転職エージェントおすすめ13選
571人の評判を比較してわかった厳選ランキング

転職エージェントに聞いた!面接で落ちる人の全特徴&有効な面接対策

転職エージェントに聞いた!面接で落ちる人の全特徴&有効な面接対策

この記事でお伝えすること
  • 面接に落ちる人の特徴
  • 転職エージェントの面接対策について
  • 面接対策のメリット・デメリット
  • 面接対策に強い転職エージェント5選
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『面接が苦手で選考を通過できるか不安…』

『転職エージェントの面接対策は受けた方がいいのかな…?』

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり

面接の時、いつも緊張しちゃって思っていることを話せないんですよね…

上手く自分をアピールできず、なかなか面接を通過できません…

佐々木

たしかに、同じように面接を苦手にしている方はたくさんいますね…。

でも安心してください!転職エージェントの面接対策を活用すれば、面接の通過率は上がりますよ!

そこで今回は、転職エージェントの面接対策について詳しく説明していきますね!

【2019年3月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

転職エージェントに聞いた!面接に落ちる人の全特徴6選

佐々木
面接対策について詳しく説明する前に、まずは面接に落ちる人の特徴を確認しておきましょう!
ゆり

私も面接に何度も落ちてしまい、苦手意識が強くて…

やっぱり落ちる人には特徴があるんですね。

佐々木

そうですね…、面接に落ちる人には特徴があって、

たとえ、同じ経歴・年齢・能力でも、面接に受かる人と受からない人がいるのは事実です。

実際に、転職エージェントから見ると、面接に落ちる人は次のような特徴があります!

面接に落ちる人の特徴
  1. プレゼンテーション能力が低い人
  2. 志望意欲・やる気が感じられない人
  3. チャレンジ精神や好奇心のない人
  4. 忍耐力がない人
  5. 当事者意識のない人

それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

特徴1:プレゼンテーション能力が低い人

面接で必要なのは、自分の魅力を伝える力です。

重要なポイントをまとめて、自分の魅力を伝えられたら、面接官にもあなたの魅力が伝わるでしょう。

ただ新卒の就職活動以来面接を経験していない人は、プレゼンテーション能力が欠如している傾向にあります。

初対面の面接官と明るく楽しく話せる能力が必要なわけではありません。大切なのはいかに、自分の魅力をプレゼンできるかです。

佐々木

履歴書や職務経歴書を見れば、ある程度あなたがどんな会社で働いてきたか分かるので、面接で1から10まで話す必要はありません。

書類に書ききれなかった、重要なポイントだけを伝えましょう!

特徴2:志望意欲・やる気が感じられない人

たとえやる気があっても、伝え方が悪ければやる気がないように思われることもあります…

事前に用意できる「志望動機」や「自己PR」ではなく、転職理由やこれまでの経験など、面接中の態度はもちろん、会話の中で転職者の意欲を見極める面接官がたくさんいます。

そのため、書類にいかに良いことを書いていても、面接時に意欲ややる気をアピールできなければ、面接に落ちる可能性も高くなります。

佐々木

面接は自分をアピールできる絶好の機会です!

なぜこの会社への転職を希望しているのか。面接官に気持ちが伝わるように意欲を伝えましょう。

特徴3:チャレンジ精神や好奇心のない人

転職者は、新しく会社に入ってくる人材であるため、チャレンジ精神や好奇心が求められています。

そのため面接で話していく中で、未経験の業務やスキルに関する質問があった時には、意欲を見せることが大切です。

もちろん、「やりたいです」「やります」と口だけで言うことは誰にだってできます。

他の転職者の一歩先をいくためにも、業務上必要な資格やスキルが分かっているのであれば、面接前に少し業務に関する勉強をしておくのも良いでしょう。

佐々木
これまでの経験を活かすことはもちろん、

新しい環境に順応しながら、どんどん自ら挑戦してくれる人材を企業は求めていますよ!

特徴4:忍耐力がない人

職務経歴や面接での態度を見て、忍耐力がなさそうと判断された人は、容赦なく面接で落とされます。

企業側からすれば、中途採用であっても長く働ける人材を求めています。

過去の経歴を見て、短期間で仕事を辞めていたり、何度も転職している人は、特に「すぐに辞めそう」「ストレス耐性に弱そう」などの疑問が常に付きまといます。

佐々木

転職回数が多い人は、なるべく過去の転職理由をポジティブに伝えましょう!

そして、今後はこの会社でキャリアを積み上げていくという将来のビジョンも伝える必要があります。

特徴5:当事者意識のない人

特にミドル層の人に当てはまりますが、中途採用で入社する人には、近い将来管理職に就いてもらうことを想定している企業がたくさんあります。

そのため、当事者意識や責任感が感じられなかったら、面接で落とされる可能性が非常に高いでしょう。

面接では、あなたに当事者意識があるか判断するために質問を行っています。

質問に対してしっかりとした受け答えをし、他人任せな印象を持たれないよう気をつけましょう。

佐々木

どんな会社で働いても、必ず嫌な部分は少なからず出てきます。

普段から全て会社や人のせいにするのではなく、自分で解決しようと働きかける意識を持っておきましょう!


佐々木
以上が面接に落ちる人の特徴です!
面接に落ちる人の特徴
  1. プレゼンテーション能力が低い人
  2. 志望意欲・やる気が感じられない人
  3. チャレンジ精神や好奇心のない人
  4. 忍耐力がない人
  5. 当事者意識のない人
ゆり

私が当てはまる特徴もありますね…

面接前に自分の苦手な部分を整理しておく必要がありそう。

佐々木

そうですね。それらの特徴に当てはまる人は、特に面接対策を受けるべきです。

転職エージェントの面接対策については、次の章で詳しく確認していきましょう!

転職エージェントの面接対策の活用で成功率UP

佐々木
転職エージェントを活用する上で、面接対策を受けられるのは一つの大きなメリットです!

経験豊富な転職のプロが、あなたに合った面接対策や転職のノウハウを伝授してくれるので…、

面接に関する弱点を客観的かつ的確に指摘してもらえます。

また、これらの面接対策を無料で行ってくれるので、受けない理由はないです!

ゆり

たしかに、どうせなら面接対策を活用した方が良いかも…!

でも、具体的にどんな方法で面接対策は行われるんですか?

佐々木
面接対策は次の2つの形式で行われます!
面接対策の形式
  • 担当者と1対1の面談形式
  • 多数の転職者と合同のセミナー形式

それぞれの形式について簡単に説明しておきましょう。

形式1:担当者と1対1の面談形式

1対1の面談形式では、30分〜1時間程度、個別で面接対策を行います。

1対1の良い点は、あなたに合わせた面接対策が受けられる点です。

実施内容としては、あなたの職務経歴書を見ながら、転職エージェントが応募企業の面接官役となり模擬面接を実施。

良かった点、修正すべき点など、個別に丁寧に教えてもらえます。

形式2:多数の転職者と合同のセミナー形式

大手転職エージェントであれば、面接対策セミナーを開催していることも多くあります。

1時間〜2時間程度の講義形式で、面接の流れや注意点に関する話を聞くことができます。

面接に自信がない人は、セミナーに参加すれば学びがあると思いますが…

やはり1対1の面談形式の方が深く学ぶことは可能です。

応募企業によって、面接で求められることも変わってくるので、セミナー形式より1対1の面談形式の方が実践的なアドバイスがもらえるでしょう。

ゆり
なるほど!

それぞれの形式によって、面接対策の内容はもちろん、得られるものも変わってくるんですね!

佐々木

そうですね!

どの形式で行われるかは、転職エージェントによって異なるので担当者に確認してみましょう!

おすすめの転職エージェント

転職エージェントの面接対策のメリット・デメリット

佐々木

それでは次に、面接対策のメリットとデメリットをお伝えします!

まずメリットは、次の5つが考えられます。

転職エージェントの面接対策のメリット

面接対策のメリット
  1. 面接特有のビジネスマナーを学べる
  2. 採用担当者の目線でアドバイスがもらえる
  3. 本番での質問の受け答えの練習ができる
  4. 面接全体の流れを一通り経験できる
  5. 基本的に何度でも模擬面接が行える

それぞれのメリットについて確認していきましょう。

メリット1:面接特有のビジネスマナーを学べる

面接では、

「入室から着席までの流れ」
「丁寧語の使い方」
「質問するタイミング」
など、面接特有のビジネスマナーが求められます。

これまでの経験やスキルではなく、ビジネスマナーでマイナス評価になることは非常にもったいないです。

ビジネスマナーは意識してなかった

面接対策を受けるまで、面接に細かいビジネスマナーが必要ってことをあまり意識してなかった。

職務経歴書に書くことや質問の受け答えだけを意識していたが、今まで面接に落ちたのはビジネスマナーが欠けていたからかもしれない!

エージェントの面接対策を受けていなかったら、このあたりには多分気づけてなかった。

転職相談:25歳・男性

佐々木
特に初めて転職活動をする人は、後で知らなかった…と後悔しないためにも、

面接特有のビジネスマナーについて学んでおきましょう!

メリット2:採用担当者の目線でアドバイスがもらえる

企業がどのような人材を求めているか理解している転職エージェントが対応するので、

採用担当者の目線でアドバイスを行ってくれます。

「企業が求める人物像や評価のポイント」
「これまで採用された人の傾向」
など、知識や経験をもとに、実践的で具体的なフィードバックを受けることが可能です。

佐々木

面接での質問の意図なども解説してくれるので、的確な受け答えについても学べますよ!

メリット3:本番での質問の受け答えの練習ができる

模擬面接の回数を重ねることで…

志望動機や自己PRはもちろん、様々な質問に対してスムーズな受け答えができるようになります!

面接経験が少ないと、緊張して上手く話せないこともあります。

いきなり本番を迎えるのではなく、模擬面接を行うことで本番での話し方が格段に良くなるでしょう。

練習通り受け答えができた!

面接対策ってただ話をするだけかと思ったけど、本番と同じように模擬面接をやってくれるんですね!

おかげで本番では緊張せず、練習通り受け答えができました。結果が出るのが楽しみです!

転職相談:28歳・男性

佐々木
本番での面接と同様の質問をしてくれるので、

練習を重ねておけば緊張せず話せるようになりますよ!

メリット4:面接全体の流れを一通り経験できる

自己紹介から始まり、経歴の確認、自己PRや志望動機の説明など…

面接の流れを一通り経験しておけば、質問される順序などを把握できます。

受け答えの準備ができることはもちろん、伝えるべきことの流れや一つの質問に対してどこまで答えるべきかなど、

面接の全体感を知っておけば自分のペースで面接を進められるでしょう。

佐々木
自己紹介に使うべき時間など、面接全体の時間の使い方を知っておけば、

本番でもスムーズに面接を進められます!

メリット5:基本的に何度でも模擬面接が行える

応募する企業や業界に応じて、

面接対策を数回に分けて行ってくれる転職エージェントもあります。

特に、第二新卒や社会人未経験者を対象としている転職エージェントは、

割と時間をかけて面接対策を行う傾向にあります。

無料のIT研修も一緒に行う『ウズキャリ第二新卒
フリーターや未経験者の転職サポートに定評ある『JAIC
などは、面接対策を何度も行ってくれると評判です。

何度も面接対策をしてくれた

とにかく面接が苦手と伝えると、担当の方が何度も面接対策を行ってくれたのは本当に助かりました。

私がしっかり答えられるまで、何度も同じ質問をしてくれたり、やり直しをしてくれました。忙しい中、時間を作っていただき本当に感謝しています。

転職相談:24歳・女性

佐々木
面接対策は基本的に何度でも行ってくれるので、

自分が納得いくまで担当者に依頼して面接対策を行ってもらいましょう!


佐々木
以上が面接対策のメリットです。
面接対策のメリット
  1. 面接特有のビジネスマナーを学べる
  2. 採用担当者の目線でアドバイスがもらえる
  3. 本番での質問の受け答えの練習ができる
  4. 面接全体の流れを一通り経験できる
  5. 基本的に何度でも模擬面接が行える
ゆり
基本的なビジネスマナーが学べたり、実践的な模擬面接を受けられたりするんですね…!
佐々木

おっしゃる通り、充実した内容の面接対策が受けられます!

しかも、転職エージェントを利用していれば無料で受けることができるので….

しっかり転職エージェントの面接対策を活用していきましょう!

転職エージェントの面接対策のデメリット

佐々木
ただ、次のようなデメリットがあることも念のため頭に入れておきましょう。
面接対策のデメリット
  1. オフィスに行く手間がかかる
  2. 下手な担当者だと対策にならない

それぞれのデメリットについて確認していきましょう。

デメリット1:オフィスに行く手間がかかる

転職エージェントの面接対策を受けるには、オフィスまで行く必要があります。

初回面談と面接対策は基本的の別日に行いますし、

面接対策を複数回行うなら、その都度オフィスに行かなければなりません。

特に遠方に住んでいる人にとっては、時間と手間がかかってしまうでしょう。

オフィスまで遠い...

面接が不安だし面接対策を受けたいけど、オフィスまでが遠くて大変…

電話やSkypeで話せるならいいけど、私が登録している転職エージェントは対面での面接対策しかやっていないらしい…

どこは他の転職エージェントに登録して、面接対策を依頼した方がいいのかな。

転職相談:26歳・女性

佐々木

転職エージェントによっては、電話での面接対策を実施しているところもあります!

自宅とオフィスが離れている場合などは、事前に担当者に面接対策の形式を確認しておくことをおすすめします。

デメリット2:下手な担当者だと対策にならない

これは、面接対策だけでなく転職サポート全体の話ですが、

下手な担当者に当たってしまえば、かえって足手まといになってしまいます…

企業側が、
「この人はいつも変な人しか紹介してこない」
「前に紹介してもらった人が入社後する辞めた」
など、担当者に対して悪い印象を持っている場合もあります。

佐々木

自分に合う転職エージェントを選ぶことはもちろん、担当者が合わないと感じた場合は、担当変更を依頼しましょう。

担当変更に関して、詳しくは下記の記事をご覧ください。


佐々木

以上が面接対策のデメリットです。

それでは、先に説明したメリットと合わせて振り返ってみましょう!

面接対策のメリット・デメリット

面接対策のメリット

  • 面接特有のビジネスマナーを学べる
  • 採用担当者の目線でアドバイスがもらえる
  • 本番での質問の受け答えの練習ができる
  • 面接全体の流れを一通り経験できる
  • 基本的に何度でも模擬面接が行える

面接対策のデメリット

  • オフィスに行く手間がかかる
  • 下手な担当者だと対策にならない
ゆり

改めて見てみると、面接対策にはたくさんのメリットがありますね!

ただ、下手な担当者に当たったら時間の無駄になりそう…

佐々木

そうですよね…面接の通過率を上げるためには、優秀な担当者の面接対策を受けることが必要です!

そこで次に、面接対策に強い優秀な担当者が多い転職エージェントを紹介しますね!

面接対策・模擬面接に強い転職エージェントおすすめ5選

佐々木
私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

全ての転職者におすすめ

20代の転職者におすすめ

ハイクラス転職を狙う人におすすめ

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

登録するのは1社でいいんですか?

佐々木

転職エージェントは1社ではなく、複数登録することをおすすめします。

より多くの転職エージェントに登録することで、あなたに合う担当者や求人に出会える可能性が高くなりますよ!

実際に、転職成功者の9割は、3社以上の転職エージェントに登録しています。

複数の転職エージェントを上手く活用する方法については、下記の記事で詳しく説明しています。

佐々木
複数登録するのが面倒な方は…

とりあえず業界最大手の『リクルートエージェント』に登録しておけば間違いありません。

佐々木
自分に合う転職エージェントに登録して、面接に対する自信が得られる面接対策を受けましょう!

転職のエージェントの面接対策を活用する6つのポイント

佐々木

それでは最後に、面接対策を活用するポイントを紹介しておきます。

実際に、面接対策を受ける時は下記の6つのポイントを抑えておきましょう。

面接対策を活用するポイント
  1. 面接対策前に自己分析を行っておく
  2. 職務経歴書を完璧に仕上げておく
  3. 担当者のやる気を引き出す
  4. 自分の強みを的確にPRする
  5. 面接を受ける企業に関する質問をする
  6. 面接後、企業側の評価と次回への改善点を聞く

それぞれのポイントについて詳しく説明してきます。

ポイント1:面接対策前に自己分析を行っておく

自己分析は面接対策を行う前に、あらかじめ行っておくべきです。

転職エージェントとの面接対策の時間を有効活用するためにも、

最低限自己分析は事前に時間をかけて行っておきましょう。

佐々木
事前に自己分析を行っておけば、

面接対策の時に担当者から分析結果のフィードバックももらえます!

ポイント2:職務経歴書を完璧に仕上げておく

職務経歴書も完璧な状態に仕上げておくことが大切です。

面接対策では…

あなたが書いた職務経歴書をもとに質疑応答を行っていきます。

佐々木

職務経歴書を完璧に仕上げておけば、

現状の職務経歴でどのような質問がされるのか

面接対策で理解することができます!

ポイント3:担当者のやる気を引き出す

「とりあえず面接対策だけ受けたい」などは言わず…

「すぐに転職したい」とアピールして、担当者のモチベーションを上げることも重要です。

転職エージェントのビジネスの仕組み上、

早く転職したい意欲が高い人ほどサポートが手厚くなります。

佐々木
充実した面接対策をなるべく早く受けたいなら、

担当者のモチベーションを上げることは重要なのです!

ポイント4:自分の強みを的確にPRする

自分の強みを的確にPRするためには、自己分析ツールを使うことをおすすめします。

自己分析ツールは様々なものありますが…

無料かつ本格的に使えるものとして、リクルートが提供している「グッドポイント診断」がおすすめです。

グッドポイント診断は、リクナビNEXT内にある会員限定のツールで、

選択形式の質問に答えるだけで、自分では気づけない特徴や強みを知ることが可能です。

佐々木
面接対策前に、グッドポイント診断を行っておけば、PRすべき自分の強みを発見できます!

ポイント5:面接を受ける企業に関する質問をする

事前に面接を受ける企業の情報を聞いておけば、

本番での面接も有利に進められます。

例えば「自己PRよりも志望動機を重視する企業」と事前に聞いておけば、

志望動機をしっかり考え、入社意欲を本番で熱意を持って伝えられると面接通過率は一気に高まるでしょう。

佐々木
転職エージェントの担当者は、企業の採用担当者に直接会っていることもあるので、

場合よっては企業の深い情報を得ることも可能です!

ポイント6:面接後、企業側の評価と次回への改善点を聞く

面接対策は、企業との面接前だけでなく面接後に受けることも可能です。

採用不採用に関わらず、面接の評価を聞くことで、次回の面接に向けた改善点を理解できるでしょう。

企業の採用担当者は、いい人材を転職エージェントに紹介してほしいので、採用や不採用の理由を本音で伝えています。

佐々木
面接後に面接対策を依頼すれば、次の面接に向けて有益な情報が得られるでしょう!

佐々木
以上が、面接対策を活用するポイントです!
面接対策を活用するポイント
  1. 面接対策前に自己分析を行っておく
  2. 職務経歴書を完璧に仕上げておく
  3. 担当者のやる気を引き出す
  4. 自分の強みを的確にPRする
  5. 面接を受ける企業に関する質問をする
  6. 面接後、企業側の評価と次回への改善点を聞く
ゆり
ただ受けるだけでなく、事前の準備から面接後まで当事者意識を持って面接対策を受ける必要がありますね。
佐々木

そうですね。面接は転職活動においてかなり重要な鍵を握っている選考です。

面接対策を上手く活用して、本番の面接に臨みましょう!

面接対策を活用して転職の成功率を上げよう!

佐々木

今回は、転職エージェントの面接対策についてお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 面接に落ちる人には決まった特徴がある
  • 面接対策を受けることで面接通過率を上げられる
  • 面接対策ではプロが客観的にあなたの弱点を指摘してくれる
  • 面接対策は応募する企業の担当者目線で行ってもらえる
  • 面接対策は事前準備と面接後に活用することも大切
ゆり

ありがとうございます!

面接対策を活用して、面接に通過できるよう頑張ります!

佐々木

はい!

面接対策を有効活用して、希望の企業への転職を目指しましょう!

それでは最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

全ての転職者におすすめ

20代の転職者におすすめ

ハイクラス転職を狙う人におすすめ

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

登録するのは1社でいいんですか?

佐々木

転職エージェントは1社ではなく、複数登録することがおすすめです!

ただ面倒だと思う方は、とりあえず『リクルートエージェント』に登録しておけば間違いありませんよ!

ゆり
分かりました!早速登録してみます!
佐々木
はい!あなたが転職に成功できるよう応援しています!