転職エージェントおすすめランキング13選

転職2回目の全知識|20代30代の転職事例と退職理由の好印象な伝え方

この記事でお伝えすること
  • 転職回数が多いのは不利なのかどうか
  • 2回目の転職の面接で好印象を与えるコツ
  • 2回目の転職を成功させた人の体験談
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「2回目の転職って、やっぱり不利になるの?

「転職回数が2回目でも、面接で良い印象を与える方法はあるの?」

…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、2回目の転職を考えている方に向けて、採用担当者にチェックされるポイントおすすめの転職方法などを紹介します!

この記事を読めば、2回目の転職に対する不安がなくなり、今すぐ転職に向けて行動できるようになりますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

2回目の転職をしたい…転職回数が多いのは不利って本当?

佐々木
まず結論として、転職が2回目だからといって決して不利になることはありません!

現在、深刻な人手不足に悩んでいる企業がたくさんあり、転職市場が広がっているため、どの年代においてもニーズが高まっています。

そのため、転職回数が2回、3回とあっても、良い人材であれば採用したいと考えている企業は増えています!

ゆり
2回目の転職であっても不利にならないんですね!
佐々木

そうなんです!

ただし、年齢によって状況は変わってくるので、年代別に注意点を説明しておきます!

まず20代であれば、短期間での転職とも考えられるので、誰もが納得できる転職理由を用意する必要があります。

ネガティブな転職理由を持っていれば、採用担当者は「またすぐ辞めるのでは?」とあまり良い印象を持たないでしょう。

そして30代は、即戦力として活躍できる人材でなければ、採用を見送られるケースがあります。

未経験であれば長く働ける可能性が高い20代の方が有利になるので、これまでの経験が活かせる同業種への転職がおすすめです!

ゆり

なるほど!

年齢によって転職で気をつけることが変わってくるんですね!

佐々木

そうなんです!

2回目の転職だからといって不利になるケースはほぼありませんが、

確実に転職を成功させるためには、しっかり戦略を立てることが大切です!

次の章では、2回目の転職で採用担当者にチェックされるポイントをお伝えします。

転職2回目で採用担当者にチェックされるポイント

佐々木

それでは次に、2回目の転職の人が採用担当者にチェックされるポイントをお伝えします!

チェックポイントを抑えておけば、面接での受け答えもスムーズに行えますよ!

採用担当者のチェックポイント
  1. 勤続年数の長さやブランクがあるか
  2. 前職の退職を決意した理由

それぞれ詳しく説明します!

ポイント1:勤続年数の長さやブランクがあるか

勤続年数の長さやブランクの長さは、履歴書や職務経歴書で見られることはもちろん、面接でも確認されます。

たとえば、短期間で2回目の転職をしていると、入社してもすぐに辞めるかもと思われる可能性があります。

また、ブランクが長い場合はその期間に何をやっていたか必ず聞かれるので、回答をあらかじめ準備しておく必要があるでしょう。

佐々木

出産や育児など家庭の都合が理由であれば、わりと受け入れられやすいですが、

それ以外の場合は、誰もが納得できる転職理由を用意する必要があります!

ポイント2:前職の退職を決意した理由

前職の退職を決めた理由は、面接で必ず聞かれるものです!

採用担当者からすれば、転職回数が何回であれ、前の仕事を辞めた理由は非常に気になるポイントでしょう。

1回目の転職は新卒からの転職なので、「初めての就職活動で、社会のことが分からず就職してしまったんだろう」と思えますが…

2回目となれば「なぜ転職に失敗したのか?」「新卒での失敗を活かさなかったのか?」と転職の背景を探ってきます。

佐々木

採用担当者が退職理由をチェックするのは、

自社の社風に合うか、仕事に対して何を求めているかを確認するためです!


佐々木
以上が、2回目の転職で採用担当者にチェックされるポイントです!
採用担当者のチェックポイント
  1. 勤続年数の長さやブランクがあるか
  2. 前職の退職を決意した理由
ゆり
2回目の転職だからこそ、チェックされるポイントがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

どちらも面接で必ず聞かれるポイントなので、事前に回答を用意しておくことをおすすめします!

次の章では、面接で好印象を与えられる退職理由の伝え方について説明します!

転職2回目の人が面接で好印象になる退職理由の伝え方

佐々木

それでは、2回目の転職でも好印象を与えられる退職理由の伝え方について説明します!

退職理由は面接を突破するための重要な鍵を握っているので、しっかりと伝え方を考えてみましょう!

退職理由の伝え方
  1. 志望動機と自分の目標を連動させる
  2. ネガティブな退職理由をポジティブに変換する
  3. 前職の悪口は絶対に言わない
  4. 福利厚生や給与を退職理由にしない

それぞれ詳しく説明します!

伝え方1:志望動機や自分の目標と連動させる

退職理由が、志望動機や将来的な目標と重なるように伝えられると良いでしょう!

話し方としては、「自分は◯◯になりたい。しかし、前職では実現できないので、退職することにしました」という形が理想です。

前職では目標を達成できなかったということを伝えれば、転職先に対して目標が達成できるという期待の裏返しになります。

その結果、スムーズに志望動機が伝えられることはもちろん、前向きな転職であることが伝わるでしょう!

佐々木
仕事で達成できなかったことが何かを振り返ることで、志望動機や目標が見えてきますよ!

伝え方2:ネガティブな退職理由をポジティブに変換する

ネガティブな退職理由を持っている人は、それを正直に伝えるのではなくポジティブに変換することをおすすめします!

実際多くの転職者は、ネガティブな退職理由を持っています。

しかし、そのまま退職理由伝えても、採用担当者はただの愚痴にしか思えないので、良い評価はされません。

後ほど事例を紹介しますが、不平不満をそのまま伝えるのではなく、ポジティブに思える退職理由を用意しましょう!

佐々木

嫌なことがあったらすぐに辞める人。と思われないためにも、

退職理由はできる限りポジティブに伝えるべきです!

伝え方3:前職の悪口は絶対に言わない

前職の悪口は、わざわざ転職先の面接で話す必要がありません。

実際、退職に至るまでの過程で、ストレスや不満が溜まっている人もたくさんいるでしょう。

しかし、面接で伝えても「入社しても同じように悪口を言われるかも」と印象が悪くなるだけです。

退職理由を伝える上では、ある程度本音をオブラートに包み、悪口を発してしまわないように気をつけましょう!

佐々木

最低限、働いていて疑問に思っていたことや、納得のいかなかったことは伝えても構いません。

ただし長々と話す必要はないので、最低限に留めておきましょう。

伝え方4:福利厚生や給与を退職理由にしない

仮に本音の退職理由が、給与や年収アップであったとしても、福利厚生や待遇に関する理由は伝えない方が良いでしょう。

待遇の改善が退職理由になると、待遇が良ければどこでも良いという見方をされるので、転職先を志望する動機が薄れます。

いくら立派な志望動機を語っても、上辺の言葉にしか聞こえず、採用を見送られてしまうでしょう。

佐々木
福利厚生や給与に関しては、内定が出た後に交渉できる機会があるので、

その段階に進んでから主張するようにしましょう!


佐々木
以上が、好印象を与えられる退職理由の伝え方のポイントです!
退職理由の伝え方
  1. 志望動機と自分の目標を連動させる
  2. ネガティブな退職理由をポジティブに変換する
  3. 前職の悪口は絶対に言わない
  4. 福利厚生や給与を退職理由にしない
ゆり
これらのポイントを意識して、退職理由を伝えれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

面接の時に余裕を持って退職理由を語るために、事前に準備しておくことをおすすめします!

それでは次に、退職理由の伝え方の事例を紹介します!

【理由別】転職2回目の退職理由の伝え方事例

佐々木

ここでは、代表的な2つの退職理由を例に、面接での良い伝え方を紹介します!

ネガティブな退職理由をどのようにポジティブに変換するかを伝えるので、参考にしてください!

残業や休日出勤など労働時間が退職理由の場合

残業や休日出勤が多いということは、会社にいる時間が長いということがネガティブな退職理由になります。

この場合は「メリハリをつけて仕事がしたい」「効率よく成果を出したい」とポジティブな理由に変換できるでしょう。

佐々木
労働時間が退職理由の場合、次のように面接で話してみましょう!
退職理由の伝え方

私が働いている環境は残業や休日出勤など、とにかく長く働くことが美徳とされており、人事評価では勤務時間を最重視されていました。

そのため、効率よく仕事をこなしていると、必然的に残業時間が短くなり、同時に評価も下がってしまう環境でした。

私はその制度に納得できず、転職を考えるようになりました。

ダラダラと長時間働くよりも、メリハリをつけて効率的に仕事をする方が高い成果を出せると思っているため、時間よりも内容が評価される環境で働きたいと思い退職を決意しました。

任された仕事内容が合わなかったことが退職理由の場合

仕事内容が合わなかった人は、もっと違うことがやりたいという思いがあるので、

「将来のために仕事の幅を広げたい」「新しい領域で自分がどこまで出来るかチャレンジしたい」という表現に変換すべきです。

佐々木
仕事内容が退職理由の場合、次のように面接で話してみましょう!
退職理由の伝え方

将来のために仕事の幅を広げ、全力で打ち込める仕事に取り組みたいと思ったので退職を決意しました。

今の仕事はやりがいはありますが、自分の能力や技術を全て発揮できるものではないと感じています。

そのため、これまでの社会人生活で得た技術と知識を活かし、新しい領域にチャレンジしたいと思い、転職活動を始めました。


佐々木

このように、ネガティブな退職理由を持っていても、ポジティブに変換することが大切です!

退職理由の伝え方や面接での受け答えに関して悩んでいるなら、

「転職エージェント」に相談するのも一つの手です!

転職のプロとして、あなたの状況に応じた最適なサポートを行ってくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

次の章では、2回目の転職を成功させた人の事例を紹介します!

2回目の転職をした20代・30代の成功・失敗体験談|大手への転職事例も

佐々木

それでは、実際に転職してすぐ転職した人の事例を紹介します!

成功例と失敗例を分けて紹介するので、参考にしてください!

2回目の転職をした20代・30代の成功体験談

佐々木
まずは2回目の転職に成功した人の事例です!
ゆり
2回目の転職に成功している人がたくさんいるんですね!
佐々木

はい!

2回目でも正しい方法で転職活動を行い、転職先選びを慎重に行えば、十分転職は成功できますよ!

2回目の転職をした20代・30代の失敗体験談

佐々木
ただ2回目の転職で、失敗して後悔している人もいるので事例を紹介しておきます。
ゆり
転職に失敗して、3回目、4回目と繰り返すことだけは避けたいですね…。
佐々木

そうですよね…。

失敗しないためにも、安易に転職先を決めることは危険です!

慎重に転職活動を進めるためにも、「転職エージェント」を上手く活用することをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

それでは次に、転職2回目の人が相談すべき転職エージェントについてお伝えします!

転職2回目の人は転職のプロに相談するのがおすすめ

佐々木

2回目の転職を考えているのであれば、「転職エージェント」に相談すべきです!

転職のプロがこれまでの経験をもとに、正しい転職方法やおすすめの求人を紹介してくれますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
まずは、転職エージェントのサポート内容に関してお伝えします!

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり

えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!

佐々木

そうなんです!

サポートがあるからこそ、2回目の転職では転職エージェントを活用するのは必須なんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木

それではおすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
ゆり

わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木

そうですね!最低でもリクルートとdodaですね!

実際、転職に成功している人の9割は転職エージェントを利用しているので、

2回目の転職を考えているなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職2回目の人の職務経歴書と自己PR・志望動機の正しい書き方をお伝えします!

転職2回目の職務経歴書と自己PR・志望動機の正しい書き方

佐々木

2回目の転職をする人が知っておくべき職務経歴書と自己PR・志望動機の書き方をお伝えします!

どのように自分をアピールすべきか分からない方は、ぜひ参考にしてくださいね!

2回目の転職の職務経歴書のポイント

佐々木

まずは職務経歴書の書き方をお伝えします!

職務経歴書においては、次の2つのポイントを意識して作成しましょう!

職務経歴書のポイント
  1. 短期間での2回目の転職の場合は特にきちんと理由を書く
  2. 退職後に空白期間がある場合は何をしていたか説明を書く

それぞれ詳しくお伝えします!

ポイント1:短期間での2回目の転職の場合は特にきちんと理由を書く

短期間で2回目の転職をする方は、納得できる理由を書いておくべきです。

具体的には、1年未満で2回目の転職をする人が該当するでしょう。

転職理由が書かれていないと、転職の回数だけで判断されてしまうので、ちゃんとした理由が伝わりません。

その結果、書類選考で落とされることもあるでしょう…。

2回目の転職活動を始める際には、まず転職する理由をしっかり説明できるように、準備することが大切です。

佐々木
転職理由が職務経歴書に書かれていないと、すぐに辞めてしまう人と思われてしまう可能性もありますよ!

ポイント2:退職後に空白期間がある場合は何をしていたか説明を書く

退職後に空白期間がある人は、何をしていたかを職務経歴書に書いておくことをおすすめします!

空白期間のことが何も書かれていないと、「怠け者」「やる気がない人」と捉えられてしまう可能性があります…。

ただし、ネガティブな内容を書くのはやめておきましょう。

転職活動が長引いている場合も、「応募したけど受からなかった」と書くのではなく、

「次の転職に向けて企業研究や業界の情報を時間をかけて勉強していた」と、ポジティブな説明を心がけましょう!

佐々木
良い企業に転職するために、空白期間が必要だったことが伝わるように説明を書きましょう!

佐々木

以上が、転職2回目の人が職務経歴書の書き方で意識すべきポイントです!

職務経歴書のポイント
  1. 短期間での2回目の転職の場合は特にきちんと理由を書く
  2. 退職後に空白期間がある場合は何をしていたか説明を書く
ゆり
転職理由や空白期間の説明もきちんと書く必要があるんですね!
佐々木

はい!

ただ自分の職歴だけを記載しても、採用担当者にあまり魅力は伝わらないので、

転職理由や空白期間についても、しっかりまとめて記載しましょう!

2回目の転職の自己PR・志望動機のポイント

佐々木

次に、自己PR・志望動機の書き方をお伝えします!

自分をアピールするための重要なポイントになるので、参考にしてください!

自己PR・志望動機のポイント
  1. 自分を採用したらどんなメリットがあるのか企業目線で書く
  2. 定型的な言葉はなるべく使わず、自分の言葉で書く

それぞれ詳しくお伝えします!

ポイント1:自分を採用したらどんなメリットがあるのか企業目線で書く

魅力的な自己PRには、自分を採用することでどんなメリットがあるか、分かりやすく書かれています。

中途採用を行っている企業のほとんどは、「会社にどんなメリットがあるか」を重視しながら採用活動を行っています。

そのため、これまでの経験を振り返り、社会人としてどんな知識や技術を学んできたか、

また成功させた大きなプロジェクトがある場合は、そのことを例に具体的にアピールすることをおすすめします!

佐々木

同業種に転職する場合は、自己PRや志望動機で即戦力になれることをしっかりアピールしましょう!

ポイント2:定型的な言葉はなるべく使わず、自分の言葉で書く

自己PRや志望動機は、自分の言葉で書くことが大切です!

インターネットの情報や周りの友人の自己PRを、参考にしている転職者も実際たくさんいます。

ネット上にある例文では「がんばります」「よろしくお願いします」など定型的な表現が多く使われています。

しかし、採用担当者からすれば定型的な言葉が並べられていても、印象が薄くなるだけです。

そのため、ネットや友人の文章はあくまでも参考程度にとどめ、自分の言葉でしっかりまとめましょう!

佐々木

経験豊富な採用担当者は、ネットの例文の使い回しとすぐに気づき、

転職への本気度が疑われることがあるので要注意です!


佐々木

以上が、転職2回目の人が自己PRや志望動機の書き方で意識すべきポイントです!

自己PR・志望動機のポイント
  1. 自分を採用したらどんなメリットがあるのか企業目線で書く
  2. 定型的な言葉はなるべく使わず、自分の言葉で書く
ゆり
自己PRや志望動機は、自分の言葉で書くのが大切なんですね!
佐々木

そうですね!

転職に対する意欲を伝えるためにも、自己PRや志望動機はじっくり考えて作成しましょう!

職務経歴書や履歴書の作成に関して、お悩みの方も転職エージェントに相談することをおすすめします!

書類の添削サポートも行っているので、よりあなたの魅力が伝わる応募書類を作成するためのアドバイスをしてくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

転職2回目の人は退職理由をしっかり考えよう!

佐々木

今回は、2回目の転職を考えている方に向けて…

採用担当者にチェックされるポイントや正しい転職方法などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 転職が2回目だからといって決して不利になることはない
  • 勤続年数の長さや退職理由は採用担当者にチェックされる
  • 転職2回目の人は「転職エージェント」を活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

転職するのが2回目で少し迷っていましたが…早速行動してみようと思います!

佐々木

はい!

次の転職は成功できるように、慎重に転職先を探してみましょう!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!