転職エージェントおすすめランキング13選

第二新卒の転職理由|好印象な回答例文4選&面接突破率9割の伝え方

第二新卒の転職理由|好印象な回答例文4選&面接突破率9割の伝え方

この記事でお伝えすること
  • 第二新卒の転職理由で面接官がチェックしているポイント
  • 第二新卒の転職理由・退職理由の回答例文
  • 転職理由を好印象に伝えて、内定を獲得する方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『第二新卒の面接で、転職理由は正直に話すべきなの?』

『第二新卒の人は、どんな理由で転職しているの?

と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

ゆり

人間関係と待遇に不満があって転職を考えていますが、転職理由は正直に話すべきなんですか?

第二新卒として転職したいと思っているので、なるべく早く転職先を見つけたいです。

佐々木

同じように、第二新卒で転職を考えている人は少なくありませんよ。

転職理由に関しては、ネガティブな理由を面接でそのまま伝えることはおすすめしません。

ネガティブな転職理由を持っていても、ポジティブに変換することで転職の成功確率が高まりますよ!

そこで今回は、第二新卒の転職理由の伝え方について詳しくお伝えしていきますね!

この記事を読めば、転職成功率が上がって、1ヶ月後には希望の転職先から内定を勝ち取れるかもしれませんよ!

【2019年5月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

第二新卒の転職理由で、面接官がチェックしている2つのポイント

佐々木

まず、第二新卒の転職で、面接官は「転職理由」が何であるかを重視しています。

その理由は、次の2つのポイントをチェックするためです!

チェックするポイント
  1. 前職でのマイナス点を自社では解決できるのか?
  2. またすぐに辞めてしまう人ではないか?

それぞれのポイントについて説明します。

ポイント1:前職でのマイナス点を自社では解決できるのか?

第二新卒の転職活動では、「前職で何らかの不満があって、それを解決するために次の職場を求めている人」がほとんどです。

だからこそ、採用する側も「前職の不満をうちで本当に解決できるの?」と見極めを行っています。

採用する側としても、もし不満が解消できなければ、「すぐに辞めてしまう」「研修したのが無駄だった」となるリスクもあるのです。

佐々木

自分の持っている不満が、転職先で解決できるかどうかを確かめるためにも、

自己分析をしっかり行った上で、転職理由を伝えることをおすすめします。

ポイント2:またすぐに辞めてしまう人ではないか?

「すぐに辞めてしまう人」を採用するのは、企業側としても避けたいところです。

そのため、第二新卒の転職希望者には、転職理由を志望動機と同じくらい詳しく聞いてきます。

第二新卒世代の人を求めている企業が増えているのは事実ですが、まだまだ厳しい目で見られることがあるのも事実です。

佐々木
すぐに辞める人と思われないためにも、面接では仕事に対する意欲を見せることも大切です!

佐々木
以上が、第二新卒の転職理由で、面接官がチェックしているポイントです。
チェックするポイント
  1. 前職でのマイナス点を自社では解決できるのか?
  2. またすぐに辞めてしまう人ではないか?
ゆり
前職での不満や、すぐに辞めないかをチェックしているんですね。
佐々木

そうなんです。

だからこそ、転職理由の伝え方は大事で、第二新卒の転職に成功できるかどうかの鍵を握っていますよ!

ここで知っておきたい転職理由の注意点!

第二新卒の転職者の中には…

「これから働きたい意欲をしっかり伝えれば、前職のことなんて関係ない」と考えている人もいます。

経験より将来への考え方が重要な気がする

第二新卒で転職を考えているけど、まだ若いしとにかくやる気を見せれば、面接も通るんじゃないかな。

前職は短期間で辞めたけど、また一からのスタートみたいなもんだし、前職ではそんな大きな仕事も任されてないから、ほぼ学生同然だし。年齢的にも、今までの経験よりもこれからの将来についての考え方が重要な気がするけどな。

転職相談:24歳・男性・東京都世田谷区在住

このような考えを持ったまま、第二新卒の転職活動を進めるのは危険です!

面接官が「転職理由」を重視していることをしっかり理解した上で、転職活動を行いましょう。

転職理由に関しても、なんとなく考えるのではなく、

面接官がどう思うのかを分析した上で伝えなければ、面接の通過率は上がらないでしょう。

佐々木

転職理由は、第二新卒の転職活動でかなり重要です!

しっかり伝えられるように、事前に準備をして面接に向かいましょう。

次の章では、第二新卒の転職理由で嘘をついてはいけない理由についてお伝えします。

【注意!】転職理由・退職理由で絶対に嘘をついてはいけないワケ

佐々木
転職活動において、一番やってはいけないことは「嘘をつくこと」です。

転職理由に限らず、どの場面でも嘘をつくことは絶対にダメです!

面接では様々な質問をされますが、全ての質問に対して嘘をつかずに、誠意を持って受け答えするようにしましょう。

佐々木
具体的に、嘘をつくべきでない理由は次の3つがあるからです。
嘘をつくべきでない理由
  1. 経験豊富な面接官だとすぐに嘘がバレる
  2. 偽らずマイナス面を克服する姿勢が求められる
  3. 嘘がバレると内定を取り消される可能性もある

それぞれの理由について説明します。

理由1:経験豊富な面接官だとすぐに嘘がバレる

いくら用意周到に作り話を準備しても、経験豊富な面接官であれば、すぐに嘘だと気づきます。

実際、面接中の態度や仕草で、その場限りの嘘だと気づく面接官はたくさんいます。

特に嘘を話している人は「言いよどんでしまう」「必要以上に大きな声で話をする」などの傾向があるようです。

佐々木

嘘をついたところで、面接を通過できる確率が高くなるわけではありません。

自分のためにも、嘘はつくべきではありません!

理由2:偽らずマイナス面を克服する姿勢が求められる

転職活動で、マイナスな情報を伝えることは転職者にとって不利なことと思われがちですが…

第二新卒の転職理由において、前職でのマイナスな理由や経験があることは、面接官にとって想定内のことです。

そのため、偽って本当の転職理由を隠すよりも、マイナス面を克服しようとする姿勢を見せた方が、面接官に誠意が伝わります!

佐々木
マイナス面があっても、上手く転職活動に活用するのがポイントです!

理由3:嘘がバレると内定を取り消される可能性もある

嘘の内容が、経歴詐欺や前職に解雇されていた事実を隠すなど…

入社後に企業にとって不利なことがある場合、内定を貰っても取り消されることもあります。

「どうせバレないだろう」と軽い気持ちでついた嘘が大きな事態につながることもあるので、転職理由は絶対に嘘をついてはいけません。

佐々木

内定が取り消されると、また転職活動をやり直すことになります。

また嘘がバレると、使っていた転職サービスを利用できなくなる可能性もあります…。


佐々木
以上が、転職理由で嘘をついてはいけない理由です。
嘘をつくべきでない理由
  1. 経験豊富な面接官だとすぐに嘘がバレる
  2. 偽らずマイナス面を克服する姿勢が求められる
  3. 嘘がバレると内定を取り消される可能性もある
ゆり
嘘をついても、何も良いことがありませんね…。
佐々木

おっしゃる通りです。

嘘をついて自分を良く見せようとする転職者もいますが、すぐに面接官にバレるので要注意です!

次の章では、第二新卒の転職理由の回答例をお伝えしていきます。

第二新卒の転職理由・退職理由の回答例文4選|失敗・成功の事例に学ぶ!

佐々木
次に、第二新卒の転職理由の回答例を紹介します。

嘘をつくのはダメですが、ネガティブな転職理由をそのまま伝えるのも良くありません。

ここでは、第二新卒でよくある転職理由を4つピックアップし、ネガティブな転職理由をポジティブに変換した回答例を紹介します。

第二新卒によくある転職理由
  1. 残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった
  2. 上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった
  3. 取り扱っている商品が自信を持って売れなかった
  4. 結果を出しているのに給与や評価が低かった

それぞれ詳しく説明します。

転職理由1:残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった

残業や休日出勤が多ければ、ゆっくり休める時間もなく、

体力的に辛いことはもちろん、精神的にもどんどん辛くなってきますよね…。

佐々木

残業や休日出勤が転職理由なら、次のように伝えることをおすすめします!

残業や休日出勤が転職理由の時の回答例

回答例
  • 残業や休日出勤に悩んだ場合
    →仕事のオンとオフを分けられる環境で働きたい思いを伝える

残業や休日出勤に悩んでも、前職の悪かったことを伝えるのではなく、

新しい環境で効率よく働いて成長したい!という気持ちを伝えるのが大切です。

具体的な回答事例

仕事のオンとオフを、しっかり分けられる環境で働きたいと思っています。ダラダラと残業をするのではなく、メリハリがあった方が効率的に仕事ができると考え転職を決意しました。

転職理由2:上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった

人間関係の悩みは、第二新卒だけでなく、どの世代でも多くの方が抱えている悩みの一つです。

しかし、そのまま伝えてしまうと「人間関係で何か揉め事を起こすかもしれない」と思われてしまう可能性もあります。

佐々木
人間関係が転職理由なら、次のように伝えることをおすすめします!

人間関係が転職理由の時の回答例

回答例
  • 人間関係に悩んだ場合
    →チームで力を合わせて成果を挙げたい思いを伝える

人間関係の良い環境で働きたいという思いは、

周囲の人と協力しながら仕事をしたり、チームワークを活かして目標を達成したい気持ちの表れでもあります!

具体的な回答事例

前職は、個人の売り上げが重視される環境でした。しかし、私自身は、同じ部署のメンバーとコミュニケーションを取りながら、一つの目標に向かって成果を挙げたいという思いが強く転職を決意しました。

転職理由3:取り扱っている商品が自信を持って売れなかった

営業職の人によくありますが、取り扱っている商品に自信が持てないことは、仕事をしていてかなり辛いことです。

ただ、商品への不満がある裏には、「もっとプライドを持って営業したい」という前向きな気持ちがあるのではないでしょうか。

佐々木
扱う商品を自信を持って勧められないことが転職理由なら、次のように伝えましょう!

取り扱っている商品が転職理由の時の回答例

回答例
  • 取り扱っている商品に悩んだ場合
    →自信を持って仕事に取り組み、スキルアップしたい思いを伝える

商品に関することが転職理由なら、商品力のせいで、自分の力を全て見せられない悔しさがあるはずです。

その責任感は高く評価されるべき部分なので、前向きに営業を頑張りたい思いを伝えましょう。

具体的な回答事例

前職で取り扱っていた製品は、競合優位性に乏しく、営業してもなかなか成果につながりませんでした。そこで、もっと自分の営業スキルを磨くことはもちろん、顧客との信頼関係をどんどん築いていきたい思いが強くなり、転職を決意しました。

転職理由4:結果を出しているのに給与や評価が低かった

給与に対する不満は、努力や成果が報われないところから生まれるものです。

自分の働きぶりに自信があるからこそ生まれる不満で、正当に評価してくれる環境で活躍したい!という気持ちの表れと言えます。

佐々木
給与や評価に関することが転職理由なら、次のように伝えましょう!

給与や評価が転職理由の時の回答例

回答例
  • 給与や評価に悩んだ場合
    →実力主義の会社で働きたい思いを伝える

重要なのは、努力してきたことや実際の成果を面接で伝えることです。

ただ給与への不満だけを伝えると、「お金のことしか考えていない」と思われてしまう可能性があるので要注意です。

具体的な回答例

前職の会社は、年功序列の給与体系だったので、なかなか成果を実感できませんでした。営業部の中で上位の成績を残しても、給与にはほとんど反映されないため、正直モチベーションも上がりませんでした。私は実力主義の会社に転職して、思う存分自分の力を発揮したいと思い転職を決意しました。


佐々木
以上が、第二新卒でよくある転職理由の回答例です!
第二新卒によくある転職理由
  1. 残業や休日出勤が多くて体力的に辛かった
  2. 上司との相性や同僚との人間関係が合わなかった
  3. 取り扱っている商品が自信を持って売れなかった
  4. 結果を出しているのに給与や評価が低かった
ゆり
このようにネガティブな転職理由を、ポジティブに変換すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

転職理由は何かとネガティブになりがちですが、

そのままではなく、前向きな印象を与えられるようポジティブに変換して伝えましょう!

NGな転職理由|印象の悪い回答例

佐々木
次のような転職理由は、印象が悪くなってしまうので注意しましょう。
印象の悪い転職理由
  1. 楽な仕事がしたかった
  2. 残業したくなかった
  3. 土日に働くのが嫌だった
  4. 朝の満員電車が嫌だった
  5. 苦手な顧客がいた
  6. 社長と意見が合わなかった
  7. 仲の良い同僚がいなかった

これらの転職理由は、ネガティブな部分があることはもちろん、

会社のせいにしたり、言い訳が混ざっているものもあります。

実際、ネガティブな転職理由を持っている人はたくさんいますが、そのまま伝えてもなかなか内定はもらえません。

佐々木

先ほど紹介した転職理由の回答例のように、

ネガティブな部分をいかにポジティブに変換できるかが、内定をもらう鍵を握っていますよ!

次の章では、転職理由を好印象に伝えるための3つのステップについてお伝えします。

転職理由を好印象に伝えて、内定を獲得するための3ステップ

佐々木

転職理由を伝える時に最も大切なのは…

「転職理由」と「志望動機」に一貫性があることです!

転職理由と志望動機が繋がっていれば、面接官に好印象を与えられます。

反対に、転職理由と志望動機がかけ離れていれば…

「その不満はうちの会社でなくても解決できるのでは?」と思われてしまうこともあります。

佐々木

転職理由をポジティブに伝えることも大切ですが、

それ以上に、自己分析を徹底的に行い、一貫性のある志望動機を作成することも重要です!

ゆり
なるほど!

転職理由だけでなく、志望動機も重要なんですね!

佐々木

はい!

具体的に、一貫性のある転職理由と志望動機を考える方法をお伝えしますね!

一貫性のある転職理由と志望動機は、次の3つのステップを踏んで考えてみましょう。

転職理由と志望動機を考える3ステップ
  1. 自己分析を徹底する
  2. 新卒入社時の志望動機に合わせて、今の不満をポジティブに変換する
  3. 転職理由を応募先の志望動機につなげる

それぞれのステップについて説明します。

ステップ1:自己分析を徹底する

自己分析は、転職活動でかなり重要なことですが、転職理由や志望動機を考える上で、まずは入社時のことを思い出してみてください。

転職したい人の心境を深掘りすると、「入社時に抱いていた理想や目標を叶えられないから」という人がたくさんいます。

入社時を思い返すと、新しい仕事が始まるワクワク感が少なからずあったはずです。

佐々木

入社時に持っていたポジティブな希望こそ、転職理由の裏返しとも言えます!

徹底的に自己分析を行い、過去の自分と今の自分について見つめ直してみましょう。

ステップ2:新卒入社時の志望動機に合わせて、今の不満をポジティブに変換する

入社時の理想や目標を思い返すことができれば…

「前職では自分の希望を叶えられないため」「自分の理想としている環境で働きたい」など、ポジティブな一面が見えてきます。

さらに深掘りして、前職で希望を叶えられない原因を導き出してみましょう。

面接で、希望を叶えられない原因まで説明できれば、転職したい意欲がより伝わることはもちろん、説得感が増します。

佐々木
このステップまでくれば、転職理由はポジティブに変換できているはずです!

ステップ3:転職理由を応募先の志望動機につなげる

最後のステップでは、転職理由と志望動機をつなげていきます。

「なぜその企業で働きたいのか」をステップ1、ステップ2で考えた転職理由をもとに、紐づけていきましょう。

応募した企業には、他にはない魅力を感じてエントリーしたはずです。

前職になくて応募先にある魅力を考えると、より志望動機を考えやすいです。

佐々木

転職理由と志望動機に一貫性があれば、仕事に対する前向きな姿勢を伝えられます!

内定をもらうために非常に重要なことなので、徹底的に自分と向き合い考えてみましょう。


佐々木
以上が、一貫性のある転職理由と志望動機を考えるための3つのステップです。
転職理由と志望動機を考える3ステップ
  1. 自己分析を徹底する
  2. 新卒入社時の志望動機に合わせて、今の不満をポジティブに変換する
  3. 転職理由を応募先の志望動機につなげる
ゆり

この3ステップを踏んで、転職理由と志望動機を考えれば良いんですね!

佐々木

はい!

この3つのステップを踏めば、たとえネガティブな転職理由を持っていても、

嘘をつくことなくポジティブな印象を伝えられ、内定をもらえる確率がグッと高くなります!

また、現職が忙しい方や自分で転職理由や志望動機を考えるのに苦労しそうな人は…

「転職エージェント」のサポートを受けることをおすすめします!

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的に、自己分析や転職理由に関する相談以外にも、主に次の6点をサポートしてくれます。

転職エージェントのサポート内容

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!なので転職エージェントを使えば、

担当者のサポートを受けながら、効率よく転職先を見つけることができますよ!

次の章では、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

第二新卒におすすめの転職エージェント5選

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは、次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビエージェント』と『パソナキャリア』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木

そうですね!最低でもマイナビとパソナキャリアですね!

実際、第二新卒で転職に成功した人のほとんどは、転職エージェントを利用しているので、

転職したいと悩んでいるなら、まずは登録して相談してみてはいかがでしょうか。

第二新卒によくある転職理由・退職理由一覧

佐々木

それでは最後に、これまでの私の経験をもとに…

第二新卒のよくある転職理由を一覧でまとめて紹介します!

第二新卒によくある転職理由一覧
  • 会社の雰囲気に馴染めなかった
  • 上司との人間関係が良くない
  • 入社前に聞いていた仕事内容と違った
  • 新卒の就活に失敗し、元々短期間で辞めるつもりだった
  • ノルマに追われることに強いストレスを感じた
  • 教育体制が整っていない環境だった
  • 残業が長くプライベートの時間がない
  • 給与や福利厚生の条件に不満がある
  • 任されている仕事にやりがいを感じない
  • セクハラやパワハラを受けている

このような転職理由を持っている第二新卒の人も、転職エージェントを上手く活用することで、

転職前に持っていた悩みを解消し、理想の環境を見つけて転職に成功した人がたくさんいます!

佐々木

少しでも悩んでいるなら、“転職のきっかけ”を得るためにも、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

悩みを抱えながら仕事を続けることは、非常に辛いことであり、無理をすると身体を壊してしまうこともあります…。

自分のためにも、少しでも早く行動することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

第二新卒には明確で前向きな転職理由が求められる!

佐々木

今回は、第二新卒の転職理由についてお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

まとめ
  • 第二新卒の転職で、面接官は転職理由を重視している
  • 第二新卒の転職で絶対やってはいけないことは「嘘をつくこと」
  • ネガティブな転職理由はポジティブに変換して伝えるべき
  • 転職理由と志望動機に一貫性があれば好印象を与えられる
  • 転職の成功率を上げるなら転職エージェントを活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いというわけですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり
これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、どれに登録すべきか迷いますね…

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
はい!転職に成功できることを願っています!