転職エージェントおすすめランキング13選

女性の転職で有利な資格12選|ゼロから取れて、一生役立つおすすめ国家資格

この記事でお伝えすること
  • 女性の転職におすすめの資格
  • 今から取得可能で一生役立つ国家資格
  • 女性におすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『キャリアを見直したいけど資格があった方が良いのかな?』

『将来が不安なんだけど、一生使える資格ってあるのかな?』

…と思っていませんか?

この記事では、女性が転職に活かしやすい資格を始め、業界や職種別の有利な資格実際に転職した人の体験談などを紹介していきます!

この記事を読めば、女性の皆さんがどんな資格を取るべきか分かり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

女性の転職に得しやすい資格2選

佐々木
さっそく、女性の転職におすすめの取得しやすい資格を紹介します!

これから紹介する2つの資格は、どちらも国家資格でありながらも取得難易度が低い資格です!

また、試験日も複数回設定されているため、忙しい人でも受験がしやすい資格でもありますよ!

女性におすすめの資格は、次の2つです!

女性におすすめの資格
  1. ITパスポート:難易度★
  2. 第二種衛生管理者:難易度★

それでは1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|ITパスポート:難易度★

【公式】https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

特徴
  • IT業界の入門資格
  • 1ヶ月程度の勉強でも合格可能

ITパスポート(旧:シスアド)とは、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。

具体的に証明できる知識とは?
  • 経営戦略
  • マーケティング
  • 財務、法務など経営全般に関する知識
  • セキュリティ、ネットワークなどのITの知識
  • プロジェクトマネジメントの知識

このような幅広い分野の総合的な知識に関して、効果的にITを利用できる「IT力」が身についている証明になります。

IT業界全般でアピールできるため、公務員採用試験ではITスキルを優遇する官庁もあります。

「絶対に仕事にありつける資格」ではありませんが、取得を奨励している大手企業も増えています!

初任給がアップする可能性も秘めているので、取っておいて損はないと言えるでしょう。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:毎週
  • 試験費用:5,700円
  • 勉強時間目安:1~3日、PC初心者は100時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,000円前後、通信教育2万円前後

おすすめ2|第二種衛生管理者:難易度★

【公式】https://www.exam.or.jp/exmn/H_shokai502.htm

特徴
  • 50人以上の事業所で選出義務がある資格
  • 企業によっては資格手当が付与される

労働者の健康障害や労働災害を防止するために、労働安全衛生法で定められた国家資格です。

第二種衛生管理者は、次のような仕事をすることが出来る資格です。

具体的な仕事内容

  • 労働者の健康障害を防止するための作業環境管理
  • 作業管理及び健康管理
  • 労働衛生教育の実施
  • 健康の保持増進措置

労働安全衛生法により、常時50人以上の労働者がいる事業所には、有資格者を選任する義務が生じるため…

企業によっては資格手当が付く場合もあります!

また、人事・総務系の管理職を目指す人にはオススメの資格です。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:月に1~3回
  • 試験費用:6,800円
  • 勉強時間目安:40時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,000円前後、通信教育15,000円前後

佐々木
ここまで、女性におすすめの資格について紹介しました!

もう一度まとめると、次の通りです!

女性におすすめの資格
  1. ITパスポート:難易度★
  2. 第二種衛生管理者:難易度★
ゆり
この2つが、おすすめの資格なんですね!

難易度も低いみたいだから、これからでも取得できそうな気がします!

佐々木
そうですね!

転職や仕事を理解するための資格なので、資格の取得が目的にならないように注意しましょう

しっかり学習して資格が取得できれば、仕事で必要な基礎力も蓄えられますよ!

次に、今からでも取得可能で一生役立つ国家資格をお伝えします!

今からでも間に合う!一生役立つ国家資格10選

佐々木
ここでは、今からでも取得可能で一生役立つ国家資格を紹介します!

国家資格なので難易度が高いものもありますが、その分一生使える資格です!

資格を知ることで、仕事内容や独立の可能性を知ることもできますよ!

今からでも取得可能な国家資格は、次の通りです!

今からでも間に合う国家資格
  1. 総合旅行業務取扱管理者
    :取得難易度★
  2. 登録販売者(一般医薬品)
    :取得難易度★
  3. FP技能士(3級)
    :取得難易度★
  4. ウェブデザイン技能士(3級)
    :取得難易度★★
  5. キャリアコンサルタント
    :取得難易度★★
  6. 宅地建物取引主任者(宅建)
    :取得難易度★★
  7. 保育士
    :取得難易度★★
  8. 管理業務主任者
    :取得難易度★★
  9. 行政書士
    :取得難易度★★★
  10. 通関士
    :取得難易度★★★

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう!

国家資格1|総合旅行業務取扱管理者:難易度★

【公式】http://www.jata-net.or.jp/seminar/

特徴
  • 旅行業界唯一の国家資格
  • 一度取得すれば生涯有効

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の国家資格で旅行業務全般を取り扱う資格です。

有資格者は、旅に関する豊富な知識・技術を有したプロとして国から認められます。

資格は全国で通用し、一度取得すれば生涯有効なので旅行業界でのキャリアアップだけでなく、独立開業することも可能です。

旅行業者・旅行業者代理業者の営業所における顧客と旅行取引の責任者に必要な資格なので、企業によっては資格手当が出ます!

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年1回
  • 試験費用:6,500円
  • 勉強時間目安:300時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,500円前後、通信教育7万円前後

国家資格2|登録販売者(一般医薬品):難易度★

【公式】http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/iyaku/tourokushiken/index.html

特徴
  • 医薬品を販売できる専門資格
  • 薬局やドラックストア業界で有利

薬剤師ではありませんが、医薬品を販売できる専門資格で具体的に第二類医薬品と第三類医薬品の販売が可能です。

医薬品を購入するお客様への情報提供や、相談があった場合の対応などの職務に携わることが出来ます。

薬局やドラッグストア業界への転職に有利で、企業によっては資格手当がつく場合もあります。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年1回
  • 試験費用:13,600円(東京) ※都道府県によって異なります。
  • 勉強時間目安:220時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,500円前後、通信教育5万円前後

国家資格3|FP技能士(3級):難易度★

【公式】https://www.jafp.or.jp/

特徴
  • お金のエキスパートともいえる資格
  • 様々な業界への転職が有利

税金・保険・年金などの幅広い知識と視野を持ち、夢や希望を叶えるための資金計画やアドバイスを行うことができる専門資格です。

具体的には、住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う業務に携わることができます。

節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートで、以下の6つの分野を扱います。

FPが扱う分野
  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

このように幅広い知識が必要なため、金融関連業界、不動産業界への転職だけでなく、独立開業という選択肢もあります。

また、資金運用やライフプランのアドバイザーとして、ハウスメーカー、生命保険会社、ウェディングプランナーでも活躍できます。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年3回
  • 試験費用:6,000円
  • 勉強時間目安:300時間程度
  • 学習費の目安:参考書3,000円前後、通信教育5万円前後

国家資格4|ウェブデザイン技能士(3級):難易度★★

【公式】http://www.webdesign.gr.jp/

特徴
  • Web業界唯一の国家資格
  • Webサイト制作に必要な知識やスキルを証明できる資格

Web業界唯一の国家資格で、インターネットの仕組みやネットワーク技術から、

Webサイト構築や運用、デザインに関する知識を証明できる資格です。

資格試験では、下記の内容で学科試験と実技試験が行われます。

試験内容

◎学科試験

  • インターネットの仕組み
  • ネットワーク技術
  • 著作権などの知的財産権
  • Webサイト構築や運用
  • デザインに関する知識

◎実技試験

  • ウェブサイト構築に関するデザイン作業
  • ウェブサイトの運用管理

ウェブデザインの専門学校出身者や、1年くらい実務をこなした人であれば、無勉強でも合格できそうな内容です。

未経験でもWebデザイナーに転職する際に資格を持っていれば、必要最低限の力があることを証明できます

ウェブデザイン技能士3級は、基礎的内容が多いので、スキルをアピールするには2級の取得をオススメします!

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年4回
  • 試験費用:学科: 5,000円 / 実技: 5,000円 (35歳以上)または3,000円(35歳未満)※
  • 勉強時間目安:20時間程度
  • 学習費の目安:参考書3,000円前後、通信教育5万円前後

国家資格5|キャリアコンサルタント:難易度★★

【公式】https://www.jcda-careerex.org/

特徴
  • キャリア設計のプロであることを証明をする資格
  • 2016年4月に創設した国家資格

個人の適性や職業経験に応じた職業設計と、これに即した職業選択や能力開発を効果的に行うことが出来るキャリアの専門資格です。

資格保持者以外は「キャリアコンサルタントおよび、それに類似した名前」を名乗ることは出来ません。

資格保持者は次のような幅広い分野で必要とされており、転職にも有利です。

必要とされている分野
  • 企業の人事・教育関連部門
  • 大学のキャリアセンター
  • 公的就業支援機関
  • 人材紹介・人材派遣会社

このような分野の中で、就職や転職の相談にのるといった仕事に携わりたい人は取っておいて損はありません。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年3回
  • 試験費用:38,800円
  • 勉強時間目安:150時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,500円前後、通信教育6万円前後
    ※スクールに通う場合40万円前後(教育給付金制度で補助を受けられる)

難易度6|宅地建物取引主任者(宅建):難易度★★

【公式】http://www.retio.or.jp/

特徴
  • 年齢や性別、国籍などの制限が無く、幅広い人が取得できる国家資格
  • 不動産取引法務の専門資格

宅地や建物の売買や賃貸契約など、不動産取引にまつわる専門知識を持つことを証明する資格です。

合格率は15%程度の国家資格ですが、マンション管理士とのダブルライセンスを取得すると、不動産管理で非常に優遇されます

また、不動産の営業所では5人に1人以上、宅地建物取引士の有資格者を置くことが法律で定められているため転職に有利な資格といえます。

土地建物に関する法律知識は、会社保有の不動産管理、資産運用といった業務や、事務所移転・拡張などの際にも役に立つでしょう。

男性の宅建士が多いので、女性にとっては狙い目の「一生食べていける資格」だとも言えます。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年1回
  • 試験費用:7,000円
  • 勉強時間目安:300時間程度
  • 学習費の目安:参考書3,000円前後、通信教育8万円前後

難易度7|保育士:難易度★★

【公式】https://www.hoyokyo.or.jp/

特徴
  • 児童福祉施設において子供の保育を行うための資格
  • 活躍の場が増えている資格のひとつ

専門的知識と技術をもって、児童の保育、児童の保護者に対する保育に関する指導などの職務に携わることが出来る保育の専門資格です。

近年は保育園だけではなく、ベビーシッターやお店、レジャー施設のキッズスペースなど、活躍の場が広がっています

また、待機児童の問題からもニーズがあり、子育て経験が生かせる職種でもあります。

保育士はとてもニーズの高い仕事なので、就職のチャンスは多くありますが、合格率はかなり低いので、しっかり勉強しましょう。

受験資格によって、勉強すべきことが変わってくるので、よく確認してから受験を決めることをオススメします。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年2回
  • 試験費用:12,950円
  • 勉強時間目安:300時間程度
  • 学習費の目安:参考書2,500円前後、通信教育6万円前後

国家資格8|管理業務主任者:難易度★★

【公式】http://www.kanrikyo.or.jp/kanri/index.html

特徴
  • マンション管理の専門資格
  • 管理・運営のコンサルタントとして、独立開業も可能

マンションの委託契約に関する重要事項や、管理事務の報告を行うマンション管理の専門資格です。

主にマンション管理会社の従業員として、管理委託契約時に重要事項を説明したり、組合へ管理状況を報告するなどの職務に携われます。

マンション管理や契約などに活躍する管理業務主任者は持っていると即戦力となることから非常に人気です。

この資格で自分のスキル・経験をPRできるほか、マンションの管理・運営のコンサルタントとして独立も可能です。

合格率は22%程度と難易度が高いため、通信教育などでしっかりと勉強することオススメします。

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年1回
  • 試験費用:8,900円
  • 勉強時間目安:半年~1年程度
  • 学習費の目安:参考書3,000円前後、通信教育7万円前後

国家資格9|行政書士:難易度★★★

【公式】https://gyosei-shiken.or.jp/

特徴
  • 独立・開業含め、幅広い業界で役立つ
  • 合格率10%と難易度は高い

国民生活と行政を結ぶ行政手続きの専門資格で、身近な法律の専門家として活躍できます。

具体的には、官公庁に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続代理をはじめとした、法務サービス全般に携われます

行政書士事務所で働いたり、独立する際に使えるのはもちろんですが、一般企業の法務関係の業務にも有利です。

業務範囲が幅広いこともあり、業界関係なくスキルをアピールできます

取得にかかる期間と費用の目安
  • 試験頻度:年1回
  • 試験費用:7,000円
  • 勉強時間目安:半年~1年程度
  • 学習費の目安:参考書3,500円前後、通信教育5万円前後~(※講義形式の講座20万円前後)

国家資格10|通関士:難易度★★★

【公式】http://www.customs.go.jp/tsukanshi/

特徴
  • 通関の知識や手続きにおける専門資格
  • グローバルに活躍したい人にオススメの資格

企業の輸出入物品の通関手続きの代行、主に申告書類の審査と申告などの職務に携わることができる通関の専門資格です。

商社業界や貿易事務の仕事で活かせるため転職に有利です。

グローバル思考が強く、外国語を活用した仕事を志望している人の転職には良い資格です。

取得にかかる期間と費用の目安

試験頻度:年1回
試験費用:6,500円
勉強時間目安:300時間程度
学習費の目安:参考書2,500円前後、通信教育7万円前後


佐々木
ここまで、今から取得可能な国家資格についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです。

今からでも間に合う国家資格
  1. 総合旅行業務取扱管理者
    :取得難易度★
  2. 登録販売者(一般医薬品)
    :取得難易度★
  3. FP技能士(3級)
    :取得難易度★
  4. ウェブデザイン技能士(3級)
    :取得難易度★★
  5. キャリアコンサルタント
    :取得難易度★★
  6. 宅地建物取引主任者(宅建)
    :取得難易度★★
  7. 保育士
    :取得難易度★★
  8. 管理業務主任者
    :取得難易度★★
  9. 行政書士
    :取得難易度★★★
  10. 通関士
    :取得難易度★★★
ゆり
今からでも取得可能な国家資格ってこんなにあるんですね!

資格があると、キャリアの選択肢が広がることも分かりました!

佐々木
おっしゃる通りです!

国家資格は取得のためには幅広い知識が必要になるため、専門業界以外でもその知識が重宝されるんです!

転職以外にも、独立や開業で使える資格も多いので、興味がある人は取得を考えてみましょう!

次は、資格を活用して転職しやすい職種・業種についてお伝えします!

資格を活用して、転職しやすい職種・業種

佐々木
資格を活用して、転職しやすい職種・業種についてお伝えします!

自分の理想の転職を成功させるために、有利になる資格を知っておきましょう!

資格を活かしやすい職種・業種
  1. 事務職
  2. 介護業界
  3. 不動産業界
  4. IT業界

それぞれ詳しく紹介していきます!

資格を活かしやすい仕事1|事務職

佐々木
事務職に有利な資格は、次の通りです!
事務職が有利な資格
  • 日商簿記検定
  • 宅地建物取引士
  • 秘書技能検定
  • MOS
  • TOEIC

具体的な仕事内容を見てみましょう!

事務職に有利な資格1|日商簿記検定

日商簿記検定は事務職で有利な資格のため、女性が持っておきたい資格の一つとも言われています。

日商簿記を持っていると、一般企業の経理や会計だけでなく、税理士事務所で働くことも出来ます

2級以上が推奨されますが、半年程度市販の問題集などで勉強すれば十分合格できるレベルです!

事務職に有利な資格2|宅地建物取引士

宅地検定取引士は、国家資格であり合格率15%程度と狭き門ではありますが、不動産業界には必須の資格です。

不動産業界の事務として働くならば、持っているだけで有利になる資格です。

難易度が高い資格なので、通信教育や専門学校などを利用して集中して勉強することをオススメします!

事務職に有利な資格3|秘書技能検定

秘書検定は、働く女性の鉄板とも呼ばれる資格のひとつです。

受付や接客、電話対応などを会社の顔として行える知識が備わっていることは、企業において重要なため重宝されます

3~4ヶ月程度で取得できる手軽さと、実際に仕事で役に立つという意味で人気の資格です!

事務職に有利な資格4|MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)は、事務仕事では必須となるエクセルやワードなどの操作能力を証明できる技能検定資格です。

事務職などのオフィスワークの仕事に直結する資格のため、企業から重宝されています

MOSには「スペシャリストレベル」と「エキスパートレベル」がありますが、後者の取得をおすすめします。

40~50代で取得する女性も多く、毎月1~2回試験があるので比較的取りやすい資格と言えます!

事務に有利な資格5|TOEIC

TOEICは、近年様々な業界・職種で重宝されている資格のひとつです。

なぜなら、海外とのやり取りを行う企業が増えており、英語でコミュニケーションが取れることが重要視されるからです。

取得していると年収が上がる可能性があるなど、女性の強い味方になる資格です。

普段英語を使っていない人には難しい資格なので、通信教育などを利用して勉強するのが資格取得の近道です!

仕事を活かしやすい仕事2|介護業界

佐々木
介護業界に有利な資格は、次の通りです!
介護業界に有利な資格
  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • ケアマネジャー

具体的な仕事内容を見てみましょう!

介護業界に有利な資格1|介護福祉士

介護福祉士は、実務経験が3年以上ある人が対象のため、介護業界で働いている人が取得できる資格です。

ケアワーカーとも呼ばれる国家資格であり、会社によっては資格取得のための支援制度があります。

また、待遇面でも資格手当がつくというメリットがあります。

試験は年1回ですが、合格率は60~70%と高めなので、しっかり対策をすれば取得できるでしょう!

介護業界に有利な資格2|介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修です。

旧ヘルパー2級という資格であり、介護職の入門的資格です。

通学・通信で講習を受け、最後に筆記テストで合格すれば取得できるため、敷居が低い資格のひとつです!

介護業界に有利な資格3|ケアマネジャー

ケアマネージャーは介護支援専門員とも呼ばれ、実務経験5年以上など受講条件がある資格です。

給与アップやキャリアアップの際に、専門スキルがあると評価されやすくなるので、介護業界の上位資格として取得したい資格です。

合格率は15%弱と難易度が高めなので、過去問題などをしっかりやることが大切です!

仕事が活かしやすい仕事3|不動産業界

佐々木
不動産業界に有利な資格は、次の通りです!
不動産業界に有利な資格
  • 宅地建物取引士
  • 管理業務主任者
  • マンション管理士

具体的な仕事内容を見てみましょう!

不動産業界に有利な資格1|宅地建物取引士

宅地検定取引士は、国家資格であり合格率15%程度と狭き門ではありますが、不動産業界には必須の資格です。

不動産業界で働くならば、持っているだけで有利になる資格です。

難易度が高い資格なので、通信教育や専門学校などを利用して集中して勉強することをオススメします!

不動産業界に有利な資格2|管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理や契約などで活躍できるため、即戦力の人材として非常に重宝される資格です。

この資格で自分のスキル・経験をPRできるほか、マンションの管理・運営のコンサルタントとして独立も可能です。

合格率は22%程度と難易度が高いため、通信教育などでしっかりと勉強することオススメします!

不動産業界に有利な資格3|マンション管理士

国家資格であるマンション管理士は、マンション管理組合の運営などに関するコンサルタントとして活躍できる資格です。

上記の管理業務主任者と合わせて取得する人が多く、どちらも取得していると転職成功率が上がります。

合格率は10%程度と難関ですが、管理業務主任者の試験内容と重なっている部分が多いです。

通信教育を利用して勉強しながら、過去問をしっかり行うことをオススメします!

資格を活かしやすい仕事4|IT業界

佐々木
IT業界に有利な資格は、次の通りです!
IT業界に有利な資格
  • 基本情報技術者
  • ITパスポート
  • MOS

具体的な仕事内容を見てみましょう!

IT業界に有利な資格1|基本情報技術者

基本情報技術者は、異業種からIT業界に転職を狙う際にまず取っておきたい資格です。

IT業界の会社では、新卒社員の取得必須資格になっていることもあります。

合格率は20~30%程度と難易度がやや高いため、3か月以上の勉強が必要です。

問題集や過去問などでも対策はできますが、知識がない人は通信教育の利用をオススメします!

IT業界に有利な資格2|ITパスポート

ITパスポートはIT業界の入門資格と言われるため、押さえておきたい資格のひとつです。

幅広い分野の総合的な知識に関して、効果的にITを利用するための「IT力」を証明できます

合格率は50%前後で、初心者でも1~2か月の勉強で合格可能なため、手軽に取得できる資格です。

IT業界に有利な資格3|MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)は、ExcelやWordなどの操作能力を証明できる技能検定資格です。

IT系ではExcelやWordを使えて当たり前なので、自分のスキルをしっかり示すためにも、転職するなら持っておきたい資格です。

MOSには「スペシャリストレベル」と「エキスパートレベル」がありますが、後者の取得をおすすめします。

合格率は80%で、40~50代の女性でも取得する人も多く、毎月1~2回試験があるので比較的取りやすい資格と言えます


佐々木
ここまで、資格を活かしやすい職種・業種についてお伝えしてきました!

まとめると、次の通りです。

資格を活かしやすい職種・業種
  1. 事務職
  2. 介護業界
  3. 不動産業界
  4. IT業界
ゆり
職種や業種によって、活かせる資格があるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

職種や業種によっては、転職を有利に進められる資格があるんです!

しかし、資格が無くても転職は出来るので、まずは転職エージェントに登録して相談してみましょう!

type女性の転職Agent

【公式】https://type.woman-agent.jp/

次に、実際資格を取得して転職に成功した女性の体験談を見てみましょう!

資格を取得して転職に成功した女性の例

佐々木
それでは、資格を取得して転職に成功した女性の実例を見ていきましょう!
ゆり
資格があることで、転職成功や年収アップに繋がっている人が多いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

資格があるだけで応募できる求人が増えるので、転職したい職種があるなら取って損はありませんよ!

次に、女性におすすめの転職エージェントを紹介します!

資格取得の時間がない…。まずは女性向けの転職のプロに相談!

佐々木
資格取得の時間がない人は、自分に合う職場を確実に見つけるために…

まずは女性向けの転職のプロに相談してみましょう!

今回は女性の転職に強い転職エージェントを5社選びました!

おすすめの転職エージェントは、次の通りです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『type女性の転職Agent』
    女性に特化した転職エージェント
    【公式】https://type.woman-agent.jp
  2. 『マイナビエージェント』
    女性転職に精通したアドバイザーが在籍
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数・サポート共に安定感抜群
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    女性に特化した専門チームがサポート
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『リクルートエージェント』
    業界No.1の求人数!全ての方におすすめ
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、『type女性の転職Agent』と『マイナビエージェント』の2社には登録しましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『type女性の転職Agent』
    女性に特化した転職エージェント
    【公式】https://type.woman-agent.jp
  2. 『マイナビエージェント』
    女性の転職に精通したアドバイザーが在籍
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
ゆり
わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木
そうですね!最低でもtypeとマイナビですね!

実際、転職に成功した女性の多くは、転職エージェントを利用しているので、

悩んでいるなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

複数登録や転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

    最後に、40代未経験女性をはじめ、状況別におすすめの資格をお伝えします!

    【番外編】40代未経験女性・シングルマザーなど状況別おすすめ資格

    佐々木
    最後に、状況別におすすめの資格を紹介します!

    どのような女性でも、資格を活用して理想のキャリアを歩むことが出来るので、参考にしてください!

    【状況別】おすすめの資格
    • 40代未経験女性・シングルマザーにおすすめの資格
    • 独立を目指す女性には通訳案内士がおすすめ
    • 飲食店勤務経験がある女性には調理師がおすすめ

    それぞれ詳しく見ていきましょう!

    状況1|40代未経験女性・シングルマザーにおすすめの資格

    佐々木
    40代女性やシングルマザーの人に初めにお伝えしたいのは…

    ゼロから資格を取るのは簡単では無いということです。

    しかし、社会人期間はまだ長いため、女性一人で生きていくための力をつける期間はあります!

    状況によってもオススメの資格は変わるので、自分の状況に合わせて資格を選びましょう!

    オススメの資格は、次の通りです!

    おすすめの資格

    ◎需要あり(医療業界のニーズが拡大するため)

    • 医療事務
    • 調剤薬局事務
    • 介護福祉関係資格

    ◎正社員を目指す(転職に繋げられる実践的資格)

    • MOS
    • 日商簿記検定
    • ファイナンシャルプランナー
    • 宅地建物取引士

    ◎手に職を着ける(独立開業が出来る)

    • 美容系資格のネイリスト
    • マッサージ師
    • 整体師

    未経験の仕事を始めるなら、雇用形態にこだわらず実務経験を積むことが大切です。

    また、より良い人脈を作っておくことで仕事に巡り合えるチャンスが増えるので、40代以降の人は意外と人脈が重要です。

    状況2|独立を目指す女性には通訳案内士がおすすめ

    語学力に自信があり、独立を目指す女性には、通訳案内士がオススメです!

    通称「ガイド資格」と呼ばれており、外国人観光客に付き添って日本の観光地や文化を紹介することが出来る資格です。

    2020年に東京オリンピックの開催を控え、外国人が急増していることから、国内で注目を集めています

    試験科目は英語をはじめとする全10か国語の中から選択可能で、語学力のほかに日本に関する地理や歴史の試験もあります。

    外国語はまだ話せないけれど「旅行が好き」「日本の文化を世界に広めたい」という人も、努力次第で取得できる資格です。

    状況3|飲食店勤務経験がある女性には調理師がおすすめ

    飲食店勤務があり、これからも飲食に携わりたいと考えている人には調理師がオススメです。

    調理師というと男性のイメージが強いですが、一流シェフとして世界に名をはせる女性調理師も多くいます。

    産休や育休後だと、調理の感覚を戻すのに時間がかかる人も多いようですが、実力があれば男女平等の世界です。

    「子供と一緒に将来お店を経営する」といった夢を実現するためにも必要になる資格です。

    料理や食べることが好きな女性が、調理を一生の仕事をするための資格のひとつです。


    佐々木
    ここまで、状況別におすすめの資格をお伝えしてきました!

    まとめると次の通りです!

    【状況別】おすすめの資格
    • 40代未経験女性・シングルマザーにおすすめの資格
    • 独立を目指す女性には通訳案内士がおすすめ
    • 飲食店勤務経験がある女性には調理師がおすすめ
    ゆり
    状況によっても、おすすめの資格が違うんですね!
    佐々木
    おっしゃる通りです!

    女性が活躍できる仕事は幅広くあるので、資格をうまく活用して理想の働き方を実現させましょう!

    女性の転職に有利な資格を取得して、転職を成功させよう

    佐々木
    ここまで、女性の転職で有利な資格についてお伝えしてきました!

    まとめると次の通りです!

    まとめ
    • 今からでも取得できる国家資格はある
    • 資格を取る時間が無い場合は転職エージェントの利用がおすすめ!
    • 資格を活用することで、給与アップやキャリアアップに繋がる
    ゆり
    ありがとうございます!

    女性の転職に役立つ資格が分かったので、取得に向けて勉強を始めようと思います!

    佐々木
    そうですね!

    せひ資格を活用して、働き方の選択肢を広げてみてくださいね!

    資格取得まで時間が無い人のために、最後にもう一度おすすめの転職エージェントを紹介しますね!

    おすすめの転職エージェント
    1. 『type女性の転職Agent』
      女性に特化した転職エージェント
      【公式】https://type.woman-agent.jp
    2. 『マイナビエージェント』
      女性の転職に精通したアドバイザーが在籍
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    3. 『doda』
      求人数・サポート共に安定感抜群
      【公式】https://doda.jp/
    4. 『パソナキャリア』
      女性に特化した専門チームがサポート
      【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    5. 『リクルートエージェント』
      業界No.1の求人数!全ての方におすすめ
      【公式】https://www.r-agent.com/
    ゆり
    この転職エージェントがおすすめなんですね!

    でも、たくさんあって迷うなぁ…。

    佐々木
    転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

    転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

    そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

    佐々木
    本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

    もし迷ったら、最低でも『type女性の転職エージェント』と『マイナビエージェント』の2社には登録しておきましょう!

    迷ったら登録すべき2社
    1. 『type女性の転職Agent』
      女性に特化した転職エージェント
      【公式】https://type.woman-agent.jp
    2. 『マイナビエージェント』
      女性の転職に精通したアドバイザーが在籍
      【公式】https://mynavi-agent.jp/

    他にも転職エージェントについて知りたい人は、次の記事を参考にしてくださいね!