幼稚園教論を辞めたい…辞めて良かった人の体験談&穏便に退職するコツ

幼稚園教論を辞めたい…辞めて良かった人の体験談&穏便に退職するコツ

この記事では、「幼稚園教諭を辞めたい…と感じている人に向けて、

『幼稚園教諭を辞めたいと思う理由』や、『幼稚園を穏便に辞めるコツ』などをお伝えしていきます!

幼稚園教諭を辞めたいと感じながらも、子供たちのことを考えるとなかなか辞められない人が多いです。

無理して働き続けることは危険なので、少しでも辞めたいという気持ちがあるなら、早めに行動するようにしましょう。

この記事を最後まで読めば、幼稚園教諭を辞める方法が分かり、今すぐ動けるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 幼稚園教諭を辞めたいと思っている人の理由を知りたい
  • 辞めるための方法が知りたい人
  • 今の状況で辞めていいのか悩んでいる人
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

幼稚園教諭を辞めたいと思う5つの理由

佐々木
さっそく、幼稚園教諭を辞めたい理由を紹介します!

自分が辞めたいと思う理由と照らし合わせながら、見ていきましょう!

幼稚園教諭を辞めたい理由
  1. 人間関係が悪い
  2. 精神的にも体力的にもきつい
  3. 給料が低い
  4. 保護者の対応が大変
  5. 休みが取れない

1つずつ見ていきましょう!

理由1|人間関係が悪い

幼稚園教諭を辞めたいと思う理由で最も多いのは、人間関係です。

なぜなら、幼稚園社会は女社会のことが多く、教諭同士だけでなく園児の親との人間関係も大切だからです。

具体的には、次のような状況が考えられます。

人間関係でよくある状況
  • 威圧的な対応など嫌がらせをされる
  • 聞こえるように陰口を叩かれる
  • 保護者からのクレーム
佐々木
陰湿ないじめのような状況になる場合もあり、精神的に疲弊しストレスを抱えて退職する人も多いです。

理由2|精神的にも体力的にもきつい

幼稚園教諭は子供を相手にする仕事のため、精神的にも体力的にもきついと感じやすいです。

子供は話を聞いて自分で動ける大人と違い、何を起こすか分からないので1日中目を離すことが出来ません。

そんな中、子供と遊びながら自分の作業や先生同士の会議をこなす必要があるので、気を抜ける隙が無いのです。

佐々木
自分の仕事が終わらない場合は休日出勤をする必要があり…

自分の時間もなかなか取れなくなっていきます。

理由3|給料が低い

幼稚園教諭は子供の保育に加え、行事の準備や保護者対応など様々な仕事があってハードな割に、給料が低いです。

また、残業代も出ないので、どんなに働いても給料が上がることは無く、手取りが20万円に満たない人が多いです。

幼稚園教諭は年功序列の世界で、昇給を狙うことも出来ません。

佐々木
他の業界のような制度も無いので、徐々に働く意味を見失ったり、

生活の厳しさから転職を視野に入れる人が増えるのです。

理由4|保護者の対応が大変

モンスターペアレントなど、様々なプレッシャーのかかる保護者の対応に疲れて、幼稚園教諭を辞めたいと思う人も多いです。

なぜなら、子供は家族にとって宝物であるため、どんなに小さなミスやトラブルでも、大きな問題と捉えられることが多いからです。

過保護になりすぎた保護者は自分の子供しか見えておらず、先生に完璧を求めて小さなことでも先生の問題とクレームを入れることも…。

佐々木
問題が大きくならないように、幼稚園側が悪くないことでも

保護者の意見を優先して対応する必要があり、徐々に精神的に苦痛になるのです。

理由5|休みが取れない

なかなか休みが取れず仕事に疲れてしまい、幼稚園教諭を辞めようと考える人も多いです。

なぜなら、なついてくれている子供たちを考えたり、「幼稚園教諭の仕事自体は好きなはずなのに…」と言った気持ちもあり、

「辞めたいけど辞められない」「体調が悪いけど休めない」など、様々な考えが絡まって悩みを解決するのが難しいからです。

佐々木

休日も仕事のことが頭をよぎって休めなかったり、

悩みに向き合う時間を取れず自分を追い詰めてしまうこともあり、疲れてしまう人が多いのです。


佐々木
ここまで、幼稚園教諭を辞めたい理由をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

幼稚園教諭を辞めたい理由
  1. 人間関係が悪い
  2. 精神的にも体力的にもきつい
  3. 給料が低い
  4. 保護者の対応が大変
  5. 休みが取れない
ゆり
幼稚園教諭は大変だと感じていましたが、皆さんこのような理由で辞めたいと思っているんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

幼稚園教諭の仕事は大変なので、このような理由で辞めたい人が多いのです。

次に、幼稚園教諭を辞める前に考えるべき3つのステップをお伝えします!

幼稚園教諭を辞める前に考えるべき3つのステップ

佐々木
それでは、幼稚園教諭を辞める前に考えるべき3つのステップを紹介します!

このステップを行うことで、後悔しない選択が出来るようになりますよ!

辞める前に考えるべき3ステップ
  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 続けたいと思う理由を探す
  3. 続けるかどうか自問自答する

1つずつ見ていきましょう!

ステップ1|辞めたい理由を明確にする

幼稚園教諭を辞めたいと思ったら、まずは辞めたい理由を明確にしましょう!

なぜなら、一時的な感情から辞めたい気持ちが強くなっているだけで、辞めた後に後悔するケースが多いからです。

精神的に追い込まれていたり疲れている場合は、マイナス思考にもなりやすいので、一度冷静になって頭の中を整理しましょう。

なぜ幼稚園教諭を辞めたいと思っているのか、紙に書きだして客観的に辞めたい理由を見つめると良いですよ!

ステップ2|続けたいと思う理由を探す

辞めたい理由を整理した後は、続けたい理由も考えてみましょう。

辞めたい理由ばかり探していると悪い面ばかり見えるため、続けたい理由も考えることで良い面にも気付けます!

幼稚園教諭を続けたい気持ちがあるのかを考える場合は、次のポイントを確認してみましょう!

確認ポイント
  • 自分が関わっている学年を卒園まで見届けたいか
  • 今の幼稚園に愛着があるか
  • 見本になる先輩や尊敬する人がいるか

1つでも当てはまったり、良い面がたくさん思い浮かんだ場合は、今の幼稚園で働き続けたいという気持ちが残っていると言えます。

ステップ3|続けるかどうか自問自答する

良い面と悪い面を考えたところで、自分に続けるかどうか自問自答し、気持ちを確認しましょう。

ここまで自分の気持ちを整理したことで、客観的に物事を判断できるはずです!

シンプルに続ける理由が見つかっている場合もありますし、今すぐではなくとも転職を視野に入れたいと思う場合もあります。

まずは、自分の気持ちをしっかりと受け止め、次の行動の仕方を考えていきましょう!


佐々木
ここまで、幼稚園教諭を辞める前に考えるべきステップについてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

辞める前に考えるべき3ステップ
  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 続けたいと思う理由を探す
  3. 続けるかどうか自問自答する
ゆり
この3つのステップについて、退職前に考えると良いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この3つのステップを行うことで、自分の気持ちを整理することが出来るので、

後悔しない判断が出来ますよ!

次に、幼稚園教諭を辞めて良かった人の体験談を紹介します!

幼稚園教諭を辞めて良かった!転職した人の体験談

佐々木
それでは、幼稚園教諭を辞めて良かった人の体験談を見ていきましょう!

体験談を見ることで、自分が転職する姿を想像しやすくなりますよ!

ゆり
幼稚園教諭から転職した人はたくさんいるんですね!
佐々木
そうですね!

自分にとって大切なものを優先することで、転職して成功したと思えますよ!

次に、幼稚園教諭を辞めたい人におすすめの転職エージェントについて紹介します!

幼稚園教諭を辞めたいならプロへ相談してみよう!

佐々木
幼稚園教諭を辞めたいならば、転職エージェントを利用することをオススメします!

自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、手厚いサポートも受けられるので…

効率よく転職活動を進められますよ!

これまでの職歴をもとに自分に合う転職先を紹介してくれるだけでなく、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在です!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
転職エージェントを活用すると、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!

客観的な意見をもらいながら考えられるので、転職成功率の高い求人を見定められるでしょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『マイナビ保育士』
    質の高い転職サポートの評判が良い
    【公式】https://hoiku.mynavi.jp/
  6. 『保育士バンク』
    電話での転職サポートが専門
    【公式】https://www.hoikushibank.com
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次に、幼稚園教諭を辞めたい人必見の、幼稚園を穏便に辞めるコツを紹介します!

幼稚園教諭を辞めたい人必見!穏便に辞めるコツ

佐々木
実際、仕事を辞めると決めたあとは、今の幼稚園を退職しなくてはなりません。

退職する際は、その意思を伝える必要があります!

ゆり
退職したいって言えるか不安なんですよね…。

引きとめられそうですし、なかなか言い出せなくて…。

佐々木
そうですよね…

実際に、退職の意思を伝えたところ、次のような引きとめにあった人もいます。

引きとめられるパターン
  • いきなり辞めずに、有給や育児休暇制度を利用するのはどうか
  • 泊まりの勤務がない、日勤のみの勤務に変更してみてはどうか
  • 年度末の忙しい時期だけとりあえず続けてほしい

上司はできるだけ退職者を出したくないため、このような引き留めはよくあるパターンなのです。

そのため、人によって引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

佐々木

スムーズに退職をするためには、次の2点を意識しましょう!

この2点を意識することで、スムーズに会社を辞めることができますよ!

スムーズに仕事を辞める方法
  1. 絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  2. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

1つずつ紹介していきます!

辞める方法1|絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職すると決めた人は「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、上司に話をする前に退職の意思を伝えるのは絶対にやめましょう。

辞める方法2|直接言うのが辛い時は退職届や退職代行サービスを使う

佐々木
直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。


ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、おすすめの転職先を紹介します!

経験を活かせる!幼稚園教論からおすすめの転職先

佐々木
それでは、幼稚園教諭の経験を活かせる、おすすめの転職先を紹介します!

どのような仕事なら経験を活かせるのかを知っておくことで、転職後の働き方を想像しやすくなりますよ!

おすすめの転職先
  1. 保育士
  2. ベビーシッター
  3. 障害児施設
  4. 介護職
  5. 事務職
  6. 営業職
  7. 子供服の販売員

1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|保育士

子供と向き合って仕事をしたい』『幼稚園教諭の仕事は嫌いではない』という気持ちがあるのならば、保育士がおすすめです!

なぜなら、幼稚園と保育園は全く違う職場環境であるため、幼稚園から保育園に転身する人が多いからです。

保育園で働くには保育士資格が必要なため、すぐに転職出来るわけでは無いので注意しましょう。

幼稚園教諭を経験した人にとって、保育園での仕事は流れがゆっくりと感じる人が多いので、今よりも心に余裕をもって働けるはずです!

おすすめ2|ベビーシッター

今までの資格を活かした仕事をしたい人には、ベビーシッターがおすすめです!

なぜなら、近年共働きの人が増えたこともあり、ベビーシッターの需要が高まっているからです。

子供が好きで子供と関わっていたいと思う人は、幼稚園よりも子供と密に関われるベビーシッターはやりがいがあるでしょう!

職場は様々で、保育所やベビールームなどのほか、ホテルや百貨店、依頼者のご自宅などがあります。

幼稚園教諭の資格があれば、信頼も得られやすいので活躍しやすいですよ!

おすすめ3|障害児施設

子供たちを楽しませることが好きな人は、障害児施設での仕事もおすすめです!

なぜなら、障害児施設で子供たちを楽しませることが出来る幼稚園教諭の経験者が求められているからです!

障害児施設で働く人には、社会福祉士や介護福祉士の人が多いのですが、子供たちを楽しませることが得意な人は少ないです。

そのため、季節の行事やレクリエーションの企画、簡単にできるゲームなど、これまでの経験を最大限に活かした仕事が出来ます!

障害をもった子供を相手にする仕事ですが、身体を動かすことや話すこと苦手なだけで、元気さは健常児と変わりません。

今までの経験を活かし、裁量を持った仕事がしたい人にはおすすめの仕事です!

おすすめ4|介護職

介護職は、人手不足かつ現場で働くのに高度なスキルが必要ないケースも多くあり、未経験者を積極的に採用している職場が増えています!

また、就職後に会社のサポートを受けながら資格を取れる企業が増えていることも嬉しいポイントです。

高齢化社会が進んでいる現状を考えると、これからも市場の成長が見込まれる業界なので、雇用は安定していると考えられます。

年齢制限が無いため、出産・育児などでブランクが空いても就職に困らないので、続けやすい仕事ですよ!

病院内保育所や事業所内保育所があるような場所なら、幼稚園教諭としての経験も活かしやすいでしょう!

おすすめ5|事務職

事務職は、パソコンを使ってデータの入力や管理したり、書類作成などを行う仕事です。

細かい作業が多い仕事ですが、コツコツと仕事を続けられる人であれば、ストレスを感じることは少ないでしょう。

基本的に、定時に帰れる職場が多いですし、休日出勤もほぼないので、楽に働ける仕事になっています。

幼稚園で行っていた配布物作成やパソコン作業を行っていた場合、その経験やスキルを活かせるので転職しやすいでしょう!

おすすめ6|営業職

営業職は応用性が高く、あらゆる業務に経験を生かせる仕事のため、今後のキャリアを築く上でおすすめの職業です!

未経験者でも転職しやすい職種であり、成績を残せば未経験からでも高収入を目指せるといった魅力もあります!

営業職として経験を積めば、優良人材として評価され、大手企業や有名企業への転職も実現できるでしょう!

幼稚園教諭時代に保護者や先生方との関係の中で築いたコミュニケーション能力を活かせる仕事ですよ!

おすすめ7|子供服の販売員

子供が好きな人には、子供服の販売員もおすすめです!

なぜなら、幼稚園で毎日子供の服を見ていたり、子供と親の両方の視点で服について考えることが出来るため重宝されるからです。

幼稚園の先生は他の人よりも、子供の好みに加え、親御さんの好みなど服を買うポイントを熟知していると言えます。

ショップ店員はお客様とのコミュニケーションも大切になりますが、幼稚園のあるある話で距離が近づいたり、

親御さんの立場に立って洋服の紹介するなど、お客様に寄り添った提案が出来るため、親しみやすい店員として活躍できるでしょう!

自分もファッションを楽しみながら仕事を出来るのも、おすすめポイントですよ!


佐々木
ここまで、幼稚園教諭の経験を活かせるおすすめの仕事を紹介しました!

まとめると次の通りです!

おすすめの転職先
  1. 保育士
  2. ベビーシッター
  3. 障害児施設
  4. 介護職
  5. 事務職
  6. 営業職
  7. 子供服の販売員
ゆり
ありがとうございます!

幼稚園教諭以外にも、今までの経験を活かして働ける場所はあるんですね!

佐々木
そうなんです!

幼稚園教諭は様々なスキルを活用している仕事なので、今までの経験を活かせる仕事はたくさんあるんですよ!

次に、幼稚園教諭を辞めたい人から良くある質問を紹介します!

【Q&A】幼稚園教諭を辞めたい人からよくある質問

佐々木
最後に、幼稚園教諭を辞めたい人からよくある質問にお答えします!

少しでも幼稚園教諭を辞めることに不安がある人は、確認してみてくださいね!

質問1|年度途中で辞められる?

結論から言うと、不可能でないもののトラブルの原因になることもあるため、オススメしません!

一番の大きな問題は、子供たちに大きな動揺や不安を与えてしまうことです。

子供は大人と違い、仕方のないことだと割り切ることが出来ないため、先生が辞めた理由をいつまでも探してしまいます。

そのため、年度途中で辞めたいと話すと、保護者だけでなく他の先生からも責任感が無いなどクレームが入ることが多いのです。

様々なトラブルを防ぐためにも、幼稚園教諭の退職は年度の変わり目というのがマナーになっています。

質問2|退職に適したタイミングってある?

基本的には、園ごとの規約に従うのが良いでしょう。

なぜなら、園ごとに職員募集の時期などにあわせて、退職申し出の期限が決まっていることが多いからです。

幼稚園は年度末で退職するのが良いとされているので、年度末に退職できるように段取りを組むことをおすすめします!

多くの幼稚園は求人募集が9月からなので、8月までに退職希望を出す決まりになっています。

しかし、年度末まで待てないような身体や心の状態の場合は、学期末を目途に話をしてみましょう。

長期休暇を挟むので引継ぎも出来ますし、トラブルにもなりづらいでしょう。

質問3|公立と私立ではどちらの退職者が多い?

公立と私立では、運営主体が違うため幼稚園内の雰囲気が異なり、一概にどちらが多いとは言えません。

公立幼稚園は過度な課外活動などがないため、長期的に勤務する人が多く年齢層が高いです。

保護者とも円滑なコミュニケーションが取りやすく先生の負担も少ないですが、幼児教育を学びたい人には物足りなさを感じる人も多いです。

逆に私立幼稚園は教育方針に特色があることが多く、音楽や運動など特定分野の幼児教育に力を入れています。

そのため、幼稚園教諭にも高いレベルを求めることが多いので、その環境に疲れてしまい辞める人もいるのです。

どちらにもメリット・デメリットがあり、公立から私立、私立から公立というように転職を行う人も多いです!

質問4|1年目・2年目でも辞められる?

結論から言うと、1年目・2年目でも辞めることは可能です!

しかし、幼稚園教諭の資格を活かしたい場合や、転職の理由が明確でない場合は一度と留まるべきです。

1~2年で転職するとなると、仕事が長続きしないと捉えられるので、不利にもなりやすいです。

そのため、まずは「幼稚園教諭を辞める前に考えるべき3つのステップ」を行い、自分の気持ちを冷静に客観視してみましょう。

1~2年目ならば、幼稚園教諭になったばかりのため大変な思いをすることが多い場合もあります。

転職するにしても後悔しないように、よく考えてから決断しましょう!

質問5|転職時に気を付けるべきことってある?

転職時に気を付けるべきことは、円満退職することです!

自分の気持ちだけを押し付けるとトラブルになりかねないので、円満に退職できるように物事は客観的に伝えましょう。

そして、相手が納得できるような理由をしっかりと考えておくことが大切です!

別業界に転職する際は、転職後に後悔しないためにも業界・業種をはじめ、徹底的に情報収集することをおすすめします!


佐々木
幼稚園教諭は女社会の仕事でもあるので、小さなことでもトラブルになりやすいです。

気持ちよく幼稚園を辞めるためにも、しっかりと段取りを組んで退職に向けて動きましょう!

幼稚園教諭を辞めたいなら、まずはプロに相談しよう!

佐々木

今回は、幼稚園教諭を辞めたいと悩んでいる人に向けて、

幼稚園教諭を辞めたいと思う理由や穏便に幼稚園を辞めるコツをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 幼稚園教諭はハードな仕事なので辞めたい人は多い
  • 辞めたいと感じたら一度冷静になって気持ちを整理するのが大切
  • 辞めた後の仕事が不安な人は、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『マイナビ保育士』
    質の高い転職サポートの評判が良い
    【公式】https://hoiku.mynavi.jp/
  6. 『保育士バンク』
    電話での転職サポートが専門
    【公式】https://www.hoikushibank.com
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!