転職エージェント経由で落ちた後に直接応募しても良い!再応募方法を解説

転職エージェント経由で落ちた後に直接応募しても良い!再応募方法を解説

この記事では、「転職エージェント経由で落ちた後、直接応募しても良いの?」と疑問を持っている人に向けて、

『直接応募の正しい方法』や、『直接応募する時の注意点』などをお伝えしていきます!

転職エージェント経由で落ちても、諦めきれない人はいるでしょう。

落ちた会社が第一志望であれば、なんとか他の方法で選考をもう一度受けられないか考えたくなるものです。

実際、そういった場合に企業のホームページから直接応募している求職者はたくさんいます。

この記事を最後まで読めば、直接応募の方法が分かり、再度希望の会社の選考に挑戦できるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • そもそも直接応募しても良いか知りたい
  • 落ちた企業に直接応募する方法を知りたい
  • 直接応募するからこその注意点を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募ができる!

佐々木

早速ですが、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募できるかどうかをお伝えします!

結論としては、落ちた企業に直接応募し、再度選考に挑戦することは可能です!

直接応募できる理由としては、企業に書類を送る前に、転職エージェントの社内で行われる選考で落とされている可能性があるからです!

転職エージェントの社内選考で落とされてしまうと、応募先の企業まであなたの履歴書や職務経歴書は届きません。

そのため、落ちた後に直接応募しても企業側は初めて書類を見ることになるので、不利になることも無いでしょう。

ゆり
転職エージェントの社内選考で落とされている可能性があるから、直接応募しても良いんですね!
佐々木

そうなんです!

実際にどうしても諦めきれない人の多くは、直接応募をして再度選考に挑戦していますよ!

Twitterを見てみると、次のような投稿もありました。

佐々木

もし、どうしても入社したい会社があるなら、諦めずに直接応募してみましょう!

直接応募することで、企業にあなたの存在を伝えることができますよ!

次の章では、転職エージェントで社内選考が行われる理由をお伝えします!

応募前に転職エージェントで社内選考が行われる理由

佐々木

それでは、転職エージェントで社内選考が行われる理由をお伝えします!

選考で損をしないためにも、理由について理解しておきましょう!

転職エージェントが社内選考を行う理由は、企業側の業務の効率化をサポートするためです。

実際、企業は1つの転職エージェントに求人を出している訳ではなく、他の転職エージェントや転職サイトでも募集を行っています。

企業によっては応募数が多く、人事担当が応募者全員の対応をしきれないこともあるでしょう。

そのため、転職エージェントは企業側から、ある程度応募者をふるいにかけてほしいと頼まれているため社内選考が行われるのです。

ゆり
企業側に頼まれて、転職エージェントの社内選考は行われているんですね。
佐々木

そうなんです。

特に大手企業や有名企業は、応募数が多くなっているので、

転職エージェントに社内選考を行ってもらっているケースがよくあります。

企業側は、あらかじめ欲しい人材の要望を転職エージェントに伝えているので、

企業とマッチしていないと判断された求職者は、社内選考で落とされてしまうでしょう。

しかしながら、本当に企業側の判断で落ちたのか、転職エージェントの社内選考で落ちたのかは、基本的に教えてくれません。

佐々木

そのため、企業側の判断で落とされたと言われない限りは、直接応募してみる価値があると言えますよ!

次の章では、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する方法をお伝えします!

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する方法

佐々木

それでは、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する方法をお伝えします!

複数の応募方法を紹介するので、自分に合う方法を探してみましょう!

直接応募する方法
  1. 企業のホームページから応募する
  2. 転職サイトの求人から応募する
  3. 他の転職エージェントから応募する

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:企業のホームページから応募する

直接応募したい人は、まず企業の公式ホームページをチェックすることをおすすめします。

ホームページ内に求人情報を掲載している企業の場合は、ホームページから直接応募することが可能です。

他のサービスを通さずに直接連絡を入れることができるので、必ず人事担当の人に、応募のメッセージが届くと言って良いでしょう。

佐々木
諦めきれない企業がある人は、まずホームページをチェックし、求人情報を掲載しているか確認してみましょう!

方法2:転職サイトの求人から応募する

転職サイトを使って、企業の求人に応募するのも良いでしょう!

実際、転職サイトは多くの転職者が利用していますし、サイトによっては何万件もの求人を保有している場合もあります。

「会社名+求人」「会社名+転職サイト名」などで検索すれば、希望している企業の求人が掲載されている転職サイトが出てくるでしょう。

佐々木
転職サイトを上手く活用すれば、無料で最新情報を手に入れられますよ!
おすすめの転職サイト

方法3:他の転職エージェントから応募する

他の転職エージェントを使って、再度気になる企業に応募するのもありです!

たとえ転職エージェントの社内選考で落ちた場合でも、社内選考の基準は会社によって異なるので、十分選考を突破できる可能性はあります。

転職エージェントを活用すれば、応募書類の添削や面接対策、条件面の交渉など、

何かと大変なことをサポートしてくれるので、他の転職エージェントの活用もおすすめです!

佐々木
たまたま登録した転職エージェントでダメだっただけの可能性があるので、

他の転職エージェントにもまずは登録して相談してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。


佐々木
以上が、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する方法です!
直接応募する方法
  1. 企業のホームページから応募する
  2. 転職サイトの求人から応募する
  3. 他の転職エージェントから応募する
ゆり
これらの方法で、再度選考に挑戦すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

再度選考を受ける手段は複数あるので、一度落ちたからといって諦めてはいけませんよ!

次の章では、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する時の注意点をお伝えします!

転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する時の注意点

佐々木

ここから、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する時の注意点をお伝えします!

直接応募するからこその注意点があるので、しっかり確認しておきましょう!

直接応募する時の注意点
  1. 応募書類を企業に合わせて丁寧に作成する
  2. 直接応募のデメリットを理解しておく

それぞれの注意点についてお伝えします!

注意点1:応募書類を企業に合わせて丁寧に作成する

転職エージェントの社内選考であれ、企業の選考であれ、いずれにせよ応募書類で自分をアピールしきれなかったという事実は変わりません。

そのため、直接応募する時は提出する書類作成に関して、今まで以上に力を入れるべきです。

求められる経験やスキルをすぐに増やす事はできませんが、自己PRや志望動機などは、企業に合わせて作成し直すことができます。

今一度、応募する企業に求められている人材について調べ、的確な自己PRや志望動機を作成してみましょう!

佐々木

書類選考に通過することがまず第一歩なので、書類作成は時間をかけて行うべきですよ!

注意点2:直接応募のデメリットを理解しておく

直接応募だからこそのデメリットがあることも把握しておきましょう!

転職エージェントでは、キャリア相談をはじめ、求人紹介や面接対策、面接日程の調整など、様々なサポートを無料で受けられます。

しかしながら、企業のホームページから応募したり、転職サイトから応募すれば、転職活動においてサポートは受けられません。

転職活動の全てを一人で行う必要があるので、忙しい現職の合間に時間を使うなど、苦労することが出てくる可能性を頭に入れておきましょう。

佐々木

転職エージェントの充実したサービスが受けられなくなるので、直接応募の大きなデメリットです!

一人で苦労しそうな人は、必ず他の転職エージェントを使うことを考えるべきですよ!


佐々木
以上が、転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する時の注意点です!
直接応募する時の注意点
  1. 応募書類を企業に合わせて丁寧に作成する
  2. 直接応募のデメリットを理解しておく
ゆり
直接応募する場合には、これらの注意点を頭に入れておくべきなんですね!
佐々木

そうですね!

直接応募が決して悪いことではありませんが、注意点を理解しておかないと、

選考に通過できる確率も上がってきませんよ。

次の章では、直接応募で内定を勝ち取った人の体験談を紹介します!

落ちた後に直接応募で内定を勝ち取った人の体験談

佐々木

それでは、直接応募で内定を勝ち取った人の体験談を紹介します!

直接応募で内定を目指している人は、紹介する体験談を参考にしてください!

話がスムーズだった

転職活動したけど、最終的には直接応募で内定を獲得しました。最初は転職エージェント使ってたんだけどね。なんか選考とかあったみたいですが、直接応募した方が話も早くてスムーズに行きました。

転職相談:28歳・男性

諦められなかった

転職エージェントって社内選考みたいなのあるじゃないですか?多分それで落ちたんですけど、どうしても諦められなかったので、その後会社のホームページから直接応募したら面接も受けさせてもらえましたよ!先週内定の連絡も貰えましたし、直接応募ってあんまり良くないかと思っていましたがやってみるべきですね。

転職相談:30歳・女性

担当者と直接やりとりができる

僕は転職サイトから応募して内定を貰いました。転職エージェントと併用もしていましたが、転職サイトの方が人事担当の人と直接やりとりができるので、良いかなと思って転職サイトを中心に使っていました。やること多くて大変でしたが、転職先も決まったので今はスッキリしています!

転職相談:24歳・男性

第一志望の会社に入れた

簡単に内定は貰えなかったけど、諦めなくてよかったです。

最終的には直接応募して選考を受けましたが、第一志望の会社に入れたので今は満足しています。

転職エージェントから不採用の連絡がきた時は終わったと思いましたが、自分で考えいろいろ動いたので良い結果が出たんだと思います。

転職相談:27歳・女性

ゆり
たくさんの人が、直接応募で内定を勝ち取っているんですね!
佐々木

そうなんです!

可能性がある限り、諦めずに行動すれば必ず道は開けますよ!

次の章では、諦めきれない時に考えるべきことをお伝えします!

落ちた企業をどうしても諦めきれない時に考えるべきこと

佐々木

それでは最後に、落ちた企業をどうしても諦めきれない時に考えるべきことをお伝えします!

諦めずに行動する事は大切ですが、次のような考え方を持つことも必要ですよ!

どうしても諦めきれない会社がある人は、入社するために必要なスキルや知識を磨く努力をすべきです!

選考を通過できないということは、今のあなたの状態では何かが足りないということです。

そのため、スキルや知識を磨いて、今よりも自分を成長させる必要があるでしょう。

ゆり
たしかにスキルや知識は大きな武器になるので、身につけることは大切ですね!
佐々木

そうなんです。

場合によっては、一度別の会社に転職した方が良いケースもありますよ!

自分が希望している会社と同じ業種や業界であれば、会社名は違っても、ある程度必要なスキルや知識を身につけるための経験ができます。

今の自分の身の丈にあった会社で、約3年程度経験を積んで、スキルや知識が整った状態で再度希望している会社の選考に挑戦するのも良いでしょう!

佐々木

目標を達成するためには、短期的ではなく、長期的な計画性を持つことが大切です。

諦められない人は、他の会社にも一度目を向け、戦略的に転職活動をしてみましょう!

転職エージェントで落ちても、再応募で採用される可能性はある!

佐々木

今回は、転職エージェント経由で落ちた後、直接応募しても良いか疑問を持っている方に向けて、

直接応募の正しい方法や、直接応募する時の注意点をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 転職エージェント経由で落ちた後、直接応募はしても良い
  • 転職エージェントの社内選考で落ちている可能性がある
  • 他の転職エージェントを使うことも視野に入れるべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!