転職エージェントおすすめランキング13選

海外で働く方法まとめ|おすすめの職種&就職成功に必要なスキルと経験

海外で働く方法まとめ|おすすめの職種&就職成功に必要なスキルと経験

この記事では、「海外で働きたい!と思っている人に向けて、

『海外で働く方法』や、『日本人におすすめの職種』などをお伝えしていきます!

日本から出て海外で働いてみたいと思っている人は、最近増えています。

ただ日本とは仕事の仕方や暮らし方が大きく変わりますし、日本の常識が通用しない分、不安もあるでしょう。

まず海外就職を成功させるために、正しい方法で自分に合う仕事を見つけることが大切です!

この記事を最後まで読めば、海外で働く方法が分かり、夢を叶えるための大きな一歩を踏み出せますよ!

この記事がおすすめな人
  • 海外で働くための方法を教えてほしい
  • どんな仕事が海外でできるか知りたい
  • 実際に海外で働いている人の話を聞きたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

海外で働きたい人がまず考えるべき3つのこと

佐々木

早速ですが、海外で働きたい人がまず考えるべきことをお伝えします!

少しでも海外就職に興味を持っているなら、次に3つのことを理解しておきましょう。

まず考えるべきこと
  1. 海外で働くメリット・デメリット
  2. 日本と海外の就職事情の違い
  3. 海外で働きたい理由

それぞれ詳しくお伝えします!

考えること1:海外で働くメリット・デメリット

海外で働く前に、海外ならではのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

佐々木
具体的に、次のようなメリット・デメリットが考えられます!
海外のメリット・デメリット

◎メリット

  • 毎日異文化が体験できる
  • 自然に語学力を伸ばせる
  • いろんな国に行ける
  • 外貨を貯めることができる
  • 履歴書で自慢できる項目が増える
  • 日本の常識から離れて暮らせる
  • 残業が少ない企業が多い

◎デメリット

  • 最初にある程度のお金が必要
  • 簡単な仕事しか無い場合がある
  • 国によっては生活水準が下がる
  • 孤独と不安を感じる可能性がある
  • 文化に馴染めない可能性がある
  • 日本よりも治安が悪い場合が多い

このように、日本では常識なことでも、海外に行くと通用しないことは多々あります。

日本ならではの良さもありますが、海外ではそれが受け入れられなかったり、反対に海外だからこその良さもあります。

ゆり
海外で働くことならではのメリットやデメリットがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

日本で悩みを抱えながら働いている人も多いと思いますが、海外の良し悪しを知ることで、

自分が本当に海外で働くべきなのか見えてくるでしょう!

考えること2:日本と海外の就職事情の違い

日本の場合、学生が高校や大学、専門学校を卒業すれば、新卒として就職するのが一般的です。

しかし海外の場合、日本のように新卒という考え方を持っている国はそれほど多くないので、決まった時期に求人が出る訳ではありません。

実際、新卒用に採用枠を設けるのではなく、人材が足らなくなったら都度採用を行う通年採用の形を取っている企業が海外では多くなっています。

欧米などでは、大学在籍中にインターンとして実務経験を積み、卒業してそのままインターン先に就職することも多いです。

ゆり
インターンからそのまま就職する人が多いんですね!
佐々木

はい!

インターンとしての経験がある分、1年目から即戦力としての活躍を期待する企業が多くなっています。

学校を卒業した新卒組をはじめ、他社からの転職組やインターンからの昇格など、様々な人材が同じ採用枠を争うことになります。

そのため、やる気や経験があることはもちろん、人材と企業とのマッチングが日本よりもより重視されると考えられます。

佐々木
なかには、大学3年生の時点で企業から内定をもらっているケースもありますよ!

考えること3:海外で働きたい理由

海外で働きたいと思っている人は、何かしらきっかけがあったと思いますが、もう一度なぜ海外で働きたいのかしっかり考えるべきです。

海外での生活は言葉にできない魅力がある一方で、思っている以上に大変です。

日本語が通じないことはもちろん、文化も日本とは異なります。

食事が合わない可能性もありますし、友達や家族とはしばらく会えなくなります。

そういった点を踏まえてでも、海外で働きたい明確な目的があるのであれば、海外就職を目指しましょう。

佐々木

海外で働く目的が明確でブレることがなければ、素晴らしい海外生活を送れます!

一方、中途半端な気持ちでは海外に行ってから後悔することになるので、要注意です。


佐々木
以上が、海外で働きたい人がまず考えるべきことです!
まず考えるべきこと
  1. 海外で働くメリット・デメリット
  2. 日本と海外の就職事情の違い
  3. 海外で働きたい理由
ゆり
海外で働くメリット・デメリットを踏まえ、働く目的をしっかり考える必要があるんですね!
佐々木

そうですね!

海外就職を失敗させないためにも、日本との違いを理解し、自信を持って話せるような目的を考えましょう!

次の章では、具体的に海外で働く方法をお伝えします!

海外で働く方法まとめ|具体的な就職・転職のやり方9選

佐々木

それでは、海外で働く方法を具体的に紹介していきます!

ここでは、長期間働く方法と短期間働く方法に分けて紹介します!

海外で長期間働くための方法

佐々木
まずは、海外で長期間働くための就職方法です!
海外で長期間働く方法
  1. 現地企業に就職する
  2. 国際公務員として就職する
  3. フリーランスとして海外に行く
  4. 国際NGOに就職する
  5. 日本の民間企業から海外転勤する

それぞれ詳しくお伝えします!

方法1:現地企業に就職する

海外で働く方法の中でも、まず一番最初に考えられる方法が「現地企業への就職」です!

実際、現地企業に就職すれば、企業の1社員として働くことになるので、日本の会社に勤めるのと同様に、問題なければ長く働けます。

海外版の求人サイトを使えば、日本で働くのと同じように求人が検索できるので、現地企業に就職したいなら探してみるべきです。

佐々木
ただ、語学力がビジネスレベル以上、管理職経験者など、

日本の就職活動以上に、厳しい条件がある企業もあります。

実際に海外版の求人サイトを見たい方は、次のサイトを見てみましょう!

おすすめの求人サイト

方法2:国際公務員として就職する

国際公務員とは、国際連合や国連総会により設立された国連の下部機関など、4種類の国際機関で働く人のことを指します。

職務経験や修士号以上の学歴を求めていることが多く難易度は高めですが、世界規模の仕事ができ、非常にやりがいがあります。

国際公務員は、試験に合格した後に、実施研修を兼ねて、国際機関に一定期間勤務し、経験を積んでから正式に採用されることが多くなっています。

佐々木

日本だけでなく、世界中の国々のために仕事をしたいという方は、国際公務員に向いていますよ!

方法3:フリーランスとして海外に行く

エンジニアやライター、調理師、美容師など、専門的な技術を持っていれば、フリーランスとして海外でも活躍できます!

高い技術力が必要なことはもちろんですが、より自分のスキルを活かすためには語学力も必要です。

フリーランスであれば、企業に属さず、自分一人でビジネスができるので、国や地域の選択肢も幅広くなるでしょう。

佐々木
フリーランスは技術という高い武器を持っているので、実力をしっかりと発揮できれば高収入を狙えますよ!

方法4:国際NGOに就職する

NGOは、非政府組織を意味しており、営利を求めず国際的な活躍をする組織のことを指します。

海外でイメージしやすいのは、発展途上国でボランティアなどをしている団体でしょう。

実際、大規模なNGO団体も数多くあり、赤十字社や国際商工会議所なども該当します。

佐々木

ボランティアといっても、ただ海外の人のお手伝いをするだけでは無いので、

就職するなら、何かしらの職務経験が求められることが多くなっています。

方法5:日本の民間企業から海外転勤する

日本の民間企業に就職して、海外転勤をするのも一つの方法です。

海外支社を持っている大企業であれば、海外転勤も視野に入れて働けるでしょう。

しかし、海外の拠点で仕事を任さられる社員になるためには、ある程度長期的に企業に勤める必要があります。

佐々木

待遇が良いケースもありますが、一度海外転勤になると、日本に戻れるタイミングが読みづらいのも難点です。


佐々木
以上が、長期的に海外で働くための方法です!
海外で長期間働く方法
  1. 現地企業に就職する
  2. 国際公務員として就職する
  3. フリーランスとして海外に行く
  4. 国際NGOに就職する
  5. 日本の民間企業から海外転勤する
ゆり
現地企業に就職したり、フリーランスとして海外に行くのが長期的に働く方法なんですね!
佐々木

そうなんです!

長期的に海外で働けば、日本では得られない経験とたくさん出会えるので、大きく成長することが出来ますよ!

海外で短期間働くための方法

佐々木
次に、海外で短期間働くための就職方法をお伝えします!
海外で短期間働く方法
  1. 現地企業でアルバイトをする
  2. 現地企業でインターンをする
  3. ワーキングホリデーを利用する
  4. 青年海外協力隊に応募する

それぞれ詳しくお伝えします!

方法1:現地企業でアルバイトをする

海外でも、日本と同じようにアルバイトをすることは可能です。

レストランやホテル、旅行会社、日本語学校、IT企業など、アルバイトを募集している企業はたくさんあります。

実際、日本から留学で海外に行っている学生も、留学期間にほとんどの人がアルバイトをしています。

佐々木
ただ、ビザを持っていないと就労できない国もあるので、

たとえアルバイトでも気軽に行かず、事前に調べておくことが大切です。

方法2:現地企業でインターンをする

海外企業でインターンを経験する日本人の学生も増えており、社会人でもインターン生として採用してくれる企業は数多くあります。

実際、現地企業でインターンとして仕事を経験し、そのまま正社員として就職し、長く働くパターンもあります。

インターンということで給料は低めになりますが、まずは海外で働く雰囲気を確かめたいという方にはおすすめです。

佐々木
インターンとして働き、信頼関係を作っていけば、スムーズに海外就職ができますよ!

方法3:ワーキングホリデーを利用する

ワーキングホリデーとは、日本が協定を結んでいる国のいずれかで、18歳から30歳までの人が、最長1年間現地で働ける制度のことを指します。

あくまでも異文化の理解や言語学習、資格の取得が目的なので、できる仕事はアルバイトに限られています。

ワーキングホリデーを通して、1年ごとに国を変え、いくつもの国で就業経験を積んでいる人もいますよ!

佐々木
働きながら語学学校への就学も可能なので、語学力を身につけたい人にはおすすめです!

方法4:青年海外協力隊に応募する

青年海外協力隊は、国際協力機構が実施する海外ボランティアの派遣制度のことを指します。

20歳〜39歳までの人が応募でき、アフリカや中南米、アジアなどの開発途上国に住み、2年間ボランティアを行います。

現地への渡航費や支度金、実際に現地に行ってからの生活費などは支給されるので、資金面に不安がある人にもおすすめです!

佐々木
社会的な意義のある大きな活動ですが、日本のように便利な暮らしはできないので、

ある程度覚悟を決めて参加する必要がありますよ。


佐々木
以上が、短期間海外で働くための方法です!
海外で短期間働く方法
  1. 現地企業でアルバイトをする
  2. 現地企業でインターンをする
  3. ワーキングホリデーを利用する
  4. 青年海外協力隊に応募する
ゆり

現地企業でインターンをしたり、ワーキングホリデー制度を利用すれば、短期間海外で働けるんですね!

佐々木

はい!

たとえ短期間でも海外に住んでみると、自分の考え方や価値観を変えることができますよ!

次の章では、日本人が海外で働く時におすすめの職種についてお伝えします!

日本人が海外で働く時におすすめの職種【未経験OK】

佐々木

それでは、日本人が海外で働く時におすすめの職種を紹介していきます。

比較的日本人が働きやすい仕事をピックアップしたので、参考にしてください!

海外で働く時におすすめの仕事
  1. 日本語教師
  2. 飲食店
  3. 旅行会社
  4. 医療事務
  5. コールセンター
  6. 通訳・翻訳業
  7. エンジニア
  8. 人材紹介業

それぞれの仕事についてお伝えします!

おすすめ1:日本語教師

日本語教師は、日本人が海外で働く上で定番の仕事と言えるでしょう。

現地の学生や社会人、場合によっては子供たちに日本語を教える仕事になります。

国際交流が好きで日本の魅力を海外の人に伝えたい人には、ぴったりの仕事と言えるでしょう。

佐々木
自分が日本語を教えた生徒が、日系企業に就職したり、日本に行く時には大きなやりがいを感じられるでしょう!
おすすめポイント
  • 日本語のみを使って仕事ができる
  • 海外の人が日本に行くための手助けができる
資格の有無日本語教育能力検定試験に合額する必要あり

おすすめ2:飲食店

飲食店の仕事は、海外でも求人を見つけやすいでしょう。

和食がブームになっている国もあるので、日本食の飲食店の進出や開店が多く、日本人スタッフを求めている店舗がたくさんあります。

店舗によっては飲食店での経験が求められる場合もありますが、就職してチャンスを掴めば、海外で自分を店を構えることも可能ですよ!

佐々木
飲食店の求人は、アルバイトから社員の募集までどこの国でも数多くありますよ!
おすすめポイント
  • 求人が数多くある
  • 自分の店を持てるチャンスがある
資格の有無なし

おすすめ3:旅行会社

旅行会社では、日本から旅行で来るお客様の対応をする仕事があります。

ツアーに同行したり、観光地を案内したり、食事をするレストランへの送迎など、観光客のおもてなしをする仕事です。

日系のホテルで勤めながら、ツアーのガイドも兼任する仕事もあるでしょう。

佐々木
旅行会社で働けばいろんな場所に行けるので、短期間でも多くの知識と経験を得られますよ!
おすすめポイント
  • 仕事で有名な観光地に行ける
  • 外国人客の対応で語学力を活かせる
資格の有無なし

おすすめ4:医療事務

日系の病院を中心に、日本人の医療事務スタッフを募集していることはよくあります。

仕事内容は日本で働くのと同じで、事務手続き対応や患者さんの予約対応、資料作成や備品の整理などです。

基本的に、残業や休日出勤がない環境が多いので、海外生活を満喫しながら働けますよ!

佐々木
日系の病院であれば、基本的に患者さんは日本人なので、語学力に自信がなくても安心です!
おすすめポイント
  • 日本と同じような仕事内容で働ける
  • 残業や休日出勤が少ない環境が多い
資格の有無なし

おすすめ5:コールセンター

東南アジアを中心に、海外のコールセンターの需要が今高まっています!

日本人の在住者の対応のみを行うコールセンターもあるので、基本的に日本語メインで仕事をすることが可能です。

研修制度が整っている環境も数多くあるので、コールセンターでの就業経験が無くても、誰でも働ける仕事になっています。

佐々木
複数の人と同じコールセンター内で働くことになるので、すぐに友達も作れますよ!
おすすめポイント
  • 日本語のみで働ける環境が多い
  • すぐに友達を作ることができる
資格の有無なし

おすすめ6:通訳・翻訳業

語学力に自信のある人は、通訳や翻訳の仕事をするのも良いでしょう。

通訳として企業の社長の仕事に同行したり、英語の文章を翻訳し日本にいる顧客にメールを送ったりする仕事になります。

語学に強くないメンバーで形成されている日本企業も数多くあるので、求人は見つけやすいでしょう。

佐々木

自分の持っている語学力という武器を仕事に活かすのもおすすめですよ!

おすすめポイント
  • 仕事で様々な場所に行ける
  • 語学力を活かして働ける
資格の有無TOEICや全国通訳案内士など

おすすめ7:エンジニア

日系企業の海外進出に伴い、現地で活躍できるエンジニアを求めている企業が増えています。

実際ものづくりやweb系など、エンジニアといっても様々な仕事がありますが、現地の人に指導する仕事もたくさんあります。

現地に在住して指導員として技術力を伝えるので、海外の人たちに頼られる存在になれますよ!

佐々木
もちろん経験は必要になってくるので、日本で一定期間働くことは大切です!
おすすめポイント
  • 求人が数多くある
  • 現地の人に技術を指導できる
資格の有無実務経験は必要

おすすめ8:人材紹介業

人材紹介業は、日系企業もしくは現地企業に日本人に求職者を紹介する仕事です。

求職者はもちろん、日系企業の担当者と何度もやりとりをする必要があるので、最低限のビジネスマナーは身につけておくべきです。

企業によっては、まず日本で経験を積んでから海外に勤務するといった形になる場合もあるでしょう。

佐々木
多くに人の海外就職をサポートでき、やりがいを日々感じられますよ!
おすすめポイント
  • 未経験からでも挑戦できる
  • 多くの人の海外就職をサポートできる
資格の有無なし

佐々木
以上が、日本人が海外で働く時におすすめの職種です!
海外で働く時におすすめの仕事
  1. 日本語教師
  2. 飲食店
  3. 旅行会社
  4. 医療事務
  5. コールセンター
  6. 通訳・翻訳業
  7. エンジニア
  8. 人材紹介業
ゆり
日本人におすすめの仕事は、こんなにたくさんあるんですね!
佐々木

はい!

ここで紹介したのはあくまでも一部の仕事ですが、

日本での経験を活かせたり、未経験でも挑戦できる海外の仕事はたくさんありますよ!

次の章では、海外で働きたい人が活用すべき転職エージェントについてお伝えします!

【成功率UP】海外就職に強い転職エージェント5選

佐々木

それでは、海外就職に強い転職エージェントについてお伝えします!

自力で海外就職を目指すにはかなりの労力が必要なので、

効率よく求人を見つけるためにも、転職エージェントを使うべきですよ!

本気で海外で働きたいと思っているなら、今のあなたがどんな仕事ができるかを知るためにも転職エージェントに相談してみましょう!

転職エージェントの中には、海外就職に強いエージェントもあるので、求人紹介はもちろん、海外で働くことに関する情報を詳しく教えてもらえますよ!

佐々木
具体的には、次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これまで数多くの海外への転職者をサポートしてきた経験をもとに、的確なアドバイスをしてくれますよ!

私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  5. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、海外就職や転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

海外就職・転職に失敗しないためのコツ

佐々木

それでは、海外就職や転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

ここでお伝えするコツを理解しておけば、より良い海外生活を手に入れられますよ!

失敗しないためのコツ
  1. 自分の持っているスキルや経験を洗い出す
  2. 海外転職に必要な語学力を身につける
  3. なるべく早く働きたい国を決めておく
  4. 働きたい国の情報を徹底的に調べ
  5. 日本との文化の違いを覚悟しておく
  6. 転職しやすい国を選ぶのも賢い選択肢
  7. 直接現地企業に応募するのもあり

それぞれのコツについてお伝えします!

コツ1:自分の持っているスキルや経験を洗い出す

海外で働く前に、今の自分に何ができるのかを知るため、スキルや経験の洗い出しを行いましょう。

今すぐ海外に行って働いたり、生活できるスキルや経験はあるのかどうかで、やるべきことも変わってきます。

スキルや経験、人脈などが無ければ、海外に行く前に作る必要があります。

自分が今までやってきたこと、習得しているスキル、価値のある経験などを考えた上で、海外で働くルートを決めるのが大切です。

佐々木
海外でも多様な働き方ができるので、

どの方法が自分に合っているか考えるためにも、スキルや経験を洗い出しましょう!

コツ2:海外転職に必要な語学力を身につける

海外で働く時に多くの方のネックになるのが語学力です。

働く国や職場環境によっても異なりますが、大まかに次の目安の語学力は必要になります。

必要な語学力の目安
  • 現地の人を相手に商談する仕事:TOEIC800点以上
  • 日系企業で現地スタッフを取りまとめる仕事:TOEIC600点以上
  • エンジニア:TOEIC400点以上
  • 日本人の顧客のみが相手の仕事:語学力不要

転職エージェントを利用する際にTOEICのスコアが高ければ、有利に転職活動を進められます。

高度な会話が必要な仕事ほど、高い語学力が求められる傾向があり、その分給与も高くなる可能性があります。

また、探せば語学力不問の求人も多々あるので、海外で働きながら現地で語学力を磨き、ステップアップするのも一つの方法です。

佐々木

自分の語学力を理解して、無理なく働ける環境を探してみましょう!

コツ3:なるべく早く働きたい国を決めておく

目的を決めたら、次は働く国を決めましょう。

好きな国があったり、絶対に行きたい国がある人は問題ありませんが、

どの国を選ぶかによっても、これからの人生が大きく変わってきます。

キャリアアップしたい人はレベルが高い環境の国を探すべきですし、海外生活を楽しみたい方は暮らしやすい国を選ぶべきです。

佐々木
気になる国がある人は、転職エージェントに相談したり、自分で調べて現地の情報を確認してみましょう!

コツ4:働きたい国の情報を徹底的に調べ

海外で働くといっても、行く国によって大きく仕事や生活は変わってきます。

日本のように発展していない国を選べば、快適な暮らしはできない可能性があります。

また先進国を選べば、日本よりも物価が高く、貯金しながら生活ができない場合もあるでしょう。

もちろん、現地に行ってから知ることはたくさんありますが、基本的なことは理解した上で現地に向かうべきです。

佐々木
カルチャーショックを受けないためにも、働きたい国の情報は徹底的に調べるべきです!

コツ5:日本との文化の違いを覚悟しておく

海外に行けば、日本で当たり前と言われていることが通用しない場合が多々あります。

特に時間に関してルーズだと感じるケースは多く、遅刻や返事の遅さ、納期の遅れなど…

何かとストレスを感じやすい人は海外は向いていないかもしれません。

佐々木
仕事だけでなく、生活においても日本のようにキレイな環境ばかりではないので、

文化の違いは覚悟しておく必要があります。

コツ6:転職しやすい国を選ぶのも賢い選択肢

今最も転職しやすいのは、東南アジアの国々です。

たとえば、シンガポールはアジアの中心にあり、給与水準も高く、街も発展しキレイな環境が整っています。

東南アジアは経済状況が上向きで、日本人の雇用も増えているので、非常にチャンスが多い国がたくさんあります。

一方、アメリカやヨーロッパは人気のある地域ですが、不景気が続いているので、専門性の高いスキルがないと、なかなか内定は得られません。

佐々木
国や地域の今の事情をしっかりと把握し、自分のスキルで働きやすいところを選びましょう。

コツ7:直接現地企業に応募するのもあり

働きたい国や地域が決まっている人は、現地採用に直接応募するのも一つの転職方法です。

現地採用であれば、転職エージェントのようなサポートはありませんが、

ある程度現地語が理解できたり、何度が渡航した経験を持っているなら、挑戦してみるのもいいでしょう。

自分で仕事を探すことは、どんな方法を活用するよりも自由度が高い方法と言えます。

佐々木

やりたい仕事が決まっていて、自分のスキルにそれなりに自信を持っているなら

現地採用に挑戦してみましょう!


佐々木
以上が、海外就職や転職で失敗しないためのコツです!
失敗しないためのコツ
  1. 自分の持っているスキルや経験を洗い出す
  2. 海外転職に必要な語学力を身につける
  3. なるべく早く働きたい国を決めておく
  4. 働きたい国の情報を徹底的に調べ
  5. 日本との文化の違いを覚悟しておく
  6. 転職しやすい国を選ぶのも賢い選択肢
  7. 直接現地企業に応募するのもあり
ゆり
これらを意識して、転職活動を進めれば良いんですね!
佐々木

はい!

海外では日本で考えられないことが日々起こります。

入社してから困らないように、転職活動の時点で様々な知識を身につけていきましょう!

次の章では、海外で働くことに関するよくある質問を紹介します!

【Q&A】海外で働くことに関するよくある質問一覧

佐々木
海外転職に関しては、次のような質問が集まっているので参考にしてください!

質問1:20代でも海外転職は可能ですか?

20代でも海外転職は可能です。

実際多くの20代の人が、海外転職を成功させていますし、そのまま長く海外に在住している人もたくさんいます。

20代であれば、30代や40代に比べて柔軟性もあるので、海外の文化にもすぐに馴染めるでしょう。

また、結婚したり子供ができると、自由に海外に行けなくなる場合もあるので、迷っているなら20代でも海外転職を目指すべきです。

佐々木

若いうちに海外に出て経験を積むことは、後々の人生の選択肢を広げる大きな可能性を秘めています!

質問2:海外向けの転職サイトはあるの?

海外向けの転職サイトは数多くあります。

国別や業種別など、細かい条件で求人を検索できるので、海外で働いてみたい人は、一度海外向けの転職サイトを見てみるべきです。

海外向けの転職サイトには、海外で働くことならではのコラムも掲載されているので、目を通してみることをおすすめします!

佐々木
実際、海外向けの転職サイトから応募して、海外で働き始めた人はたくさんいますよ!
おすすめの求人サイト

質問3:英語が話せなくても海外で働くことはできる?

日本人の在住者やお客様を相手にする仕事もあるので、絶対に英語ができないと海外で働けないわけではありません。

海外といっても、企業によっては日本人ばかりの環境で働けることもあります。

ただ現地で生活していく上では、最低限の語学力を身につけたほうが、より充実して日々を過ごせるでしょう。

佐々木
現地で語学力を身につける方法もあるので、現時点で英語が必須ということはありません。

質問4:海外で働くために必要なビザ申請は手伝ってもらえる?

転職エージェントを活用すれば、ビザ申請に関するサポートも行ってくれます。

もちろん、転職先の企業によっては実際に現地にいる採用担当者が詳しくビザに関する話をしてくれることもあるので、安心してください。

自分でビザを取得することもできますが、ビザには種類があるので、現地の方や転職エージェントの話をよく聞くことをおすすめします。

佐々木
ビザ申請に関してはもちろん、転職エージェントは様々な手続きのサポートを行ってくれますよ!

質問5:海外転職の面接は英語での面接になりますか?

日本企業で働く場合は、基本的に面接は日本語で行われます。

仕事上英語が必要な場合は、どれくらいの語学力を持っているかを確認するため、英語での面接が行われる場合もあるでしょう。

転職エージェントでは、英語面接の対策も行ってくれます。

各業界の専門用語を英語で教えてくれたり、英語での適切な受け答えができているかをチェックしてくれるので、不安な方はぜひ活用してみましょう。

佐々木
英語での面接は日本語よりも緊張すると思いますが、

自分の伝えたいことが伝えられるよう、しっかり準備をしておきましょう!

質問6:海外で日本人がたくさん働いている人気の国はある?

今日本人に人気があり、在住の日本人が増えている国は、「東南アジア」の国々です。

具体的には、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナムは日本人が多くなっています。

もちろん各国によって違いはありますが、東南アジアには現在急成長を遂げている真っ最中の国が多くあり、

今後もますます発展することが予想されています。

そのため日本企業の進出がどんどん進んでおり、求人が多いことはもちろん、日本人が暮らしやすくなっているのです。

佐々木
東南アジアに対して貧しいイメージを持っている人もいますが、

実際に行ってみると想像以上に発展していることに驚く人がたくさんいますよ!

質問7:女性でも安心して働ける海外の国はありますか?

女性でも安心して働ける国はたくさんあります。

中でも圧倒的に人気があり、安心して働けるのはアジア圏でその次がヨーロッパです。

アジア圏に転職すれば、エステやマッサージ、グルメ、住居においても物価の安さから日本以上の優雅な暮らしをすることも可能です。

佐々木
求人によっては、家賃全額負担の寮あり、通勤タクシー可能、毎日ランチ付きなんて求人もありますよ!

質問8:内定をもらったあと出国日までにやるべきことは?

内定が出たら、まずは就労ビザ申請を行いましょう。

国によってもビザの申請方法は異なりますが、時間がかかる場合もあるので、早めに手続きを行うことをおすすめします。

他にも、海外転出届を出すことも忘れてはいけません。

海外転出届を出し忘れると、住民税、国民年金、国民健康保険の支払い義務が生じるので要注意です!

佐々木

また、持病を持っている人は病院に行っておくことも忘れないようにして下さい!

常備薬は日本から持っていくことをおすすめします。

本気で海外で働きたいなら、事前準備を徹底すべき!

佐々木

今回は、海外で働きたいと思っている方に向けて、

海外で働く方法や日本人におすすめの職種をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 海外で働く前に日本との違いを理解し、働きたい理由を考えるべき
  • 現地企業に就職したり、フリーランスになれば長期間海外で働ける
  • 海外で働きたいなら、海外就職に強い転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  5. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、海外就職の相談をしてみます!

佐々木
あなたの転職が成功するよう応援しています!