ジャスネットキャリアの評判は?独自取材と口コミ分析から評価を検証

ジャスネットキャリア

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

人物紹介
  • 右=安島洋平(あじまようへい):ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 コーポレートコミュニケーション部長
  • 真ん中=小山満也(おやまみちなり):ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 紹介事業部長
  • 左=野本誠矢(のもとせいや):転職nendo運営メンバー

この記事では、ジャスネットキャリアにインタビューして分かった

ジャスネットキャリアのメリットやデメリット、利用がおすすめな人を紹介していきます!

この記事を読めば、自分がジャスネットキャリアに登録すべきかどうかが分かりますよ!

この記事がおすすめな人
  • ジャスネットキャリアの評判が気になる人
  • 経理・財務、公認会計士、税理士などの転職を考えている人
  • 自分がジャスネットキャリアに登録すべきか分からない人

そもそもジャスネットキャリアってどんな転職エージェント

野本
そもそもジャスネットキャリアがどのような転職エージェントなのか教えていただきたいです!
小山さん

はい。

ジャスネットキャリアは公認会計士、税理士、経理に特化した転職エージェントです。

また正社員だけでなく、派遣やパート、業務委託や在宅勤務など雇用形態に関して幅広い求人案件を保有しています。

野本
ありがとうございます!

会計士や税理士、経理に特化した転職エージェントなんですね!

また、会計士や経理に特化した転職エージェントでは国内最大規模で、公開されている求人数も2700件以上ある転職エージェントです!

ジャスネットキャリアを使うメリット・強みは?

ジャスネットキャリア
野本
次に、「ジャスネットキャリアを使うメリット」「ジャスネットキャリアの強み」を教えていただきたいです。
安島さん

ジャスネットキャリアの強みは、転職希望者に本当に合った転職先を提案することです。

というのも、実際の転職面接に同席することが多いので、色々とアドバイスをするんです。

野本
え、面接に同席するんですか!
安島さん

そうです。

そこでもし、転職希望者と面接先の企業が合っていないと感じたら、転職希望者にその事実を伝えます。

転職希望者のキャリアを考えると、合う企業に転職してもらった方が良いですからね。

野本
なるほど…!

確かに正直に合っていないと伝えた方が、企業と転職希望者のためになりますよね…!

小山さん

そうです。なので、ミスマッチが起きない選択を取っています。

また、経理部門の責任者の声を直接聞いていることも強みですね。

私たちは経理部などの現場の声を直接聞いているため、企業の人事だけでなく、現場の経理部が求めている人を把握しています。

そのため、企業の求める人材が具体的に理解できており、未経験職種への転職希望者に対しても具体的に求人紹介ができるんです。

野本
なるほど。

多数の職種や求人を抱えている大手転職エージェントよりも、現場が求めている人の情報を直接聞けるんですね!

他にも、ジャスネットキャリアでは公認会計士の転職に特化しており、下記のようなサービスも運営していることから計士の転職に力を入れていることが分かります。

Accountant's magazine

若手会計士が先輩会計士に気軽にキャリアの悩みを相談できるサービス

ジャスネットキャリアの働き方診断

公認会計士の働き方診断

ここでジャスネットキャリアの強みをまとめてみると、次の通りです!

ジャスネットキャリアの強み
  1. 転職希望者に本当に合った転職先を提案すること
  2. 現場の求めている事を直接聞いている
  3. 公認会計士の転職に特化している
野本

また、ジャスネットキャリアの強みだけではなく、弱みについても取材してきました!

次の章でお伝えしていきますね!

ジャスネットキャリアのデメリット・弱みも取材しました!

ジャスネットキャリア
野本
また、もし可能であればでいいのですが、「ジャスネットキャリアリアの弱み」も教えていただけますか…?
安島さん

はい、もちろんお伝えしますよ(笑)

ジャスネットキャリアの弱みは、拠点が都市部にしかないことですね。

野本
都市部にしか拠点がないんですね。

拠点から遠い地域に住んでいる人は利用が難しいのですか?

安島さん

いえ、電話やSkypeでの面談も対応しているので、基本的にどの地域の方も面談が可能です。

拠点の補足情報

実際に調べたところ、ジャスネットキャリアの拠点は東京、関西、名古屋の3つしかありません。

そのため、忙しい人や遠方の人は、電話やSkypeでの面談を利用することをおすすめします!

またジャスネットキャリアでは、転職の熱意を伝えやすい『直接応募求人』も保有しており、転職エージェントを介さずに企業に応募することができます。

税理士法人や会計事務所の求人案件を中心に、直接応募できる正社員パート案件もあるので、拠点に行くことが難しい人は直接応募求人に応募してみることもおすすめです。

安島さん

それと、完全に未経験の人の場合、転職先の紹介が少ないことも弱みと言えますかね。

ただ、ジャスネットキャリアは教育制度が充実しているため、登録後に簿記3級~2級のWEB講座を無料で受けることができます。

野本
資格の講座が無料で受けられるってすごいですね!

資格の勉強を進めつつ転職活動も同時に行えるのなら、未経験の人でも転職成功率が上がりそうですね!

実のところジャスネットキャリアは、転職の入口の「人材紹介」以外にも、スキルアップ・在宅ワーク・独立などのライフサポートまで幅広く行っています。

その一環として、スキルアップのための資格講座が無料で受けられるようです。

それではここで、ジャスネットキャリアのデメリット、弱みをまとめていきますね。

ジャスネットキャリアの弱み
  1. 拠点が都市部にしかない
  2. 一定のスキルや経験が必要なため、未経験からの転職が難しいことがある

ジャスネットキャリアは他の転職エージェントと比べてどう?

野本
ジャスネットキャリアの強みや弱み、特徴を知った上で、他の転職エージェントと比べてどうなのかをお伝えしていきますね!

マイナビ会計士とジャスネットキャリアの比較

マイナビ会計士
マイナビ会計士の特徴
  • 会計士専門の転職エージェント
  • 転職者の成約実績が70%
  • 日本全国に求人多数

『マイナビ会計士』は、「ビジネスの中心に立つ転職を。」をコンセプトに持つ、会計士業界専門の転職エージェントです。

コンサルティングファームや事業会社、税理士法人、外資系企業など、それぞれのキャリアに合わせて、様々な求人の提案が可能です。

また、丁寧なサポートにも定評があり、何かと不安を感じがちな初めての転職者の成約実績が全体の70%占めています。

野本
気になる会計士の求人数は、マイナビ会計士もジャスネットキャリアも約800件と、求人数に差はないようです。

また、どちらも非公開求人を保有しているため、まずは2社に無料登録してみることがおすすめです!

ジャスネットキャリアとマイナビ税理士の比較

マイナビ税理士の特徴
  • 税理士・科目合格者専門の転職エージェント
  • 求人の40%が非公開求人
  • 日本全国に求人多数
『マイナビ税理士』は、税理士向け転職エージェントの代表的な存在で、税理士の全ての人におすすめできる転職エージェントです。

大手のブランドに加え、税理・会計専門アドバイザーの転職相談や求人紹介など、質の高い転職サポートに特徴があります。

中小税理士事務所から外資系求人まで幅広く対応していて、

資格はないけどアシスタントとして働きたい人、税理士としてキャリアアップをしたい人など全ての人にオススメです。

ジャスネットキャリアがおすすめな人の特徴は?

野本
それではここで、ジャスネットキャリアの強みや弱みを聞いて分かった利用がおすすめな人をお伝えしていきます!

おすすめな人の特徴は次の通りです。

おすすめな人の特徴
  • 経理、公認会計士、税理士の転職を考えている人
  • 業界の転職に詳しい転職アドバイザーのサポートを受けて転職活動を進めたい人

ジャスネットキャリアは、経理や公認会計士、税理士の転職に強みを持つため、公開求人だけでなく独自の非公開求人も多く保有しています。

上記の職種に転職を考えている人は、非公開求人の紹介も受けつつ、随時開催されている採用セミナーやキャリアアップセミナーも受けることがおすすめです。

ジャスネットキャリアを実際に使った人の評判・口コミ

野本
次に、ジャスネットキャリアを実際に使った人の評判や口コミを紹介していきますね!
野本

他の総合転職エージェントよりも特化した知識を持っているため、担当者の質も良い評判が多いですね!

ジャスネットキャリアの登録〜転職・退職までの流れ

佐々木

それではここで、転職アドバイザーの経験のある私が、ジャスネットキャリアを利用する流れをお伝えしていきます!

有利に転職活動を進めるためにも、しっかりと頭に入れておきましょう!

基本的には、どこの転職エージェントでも次の流れになっています!

転職エージェント利用の手順
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

それでは手順を詳しく説明します。

STEP.1
公式サイトから60秒で登録
転職エージェントに登録をする女性

担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも複数社ほど登録しておくと安心です。

ジャスネットキャリアと併用すべきエージェント
  1. マイナビ会計士
    会計士専門のエージェントを利用したい人におすすめ
    https://cpa.mynavi.jp/
  2. MS-Japan
    管理部門の求人を探している人におすすめ
    https://www.jmsc.co.jp/
STEP.2
登録後、面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

STEP.3
担当エージェントと面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

STEP.4
担当エージェントから求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

STEP.5
履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性

早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
書類選考の通過後、企業との面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性

いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

STEP.8
内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。


転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると、サポート全てにマイナス影響が出てしまいます。

具体的には、良い求人を紹介してもらえない書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

佐々木
だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、担当コンサルタントと良い関係を築くことが転職成功の鍵なんです!
ジャスネットキャリアと併用すべきエージェント
  1. マイナビ会計士
    会計士専門のエージェントを利用したい人におすすめ
    https://cpa.mynavi.jp/
  2. MS-Japan
    管理部門の求人を探している人におすすめ
    https://www.jmsc.co.jp/

転職エージェントの使い方を詳しく確認したい人は、下記の記事をご覧ください。

次の章では、ジャスネットキャリアをフル活用するためのポイントを紹介します!

ジャスネットキャリアをフル活用するための6つのポイント

佐々木

最後に、ジャスネットキャリアをフル活用するためのポイントをお伝えします!

担当者に頼りっぱなしにするのではなく、次のポイントを理解し積極的に行動していきましょう!

転職エージェントの活用ポイント
  1. 転職サイトと転職エージェントの違いを理解しておく
  2. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  3. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 書類選考の推薦文を確認する
  6. 面接後はすぐに転職エージェントに報告

それでは1つずつ説明していきますね!

ポイント1:転職サイトと転職エージェントの違いを理解しておく

最初にお伝えしたいポイントは、転職サイトと転職エージェント違いを理解しておくことです。

転職サイトとの違いを理解した上で利用することで、転職エージェントを活用するべき理由がよくわかりますよ!

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違い簡単に説明すると、次の通りです。
転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト:一人で転職したい人向けのサービス
  • 転職エージェント:サポート受けて転職の成功確率を高めたい人向けのサービス

1人で転職活動をしたいか、サポートを受けて転職活動をしたいかが大きな違いなんですね

ここでもう少し具体的に違いを見ていきましょう。

エージェントサイト
サポート
手軽さ
求人数
転職成功率
費用(無料)(無料)

転職サイトは担当者がつかず、転職者本人が応募や交渉などすべて一人で行う形になっています。

一方で転職エージェントは、プロのキャリアコンサルタントが担当につき、完全無料で転職に必要なサポートを全て行ってくれます。

佐々木
そのため、転職エージェントを利用したほうが転職成功率が上がります!

ポイント2:細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。

また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアコンサルタントからの信頼を得ることができ、結果的に求職者の転職成功に繋がります。

反対に、担当者と良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

ポイント3:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

3つ目のポイントは、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えることです。

そもそも転職エージェントとは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取る仕組みです。

転職エージェントの仕組み

佐々木

そのため、転職エージェントに複数登録している旨を伝えると、

他社ではなく自社経由で転職してもらいたいと考えるため、フォローが手厚くなりますよ!

ポイント4:2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる傾向があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

佐々木

転職エージェントは「求職者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があるため、

2週間に1度は連絡しましょう!

ポイント5:書類選考の推薦文を確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、求職者の推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と求職者を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なコンサルタントが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、次のような理由で連絡をして、推薦文の確認をしましょう!

推薦文について連絡する際の理由例
  • 面接対策の一環として、推薦文を把握したい
  • 客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい
佐々木

担当者に良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう!

ポイント6:面接後はすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

なぜなら転職エージェントの担当者は、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので…

転職者が面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれるからです!

佐々木
面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきですよ!

転職エージェントの面接後のフォローについて知りたい人は、次の記事をご覧ください。


転職エージェントをフル活用する方法は以上になります。

ここでもう一度まとめると次の通りです。

転職エージェントの活用ポイント
  1. 転職サイトと転職エージェントの違いを理解しておく
  2. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  3. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 書類選考の推薦文を確認する
  6. 面接後はすぐに転職エージェントに報告
佐々木

転職エージェントの仕組みを理解した上で、転職の意欲をアピールすれば、優先的にサポートしてもらえます。

転職エージェントの担当者も1人の人間なので、転職に成功する可能性が高そうな方には熱心にサポートしてくれますよ!

ジャスネットキャリアは転職者から評判の良い転職エージェント

今回は、ジャスネットキャリアへの取材を元に、ジャスネットキャリアの強みや弱み、利用がおすすめな人をお伝えしてきました。

最後に、この記事の内容を振り返っておきましょう。

ジャスネットキャリアのまとめ

◎強み

  • 転職希望者に本当に合った転職先を提案すること
  • 現場の求めている事を直接聞いている
  • 経理、公認会計士、税理士の転職に強い
  • 電話やSkypeでの面接も可能

弱み

  • 拠点が都市部にしかない
  • 一定のスキルや経験が必要なため、未経験からの転職が難しいことがある

◎ジャスネットキャリアがおすすめな人

  • 経理、公認会計士、税理士の転職を考えている人
  • 業界の転職に詳しい転職アドバイザーのサポートを受けて転職活動を進めたい人

転職活動を有利に進めるためにも、悩んでいるならまずは登録し相談してみることをおすすめします!

佐々木

あなたの転職の成功を応援しています!