転職エージェントおすすめランキング13選

人事職におすすめの転職エージェント5選!未経験でも失敗しない方法【体験談】

人事職におすすめの転職エージェント5選!未経験でも失敗しない方法【体験談】

この記事でお伝えすること
  • 人事職に強い転職エージェント
  • 人事職に未経験から転職した例
  • 人事職への転職を成功させる方法
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『人事職に強い転職エージェントってあるの?』

『未経験でも人事職に転職できるの?』

…と悩んでいませんか?

この記事では、人事職に強い転職エージェント紹介を始め、転職を成功させるためのポイントなどを紹介していきます!

この記事を読めば、人事職への転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

人事職に強い転職エージェントを使うべき理由&選び方のポイント

佐々木
人事職志望の人が転職エージェントを選ぶときは、「人事職特化型」「総合型」を併用するのがポイントです!

なぜなら、この2種類の転職エージェントは、それぞれ”強み””得意な領域”が異なり、

両方に登録すれば効率よく転職エージェントを活用できるからです。

転職エージェントの種類
  • 「人事職特化型」の転職エージェント
    求人数は少なめだが、人事職に特化した知識とアドバイザーが魅力
  • 「総合型」の転職エージェント
    業種業界を問わず大量の求人案件を保有しており、転職できる範囲が広がる
ゆり
転職エージェントには、それぞれの特徴があるんですね!
佐々木
そうなんです!

そして両方の特徴を最大限活かすためには、『人事職特化型』と 『総合型』の両方で求人案件を探しつつ、

『人事職特化型』で情報収集や面接対策を行うのがおすすめですよ!

人事職に強いおすすめの転職エージェント5選

佐々木
ここからは、人事職におすすめの転職エージェントを紹介していきます!

自分に合った転職エージェントを利用することで、転職成功率が大きく上がりますよ!

人事職に強いエージェントは、次の5つです!

人事職に強いエージェント

【人事職特化型】

  1. 『MS-Japan』
    人事などの管理部門に特化したエージェント
    【公式】https://www.jmsc.co.jp/
  2. 『人事転職.com』
    「JACリクルートメント」が運営する人事特化サイト
    【公式】http://www.hr-jac.com/

【総合型】

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

それでは、順番に見ていきましょう!

【人事職特化型】おすすめ1|MS-Japan

MS-Japanの画像
MS-Japan
  • 管理職に特化した転職支援
  • 管理部門の求人数No. 1

【公式】https://www.jmsc.co.jp/

MS-Japanは人事職などの、管理職に特化した転職エージェントです。

そのため、管理部門に関する求人の数は業界No. 1です!

また、キャリアアドバイザーも管理職のサポートに特化しているので、質の高いアドバイスを受けることができます!

実際にMS-Japan経由で企業の人事として働いている人も多くいます。

人気の優良求人は早い者勝ち!

【人事職特化型】おすすめ2|人事転職.com

人事転職.comの画像
人事転職.com
  • 人事職に特化した転職サイト
  • 1000件以上の人事求人

【公式】http://www.hr-jac.com/

人事転職.comはJACリクルートメントが運営する、人事職に特化した転職サイトです。

そのため、人事系の求人数は1000件を超えています!

しかし、人事転職.comの求人の多くは非公開求人となっているので、利用の際はJACリクルートメントに登録しなければ、詳しい詳細を見ることはできません!

人気の優良求人は早い者勝ち!

【総合型】おすすめ1|リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 20万件以上の求人数を保有!
  • 累計で40万人以上の転職成功実績があり業界ではトップクラス
【公式】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

圧倒的な求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

そのため、人事職に特化したエージェントと併用して利用することで、転職失敗のリスクを減らすことができます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

【総合型】おすすめ2|マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 20代〜30代の転職者に一番おすすめのエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

『マイナビエージェント』は新卒の就職実績No.1のマイナビが運営する転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの質は業界トップクラスなので、転職ノウハウなどを学びたい人は登録をおすすめします。

また、大手ホワイト企業の優良な求人案件を数多く保有しているので、

人事特化型のエージェントと併用することで多くの求人の中から自分にあった仕事内容を見つけることができます!

年間2万人の就職支援実績!

【総合型】おすすめ3|doda

ドーダ

【公式】https://doda.jp/

dodaの特徴
  • 日本全国の地域に求人がある
  • 実践的な転職アドバイスに評判あり
『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

求人案件数は『リクルートエージェント』と比べると少ないですが、実践的な転職のアドバイスに定評があり、総合型としてオススメのエージェントです。

また、日本全国の地域に求人があるので、地方で人事の求人を探している人は、求人検索のためにも登録をしておくと良いです。


人事職に強いエージェントをまとめると、次の通りです!

人事職に強いエージェント

【人事職特化型】

  1. 『MS-Japan』
    人事などの管理部門に特化したエージェント
    【公式】https://www.jmsc.co.jp/
  2. 『人事転職.com』
    「JACリクルートメント」が運営する人事特化サイト
    【公式】http://www.hr-jac.com/

【総合型】

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
以上の5社が人事職への転職におすすめなのですね!
佐々木

はい、その通りです!

総合型と特化型をうまく併用することで、転職成功の確率はグッと上がりますよ!

次の章では、実際に人事職に転職した人の体験談を見ていきましょう!

人事職への転職体験談|未経験から大手に転職した事例あり!

佐々木

この章では、実際に人事職への転職に成功した人の体験談をみていきましょう!

中には未経験から人事職の転職に成功した人もいるんですよ!

ゆり
ほんとだ、未経験から人事職への転職に成功された人もいるのですね!
佐々木

はい、そうなんです!

しかし、どの業種にも言えますが基本的に未経験からの転職は難易度が高くなります。

そのため、次の章で説明する転職を成功させるポイントは必ず抑えておきましょう!

【成功率UP】人事職への転職を成功させる7つのポイント

佐々木

この章では、人事職への転職を成功させるポイントをお伝えします!

お伝えするポイントを押さえておけば、転職に成功できる確率がグッと高まりますよ!

転職を成功させるポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

ポイント1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

ポイント2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。

ポイント3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります。

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

ポイント4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

ポイント5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録にもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

ポイント6|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

ポイント7|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれます。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限活用するためのポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけのポイントを知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

次の章では、転職エージェントを利用して、上手く行かなかった場合の手段をお伝えします!

転職エージェントを利用して、上手く行かなかった場合の全手段

佐々木
この章では、転職エージェントで上手く行かなかった場合の手段をお伝えしていきます。

もし転職エージェントが合わない人などは、次のような転職サービスを活用すべきです。

手段1:転職サイトを使う

転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

転職サイトの場合、単純に求人数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、

業界最大手の『リクナビNEXT』を使うべきです。

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木
人事業界の求人もあるので、自分に合う求人が必ず見つかるはずですよ!

手段2:公的支援サービスを使う

公的支援サービスの例として、具体的に3つのサービスを紹介しておきます。

1.ハローワーク

ハローワーク

【公式】https://www.hellowork.go.jp/

『ハローワーク』は、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

ハローワークを使っても就職難と言われている現在ですが、人事業界であれば応募できる求人案件はあるでしょう。

2.ジョブカフェ

ジョブカフェ

※下記の厚生労働省のサイトに、全国各地のジョブカフェのサイトリンクが掲載されています。

【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

『ジョブカフェ』は、厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている若者の能力向上と就業促進を目的としてサービスです。

求人案件は中小企業が中心で、人材を確保したい中小企業と若者のネットワークを構築するという目的でサービスを運営しています。

3.サポステ

サポステ

【公式】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

『サポステ』は、厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営しています。

働くことに不安を持つ若者や保護者からの相談に対応し、

パソコン講座、ストレスマネジメント講座、社会人としての基礎力を身につけるワークショップなどを開催しています。

各種支援プログラムを通じて、自立そして就職までのトータルサポートを行っています。

手段3:出身校のキャリアセンターを使う

意外と見落としがちですが、自分の出身校のキャリアセンターも転職活動では活用できます。

キャリアセンターを在学中に活用した人もいると思いますが、実は多くの場合、卒業生でも利用することが可能です。

「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば情報が出てくる場合がほとんどなので、一度検索し担当者に問い合わせてみましょう。


ゆり
転職エージェントに断られても、別の手段があるんですね!
佐々木
そうなんです!

しかし、これらは転職エージェントに断られた場合のみオススメできる手段なので、

まずは転職エージェントへの登録を行ってみましょう!

【Q&A】人事職への転職に関するよくある質問まとめ

佐々木
それでは、人事職への転職を考えている人のよくある質問に回答していきます!

質問1|人事職への転職の際、志望動機にポイントはありますか?

佐々木
志望動機を考える際は、自分が働く意欲をアピールできる内容を考えましょう。

人事業界の転職理由では、「人と関わることが好き」「組織について考えることが好き」といった、きっかけのみを理由にする人が多いです。

しかし、これではどの企業に対しても使える内容になるので、根拠として薄く働く意欲を伝えられません。

自分の意欲や想いをしっかりと伝えるためにも、次のポイントを押さえて志望動機を作成しましょう!

志望動機のポイント
  • なぜその企業を志望したのか
  • 自分がその企業でどのように活躍したいか
  • 人事業界でどのようなキャリアを築きたいか
  • 自分が頑張っていることや目標に対しての姿勢など

大前提として、志望動機を作成する前には、業界や仕事内容について情報収集をして理解しておきましょう!

そのうえで、先ほどのポイントを押さえた志望動機が書ければ、採用担当者に気持ちが伝わりやすいですよ!

自己分析について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

質問2|逆質問はしたほうが良いですか?

佐々木
出来るだけ、逆質問はしたほうが良いです!

逆質問は内容によって企業に興味があるかどうかを評価されます。

というのも、企業に興味がない場合は目的のある質問が出来ないからです。

そのため、企業の情報収集をしっかり行った上で、自分が働くことを想定して興味や疑問があることを質問しましょう!

逆質問が思いつかない場合は、次の記事を参考に考えてみてくださいね!

質問3|人事職へ転職する際に有利な資格はありますか?

佐々木

人事職はスキル系の職業ではないので、資格の有無はそれほど気にしないでも大丈夫です。

しかし、次のような資格は持っておいて損はないですよ!

転職に有利な資格
  • 衛生管理者
  • メンタルヘルス・マネジメントⓇ検定
  • 産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • ビジネスキャリア検定

質問4|人事職はなぜ人気の高い職業なのですか?

佐々木
人事職は企業の顔であり窓口となるポジションなので、学生の就職先や20代の転職先として人気が高いです。

また、人事の仕事は採用活動など、会社の組織体制を作っていく信用度の高いポジションであり、

非常にやりがいを感じやすいのも人気の要因の1つであると考えられます。

転職エージェントを賢く活用して人事職への転職を成功させよう!

佐々木
今回は、人事職に強い転職エージェントについてお伝えしてきました!

最後にもう一度、転職エージェントをまとめておきますね!

人事職に強いエージェント

【人事職特化型】

  1. 『MS-Japan』
    人事などの管理部門に特化したエージェント
    【公式】https://www.jmsc.co.jp/
  2. 『人事転職.com』
    「JACリクルートメント」が運営する人事特化サイト
    【公式】http://www.hr-jac.com/

【総合型】

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
はい!

人事職への転職を目指す皆さんが、転職に成功できることを応援しています!