転職エージェントおすすめランキング13選

飲食店辞めたい…飲食からの転職でおすすめの転職先&未経験でも失敗しない方法

飲食から転職を成功させる方法を解説

この記事でお伝えすること
  • 飲食店を辞めたい代表的な理由7選
  • 飲食店からの転職でおすすめの業種・業界
  • 飲食店からの転職で失敗を最小限する方法
  • 飲食店からの転職の成功例・よくある失敗例
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『休みも少ないし、飲食店を辞めて転職したい…』

『苦手な店長がいて、今の飲食店を辞めたい…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

飲食店の社員として働いていますが、転職を考えています…

バイトが少なく、休みも取れないので、このままでは身体がもちません…

佐々木

経営がうまく回っている飲食店であれば、ある程度整った労働環境ですが、

過酷な労働を強いられている飲食店の社員がたくさんいるのも事実です…

そこで、まずは飲食業界から他業種への転職は可能かどうかについてお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

飲食業界から他業種への転職・再就職はできる?

佐々木
実際、飲食店の社員はアルバイトと違って、厳しい労働環境で働いていることも多々あります…
ゆり

ですよね…休みは月2.3回だけ、1日10時間以上お店にいることは当たり前…

常に立ちっぱなしですし、バイトが休めば穴埋めしなければならないし…

佐々木

本当に、身体を壊してしまいますよね…

人によっては、飲食店の社員は「日本で一番きつい仕事をしている」と仰る人もいるほどです…

また、給料の安さも飲食店の社員を悩ませている大きなポイントです。

「これだけ働いているのに、給料はこれだけ?」と悩んでいる人も多く、残業代が出ない飲食店もあります。

飲食店の社員の平均年収と他業種の平均年収の差

実際、飲食店の社員の平均年収は以下のようになっています。

飲食店の平均年収
  • 20代男性:243万円|20代女性:227万円
  • 30代男性:319万円|30代女性:255万円
  • 40代男性:373万円|40代女性:250万円

一方、他業種全体の平均年収は…

他業種の平均年収
  • 20代男性:272万円|20代女性:254万円
  • 30代男性:365万円|30代女性:297万円
  • 40代男性:456万円|40代女性:317万円
佐々木

独立して自分の飲食店を持って、多くの収入を得ている人もいますが、

基本的に雇われて飲食店で働いている社員の年収は、他業種と比べて低い傾向にあります。

ゆり
他の業界の年収を見ると、やっぱり転職すべきなのかな?って思いますね。
佐々木

そうですよね…

実際、給料の低さが理由で飲食店を辞めている人はたくさんいます。

飲食から他業種への転職はできる

ゆり
ぶっちゃけ飲食の仕事しかしたことないんですが、他業種に転職できるんですかね?
佐々木

もちろん!他業種への転職は可能ですよ!

特に、飲食店からの転職の場合、キャリアよりも人柄やコミュニケーション能力が重視されるでしょう。

飲食店での経験は、なかなか他業種への転職で活用できないという人もいますが、人柄やコミュニケーション能力は別です。

例えば、飲食店でお客さんからクレームを受けたときどう対応したか、アルバイトスタッフのモチベーションを保つためにどう接したかなど。

飲食店での仕事を通じて培ってきた、あなたの人柄やコミュニケーション能力は、どんな仕事でも応用できる立派な武器です。

佐々木

また、一般的に25歳を過ぎると、未経験での転職は厳しいと言われますが、

飲食店で働いた経験があれば、30代でも転職は可能です!

例えば、人手不足の飲食店に勤務していた人は、アルバイトスタッフを辞めさせないように努力してきたり、教育ノウハウも確固として持っています。

飲食業界だけでなく、今の世の中、多くの業界で人手不足に悩んでいる企業がたくさんあります。

飲食店で人手不足の中、業務に全うしてきた経験は、転職において大きなアピールポイントとなり、転職先でも活躍できる可能性が大いに高まるでしょう。

転職・再就職が上手くいかないのは戦略が間違っているかも

佐々木

また、既に飲食店を辞めるために転職活動に取り組んでいる人もいると思います。

しかし、転職活動は戦略的に行わなければなかなか上手くはいきません。

転職活動は、あなたという商品を面接官に売り込む機会です。

いくらあなたが魅力的な能力を持っていたとしても、面接官に伝わらなければ内定はもらえません。

履歴書や職務経歴書、面接での自己PR、志望動機などは、なんとなく考えるのではなく、しっかりと作り込む必要があるのです。

ゆり

なかなか自分のアピールポイントなんて思いつきませんし、

実際、面接当日になれば緊張して上手く話せないんですよね…

佐々木

飲食店で学んだ、コミュニケーションスキル、マネージメント力は全てアピールポイントです。

どんな仕事にも活かせることなので、飲食店での仕事を振り返り、話せるエピソードを用意しましょう。

まず、転職のプロに相談してみることが一番の近道

佐々木

もし、自分のアピールポイントや面接のことで悩んでいるなら、

「転職エージェント」に相談してみるのがいいでしょう。

転職エージェントは、転職のプロということもあり、他業種の仕事に対する豊富なノウハウを持っていることはもちろん、あなたに合ったサポートを実施してくれます。

求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策、志望動機や職務経歴書の添削など、様々なサポートを転職エージェトは行っています。

佐々木
転職を成功させるためにも、まずは登録して相談をしてみましょう。
おすすめの転職エージェント

飲食店を辞めたい…辞める理由7選

佐々木
まず、飲食業界のデータをいくつか見ていただきたいです。

データ1:飲食店の離職率

上記の緑のグラフが、離職率のデータですが、「宿泊・飲食サービス業」の離職率は、30.0%とトップであることが分かります。

2位の「生活関連サービス業・娯楽業」に10%の差をつけているので、いかに飲食業界が離職率が高いか分かるでしょう。

データ2:飲食店の総労働時間

時間内勤務(定時)と残業時間を合わせた、月間の総労働時間を示した表です。

「飲食サービス業」は、他の業種と比べて最も労働時間が長いというデータが出ています。

データ3:飲食店の有給休暇取得率

一番右の赤枠が、有給休暇の取得率となっています。

「宿泊業、飲食サービス業」は最も低い32.8%という数字になっていることが分かります。

佐々木

離職率、総労働時間、有給休暇の取得率…どのデータを見ても、飲食業は底辺にいるのです…

いま飲食店で働いている人は、それほど過酷な環境にいるということを頭においておきましょう。

飲食店を辞める理由7選

佐々木
それでは、実際に飲食店を辞める理由をお伝えしていきます。
飲食店を辞める理由
  1. 勤務時間の異常な長さ
  2. 休日の少なさ
  3. 激務なのに給料が安い
  4. 店舗の人間関係が悪い
  5. 慢性的な人手不足で限界
  6. ハードワークで身体の限界
  7. お客さんのクレーム対応が辛い
佐々木

細かい理由は、他にももっとたくさんありますが、

飲食店の社員は、上記のような理由から辞めたいと考えています。

ゆり

私が辞めたい理由も含まれていますし、

一緒に働いている社員の人や既に辞めた人も、同じような理由で悩んでいましたね…

佐々木

店舗によって、労働環境は大きく変わってきますが、

仕事がきつすぎて、倒れてしまう人もいますからね…

飲食店から転職するメリット

佐々木
それでは、飲食店から転職して得られるメリットを、次にお伝えします。
飲食店から転職するメリット
  1. 長時間労働から解放される
  2. 年収が上がる可能性がある
  3. 土日休みなど休日が増える
  4. 人間関係のストレスなく働ける
  5. 人手不足ではなく、余裕を持って働ける
  6. クレーム対応をする必要がなくなる
佐々木
飲食店から転職するメリットは、上記のようなことが考えられます。
ゆり

全てを手に入れることは難しいかもしれませんが、

飲食店からの転職で、こんなにも様々なメリットが得られるんですね!

佐々木

はい!いい転職先を見つけられたら、今の悩みがなくなるだけでなく、

将来への希望もどんどんわいてきて、仕事が楽しくなりますよ!

飲食からの転職先で、おすすめの業界・職種

佐々木
それでは飲食店からの転職で、おすすめの転職先をお伝えしていきます。

基本的に、飲食店からは幅広い業界への転職が可能ですが、今回は下記の職業に絞ってお伝えしていきます。

飲食店からおすすめの転職先
  1. 営業職
  2. 事務職
  3. Web・IT企業
  4. 人材関係
  5. 教育関係
  6. 食品関係
  7. 介護職
  8. ビルメンテナンス
  9. 比較的ホワイトな飲食店

それぞれ詳しく確認していきましょう。

各業種業界の平均年収もお伝えしていくので、あわせてご覧ください。

おすすめの転職先1:営業職

営業職は、飲食店での勤務経験をフルに活かせる職種です。

営業職は対人スキルが必須なので、飲食店で培ってきたコミュニケーション能力は、大いに活用できるでしょう。

また、転職市場でも営業職の求人は非常に多く、就職のハードルも比較的低いと言われています。

経営が安定している老舗メーカーなどの営業職になれば、労働時間もかなり減らすことができるでしょう。

営業職の平均年収
  • 法人営業:452万円
  • 個人営業:425万円

おすすめの転職先2:事務職

飲食店から事務職に転職する女性は、非常に多いです。

事務職であれば、定時に帰れることはもちろん、土日が休みの会社も多いので、自分の時間を作れるというのが大きな転職のメリットでしょう。

また、事務職は一見地味で黙々と仕事をしているようですが、コミュニケーション能力が非常に必要な仕事です。

同じ事務職のメンバーはもちろん、他部署とも連携を取りながら仕事を進めるので、コミュニケーション能力は必須です。

飲食店で培ってきたコミュニケーション能力は、事務所でもきっと活用できるでしょう。

事務職の平均年収
  • 一般事務:328万円
  • 営業事務:323万円
  • 秘書/受付:337万円

おすすめの転職先3:Web・IT企業

実は、飲食店からWeb業界へ転職する人もたくさんいます。

Web業界は、比較的平均年齢が若いことも特徴の一つですが、未経験からでも挑戦できる仕事が多いのも特徴です。

例えば、記事を書いたり、編集業務をするWebライター、サイトを作ったり、システムのトラブルに対応するWebエンジニアなど、未経験OKの求人を出している企業がたくさんあります。

特に、飲食店経験を経て転職先を探している若者であれば、活躍できる余地は十分にありますし、給料アップも期待できるでしょう。

Web・IT企業の平均年収
  • プログラマ(オープン系・Web系):403万円
  • アプリケーション設計(オープン系・Web系):508万円
  • ITコンサルタント:655万円
おすすめの転職エージェント

おすすめの転職先4:人材関係

人材関係の大きな魅力は、給料の高さです。

もちろん給料が高い分、責任や仕事の質は問われますが、責任感や目的意識の高い人は向いていると言えるでしょう。

人材業界の営業職はきつい。なんて言葉も耳にしますが、飲食店で得たコミュニケーション能力が活かせる仕事でもあります。

給与に不満を抱えながら飲食店で働いている人には、おすすめの業界と言えるでしょう。

人材関係の平均年収
  • 人材サービス(営業職):413万円

おすすめの転職先5:教育関係

塾や教室を運営する教育関係の仕事も、飲食店から人気の転職先です。

教育関係は、飲食店での人材育成やマネジメントスキルが活かせる業界で、やりがいを感じることも非常に多いと言われています。

また、飲食店と違ってデスクワークも増えるため、身体的な負担も少なくなるでしょう。

教育関係の平均年収
  • 学習塾の講師:368万円
  • 専門学校の教員:513万円

おすすめの転職先6:食品関係

飲食業界の経験者として、お客さんの美味しいというニーズを掴めているのは、貴重なスキルです。

食品関係の企業に転職し、販売や企画開発を担当すれば、あなたの飲食店での経験は大いに活用できるでしょう。

ターゲット分析やマーケティング能力は、後からいくらでも身につくスキルです。

これまでの経験で得た顧客ニーズをもとに、食品関係の企業でも活躍できるでしょう。

食品関係の平均年収
  • 食品/消費材メーカー(営業職):425万円

おすすめの転職先7:介護職

介護職への転職も、非常に多い傾向があります。

人によっては、飲食店の頃よりも給料が下がる場合もありますが、仕事は飲食よりもきつくないですし、休みが増えることもメリットです。

また、夜勤む含めればある程度の給料はもらえるので、生活に困ることはありません。

介護業界も人手不足に悩んでいる企業が多いので、転職先を探すことには苦労しないでしょう。

介護職の平均年収
  • 介護福祉士の平均年収:318万円
  • ケアマネージャーの平均年収:358万円
  • 理学療法士(PT)の平均年収:396万円
おすすめの転職エージェント

おすすめの転職先8:ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、ビルやマンションの空調設備や警報機などのメンテナンスを行う仕事です。

ボイラー作業など、資格が必要な仕事もありますが、未経験・無資格でも積極的に採用し、資格取得サポート制度を導入している企業もあります。

また、仕事内容はシンプルで、作業時間もきっちり決まっています。

そのため、休日がほしい、残業が少ない仕事がいい。と悩んでいる方にはおすすめの転職先です。

ビルメンテナンスの平均年収
  • ビルメンテナンス:287万円

おすすめの転職先9:比較的ホワイトな飲食店

未経験でも他業種へ転職可能ですが、同じ飲食業界に残るのも一つの選択肢です。

何より、これまでの飲食店での経験を一番活かせるのは、同じ飲食業界です。

ただし、別の飲食店に転職するなら、同じ失敗を繰り返さないためにも慎重に転職先を探す必要があります。

ただなんとなくではなく、しっかり自分の希望の条件を見つめ直し、不満なく働ける比較的ホワイトな飲食店へ転職しましょう。

飲食業の平均年収
  • 飲食店の社員:300万円
佐々木
以上、飲食店からおすすめの転職先です。
飲食店からおすすめの転職先
  1. 営業職
  2. 事務職
  3. Web・IT企業
  4. 人材関係
  5. 教育関係
  6. 食品関係
  7. 介護職
  8. ビルメンテナンス
  9. 比較的ホワイトな飲食店
ゆり
飲食店からこれだけの業種業界に転職できるんですね!
佐々木
はい!飲食店で経験は非常に貴重なものなので、それを活かせる転職先はたくさんありますよ!

飲食店からおすすめの業界に転職した人の口コミ

佐々木
それでは、実際に上記で紹介した業種業界に転職した人の口コミをいくつかご紹介します。
仕事に対する目的意識ができた

飲食店→営業職

僕は、飲食店での仕事を辞めて、東京都内のベンチャー企業で営業をやっています。

今までは、長時間労働や残業が当たり前でしたが、転職した後はメリハリを持って仕事ができています。

確かに営業でも大変なことはありますが、しっかり成績を残せば給料も上がるし、目的意識をしっかり持って働けています。

もともと飲食店の頃から、お客さんとコミュニケーションを取ることは苦手じゃなかったので、営業の仕事もすんなり馴染めました!

(28歳・ 男性・年収300万円台)出典:転職相談

自分の好きな仕事に出会えた

飲食店→教育関係

飲食店を辞めたのは、3年前のことです。今は塾講師として中学生に数学を教えています。

もともと人間関係がうまくいってなくて、飲食店を辞めたんですが、
今は同僚や上司にも恵まれて、楽しく仕事ができています。

飲食店でも教育係の立場に立っていたので、もともと人に何かを教えるのは好きでした。

今は中学生が相手なので、一人ひとりの将来を背負っていると思うと、すごくやりがいを感じます。

やっと自分の好きな仕事を見つけられたかな…そんな気持ちです!

(25歳・ 女性・年収300万円台)出典:転職相談

佐々木

様々な悩みを抱え、飲食店から転職する人が多いですが、

しっかりと自分の好きな仕事を見つけられると、やりがいを持って仕事ができますね!

また、転職できる業界が多い分、どこに転職すべきか迷われると思います。

それぞれの業界については、転職エージェントに詳しく話を聞いてみることをおすすめします。

あなたにとって最適な転職先を見つけるために、プロに相談してアドバイスをもらいましょう。

おすすめの転職エージェント

飲食からの転職を成功させるための、たった一つの方法

佐々木

まず、転職を考えているのであれば、在職中に「転職エージェント」に相談をしましょう。

それがたった一つの転職を成功させるための方法です!

率直に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用しています!

また転職エージェントは、サポートが他の転職方法よりも充実しているので、

忙しい飲食店の仕事を続けながらでも、効率よく転職活動が行えるでしょう。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

なので転職エージェントを使えば、失敗の原因を未然に防ぐことが出来ますよ!

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
転職エージェントがいいのはよく分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントでは、転職に関するアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。
ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

飲食店の方全員におすすめ

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木

また転職エージェントは、「非公開求人」を数多く保有しています。

なので、登録しないと知れない求人情報もたくさんありますよ!

ゆり
サイトに公開されている情報だけではなく、非公開の案件もあるんですね!
佐々木
はい!エージェントによっても数は違いますが、実際約8割は非公開求人と言われています。

なかには、日本を代表する大手企業や幹部クラスの求人まで、魅力的な情報が多数ありますよ!

ゆり
絶対登録して、非公開求人はもちろん、多くの情報を聞くべきですね!
佐々木

はい!非公開求人は、早い者勝ちです。求人がなくなる前に情報を得ましょう。

転職にまだ本気でなくても、まずは相談だけでもOKなので、気軽に登録してみましょう!

飲食店辞めてよかった!体験談&2chまとめ

佐々木
それでは、ここで飲食店から転職を成功させた人の体験談を紹介します。

361 :名無しさん@引く手あまた:2005/06/24(金) 14:23:52 ID:K1X6nTUq

私は外食やめて、IT資格取って、インフラに逃げました、
休みも取れるし、残業あっても残業代でるし、外食で働いてた
自分を今になって考えてみると阿呆らしく思える。

出典:2ch

360 :FROM名無しさan:2005/06/24(金) 14:18:48 ID:SnVWMOHe

もれは外食をやめて大手の運輸会社で働いてる。前職より勤務時間は長く
なったけど、休みもきちんとしてるし、なにより精神的なストレスが無くなった

出典:2ch

佐々木
また、下記のような口コミもあります!
自分の時間と給料が増えた

飲食店→営業職

飲食店で働いていた頃は、店舗が人手不足だったこともあり、サービス残業や急な出勤に悩まされていました。

休憩時間を取ることもできず、長期間労働は当たり前…ボーナスは出ないし、残業代も出ませんでした。

このままでは将来も不安だし、ちゃんと働いた分を評価してもらえる会社に転職したいと思い、リクルートエージェントDODAに登録して転職活動を開始。

今は、食品卸の営業職をやっていますが、給料が上がったことはもちろん、土日は必ず休みなので、自分の時間が増えました。

仕事を頑張れば、給料という形で評価が上がっていきますし、やりがいも感じています!

(29歳・ 男性・年収400万円台)出典:転職相談

ゆり
転職に成功できた人は、悩みから解放されて、楽しく働けていますね!
佐々木

そうですね!

正しい方法で転職活動を行えば、転職に成功する確率はグッと高まりますよ!

飲食からの転職でよくある失敗例

佐々木

もちろん、全員が飲食からの転職に成功しているわけではありません…

次に、飲食からの転職でよくある失敗例を確認しておきましょう。

転職に失敗する人の特徴として、「業界や職場への不満だけが転職理由になっている」ということがあります。

勤務時間や待遇、人間関係などの理由で転職を考えるのは、悪いことでありません。

しかし、業界や職場への不満といったネガティブな感情だけでなく、「転職後にどんなキャリアを歩みたいか」を考えることが大切です。

佐々木
転職後のキャリアを考える方法は、次のことを項目と向き合ってみることをおすすめします。
転職後のキャリアの考え方
  • そもそもなぜ転職したいと思っているのか
  • 転職先で活かせる自分の強みや経験は何か
  • 転職先の仕事でどういった成果をあげたいか
  • 転職先でどういった経験やスキルを得たいか
  • 10年後、どのような働き方をしていたいか

上記のような観点で自分と向き合えば、転職後のキャリアも少しずつ見えてきます。

しかし、なかなか一人で考えることは難しいので、転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの根幹に向き合って、転職活動を乗り越えるためのアドバイスを行ってくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント

飲食店を辞める時に準備すべきこと

佐々木
それでは実際に、飲食店の仕事を辞めるために準備すべきことをお伝えします。

飲食店の仕事を辞めるときに準備すべきこと

まず、飲食店の仕事を辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。

準備すべきこと
  1. 飲食店を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.飲食店を辞めた時のリスクと向き合っておく

転職せず飲食店で働き続ければ、店長になれることはもちろん、独立して自分の店舗を持つという道も見えてきます。

仕事を続ければ、給料が上がったり、スキルが身につくことは飲食店も同じです。

転職して他の業界に行けば、一からのスタートとなり、飲食店に入社した頃のように新人の状態から仕事を始めることになります。

転職先によっては、覚える仕事が多かったり、厳しい研修制度を取り入れているところがあることも頭に置いておきましょう。

2.プロに転職の相談をしておく

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります…

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

3.転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には…

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。

佐々木
以上が飲食店の仕事を辞めるときに準備しておくべき3つのことです。
準備すべきこと
  1. 飲食店を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

飲食店を円満に退職する方法

ゆり

ただ実際辞めるって決まった時に、店長に退職したいって言えるか不安なんですよね…

普段厳しい店長だし、引きとめられそうでなかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、飲食店で働いていた人が退職の意思を伝えたところ、下記のような引きとめにあうそうです。

引き止められるパターン
  • 待遇を見直すから考え直してほしい
  • 今辞められるとお店が回らなくなる
  • 次の社員が見つかるまでは続けてほしい
  • 勤務時間を変えるから残ってくれないか
  • 出勤日数を減らすから続けてくれないか

上記のような引きとめはよくあるパターンです。

人手不足に悩んでいる飲食店はたくさんありますし、店長もできるだけ退職者を出したくないのです…

なので、人によっては引きとめが凄まじい店長もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

絶対に店長に退職を伝える前に、同僚やバイトに伝えない

一人に退職の話をするとすぐに噂は広まります。

そのため、店長に退職の意思を伝える前に、同僚やバイトに話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、印象が悪くなったり、同僚からも退職するまでの間、働きにくいと感じられるかもしれません…

また、退職することが別の人から店長の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲の良い同僚がいても、絶対に店長に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに会社を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、通勤定期、制服など会社からの支給品があれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは店長に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり
店長に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木
はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスは、どうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

飲食から転職する人へ!志望動機・自己PRの書き方

ゆり
転職する上で避けては通れないと思うんですが、志望動機とか自己PRとか苦手なんですよね…
佐々木

確かに、志望動機や自己PRを苦手とする人は多いですね…

飲食から転職するなら、どんな志望動機や自己PRがいいのかお伝えします。

飲食から転職するときの志望動機としては、「中長期的なキャリア形成を意識した内容」がおすすめです。

例えば…

志望動機の例

飲食店での仕事はルーティーンワークが多いので、様々な業務内容を経験して、スキルアップできる仕事に挑戦したいと思い転職を決めました。

志望動機の例

人手不足から拘束時間も長いので、長期的に働くことは難しいと考えました。

私は、長期的に仕事を続けられる環境で、専門知識を身につけ、お客様の役に立ち会社に貢献したいと考えています。

あくまで例ですが、現在働いている飲食店では、実現できないキャリアの在り方を、転職によって実現したいという形が理想的な志望動機です。

しかし、現状の不満を示しすぎるのもよくないので、程よく抑えることも大切です。

佐々木
それでは次に、飲食店からの転職のパターン別に、志望動機の例を紹介します。

転職パターン1:飲食業界から他業種へ

志望動機の例

飲食店→IT企業の営業職

「接客から契約後の保守管理まで、1人のスタッフが担う」という方針に魅力を感じ、貴社の求人に応募させていただきました。

前職では、料理の素材を深く知ることこそが、質の高いサービスを作り出すことだと考え、食材の調理方法やレシピの習得に真摯に向き合ってきました。

前職の飲食業界と業種は異なりますが、これまでの経験は商品理解が重要な貴社のシステム販売でも活かせると考えております。

IT関連の知識は勉強中ですが、いち早く最新の知識を頭に入れ、貴社の事業に貢献したいと思っています。

転職パターン2:飲食業界から同業他社へ

志望動機

飲食店→飲食店

「お客様一人ひとりに最高のおもてなしを提供する」という貴社の営業方針に魅力を感じ、求人に応募させていただきました。

前職のファミリーレストランでは、接客態度や提供商品の研究を日々積み重ね、接客コンテストで優勝した経験も持っています。

貴社は、一人ひとりのお客様としっかり向き合うために、小規模な店舗でもあるので、より深い接客ができることも魅力に感じています。

前職で培った接客スキルを活かし、多くのお客様に「また来たい」と思ってもらえるお店づくりに貢献したいと思っています。

佐々木
自分の強み、そしてこれまでの経験を振り返って、志望動機や自己PRを考えてみましょう!

おわりに|飲食からの転職を成功させるなら、まずはプロに相談しよう

今回は、飲食店から転職したい方に向けて、飲食店からの転職でおすすめの業界や転職の成功事例、失敗しない転職方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 飲食店から他業種への転職は十分可能
  • 勤務時間・給与・激務…飲食店を辞める理由は様々ある
  • 飲食店から転職に成功している事例は多数ある
  • 飲食店から転職したいなら、まずは在職中にプロに転職相談するべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 飲食店を辞めるリスクとも向き合っておくべき
  • 前職の飲食店での経験を活かして、志望動機・自己PRを行うべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

飲食店の方全員におすすめ

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木
あなたが飲食店から転職に成功できることを願っています!