マーケティング職に強い転職エージェント8選|選び方のポイント&成功のコツ

マーケティング職に強い転職エージェント8選|選び方のポイント&成功のコツ

この記事では、「マーケティング職に転職したい!」という人に向けて、

『マーケティング職に強い転職エージェント』や『マーケティング業界の転職市場』などをお伝えしていきます!

転職先を探すなら、マーケティング職の転職に強く、評判の良い転職エージェントを利用したいですよね!

この記事を読めば、マーケティング職への転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

この記事がおすすめな人
  • マーケティング職に強い転職エージェントが知りたい
  • マーケティング職への転職を成功させる方法を教えてほしい
  • マーケティング職の転職市場が知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

【専門分野別】マーケティング職に強い転職エージェント8選

佐々木
早速、マーケティング職におすすめの転職エージェントを紹介していきます!

自分に合った転職エージェントを利用することで、転職成功率が大きく上がりますよ!

マーケティング職への転職におすすめ

【マーケティング特化型】

  1. 『マーケティング転職.com』
    「JACリクルートメント」が運営するマーケティング特化エージェント
    【公式】http://www.marketing-jac.com/
  2. 『エリートネットワーク』
    マーケティング関連の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.elite-network.co.jp/

【Webマーケティング特化型】

  1. 『マスメディアン』
    web業界の転職支援実績No.1クラス
    【公式】https://www.massmedian.co.jp/
  2. 『Geekly』
    Web・IT・ゲーム業界に特化
    【公式】https://www.geekly.co.jp/

【年収・キャリアUPしたい人向け】

  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ISSコンサルティング』
    ハイレイヤー層向けの転職エージェント
    【公式】https://www.isssc.com

【総合型】

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

それでは、順番に見ていきましょう!

マーケティング特化型 おすすめ1|マーケティング転職.com

マーケティング転職.comの画像
マーケティング転職.comの特徴
  • マーケティングの求人に特化
  • 無料で転職コンサルティングをしてくれる

【公式】http://www.marketing-jac.com/

マーケティング転職.comはJACリクルートメントが運営する、マーケティング職に特化した転職エージェントです!

他のエージェントには無い、マーケティングに特化した転職相談サポートや、コンサルティングなどを無料で受けれるので、

マーケターを目指す人は登録しておくことをおすすめします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

マーケティング特化型 おすすめ2|エリートネットワーク

エリートネットワークの画像
エリートネットワークの特徴
  • マーケティング関連の非公開求人が豊富
  • 従業員の大多数がリクルート出身

【公式】https://www.elite-network.co.jp/

エリートネットワークは、マーケティング関連の求人が多く、また質の高い未公開求人も数多く取り扱っています。

従業員のほとんどがリクルート出身なので、人脈も広くエリートネットワークならではの求人に出会えるのも特徴の1つです。

比較的にハイキャリアの求人が多いので、マーケティング未経験の人は他のエージェントとの併用をおすすめします!

年間2万人の就職支援実績!

Webマーケティング特化型 おすすめ1|マスメディアン

マスメディアンの画像
マスメディアンの特徴
  • web業界の転職支援実績No.1クラス
  • 株式会社宣伝会議のグループ会社

【公式】https://www.massmedian.co.jp/

マスメディアンはwebの転職支援実績No.1クラスの転職エージェントです!

また、マーケティングの専門誌「宣伝会議」を運営する株式会社宣伝会議のグループ会社でもあるので、マーケティング職の転職にも強く、

実際に業界経験者約2万人が登録、紹介実績企業は約4000社にも及びます。

それに加え、利用地域も東京・大阪・名古屋・福岡・金沢と幅広く対応しており、地域に住んでいる人でも手軽に利用ができます!

Webマーケティング特化型 おすすめ2|Geekly

ギークリー
Geeklyの特徴
  • Web・IT・ゲーム業界に特化
  • 転職サポートに定評がある

【公式】https://www.geekly.co.jp/

Geeklyは、Web領域の転職に特化した転職エージェントです。

また、Geeklyはサポート重視のため、未経験者にはとてもおすすめできる転職エージェントです。

そのため、webマーケティング職が未経験の人でも安心して利用ができます!

年収・キャリアUPをしたい人向け おすすめ1|JACリクルートメント

jacリクルートメント
JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万〜1,200万円の外資系転職の実績はトップクラス
  • キャリアアドバイザーが法人営業も兼務しているため、サポートの質も高い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、ロンドン発祥の日系転職エージェントで、イギリスとドイツ、アジア8カ国に広がる独自のグローバルネットワークを持ちます。

グローバルな転職実績は国内No.1の規模で、年収600万〜1,200万円のマーケティング求人も取り扱っています!

年収・キャリアUPをしたい人向け おすすめ2|ISSコンサルティング

ISSコンサルティングの画像
ISSコンサルティングの特徴
  • ハイレイヤー層向けの転職エージェント
  • マーケティング・ファイナンス・人事求人に特化

【公式】https://www.isssc.com

ISSコンサルティングはエグゼクティブ層の転職サポートを得意としています。

職種としては、マーケティング・ファイナンス・人事求人に特化しており、他のエージェントには無い非公開求人も数多く扱っています。

実際に各業界で活躍した人たちがキャリアアドバイザーとして付いてくれるので、ハイクラスな転職ができる可能性が高いんです!

総合化型 おすすめ1|リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人が多数
【公式】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界No.1の総合転職エージェントで、マーケターを目指す転職者全員におすすめです。

2019年時点では非公開求人が55,000件以上あり、他社には無いようなマーケティング職の求人も存在します!

また、年齢の若い人だけでなく幅広い年代の人におすすめできます。

求人の選択肢をできるだけ多く広げるためには必須の総合型転職エージェントです。

総合化型 おすすめ2|マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式
マイナビエージェントの特徴
  1. 20代・30代の就職実績No.1
  2. ホワイト企業の優良案件を数多く保有
【公式】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、総合型の中でも20・30代や第二新卒の転職実績を急拡大していて、転職サポートは業界No. 1です。

マイナビエージェントでしか募集を出していないホワイト企業の求人を保有しているのも特徴です。

また、マーケティング業界で未経験OKの求人も保有しており、マーケターを目指す20・30代の人におすすめの総合型転職エージェントです。


マーケティング職への転職でおすすめのエージェントをまとめると、次の通りです!

マーケティング職への転職におすすめ

【マーケティング特化型】

  1. 『マーケティング転職.com』
    「JACリクルートメント」が運営するマーケティング特化エージェント
    【公式】http://www.marketing-jac.com/
  2. 『エリートネットワーク』
    マーケティング関連の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.elite-network.co.jp/

【Webマーケティング特化型】

  1. 『マスメディアン』
    web業界の転職支援実績No.1クラス
    【公式】https://www.massmedian.co.jp/
  2. 『Geekly』
    Web・IT・ゲーム業界に特化
    【公式】https://www.geekly.co.jp/

【年収・キャリアUPをしたい人向け】

  1. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ISSコンサルティング』
    ハイレイヤー層向けの転職エージェント
    【公式】https://www.isssc.com

【総合型】

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「マーケティング転職.com」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、

様々な担当者・求人を比較検討することで、転職成功率がグッと上がりますよ!

次に、転職エージェントの登録に失敗しないために知っておくべきポイントを紹介します!

転職エージェントの登録に失敗しないために知っておくべきポイント

佐々木
ここでは、転職エージェントの登録に失敗しないために知っておくべきポイントをお伝えします!

転職エージェントの特性を知っておくことで、自分に合った転職エージェントを選べるようになりますよ!

知っておくべきポイント
  1. 同じ転職エージェントでも担当者によってレベルが異なる
  2. 担当者ごとに得意分野が異なる
  3. マーケティング特化型と総合型の転職エージェントを併用する

1つずつ見ていきましょう!

ポイント1|同じ転職エージェントでも担当者によってレベルが異なる

転職エージェントは会社ごとに選ぶ人が多いですが、実際は同じ転職エージェント内でも担当者によって大きくレベルが異なります!

なぜなら、転職エージェント内でも経験が浅い人もいれば、ベテランの人や前職での経験から1つの業界に詳しい人もいるからです。

レベルの高い人と出会うためには、担当者の経験年数これまでの職歴を聞くことをオススメします!

このように、経験値の違いや知識の深さは人によって違うので、自分が求める情報を持っている担当者に出会えるかが重要になります!

ポイント2|担当者ごとに得意分野が異なる

担当者ごとにレベルが異なるように、得意分野に関しても担当者ごとに異なります!

業界に特化している人や、職種に特化している人、選考対策が得意な人など、得意の範囲も人それぞれです。

そのため、担当者によっては自分が求めている知識が浅い場合もあるので、

自分に合った担当者と出会うためにも複数の転職エージェントを利用することをオススメします!

ポイント3|マーケティング特化型と総合型の転職エージェントを併用する

マーケティング職志望の人が転職エージェントを選ぶときは、「マーケティング特化型」「総合型」を併用するのがポイントです!

なぜなら、この2種類の転職エージェントは、それぞれ”強み””得意な領域”が異なり、

両方に登録することで、効率よく転職エージェントを活用できるからです。

転職エージェントの種類
  • 「マーケティング特化型」
    求人数は少なめだが、マーケティング職に特化した知識とアドバイザーが魅力
  • 「総合型」
    業種業界を問わず大量の求人案件を保有しており、転職できる範囲が広がる

次のようなイメージを持っていると、それぞれの転職エージェントを上手に活用できます!

転職エージェントに複数登録するべき理由

このように、転職エージェントにはそれぞれの強みがあるので、両方の特徴を最大限活かすためには、

『マーケティング特化型』と 『総合型』の両方で求人案件を探しつつ、『マーケティング特化型』で情報収集や面接対策を行うのがおすすめです!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、転職エージェントを使う際に知っておくべきポイントをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

知っておくべきポイント
  1. 同じ転職エージェントでも担当者によってレベルが異なる
  2. 担当者ごとに得意分野が異なる
  3. マーケティング特化型と総合型の転職エージェントを併用する
転職希望者のゆり
ゆり
転職エージェントは、担当者ごとにレベルが違うんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

転職エージェントの会社だけでなく、担当者も重視することが大切です!

自分に合った転職エージェントを利用すれば、担当者とのマッチング率も高くなりますよ!

次の章では、マーケティング職の転職市場について詳しく説明します!

求人数は毎年増加!知っておくべきマーケティング職の転職市場

佐々木
この章では、マーケティング職の転職市場について説明します!

マーケティング職への転職を考えている人は、次の市場動向を知っておくことで、有利に転職活動が行えますよ!

マーケティング職の転職市場動向
  1. マーケティング職の求人数は増加傾向にある
  2. マーケティング職は求められる能力が高い
  3. 専門的な業務は非公開求人で募集される
  4. マーケティング職は資格を持っていた方が有利

それでは、順番に見ていきましょう!

市場動向1|マーケティング職の求人数は増加傾向にある

近年、新商品や新サービスを普及させるためにマーケティングの力が欠かせないので、新たな人員が必要になり求人数が増加傾向にあります。

なぜなら、ネット環境やSNSが普及したことで、Webマーケティングの需要が増えているからです。

以前は、マーケティング職自体が経験者向けの職種でしたが、Webマーケティングは経験者が少ないことから未経験でも転職できる企業が増えていますよ!

佐々木
未経験からマーケターを目指す場合は、

Geeklyやマイナビのような未経験転職に強いエージェントの利用がおすすめです!

未経験転職に強いエージェント
  1. 『Geekly』
    Web・IT・ゲーム業界に特化
    【公式】https://www.geekly.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    キャリアアドバイザーの質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

市場動向2|マーケティング職は求められる能力が高い

マーケティング職は会社の売り上げに直結するポジションなので、もともと求められる能力が高いです。

また、マーケティング職は非常に人気の高い職業のため、求人数は増えているものの、求職者も多いため依然として倍率が高いです。

そのため、条件に合っていない人であれば決して採用されず、前職がマーケターであっても転職先の条件に合っていなければ落とされることも…。

最近では、マーケティングの求人の中に外資系の求人も数多くあるため、英語ができる人は転職成功の可能性が高くなります!

佐々木
企業の求める人物像を細かく読み取り、転職活動をしていきましょう!

市場動向3|専門的な業務は非公開求人で募集

マーケティング職は多くの非公開求人が存在することでも有名です。

なぜなら、求人を公開してしまうと、ライバル会社に今進めている事業プランがバレてしまう可能性があるからです。

このようなリスクを減らすためにも、企業側は非公開求人を利用し求職者を募集しています。

非公開求人は、転職エージェントに登録することで知ることが出来るので、

マーケティング職に転職を考えている人は、非公開求人を持っているエージェントの登録をおすすめします!

佐々木
リクルート、エリートネットワーク、ISSコンサルティングは非公開求人を数多くもつエージェントですよ!
非公開求人が多いエージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『エリートネットワーク』
    マーケティング関連の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.elite-network.co.jp/
  3. 『ISSコンサルティング』
    ハイレイヤー層向けの転職エージェント
    【公式】https://www.isssc.com

市場動向4|マーケティング職は資格を持っていた方が有利

マーケティング職は求められる能力が高い職業なので、資格を持っていた方が有利に転職活動を進められます。

特に、実績がないマーケターや未経験からマーケティング職につきたい人ほど、信用に繋がるため資格を取っておいた方が良いです。

マーケターがとっておいた方が良い資格は次のようなものがあります!

マーケターにおすすめの資格

◎未経験者におすすめ

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • マーケティング検定
  • ネットマーケティング検定

◎webマーケにおすすめ

  • webアナリスト検定
  • GAIQ
  • IMA検定
  • ネットショップ検定

◎経験者におすすめ

  • 統計検定
  • データ解析士
  • ウェブ解析士
佐々木
資格を持っておくと、転職後の働き方も変わってくるのでとっておいて損はないですよ!

マーケティング職の転職市場動向をまとめると、次の通りです!

マーケティング職の転職市場動向
  1. マーケティング職の求人数は増加傾向にある
  2. マーケティング職は求められる能力が高い
  3. 専門的な業務は非公開求人で募集される
  4. マーケティング職は資格を持っていた方が有利
ゆり
マーケティング職の転職市場は、このような傾向なんですね!
佐々木
はい、その通りです!

マーケティング職への転職は難易度が高めなので、事前に調査や準備をしておくことが大切です!

後悔しない転職活動をするためにも、市場の分析は徹底的にしておきましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、マーケティング職の転職価値についてお伝えします!

マーケティング職への転職価値とは?今後のキャリアへの活かし方

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、マーケティング職の転職価値について説明します!

今後のキャリアへの活かし方を知ることで、長期的なキャリアプランも考えやすくなりますよ!

マーケティング職の転職価値
  1. 他業種への転職にも有利
  2. 様々な市場感を得られる
  3. フリーランスにもなれる

1つずつ見ていきましょう!

価値1|他業種への転職にも有利

マーケティング職を経験することで、幅広いスキルが身に付くため今後の転職にも有利になります!

具体的には、次のようなスキルが身に付きます。

マーケティング職で身に付くスキル
  • 情報収集力
  • データ分析力
  • 企画力
  • コミュニケーション能力・調整力
  • トレンド把握力
  • プレゼン力

マーケティング職は、企画から販売・広告までが一連の仕事になるため、実践を繰り返して幅広いスキルが身に付きます!

これらの経験は、自分の市場価値を高めることが出来るだけでなく、次の転職時にも有利に働きますよ!

価値2|様々な市場感を得られる

マーケティング職では、商品ごとに市場調査を行うため、様々な業界の市場感を得られます!

市場調査を行う中で、市場の動きを数値を用いて分析したり、トレンドを読む力も身に付くため、社会で重宝されるスキルも身に付きます。

このスキルは、自分が転職先を決める時に役立つだけでなく、ヒット商品を生み出すために企業で重要な役割を果たすことも出来ますよ!

価値3|フリーランスにもなれる

Webマーケティングは近年主流になったマーケティングということもあり、エンジニアやWebデザイナーよりも活躍しやすいです!

そのため、ある程度のレベルになれば、フリーランスでも活躍出来ます!

近年、マーケターの需要は高まっており、企業から個人のサービスまで幅広く利用されているので、自分のスキルに合わせて仕事が出来るでしょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、マーケティング職の転職価値についてお伝えしました!

まとめると次の通りです。

マーケティング職の転職価値
  1. 他業種への転職にも有利
  2. 様々な市場感を得られる
  3. フリーランスにもなれる
転職希望者のゆり
ゆり
マーケティング職は、将来的にも有利になる職種なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

マーケティング職のスキルは、どんな仕事にも活かせる内容なので、今後のスキルアップにも繋がりますよ!

次の章では、マーケティング職への転職を成功させるコツについて説明します!

マーケティング職への転職を成功させる転職エージェントの活用方法

佐々木
それでは、マーケティング職への転職を成功させる転職エージェントの活用方法をお伝えします!

これから紹介する3つのポイントを抑えておけば、より有利に転職活動を進められますよ!

転職エージェントの活用法
  1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法1
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法2|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

活用法2
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法3|口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法3
口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

ゆり
転職エージェントへ登録した後も、自分から積極的に動いていく必要があるんですね!
佐々木
そうですね!転職を成功させるためにも1つずつやっていきましょう。

それではもう一度、活用方法をまとめておきますね。

転職エージェントの活用法
    1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する
    佐々木
    これらの活用方法を知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    また、「そもそも転職エージェントって何?なんで無料なの?」「転職エージェントに登録した後の利用の流れは?」と疑問がある人はこちらの記事を見てみてくださいね。

    図解で完全理解!転職エージェントの全て図解で完全理解!転職エージェントの全て

    マーケティング職に強い転職エージェントを賢く活用して、転職を成功させよう

    佐々木
    今回は、マーケティング職に強い転職エージェントについてお伝えしてきました!

    まとめると、次の通りです!

    まとめ
    • マーケティング職への転職は、特化型と総合型のエージェントを使うべき
    • 複数登録することで相性の良い担当者に出会える
    • マーケティング職は転職難易度が高め
    転職希望者のゆり
    ゆり
    ありがとうございます!

    マーケティング職への転職について知ることが出来ました!

    佐々木
    それは良かったです!

    最後にもう一度、転職エージェントをまとめておきますね!

    マーケティング職への転職におすすめ

    【マーケティング特化型】

    1. 『マーケティング転職.com』
      「JACリクルートメント」が運営するマーケティング特化エージェント
      【公式】http://www.marketing-jac.com/
    2. 『エリートネットワーク』
      マーケティング関連の非公開求人が豊富
      【公式】https://www.elite-network.co.jp/

    【Webマーケティング特化型】

    1. 『マスメディアン』
      web業界の転職支援実績No.1クラス
      【公式】https://www.massmedian.co.jp/
    2. 『Geekly』
      Web・IT・ゲーム業界に特化
      【公式】https://www.geekly.co.jp/

    【年収・キャリアUPをしたい人向け】

    1. 『JACリクルートメント』
      キャリアアップを目指すハイキャリア向け
      【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    2. 『ISSコンサルティング』
      ハイレイヤー層向けの転職エージェント
      【公式】https://www.isssc.com

    【総合型】

    1. 『リクルートエージェント』
      求人数が転職業界No. 1
      【公式】https://www.r-agent.com/
    2. 『マイナビエージェント』
      キャリアアドバイザーの質が高い
      【公式】https://mynavi-agent.jp/
    ゆり
    早速登録して、転職活動を始めてみます!
    佐々木
    はい!

    マーケティング職への転職を目指す皆さんが、転職に成功できることを応援しています!