転職エージェントおすすめランキング13選

第二新卒の転職理由まとめ|好印象な回答例文4選&面接突破率9割の伝え方

第二新卒の転職理由|好印象な回答例文4選&面接突破率9割の伝え方

この記事でお伝えすること
  • 第二新卒の転職理由
  • 第二新卒の転職理由の伝え方
  • 第二新卒の良い転職理由・悪い転職理由
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『第二新卒の面接で、転職理由は正直に話すべき?』

『第二新卒の転職にコツってあるのかな?』

…と悩んでいませんか?

この記事では、第二新卒の転職理由を始め、第二新卒の転職に失敗しない方法などを紹介していきます!

この記事を読めば、第二新卒での転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

第二新卒の転職理由は重要!面接官がチェックするポイントとは

佐々木
第二新卒の転職で、面接官は「転職理由」が何であるかを重要視しています!
ゆり
面接官は転職理由を重視しているのですか?
佐々木

はい、そうなんです!

一般的に第二新卒は「すぐに辞める人材」というマイナスイメージを持たれており、

採用コストをかけている企業側からすると、すぐに辞める人材は採用したくないのです。

そこで、すぐに辞める人材かどうかを見極める際に転職理由が重視されるのです!

ゆり

なるほど。

転職理由によっては「すぐに辞める人」と思われてしまう可能性もあるのですね…

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

そのため、「すぐに辞める人材」のようなマイナスイメージを持たせないためにも…

転職理由は注意して伝えましょう!

次の章では、面接官にマイナスイメージを与えない転職理由について詳しく説明します!

面接官も納得!「転職理由」の好印象な伝え方

佐々木

この章では、面接官に好印象を与える転職理由の伝え方について説明します!

先ほどもお伝えした通り、第二新卒の転職は面接官からマイナスイメージを持たれないことが大事です。

面接官に好印象な転職理由を伝えることにより、第二新卒の転職成功率はグンと上がります!

ゆり

なるほど、転職理由の伝え方1つで転職成功率は変わってくるのですね。

何か、マイナスイメージを与えないコツはあるのでしょうか?

佐々木

はい、もちろんありますよ!

面接官に好印象を与えるコツは、ポジティブな内容の転職理由を伝えることです!

転職理由をポジティブにするだけで、面接官から持たれるイメージは一気によくなります。

ここで「良い転職理由」「悪い転職理由」の例を見てみましょう!

良い転職理由の例
以前働いていた会社は、個人の売り上げが重視されていました。

しかし、私は周りとコミュニケーションをとりながら、チームで成果をあげることの方が得意です。

そのためチームで成果をあげるような環境で働く方が自分の力を発揮できると思い、今回転職を決意しました。

 

悪い転職理由の例
以前働いていた会社は、ノルマの設定が高く残業も多い職場だったので、今回転職を決意しました。

ゆり

なるほど!

内容は同じでも、転職理由をポジティブに伝えることにより、面接官からの印象がよくなるのですね!

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

転職理由をポジティブに伝えることにより、面接官からの印象は良くなり、転職成功の確率は上がります!

次の章では、回答例文について詳しく説明します!

第二新卒の転職理由・退職理由のおすすめ回答例文4選【事例あり】

佐々木
ここでは、第二新卒でよくある転職理由を4つピックアップし、

ネガティブな転職理由をポジティブに変換した回答例を紹介します!

回答例文を参考にしながら、自身の転職理由をポジティブなものに変えていきましょう!

第二新卒によくある転職理由
  1. 残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった
  2. 上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった
  3. 取り扱っている商品が自信を持って売れなかった
  4. 結果を出しているのに給与や評価が低かった

それぞれ詳しく説明します!

転職理由1:残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった

残業や休日出勤が多ければ、ゆっくり休める時間もなく、

体力的に辛いことはもちろん、精神的にもどんどん辛くなってきますよね…。

佐々木

残業や休日出勤が転職理由なら、次のように伝えることをおすすめします!

残業や休日出勤が転職理由の時の回答例

回答例
  • 残業や休日出勤に悩んだ場合
    →仕事のオンとオフを分けられる環境で働きたい思いを伝える

残業や休日出勤に悩んでも、前職の悪かったことを伝えるのではなく、

新しい環境で効率よく働いて成長したい!という気持ちを伝えるのが大切です。

具体的な回答事例

仕事のオンとオフを、しっかり分けられる環境で働きたいと思っています。

ダラダラと残業をするのではなく、メリハリがあった方が効率的に仕事ができると考え転職を決意しました。

転職理由2:上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった

人間関係の悩みは、第二新卒だけでなく、どの世代でも多くの方が抱えている悩みの一つです。

しかし、そのまま伝えてしまうと「人間関係で何か揉め事を起こすかもしれない」と思われてしまう可能性もあります。

佐々木
人間関係が転職理由なら、次のように伝えることをおすすめします!

人間関係が転職理由の時の回答例

回答例
  • 人間関係に悩んだ場合
    →チームで力を合わせて成果を挙げたい思いを伝える

人間関係の良い環境で働きたいという思いは、

周囲の人と協力しながら仕事をしたり、チームワークを活かして目標を達成したい気持ちの表れでもあります!

具体的な回答事例

前職は、個人の売り上げが重視される環境でした。
しかし、私自身は、同じ部署のメンバーとコミュニケーションを取りながら、一つの目標に向かって成果を挙げたいという思いが強く転職を決意しました。

転職理由3:取り扱っている商品が自信を持って売れなかった

営業職の人によくありますが、取り扱っている商品に自信が持てないことは、仕事をしていてかなり辛いことです。

ただ、商品への不満がある裏には、「もっとプライドを持って営業したい」という前向きな気持ちがあるのではないでしょうか。

佐々木
扱う商品を自信を持って勧められないことが転職理由なら、次のように伝えましょう!

取り扱っている商品が転職理由の時の回答例

回答例
  • 取り扱っている商品に悩んだ場合
    →自信を持って仕事に取り組み、スキルアップしたい思いを伝える

商品に関することが転職理由なら、商品力のせいで、自分の力を全て見せられない悔しさがあるはずです。

その責任感は高く評価されるべき部分なので、前向きに営業を頑張りたい思いを伝えましょう。

具体的な回答事例

前職で取り扱っていた製品は、競合優位性に乏しく、営業してもなかなか成果につながりませんでした。
そこで、もっと自分の営業スキルを磨くことはもちろん、顧客との信頼関係をどんどん築いていきたい思いが強くなり、転職を決意しました。

転職理由4:結果を出しているのに給与や評価が低かった

給与に対する不満は、努力や成果が報われないところから生まれるものです。

自分の働きぶりに自信があるからこそ生まれる不満で、正当に評価してくれる環境で活躍したい!という気持ちの表れと言えます。

佐々木
給与や評価に関することが転職理由なら、次のように伝えましょう!

給与や評価が転職理由の時の回答例

回答例
  • 給与や評価に悩んだ場合
    →実力主義の会社で働きたい思いを伝える

重要なのは、努力してきたことや実際の成果を面接で伝えることです。

ただ給与への不満だけを伝えると、「お金のことしか考えていない」と思われてしまう可能性があるので要注意です。

具体的な回答例

前職の会社は、年功序列の給与体系だったので、なかなか成果を実感できませんでした。
営業部の中で上位の成績を残しても、給与にはほとんど反映されないため、正直モチベーションも上がりませんでした。
私は実力主義の会社に転職して、思う存分自分の力を発揮したいと思い転職を決意しました。


佐々木
以上が、第二新卒でよくある転職理由の回答例です!
第二新卒によくある転職理由
  1. 残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった
  2. 上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった
  3. 取り扱っている商品が自信を持って売れなかった
  4. 結果を出しているのに給与や評価が低かった
ゆり
このようにネガティブな転職理由を、ポジティブに変換すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

転職理由は何かとネガティブになりがちですが、

そのままではなく、前向きな印象を与えられるようポジティブに変換して伝えましょう!

次の章では、印象の悪い転職理由についてお伝えします!

採用を遠ざける第二新卒のダメな転職理由

佐々木
次のような転職理由は、印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

悪い転職理由をきちんと理解し、自身の転職理由に使わないようにしていきましょう!

印象の悪い転職理由
  1. 楽な仕事がしたかった
  2. 残業したくなかった
  3. 土日に働くのが嫌だった
  4. 朝の満員電車が嫌だった
  5. 苦手な顧客がいた
  6. 社長と意見が合わなかった
  7. 仲の良い同僚がいなかった

これらの転職理由は、ネガティブな部分があることはもちろん、

会社のせいにしたり、言い訳が混ざっているものもあります。

実際、ネガティブな転職理由を持っている人はたくさんいますが、そのまま伝えてもなかなか内定はもらえません。

佐々木

先ほど紹介した転職理由の回答例のように、

ネガティブな部分をいかにポジティブに変換できるかが、内定をもらう鍵を握っていますよ!

次の章では、第二新卒の転職活動で内定を獲得するコツについて説明します!

第二新卒の転職活動で内定を獲得するコツ

佐々木
この章では、第二新卒の転職を成功させるためのコツについて説明します!

次の9つのコツを押さえておけば、第二新卒で転職に成功する確率がグッと高くなりますよ!

転職を成功させるコツ
  1. 転職活動の全体像を理解しておく
  2. 転職したい理由をきちんと整理する
  3. 自己分析を徹底的に行う
  4. 職務経歴書で「できること」を伝える
  5. 自分を過度に高く評価しない
  6. 転職先の社風を確認しておく
  7. 転職先が決まるまで現職は退職しない
  8. 第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する
  9. 複数の転職エージェントに登録する

それぞれ確認していきましょう。

コツ1:転職活動の全体像を理解しておく

第二新卒の方の場合、ほとんどの方が初めての転職活動になるので、全体像が分からないまま転職活動を始める人がたくさんいます。

全体像を理解していなければ、正しいタイミングで退職を切り出せなかったり、希望の時期に新しい職場で働き始められない可能性もあります。

簡単な転職活動の全体像は、次のようなイメージです。

転職活動の全体像
  1. 準備期間:1〜2ヶ月
    自己分析や情報収集など、転職活動の準備
  2. 選考期間:1〜2ヶ月
    応募や選考、早ければこの期間に内定がもらえる
  3. 退職準備:1.5〜2ヶ月
    内定をもらってから現職の退職準備および転職先の入社準備

上記のように、現職を辞めるまでは3〜6ヶ月ほどかかります。

準備と選考を同時進行で行えばスピードも上がりますが、退職を会社に伝えてからもある程度時間がかかるので注意が必要です。

佐々木
必要なタイミングで正しい行動を取れるように、転職活動の全体像は理解しておきましょう!

コツ2:転職したい理由をきちんと整理する

転職理由を整理する必要があるのは、次の3つの理由があるからです。

転職理由を整理すべき理由
  1. 前職での失敗を転職活動で活かせるから
  2. 悩みによっては転職する必要がない可能性があるから
  3. 転職理由を整理することでスッキリできる可能性があるから

しっかり転職理由を整理せず、なんとなくで転職先を決めてしまうと、今と同じような悩みで辞めたくなる恐れがあります…。

そのため、現職の何が嫌なのか、どんな環境であれば働きやすいのかなど、自分が譲れるもの・譲れないものを明確にしておきましょう!

佐々木

第二新卒は選択肢が多い分、転職先選びで失敗してしまうこともあります。

失敗を防ぐためにも、転職理由はしっかり整理してくださいね!

コツ3:自己分析を徹底的に行う

第二新卒は転職しやすいタイミングであるからこそ、自己分析をきちんと行いキャリアプランを考えて、転職先を選ぶべきです!

自己分析が出来ていなければ、自分に合わない転職先を選んでしまい、環境に馴染めなかったり、活躍できない可能性もあります…。

また、第二新卒や20代の同世代のライバルに勝ち内定を取るためには、今までの経験や仕事で得た知識・スキルをアピールする必要があります。

佐々木
自分にはどんな知識やスキルがあるのか、転職先でどう活躍できるのかを徹底的に分析してみましょう!

コツ4:職務経歴書で「できること」を伝える

第二新卒の方は、経験やキャリアが豊富ではないため、職務経歴書が「やりたいこと」中心になってしまう傾向があります。

しかし、新卒とは違うので、企業側はある程度の「できること」「やってきたこと」を求めてきます。

短い社会人期間でも、これまでやってきたこと、任されたことを職務経歴書にきちんとまとめる必要があります。

佐々木

職務経歴書で差をつけるためには、応募企業に「あなたを採用するメリットを伝えること」が重要です!

経験やスキルを踏まえてこれまでの経歴をまとめれば、他の転職者に差をつけることが可能です。

コツ5:自分を過度に高く評価しない

自分を高く評価する人もいますが、転職するなら「本当に自分に力があるのか」を見つめ直すことも大切です。

たとえば、営業成績がトップでも、取り扱っている商品は黙っていても売れるモノだったり、指導してくれた上司がかなり優秀な人だっただけの可能性もあります。

自分を高く評価し過ぎて、意気揚々と転職先に入社しても、思うような活躍ができず辛い思いをする人も実際にいます…。

佐々木

自分のことを客観的に判断するのは難しいので、

転職のプロである転職エージェントに、自分の市場価値について相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

コツ6:転職先の社風を確認しておく

転職活動では、業務内容や給料・福利厚生などの条件面ばかりに目がいき、転職先の社風を見れていない人がたくさんいます。

特に初めて転職する場合、前職の社風が当たり前と思ってしまい、文化の違いに困惑してしまう可能性もあります…。

佐々木
転職先の人間関係や社風を確かめるには、『OpneWork』を活用することをおすすめします!

コツ7:転職先が決まるまで現職は退職しない

現職を退職してから転職活動を行うと、一定期間収入がない状態になるので、貯金を切り詰めて生活していく必要があります。

もし転職先がすぐに決まられなければ、金銭的に余裕がなくなり、「どこでもいいから早く働きたい!」と焦りが生まれてしまいます。

その結果、転職先選びに失敗し、転職を繰り返してしまう人も実際にいます…

参考例として、リクナビNEXTが行った、転職活動の間でいくら使ったかを聞いたアンケート結果を紹介します。

上記の結果を見ても分かる通り、平均額は54万円となっており、転職活動にはお金がかかります。

しかも、ほとんどは転職活動に使った交通費や雑費ではなく、生活費や家賃に貯金を使っています。

佐々木

金銭的な余裕がなければ、精神的にもどんどん追い詰められます。

希望通りの転職を実現するために、現職はすぐに辞めず、余裕を持って転職活動を行いましょう!

コツ8:第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する

第二新卒だからこそ、面接で見られるポイントは次の3点です。

第二新卒が面接で見られること
  1. 仕事に対する熱意や意欲はあるか
  2. これまでの経験を踏まえて志望しているか
  3. 社会人としての基盤はできているか

この3つのポイントを意識して、採用担当者に意欲を伝えることは大切です。

そのため、面接を行う企業に関しては、業界研修はもちろん、会社のホームページを隅々までチェックしておきましょう。

その上で転職理由を考えれば、この会社でなければダメな理由と、これまでの経験を踏まえての熱意を伝えられます。

もちろん、基本的なビジネスマナーも大切です。

佐々木
細かいポイントでマイナスの印象を与えないように注意して面接に臨みましょう!

コツ9:複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを活用するなら、1社ではなく複数社に登録することをおすすめします。

複数社に登録すれば、相性の合うキャリアアドバイザーに出会える確率が上ることはもちろん、

より多くの求人を見れるので自分に合う転職先に出会える可能性も上がります!

佐々木
実際転職成功者の9割は平均3社以上の転職エージェントに登録していますよ!

佐々木
以上が、第二新卒が転職を成功させるための9つのコツです!
転職を成功させるコツ
  1. 転職活動の全体像を理解しておく
  2. 転職したい理由をきちんと整理する
  3. 自己分析を徹底的に行う
  4. 職務経歴書で「できること」を伝える
  5. 自分を過度に高く評価しない
  6. 転職先の社風を確認しておく
  7. 転職先が決まるまで現職は退職しない
  8. 第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する
  9. 複数の転職エージェントに登録する
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すればいいんですね!

佐々木

はい!

これらのコツを意識しておけば…

同じように第二新卒で転職を考えているライバルとも差がつき、有利に転職活動を進められますよ!

次の章では、第二新卒におすすめな転職エージェントについて説明します!

第二新卒の転職は、転職のプロに相談するのもおすすめ!

佐々木
この章では、第二新卒の転職に強い転職エージェントを6つ紹介します!

転職のプロからのアドバイスをもらうことで、第二新卒の転職成功率は大きく上がります!

自分に合った転職エージェントを活用して、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/

それでは、1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|マイナビエージェント

マイナビ新卒紹介
マイナビエージェントの特徴
  • 就職実績No.1
  • 第二新卒の転職実績が豊富
【公式】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントでは、大手ホワイト企業の優良案件を数多く保有しています。

新卒採用で多くの人気企業が「マイナビ」を使う背景から、20代や第二新卒の転職実績を急拡大しており

「マイナビエージェント」でしか募集を出していない最大手人気企業も多数存在します

おすすめ2|パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 業界トップクラスのサポート体制
  • 業界ごとに専門のコンサルタントが在籍
【公式】https://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

サポート体制は業界No. 1と言われており、キャリアアドバイザーが丁寧に相談にのってくれると定評があります。

そのため、第二新卒の人のような転職活動に慣れていない人からの評判が非常に高いです!

おすすめ3|リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 20万件以上の求人数を保有!
  • 累計で40万人以上の転職成功実績があり業界ではトップクラス
【公式】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

圧倒的な求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

第二新卒からハイキャリア、またITなどの専門性の高い求職者まで、幅広い層からの高い支持を得ています。

おすすめ4|DYM就職

dym就職

DYM就職の特徴
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
【公式】https://www.dshu.jp/

DYM就職は、既卒やフリーター、職歴のない方の就職・転職サポートに定評のある転職エージェントです。

未経験OKの求人も数多く保有しており、親身なサポートで就職率は96%を誇っています。

また、企業と強いパイプを持っているため、第二新卒で正社員経験がない転職者でも書類選考なしで面接を行うことも可能です。

おすすめ5|ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ既卒
ウズキャリ第二新卒の特徴
  • キャリアアドバイザー全員が元既卒・元第二新卒
  • ソフトウェア通信やサービスインフラの求人を多数保有
【公式】http://daini2.co.jp/

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒の求人に特化しており、内定率86%の高さを誇ります。

内定率が高い理由は、アドバイザー全員が元既卒・元第二新卒なので、転職希望者の気持ちに沿ってサポートしてくれるからです。

佐々木
独自の基準でブラック企業を排除しているので、転職後の内定率が低いのもおすすめのポイントです。

おすすめ6|リクらく

リクらく
リクらくの特徴
  • 20代の内定率94%
  • 未経験や第二新卒の転職に強い

【公式】http://www.rikuraku.net/
リクらくは、未経験や第二新卒の転職に強い転職エージェントで、20代の内定率は94%を誇ります。

求職者のカウンセリング実績は20,000人以上で、求人探しから入社まで徹底的にサポートしてくれます。

佐々木
未経験の業界への転職を考えている人には、リクらくがおすすめですよ!

第二新卒におすすめの転職エージェントをまとめると、次の通りです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/
ゆり
この6つが第二新卒におすすめの転職エージェントなんですね!
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

自分に合った転職エージェントを利用することで、転職成功の確率はドンと上がります!

また、転職エージェントは2~3つ併用して利用することにより、転職成功率をもっとあげることも!

エージェントを併用すべき理由
転職エージェントを複数併用すれば、より多くの求人が見れることはもちろん、自分にあったキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなります。

どの転職エージェントにも、良い評判と悪い評判はあるので…

1社に絞らず複数登録し、サポートの質や求人の特徴などを比較してみるのがいいでしょう。

実際に、転職成功者の9割は3社以上の転職エージェントに登録しています!

ゆり

なるほど!

転職成功者の9割は3社以上に登録しているんですね。

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

転職エージェントを複数登録した方が良いわけについて詳しく知りたい人は、

次の記事を参考にしてみてください!

転職エージェントは複数登録がおすすめ転職エージェントは複数登録が必須!何社も掛け持ちすべき理由&活用法を解説

次の章では、第二新卒の転職でよくある質問を紹介します!

【Q&A】第二新卒の転職でよくある質問まとめ

佐々木
この章は、第二新卒で転職を考えている人からよくある質問にお答えしていきますね!
第二新卒の転職でよくある質問
  • Q1|第二新卒で未経験の業界や職種に転職は可能ですか?
  • Q2|第二新卒で事務職に転職することはできますか?
  • Q3|第二新卒で転職エージェントを利用するメリットはありますか?

質問1|第二新卒で未経験の業界や職種に転職は可能ですか?

佐々木
第二新卒の人が未経験の業界や職種に転職することは可能です!

なぜなら第二新卒の人は、実力よりもポテンシャルで見られることが多いので、

未経験でも採用してくれる企業は多いからです。

未経験の業界や職種に転職を検討している第二新卒の人は、こちらの記事をご覧ください!

質問2|第二新卒で事務職に転職することはできますか?

佐々木
第二新卒の人が事務職に転職することは可能ですが、未経験であれば難しいです。

なぜなら事務職の転職倍率がとても高いからです。

また、経験者が優遇される職種のため、未経験であればより難しい職種といえます。

ただ、未経験でも事務職に転職した人はいるので、

事務職に転職を検討している人は、事務職に強い転職エージェントの利用をおすすめします!

質問3|第二新卒で転職エージェントを利用するメリットはありますか?

佐々木

第二新卒の人が転職エージェントを利用するメリットはありますよ!

なぜなら転職エージェントは、1人で転職活動をする転職サイトやハローワークと違い、

第二新卒の人に次のようなサポートをしてくれるからです!

転職エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉

また、30歳に近づくにつれて転職は難しくなる傾向があるので、

第二新卒という強みがある今のうちに転職をすべきです!

第二新卒で転職エージェントを利用することで、転職成功率が大きく上がるため、まずは登録して転職相談をすることをおすすめします!

第二新卒には明確で前向きな転職理由が求められる!

佐々木

今回は、第二新卒で転職を考えている人に向けて

面接官に好印象を与える転職理由の伝え方などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 第二新卒の転職には転職理由が重視される
  • 第二新卒の転職理由はポジティブに伝える必要がある
  • 転職エージェントは複数併用することにより、転職成功率をあげることができる
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いのですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    第二新卒の転職に特化
    【公式】http://daini2.co.jp/
  6. 『リクらく』
    20代の内定率80%以上
    【公式】http://www.rikuraku.net/
ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビ』と『パソナキャリア』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
第二新卒のあなたが転職に成功できることを願っています!