転職エージェントおすすめ13選
571人の評判を比較してわかった厳選ランキング

営業辞めたい…。営業職から転職するための全知識|辞めてよかった成功例

営業職を辞めたい人の転職方法

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『営業のノルマがきつくて辞めたい…』

『契約も取れないし、営業職に向いてないのかな…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

同期や部下と比べて営業成績が悪く、毎月月末はノルマに追われています…

仕事が終わらずいつも残業ばっかだし、もう営業職を辞めたいです…

佐々木

確かに営業は、向き不向きがあるって言いますし、

会社によっては厳しいノルマを設定している場合もありますもんね…

そこで、今回は主に下記の点をお伝えしていきます。

この記事でお伝えすること
  • 営業職を辞めたい理由別の対策方法
  • 営業職から転職した事例
  • 営業職から優良企業に転職する方法
  • 営業職からの転職でおすすめの職種・業種
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態をゼロにしましょう。

マイナス→プラスより、ゼロ→プラスの方が簡単です。

限界が来る前に、プロのアドバイザーに転職の無料相談をして、次の選択肢を探しておくことが保険になります。

営業職を辞めたいのは甘え?まずは理由を明確に!

佐々木
まずは、営業職を辞めたい理由について整理していきましょう。

結論を先にお伝えすると、営業職を辞めたいと思っている人は仕事に対してストレスを感じでいます。

ストレスを感じる原因(=辞めたい理由)は、様々なものがありますが、ほとんどの人は些細なきっかけから感じ始めていきます。

ゆり

商品を売らないといけないというプレッシャー…上司からの圧力…膨大なノルマ…

確かに何かとストレスを感じながら仕事をしている気がします。

佐々木
ストレスは自分が知らない間にどんどん溜まっていますし、そのままにしておくのは危険です!

甘えじゃないよ、辛いなら心や身体のためにも辞めるべき

営業職を辞めたいと悩んでいる人に伝えておきたい重要なことは、「仕事を辞めたい」という気持ちは甘えではないということ。

営業の仕事が辛いと思っているなら、自分の心や身体を守るために、辞めるということも正しい選択肢です。

もし無理をしながら仕事を続けると、身体を壊すことはもちろん、精神的にどんどんきつくなり、うつ病や自律神経の病気を発症する可能性もあります…

佐々木

いざという時、自分の心や身体を守れるのは自分しかいません。

本当に辛いなら早めに対処する必要があります。

「3年続けろ」を信じる必要はない。自分の身体のほうが大切

ゆり

ただ入社時から「3年は続けないと一人前になれない」と言われ続けているので、

しんどくても3年は頑張らないと。と思ってしまうんですよね…

佐々木
確かによく「仕事は3年続けろ」と言われますが、それを信じる必要はありません。

3年間続けると、今の会社のことは確かに何でも分かるかもしれません。

部署でリーダーになっていたり、新人の教育係になったり、役職や給料も3年続けると上がるでしょう。

しかしながら、今の会社で働いているだけでは、社会や世の中のことに詳しくなれるわけではありません。

たとえ3年間続けたところで転職すれば、また1からのスタートです。もちろん転職先でこれまでの経験を活かせますが、新人からのスタートです。

そもそも、心や身体が辛い状態で3年間続けるよりも、少しでも早く自分らしくイキイキと働ける環境に身を置いたほうがいいでしょう。

佐々木
「3年間続けろ!」という周りの言葉よりも、自分の心や身体を大切にしてくださいね。

辞めるべきか悩んだら、まずは辞めたい理由を明確にしましょう

佐々木

辞めるべきか悩んでいるなら、まずは辞めたい理由を明確にしましょう。

下記は営業職を辞める理由にあげる代表的なものです。

営業辞めたい理由
  1. ノルマなどの数字がプレッシャーになる
  2. 結果だけで判断されるのが辛い
  3. なかなか成績を上げることが出来ない
  4. 上司や取引先に怒られるのが辛い
  5. 売っている商品に自信が持てない
  6. 残業が当たり前で、拘束時間が長い
  7. 取引先とのコミュニケーションが苦手
  8. ルート営業でやりがいを感じない
  9. 職場の人間関係で悩んでいる
  10. 服装・髪型が不自由でオシャレが出来ない
  11. 見積もり・電話対応などの雑務が嫌い
  12. 同時に様々な仕事を処理できない
佐々木

あくまでも代表的な例ですが、上記のような理由で、営業職を辞めたいと悩んでいる人がたくさんいます。

【辞めたい理由別】後悔しないための対策方法

佐々木
それでは次に、それぞれ辞めたい理由別に対策方法をお伝えしていきます。

辞めたい理由1:ノルマなどの数字がプレッシャーになる

ノルマをプレッシャーに感じているなら、以下の2つの対策方法が考えられます。

ノルマが原因の場合
  1. ノルマのない部署に異動する
  2. ノルマに対する考え方を変える

1.ノルマのない部署に異動する

まず、ノルマがなければ、「決まった時間とりあえず働いておけばいい」と思っているかもしれませんが、ノルマがなくても「目標」は必ずあります。

組織として働いている以上、ほかの社員やアルバイトと協力して、何かを成し遂げたり、やり切らないといけない仕事はあります。

しかし、営業職のように月末に追い込まれたり、上司からのプレッシャーが厳しいような目標ではないでしょう。

営業から他部署に異動すれば、初めは雰囲気の違いに戸惑うかもしれませんが、ノルマではなく目標を追って仕事をするほうが向いている人もいるでしょう。

2.ノルマに対する考え方を変える

ノルマに苦しんでいない人とプレッシャーに感じている人では、考え方に大きな違いがあります。

具体的には、ノルマに対して次のような考え方の違いがあると言えるでしょう。

ノルマに対する考え方

ノルマに苦しんでいない人

  • ゴールから逆算できる
  • 達成のビジョンや要因を整理できる
  • 周囲の目を特に気にしていない
  • あくまでノルマは一つの指標

ノルマをプレッシャーに感じている人

  • 目の前のことだけに集中している
  • ノルマ達成までの道筋が見えていない
  • 周囲の目を気にしている
  • 必要以上に義務感を感じている

ノルマをプレッシャーに感じるかどうかは、人それぞれの思考が大きな原因となっています。

いきなりは難しいかもしれませんが、少しでもノルマに苦しんでいない人の考え方を取り入れることができれば、営業に対する考えも変わるかもしれません。

辞めたい理由2:結果だけで判断されるのが辛い

営業職は、良くも悪くも結果が分かりやすく数字に表れる仕事です。

営業職が評価される基準としては…

営業職の評価基準
  • 評価される人・・・売上を上げている。ノルマを達成している。
  • 評価されない人・・・売上を上げていない。ノルマを達成していない。

上記のようなシンプルな世界です…いくら頑張っても売上やノルマを達成していなければ、評価はされません。

佐々木
そのため、結果だけで判断されるのが辛い人は、過程を評価してもらえる仕事へ転職や異動をすることをおすすめです。

もちろん、世の中の仕事全て、結果で評価される職業ではありません。

例えば、社内でもマニュアルを作ったり、部下の指導をしたり、書類の整理をしている人は、ただ長年働いているだけでなく、安心して仕事を任せられる人という評価を得ています。

その評価を得るためには、これまでの過程で細かい気配りや、ミスなく仕事をこなしてきたなどの実績を積み上げる必要があります。

営業職で成績を上げることも立派なことですが、様々な過程から評価を獲得して、会社の縁の下の力持ちとして働いている人も立派なことです。

佐々木
おすすめは、営業部のサポート役。または他部署で事務の仕事してみるのがいいかもしれませんね。

辞めたい理由3:なかなか成績を上げることが出来ない

営業職をやっている人は、誰もが結果が出ず悩んだ経験があるのではないでしょうか。

また、営業職は向き不向きがある仕事です。どういった人が営業職に向いているのか、また向いていないのか整理しておきましょう。

営業職の向き不向き

営業職に向いている人

  • 自己愛が弱い、下手に出られる人
  • 人付き合いが好きな人
  • 約束を必ず守る人
  • 他人に興味を持っている人
  • 競争意欲をうまく活用する人

営業職に向いていない人

  • 自己愛が強い、プライドが高い人
  • 人付き合いが苦手な人
  • 平気で約束を破る人
  • 他人に興味を持っていない人
  • そもそも競争意欲がない人

上記のことだけではありませんが、営業職に向いていない項目に当てはまる人は、ほかの職種への転職や他部署への異動を考えたほうがいいでしょう。

営業職で成績を出せるかどうかには、性格や思考が大きく関係してきます。

佐々木
性格や思考面に問題がないのであれば、トークスキルや営業テクニックを磨けば成績は上がるでしょう。

辞めたい理由4:上司や取引先に怒られるのが辛い

上司から罵声を浴びせられたり、取引先からのクレームが原因となっている人は、これまでの経験から大きなトラウマを抱えている状態です。

怒られることが辛いと感じている人は…

怒られるのが辛い人の対処法
  • 怒られる原因を改善し、ミスの再発防止に努める
  • 人と関わらずに仕事ができる職業に転職する

上記のような対策方法で乗り切りましょう。

しかし、トラウマを抱えている状態で、怒られる原因を改善することは非常に辛いものがあります…

佐々木
もし、自然と涙が出る、上司や取引先の人の前に立つと足が震えるといったことがあれば、

無理せず病院で診察を受け、転職する道をおすすめします。

おすすめの転職エージェント

辞めたい理由5:売っている商品に自信が持てない

売っている商品に自信がない人は、純粋に自信を持って営業が行えるよう別の会社に転職することをおすすめします。

「こんな商品、お客さんに売るの申し訳ないな」と自信がない状態で、営業をしていても成績を上げることは難しいです。

もし商品が売れたとしても、罪悪感を持ってしまうだけです…

佐々木

商品に魅力を感じないのであれば、営業をがんばるエネルギーも出てこないでしょう。

自信を持って営業できる商品を取り扱っている会社に、転職しましょう!

辞めたい理由6:残業が当たり前で、拘束時間が長い

営業職は、お客さん本位の仕事である以上、相手に合わせて夜中や早朝、土日に出勤しなくてはならない時があります。

拘束時間に関しては、どのレベルまで自分が求めているのかをまず整理しましょう。

拘束時間のポイント
  • 土日祝は完全休みがいい
  • 平日何日かは定時で上がりたい
  • 絶対に毎日定時で上がりたい

例えば、土日祝休みの仕事は探せばいくらでも見つけることが可能です。

また、週何回かは定時で上がりたい人は、ノー残業デーが導入されている企業や、公務員の仕事がおすすめ。

ただ絶対に定時で上がりたいという方は、なかなか条件に合った仕事を探すのが難しいですが、給与などの別の部分を妥協すれば、定時に上がれる仕事もあるでしょう。

佐々木

しかし、転職を考える前に「なぜ拘束時間が長いのか」を考えておきましょう。

企業側に問題があれば解決は難しいですが、自分自身に問題があれば、転職しても同じ失敗を繰り返す可能性があります。

自分で解決できる問題であれば、きちんと整理してから転職を考えましょう。

辞めたい理由7:取引先とのコミュニケーションが苦手

「営業は誰でもできる」と仰る人もいますが、決してそうではありません。

確かに、営業にはある程度のマニュアルがあり、しっかり手順を踏んでいけば人並みにはできるようになります。

しかし、根本的にコミュニケーションが苦手な人は営業に向いていないと言えるでしょう。

例えば…

営業に向いていない人
  • 人とコミュニケーションをあまり取りたくない
  • そもそも人と話すこと自体が嫌い
  • 人前に立つと緊張してしまいうまく話ができない

上記のような人は、営業に向いていないので別の職種へ異動する、または転職することをおすすめします。

営業で必要な能力は、ただ話すだけでなく、相手が悩んでいることを引き出して、一緒に解決する能力です。

しかし、そもそも相手に興味がなかったり、コミュニケーションを取ること自体が苦手な人は、ただただ話すことが苦に感じるでしょう。

佐々木
早めに営業という仕事を諦め、ほかの仕事を始めましょう。

辞めたい理由8:ルート営業でやりがいを感じない

ルート営業で辞めたくなる要因は、大きく次の2つです。

ルート営業で辞めたくなる要因
  1. いつものルーティンワークが嫌になる
  2. お客さんとの人間関係がうまくいっていない

まず、ルーティンワークが嫌になった人は、自分の創造性を活かせなかったり、将来に不安を感じたりする傾向にあります…

「いつも同じ仕事ばかり、やりがいを感じない…」という発想は決して悪いものではありません。

自分は、何に対してやりがいを感じられるかを整理して、ほかの仕事へ転職することをおすすめします。

佐々木
また、お客さんとの人間関係がうまくいっていない人も、ルート営業を続けることは難しいでしょう。

もちろん人間同士なので、性格が合わない人もいますし、社内の人ならまだしも、わざわざ社外の人に対して、関係性をよくする努力をする必要はありません。

解決方法としては、同じルート営業でも別のエリアを担当する。ルート営業ではない、営業職へ異動する。転職する。といったところでしょう。

辞めたい理由9:職場の人間関係で悩んでいる

上司や同僚に恵まれずに、営業を辞めたいと悩んでいる人もたくさんいます…

いい人たちと仕事できるかどうかは、「運」の部分もあり、あなたが選べる問題ではないので、改善の余地なく退職する人も多くいます。

率直に、社内の人間関係に悩んでいるのであれば、転職か部署異動がおすすめです。

また、転職か部署異動をする上で、次のことは抑えておきましょう。

転職または部署異動のポイント
  • 人の印象は簡単には変わらない。転職すれば第一印象に気をつける。
  • 人間関係は「運」要素が大きい。100%成功するとは限らない。
  • 転職は逃げや甘えではない。一緒に働く人はあなたにとって重要な存在。
佐々木
環境を変えることにはリスクも伴いますので、まずは現状を転職エージェントなどに相談することをおすすめします。
おすすめの転職エージェント

辞めたい理由10:服装・髪型が不自由でオシャレが出来ない

お客さんの前に立つ営業の仕事は、髪型や服装に関して、厳しい制限がある職場もあります。

クールビズという文化が広まりつつある現在でも、真夏にスーツやネクタイをして、汗だく状態で営業を行っている人もたくさんいます…

服装や髪型でオシャレをしたいと悩んでいるのであれば、営業という仕事には向いていないでしょう。

仕事によっては、Tシャツ・ジーパン・ヒゲ・茶髪もOKという職場もたくさんあります。

佐々木
服装や髪型のオシャレをしたいのであれば、制限が緩い自由な環境に転職しましょう。

辞めたい理由11:見積もり・電話対応などの雑務が嫌い

営業をしている人は、見積もりや電話対応などの雑務に時間を取られ、あっという間に1日が終わった経験があるでしょう。

雑務をただこなしているだけでは、営業成績も上がらず、月末のノルマまで期限が迫ってくるだけです…

もちろん自分自身でスキルを磨き、効率よく雑務をこなせるようになればいいのですが、なかなか簡単なことではありません。

まずは、営業以外の雑務に関して、上司や同僚に相談してみましょう。

佐々木
相談しても解決策を見いだせないのなら、転職も視野に入れましょう。

辞めたい理由12:同時に様々な仕事を処理できない

営業の仕事は、同時にいろいろなことを処理できる能力が求められます。

先ほどの雑務はもちろん、商品を売ったお客さんへのアフターフォロー、報告書の作成、新商品の勉強など、1日の中でも様々な仕事をする機会があるでしょう。

同時に仕事をこなせる「マルチタスク型」の人は平気ですが、苦手な人には仕事量が多すぎると感じるでしょう…

佐々木
同時に様々な仕事を処理できない人は、営業には向いていないので転職をおすすめします。

営業を辞めてよかった!社畜からホワイト企業へ転職に成功した事例

佐々木
まずは、転職事例を紹介する前に、改めて営業に向いていない人を簡単に整理しておきましょう。

営業に向いていない人の特徴

営業に向いていない人の特徴
  • コミュニケーションが苦手な人
  • ストレスを感じやすい人
  • プライドが高い人
  • 物事を逆算した考えられない人

上記のような人は、営業に仕事には向いていません。

しかしながら、営業でのあなたの「弱み」は、業界によっては「強み」になる場合もあります。

ゆり
確かに!営業じゃなくて、他の仕事をすれば成功する可能性もありますもんね!
佐々木

そうなんです!

特に、営業を辞めた人はIT・Web業界などに適性があることが多いようです。

実際に、IT・Web業界は、経験を積んでスキルを磨けば独立しやすい業界でもあるので、営業からIT企業への転職を成功させている人はたくさんいます。

ここでは、IT業界に限らず、具体的な営業からの転職成功事例を確認していきましょう。

営業からの転職成功事例

佐々木
他にも下記のような口コミがあります!
ノルマに追われない仕事に転職

営業→webデザイナー

営業職からwebデザイナーに転職しました。
今は仕事が楽しくて、毎日自分らしく働くことができています。

営業をしていた頃は、あまり営業成績を上げることができず、毎月月末にはノルマに追われてました…

同僚や部下が当然のようにノルマを達成し、早く会社から帰っていく姿を見るのは、悔しいというか苦痛でした。

自分の場合は、転職エージェントのリクルートエージェントdodaに登録して、転職先を紹介してもらいました。

webデザイナーの仕事に転職したのは、もともと興味があったからです。
未経験からの挑戦ですが、職場の同僚にも恵まれ、技術を学びながら仕事をさせてもらっています。

覚えることはたくさんありますが、月末にノルマに追われることがなくなった分、肩の荷が降りて楽に仕事ができています。

(32歳・男性・年収400万円台)出典:転職相談

転職してプライベートが充実

営業→事務

私は営業職から事務職に転職しました。

前に営業として働いていた会社は、男性が多く、体育会系の部活の中にポツンと私がいるような状態でした…

営業職ということもあり、拘束時間が長いことは当然、土日に商談が入ったり、なかなかプライベートを充実させられませんでした。

仕事中心の人生は嫌だな。と思い転職を決断し、マイナビエージェントに相談。

紹介してもらった事務の仕事で無事に内定をもらい、以前と違い女性が多い職場で、定時には毎日帰ることができ、楽しく働いています。

もちろん、プライベートの時間もたっぷり作れているので、ストレスが溜まることなく、幸せを感じながら日々過ごしています。

(26歳・女性・年収300万円台)出典:転職相談

ゆり

転職って勇気のいることですけど、たくさんの人の成功事例を見ると、

私も頑張らなくちゃ!ってなりますね。

佐々木

そうですね!自分がどんな仕事に向いているか、自分が仕事に求めていることは何かなどを整理し、

正しい方法で転職活動を行えば、新しい職場では楽しい日々が待っていますよ!

営業を辞めたいなら、限界が来る前に辞める準備を整えよう

佐々木

まず、営業を辞めたいと考えている人…

今すぐ退職したり転職するのではなく、落ち着いて冷静に考えるべきです!

ゆり
確かに焦るのは危険というか…退職したら急に仕事がなくなりますし、生活も大変ですもんね…
佐々木

そうですね…また焦ってしまうと転職に失敗してしまう可能性もあります…

それでは元も子もありませんので、まずは冷静になって今後のことを考えましょう。

すぐに営業を辞めて、焦って転職活動を行うリスク

実際、今すぐに営業の仕事を辞めて焦って転職活動を行うと…

焦って転職活動を行うと
  • 条件のいい求人が見つけられない
  • 本当にやりたい仕事に転職できない
  • 採用が出るとなんとなくて転職してしまう
  • 転職できてもすぐに辞めたくなる

といったリスクがあり、多くの人は転職に失敗してしまいます…

佐々木
正しい方法で転職活動を行うためにも、まずは焦らず冷静になりましょう。

ただ、無理し続けると、健康被害のリスクも…

佐々木

とはいえ、本当に辛い状態で仕事を続けるのは、健康被害のリスクもあるので、

身体や心の状態によってはすぐに辞めるべきケースもあります…

実際に営業の人が、仕事のストレスから身体や心に現れる異常は、下記のようなものがあります。

ストレスから生じる健康被害
  • 心の症状・・・緊張、不安、焦り、憂うつ、イライラ、軽い神経症、うつ病など
  • 身体の症状・・・頭痛、めまい、肩こり、疲労、食欲低下、神経性胃炎など
  • 行動の異常・・・仕事に行けない、声が出ない、喧嘩をよくする、黙り込む、酒やタバコの量が増えるなど

もし上記のような症状が出ている人は、すでに危険な状態です。

今すぐ仕事を休んで、病院で検査を受けましょう。

ゆり
本当にきつい状態になってしまえば、立ち直るまでも時間がかかるって聞きますもんね…
佐々木

そうですね…営業をしている人でも「うつ病」を発症してしまう人はたくさんいます…

うつ病になってしまうと、転職どころではなくなるので、ちょっとでも心配な人は病院に行ってください。

まずは在職中にプロに相談して転職の失敗を防ぎましょう!

ゆり
実際、営業から転職を考えた時にはどんな方法で転職活動を行えばいいんですか?
佐々木
はい!まずは在職中に『転職エージェント』登録して転職活動を始めるべきです!
ゆり

そうなんですね!?

転職サイトやハローワークを利用するより転職エージェントがいいんですか?

佐々木

はい!転職エージェントはサポートが他の転職方法よりも充実しているので、

忙しい営業の仕事を続けながらでも、効率よく転職活動が行えるのです!

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら営業を続けながらでも、安心して転職活動ができそう!

佐々木
おっしゃる通りです!

逆に考えると、転職エージェントを利用しなければこれらを全部自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!

実際に転職エージェント以外の、就職イベントへの参加などの転職方法でも良いのですが…

ゆり
それだと働きながらの転職は大変になってしまうということですね!
佐々木

はい!そうなんです。

確実に営業から転職を成功させたいのであれば、今すぐ転職のプロに相談すべきです!

失敗を最小限に抑えて、理想の優良企業に転職する方法

佐々木
まず、率直に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用しています!

先ほど説明した通り、サポートが充実していることはもちろん、転職のプロならではの意見を聞けるので、あなたにあった転職先を見つけられるでしょう。

また、一人で転職活動を行ったり、焦ってしまうと転職に失敗するリスクもあるので、転職に関する悩みはプロに任せましょう。

ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

全ての営業職の方におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/
  • 『Type転職エージェント』
    特徴:キャリアに合った納得できる提案力
    公式HP:https://shoukai.type.jp/

20代の方におすすめ

  • 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また20代で営業から転職を考えている方は、若手に強いマイナビエージェントも必ず登録すべきです!
おすすめ転職エージェントランキングを説明する広瀬 転職エージェントおすすめ13選|571人の評判比較ランキング【2019年最新版】

営業職を辞めたい人必見!穏便に辞める方法

佐々木

実際に転職活動がうまく進み、転職先が決まれば今の会社を退職しなくてはなりません。

まず、退職するなら上司に退職の意思を伝えなくてはなりません!

ゆり

普段厳しい上司ですし、退職したいって言えるか不安なんですよね…

引き止められそうですし、なかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、営業の人が退職の意思を伝えたところ、下記のような引き止めにあうそうです。

引き止めのパターン
  • 給料を上げるから残ってほしい
  • 後任が見つかるまで待ってほしい
  • 無理なく働ける方法を一緒に考えよう
  • 君は会社にとって必要な存在なんだ
  • 今辞めたらお客さんに迷惑がかかる

上記のような引き止めはよくあるパターンです。

もちろん離職率が高くなれば、社長や代表からの上司の評価も下がるので、

できる限り退職者を出さないように、必死に引き止めてくる上司もいるでしょう。

なので、引き止められて意思が変わってしまわないように、退職を決意したなら強い気持ちを持って行動する必要があります。

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

一人に退職の話をするとすぐに噂は広まります。

そのため、上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、印象が悪くなったり、同僚からも退職するまでの間、働きにくいと感じられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲の良い同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに会社を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、通勤定期、制服など会社からの支給品があれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや営業資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

営業職から転職するときにおすすめの職種・業種

佐々木
それでは、営業職から転職するときにおすすめの職種・業種をお伝えします。

まず、営業とひとことで言っても様々な種類があります。

もしかすると、今やっている営業の種類が、あなたに合っていない可能性がある。ということも頭に入れておきましょう。

佐々木
実際に営業職の種類と、どんな人におすすめかをお伝えしていきます。

営業職の種類とおすすめな人

新規営業・既存営業

営業の種類は大きく分けて、「新規営業」と「既存営業」に分けられます。

名前である程度理解できると思いますが、新規営業は新しい顧客を開拓する営業。既存営業は、すでに取引のある顧客に新しい提案をする営業です。

新しい人と話すことが苦にならなかったり、ガツガツと野心を持って働ける人は、新規営業向きです。

また、同じ人と深く付き合えたり、平和主義な人は既存営業が向いていると言えるでしょう。

佐々木
新規営業・既存営業それぞれに向いている人の特徴をまとめておきます。
向いている人の特徴
  • 新規営業に向いている人・・・野心的で様々なことに挑戦したい人
  • 既存営業に向いている人・・・落ち着いた性格で真面目な人

法人営業(BtoB)・個人営業(BtoC)

また、法人営業と個人営業という営業の分け方もできます。

法人営業は会社が相手、個人営業は一般個人を相手に営業を行います。

2つの営業の大きな違いは「お金の属性」です。

法人営業は、あなたが営業を行えば、会社のお金で商品を買ってくれます。

しかし個人営業は、顧客が汗水たらして稼いだお金で商品を買うので、何かと自分の懐が痛むシビアな感覚があります。

どちらかといえば、論理的に物事を考えて説明できる人は、法人営業に向いています。

また、感情に訴えかけて相手を納得させることが得意な人は、個人営業に向いているでしょう。

佐々木
法人営業・個人営業それぞれに向いている人の特徴をまとめておきます。
向いている人の特徴
  • 法人営業に向いている人・・・論理的に物事を考えるのが得意な人
  • 個人営業に向いている人・・・感情に訴えかけるような交渉が得意な人

営業事務

営業マンとして、現場の先頭に立って活躍する職種ではありませんが、顧客と話をするのが好きな人は、営業事務もおすすめです。

営業事務は、営業職の社員をサポートする役割で、受発注の管理、プレゼン資料作り、請求書・見積書の作成、電話対応などを行います。

営業職の一員として顧客とやりとりすることも多いので、ビジネスマナーやコミュニケーション能力は身につけられるでしょう。

佐々木
営業事務の仕事のポイントをまとめておきます。
営業事務のポイント
  • 営業職の社員のサポート役として、会社の中で重要な役割
  • ビジネスマナーやコミュニケーション能力がつく

営業職以外のおすすめの職種・業界

佐々木
それでは次に、営業職以外のおすすめの職種・業界をお伝えしていきます。

事務職

営業から事務職に転職を希望する人は、非常に多いです。

営業をやってきた人であれば、コミュニケーションスキルはもちろん、パソコンスキルや数字の計算など、ある程度身についているので、事務職は比較的転職しやすいでしょう。

ただ、営業職より給料は確実に下がると言っていいでしょう。

売上目標などもないので、最初は気が楽に感じる人も多いですが、だんだんと物足りなさを感じ始める人も多くいます。

事務職の平均年収
  • 事務職の平均年収・・・338万円

人事職

人事職は、新卒から中途採用、社員教育など幅広い業務をこなす必要があります。

しかし、営業のように初めて会う人とコミュニケーションを取る機会も多いので、比較的転職しやすく、優遇されることも多いです。

ただ、人事部はある程度会社の規模が大きくなければ設置されないので、転職先の企業の制限がかかることは頭に入れておきましょう。

人事職の平均年収
  • 人事職の平均年収・・・380万円

企画職、マーケティング職

企画職は新しい商品やサービスを作り、それを市場に広めるのがマーケティング職です。

商品やサービスの販売戦略を立てる必要があり、企画もマーケティングも営業との連携が必要不可欠です。

また、情報収入能力、分析力など、深い業界知識が必要になるので、新入社員が配属されることはほぼありません。

ただ営業としてある程度業界の経験を積んでいれば、販売戦略を立てたりする場面では活躍できることもあるでしょう。

企画職、マーケティング職の平均年収
  • 企画職、マーケティング職の平均年収・・・457万円

IT・Web業界

IT・Web業界と言っても様々な職業がありますが、特に「エンジニア」は営業から人気の高い転職先となっています。

営業からエンジニアへの転職が人気の理由としては…

エンジニアが人気の理由
  • 営業で顧客ニーズを学んだから、自分でサービスを作れたら面白い
  • 自分でコードが書けたら、もっと効率よく働けそう
  • 営業スキルとITスキルを組み合わせると、希少性の高い人材になれそう

上記のような理由から、営業からエンジニアへの転職は人気が高まっています。

転職といっても決してネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由でエンジニアになる人が多いのです。

エンジニア職の平均年収
  • エンジニア職の平均年収・・・530万円

おわりに|営業を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

今回は、営業を辞めたい方に向けて、営業を辞めて後悔しない対策方法や営業を辞めて転職に成功した事例、営業を穏便に辞める方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 営業職を辞めたいのは甘えではない、無理し続けると危険
  • 営業を辞めたい理由別の対策方法を知っておくべき
  • 営業からホワイト企業に転職に成功した事例多数あり
  • 営業を辞めたいなら、まずは在職中にプロに転職相談するべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 上司に退職の意思を伝えなくても辞められる方法がある
  • 営業を経験した人が活躍できる転職先はたくさんある
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

全ての営業職の方におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/
  • 『Type転職エージェント』
    特徴:キャリアに合った納得できる提案力
    公式HP:https://shoukai.type.jp/

20代の方におすすめ

  • 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また20代で営業から転職を考えている方は、若手に強いマイナビエージェントも必ず登録すべきです!
佐々木
あなたが営業の悩みから抜け出し、転職に成功できることを願っています!