転職エージェントおすすめランキング13選

中間管理職辞めたい…課長や係長を辞めたい理由4選&ベストな辞め方

中間管理職辞めたい...課長や係長を辞めたい理由4選&ベストな辞め方

この記事でお伝えすること
  • 中間管理職を辞めたい理由4選
  • 中間管理職を辞める前に知るべき問題点
  • おすすめの退職理由
  • 転職する前に考えるべきこと
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『中間管理職は孤独で辛い…』

『仕事のストレスが限界…』

…と悩んでいませんか?

この記事では、中間管理職を辞めたい理由や、適切な転職タイミングなどを紹介していきます!

この記事を読めば、中間管理職から転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

ハイクラス転職を目指す人におすすめ!年収600万円以上の求人を多数保有しています。

過去30日間の登録数:671人!約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

世界60ヶ国に拠点を保有!40代の転職実績が豊富です。

中間管理職を辞めたい…課長や係長経験者50人に聞いたストレスの理由

佐々木

まず最初に、中間管理職を辞めたいと思う理由について見ていきましょう。

辞めたい理由を見れば、今の仕事を客観的に見つめ直すことができますよ!

中間管理職を辞めたい理由は次の4点です!

中間管理職を辞めたい理由
  1. 組織としての結果が出ないのがしんどい
  2. 部下が起こした問題の責任をとるのが辛い
  3. 上からの数字の圧力が耐えられない
  4. 孤独で仕事の相談できる相手がいない

それでは、順番に見ていきましょう!

組織としての結果が出ないのがしんどい

佐々木
中間管理職は良くも悪くも、自分がメインで動くのではなく、チームのサポートをするのが仕事です。

そのため、いくら自分が頑張っていても、組織として結果が出ない場合は評価されません

自分で行えば簡単に終わる仕事なども、部下に任せたため遅れてしまうなど、

管理職になりたての頃は色々と不都合が出てき、辞めたい理由に繋がるようです。

部下が起こした問題の責任をとるのが辛い

佐々木
中間管理職は、基本的に部下が起こした問題の責任を全て取らないといけません

そのため、中間管理職は普通の人より謝る回数などが増え、結果的にストレスを多く抱えてしまうようになります。

また立場上、キツイ顔を周りに見せることができないので、一人で悩みを抱えやすくなってしまいます。

上からの数字の圧力が耐えられない

佐々木
中間管理職は、部下に指示を出すだけでなく、上司からの指示にも従わなくてはなりません

特に中間管理職ともなると、立場も高く直接売上に関係する仕事を任せられるので、

上司から数字の圧力を強くかけられます。

このような、上司からのプレッシャーが原因で中間管理職を辞めたい人は多くいるんです。

孤独で仕事の相談できる相手がいない

佐々木

中間管理職は会社の中でも比較的立場が高いので、

どうしても仕事の相談できる相手が少なくなってしまいます

部下に悩みを相談するわけにもいかず、かと言って毎回社長に相談するわけにもいかないので、

結果的に1人で悩みを抱えやすくなってしまいます


中間管理職を辞めたいと理由をまとめると、次の通りです!

中間管理職を辞めたい理由
  1. 組織としての結果が出ないのがしんどい
  2. 部下が起こした問題の責任をとるのが辛い
  3. 上からの数字の圧力が耐えられない
  4. 孤独で仕事の相談できる相手がいない
ゆり
中間管理職ならではの悩みがたくさんありますね…
佐々木

はい、その通りです。

中間管理職は立場も高くやりがいのある仕事なのですが、

そのぶん責任やストレスも多くなってしまいます

次の章では、中間管理職を辞める前に知るべき問題点について説明します!

中間管理職は辞めても大丈夫?辞める前に知るべき問題点

佐々木

中間管理職は、会社でも責任のある立場です。

そのため、辞める前に周囲に迷惑をかけない配慮をする必要があります。

そこでこの章では、辞める前に知るべき問題点についてくわしく説明していきます!

一般・法律的な観点から、それぞれ問題点を見ていきましょう!

辞める前に知るべき問題点1|管理職が辞める時の一般的な問題点

中間管理職の人が会社を辞めたいと思った場合には、次の2点に注意しましょう!

一般的な問題点1|会社に対する責任について

佐々木
会社に対する責任はさほど気にしなくても大丈夫です。

「自分が辞めたら会社が回らなくなるのでは?」と思い転職を諦める人もいるのですが、

きちんと引き継ぎをすれば会社が潰れたり、業績が落ちることはありません

しかし、あまりにも突然に辞められてしまうと引き継ぎなどができないので、会社に迷惑をかけてしまいます。

そのため、退職の意思は1〜3ヶ月前には伝えるようにしましょう!

一般的な問題点2|同僚や部下に対する責任について

佐々木
会社を辞めることを部下に詳細に説明する責任はありません

むしろ退職理由にはネガティブな内容のものもあると思うので、かえって部下を混乱させてしまいます。

そのため、退職日の1〜3ヶ月前に、詳細に話す必要はないので、辞めるという内容や今までの感謝などをさらっと伝えるのが適切です!

辞める前に知るべき問題点1|管理職が辞める時の法律的な問題点

次に、法律的な問題点を2点見ていきましょう!

管理職が会社を辞めることに関しては法的な問題はないのですが、心配な人もいると思うので、詳しく説明します!

法律的な問題点1|そもそもどの範囲までが管理職?

佐々木
労働基準法に基づく管理職の定義では、課長・係長・チームリーダーは管理職としては扱われません
管理職の定義
  • 職務内容、権限及び責任に照らし、労務管理を含め、企業全体の事業経営に関する重要事項にどのように関与しているか
  • その勤務態様が労働時間等に対する規制になじまないものであるか否か
  • 給与(基本給、役職手当等)及び一時金において、管理監督者にふさわしい待遇がされているか否か

そのため、労働基準法で管理監督者に当てはまらない場合は、管理職として会社に対して責任を負うことはありません

法律的な問題点2|兼務役員が辞める場合の注意点

佐々木
兼務役員の場合は会社法上の定めが適用されます。

退職自体は辞任届を会社が受け取った段階で退職することができるのですが、

取締役数が法令定款で定める人数に満たない場合には、後任者が揃うまで辞任することができません。

平成30年4月1日現在法令等
使用人兼務役員とは、役員のうち部長、課長、その他法人の使用人としての職制上の地位を有し、

かつ、常時使用人としての職務に従事する者をいいますが、

次のような役員は、使用人兼務役員となりません。

なお、同族会社の使用人のうち税務上みなし役員とされる者も使用人兼務役員となりません。


ゆり
なるほど、一般的な問題点と法律的な問題点があるのですね。
佐々木

はい、その通りです!

ただ、基本的には退職の意思を前もって会社に伝えている場合は問題ないので安心してください!

次の章では、おすすめの退職理由について説明します!

無責任と思われない!管理職を辞めたい人におすすめの退職理由4選

佐々木
会社を辞める際には、できるだけ円満に退社した方が今後のキャリアのためにも良いです。

そこで、この章では「無責任」と思われない退職理由を3つ紹介します!

おすすめの退職理由
  1. 家族の介護
  2. 自分自身の体調不良
  3. 自分の夢や目標のため

それでは、順番に見ていきましょう!

退職理由1|家族の介護

佐々木

家族の介護など、「やむを得ない事情」は、自分の責任ではないので、

無責任と思われない退職理由の1つです。

やむを得ない事由とは、下記のようなものです。

やむを得ない事由
  • 妊娠や出産
  • 家族の介護
  • セクハラ・パワハラ

上記のような理由があれば、無責任と思われず、会社を退職することが可能です。

退職理由2|自分自身の体調不良

佐々木
体調不良を訴えるのも、無責任と思われない退職理由の1つです。

しかし会社によっては、休職などを提案してくるケースもあります。

その場合は、会社に迷惑をかけたくないなのど理由を添えはっきりとお断りをしましょう!

退職理由3|自分の夢や目標のため

佐々木
自分の夢や目標が理由の退職は、会社側が引き止めしにくい理由です。

また、円満退社にも繋げられやすいので最もおすすめです。

ただ、会社によっては詳細な内容を求められる場合もあるので、事前に内容を準備して置く必要があります!


「無責任」と思われない退職理由をまとめると、次の通りです!

おすすめの退職理由
  1. 家族の介護
  2. 自分自身の体調不良
  3. 自分の夢や目標のため
ゆり
退職理由によっては、会社から引き止められることなく仕事を辞めることができるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

上記で説明したような理由を用いることで、円満に会社を退社できる可能性は上がります!

次の章では、中間管理職が会社を辞めるタイミングについて説明します!

早く辞めたい…中間管理職が会社を辞めるタイミングについて

佐々木

この章では、会社を社を辞めるタイミングについて説明します!

タイミングを間違うと、転職が遠のいてしまうので注意してください!

注意すべき、会社を辞めるタイミングは次の2つです!

ベストではないタイミング
  1. 繁忙期や繁忙期前
  2. プロジェクト期間中

それでは、順番に見ていきましょう!

よくないタイミング1|繁忙期や繁忙期前はなるべき避けるべき

佐々木
繁忙期や繁忙期前の転職は避けましょう!

理由としては、メンバーに迷惑がかかることはもちろん、転職先の採用担当の人も業界によっては繁忙期の期間を把握しているので、

「繁忙期でも会社を辞める人」と悪いイメージを持たれる可能性があります!

また、転職したい会社の繁忙期が被れば、採用側も他の仕事で忙しく転職活動を後回しにされる可能性もあります。

よくないタイミング2|プロジェクト期間中は終了するまで待つべき

佐々木
プロジェクトの期間中に会社を辞めるのはおすすめしません!

よほどの理由がある場合は仕方ないですが、プロジェクト期間中に会社を辞めるとメンバーにも迷惑がかかりますし、

会社に引き止めらる可能性も上がってしまいます

一度引き止められてしまうと、再び退職の提案をするのは難しいので

プロジェクトが終了し会社が落ち着いている状態で転職相談を切り出すことをおすすめします!


会社を辞めるベストなタイミングをまとめると、次の通りです!

ベストではないタイミング
  1. 繁忙期や繁忙期前
  2. プロジェクト期間中
ゆり
この2つのタイミングを避けて、退職を切り出すのが良いのですね!
佐々木

はい、その通りです!

退職を切り出すタイミングに注意して、効率的に転職活動を進めましょう!

次の章では、管理職から転職する方法について説明します!

失敗を最小限に抑えて管理職から転職する”たった一つの方法”

佐々木
管理職からの転職活動を成功させるためには、転職エージェントの使用をオススメします。

転職のプロにサポート受ける事で、効率的に転職活動が行えますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

次に、大学職員からの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

また業界でもサポートが充実していると定評のある転職エージェントばかりなので、管理職のようにマルチな経験を積んできた人でも、

自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらうことができ、年収を下げない転職を実現できます!

管理職向けの求人を数多く保有している
  • 優良企業の管理職の求人を持っている
  • 転職サイトでは見つけられない非公開求人に出会える
  • これまでの実績や経験をもとに年収交渉もできる
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

次の章では、間管理職を辞める前に考えるべきことについて説明します!

中間管理職を辞める前によく考えるべきこと

佐々木
中間管理職の仕事を辞めるときには次の3つのことを考えておきましょう!

転職への不安の多くは情報不足と準備不足です。

もし転職を考えているなら、準備は入念に行うべきですよ。

辞める前に考えるべきこと
  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 転職する理由を明確にする
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

それでは、順番に見ていきましょう!

考えるべきこと1|キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸しとは、「自分がどんな経験を積んだか、どんなスキルを身につけたか」を言語化することです。

同じ会社で長く働いていると、キャリアの棚卸しをする機会はないので、これを機に1度自分の経験、スキルを言語化し、転職先にわかりやすく自分を売り出しましょう!

佐々木
強みだけでなく、弱みもしっかり把握しておくと良いです!

考えるべきこと2|転職する理由を明確にする

なぜ他業種へ転職するのかは明確にしておきましょう。

「中間管理職がきついから」といった理由だけでは、採用担当者に辛ければすぐ逃げる人と思われてしまうこともあります…

中間管理職での経験をアピールしつつ、転職する理由を明確に示せば、さらに印象が良くなる可能性もあります。

スキルアップしたい、将来のために他の業種での経験も積みたいなど、前向きな転職理由を自己PRなどの欄に書いておきましょう。

佐々木
以上のことに注意して、志望動機と履歴書を作成しましょう!

考えるべきこと3|転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には、次のような内容をリサーチすべきです!

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか
佐々木

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。


中間管理職を辞める前によく考えるべきことをまとめると、次の通りです!

辞める前に考えるべきこと
  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 転職する理由を明確にする
  3. 転職先のリサーチを入念に行う
ゆり
転職する前にこれらの事を考えればいいんですね!
佐々木
はい!転職後に後悔しないためにも、必ず考えておいてくださいね!

次の章では、転職せずに管理職から降格する事について説明します!

転職せず管理職から降格して平社員になるのはあり?

ゆり
転職はせずに、あえて管理職から降格し、仕事の負担を減らすのもありなのでしょうか?
佐々木

確かに、管理職から降格して平社員になると仕事の負担は減るでしょう。

しかし、同じ会社で降格して平社員になることはおすすめしません!

なぜなら、たとえ自分の意思で降格をしても、周囲の目は気になるものですし、会社に居づらくなってしまうからです!

ゆり

確かに、降格した状態で会社に残るのは少し抵抗があるかも…

それなら、転職をした方が楽なのかな?

佐々木

はい、そうなんです!

実際管理職から降格の道を選んでいる人もいますが、

多くの場合は長く仕事を続けることはできず、結果的に転職してしまうケースが多いです。

管理職を辞めたいの悩んでいるなら、降格よりも転職した方がストレスは少なく済みます

同じ管理職に転職する場合でも、環境によって仕事内容や雰囲気は異なるので、転職することをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

中間管理職を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

今回は、中間管理職から転職したい方に向けて、転職の方法についてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 中間管理職は責任も大きく、ストレスを抱える人が多い
  • 退職の趣旨は1〜3ヶ月前に伝えるのがベスト
  • 転職したいなら、プロに転職相談するべき
  • 転職に成功するには、エージェントを複数登録するべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

けど、どれも良さそう…

佐々木
どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「doda」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!