手取り17万円の生活とは?年収・家賃・貯金事情&一人暮らしの内訳を解説

手取り17万円の生活とは?年収・家賃・貯金事情&一人暮らしの内訳を解説

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「手取りが17万円だけど大丈夫かな…?と悩んでいる人に向けて、

『リアルな生活事情』や『対策方法』などをお伝えしていきます!

実際、手取りの額が少ないと悩んでいる人は多いのです。

少しでも早く不安を軽減するためにも、適切な対策方法を取っていきましょう!

この記事を最後まで読めば、手取り17万円で生活していく方法が分かり、今ある不安が解消されますよ

この記事がおすすめな人
  • 手取り17万で生活できるのかが不安
  • 手取り17万円でやりくりする方法を知りたい
  • 手取り17万円の生活を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

手取り17万円の給料額面と年収は?平均年収と比較

佐々木
早速、手取り17万円の給与について見ていきましょう!

初めに給料額面と年収についてお伝えした後、平均年収と比較していきます。

ここで、手取り17万円について知っておきましょう!

それでは、手取り17万の給料額面と年収から紹介します!

手取り17万の給料額面と年収

手取り17万円の給料額面は、おおよそ21~22万円です。

そもそも手取りの金額は、額面金額から税金や社会保険料などを差し引いた金額を指します。

年収は手取りではなく給料額面から計算するので、手取り17万年の年収を考えると、次のようになります。

手取り17万円の年収

22万円(毎月の給料額面)×12か月(1年分)=264万円(年収)

この金額が、ボーナスが無い場合の年収であり、ボーナスがある場合は、264万円にポーナスを加えた金額が年収となります。

ボーナスの平均割合は15%程度と言われているので、約60~70万円プラスになると考えられます。

そのため、手取り17万円の人の平均年収は300万円前後となるでしょう。

平均年収との比較

結論から言うと、手取り17万円の年収は平均年収と比べて低いと言えます!

実際、dodaが調査した年代別の平均年収と比べると、どの年代の平均年収よりも、手取り17万円の年収は低いことが分かります。

平均年収

引用:doda

このように、20代なら手取り17万円の年収と大差がありませんが、30代以降では100万円以上の差が出ている場合が多いです。

手取り17万円では、いくらボーナスがもらえても平均年収に届くのは難しいでしょう。

以上のことから、手取り17万円の年収は平均年収よりも低いと分かります。


佐々木
ここまで、手取り17万円の給料額面と年収についてお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

給料額面と年収
◎手取り17万の給料額面と年収

  • 給料額面:21~22万円
  • 年収:300万円前後

◎平均年収との比較

  • 平均と比べて低い
  • 30代以降は100万円以上差が出ることも
ゆり
ありがとうございます!

手取り17万円の場合の給料額面と年収について分かりました。

でも、手取り17万円って、平均的に見ても少ないんですね…。

佐々木
そうなんです…。

平均的には少ないですが、生活が出来ないわけでは無いので安心してください!

次の章で、生活費の内訳について詳しく説明しますね!

手取り17万円で一人暮らしは出来る?生活費の内訳

手取り17万円でも一人暮らしは可能です!

実際、手取り17万円の人の生活費の内訳を見てみましょう!

家賃60,000円
食費30,000円
ネット代10,000円
光熱費10,000円
交際費20,000円
娯楽20,000円
貯金10,000円
保険5,000円
雑費5,000円

17万円を振り分けると、大体このような金額で暮らしている人が多いようです。

これから一人暮らしをするのであれば、5.6万円を家賃の目安として考えましょう!

なぜなら、家賃は手取りの3分の1が良いと言われているからです。

家賃は一番大きな固定費になるので、目安の金額を超えるほど生活費が圧迫されることを頭に入れておきましょう。

また、手取り17万円での生活は、貯金に手が回らない場合も多いですが、

入院や冠婚葬祭などの急な出費を想定し、毎月最低でも1万円は貯金に回すことをおすすめします!

次に、手取り17万円の貯金額について紹介します。

手取り17万の実際の貯金額は?

手取り17万円の人の貯金額は、150万円前後の人が多いです!

実際、金融広報中央委員会が行った調査を見てみると、年収300万円未満の貯金額の割合は、次の結果になっています。

貯金額割合(%)
100万円未満33.9
100~200万円未満16.3
200~300万円未満6.0
300~400万円未満4.8
400~500万円未満3.4
500~700万円未満5.1
700~1000万円未満5.8
1000万円以上24.5

この調査は、現在年収300万円未満の20代から60代の人が対象になっており、過去の年収は300万円以上の人が含まれているため、

貯金額が多い人もいると考えられます。

また、年収が300~500万円未満の場合は、貯金額が330万円前後の人が多いという結果が出ています。

次に、手取り17万円のデメリットを見ていきましょう!

手取り17万円のデメリット|結婚や車の購入は可能?

佐々木
それでは手取り17万円のデメリットを2つお伝えします。

結婚や車の購入が出来るのかを知っておくことで、これからのライフプランの参考になるでしょう!

それでは、結婚の有無から紹介していきます!

デメリット1|結婚は出来る?

手取り17万円での結婚は可能ですが、節約が前提となるため豊かな暮らしは厳しいと言えます。

なぜなら、結婚すれば一人の時には無かった費用が発生することが多いからです。

子供が欲しい場合はさらに費用がかかるので、厳しい生活が強いられるでしょう。

そのため、手取り17万円で結婚する場合は、最大限節約を行ったり共働きをするなど、対策する必要があります。

デメリット2|車は買える?

結論から言うと、軽自動車なら購入可能と言えます!

なぜなら、価格の安い軽自動車であれば購入費だけでなく、維持費も比較的安く済ませられるからです。

具体的な金額は次の通りです。

車にかかる費用
◎150万円の軽自動車の場合

  • 5年ローン:月々25,000円
  • ガソリン代:月々約10,000円
  • 維持費:年間170,000円
    (任意保険料や自動車税含む)

このように軽自動車であれば、日常の生活費を削ることで購入は可能でしょう。

しかし、購入する場合もグレードは一番低いもので、オプション無しというのが限度と考えられます。

実家暮らしならば余裕があるかもしれませんが、一人暮らしの場合は駐車場代がかかることもあるので注意してください。

また、安いからと言って中古車を買うと、安物買いの銭失いになる可能性もあるのでよく検討して購入する必要がありますよ!


佐々木
ここまで、手取り17万円のデメリットをお伝えしました。

まとめると次の通りです!

デメリット
◎結婚は出来る?

  • 可能ではあるが生活は厳しいことが多い
  • 子供を望む場合は厳しい

◎車は買える?

  • 軽自動車であれば可能
  • 諸経費や駐車場代など維持費がかかる
ゆり
どちらも可能ではあるものの、生活は厳しくなりそうですね…。
佐々木
おっしゃる通りです!

結婚や車の購入は、手取りが多い人でも必要な費用が多いことから悩むポイントです。

自分の生活を確保するために、メリット・デメリットなどをよく考えてから行動するようにしましょう!

次に、実際に手取り17万円で生活している人の体験談を見ていきましょう!

実際に手取り17万円で生活している人の体験談

佐々木
それでは、手取り17万円で生活している人の実体験を紹介します!

実際、手取り17万円の生活はどのような状況なのか、イメージがしやすくなるでしょう!

ゆり
手取り17万円で楽しく暮らしている人もいますが、苦しい生活をしている人もいるんですね…。
佐々木
おっしゃる通りです。

生活する地域や環境によっても、必要経費は変わってくるので一概には言えませんが、

手取り17万円の暮らしは苦しく感じやすいでしょう。

次に、手取り17万円の人が少しでも余裕のある生活をするコツを紹介します!

手取り17万円の人が少しでも余裕のある生活をするコツ

佐々木
手取り17万円の人が、少しでも余裕のある生活をするコツをお伝えします!

今すぐ実践出来る方法もあるので、出来そうなものから行うことで余裕が生まれますよ!

余裕のある生活をするコツ
  1. 外食から自炊に切り替える
  2. 使えるお金を細かく決める
  3. 先に貯金分を確保する
  4. 節約・節電を心がける
  5. 固定費を下げる
  6. 転職をする

1つずつ紹介します!

コツ1|外食から自炊に切り替える

お金に余裕を作るためには、外食から自炊に切り替えることオススメします!

なぜなら、外食は1食あたりの金額が大きいので、食費がかさんでしまうからです。

手取り17万円の場合、食費は2万円程度に押さえるのが理想であるため、1日当たりの食費は600~700円になります。

自炊を心がけ、まとめ買いをして小分けにして冷凍するなど小さな工夫をすることで、1日の食費を400円程度に押さえることが可能です!

また、スーパーへ行くときも必要なものをメモし、それ以外は買わないといった工夫をすることで節約しやすくなりますよ!

コツ2|使えるお金を細かく決める

1週間や日ごとに使ってよい金額を決めることで、必要以上にお金を使わなくなります。

なぜなら、上限があることで決めた金額内でやりくりする気持ちが働くので、無駄遣いを抑えられるからです。

使える金額は、次の手順で決めましょう!

使える金額の決め方
  1. 手取りから家賃など固定費を差し引く
  2. 残った金額を1週間で割る(1週間で使える金額
  3. 必要があれば7日で割る(1日で使える金額

この金額の中でやりくりすることで、交際費や服代などの無駄遣いを減らすことが出来ます。

コツ3|先に貯金分を確保する

貯金をしたい人は、給与が入った段階で貯金することをおすすめします!

なぜなら、貯金を後回しにすると最終的に貯金分まで使ってしまうなど、いつまで経っても貯金が出来ないからです。

貯金をする際は、貯金用の口座を作っておき、給料日に自動で貯金用の口座に入金されるように登録しておくと良いでしょう!

会社で財形貯金を行っている場合は会社で手続きが出来ますし、それ以外の場合は銀行や郵便局で手続きすることが出来ます!

コツ4|節約・節電を心がける

小さなことですが、節約・節電を心がけることも大切です!

なぜなら、待機電力の節約だけでも、年間1000~2000円の節約になる可能性があるからです。

具体的には、次のような方法が有効的です。

節約・節電方法
  • 使用していない家電製品のコンセントを抜く
  • エアコン以外の暖房・冷房を使う
  • 電化製品を買う時は購入金額と消費電気量をあわせて検討する
  • 使用していない電気は消す

まずは、電化製品をこまめに消すところから始めてみましょう!

コツ5|固定費を下げる

固定費を下げることで、毎月の出費を抑えることが出来ます!

そもそも固定費とは、毎月必ず発生する費用を指します。

具体的には、次のような方法があります。

固定費を下げる方法
  • 家賃を下げる
    ⇒社宅や今より家賃の低いところを選ぶ
  • 都市ガスの物件を選ぶ
    ⇒プロパンガスは都市ガスの1.5倍の料金なので、都市ガスがお得
  • スマホ代を見直す
    ⇒格安SIMに変更したり、プランの見直しをする
  • 契約しているアンペア数を下げる
    ⇒アンペア数を下げることで電気代の基本料金が下がる
  • 保険の内容を見直す
  • ネットのプロバイダーを見直す

このように、固定費で見直せる部分は多くあるので、自分の出費を見直し、支出が多いものから見直しを行なっていきましょう!

コツ6|転職をする

手取りを増やすには、転職するのが一番の効率的な方法です。

なぜなら、1回の転職で手取りも年収も大きく増やせる可能性が高いからです。

その中でも、転職エージェントの利用は、幅広いサポートを受けられるのでオススメです!

佐々木
具体的には、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「DYM就職」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。


佐々木
ここまで、手取り17万円の人が余裕のある生活をするコツについてお伝えしました。

まとめると次の通りです!

余裕のある生活をするコツ
  1. 外食から自炊に切り替える
  2. 使えるお金を細かく決める
  3. 先に貯金分を確保する
  4. 節約・節電を心がける
  5. 固定費を下げる
  6. 転職をする
ゆり
ありがとうございます!

今すぐ実践できる内容から、大きく手取りを増やす方法まで分かったので参考になりました!

佐々木
それは良かったです!

出来ることから実践することで、お金に余裕が出来るようになるはずですよ!

手取り17万の人は、転職を検討するのもあり!

佐々木
今回は、手取り17万円の生活が知りたいという人に向けて、

手取り12万円の生活事情や一人暮らしの内訳などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 手取り17万円での生活は可能だが余裕がない場合が多い
  • 手取り17万円では結婚や車の購入は難しい
  • 手取りを上げたい人は転職エージェントに相談すべき
ゆり
ありがとうございます!

手取り17万円の生活について、詳しく知ることが出来ました!

佐々木
それは良かったです!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「DYM就職」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!