転職エージェントおすすめランキング13選

社風が合わないとストレスで辛い!成功者300人が使った社風の見極め方

社風が合わない人向けに転職成功方法

この記事でお伝えすること
  • 「社風が合わない」で会社を辞めてもいい理由
  • 社風が合わない会社のよくある事例10選
  • 社風が合わない会社から転職する方法
  • 社風が合わないために会社を辞めた人の体験談
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『体育会系の社風が合わない…早いうちに仕事を辞めようかな…』

『社風が合わないことを理由に、転職してもいいのかな…?』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

中途採用で入社した会社は、どうも社風が合わなくて転職を考えるほど悩んでいます…

体育会系の雰囲気があって、なかなかついていけないんですよね…

佐々木

社風が合うかどうかは、働く上で非常に重要なことです。

実際、社風が合わないことでストレスを抱えている方がたくさんいますからね…

そこでまずは、社風が合わないことが理由で転職すべきかどうかについてお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態をゼロにしましょう。

マイナス→プラスより、ゼロ→プラスの方が簡単です。

限界が来る前に、プロのアドバイザーに転職の無料相談をして、次の選択肢を探しておくことが保険になります。

社風が合わないことが理由で転職しても大丈夫?

ゆり

社風が合わないことが理由で転職してもいいんですかね?

親や友達に相談しても、「すぐに慣れるよ」「それくらいみんな我慢してる」としか言ってもらえなくて…

佐々木

もちろん、社風が合わないというのは立派な転職理由です!

その環境で働いてみない分からない社風もあるので、周りの人は言い訳と思いがちな部分もありますよね…

会社に馴染めないのは、気づかないうちに大きなストレスが溜まる

会社は、個ではなく組織として動いているので、各社それぞれ社風を持っています。

例えば、体育会系のノリがある会社で「週末は必ず飲みに行くぞ!」という社風があれば、飲み会が苦手な人はしんどい思いをするでしょう。

何かと社風が原因で我慢している人が多く、ストレスを抱えながら働いている人がたくさんいます…

佐々木

単なるストレスと考えることは危険です!

長期的に考えると、うつ病になる可能性もありますよ…

特に新卒社員をはじめ、中途入社でも「まだ入ったばかりだし、もう少し我慢しよう」と思いがちですが、その考えは非常に危険です。

例え社風が原因でも、なるべく早く行動を起こさなければ、取り返しのつかないことになってしまうので気をつけましょう。

限界が来る前に、プロに相談を聞いてもらうのをおすすめします

ゆり
実際、相談ってどこにすればいいんですか?
佐々木
悩み相談の窓口としては、「転職エージェント」を活用することをおすすめします!

転職のプロであるエージェントは、単なる転職先の紹介だけでなく、あなたの悩みに合わせて様々なサポートを行ってくれます。

社風が合わないことを相談すれば、どう言った雰囲気の会社があなたに合っているか、あなたが社風を気にすることなく働ける転職先の紹介などを行ってくれるでしょう。

佐々木

実際に転職するかどうかは、相談してから決めて構いません。

まずは気軽に登録してみましょう。

おすすめの転職エージェント

合わない社風でよくある例

佐々木
それでは次に、合わない社風のよくある例を紹介します。
合わない社風の例
  1. 古い慣習が多い
  2. 上下関係が強い
  3. 体育会系の雰囲気
  4. 人間関係が良くない
  5. プライベートまで支配されがち
  6. いい加減で、やる気のない人が多い
  7. 新しいチャレンジが許されない
  8. 無駄な会議などが多い
  9. 評価制度が曖昧
  10. 男尊女卑な雰囲気

それぞれ詳しく確認していきましょう。

合わない社風1:古い慣習が多い

古い慣習の代表的な例としては「飲みにケーション」「若手の宴会芸」などです。

飲み会では、毎回上司の説教や自慢話を聞くだけで、本当に楽しんでいるのは上司本人だけという場合も多々あります。

プライベートの時間を削って飲み会に参加しているのに、わざわざ怒られたり、やりたくもない宴会芸なんかしたくないですよね…

特に古い慣習は、大企業や歴史の長い企業にありがちです。

合わない社風2:上下関係が強い

上下関係が強い社風があれば、「上司や先輩の言うことは絶対!」です。

上司に意見を言うことは言語道断で、100%言うことを聞くのが当たり前という雰囲気があるでしょう。

もちろん、ある程度上司の言うことを聞くのが正しいとされていますが、口答え一つも許さない会社も実際にあります…

こちらも大企業や歴史の長い企業でありがちな社風です。

合わない社風3:体育会系の雰囲気

体育会系の社風が苦手な人は、実際にたくさんいます。

上下関係が厳しいことはもちろん、体育会系の雰囲気に慣れていない人は、威圧とも取れる態度に嫌気がさしてしまうでしょう。

また、体育会系の社風があれば、ノリで物事を進めようとする傾向もあり、苦手な人もいるでしょう。

学生時代から体育会系の部活に所属していた人が、取締役や部長になれば、割と体育会系の社風になりがちです。

合わない社風4:人間関係が良くない

チームで仕事をしているのに、自分のことだけを考えて仕事を進めるような社風です。

「それは自分の仕事ではない」「自分には関係ないから好きにして」など、自己中心的な考えがまかり通っている環境では、人間関係も崩れていきます…

ギスギスとして社内の雰囲気を感じ始めると、次第にストレスが溜まり始めるでしょう。

佐々木
人間関係で悩んでいるなら、リクルートエージェントに早めに相談して転職の準備を始めることをおすすめします。

合わない社風5:プライベートまで支配されがち

「プライベートも仕事の延長」という考え方の社風です。

頻繁に会社行事が開催され、休日まで会社の人と何かをしなければならない場合もあるでしょう…

また、会社行事に参加しなければ、仲間はずれにされる会社も実際にあります。

社長が若い会社であったり、女性が多い業界など、サークル的なノリの会社によくある傾向です。

合わない社風6:いい加減で、やる気のない人が多い

仕事の進め方、管理を明らかに適当にやっていても、誰も注意しない社風もあります。

真面目に働いている人は、「会社の仕事でそんなことしていいの?」と思わず嫌気がさす場面もあるでしょう。

最悪の場合、いい加減な仕事をしている社員に対して、社長も何も注意せず、不信感ばかりが溜まってしまう人もいます。

もっと責任感を持って仕事をするためにも、環境を変えることもおすすめです。

佐々木
もっと責任感を持って仕事をしたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるといいかもしれませんよ。

合わない社風7:新しいチャレンジが許されない

長年続けているやり方を変えて、新しいアイディアや技術の習得に取り組まない社風です。

従来のやり方を変えることを嫌い、何でもかんでも否定的に物事を考え、保守的な考えが蔓延している会社はたくさんあります。

新しいことに挑戦できない以上、ルーティーンワーク的な仕事が増えますし、最新の技術やスキルを身につけることは難しくなるでしょう。

歴史の長い会社で、割と硬い業界ではよくある風習です。

合わない社風8:無駄な会議などが多い

毎日のように会議があったり、小さなことでも上司に確認が必要な社風です。

何のためにやっているか分からない会議や打ち合わせが頻繁にあり、自分の仕事を進める時間が削られて、不満を抱える人もいるでしょう。

報告・連絡・相談は重要ですが、何から何まで上司の確認やハンコが必要であれば、ストレスも溜まります…

こちらも歴史の長い会社や、規模の大きい会社のよくある社風です。

合わない社風9:評価制度が曖昧

査定や人事権の行使など、上司によって曖昧な評価制度になっていると、必ず不満が生まれます。

明確な規定が定められていないため、上司の好き嫌いによって理不尽な評価が下されるような状況です…

当然、部下は立場が弱いので、上司の下した評価にはなかなか歯向かうことはできません。

評価制度に納得できないことも、転職理由の一つです。

合わない社風10:男尊女卑な雰囲気

昔ながらの考えが残っており、「男性が上、女性が下」という社風です。

大口の取引先は必ず男性が担当する、女性の意見は軽視されがち。という会社はまだまだたくさんあります。

実際に、セクハラに対する見方も厳しくなっていますが、セクハラに近い対応が黙認されている場合もあるでしょう…

小規模な会社や女性社員の少ない会社でよく見られる社風です。

佐々木
以上が、合わない社風の例です。
合わない社風の例
  1. 古い慣習が多い
  2. 上下関係が強い
  3. 体育会系の雰囲気
  4. 人間関係が良くない
  5. プライベートまで支配されがち
  6. いい加減で、やる気のない人が多い
  7. 新しいチャレンジが許されない
  8. 無駄な会議などが多い
  9. 評価制度が曖昧
  10. 男尊女卑な雰囲気
ゆり
どの社風の会社に入っても、悩んじゃいそうですね…
佐々木

そうですよね…悩みの限界が来る前に、

早めに転職エージェントに登録して、転職活動を始めることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

社風が合わない会社に入ってしまう原因

ゆり
そもそも、なんで社風が合わない会社に入ってしまうんですかね…?
佐々木

社風が合わない会社に入ってしまう原因は、転職活動に潜んでいます。

いくつかのパターンを挙げるので、確認していきましょう。

社風が合わない会社に入る原因
  1. 業界・職種のリサーチが不足している
  2. 自分に合っていない規模の会社を選択してしまう
  3. 給料や会社の知名度などで決めてしまう
  4. 内定が決まらず、焦って入社してしまう

それぞれ確認していきましょう。

原因1:業界・職種のリサーチが不足している

社風は、業界ごとに似通っているケースがあります。

例えば、変化の早いIT業界では、新しいことにどんどんチャレンジする社風があります。

一方で、堅実性を重んじるインフラ業界では、古い慣習を取り入れ、実直に業務をこなすことを良しとされています。

年功序列か実力主義かなど、業界ごとの慣習や仕事の進め方は、転職活動を行うなかである程度リサーチできるので、必ず確認しておきましょう。

原因2:自分に合っていない規模の会社を選択してしまう

裁量権を求めて大企業から中小企業に転職したり、安定を求めて大手企業に転職するケースは多々あります。

しかし、転職できたものの、人間関係の密度や仕事の進め方の違いに戸惑ってしまう人も実際に多くいます。

規模が異なる会社へ転職することは、決して悪いことではありません。

ただ規模が違う分、社風など大きな環境の変化があることを念頭に置いておく必要があります。

原因3:給料や会社の知名度で入社を決めてしまう

給料を理由に転職を決める人はたくさんいますが、実際にそれだけの給料をもらうためには、厳しい仕事が待っていることを理解しておきましょう。

給料を多くもらう分、仕事量が増えることは当然のことです。

また、会社名の知名度だけで入社を決めることも危険です。

外から見て憧れの会社に入れても、実際なかで働く人になれば、思わぬ社風があったり、想像以上の厳しい世界である場合もあります…

給料や会社名だけを見て転職を決めるのではなく、自分の転職する目的と照らし合わせて、転職先を決めましょう。

原因4:内定が決まらず、焦って入社してしまう

転職活動が長引けば、焦りも出てくるので、とりあえず内定をもらえた会社に入社しがちです。

焦って入社すると、条件や仕事内容などをじっくり吟味できないので、社風が合わなかったという事態が起こる可能性があります…

一刻も早く今の会社を辞めるために、焦る気持ちも分かりますが、転職活動は落ち着いて余裕も持って進める必要があります。

転職はあなたの人生において、重要な機会やチャンスなので、焦ってはいけません。

佐々木
以上が、社風の合わない会社に入ってしまう原因です。
社風が合わない会社に入る原因
  1. 業界・職種のリサーチが不足している
  2. 自分に合っていない規模の会社を選択してしまう
  3. 給料や会社の知名度などで決めてしまう
  4. 内定が決まらず、焦って入社してしまう
ゆり
確かに、もっと転職活動を慎重に行えばよかった…と後悔しています。
佐々木

自分一人だけで転職活動をしていると、入社してから「失敗した」と気づく方も多いです。

後悔しないためには、転職エージェントを利用してプロと一緒に転職を進めましょう。

おすすめの転職エージェント

社風が合わない会社を見極める方法|社風は業界・会社によって違う

佐々木

次に、社風が合わない会社を見極める方法についてお伝えします。

社風が合わない会社に入らないためにも、これからお伝えするのは重要なことです!

自分に合う社風を知るために自己分析をする

まず、自分に合う社風を知るためには、自己分析を行う必要があります。

転職先を探す際に、「社風が合いそう」「社風が合わなさそう」という判断軸にもなるので、自己分析は転職を成功させるためにも重要です。

実際、転職活動の自己分析では、下記のことをやっておきましょう。

自己分析でやるべきこと
  • キャリアの棚卸し(これまでの経歴を整理する)
  • 好きなこと、やりたいこと、できることの整理
  • 転職先を選ぶ優先順位を決める(仕事内容、給与、待遇、福利厚生、勤務地など)
  • 自分の市場価値を客観的に見極める
佐々木

自己分析をすれば、自分が転職で選ぶべき会社が見えてきます。

自分で自己分析をするのが難しい場合は、転職エージェントのサポートを受けることもおすすめです!

おすすめの転職エージェント

耐えられることと耐えられないことを分析する

佐々木

上記で説明した自己分析が終われば、次のステップです。

次は、耐えられることと耐えられないことを、次の4つの視点で洗い出してみましょう。

分析のポイント
  1. 人間関係
  2. 仕事の進め方
  3. 評価制度や社内の価値観
  4. 社内の雰囲気
佐々木
それぞれの耐えられること・耐えられないことの一例を紹介しておきます。
耐えられること・耐えられないこと

◯:耐えられること ×:耐えられないこと

  1. 人間関係
    ◯:飲み会が多い
    ◯:他部署との繋がりが薄い
    ×:噂話や悪口が多い
    ×:お局様社員がいる
  2. 仕事の進め方
    ◯:トップダウン
    ◯:常に上司の確認が必要
    ×:無駄な会議が多い
    ×:ダラダラと長時間働く環境
  3. 評価制度や社内の価値観
    ◯:堅実性が求められる
    ◯:新しいチャレンジを好まない
    ×:残業したほうが偉い
    ×:過程よりも結果重視
  4. 社内の雰囲気
    ◯:堅い
    ◯:黙って黙々と仕事
    ×:年功序列
    ×:意見を言いにくい

上記のような洗い出しを行った結果、「耐えられないこと」に該当する項目を避けられる会社が、あなたにとって社風の合う会社と言えます。

やりたいことや叶えたいことを考えることも重要ですが、マイナス面の優先順位づけを行うことで、社風の合う会社を見極められる確率が上がると言えるでしょう。

社風を見極める具体的な方法8選

佐々木
では、社風を見極める具体的な方法をお伝えしていきます。

ここでは、先ほど説明した「人間関係」「仕事の進め方」「価値観」「雰囲気」のうち、どの要素の参考になるかも合わせて説明していきます。

社風を見極める方法
  1. 企業のサイトから価値観や雰囲気を確認
  2. 求人情報から、社員のモチベーションの元を探る
  3. 一日のスケジュールから価値観や仕事の進め方を探る
  4. 配属予定のチームを尋ねて人間関係や雰囲気を探る
  5. 扱う商品やサービスから価値観や会社の思想を探る
  6. 実際に働いている人から人間関係、価値観、雰囲気を探る
  7. 会社の周辺に足を運び、人間関係、雰囲気を探る
  8. 口コミサイトや転職エージェントを頼ってみる

それぞれの方法についてお伝えしていきます。

方法1:企業のサイトから価値観や雰囲気を確認

企業のサイトでも、特に社長のメッセージやプロフィールをチェックしましょう。

営業畑出身の社長であれば、営業部門が社内で強い権限を持っていたり、総務や人事出身であれば、総務・人事の権限が強いなどの特徴があります。

部署のパワーバランスは、社風に反映されるので、社長の人となりは要チェックです。

参考になる要素

「価値観」「雰囲気」

方法2:求人情報から、社員のモチベーションの元を探る

求人情報で何が大きく打ち出されているかによって、社員の働くモチベーションを探ることが可能です。

「自己成長の大きさ」「社会貢献度の高さ」「ブランド力の継承」など、求人情報の大きな見出しに、会社の持つ価値観が現れます。

もちろん、給与や福利厚生でも社員のモチベーションを探ることができます。

インセンティブが高い会社では、収入をモチベーションとしている社員が多いと言えるでしょう。

参考になる要素

「価値観」「人間関係」

方法3:一日のスケジュールから価値観や仕事の進め方を探る

朝礼の有無や残業を良しとするかなど、スケジュールからも社風は読み取れます。

面接時に質問することがおすすめで、「前職では朝礼がありましたが、御社はどうですか?」と聞いてみましょう。

また、社内勉強会や課外活動、飲み会など、業務終了後のスケジュールを聞けば、より社風や社内の人間関係の密度が見えてきます。

参考になる要素

「価値観」「仕事の進め方」「人間関係」

方法4:配属予定のチームを尋ねて人間関係や雰囲気を探る

こちらも面接で確認することをおすすめします。

人数や平均年齢、男女比、上司の経歴やメンバーのスキルなど、配属予定の部署のことを聞けば、自分の立ち位置や人間関係を想像できるでしょう。

参考になる要素

「人間関係」「雰囲気」

方法5:扱う商品やサービスから価値観や会社の思想を探る

商品やサービスの打ち出し方、販売戦略などから、会社の価値観がうかがえます。

新事業の立ち上げや新商品の開発に積極的であれば、行動力のある人材が評価される可能性があります。

また、商品やサービスの安全性、信頼性を売りにしているのであれば、慎重さ・正確さが評価される社風と言えるでしょう。

参考になる要素

「価値観」「仕事の進め方」

方法6:実際に働いている人から人間関係、価値観、雰囲気を探る

社風を知る方法として、実際に働いている人に話を聞くことはベストです。

面接時に社内の見学と合わせて、同世代の社員の話を聞かせてもらいたい。とお願いしてみるのもいいでしょう。

また、SNSで社名を公開している方にメッセージを送ってみるのも一つの手です。

異業種交流会などに参加し、人脈を広げるのもおすすめです。

参考になる要素

「人間関係」「仕事の進め方」「価値観」「雰囲気」

方法7:会社の周辺に足を運び、人間関係、雰囲気を探る

会社周辺に足を運ぶと、意外にも社風が読み取れるケースがあります。

例えば、社員証を下げたまま外出している社員もいて、身なりや雰囲気を確かめることが可能です。

また、ランチの場に出くわせば、社員同士の会話から社風を読み取れるでしょう。

参考になる要素

「人間関係」「雰囲気」

方法8:口コミサイトや転職エージェントを頼ってみる

まず、口コミサイトに掲載されている内容は、全て真実とは限らないということを念頭に置いておきましょう。

しかし、マイナス面のリスクを見積もる方法として、口コミサイトや転職エージェントからの評判は有効です。

参考になる要素

「人間関係」「仕事の進め方」「価値観」「雰囲気」

佐々木
以上が、社風を見極める具体的な方法です。
社風を見極める方法
  1. 企業のサイトから価値観や雰囲気を確認
  2. 求人情報から、社員のモチベーションの元を探る
  3. 一日のスケジュールから価値観や仕事の進め方を探る
  4. 配属予定のチームを尋ねて人間関係や雰囲気を探る
  5. 扱う商品やサービスから価値観や会社の思想を探る
  6. 実際に働いている人から人間関係、価値観、雰囲気を探る
  7. 会社の周辺に足を運び、人間関係、雰囲気を探る
  8. 口コミサイトや転職エージェントを頼ってみる
ゆり
いろんな方法で社風を見極められるんですね!
佐々木

はい!自分の知りたいポイントを明確にして、実際に転職先の社風を確かめてみましょう。

より深く社風を確かめたい人は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

社風が合わない会社から転職したい!失敗しない唯一の方法

佐々木

まず、転職を考えているのであれば、在職中に「転職エージェント」に相談をしましょう。

それがたった一つの転職を成功されるための方法です!

率直に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用しています!

また転職エージェントは、サポートが他の転職方法よりも充実しているので、

忙しい今の仕事を続けながらでも、効率よく転職活動が行えるでしょう。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

なので転職エージェントを使えば、失敗の原因を未然に防ぐことが出来ますよ!

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
転職エージェントがいいのはよく分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントでは、転職に関するアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。
ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

社風が合わない方全員におすすめ

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木

また転職エージェントは、「非公開求人」を数多く保有しています。

なので、登録しないと知れない求人情報もたくさんありますよ!

ゆり
サイトに公開されている情報だけではなく、非公開の案件もあるんですね!
佐々木
はい!エージェントによっても数は違いますが、実際約8割は非公開求人と言われています。

なかには、日本を代表する大手企業や幹部クラスの求人まで、魅力的な情報が多数ありますよ!

ゆり
絶対登録して、非公開求人はもちろん、多くの情報を聞くべきですね!
佐々木

はい!非公開求人は、早い者勝ちです。求人がなくなる前に情報を得ましょう。

転職にまだ本気でなくても、まずは相談だけでもOKなので、気軽に登録してみましょう!

社風が合わないストレスで辞めた人の体験談&2chまとめ

佐々木
それでは、社風が合わず会社をやめた人の体験談を紹介します。

245: 名無しさん@引く手あまた 2016/07/30(土) 07:51:03.76 ID:zTXmWHe40
俺は理由の一つに「社風が合わない」を言ったよ。
軽電は中韓資本に押されて薄利多売でもうダメです。
だから(重電or自動車)を希望してます。って。他にも3.11を契機にインフラ、エネルギー問題を意識して、
自分が携わって解決したかったとか。
昔から自動車が好きで…とか、
開発の上流の仕事がしたくて(前職は子会社だった)とかも言ったけど。
出典:2ch
佐々木
また、下記のような口コミもあります!
体育会系の社風が苦手でした

広告代理店→外資系企業

広告代理店で働いていましたが、基本的に体育会系の社風です。

部署によって雰囲気は異なりますが、総合職にいた私の環境は、バリバリ働いて、深夜まで残業は当たり前。

週末は毎回飲み会って感じでした。

そんな環境なので、仕事第一という人にはいいですが、プライベートを優先したい人には合わないと思います。

実際に離職率も高かったですね…

私はリクルートエージェントさんで、転職活動をサポートしてもらいました。

今は体育会系の社員も少ない環境で、外資系企業の事務職をやっています。

(27歳・ 女性・年収300万円台)出典:転職相談

ゆり

やっぱり社風で働く上で重要ですよね。

ストレスが限界に達する前に、転職したいです。

佐々木

そうですね!

正しい方法で転職活動を行えば、時間をかけることなく早めに転職できますよ!

社風が合わない会社を辞める時に準備すべきこと

佐々木
それでは実際に、社風が合わない会社を辞めるために準備すべきことをお伝えします。

社風が合わない会社を辞めるときに準備すべきこと

まず、会社を辞めるときには次の2つのことを準備しておきましょう。

準備すべきこと
  1. プロに転職の相談をしておく
  2. 転職先のリサーチを入念に行う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.プロに転職の相談をしておく

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります…

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

2.転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には…

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。

佐々木
以上が、社風が合わない会社を辞めるときに準備しておくべき2つのことです。
準備すべきこと
  1. プロに転職の相談をしておく
  2. 転職先のリサーチを入念に行う

社風の合わない会社を円満に退職する方法

ゆり

ただ実際辞めるって決まった時に、上司に退職したいって言えるか不安なんですよね…

普段厳しい上司だし、引きとめられそうでなかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、上司に退職の意思を伝えたところ、下記のような引きとめにあうそうです。

引き止められるパターン
  • 待遇を見直すから考え直してほしい
  • 担当業務を変えるから続けてくれないか
  • 次の社員が見つかるまでは続けてほしい
  • 勤務時間を変えるから残ってくれないか
  • 他の部署に異動するのはどうか

上記のような引きとめはよくあるパターンです。

人手不足に悩んでいる会社はたくさんありますし、上司もできるだけ退職者を出したくないのです…

なので、人によっては引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

一人に退職の話をするとすぐに噂は広まります。

そのため、上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、印象が悪くなったり、同僚からも退職するまでの間、働きにくいと感じられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲の良い同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに会社を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、通勤定期、制服など会社からの支給品があれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり
店長に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木
はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスは、どうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

そもそも社風の意味や定義は?

社風とは、社員が感じる会社の雰囲気や特徴のことを指します。

主に、企業や組織の人間関係を基本として労働環境のことで、空気感、感覚的な要素が大きく関係してきます。

社風は、人間に例えると「人柄」の部分に当てはまると言えるでしょう。

社風は組織の性格であると考えられ、性格面の「組織風土」と価値観の「企業文化」から影響を受けていると言えます。

社風に影響がある組織風土や企業文化

組織風土は、従業員間で共通認識とされる規則や価値観のことを指します。

外部からの影響を受けにくく、自然発生するものであり、社員の行動や感情、モチベーションに大きく影響を与える要素です。

組織風土に影響を与えるものの例としては…

組織風土に影響を与えるもの
  • 経営理念
  • 就業規則
  • 人事制度
  • 社内のローカルルール
  • 判断基準

企業文化は、従業員間で共有されている信念、前提条件、ルールなどを指します。

外部からの影響を受けながら徐々に変化していくもので、社員の仕事の進め方に大きな影響を与えています。

企業文化に影響を与えるものの例としては…

企業文化に影響を与えるもの
  • 個人主義かチームワーク重視か
  • 成長志向か安定志向か
  • 年功序列か成果主義か
  • トップダウンかボトムアップか
  • 褒めて育てるか叱って育てるか

現在、市場の柔軟な変化に対応しながら、個を活かすため、風通しのいい社風の会社が増えています。

その一方で、まだまだ古い慣習が残った社風の会社もあり、入社後のミスマッチから早期退職をする人もたくさんいます。

おわりに|理想の社風の会社を見つけるなら、まずはプロに相談

今回は、社風が合わないと悩んでいる方に向けて、社風が合わない会社に入ってしまう原因、転職活動で社風を見極める方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 社風が合わないこと理由に転職しても問題ない
  • 合わない社風を見極めるために自己分析を行うべき
  • 転職を成功させる唯一の方法は、転職エージェントを活用すること
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 転職に失敗しないためにリサーチをしっかり行うべき
  • 社風は、働く社員が感じる雰囲気や特徴のこと
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

社風が合わない方全員におすすめ

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木
あなたに合った社風の会社に転職できることを願っています!