転職エージェントおすすめランキング13選

自動車整備士から転職した成功例|辞めたい人のベストな転職先と理由

自動車整備士の転職成功方法を解説

この記事でお伝えすること
  • 整備士の経験を活かせる転職先
  • 整備士からの転職で失敗を最小限にする方法
  • 整備士から転職した成功例
  • 整備士から他業種への転職について
  • 整備士を辞めるための退職準備
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『整備士の仕事って、思ってたよりもきつくて辞めたい…』

『給料も低いし、自動車整備士辞めて転職しようかな…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

車が好きで整備士になったけど、仕事はきついし給料は安いし…

最新別の業界に転職しようかな…と悩んでいます。

佐々木

仕事のきつさや給料の安さなどから、将来への不安を感じて、

転職しようかなと悩んでいる自動車整備士の方は、男女を問わずたくさんいます…

そこで、まずは自動車整備士から他業種への転職は可能かどうかについてお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

自動車整備士から他業種への転職・再就職は可能?

佐々木
まず、自動車整備士から他業種への転職は可能です!

実際に、自動車整備士として勤めている人の口から「キツイ」「給料安い」「危険」の3Kと呼ばれるワードはよく出てきます…

人手不足に悩まされている業界であり、サービス残業や休日出勤が当たり前なブラックな労働環境も、いまだに多々あるでしょう。

せっかく専門学校を卒業して資格を取ったにも関わらず、仕事のきつさや、給料の安さから転職を考える人もたくさんいます。

佐々木

どの業界でも「長く勤めていれば報われる」といった傾向を持っていますが、

整備士の世界では、今の世の中の状況を考えると必ず報われるとは言えません。

IT技術の発達により、自動車整備にも機械が活用され、どんどんオートマチックで出来る作業が増えています。

その分、整備士の仕事範囲はどんどんと減り、待遇面もますます悪化する可能性があります…

現状、自動車整備士の平均年収は372.5万円。他業種全体の平均年収は425万円なので、約50万円ほど整備士の給料は平均より低いということになります。

佐々木
もし、転職したい理由が給料の安さなのであれば、業界をしっかりと選ぶことで解消できるでしょう!

現場での実践的な経験、知識を転職活動に活かそう

自動車整備士からの転職であれば、営業や接客、IT企業など転職先の選択肢は山ほどあります。

しかし、どの業界に転職するにしても、今まで整備士として現場で経験したことや知識は活かすべきです。

細かい作業が得意、黙々と一人で作業をこなせるなど、整備士として培ってきたことは、他の業界でも十分活かせます。

また、自動車関連の事業を展開している会社に転職するのも一つの選択肢です。

カーディーラー営業、自動車セールスエンジニア、カーデザイナーなど、「整備士は辞めたいけど自動車は好き」というのであれば、自動車に関する他の仕事も選択肢に入れましょう。

成功まで最短コースで行きたいなら転職エージェントがおすすめ

佐々木

ただ一人で転職活動をするのは、苦労もたくさんあるでしょう。

なので、早く転職を決めたいのであれば、転職のプロに相談すべきです!

本当に整備士を辞めて転職を考えているのであれば、「自分はどんな業界に向いているのか」「自分の求めている仕事の条件は何か」など、しっかりと自己分析を行う必要があります。

転職のプロである「転職エージェント」に相談すれば、あなたの悩みや希望に寄り添って、最適な転職先を紹介してくれます。

佐々木

まずは、忙しい整備士の仕事の合間をぬって効率よく転職活動を行うために、

転職エージェントに登録、そして相談をしてみましょう。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

もしどこに登録すればいいか迷う場合は、20代・30代へのサポートが手厚い「マイナビエージェント」の登録をおすすめしますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

整備士から他業種へ転職した人の口コミ

佐々木
下記は、実際に整備士から他業種へ転職した人の口コミです。
整備士からホワイト企業へ転職

自動車整備士→メーカー

自動車整備士を8年してました。
その後、独学でパソコン(エクセル、ワード、パワポ等)と、英語(TOEIC550)を勉強し、現在はメーカーに転職しました。
よくある製造の方ではなく、ホワイトカラーの職場です。
給料は倍近く、休みも倍近く、福利厚生はしっかりしているし、子供二人マイホームも持てました。
周りは有名大学卒、大学院卒ばかりですが、現場を知らない方が多く、異色の経歴を持つ私は重宝されています。
やりたい仕事、やりがいのある仕事、どれくらいの給料が欲しいかを考えて、それに向けて経験、知識、資格を取得して転職活動に活かしてください。
全て自分次第で何とでもなります。
頑張ってください。

出典:Yahoo!知恵袋

佐々木
正しい方法で転職活動を行えば、上記の口コミのように、整備士からの転職に成功できるでしょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

自動車整備士を辞めたい…転職理由TOP5は…?

佐々木

次に、自動車整備士を辞める理由で特に多いTOP5をお伝えします。

整備士が転職を決意するのは、下記のようなことからです。

整備士を辞めたい理由
  1. 将来への不安がある
  2. 給料が安い・上がりにくい
  3. 仕事がきつく体力が持たない
  4. 土日に休みが取れない
  5. 人間関係に悩んでいる
ゆり

これがTOP5なんですね。

確かに私の周りの整備士が辞めていった理由も、この中に入っていますね…

佐々木

この5つの理由に悩んでいる整備士は、非常に多いですからね…

それでは、それぞれのポイントを確認しておきましょう。

辞めたい理由1:将来への不安がある

とりあえず自動車整備士になったものの、今の仕事内容や待遇を考えると、将来に対する不安を感じる人もたくさんいます。

若いうちはなんとかやっていけますが、将来の結婚や出産、40代や50代になった時の自分の姿を想像すると、整備士を続けることに不安を感じるのでしょう。

もちろん、整備士として経験を積めば積むほど技術は身につきますが、世の中の状況によって、整備士がいつまで活躍できるかも分かりません。

一緒に働く上司の姿を見ても憧れを感じず、「今のまま続けるとあの人になってしまう…」と不安を口にしている整備士もいます。

辞めたい理由2:給料が安い・上がりにくい

先ほどもお伝えしましたが、自動車整備士の給料は、他業種に比べて低めです。

実際に、他の人ができない作業を毎日しているのに、給料はこれだけか…と悩んでいる整備士がたくさんいます。

だんだんと年を重ねるごとに、今のままの給料ではやっていけないと不安に感じ、転職を決意するようです。

また、自動車をいじることが趣味という整備士であれば、仕事はもっと給料のいいところに転職して、趣味で自分の車をいじるという選択をする人もいるでしょう。

辞めたい理由3:仕事がきつくて体力が持たない

自動車整備士の仕事量は、シーズンによってかなり変わりますが、基本的に暇な時間はありません。

急なマシントラブルでの来客はもちろん、予定に入っていない仕事を営業マンが急に持ってくることもあります。

そのため、計画を立てて仕事を進めるのが難しく、1日の仕事量がどんどん増えていくこともあるでしょう…

会社によっては、経費削減のために整備士を減らしているところもあり、一人あたりの整備士の負担はかなり大きくなっています。

辞めたい理由4:土日に休みが取れない

土日が休みの環境もありますが、ほとんどの整備士は土日も仕事をしています。

先ほどお伝えした通り、一人当たりの仕事量が多いので、仕事が終わらず土日も出勤しないといけばいケースもあります。

特に繁忙期は、車検の数も増えるので全く休みが取れないこともあるでしょう…

土日はしっかり休んで、家族や友人との時間を作りたい!といったことから、転職を考える整備士はたくさんいます。

辞めたい理由5:人間関係に悩んでいる

あくまでも職場によりますが、古い体育会系の風習が自動車整備士の世界には残っており、ピリピリとした職場環境もあります。

理不尽に怒られたり、工具を投げつけられたり、パワハラも多いと言われています。

「仕事は見て盗め」というベテラン整備士もいて、若い整備士は仕事を教えてもらえず、毎日仕事で悩んでいる人もたくさんいるでしょう。

佐々木
以上が整備士を辞めたい理由TOP5です。
整備士を辞めたい理由
  1. 将来への不安がある
  2. 給料が安い・上がりにくい
  3. 仕事がきつく体力が持たない
  4. 土日に休みが取れない
  5. 人間関係に悩んでいる
ゆり
自分でどうにかできる理由じゃない分、転職も考えちゃいますよね…
佐々木

そうですね…

整備士としての将来性を考えるよりも、日々の辛さから早く抜け出したい!と考える人もたくさんいます。

人気の優良求人は早い者勝ち!

整備士から転職するメリット

佐々木

実際に転職するとなれば、今の仕事よりもいいものを求めて転職先を探しますよね。

整備士から転職するメリットとしては、次の3つが考えられます。

転職するメリット
  1. 給料・年収が上がる
  2. 仕事が終わる時間が早い、土日も休める
  3. 人間関係に悩む必要がなくなる

それぞれのメリットを確認していきましょう。

メリット1:給料・年収が増える

先ほどもお伝えした通り、整備士からの転職で、給料を上げられる転職先はたくさんあります。

また、最初の給料は整備士と同じくらいでも、昇給やボーナスなどの制度が整っている環境を選べば、すぐに整備士時代の年収を上回れるでしょう。

せっかく取得した整備士の資格がもったいないと思う人もいるかもしれません。

確かに、専門学校で使った学費などが返ってくることはありませんが、早めに転職することで、学費分の出費を取り返すことはできるでしょう。

メリット2:仕事が終わるのが早い、土日も休める

整備士でなくても、残業はほとんどの業界であります。

しかし、連日遅くまでの残業や土日も強制出勤といった整備士のような職業は、ほとんどありません。

残業を頑張る日、今日は早く帰る日とメリハリをつけている職場も多く、残業も強制ではありません。

定時に毎日帰れる職場もあれば、土日休みが確定している会社もあります。

整備士からの転職では、ほとんどの業界で休みを増やせるでしょう。

メリット3:人間関係に悩む必要がなくなる

整備士は、同じ職場のスタッフと協力して仕事を進めなければなりません。

もちろん、なかには苦手な人もいるでしょうし、人間関係に悩んでいる整備士もたくさんいます…

整備士から転職しても、同僚や取引先と関わりを持って仕事をしなければなりませんが、関わる人を選択できるようになります。

狭い整備士という世界の人間関係で戦ってきた人は、外の広い世界に出るとイキイキと仕事ができるものです。

佐々木
以上が、整備士から転職するメリットです。
転職するメリット
  1. 給料・年収が上がる
  2. 仕事が終わる時間が早い、土日も休める
  3. 人間関係に悩む必要がなくなる
ゆり
しっかりと転職先を選べば、整備士の時に出来なかったことがたくさん出来そうですね!
佐々木

そうですね!

自分にとって叶えたいことは何かを考え、慎重に転職先を選びましょう。

人気の優良求人は早い者勝ち!

自動車整備士からの転職先で、おすすめの業界・職種

佐々木
それでは自動車整備士からの転職で、おすすめの転職先をお伝えしていきます。

基本的には、幅広い業種業界へ整備士から転職可能ですが、今回は下記の職業に絞ってお伝えしていきます。

整備士からおすすめの転職先
  1. 期間工
  2. メーカーの技術職
  3. 自動車保険関連の営業職
  4. ディーラーや自動車関連の営業職
  5. IT・Web業界

それぞれ詳しく確認していきましょう。

各業種業界の平均年収もお伝えしていくので、あわせてご覧ください。

おすすめの転職先1:期間工

期間工(期間従業員)は、働く期間が決められている契約社員のことで、工場の生産が活発になる時期に募集がある仕事です。

自動車をはじめ、航空機、機械工作、電子部品などのオートメーション作業を担当しており、決められた製造ラインで作業を行うことがメインです。

業界未経験者でも働けるレベルの作業が多いので、整備士経験がある人は難なく仕事に取りかかれるでしょう。

寮に入って短期間で貯金を貯めることもできるので、若い人には特におすすめです。

期間工の平均年収
  • 期間工の平均年収:430万円

おすすめの転職先2:メーカーの技術職

メーカーの技術職に転職すれば、幅広い技術領域における設計や開発、実験などに携わることが可能です。

例えば、自動車エンジンの設計、航空機の開発など、各分野のビッグプロジェクトの最先端で技術力を活かして、仕事をすることになります。

これまでの整備士経験が活かせることはもちろん、モノづくりに欠かせないキーパーソンとして、今まで以上にやりがいを感じられるでしょう。

大手メーカーに技術職として勤務すれば、世界規模の巨大プロジェクトに携われるかもしれません。

メーカーの技術職の平均年収
  • 建築・土木分野の技術職の平均年収:414万円
  • IT・通信分野の技術職の平均年収:463万円
  • 電気・電子・機械分野の技術職の平均年収:484万円

おすすめの転職先3:自動車保険関連の営業職

自動車保険関連の営業を行うには、自動車の販売や整備の知識に加え、保管に関する知識が必要となってきます。

また、お客さまに契約を結んでもらうため、情報を引き出す力、引き出しt情報に適切な保険を提案する力が必要です。

もちろん、自動車の知識が全くない状態から入社してくる人もいるので、整備士として働いていた人は、スタートとして有利と言えるでしょう。

保険を販売すれば終わりではなく、継続的に顧客になってもらうため、事故対応など丁寧に行う必要があります。

自動車保険の営業職の平均年収
  • 自動車保険の営業職の平均年収:482万円

おすすめの転職先4:ディーラーや自動車関連の営業職

ディーラーや自動車関連の営業職は、車の購入手続きをサポートしたり、アドバイスをする仕事です。

また、接客のマニュアルを作成したり、店舗のディスプレイやキャンペーン、イベントを検討することも仕事の一つです。

実際に車を販売することで、お客さまと深く関わりを持ち、生活・人生を一緒に豊かにでき、やりがいを感じる場面がたくさんあるでしょう。

たくさん車を売って営業成績を残せば、高収入も見込める仕事です。

自動車関連の営業職の平均年収
  • 自動車関連の営業職の平均年収:443万円

おすすめの転職先5:IT・Web業界

パソコンの前に一日いることが苦ではない人は、IT業界がおすすめです。

職場環境によっては残業が多くなる場合もありますが、その分高い収入を得ることが可能です。

webディレクターやライターとしてスキルを積み上げていったり、未経験OKの企業でエンジニアを目指すのもいいでしょう。

整備士から未経験で、IT業界に飛び込んだ人もたくさんいます。

IT・Web業界の平均年収
  • プログラマ(オープン系・Web系)の平均年収:403万円
  • アプリケーション設計(オープン系・Web系)の平均年収:508万円
  • ITコンサルタントの平均年収:655万円
おすすめの転職エージェント
佐々木
以上、整備士からおすすめの転職先です。
整備士からおすすめの転職先
  1. 期間工
  2. メーカーの技術職
  3. 自動車保険関連の営業職
  4. ディーラーや自動車関連の営業職
  5. IT・Web業界
ゆり
整備士として経験を活かせる仕事がたくさんあるんですね!
佐々木
はい!貴重な整備士経験を活かせば、転職先でも活躍できますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

整備士からおすすめの業界に転職した人の口コミ

佐々木
それでは、実際に上記で紹介した業種業界に転職した人の口コミをいくつかご紹介します。
人間関係の悩みがなくなった

整備士→期間工

自動車整備士から期間工に転職しました。

主に、自動車に関する作業を任せてもらっているので、以前と変わりなく仕事はできています。

また、整備士時代に人間関係に悩んでいましたが、今は一緒に働いている人も優しい人が多く、毎日楽しく仕事ができています。

前は、黙々と黙って自分の仕事だけをこなしている感じでしたが、今は声を掛け合い、みんなで助け合って仕事ができています。

(29歳・ 男性・年収400万円台)出典:転職相談

給料が上がったことが嬉しい

整備士→営業職

整備士を辞め、日産の営業マンになりました。

まず何より、整備士時代より給料が上がったことが嬉しいですね。
一人暮らしをしていますが、今のところ不自由なく暮らせています。

営業マンとしてはまだまだですが、先輩たちを見習って、どんどん営業成績を上げていきたいです。

(26歳・ 男性・年収400万円台)出典:転職相談

自分の時間が増えた

整備士→IT・Web業界

今まで整備士をやっていましたが、Webデザイナーに転職しました。

未経験からの挑戦でしたが、研修制度がしっかりしている会社で、何より先輩デザイナーさんがマンツーマンで指導してくれるので、すぐに仕事に慣れました。

まだまだ勉強が必要ですが、自分の時間もたっぷり取れているので、仕事の後や土日にデザインの勉強ができています。

あと、休みが増えたことでプライベートも充実しています。

(28歳・ 女性・年収300万円台)出典:転職相談

佐々木
このように、整備士から転職してイキイキと働かれている方はたくさんいます!

また、転職できる業界が多い分、どこに転職すべきか迷われると思います。

それぞれの業界については、転職エージェントに詳しく話を聞いてみることをおすすめします。

あなたにとって最適な転職先を見つけるために、プロに相談してアドバイスをもらいましょう。

 

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

もしどこに登録すればいいか迷う場合は、20代・30代へのサポートが手厚い「マイナビエージェント」の登録をおすすめしますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

 

整備士からの転職を成功させるなら、まずプロに転職相談!

佐々木
まずは転職の失敗を防ぐためにも、在職中に転職エージェントに相談をしてみましょう。

率直に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用しています!

転職エージェントはサポートが他の転職方法よりも充実しているので、

忙しい整備士の仕事を続けながらでも、効率よく転職活動が行えるでしょう。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

なので、転職活動において転職エージェントを使わない手はないんです!

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
転職エージェントがいいのはよく分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントではアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。
ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

もしどこに登録すればいいか迷う場合は、20代・30代へのサポートが手厚い「マイナビエージェント」の登録をおすすめしますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

自動車整備士から転職してよかった!体験談&2chまとめ

佐々木
それでは、ここで自動車整備士から転職を成功させた人の体験談を紹介します。

108 :名無しさん@おーぷん :2018/10/30(火)22:10:43 ID:LP3 ×整備士から転職に成功!
整備士はとにかく仕事がきつすぎた…
このままでは身体が持たなかったし、今はサービス業をやっているが、
整備士よりも全然楽。
しかも給料もいいから、辞める理由が見つからない。

出典:2ch

佐々木
また、下記のような口コミもあります!
転職で自分の視野が広がった

整備士→技術職

車が好きで整備士になったものの、会社が利益ばかりを追求していて何だか仕事が嫌になってきました…

一つずつ丁寧に整備を行っていましたが、作業の時間を区切ったり、満足いく手間で仕事を切り上げることがあったりと、いつしかやりがいを失っていました。

転職を考え始め、すぐにリクルートエージェントdodaに登録。転職は初めてだったので、サポートを受けられたのは本当に大きかったです。

新しい仕事では、機器やシステムの修理やメンテナンスを行っています。

自動車整備士の世界しか知りませんでしたが、転職して自分の視野がすごく広がったと思います!

(25歳・ 男性・年収300万円台)出典:転職相談

ゆり
私も上記の人たちみたいに、転職を成功させたいですね!
佐々木

正しい方法で転職活動を行えば、成功する確率はグッと高まります!

なりたい自分になるために、焦らず転職先を探しましょう。

自動車整備士を辞めるために準備すべきこと

佐々木
それでは実際に、整備士の仕事を辞めるために準備すべきことをお伝えします。

整備士の仕事を辞めるときに準備すべきこと

まず、整備士の仕事を辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。

準備すべきこと
  1. 整備士を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.整備士を辞めた時のリスクと向き合っておく

自動車整備士として働いている人のほとんどは、専門学校を卒業して国家資格を取り、整備士になっていると思います。

車のメンテナンスができたり、乗車する人の命を守る使命感が感じられるのは、自動車整備士だからこそです。

また、本気で整備士の道を極めれば、独立して自分の工場が持てるチャンスもあります。

一度整備士の道から外れてしまえば、技術はもちろん落ちますし、将来一流整備士として活躍することは難しくなるでしょう。

整備士からの転職を考えているのであれば、なぜ自分が整備士を目指したのかを、今一度考え、辞めたい気持ちが変わらなければ転職へと進みましょう。

2.プロに転職の相談をしておく

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります…

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

3.転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には…

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。

佐々木
以上が整備士の仕事を辞めるときに準備しておくべき3つのことです。
準備すべきこと
  1. 整備士を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

自動車整備士を円満に退職する方法

ゆり

ただ実際辞めるって決まった時に、上司に退職したいって言えるか不安なんですよね…

普段厳しい上司だし、引きとめられそうでなかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、自動車整備士の人が退職の意思を伝えたところ、下記のような引きとめにあうそうです。

引き止められるパターン
  • 待遇を見直すから考え直してほしい
  • 今辞められると他の人にも迷惑がかかる
  • 後任が見つかるまでは続けてほしい
  • 無理なく働ける方法を一緒に考えよう
  • 系列の工場への勤務に変えようか

上記のような引きとめはよくあるパターンです。

整備士は入れ替わりの激しい仕事ですし、上司もできるだけ退職者を出したくないものです…

なので、人によっては引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

一人に退職の話をするとすぐに噂は広まります。

そのため、上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、印象が悪くなったり、同僚からも退職するまでの間、働きにくいと感じられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲の良い同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに会社を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、通勤定期、作業服など会社からの支給品があれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木
はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスは、どうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

整備士から転職する人へ!自己PR・志望動機の書き方

ゆり
転職する上で避けては通れないと思うんですが、面接とか自己PRとか苦手なんですよね…
佐々木

確かに、面接や自己PRを苦手とする人は多いですね…

ここでは、整備士から転職する人に向けて、自己PRや志望動機の書き方についてお伝えします。

整備士経験者におすすめの自己PR

佐々木

自己PRは「自分の長所や経験から、仕事に活かせることをアピールする」ものです。

整備士からの転職の場合、下記の点を具体的にアピールすれば、効果的な自己PRができるでしょう。

自己PRのポイント
  • 持っている整備に関する技術や知識を、転職先の業務にどう活かせるか
  • 転職先の雰囲気や社風に、自分の価値観が合っているポイントは何か
  • 整備士としての経験だけでなく、自分はどんな人柄か
佐々木
もし自分が採用担当者だったら、どんな人を採用したいかをイメージしながら、自己PRを考えてみましょう。

自分のアピールポイントを考える方法

自己PRや志望動機で気をつけるべきことは、自慢話にならないように気をつけることです。

採用担当者は経験豊富なので、自慢話をされても何も心に響きません。

なので、自慢ではなく正しく自己PRができるように、先ほど説明した3つの自己PRのポイントをしっかり考えましょう。

佐々木
おすすめの方法は、下記の順に沿ってどんどん書き出してみることです!

ポイント1:持っている整備に関する技術や知識を、転職先の業務にどう活かせるか

ポイント1
  1. 今まで整備経験のあるメーカーを全て書き出す
    (例)トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキなど
  2. 今まで整備経験のある車種を全て書き出す
    (例)軽自動車、普通車、大型車、ハイブリット、電気自動車など
  3. 今まで経験した整備以外の業務を全て書き出す
    (例)スタッフ管理、新人指導・研修、受付業務、パーツ仕入れ業務など
  4. 今まで経験した整備業務を全て書き出す
    (例)オイル交換、点検業務、電気・電子装置整備など

ポイント2:転職先の雰囲気や社風に、自分の価値観が合っているポイントは何か

ポイント2
  1. 自分が仕事をする上で大切にしてきたことを全て書き出す
    (例)
    ・効率的に作業を行うことを意識してきた
    ・命を預かる仕事であることを意識し、ミスなく仕事をしてきた
    ・お客さまと接するときは、専門用語を使わないことを意識してきた
  2. 日頃から取り組んでいたことを全て書き出す
    (例)
    ・新しい専門書を必ず読み、最新の車の知識を習得していた
    ・整備士同士で話す時間を作り、技術の幅を広げていた
    ・異業種の友人やサークルに顔を出し、様々な人の価値観に触れていた

ポイント3:整備士としての経験だけでなく、自分はどんな人柄か

ポイント3
  1. 自分の性格に関して周りから言われることを全て書き出す
    (例)
    ・協調性がある
    ・行動力がある
    ・好奇心がある
    ・几帳面
    ・我慢強い
    ・誠実で真面目
  2. 自分の性格のネガティブな部分をポジティブに変換してみる
    (例)
    ・口下手→聞き上手
    ・飽き性→好奇心旺盛
    ・優柔不断→物事を慎重に考える
    ・理屈っぽい→物事を論理的に捉える
佐々木
ここまで挙げたポイントに、具体的な出来事を絡めるとさらにいい自己PRになるでしょう!

元整備士の自己PR・志望動機の例

佐々木
それでは、自己PRと志望動機の例を紹介するので参考にしてください。

自己PR例:整備士の経験をアピール

自己PR

中古車の整備工場に、整備士として5年間務め、国産メーカー全般の点検・整備を行ってきました。
整備業務の経験としては、タイヤ交換・オイル交換をはじめ、電気・電子装置整備、燃料系統の整備、また古い車を取り扱うことも多く、部品の調達や代替えパーツでの対応など、臨機応変に業務を行ってきました。
幅広い業務に対応してきたことで、豊富な技術と知識を身につけ、同僚や後輩から整備に関する相談をよく受けていました。

自己PR例:自分の取り組みをアピール

自己PR

日々進歩する自動車技術を素早く手に入れるため、専門書を読んだり、同僚や先輩と情報交換の時間を作り、社内資格の取得、知識・技術の向上に取り組んできました。

自己PR例:自分の性格をアピール

自己PR

繁忙期は整備車両が多くなり、短納期での依頼を受ける場合もありましたが、ほかの整備士と連携を取り、納期を守って業務を行ってきました。
たとえ忙しくても仕事が雑にならないよう、自分自身を強く律し、ミスが起きないよう同僚と二重チェックを行い、丁寧に仕事を進めてきました。

志望動機例:整備士から営業職の場合

志望動機

貴社の海外展開に力を入れていることに、非常に魅力を感じています。前職は、自動車整備士ですが外国車の整備も行っていたので、貴社で新規顧客の拡大に貢献できると思います。
また、整備士ですがお客様と接する機会も多かったので、即戦力として貴社の業務に貢献できると思っています。

志望動機例:整備士からIT・Web業界の場合

志望動機

チームで一つのものを作り上げることに魅力を感じ、貴社に志望いたしました。これまで整備士として業務を行ってきて、コミュニケーションを取りながら業務を進める力は身についています。
また、貴社では企画段階でお客様との打ち合わせに参加できるので、早く知識を身につけ、活躍できるようになりたいと思っています。

佐々木
上記を参考に、あなたの魅力が伝わる自己PRや志望動機を考えましょう!

おわりに|整備士からの転職を成功させるなら、まずはプロに相談しよう

今回は、整備士から転職したい方に向けて、自動車整備士の転職でおすすめの業界、転職を成功させる方法、整備士を辞めるときの準備などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 自動車整備士から他業種への転職は大いに可能
  • 整備士から転職に成功している事例は多数ある
  • 整備士から転職したいなら、まずは在職中にプロに転職相談するべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 整備士を辞めるリスクとも向き合っておくべき
  • 整備士での経験を活かして、志望動機・自己PRを行うべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

もしどこに登録すればいいか迷う場合は、20代・30代へのサポートが手厚い「マイナビエージェント」の登録をおすすめしますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
あなたが整備士から転職に成功できることを願っています!