51歳の転職は難しい?プロが教える転職事情と成功の可能性とは

「51歳…50歳を越えても、まだ転職できる?」

「51歳で転職を成功させる方法を知りたい!」

この記事では、51歳の転職で失敗したくない人に向けて、51歳の転職が厳しい理由や、転職を成功させるためのポイントなどを紹介します!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、51歳の転職に関する悩みがなくなり、安心して転職活動を進められますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

51歳の転職が厳しい理由|立ちはだかる年齢の壁と現実

佐々木
この章では、「51歳の転職が厳しい理由」「転職後に考えられるリスク」について紹介します!

この章を読むことで、51歳の転職の実情を知ったうえで、転職活動を始めることが出来ますよ!

結論から言うと、51歳で新たに現職と同じ条件の仕事を探すのは難しいです。

なぜなら、年齢的に協調性に欠けるのではないかと懸念される上に、求人自体が少なく、内定までの道のりが長いからです。

51歳にもなると、これまで築いた実績や仕事に対するプライドがあるため、転職した際に馴染めないことが多いのも事実です…。

決して転職が不可能ということはありませんが、現職と同じ条件やそれ以上の待遇の転職先を探すには、かなりのスキルや経験が必要なことを覚えておきましょう!

50代の転職成功率の厚生労働省統計

厚生労働省の統計によると、50代前半の転職成功率は40代後半とほぼ横ばい、60代よりも低く、特に転職が厳しいことがわかります。

50代の転職成功率が他の年代よりも低い理由としては、以下の理由が考えられます。

50代の転職成功率が低い理由
  • 40代以前とくらべて、人件費がかかる
  • 定年までの勤続年数が短い
  • 体力の衰えを心配されやすい

一方、60代になると、人件費が安い非正規雇用が増えるため、50代に比べて入職率が高くなります。

あきら
男女ともに、転職成功率は低めですね…
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです…!この表からも、50代の転職は特に厳しいことが分かります。

このため、50代で転職を希望するのであれば、転職後のリスクを事前に把握しておくことが大切なんです。

51歳で転職した後に考えられるリスク

51歳で転職した後に考えられるリスクを紹介していきます。

転職できたとしても、次のように条件や待遇が下がる可能性があることは覚悟しておく必要があるでしょう。

条件や待遇の変化
  • 年収が下がる
  • 役職がリセットされる
  • 上司が年下の可能性がある

転職直後の収入ダウン雇用形態の変化は避けられないことが多いです。

このため、転職後に自分の実力を評価してもらえるように、その後の行動を考えることが大切です!

転職には一定のリスクが伴いますが、不満を抱えながら現職で働くよりは良いと考える人もいるでしょう。

どちらの生き方が自分に合うのかじっくり検討してみることをおすすめします!

あきら
51歳の転職は厳しく、転職しても待遇や条件が良くない傾向にあるんですね…。
佐々木
そうなんです…!

次の章では、51歳からの転職に失敗してしまう4つの原因を紹介していきますね。

51歳の転職に失敗してしまう4つの原因

佐々木
先ほど転職成功のためのポイントをお伝えしましたが、ここでは転職に失敗する原因をお伝えします!

これまでの転職とは異なる点が失敗の原因になるので、転職活動を始める前に確認しておきましょう!

転職に失敗する原因
  1. 51歳で応募できる正社員求人が少ない
  2. 年収ダウンを受け入れられない
  3. 転職理由が後ろ向きである
  4. 謙虚な気持ちを持っていない

1つずつ詳しく紹介します!

原因1|51歳で応募できる正社員求人が少ない

51歳になると、応募できる求人がどうしても少なくなります

特に、正社員登用の求人数は40代とくらべて一気に減ってしまうのです。

51歳という年齢は、役職に就いている人や、役員クラスの人が多く、同じ役職での転職を希望すると求人数の少なさから転職に失敗しやすくなります

また、年齢的に定年が近く、20代や30代のように育成することも難しいため、採用したいと思う企業が減ってしまうのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
このため転職活動時には、自分を採用すると企業にどのようなメリットがあるかをアピールしましょう!

原因2|年収ダウンを受け入れられない

転職直後から今までと同じか、それ以上の年収を求めるのはやめましょう

なぜなら、転職後は成果を出していないのと同様のため、51歳での転職では年収が下がることが一般的だからです。

年収ダウンだけでなく、これまで正社員で働いていたとしても、非正規雇用となる可能性が高いことも覚悟しておく必要もあります。

転職する際は、これまでの経験や役職を活かしながら、新人であるという謙虚な気持ちで仕事を行うことが大切です。

佐々木

転職後に成果が認められれば、今までと同じまたはそれ以上の給与になる場合もあるでしょう。

目先のことだけでなく、先を見据えて行動することが大切ですよ!

原因3|転職理由が後ろ向きである

後ろ向きな転職理由を述べていると、転職に失敗しやすくなります

転職したい理由は人によってさまざまですが、元々の転職理由の多くが後ろ向きであることは、ほとんどの採用担当者は分かっています。

それよりも、「マイナスをプラスに変換する」思考能力を持った人を採用したいと企業は考えているのです。

ネガティブな理由ばかり並べられると「この人は入社して不満が出たときにまた転職するのではないか…」と不信感を与えてしまいます

転職エージェントの佐々木
佐々木
51歳の転職はスキルや経験値を求められるからこそ、

本音の理由をいかにポジティブ変換できるかで結果は大きく変わってくるでしょう。

原因4|謙虚な気持ちを持っていない

転職する際は、新しい企業と関わることになるので、謙虚な気持ちを持っておくことが大切です。

51歳で転職するとなると、面接官や転職先での上司が自分より年下である可能性は十分にあります。

しかし、新しい企業に入れば、これまでにどんな経験を積んでいようとも新人として見られます

偉そうな態度をとったり、これまでのプライドから周りと馴染むことが難しそうな場合は、いくらスキルがあっても採用は難しいと判断されるでしょう。

転職を志すならば、常に謙虚な姿勢で人と接していくことが大切です。

佐々木
これらのことに注意し、自分を見直したうえで転職活動に臨みましょう!

佐々木
ここまで、転職に失敗する原因についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職に失敗する原因
  1. 51歳で応募できる正社員求人が少ない
  2. 年収ダウンを受け入れられない
  3. 転職理由が後ろ向きである
  4. 謙虚な気持ちを持っていない
あきら
51歳の転職では、このようなポイントが転職に失敗する原因になるんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

51歳の転職は、スキルだけでなく気持ち・態度なども評価されてきます!

前職では役職についている人も多いと思いますが、転職する側だという気持ちを忘れずに行動しましょう!

おすすめの転職エージェント

ただ、51歳から転職を成功させることは可能ですので、次の章でお伝えしていきます!

51歳の転職を確実に成功させる3つのポイント

佐々木
それでは、51歳の転職を確実に成功させるためのポイントを紹介します!

51歳の転職は対策が重要なので、次の3のポイントをしっかり把握して対策に役立てましょう!

転職を成功させるポイント
  1. これまでのキャリアを活かせる職場を探す
  2. まだまだ長く働きたい意欲を面接で見せる
  3. ポジティブな転職理由を用意する

1つずつ詳しく説明していきます!

ポイント1|これまでのキャリアを活かせる職場を探す

転職先を選ぶ際は、これまでに培った経験やスキルを活かせる転職先を探しましょう!

なぜなら、自分のスキルと企業の求める人物像が一致しているほど年齢がネックになりにくく、歓迎される可能性が高いからです!

企業は即戦力として働ける人を求めているので、自分のスキルを一度整理してから転職先を探すことをオススメします!

また、納得のいく転職先を探すためにも、転職先の定年退職制度や給与の仕組みについて予め確認しておくと良いでしょう!

ポイント2|まだまだ長く働きたい意欲を面接で見せる

スキルや経験を活かして生涯現役の働き方を目指すなら、まだまだ長く働きたいという意欲を明確にアピールしましょう!

なぜなら、会社が求める人物像や働き方自分の希望する働き方が一致していれば、採用の確率が上がるからです。

51歳が転職活動を始める背景にはいろいろな理由があると思いますが、転職に対する意欲を見せることが転職成功へ繋がります!

ポイント3|ポジティブな転職理由を用意する

実際の転職理由がマイナスな理由だったとしても、転職の際はポジティブな転職理由を考えましょう!

なぜなら、本音の転職理由をそのまま話してしまうと、面接官に「協調性が無い」「プライドだけが高い」とマイナスの印象を持たれてしまうからです。

本音の退職理由が「人間関係が悪化した」「会社の業績に不安があった」という人も多いでしょう。

これらの理由をそのまま伝えることの無いように、転職後の意欲を示しながら組織に貢献したい気持ちなどをアピールしましょう!

応募先を選んだ明確な理由があれば、転職理由と関連付けながら説明することもおすすめです。


佐々木
ここまで、転職を成功させるためのポイントをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職を成功させるポイント
  1. これまでのキャリアを活かせる職場を探す
  2. まだまだ長く働きたい意欲を面接で見せる
  3. ポジティブな転職理由を用意しておく
あきら
転職を成功させるためには、この3つのポイントが大切なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

転職後に即戦力として意欲的に働きたいと思っている姿勢を、しっかりアピールすることが大切です!

転職の成功には、転職エージェントの利用もおすすめですよ!

おすすめの転職エージェント

次に、実際に51歳での転職体験談を紹介します!

51歳の転職体験談|資格なしから転職できた男性・女性の事例

佐々木
ここでは、実際に51歳で転職した人の体験談を紹介します!

様々な状況の人がいるので、転職を考える際の参考にしてみてください!

あきら
51歳を過ぎてから転職してる人や、転職後に楽しく働いてる人は多いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

今までのスキルを活かしながら対策することで、転職することが出来ますよ!

次に、51歳で転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントを紹介します!

51歳からの職探しは、転職のプロに相談するのがおすすめ!

佐々木
求人を探す方法は、転職サイトやハローワークなどがありますが、

51歳の転職では「転職エージェント」を利用することをおすすめします!

転職エージェントを使うべき理由としては、次のサポートをすべて無料で受けられるからです!

転職エージェントの流れ

具体的に51歳におすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『LHH転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
あきら
ありがとうございます。

しかし、どの会社も良さそうで選ぶのに悩みますね…。

佐々木
そうですよね…!

もし選ぶのに迷った場合は、『JACリクルートメント』と『リクルートエージェント』の利用をオススメします!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで…

転職成功率がグッと上がりますよ!

まずは転職エージェントに登録して、転職に関する相談をしてみることをおすすめします!

転職エージェントや複数利用について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、51歳の転職でよくある質問にお答えします!

【Q&A】51歳の転職に関するよくある質問

佐々木
最後に、51歳の転職に関するよくある質問にお答えします!

51歳女性が転職で気をつけることはある?

転職自体は男性も女性も大きな差はないので、ここまでお伝えしたことを参考にしてください!

しかし、親の介護などで離職を考えている場合や、ブランクがある場合は再就職が難しいです…。

そのため、今の会社が女性にとって働きやすい職場の場合、安易に転職しないことをおすすめします。

女性が働きやすい職場や、社会復帰できる職場を探している方は、次の記事も参考にしてください!

51歳で未経験職種への転職は現実的に厳しい?

51歳での未経験転職は、ほぼ不可能と考えておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、企業側は50代の人に即戦力になってもらうことを望んでいるため、未経験者を採用することは滅多にないからです。

未経験に応募する場合は、これまでの仕事と関連のある業務をアピールしたり、個人で学んだスキルや実務経験をアピールしましょう。

また、未経験の分野でやりたいことがある場合は、副業を検討することもおすすめします!

副業を行う際も、限られた選択肢から選ぶよりも、多少でも過去の経験を活かせる方法を考えることがおすすめします!

51歳で転職回数が多くても転職は成功できる?

51歳にもなると転職回数が多い人もたくさんいるので、転職回数はそれほど評価に関わりません!

転職回数に関わらず、働ける期間が短いので、入社後に何が出来るかを示すことが大切です!

51歳資格なしで転職するのは難しい?

資格の有無は気にする人が多い内容ですが、基本的には資格が無くても問題ありません!

なぜなら、資格の有無よりも、実務経験や即戦力となるスキルを重視されるからです!

そのため、業務に深く結びつく資格以外は役に立たないと思った方が良いでしょう。

資格を取得するくらいなら、書類添削や面接対策などに時間を割いた方が、転職成功率は上がります!

資格について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

51歳高卒でも転職は可能?

高卒だとしても、今まで仕事をしてきたのなら問題ありません!

しかし、ブランクがあったり、これまでの仕事の経験が浅かったりする場合は、転職がどんどん厳しくなっていきます。

そのため、まずは今までの経歴から今後のキャリアを考え、早めに行動に移すことがオススメです!

少しでも不安がある人は、転職エージェントを利用することでサポートを受けることが出来ます。

転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!


佐々木
51歳の転職は、早めに行動を始めてしっかり対策することが重要になりますよ!

51歳からの転職は成功の可能性を高めるために、まずはプロに相談しよう!

佐々木
今回は、51歳の転職に関して不安を持っている方に向けて、51歳の転職が厳しい理由や、転職を成功させるためのポイントなどをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 51歳の転職ではこれまでのキャリアを活かせる求人を探すべき
  • 51歳の転職は厳しいことを前提に対策を行うことが大切
  • 謙虚な気持ちを持ちながらも即戦力として働ける姿勢を示す
あきら
ありがとうございます!

51歳で転職する不安が解消されました!

佐々木
良かったです!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『LHH転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
あきら
ありがとうございます。

しかし、どの会社も良さそうで選ぶのに悩みますね…。

佐々木
そうですよね…!

もし選ぶのに迷った場合は、『JACリクルートメント』と『リクルートエージェント』の利用がオススメです!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで…

転職成功率がグッと上がりますよ!

しっかりと対策を行い、転職が成功することを祈っています!