【体験談アリ】コンサルは本当に激務?コンサル業界の実態を解説!

この記事では、「コンサルは本当に激務」と疑問を持っている人に向けて、

『コンサル業界の実態』や、『激務かどうか見極める方法』などをお伝えしていきます!

コンサルの仕事は給料水準が高いことで有名ですが、そもそも激務であれば、長く続けることが難しいかもしれません。

この記事を最後まで読めば、コンサルが激務なのかが分かり、正しい情報を得ることができますよ!

この記事がおすすめな人
  • コンサルが激務なのか教えてほしい
  • 激務かどうか見極める方法を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

コンサルは激務?気になる仕事内容を解説!

転職エージェントの佐々木
佐々木

コンサルの仕事は、一般社員管理職で変わってきます。

またそれにより、仕事の激務度が変わってきます。

まずは、一般社員の仕事から見ていきましょう!

一般社員(アナリスト・コンサルト)

一般職員の仕事は、資料作成や記事録の作成などがメインになります。

IT系の場合は、システムの機能性についての相談や設計の業務をする場合があります。

上記のように、一般社員は個別の業務に従事するのが特徴です!

管理職(パートナー・マネージャー)

管理職の仕事は、プロジェクト全体の業務管理や営業がメインになります。

自分が担当のプロジェクトが始まると、全体の進捗を管理しないといけないので一般社員に比べて仕事が激務になりがちです。


転職エージェントの佐々木
佐々木
コンサルの仕事自体が必ずしても激務ではないですが、

立場やプロジェクトの進行具合によって仕事量が多くなる場合もあります。

次の章では、コンサルの仕事が激務と言われる理由を説明します!

コンサルの仕事が激務と言われる理由

転職エージェントの佐々木
佐々木

先ほどもお伝えした通り、コンサルの仕事はプロジェクトによっては激務度が変わってきます。

実際にコンサル業界に働いている人の9割以上の人が「プロジェクトによって仕事の量が変わる」と回答しています。

また、プロジェクトだけでなく役職が変わるタイミングも仕事が激務になりやすい傾向にあります。

転職希望者のゆり
ゆり

なるほど。

プロジェクトや役職によって仕事の激務度は変わってくるのですね。

転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

次の章では、コンサルの仕事の良いところを紹介します!

知っておくべきコンサルの仕事の良いところ

転職エージェントの佐々木
佐々木

この章では、コンサルの仕事の良いところを紹介します。

次の4点が、コンサルの仕事の良いところです!

コンサルの良いところ
  1. 給与水準が他の仕事に比べて高い
  2. 論理的思考力が身につけられる
  3. 日々感謝される場面が多い
  4. 転職で有利になることが多い

それでは、順番に見ていきましょう!

良いところ1|給与水準が他の仕事に比べて高い

コンサルの仕事は、給料の水準が他の仕事に比べて高いのが特徴です。

新卒の年でも年収が500万円を超えることがあります!

また、管理職になれば年収3000万円も夢ではありません!

良いところ2|論理的思考力が身につけられる

コンサルの仕事は、論理的思考力が身につけられます。

コンサルの仕事は、論理的に戦略を立てることを求められます。

そのため、コンサル業界で働いている人は論理的思考力に長けている人が多いのです!

良いところ3|日々感謝される場面が多い

コンサルの仕事は感謝されることが多いのも良いところです。

なぜなら、コンサルの仕事はクライアントの会社にとって重要な課題を一緒に解決していくことなので、

実際に課題が解決され仕事がうまく行った時は、非常にクライアントから感謝されます。

良いところ4|転職で有利になることが多い

コンサルの仕事は、転職で有利に働きやすいです。

なぜなら、コンサルの仕事は様々な企業の経営課題に取り組むので、その経験が活かせる転職先は豊富にあります。

また実際に、コンサルの仕事から転職をする20代~30代は多い傾向にあります!


コンサルの良いところをまとめると、次の通りです!

コンサルの良いところ
  1. 給与水準が他の仕事に比べて高い
  2. 論理的思考力が身につけられる
  3. 日々感謝される場面が多い
  4. 転職で有利になることが多い
転職希望者のゆり
ゆり
コンサルとして働くことには、様々なメリットがあるのですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

多少仕事が激務になる場合もありますが、コンサルの仕事は良い面もたくさんあるんです!

次の章では、実際にコンサルとして働いている人の体験談を見ていきましょう!

コンサルとして働いている人の体験談まとめ

転職エージェントの佐々木
佐々木

この章では、実際にコンサルとして働いている人の体験談を見ていきます。

働いている人の体験談を見ることで、コンサルの仕事がイメージしやすくなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
コンサルの仕事は大変な面もありますが、そのぶんやりがいの高い仕事でもあります!

次の章では、働きたい会社が激務かどうか確かめる方法をお伝えします!

コンサルとして働きたい人が激務かどうか確かめる方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

この章では、働きたい会社が激務かどうか確かめる方法をお伝えします。

次の3点を確認することで、激務度合いを事前に調べることができます!

激務かどうか確かめる方法
  1. 非公式のOB・OG訪問をする
  2. 企業ではなく部署の実態を調べる
  3. H面接でホワイト志向な質問をする

それでは、順番に見ていきましょう!

方法1|非公式のOB・OG訪問をする

OB・OG訪問には、人事から用意された社員と話す公式のOB・OG訪問と、学校や部活の先輩と話す非公式なOB・OG訪問があります。

正式なOB・OG訪問だと、社員の人も本音で全て話せるわけでないので、出来るだけ非公式なOB・OG訪問をすることをおすすめします!

方法2|企業ではなく部署の実態を調べる

会社を調査する時は、企業ではなく部署の実態を調べるようにしましょう。

なぜなら、同じ企業でも部門によって激務度合いは変わってくるからです。

そのため、自分の入りたい会社の部署の実態までをきちんと調べることが大事になってきます!

方法3|面接でホワイト志向な質問をする

面接の段階で「〇〇時までには帰れますか?」などのようにホワイト志向な質問をすることで、事前にミスマッチを防ぐことができます。

激務が当たり前の会社だった場合、ホワイト志向な質問をする人は面接の段階で落とされる可能性が高くなります。

しかし、その分入社後に仕事量に対してのギャップを抱えながら働く可能性は低くなります。


激務かどうか確かめる方法
  1. 非公式のOB・OG訪問をする
  2. 企業ではなく部署の実態を調べる
  3. H面接でホワイト志向な質問をする
転職希望者のゆり
ゆり
次の3点を確認することで、激務度合いを事前に調べることができ流のですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

正しい確認方法を取ることで、激務度合いを事前に調べることができるんです!

次の章では、激務な職場を避けたい人が活用すべき転職サービスを紹介します!

激務な職場を避けたい人が活用すべき転職サービス

佐々木

それでは、激務な業界に就職・転職しないために活用すべきサービスをお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」を活用することをおすすめします!

激務かどうか気になる業界がある人は、転職エージェントに相談すべきです!

転職エージェントを活用すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、

気になっている業界が激務かどうか見極めを含め、さまざまなサポートを行ってくれます。

転職のプロとして、本当にあなたが転職すべきかどうかをアドバイスしてくれるので、非常に心強いでしょう!

万が一、避けておいた方が良い業界の場合は、これまでの経歴や性格に合わせて、おすすめの業界や求人を紹介してくれますよ。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職する時に活用すべきサービスなんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

コンサルは激務な環境もあるが非常にやりがいのある仕事!

佐々木

今回は、コンサルが激務か気になる方に向けて、

コンサル業界の実態や、激務かどうか見極める方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • コンサルの仕事は、役職やプロジェクトによって激務度が違う
  • コンサルの仕事は仕事が大変な分、良い面も多い
  • 会社の激務度は事前に調査できる
  • 激務な業界を避けたいなら、転職エージェントを活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!