。

 

ポイント
「いつから働けるか?」の質問に対してのベストな回答は正直ありません。

しかし、一般的に前職を辞める準備期間に1~3ヶ月かかるので、この範囲以内であれば問題ないです。

そのため、事前に前職を辞めるまでにすることを整理し、退職準備に何ヶ月かかるかは把握しておきましょう!

その場で、即答しないで家で検討し、後日詳細を伝えることも可能です。

入社条件に関するよくある質問

佐々木
入社条件に関する質問は、次のような内容です!
入社条件に関する質問
  • 希望の年収はありますか?
  • 残業や休日出勤は可能ですか?
  • 希望の勤務地はありますか?
  • 転勤は可能ですか?

入社条件に関しては、個人でそれぞれ回答は変わってくるので、正解のパターンは存在しません。

回答する際のポイント

転職を成功させたいからと言って、あまりにも遠慮しすぎた回答は、入社後に後悔するのでおすすめはしません。

しかし、あまりにも無理な要望をすると、転職できる可能性は低くなるので、理想と現実の適切なラインを言うようにしましょう!


年代・状況別の質問内容をまとめると、次の通りです!

内定・入社条件別の質問内容
  1. 内定条件に関するよくある質問
  2. 入社条件に関するよくある質問
佐々木
転職の面接で聞かれる質問の説明は以上までになります!

次の章では、自分の意見を的確に伝える方法について紹介します!

どんな質問でも自分の意見を的確に伝える2つの方法

佐々木

この章では、どんな質問に対しても、自分の意見を的確に伝える方法を2つ紹介します!

次の2点を意識することで、自分の意見を妥協することなく理想の転職活動が行えますよ!

意見を的確に伝える方法
  • 質問のセオリー「STAR」の理解
  • 回答のセオリー「PREP」の理解

それでは、順番に見ていきましょう!

転職面接における質問のセオリー「STAR」とは

佐々木
STARとは、応募者に対して面接官が行う質問のフレームのひとつです!

具体的には次の通りです!

STARとは
  • S:応募者がどんな状況で
  • T:どんな仕事や目標に向かって
  • A:どのように行動し
  • R:どう結果に繋げ、そこから何を得たか

以上の4点を質問するフレームです。

STARは面接の合否を決める最も大切なフェーズなので回答をよく考えることが大切です。

佐々木
そのためこのSTARのセオリーを覚えることで、転職成功の確率を上げることができるんです!

それぞれ詳しく見ていきましょう!

セオリー1「S」:Situation(状況)

面接官の質問(S)
前職の事業では何を目指していましたか?

前職でのあなたのポジションはどのようなものでしたか?

 

初めの質問は状況確認(S)です。

前職の事業についてや、会社でのあなたの役割などを聞かれます。

「S」の質問は、あくまで状況確認なので、印象良く回答しようとする必要はありません

セオリー2「T」:Task(職務)Target(目標)

面接官の質問(T)
前職での業務を教えてください

前職では、何を目標にしていましたか?

目標を達成するためには、何が課題でしたか?

また、どのように乗り越えましたか?

 

続いての質問は、業務内容や目標について聞かれ、

さらに、それをどのように乗り越えたかを問われます。

セオリー3「A」:Action(行動)

面接官の質問(A)
課題を解決するために、実際に行った行動について教えてください

前職で上手くやれたこと、上手くやれなかったことについて教えてください

チームで仕事をする際に、どのような点を意識し行動しましたか?

 

「A」の質問は、応募者の評価に繋がります。

よく、「A」の質問に対してチーム全体の話をする人がいるのですが、

ここで問われているのは個人の話なので、自分のPRをするように注意しましょう。

セオリー4「R」:Result(結果)

面接官の質問(R)
あなたの行動は、最終的にどのような結果になりましたか?

あなたはその結果から、何を学びましたか?

 

最後は、結果についての質問です。

「R」の質問は単に結果だけではなく、その結果から何を得たかどこに反省しているかを見ています。


ここまでは、STARのセオリーについてお伝えしました!

次に、回答のセオリー「PREP」を見ていきましょう!

転職面接における回答のセオリー「PREP」とは

佐々木

PREPは、物事を述べる順番を意味します!

転職面接の回答は、次のPREPの順番を意識して見てください!

PREPとは
  • P:結論から述べる
  • R:理由を述べる
  • E:具体的な例を提示する
  • P:再度結論を述べる
佐々木

PREPを意識することにより、面接官にわかりやすく、

かつ説得力のある回答をすることができます!

それでは順番に見ていきましょう!

セオリー1「P」:Point(結論)

結論
私の強みは交渉力の高さです。

 

初めの回答は結論の「P」です。

ポイントとしては、面接官の質問に対して、一言で答えることです。

一見当たり前のように聞こえますが、結論から話す習慣がない人は、前後の文が長くなり、

結局何を伝えたかったのかが相手に伝わらない場合が多いのです。

セオリー2「R」:Reason(理由)

理由
なぜなら、前職での新規開拓営業の獲得件数が社内でトップだったからです。

 

「P」の次は、その理由になる「R」です。

「R」を述べる際には、「私はこう思ったから」や「おそらくこうだから」のような

曖昧なものではなく、れっきとした事実を述べるようにしましょう。

セオリー3「E」:Example(事例)

事例
実際に年に1人だけ選ばれる社内表彰や、新卒の時には新人賞なども獲得しました。

 

「R」の次は、事例「E」です。

「E」 は自分の回答に真実味を持たせるのに効果的です。具体例をいう際には、1~2個に絞って答えましょう!

あまりにも例が多いと、聞き手に伝わらない内容になってしまいます。

セオリー4「P」:Point(結論)

結論
前職での実績を考えると、私の強みは交渉力の高さと感じています。

 

回答の最後には、再度結論の「P」を入れましょう。

最後があやふやだと、結局何を伝えたかったのかが、面接官には伝わらないので、

最後の「P」は必ず忘れないようにしましょう!


ゆり

面接の際には「STAR」と「PREP」を意識すれば良いのですね!

佐々木

はい、その通りです!

多くの転職者はこの点を深く理解はしていないので

この2点を意識するだけで、面接でのあなたの印象はガラッと変わりますよ!

次の章では、転職エージェントについてお伝えします!

転職エージェントの面接対策を利用するのもおすすめ!

佐々木

面接に関して不安に感じているのであれば、転職エージェントに相談してみるのもありです

転職エージェントに相談すれば、面接でされる基本的な質問の回答例はもちろん、

各業界の情報を詳しく教えてくれるので、最適な面接対策を行ってもらえます。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

次に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
全ての人におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

20代の転職者におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    職歴なしでも96%が優良企業の正社員になれる
    【公式】https://www.dshu.jp/

ハイクラス転職を狙う人におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職の面接は事前に質問の回答を準備しておくのが大切!

佐々木

今回は、転職を考えている方に向けて、転職の面接で聞かれる質問と解答例についてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 転職の面接は4つのステップに分かれている
  • 職務要件によって面接の質問は変わる
  • 転職先の規模によって面接の質問は変わる
  • 転職者の経歴によって面接の質問は変わる
  • 転職者の年代・状況によって面接の質問は変わる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
全ての人におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

20代の転職者におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    職歴なしでも96%が優良企業の正社員になれる
    【公式】https://www.dshu.jp/

ハイクラス転職を狙う人におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

けど、どれも良さそう…

佐々木
どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「doda」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!