【最新版】不況・不景気に強い仕事・業界|転職活動の方法を徹底解説

【最新版】不況・不景気に強い仕事・業界|転職活動の方法を徹底解説

この記事では、「不況に強い仕事ってあるの?」と疑問を持っている人に向けて、

『不況に強い仕事ランキング』や、『不況に強い業界への転職方法』などをお伝えしていきます!

不況や不景気は、世の中の多くの仕事を影響を与えますが、なかには不況でも、安定して儲けられる仕事が存在するのも事実です。

安定した生活を続けるためには、不況に強い業界に転職するのも一つの正しい選択です!

この記事を最後まで読めば、不況に強い仕事が分かり、世の中の状況に関係なく、安定した生活を手に入れられますよ!

この記事がおすすめな人
  • 不況に強い仕事や業界を知りたい
  • 不況でも関係ない仕事の特徴を知りたい
  • 不況でも稼いでいる人の話を聞きたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

知っておくべき!不況・不景気に強い仕事・業界の特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、不況・不景気に強い仕事・業界の特徴をお伝えします!

具体的に、次の仕事や業界は不況の影響を受けにくいと言われています!

不況に強い仕事の特徴
  1. 生活に関わる仕事・業界
  2. 生命に関わる仕事・業界
  3. 娯楽に関わる仕事・業界

それぞれの仕事や業界についてお伝えします!

特徴1:生活に関わる仕事・業界

不況に強い仕事でまず考えられるのは、普段の生活に欠かせないインフラ分野の仕事です。

生活を支えている仕事は、人々が生きていく上で欠かせない仕事であるので、簡単には不況の影響を受けません。

具体的には、電気やガス、日用品、食品・飲料、鉄道などが生活を支えるインフラ分野の仕事と言えます。

そのモノやサービスがないと、人々が生活していけないということに関する仕事は、不況でも関係なく業績が安定しています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
インフラ分野の仕事は、無くなれば多くの方が最も困る分野とも言えるので、

不況でもあまり関係なく仕事をすることができます!

特徴2:生命に関わる仕事・業界

次に不況に強い仕事として考えられるのは、生命に関わる分野の仕事です。

具体的には、病院や保険、介護などに関わる仕事が生命に関わる仕事に当てはまります。

どんな状況になっても、最も大切なのは人の命です。

人として生まれた以上、誰もが必ず病院や保険にはお世話になるので、生命に関する仕事は、どんな状況でも欠かせません。

転職エージェントの佐々木
佐々木

持病を持っている人は、世の中が不況だろうが関係なく、病院を利用するので、

医療や介護の仕事はどんな時でも忙しいものです。

特徴3:娯楽に関わる仕事・業界

もう一つ不況に強い仕事として挙げられるのは、娯楽に関わる業界です。

これまでお伝えした、生活に関わる仕事、生命に関わる仕事は世の中になくてはならない存在です。

しかし、娯楽に関わる仕事は、最悪全く無くても人々は生きていけます。

それでも不況に強いと言い切れるのは、ほとんどの人が娯楽を行うことで、ストレスを発散させ、健康に生きていけているからです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
パチンコなどの娯楽施設は、不況でも多くの人が訪れており、業界全体としてそれほど不景気の影響を受けていません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況・不景気に強い仕事・業界の特徴です!
不況に強い仕事の特徴
  1. 生活に関わる仕事・業界
  2. 生命に関わる仕事・業界
  3. 娯楽に関わる仕事・業界
転職希望者のゆり
ゆり
生活や生命、娯楽に関わる仕事が不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

お伝えした業界は、どこもあまり不況の影響を受けず、どんな時でも変わりなく仕事ができています!

次の章では、特徴別に不況・不景気に強い仕事・業界ランキングを紹介します!

【特徴別】不況・不景気に強い仕事・業界ランキング11選

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況・不景気に強い仕事・業界ランキングを紹介します!

先ほどお伝えした特徴別に分けて紹介するので、参考にしてください!

不況に強い仕事ランキング
  1. 生活に関わる仕事・業界
  2. 生命に関わる仕事・業界
  3. 娯楽に関わる仕事・業界

※タップすればそれぞれのランキングにジャンプします

それぞれのランキングを見ていきましょう!

1:生活に関わる仕事・業界

転職エージェントの佐々木
佐々木
生活に関わる仕事で、不況の影響を受けにくいのは次の仕事です!
生活に関わる仕事
  1. 石油業界
  2. 電力・ガス業界
  3. 消費財・日用品業界
  4. 食品・飲料業界
  5. JR・私鉄業界
  6. 陸運・物流業界

各仕事についてお伝えします!

1位:石油業界

石油業界は、人々の生活を維持するための貴重なインフラとなっています。

不況だから石油・ガソリンを買わないという人は、誰もいません。

自動車所有者の減少や省エネ傾向によって、石油の総需要はやや減少傾向が続いていますが、ビジネスモデルそのものは安定しています。

個別の企業を見ても、各社員の年収は高い業界なので、たとえ不況でも一般のサラリーマンと比較すれば高給与な業界と考えられます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
最近では、産油国で原油価格が下落し、業界大手が赤字に転落なんてニュースもありますが、

それでも社員は高い年収キープできています!

2位:電力・ガス業界

電力・ガス業界は、自由化によって競争の激化が予想されていますが、大手の牙城を崩すことができないとも言われています。

しかし、電力会社は、東日本大震災後の原発停止により収益は大幅に悪化しました。

それでも、その後経営の合理化、原発再稼働、元気料金の値上げによって、多くの企業で黒字化を実現しています。

どんな不景気になっても、電気やガスがいらない世の中にはならないので、不況でも仕事が無くなる心配はありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木

競合同士の価格競争やサービス競争に巻き込まれる心配もないので、会社が倒産する心配もほぼないでしょう。

3位:消費財・日用品業界

消費財や日用品も、生活に必ず必要なものなので、景気の動向を受けにくい業界です。

歯磨き粉、洗濯洗剤、化粧品など、日用品関連の会社は、実際に都心でも地方でも根強くビジネスを続けています。

ただ化粧品に関しては、中国人観光客の爆買いに頼ってきた傾向もあるので、コロナウイルスの影響で外国人観光客が減少しているのは大きな痛手です。

そのでも、人々が生きている限り、売り上げが無くなることはないので、平均的に高水準を保てる業界と言えるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
消費財や日用品業界は、人気の仕事も多いので、応募倍率がかなり高くなっていますよ!

4位:食品・飲料業界

食品や飲料関係の仕事も、日常生活に必ず必要な商品を作っているので、景気の影響を受けにくい業界です。

実際、不況の影響で人々が外でお金を使いづらくなれば、その分家で過ごせるように、食品や飲料を買い込む傾向が生まれます。

そのため、食品や飲料業界の企業は、不況のダメージをほぼ受けることがありません。

アサヒ、キリン、サッポロ、明治、味の素など、誰もが知っている有名企業も多く、転職希望者には人気の企業が多くなっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
大手企業に在籍している社員は、年収1,000万円近くに達している人もいますよ!

5位:JR・私鉄業界

JRや各地方の私鉄業界も、それほど不況の影響を受けることはありません。

多くの鉄道会社では、ただ線路を引いて電車を走らせるだけでなく、ホテル、不動産、商業施設経営など多角的に事業を展開しています。

そのため、不況で人々が電車を活用することが減って、乗車率が軒並み下がっても、他の事業でカバーすることが可能です。

また、運転士不足を解消するために、どの鉄道会社も近年給与が上がっている傾向がありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
地方では、赤字経営をしている鉄道会社もありますが、たとえ不況でも仕事が無くなることはない業界と言えます。

6位:陸運・物流業界

陸運・物流業界は、今後も仕事が増え続けると言われています。

理由としては、Amazonや楽天といったネットショップの市場規模拡大に伴い、物流量が拡大しているためです。

実際、業務量が多すぎてドライバーの人員の確保が追いついていない企業もたくさんあります。

労働条件が厳しい企業もありますが、長距離トラックの運転手になれば、それなりの給与を貰えますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職サイトを見ても、陸運や物流関係の仕事の求人はたくさんあるので、今非常に転職しやすくなっていますよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況に強い生活に関わる仕事・業界ランキングです!
生活に関わる仕事
  1. 石油業界
  2. 電力・ガス業界
  3. 消費財・日用品業界
  4. 食品・飲料業界
  5. JR・私鉄業界
  6. 陸運・物流業界
転職希望者のゆり
ゆり
生活に関わる仕事では、こういった業界が不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

どの業界も人々の生活に欠かせないものばかりなので、たとえ不況でも安定した収益を上げ続けていますよ!

2:生命に関わる仕事・業界

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、生命に関わる仕事・業界を見ていきましょう!
生命に関わる仕事
  1. 医薬品業界
  2. 生保・損保業界
  3. 介護業界

各仕事についてお伝えします!

1位:医薬品業界

医薬品メーカーも不況の影響を受けにくい業界です。

不況なので病院に行かない、薬を貰わないといった人は、医療制度の手厚い日本にはいないでしょう。

大手の医薬品メーカーは、新薬の開発に成功すれば、それから20年は特許でライセンスが守られ、競合他社の参入がない状態で独占販売を行えます。

新薬の開発にはコストと時間がかかりますが、その分利益は大きいので、不況でも安定して収入を得られる業界です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
たとえ不況でも、人の命を守るため、いつもと変わらず新薬の開発を続けています!

2位:生保・損保業界

少子高齢化によって、保険の契約数は伸び悩んでいるものの、不況だから保険に入らないという人はいません。

特に景気が不安定な今だからこそ、法人向けの保険は安定した収入が見込めます。

もちろん景気の影響を全く受けない訳ではないが、もともと利益率が高い商売なので、簡単に企業が倒産することはありません。

保険や担保に関しては、景気の動向というよりも、自然災害の大小が企業の大きな影響を与えると考えられます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

地震や台風が多い年は、保険料の支払いも増えるため、企業の利益はそれに伴い減少します。

しかし、景気の影響で利益が左右されることはほぼありません。

3位:介護業界

高齢化社会が進んでいる日本において、介護業界はもっとも必要とされている仕事の一つです。

今後も高齢者が増えることが予想されており、介護の仕事は景気がどうなっても無くなることはないでしょう。

実際に、高齢者の世話をする介護の仕事もあれば、介護用品のメーカーも介護業界の仕事に含まれます。

メーカーの仕事は資格が無くてもできますし、意外と高給与な仕事もあるのでおすすめですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
仕事がキツく、低賃金のイメージがある介護業界ですが、雇用条件が整えられている企業も増えてきていますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況に強い生命に関わる仕事・業界ランキングです!
生命に関わる仕事
  1. 医薬品業界
  2. 生保・損保業界
  3. 介護業界
転職希望者のゆり
ゆり
生命に関わる仕事では、こういった業界が不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

人の命に関わる仕事は、世の中がどうなっても存在し続けますよ!

3:娯楽に関わる仕事・業界

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、娯楽に関わる仕事・業界についてお伝えします!
娯楽に関わる仕事
  1. 通信・携帯電話業界
  2. ITサービス業界

各仕事についてお伝えします!

1位:通信・携帯電話業界

通信・携帯電話業界は、今の時代人々に欠かせない仕事です。

携帯電話は、利益率が高くて非常に儲かる業界になっており、NTT、KDDI、ソフトバンクの大手3社は売上高3兆円以上を誇っています。

純利益で考えると、3社とも4,000億円を超えており、大手総合商社でも3,000億円程度なので、その凄さが分かると思います。

通信や携帯電話に関する業界は、高収入と安定を兼ね備えた優良企業が多くなっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
NTT、KDDI、ソフトバンクといった企業は、わざわざ説明する必要もないほど、日本を代表する超安定企業です!

2位:ITサービス業界

ITサービス業界は、時代の最先端を行く事業を展開しています。

そのため、不景気になったとしても、IT化の流れに逆行することは出来ないので、将来性は非常に高いです!

また、景気が悪くなれば、人々が外に出なくなりますが、その分ネットショップなどは一段と存在感を増していくでしょう。

ショッピングサイトはもちろん、ゲーム、オンライン教育など、ITサービス業界は今後ますます発展を遂げていくことが予想されています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
ITサービス業界では、まだまだ世に出てきていないベンチャー企業にも、優良企業がたくさんありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況に強い娯楽に関わる仕事・業界ランキングです!
娯楽に関わる仕事
  1. 通信・携帯電話業界
  2. ITサービス業界
転職希望者のゆり
ゆり
娯楽に関わる仕事では、こういった業界が不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

娯楽は何かと生きていく上で必要なものです。

より良い生活を送るために、今後ますます多くのサービスが登場するでしょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況・不景気に強い仕事・業界ランキングです!
不況に強い仕事ランキング
  1. 生活に関わる仕事・業界
  2. 生命に関わる仕事・業界
  3. 娯楽に関わる仕事・業界

※タップすればそれぞれのランキングにジャンプします

転職希望者のゆり
ゆり
不況や不景気に強い仕事はたくさんあるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい!

世の中がどんな状況になっても、生き残るであろう仕事はたくさんありますよ!

次の章では、反対に不況の影響を受けやすい仕事を紹介します!

不況・不景気に弱い…影響を受けやすい仕事・業界の例

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、不況・不景気の影響を受けやすい仕事・業界についてお伝えします!

安定して稼ぎたい人は、お伝えする仕事は避けておいた方が良いかもしれません。

不況の影響を受けやすい仕事
  1. 地方銀行
  2. 自動車販売会社
  3. 人材派遣会社
  4. 飲食店
  5. 旅行会社

それぞれの仕事についてお伝えします!

仕事1:地方銀行

地方銀行では、景気が悪くなると、金融緩和策として利下げが行われます。

目的としては、活発にお金を借りて経済を回してもらうためです。

しかし、利下げが行われると、その分銀行の利益は落ち込みます。

また、小さな会社は景気が悪くなれば倒産することもあるので、融資していた金額が損失になってしまうこともあるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
地方銀行は、地元の中小企業に融資を行う傾向があるので、不況が厳しくなれば、

貸し倒しも起こりやすくなってきます…。

仕事2:自動車販売会社

不況になれば、新車を購入する人が少なくなるので、自動車販売会社も景気に左右されやすいです。

「自動車離れ」という言葉が広がっているように、需要が徐々に減っていることに加え、不況になればより業績は悪化していきます。

業界全体が成熟していることもあって、景気が回復したところで、それほど大きな利益を獲得するのは、今となっては難しいとされています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
自動車業界は、為替の影響を大きく受けるので、

不況で円高になると業績が大きく落ち込んでしまうという特徴があります…。

仕事3:人材派遣会社

人材派遣会社も、不況時には業績が大きく落ちる仕事です。

派遣会社は、どうしても派遣先の経営状態に依存してしまいます。

不況になれば、派遣切りが行われるので、人材を紹介できる企業の数がどんどん減っていくでしょう。

次の派遣先が見つかれば良いですが、紹介できる仕事がない間は、売上は大きく落ち込んでしまいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
景気が良い時は調子が良い業界ですが、不況になれば一気に利益が無くなる業界です。

仕事4:飲食店

不況になれば、誰もが消費を控えるようになります。

そのため、レストランや居酒屋などの飲食店で食事をせず、自宅で済ませることが多くなるでしょう。

その結果、飲食店はお客様が来なくなり、売上は落ちていくばかりです。

不況が厳しくなれば、社員やアルバイトの雇用を解除する飲食店のオーナーもたくさんいます…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

不況時に家計の見直しをする人は、一番に外食費を削ろうとする傾向が強くあります。

仕事5:旅行会社

不況になれば、多くの人が無駄な出費を減らすために、旅行を控えます。

泊まりが必要な遠出はせず、日帰りで近くの温泉まで出かけるなんて人も増えるでしょう。

実際、コロナショックによって、数多くの旅館やホテルが倒産することになりました…。

不況が進むごとに、観光地から人の姿はどんどん減っていくのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
不況になれば、旅行会社にはキャンセルの問い合わせも数多く集まってきます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況・不景気の影響を受けやすい仕事・業界です!
不況の影響を受けやすい仕事
  1. 地方銀行
  2. 自動車販売会社
  3. 人材派遣会社
  4. 飲食店
  5. 旅行会社
転職希望者のゆり
ゆり
こういった仕事は、不況の影響を受けやすいんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

不況になれば、一気に利益が落ち込むので、どの仕事も倒産する会社がたくさん出てきますよ。

次の章では、不況に強い仕事に転職するための方法をお伝えします!

不況・不景気に強い仕事・業界に転職するための方法

佐々木

それでは、不況・不景気に強い仕事・業界に転職する方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」を活用することをおすすめします!

失敗を防いで不況に強い仕事に転職するためには、転職エージェントを上手く活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに、不況の影響を受けにくいかつ、あなたに向いてる仕事を紹介してくれます!

様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、不況に強くて自分に合う仕事を見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、不況に強い仕事をしている人の体験談を紹介します!

不況・不景気に強い仕事・業界で働いている人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況・不景気に強い仕事・業界で働いている人の体験談を紹介します!

実際に不況でも稼げている人の事例を見ていきましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況・不景気に強い仕事・業界で働いている人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
不況でも特に変わることなく、今まで通り仕事ができている人はたくさんいるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

仕事を選べば、不況でも関係なく働き続けられますよ!

次の章では、不況時の転職活動を乗り切るためのコツをお伝えします!

不況でも上手く転職活動を乗り切るための3つのコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況の中で上手く転職活動を乗り切るコツをお伝えします!

お伝えすることを実践すれば、転職の成功率がグッと高くなりますよ!

転職活動を乗り切るコツ
  1. これまでの成果を洗い出す
  2. 希望条件をやや下げてみる
  3. コネクションを活かして転職する

それぞれのコツについてお伝えします!

コツ1:これまでの成果を洗い出す

不況時の転職活動では、自分の実績を上手く伝え、即戦力であることをアピールするのが大切です。

そのためにやるべきなのが、これまでの成果を洗い出すことです。

どんなに細かいことや小さいことも良いので、成果だと思うことを実績として履歴書に書き、転職先でどう活かせるかを考えるようにしましょう。

不況になれば、企業側はより即戦力の人材を求めるので、成果を上手くアピールできれば、採用される確率が高くなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
不況時の転職活動では、持っている潜在能力よりも、実績に魅力を感じる企業が多い傾向があります!

コツ2:希望条件をやや下げてみる

あえて、現職で得ている雇用条件よりも、低く希望を出すこともおすすめです。

実際不況時には、少ない採用枠に対して多くの応募が集まることが多いので、下手に条件にこだわりすぎると採用を見送られます。

まずは条件を低く希望した方が、採用される確率は高くなります。

ただ給与が低賃金のままは辛いので、不況が解消された後には、給与アップやボーナスアップしてもらうなど、事前に交渉をしておくのが良いでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
下手にお金にこだわると、転職に失敗する確率が高くなるので要注意です!

コツ3:コネクションを活かして転職する

自分が持っているコネクションを活かして、転職先を探すこともおすすめです。

不況時は、通常より求人倍率が高くなる傾向にありますが、コネクションを活かした転職なら、競争率は低くなります。

また、企業も採用にかける費用を抑えられ、かつ顔見知りを採用できるといったメリットを得られるので、お互いにとって嬉しいことばかりです。

不況時には、転職サイトなどに求人を掲載せず、密かに採用活動を行う会社もあるので、コネクションが使える人は、転職の相談をしてみるべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
むやみに応募しても競争率が高いので、コネクションも上手く活用して転職先を探すべきですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況の中で上手く転職活動を乗り切るコツです!
転職活動を乗り切るコツ
  1. これまでの成果を洗い出す
  2. 希望条件をやや下げてみる
  3. コネクションを活かして転職する
転職希望者のゆり
ゆり

これらのコツを意識して、転職活動を進めれば良いんですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

不況だからこその厳しいこともあるので、これらのコツはしっかり意識すべきですよ!

次の章では、不況に強い資格・スキルについてお伝えします!

不況に強い資格!未経験でも短期で取得できるスキル一覧

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、不況に強い資格・スキルについてお伝えします!

未経験でも短期で取得できる資格を紹介するので、参考にしてください!

不況に強い資格
  1. 薬局事務
  2. 医療事務
  3. 介護事務
  4. 日商簿記
  5. 保育士

それぞれの資格についてお伝えします!

資格1:薬局事務

薬局事務は、調剤薬局で調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)を作成するために必要な資格です。

具体的な資格名で言うと「医療保険調剤報酬事務士」という資格になります。

約2ヶ月の勉強で資格の取得ができ、試験は在宅受験となっています。

薬局事務の仕事は、短時間勤務や週3日勤務など、時間の融通が効きやすい職場が多く、ブランクがあっても復帰がしやすい仕事です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
薬局は不況の影響を受けにくいので、おすすめの資格ですよ!

資格2:医療事務

医療事務は、病院や診療所において事務全般を担当するために必要な資格です。

仕事内容は、基本的に受付業務とレセプト業務の2つに分けられます。

総合病院や大学病院など大規模の病院では、それぞれ専任のスタッフが配置されますが、規模の小さな病院ではどちらの業務も担当することが多いです。

病院や診療所は、不況でも関係なく可動するため、医療事務は安定して長く働ける仕事と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
医療スタッフの一員として仕事ができるので、非常にやりがいがありますよ!

資格3:介護事務

介護が必要になる人の人口は、今後ますます増えていくことが予想されています。

そのため、介護業界の需要は今後も安定的に伸びていくことは確実です。

介護事務の仕事は、主にパソコン操作で介護報酬の請求書などの作成となっています。

ニーズが高い事務の資格やスキルを身につけたい人は、介護事務の仕事はおすすめですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
介護業界は今後も需要が落ちないので、介護事務の資格を取れば、さまざまな場所への就職や転職ができるでしょう!

資格4:日商簿記

日商簿記は経理系の資格として有名ですが、簿記の知識が必要なのは経理職を目指す人だけではありません。

簿記は、業種・業界を問わず、あらゆる企業で必要となれる資格やスキルです。

実際、簿記の勉強をすることでコスト意識が自然と身につくので、営業部門や製造部門でも知識を活かせます。

日商簿記の資格を取れば、どの企業にいっても活躍できる可能性がありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは日商簿記3級から受験し、その後2級・1級とスキルアップしていくのが良いでしょう!

資格5:保育士

保育士の資格を取るためには、必ずしも専門学校に行かないといけない訳ではありません。

ニーズの高まりに合わせて法改正が進んでおり、4年生大学を卒業していれば、保育士資格の受験を受けることは可能です。

学歴や職歴による細かい規定はありますが、かなり幅広い人が保育士資格を取得できるのです。

たとえ不況でも子供がいる限り、保育士の仕事にニーズがあるので、不景気でも需要の高い仕事と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
保育士が働く環境も、以前より整備されてきており、ライフスタイルに合わせて働ける職場もたくさんありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況に強い資格・スキルです!
不況に強い資格
  1. 薬局事務
  2. 医療事務
  3. 介護事務
  4. 日商簿記
  5. 保育士
転職希望者のゆり
ゆり
こういった資格を取得すれば、不況でも働きやすいんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

資格を武器にして仕事をしていきたいなら、お伝えした資格について詳しく調べてみましょう!

不況に強く安定して儲かる仕事はたくさんある!

佐々木

今回は、不況に強い仕事について疑問を持っている方に向けて、

不況に強い仕事ランキングや、不況に強い業界への転職方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 生活・生命・娯楽に関わる仕事は、不況でも関係なく儲かる
  • 不況に強い仕事に転職したいなら、転職エージェントを活用すべき
  • 不況時の転職活動では、やや希望条件を下げるのも一つのコツ
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!