軽貨物のドライバーを辞めたい…転職前に考えること&円満退職の手順

軽貨物のドライバーを辞めたい…転職前に考えること&円満退職の手順

この記事では、「軽貨物のドライバーを辞めたいと悩んでいる人に向けて、

『軽貨物のドライバーの退職理由』や、『円満に辞めるコツ』などをお伝えしていきます!

軽貨物のドライバーは自分のペースで働けるなどのメリットがありますが…

実は様々な理由から、辞めたいと考えている人が多い仕事でもあります。

無理して働き続けることは危険なので、少しでも辞めたいという気持ちがあるなら、早めに行動するようにしましょう。

この記事を最後まで読めば、軽貨物のドライバーから転職する方法が分かり、今すぐ動き出せますよ!

この記事がおすすめな人
  • 軽貨物のドライバーを辞める方法を知りたい
  • 軽貨物のドライバーを辞めて後悔しないか知りたい
  • 軽貨物のドライバーよりも条件の良い転職先を見つけたい
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

転職エージェントは3分の登録で、完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

軽貨物のドライバーを辞めたい主な3つの理由

佐々木

それでは、早速軽貨物のドライバーを辞めたい主な理由を紹介します!

次のような理由で退職を決意する人が多いので、同じように悩んでいる人がいるかもしれませんよ。

軽貨物のドライバーを辞めたい理由
  1. 体力的にきつい
  2. 休みが取りにくい
  3. 拘束時間が長い

それでは順番に見ていきましょう!

理由1|体力的にきつい

佐々木
1つ目の理由は、体力的にきつい点です。

軽貨物で扱う荷物は比較的軽いので、荷物を運ぶ点ではそれほどきつさは感じにくいです。

しかし、車の運転を長時間しなくてはならないので、どうしても体力的にきつさを感じてしまいます。

理由2|休みが取りにくい

佐々木
2つ目の理由は、休みが取りにくい点です。

作業内容によって休みの取りやすさは多少変わってきますが、

一般的に個人宅へ宅配をする際は休日稼働も多いので週末に休むのが難しいと言われています。

理由3|拘束時間が長い

佐々木
3つ目の理由は、拘束時間が長い点です。

軽貨物の仕事では、一般的に拘束時間は13時間以内とされており、上限は16時間まで延長が可能です。

これは、一般的なサラリーマンの勤務時間の8〜10時間を大幅に超えているため、軽貨物のドライバーは拘束時間が長いと言えます。

ただし、13時間運転をしているわけではなく、「荷物の積み込み」「荷下ろし」「待機時間」なども拘束時間の中に含まれています。


軽貨物のドライバーを辞めたい理由をまとめると、次の通りです!

軽貨物のドライバーを辞めたい理由
  1. 体力的にきつい
  2. 休みが取りにくい
  3. 拘束時間が長い
ゆり
軽貨物のドライバーならではのきつさがあるのですね。
佐々木

はい、その通りです。

軽貨物のドライバーはタフな仕事なので、体力に自身がない人にはおすすめできません。

次の章では、軽貨物のドライバーを辞める前に考えるべきことを説明します!

軽貨物のドライバーを辞める前に考えるべきこと

佐々木

軽貨物のドライバーの仕事を辞めるときには次の4つのことを考えておきましょう!

次の4点をおさえておくことで、後悔のない転職ができますよ!

辞める前に考えるべきこと
  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 辞めた後の生活のことを考える
  3. 次の仕事でやりたいことを明確にする
  4. 辞めて後悔しないか考える

考えるべきこと1|辞めたい理由を明確にする

まずは、自分がどうして軽貨物のドライバーを辞めたいのかを明確にしておきましょう!

なぜなら、やめたい理由を明確にすることで仕事へのモチベーションを保ちやすくなることに加え…

仕事選びの軸にも直結するため就職後の満足度も高くなるからです!

たとえば、体力的な不安から軽貨物のドライバーを辞めたい場合、

「肉体労働が無いこと」や「残業が少ないこと」が仕事選びの軸になるでしょう。

軽貨物のドライバーを辞めたい理由を明確にすることで、意欲的に就職活動しやすくなり、就職成功率も高まりますよ!

考えるべきこと2|辞めた後の生活のことを考える

軽貨物のドライバーを辞めた後の生活費や金銭面をきちんと考慮してから、仕事を辞める決意をしましょう。

いくら仕事がきつくて辞めたいからといって、その後暮らせなくなるようでは元も子もありません。

そのため、判断を勢いに任せず、きちんと計画性を持って辞めることを決意しましょう!

考えるべきこと3|次の仕事でやりたいことを明確にする

仕事が嫌だからと言ってすぐに退職せず、在職中に転職先を決めることがおすすめです。

そのためにも、まずは次の職場でやりたいことを明確にしましょう!

焦って転職すると、転職を繰り返すリスクがあります。

考えるべきこと4|辞めて後悔しないか考える

最後に、本当に軽貨物のドライバーを辞めて後悔しないかを再確認するようにしましょう。

自分の中に少しでも迷いがある場合は、辞めた後に後悔してしまう可能性が高くなります。

そのため、心の底から辞めて大丈夫と思えるようになるまで、じっくり時間をかけて辞めるべきなのかを考えることをおすすめします!


軽貨物のドライバーを辞める前に考えるべきことをまとめると、次の通りです!

辞める前に考えるべきこと
  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. 辞めた後の生活のことを考える
  3. 次の仕事でやりたいことを明確にする
  4. 辞めて後悔しないか考える
ゆり
軽貨物のドライバーを辞める前には、このようなことを考えることが大切なんですね!
佐々木

おっしゃる通りです!

この4点を抑えることで、後悔のない転職ができますよ!

次の章では、おすすめの転職エージェントを紹介します!

本気で転職したい人は、転職のプロに相談すべき

佐々木
どうしても軽貨物のドライバーを辞めたい気持ちが無くならい場合は、この機会に転職することをおすすめします!

転職する際には、転職エージェントを利用し、転職のプロにサポートを受ける事で、効率的に転職活動が行えますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「マイナビ」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

軽貨物のドライバーを円満に辞める際の3つの手順

佐々木

それでは、最後に軽貨物のドライバーを円満に辞める手順を紹介します!

次の3つを行うことで、円満に軽貨物のドライバーの仕事を辞めることができますよ!

正しい退職手続きの手順
  1. 契約の際に交わした委託契約書を確認
  2. 退職願・退職届を提出する
  3. 退職日までに引き継ぎや有給消化をする

それぞれの手順についてお伝えします!

手順1:契約の際に交わした委託契約書を確認

まずは、契約の際に交わした委託契約書を確認しましょう。

委託契約書の文中に、辞める際に必要な情報が記載されています。

急に仕事を辞めると、違約金が発生する場合もあるので契約周りの確認は慎重に行いましょう。

また、個人事業主として廃業する場合だと、税務署などに下記の書類を提出する必要があります!

廃業する場合に必要な書類
  • 開業届出
  • 廃業等届出
  • 青色申告の取りやめ届出書
  • 事業廃止届出書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  • 廃業の届け出

手順2:退職願・退職届を提出する

会社を退職する際は、口頭で伝えるだけでなく、退職願や退職届といった書類を提出する必要があります。

口約束だけではトラブルのもとなので、社会人としてのマナーを守り、必要な書類を作成しましょう。

退職願や退職届は、上司に退職の意思を伝え、許可が出た段階で出すのが一般的です。

お世話になった感謝を伝え、手渡しで渡すようにしましょう!

佐々木

他の社員にいつ退職について説明するかも、退職願や退職届を出す段階で、決められるでしょう。

退職願や退職届の書き方や注意点については、次の記事をご覧ください!

手順3:退職日までに引き継ぎや有給消化をする

退職届の提出が完了すれば、残りの勤務期間は業務の引き継ぎや有給の消化に充てましょう。

業務の引き継ぎに関しては、会社に迷惑をかけることのないように、計画性を持って早めに始めるべきです。

また、有給消化に関しても、早い段階で上司と相談し、引き継ぎの妨げにならないよう注意しましょう。


佐々木
以上が、円満に仕事を辞めるための手順です!
正しい退職手続きの手順
  1. 契約の際に交わした委託契約書を確認
  2. 退職願・退職届を提出する
  3. 退職日までに引き継ぎや有給消化をする
ゆり
この手順で退職手続きを進めれば、円満に仕事を辞められるんですね!
佐々木

そうですね!

一般的にはお伝えした手順通りに進めれば、問題ありません!

ただ会社によって細かい就業規則が異なる場合があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

軽貨物の仕事に限界を感じたら、転職するのがおすすめ!

佐々木

今回は、軽貨物のドライバーを辞めたいと思っている方に向けて、

軽貨物のドライバーの退職理由や、円満に辞めるコツをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 軽貨物のドライバーの仕事は体力的にきついと感じている人が多い
  • 勢いだけで軽貨物のドライバーの仕事を辞めるのはよくない
  • 転職を成功させたいなら、転職エージェントを使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!