【暴露!】鍼灸師辞めたい…|経験者からヒアリングした結果わかる実情とは

「鍼灸師辞めたい…」

「鍼灸師を辞めて、新しい仕事を探すべき?」

と悩んでいませんか?

今回は、同じような悩みを抱えた結果、警備会社に転職された前田さんに「鍼灸師を辞めると決断したエピソード」を語ってもらいました。

転職エージェントの佐々木
佐々木
前田さんの実体験をもとに、今後のキャリアプランをどうしていくべきなのか考えてみてくださいね!
前田さんのプロフィール

28歳 男性 東京都在住

2013年から2016年まで、企業にて鍼灸師を担当。

2016年から2020年まで鍼灸整骨院で働いた後、セキュリティ会社のガードマンに転職。

この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

鍼灸師を辞めたい理由4選|鍼灸師経験者が真実を激白!

転職エージェントの佐々木
佐々木
前田さん。

今日はよろしくお願いします。

早速ですが、鍼灸師を辞めたいと思った理由について教えてください!

前田さん

こちらこそよろしくお願いします!

そうですね…

私が鍼灸師を辞めた理由としては、大きくわけて以下4点ですね。

鍼灸師を辞めたいと思った理由①|拘束・労働時間が長いわりに、収入が低いから

前田さん
拘束時間が長いわりに、収入がめちゃくちゃ低い…というのが、鍼灸師を辞めた最大の理由ですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
そんなに拘束時間が長いのですね…

正直、当時の拘束時間は、どれぐらいだったか教えてもらうこと可能ですか?

前田さん
拘束時間はだいたい12時間で、約1時間の休憩があり、労働時間は11時間でした。

特に、月初の保険請求業務は時間がかかるため、12時間以上働いていたときもありましたね…

転職エージェントの佐々木
佐々木
え、働きすぎですよ、それは!

計算すると、毎日3時間は残業しているということですよね?

前田さん
その認識であってます!

その残業時間に加えて、特にひどかったのは、年末年始の勤務ですね。

大掃除も並行して保険請求業務をしていたため、帰る時間が深夜3時になっていた時もありました。

それなのに、固定残業代が支給されているため、どれだけ働いてもお給料に反映されませんでした。

転職エージェントの佐々木
佐々木
え、それはほんとに「退職する!」と決断した前田さんは正しい判断をしたなと思います。

体力勝負ができる20代でないと正直無理そうな職場環境ですね…

前田さん
ほんとにおっしゃる通りです。

結局わたしは、体力勝負であるこの職種で、長く働き続けていく自分の将来の姿が見えず、退職を決意した…という次第ですね。

鍼灸師を辞めたいと思った理由②|労働時間の割に給料が安すぎるから

前田さん
さっきの拘束時間にも紐づいているのですが、労働時間の割に、給料が安すぎるというのも鍼灸師を辞めたいと思った理由ですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
え、あんな過酷な環境下なのに、お給料が低いのですか?

...リアルに(お給料)どれぐらいだったのかざっくりでいいので教えてもらうこと可能ですか?

前田さん
ジャスト300万円程度ですね。

一般平均年収と比べると、ほんと低いですよね….

転職エージェントの佐々木
佐々木
え、思ってた額よりずっと安くて衝撃です…

正直、鍼灸院って結構高いとこもあるので、もうちょい給料がいいのかと思いこんでいました。

給料が上がらないのって何か理由があるのですかね…?

前田さん
んー、業界自体が、かなりレッドオーシャンだからではないでしょうか。

「整骨院」だけでも数が多いのに、それに加えて、リラクゼーション目的で鍼灸を行うエステサロンなども増えてきており、それを全部含めるとかなり競合が多いんですよね。

転職エージェントの佐々木
佐々木
つまり、お客さんがばらけてしまっている現状で、1つの接骨院に患者さんを集めるのが難しくなってきている…ということですね!

前田さん
おっしゃる通りです!

ただ、上記理由に加えて、保険請求の規則がかなり厳しくなってきており、自費治療の低価格競争が激化している…というのも、鍼灸師の給料が安い理由かと思います。

「技術」以外で差分をつくるとなると、どうしても値段を下げる…という方法をとらざるを得ないんですよね…

その結果、業界的にどんどん単価が安くなってきて、鍼灸師自体の給料平均が下がってきているという状態ですね。

転職エージェントの佐々木
佐々木
なるほど…

自分たちの店に呼ぼうと努力すればするほど、鍼灸師全体のお給料が下がっていく…という悪循環になっているということですね。

前田さん
そうなんですよ。

あと、接骨院を受診したことがある割合は、大体全体の56%ほどと言われているんですけど、鍼灸単品でみると受療率が5%と圧倒的に母数が少ないのも、原因かなと思いますね。

患者の母数が増えてきてくれれば、もうちょい給料も上がるかもしれませんが、今のところは職種的に上がりそうではありませんね。

鍼灸師を辞めたいと思った理由③|オーナーのワンマン経営すぎたから

前田さん
オーナーのワンマン経営すぎたのも鍼灸師を辞めたいと感じた理由ですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
小さい会社だとオーナーがワンマンである場合多いですよね…

実際にどんな被害を被ったのか、もう少し詳しく教えてください!

前田さん
はい、一番堪えられなかったのは、オーナーのせいで福利厚生が劣悪だった点ですね。

福利厚生という制度はあるにも関わらず、有給休暇に関しての説明がなく、基本的に冠婚葬祭の理由以外は一切休めないという環境でした。

制度があるにもかかわらず、取らせてくれないなんて、正直詐欺ですよね…笑

あと、健康保険に関してもですが、国保から一旦社保に変わったものの「手取りが少なく見えるだろう」という意味のわからない理由で、また国保に切り替わりました。

さらに、切り替わるタイミングを知らされず、3か月後に切り替わっていたことが分かるというグダグダ具合です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
え、それは経営者として、最悪ですよね。

接骨院の経営者ってみんなこんな感じだったら、正直怖いのですが…

前田さん
全部の経営者がこんなのって訳ではないと思います。

わたしの勤めていた接骨院の経営者は、堀江貴文氏に感化されたオーナーで、従業員のことをコマとしか思ってなさそうなかなり自己中心的な人間でしたね。(堀江さんを悪く言うつもりは決してないのですが…笑)

挙句の果てには、ボーナスの配分をスタッフに丸投げにしたり、報連相の不足でスタッフ間でのトラブルが勃発したりと、経営者のやり方にみんなついていけなくなり、退職を決意しました。

転職エージェントの佐々木
佐々木
経営者が原因で、みんな一斉退職してしまったということですか?
前田さん
一部は残りましたが、同タイミングで結構の数、一斉に辞めてしまいましたね。

自己中心すぎる経営者は、横暴な対応を続けていると、まわりまわって自分のところに被害が飛んでくるということをしっかり理解してほしいものです。

鍼灸師を辞めたいと思った理由④|一般的なビジネススキルはつかない仕事だと感じたから

前田さん
一般的なビジネススキルはつかない仕事だと感じた…というのも、鍼灸師を辞めたいと思った理由の中に含まれていました。
転職エージェントの佐々木
佐々木
たしかに、一般的によくあるPCを使う仕事…とかではないですもんね…

そのように、自分の人生を見直されたきっかけがあったのですか?

前田さん
自分ってこの場所でずっと働いていていいのかなと思って、軽い気持ちで転職サービスに応募したのがきっかけですね。

見てみると、整骨院、リラクゼーション、エステなど同業他社からのオファーはくるのですが、それ以外の職種の選択肢がほとんどないことに気がつきました。

ちょうど30歳になる前の節目の時期ということもあり、転職できるうちに転職して、どこでも通用なビジネススキルを身に着けておきたいなと思い、退職を決意した..という次第です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
たしかに職の選択肢って年を重ねれば、重ねていくほど減少していきますよね…
前田さん
30代という年齢になってしまうと、転職難易度がぐっと上がってしまうので、このタイミングで転職を決意してほんとによかったと思っています。

鍼灸師を辞めたくなった!お給料事情&残業時間とは…?

転職エージェントの佐々木
佐々木
先ほども少し聞かせていただいたのですが、前職の鍼灸師時代のお給料をもう一度教えてもらうことできますか?
前田さん

そうですね…

300万円程度ジャストぐらいと先ほどはお答えしたのですが、厳密に言うと、ボーナス込みで297万円でした。

これに加えて、残業時間も60時間程度、福利厚生もほとんど機能していない状態だったので、驚くぐらい割に合わない仕事ですよね。

世の中の平均年収って、450万円ぐらい?だと思うのですが、昇給もほぼ見込めなかったので、転職しなければ、30代・40代になっても、変わらずの年収額だったと思います。

転職エージェントの佐々木
佐々木
それは、たしかに条件面が悪すぎますね…

先ほどおっしゃってた通り、オーナーのワンマン経営だと、給料アップのタイミングも経営者の気分に左右されるので、将来的な年収アップも見込めませんし…

前田さんは、鍼灸師からセキュリティ会社のガードマンという全く違う業界に転職されたわけですが、実際のところ年収はアップしましたか?

前田さん
上がりました、厳密に言うと、70万円アップです!!

それでも世間的に見て、そこまで高いという訳ではないと思うのですが、鍼灸師の年収が低すぎたので、それと比べると、だいぶ満足しています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
給料アップしてよかったです…!

ガードマンに転職してからは、給料以外の面はどうなりましたか?

前田さん
そうですね…

めちゃくちゃやりがいがある!とかではないですが、鍼灸師よりも、福利厚生はしっかりしてますし、残業代も出るので、安心して働けるようになったかなとは思っています!

もう少しで30代という年齢に加えて、コロナ禍という状況で、なかなか難しい転職が難しい立場だったのですが、その割には良い職場を見つけられたんじゃないかなと感じています。


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまでで紹介したものが、前田さんが鍼灸師を辞めたいと思った理由です。

まとめると以下の通りとなります。

前田さんが鍼灸師を辞めた理由
  • 拘束時間が長すぎるから
  • 労働時間の割に給料が安すぎるから
  • オーナーのワンマン経営すぎたから
  • 一般的なビジネススキルはつかない仕事だと感じたから
転職エージェントの佐々木
佐々木
今回の話を聞いて、鍼灸師って低賃金×長時間労働×悪環境の3拍子が揃っていて、結構ブラックな職種だということがわかりました。

きついとは聞いていましたが、ここまでとは正直知らなかったです…

前田さん
本当に転職を決意してよかったと思っています。

20代のうちはまだ良いとして、体力がなくなってくる30代になると、鍼灸師の仕事を正直続けていける自信がなかったので…

鍼灸師からの転職でアピールしたい!鍼灸師で培った強みって?

転職エージェントの佐々木
佐々木
とはいえ、鍼灸師での経験があったからこそ、現職でご活躍されている今の前田さんがいらっしゃるのだと思います。

そこで、次は前職の鍼灸師で培うことができたなと感じるスキル・強みについて詳しく教えてください!

前田さん
もちろんです!

今の職場で活躍できているのは、大きく分けて3つのスキル・強みを鍼灸師時代に培ったからだと思いますね。

鍼灸師で培ったスキル
  1. 伝達能力
  2. マーケティング力
  3. 共感力

培ったスキル①|伝達能力

前田さん
ごくごくシンプルなお答えにはなってしまうのですが、伝達能力は、やはり鍼灸師をしていて培われたと思いますね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
伝達能力ですか…?

どういうときに養われたのか、もう少し詳しく教えてください!

前田さん
患者さんに症状を説明したり、改善方法を伝えたりするときに一番養われたなと感じますね!

実際、患者さんに症状を伝える時、抽象的な言葉を具体的に説明する能力が必要とされるシーンが非常に多いです。

専門的なことを言われても、患者さんは正直理解できないので、イメージできるような言葉で説明をすることで、離反を防ぎ、リピートに繋げていました!

転職エージェントの佐々木
佐々木
なるほど…

たしかに身体の専門用語を、ただずらーと並べられただけだと、何のことか全くわからないし、継続していこうって正直思えなかった経験があります…笑

逆に、自分にはどんな症状があって、このように施術をしていけば、このように改善するという道筋をしっかり説明してくださる鍼灸師さんの院であれば、通院しようと思いました。

前田さん
佐々木さんがいまおっしゃったように、説明がうまく伝われば、完治して間が空いたとしても、症状の具合で来院するタイミングを患者が分かっているため、戻ってきてくれるのです。

人に何かを伝える能力って、ビジネスだけでなく実生活でも役立つので、養えてよかった能力だなと感じています。

培ったスキル②|マーケティング力

前田さん
マーケティング力も、案外、鍼灸師で身についたなと感じていますね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
え、それはかなり意外ですね!

なぜその力が養われたと感じたのですか?

前田さん
競合他社が多いため、集客やリピートを増やすための差別化を常に考え続けていたからですね。

どんなサービスを、誰に、どうやって届けるのかを考えるシーンが多くありました。

誰がターゲットなのか、どんなキャッチコピーすればターゲットに響くのか、リピートしてもらうための回数券の設置や紹介特典はどうすべきかなどを考えていました。

その結果、売上が上昇する…ということも多く、この能力は、競合他社が強いリラクゼーション業界であったからこそ培われた能力だなと思っています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
なるほど、非常に、興味深いお話です。

つまり、レッドオーシャンな業界だと、母数が多く、どうしても全体的な給料は低くなってしまうというデメリットはあるものの、その分、どうやって競合よりも売上を上げるか…をしっかり考えるマーケティング思考が、身につくということですね。

そう考えると、20代のうちに、鍼灸師のような難しい環境下でチャレンジしてみるのも、たしかにいいのかもしれないと思ってきました!

培ったスキル③|共感力

前田さん
鍼灸師で培った能力の3つ目は、共感力ですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木
共感力…ですか…

もう少し詳しく教えてください!

前田さん
これも、競合他社が多いため、いかに患者さんのの気持ちを汲み取り、信頼構築するかが重要であるためです。

料金などのわかりやすい差別化だけでなく、根本的に大事な「患者様の気持ち」が理解できない院は、淘汰されていきます。

患者の気持ちを、表情などの小さな変化から察して、無理に治療を進めないことも、信頼をつかむ上で大切なことでした。

転職エージェントの佐々木
佐々木
なるほど…

たしかに、商品がどれだけ安かったとしても、根本的にユーザーのニーズに沿っておらず、満足できないものは、売れませんよね…

前田さん
おっしゃるとおりです!

また、共感することで、生活スタイルに合わせた施術の提案ができるようになるので、治療方針のすり合わせもしやすくなりますし、治りが早くなります。

治りが早くなると、院の評判自体が良くなって、お客さんがさらに増える…という良い循環ができてきますし…

このような共感力も、ビジネスだけではなく日常生活でも良い循環を生むことが多いので、養えてよかったなと思う能力ですね!


転職エージェントの佐々木
佐々木

ここまでで紹介したものが、前田さんが鍼灸師時代に培ったスキル3つです。

以下にまとめておきますね!

鍼灸師で培ったスキル
  1. 伝達能力
  2. マーケティング力
  3. 共感力
前田さん

異業種への転職って正直うまくいかなかったらどうしよう…と考えていたのですが、この3つの能力がうまくアピールできたのか、問題なく転職することができました。

転職エージェントの佐々木
佐々木
自分が前職で培ったスキルは何かを、しっかり考えたうえで行動できている前田さんはさすがですね!

鍼灸師からの転職におすすめの職種って?

転職エージェントの佐々木
佐々木
前田さんは「セキュリティ会社のガードマン」にて第2のキャリアを歩まれたわけですが、読者の方の中には「鍼灸師から転職するのにおすすめの職種ってセキュリティ会社関連の他に何があるんだろう?」と思われた人も多いかと思います。

そこで、この章では、前田さんが「鍼灸師で培った!」とおっしゃっていたスキルを充分活かせる仕事を、元転職エージェントである私からお伝えしますね!

前田さん
私もそれ聞きたかったです!

次、転職するときの参考にさせていただきますね!笑

転職エージェントの佐々木
佐々木
ぜひぜひ!

わたしがおすすめする「鍼灸師からの転職」におすすめの職種は、以下の通りです!

鍼灸師からの転職におすすめ職種①:Webマーケティング職

転職エージェントの佐々木
佐々木
鍼灸師からの転職に、おすすめの職種1つ目は「Webマーケティング職」です。

全員におすすめという訳ではないのですが、前田さんのように、院内でマーケティングに携わっていた人は、その養った能力をフルで活用できるかと思います。

前田さん
実は、セキュリティ会社に決まる前まで、Webマーケティング職迷ってました…

今後、伸びしろのあるIT業界でweb知識を身につけられそうですし、転職に有利かつ年収も上がり、ワークライフバランスがとれると感じたためです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
あ、そうだったのですね!

前田さんがおっしゃったメリットに加えて、いま需要が非常にある職種なので、未経験からの採用も多いというのもおすすめする理由の1つです。

前田さんが、結局Webマーケティング職を辞めた理由は何ですか?

前田さん
正直言うと、辞めた…というよりは諦めた…のほうが近いですね。

たしかに未経験からの採用は多いのですが、あくまで若手に限った話でなのかなと感じました。

全体的に年齢層が若い業界なので、30歳から未経験採用って、正直いま人気のベンチャー企業などで雇うのは厳しいのか、結構断られてしまいましたね…

転職エージェントの佐々木
佐々木
なるほど…

Webマーケティング職にチャレンジしてみたい方は、このように年齢制限がある程度あるということを、念頭に置いておきましょうね!

Webマーケティング約540万円

営業職

転職エージェントの佐々木
佐々木
鍼灸師からの転職に、おすすめの職種2つ目は「営業職」です。

営業職は対人スキルが必須なので、鍼灸師で培ってきた伝達能力をフル活用できます!!

前田さん
たしかに、鍼灸師で培った「抽象的な難しい事象を、具体化してわかりやすく説明する能力」は営業で生かされそうです!!
転職エージェントの佐々木
佐々木
その通りです!

また、転職市場でも営業職の求人は非常に多く、就職のハードルも比較的低いのもおすすめポイントですね。

経営が安定している老舗メーカーなどの営業職になると、定時に帰れる且つしっかりお給与が貰えちゃうので、給料の低さ&残業の多さが原因で鍼灸師を辞めた人におすすめしたいです!

法人営業約450万円
個人営業約425万円

鍼灸師からの転職におすすめの職種③:介護職

転職エージェントの佐々木
佐々木
鍼灸師からの転職で、おすすめの職種3つ目は「介護職」です。

なぜなら、鍼灸師時代培った「伝達能力」や「共感力」が十分生かせる仕事だからです。

また、夜勤も含めれば、ある程度の収入は得られるので、生活に困ることはないのも魅力と言えます

前田さん
なるほど…

つまり、「鍼灸師時代の経験を活かせる」且つ「給料が上がる可能性が高い」ということですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木
そのとおりです!

また少子高齢化の影響もあって、介護職は常に人手不足であり、未経験可の求人が多いのもおすすめポイントと言えます。

未経験可の求人が多いうえに、転職倍率もそこまで高くはないので、「人の役に立つ」ことが仕事のモチベーションである方は、是非介護職に挑戦してみてくださいね!

もし、介護職への転職を検討するなら、前田さんが利用した総合型サービスではなく、「介護ワーカー」のような介護特化型のサービスを利用することをおすすめします!

介護職約340万円

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまでは、鍼灸師からの転職でおすすめの職種について紹介しました!

以下にもう一度まとめておきますね!

鍼灸師からの転職でおすすめの職種
  1. Webマーケティング職
  2. 営業職
  3. 介護職

鍼灸師を辞めたいと思ったら、最初にすべきこと

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、鍼灸師を辞めようと決意された前田さんですが、その時に何か行動したことがあれば教えてください!
前田さん
私の場合は、転職エージェントに登録する…という行動を移したほうが先で、その後、転職を決意したという感じですね。

転職を決意してからは、転職エージェントと一緒に、履歴書対策面接対策を頑張りました!

あと、どんな業界にいくべきか…などのアドバイスをしっかりいただけたのも、大変有難かったです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
たしかに転職エージェントの利用方法は、求人を探すだけではないですもんね!

ちなみにどのサービスを利用していたか教えてもらうことはできますか?

前田さん
「リクルートエージェント」を利用していました。

シンプルに求人数が一番多かったから、このサービスを選びました。

転職エージェントの佐々木
佐々木
コロナ禍で、求人数が少ない今なので、とてもいい選択の方法をされたなとおみます。

確かに、リクルートエージェントは、転職業界No.1の求人数と実績を誇るサービスですもんね…

同サービスについては、私のほうからもう少し詳しく説明させていただきますね!

リクルートエージェント|求人の量&質ともにNo.1

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 20万件以上の求人数を誇る業界No.1の大御所サイト
  • エージェント利用者の2/3が一度は利用済み(転職nendo調べ)
  • かの有名な人材会社最大手リクルートの選考を潜り抜けた優秀な担当者ばかり
  • 登録者数が異常に多いので、手厚いサポートは期待できない

『リクルートエージェント』は、求人数・実績ともに、圧倒的No.1の転職エージェントです。

求人の総合デパートのようなサービスで、職種・業界を問わない豊富な求人数が魅力です。

加えて、求職者が自覚していない「潜在スキル」を引き出してくれる腕の良い優秀な担当者が揃っているのも魅力です。

転職nendoの調査によると、エージェント利用者の2/3が一度は利用していたサービスなので、どこに登録するべきかわからない場合は、一旦登録してみるとよいでしょう。

佐々木
実は、リクルートエージェントが保有している求人は、なんと90%が「非公開」求人なのです!

登録しなくても、一部求人を見ることはできますが、登録するとより条件の良い求人を探すことが可能になりますよ。

前田さん
リラクゼーション業界の求人から、異業種の求人まで、驚くぐらい幅広く求人が揃えられていたので、異業種転職を目指していた私としては、大変助かりました。

どの業界に行くべきかわかっていなかったので、豊富な求人の中から、自分にあうものを見つけてもらえたのは非常に有難かったです。

鍼灸師を辞めたいと思ったら、自分のキャリアをしっかり考え直したうえで行動しよう!

近年コロナの影響で、業界問わず「採用に対して消極的な企業」が増えています。

「辞めたい…」と、今は考えていると思いますが、鍼灸師を辞める前に自分自身としっかりと向き合うことが、今後のあなたのキャリアにおいて非常に重要です。

焦って決断を急ぐのではなく、周りの信頼できる人・転職エージェントなどに相談しながら、じっくりと決めていってください。

転職エージェントの佐々木
佐々木
決して「辞職」に対してマイナスなイメージを持つ必要はありません。

しっかりと自分自身と向き合ったうえで転職すべきだと決断できた場合は、しっかり行動に移すようにしましょうね!

前田さん
最後に、おすすめの転職エージェントを再度まとめておきます!
前田さんのおすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    【公式】https://www.r-agent.com/
転職エージェントの佐々木
佐々木
前田さん。

本日はありがとうございました!

前田さん
こちらこそありがとうございました。
転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読んでくださったあなたの人生が、少しでも良くなることを願っております!