不況に弱い業界まとめ|景気の悪い業界で働くリスク&賢い転職のススメ

不況に弱い業界まとめ|景気の悪い業界で働くリスク&賢い転職のススメ

この記事では、「不況に弱い業界ってどこ…?」と疑問を持っている人に向けて、

『不況に弱い業界一覧』や、『不況を上手く乗り切るための準備』などをお伝えしていきます!

自分の会社が不況の影響を受け、リストラや派遣切りなど、常に不安を感じながら働いている人も実際にいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、不況に弱い業界が分かり、経済の影響を受けず、上手く不況を乗り切れるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 不況や不景気に弱い業界を知りたい
  • 不況に弱い業界で働くリスクを知りたい
  • 不況に弱い業界から転職する方法を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

知っておくべき!不況に弱い業界で働くリスク

転職エージェントの佐々木
佐々木

初めに、不況に弱い業界で働くリスクをお伝えします!

不況に弱い業界で、何気なく働き続けるのはかなりリスクにあることなので、しっかり理解しておきましょう!

不況に弱い業界は、世の中の影響を真っ先に受けていましいます。

実際、少し前のリーマンショックであったり、直近の新型コロナウイルスの影響で、真っ先に倒産や経営破綻を強いられている業界があります。

不況になれば、株価の暴落とともに、売上や利益が一気に落ちます。

売上が落ちれば、資金繰りが悪化し、会社の経費を削らなくてはなりません。

そこで、無駄な出費を抑えるために、「ボーナスのカット」「役員報酬のカット」「残業や休日出勤の停止」などが行われるのです。

転職希望者のゆり
ゆり
不況の影響は、各企業に大きなダメージを与えるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

様々な方法で資金繰りをしても経営状況が改善されないなら、

パートや契約社員は解雇され、正社員のリストラが行われてしまいます…。

もちろん、会社によって削っていく経費の順番は異なります。

それでも、今の時代大手企業でもリストラはよくあることです…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
この不況を乗り越えるためには、自分自身で正しい知識を持って、経済活動と向き合っていく必要がありますよ。

次の章では、不況や不景気の弱い業界についてお伝えします!

不況や不景気に弱い業界・仕事まとめ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況や不景気の弱い業界についてお伝えします!

不況の影響を受けずに働きたい方は、次の業界や仕事は避けた方が良いでしょう。

不況に弱い業界
  1. 飲食業界
  2. 広告業界
  3. 建設業界
  4. ファッション業界
  5. 地方銀行
  6. 不動産業界
  7. 自動車販売会社
  8. アミューズメント施設
  9. コンサルタント

それぞれの業界や仕事についてお伝えします!

業界1:飲食業界

飲食業界は、入れ替わりが激しい業界であり、不況の影響も受けやすいです。

もともと倒産件数が非常に多い業界ですが、不景気になれば、さらに深刻な状況に陥る店舗や会社がたくさん出てきます。

飲食店の中には、利益率が悪く、資金繰りをギリギリで行っているお店も少なくありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
余程繁盛している店舗でなければ、どんな老舗の飲食店でも不況が進めば倒産する可能性は非常に高いです。

業界2:広告業界

不況になると、広告業界も大きなダメージを受けます。

広告業界のスポンサーは、「企業」です。

その企業の業績が悪くなると、どの会社も経費削減を行うなかで、まず広告費を削ることを考えます。

不況になると、スポンサーになってくれる企業がどんどん減っていき、費用を獲得することが出来なくなっていくのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
特に、中小企業と取引を行っている広告代理店は、広告を打ち切られ、経営を続けることが難しくなるでしょう。

業界3:建設業界

建設業界も、不況になると一気に仕事が無くなります。

景気が良い時は建物の建設ラッシュが起こりますが、景気の悪化とともに、仕事を依頼する企業の数は減っていくでしょう。

建物はそもそも単価が高いので、財布の紐が硬くなる不況時に、依頼の数が落ちるのは当然のことと言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
建設業界では、不況で仕事が無くなり、現場作業員やドライバーなどの契約が打ち切りになることもよくありますよ…。

業界4:ファッション業界

ファッション業界も、不況に弱い業界の一つです。

洋服や髪型、ネイル、マツエクなど、これらのものは最悪新しいものが無くても生きていけます。

景気が悪くなれば、それよりも生活必需品にお金を使うようになるので、店舗でお金を使ってくれる人が少なくなるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
不況時には、ファッションや美容にお金をかけるのは後回しになるのです。

業界5:地方銀行

地方銀行では、景気が悪くなると、金融緩和策として利下げが行われます。

目的としては、活発にお金を借りて経済を回してもらうためです。

しかし、利下げが行われると、その分銀行の利益は落ち込みます。

また、景気が悪くなれば倒産する会社も多く、融資していた金額が損失になってしまうこともあるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
地方銀行は、地元の中小企業に融資を行う傾向があるので、不況が厳しくなれば、

貸し倒しも起こりやすくなってきます…。

業界6:不動産業界

不動産業界も、景気の影響を大きく受ける仕事です。

「マンション」「一軒家」「土地」など、不動産会社が扱っているものは、どれも高額な商品であり、不況時にはまず売れません。

新規で契約する人がどんどん減っていき、経営を続けていくことが難しくなる不動産会社もたくさんあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
銀行から融資を受けているものの、契約が取れないことで返済が難しくなり、倒産する不動産会社もあります…。

業界7:自動車販売会社

不況になれば、新車を購入する人が少なくなるので、自動車販売会社も景気に左右されやすいです。

「自動車離れ」という言葉が広がっているように、需要が徐々に減っていることに加え、不況になればより業績は悪化していきます。

業界全体が成熟していることもあって、景気が回復したところで、それほど大きな利益を獲得するのは、今となっては難しいとされています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
自動車業界は、為替の影響を大きく受けるので、

不況で円高になると業績が大きく落ち込んでしまうという特徴があります…。

業界8:アミューズメント施設

テーマパーク、遊園地、動物園なども不況時には大きく影響を受けます。

不景気になると、ほとんどの人が遊びに使うお金を削るため、来園者数が減り、経営を続けていくのが難しくなる施設も出てきます。

もっと身近なところで言えば、カラオケ、ボウリング、ゲームセンターなども、同じように不況に弱いアミューズメント施設と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
特に、地方都市のアミューズメント施設は、景気の影響から倒産を余儀なくされている所がたくさんあります…。

業界9:コンサルタント

コンサルタントとして働いている人も、不況に影響をもろに受けてしまいます。

コンサルタントの多くは、国内・国外を問わず、大手や上場企業と取引を行っています。

たとえ取引先に資金があっても、固定費を担保するため、コンサルティング費用や人件費はまず削減の対象として考えられるのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
外注費や広告宣伝費など、コンサルタントが関わっている分野の費用は削減され、

コンサルティング契約を打ち切られる人もたくさん出てきます…。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況や不景気の弱い業界や仕事です!
不況に弱い業界
  1. 飲食業界
  2. 広告業界
  3. 建設業界
  4. ファッション業界
  5. 地方銀行
  6. 不動産業界
  7. 自動車販売会社
  8. アミューズメント施設
  9. コンサルタント
転職希望者のゆり
ゆり
こういった業界は、不況に弱いんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

実際お伝えした業界では、今回のコロナ不況でも、倒産している会社がたくさんありますよ…。

次の章では、不況を上手く乗り切るための準備についてお伝えします!

不況を上手く乗り切るために準備しておくべきこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況を上手く乗り切るための準備についてお伝えします!

会社に身を委ねるのではなく、自分自身でしっかり準備しておくことが大切になってきますよ!

不況を乗り切るための準備
  1. 副業をして収入源を増やしておく
  2. 転職エージェントに登録しておく

それぞれの準備についてお伝えします!

準備1:副業をして収入源を増やしておく

副業をして、収入源を増やしておくことはおすすめです!

一つの収入源だけで仕事をしていれば、もし会社が倒産すれば、一気に収入がゼロになってしまいます。

副業を始めて、複数の収入源を確保しておけば、会社が倒産してもなんとか生活していくことが出来るでしょう。

パソコンがあれば、誰でも自宅で取り組める副業もあるので、空いている時間を上手く使って、副業に取り組んでみましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
最初から稼ぐことは難しいですが、継続して続ければ、それなりのお金を得られるので、副業はおすすめですよ!

準備2:転職エージェントに登録しておく

いざという時のために、転職エージェントに登録しておくこともおすすめです!

転職エージェントは、求人紹介や面接対策など、転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

もしもの時に備えて、普段から転職情報を入手しておけば、万が一会社が倒産したり、契約を打ち切られた時にすぐに動き出せます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
すぐに転職する必要はないので、ひとまず登録して、別の仕事の情報も得ておきましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

転職エージェントに関して詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況を上手く乗り切るために必要な準備です!
不況を乗り切るための準備
  1. 副業をして収入源を増やしておく
  2. 転職エージェントに登録しておく
転職希望者のゆり
ゆり
こういった準備をして、上手く不況を乗り切るべきなんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

自分一人で出来ることなので、しっかり準備して不況を乗り越えましょう!

次の章では、不況に強い業界や仕事についてお伝えします!

転職先におすすめ!不況に強い業界・仕事一覧

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況に強い業界・仕事を紹介します!

景気に影響されず、安定した生活を手に入れたい人は参考にしてください!

不況に強い業界
  1. 生活に関わる業界・仕事
  2. 生命に関わる業界・仕事
  3. 娯楽に関わる業界・仕事

それぞれの業界についてお伝えします!

業界1:生活に関わる業界・仕事

不況に強い業界でまず考えられるのは、普段の生活に欠かせないインフラ分野の業界です。

生活を支えている業界は、人々が生きていく上で欠かせない仕事であるので、簡単に不況の影響を受けません。

電気やガス、日用品、食品・飲料など、生活に欠かせないインフラ分野の仕事はたくさんあります。

たとえ不況でも、インフラ分野の仕事は生活に欠かせないので、ほとんどの会社が業績が落ちることはありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
インフラ分野の仕事は、無くなれば多くの方が最も困る分野とも言えるので、

不況でもあまり関係なく仕事をすることができます!

具体的に、生活に関わる業界は次のようなものがあります!

生活に関わる業界の例
  1. 石油業界
  2. 電力・ガス業界
  3. 消費財・日用品業界
  4. 食品・飲料業界
  5. JR・私鉄業界
  6. 陸運・物流業界

業界2:生命に関わる業界・仕事

次に不況に強い業界として考えられるのは、生命に関わる分野の仕事です。

具体的には、病院や保険、介護などに関わる仕事が生命に関わる仕事に当てはまります。

どんな状況になっても、最も大切なのは人の命です。

病院や保は、人の命を守るものであり、生きていく上で誰もがお世話になるものなので、世の中がどういう状況になっても、安定して仕事があります。

転職エージェントの佐々木
佐々木

持病を持っている人は、世の中が不況だろうが関係なく、病院を利用するので、

医療や介護の仕事はどんな時でも忙しいものです。

具体的に、生命に関わる業界は次のようなものがあります!

生命に関わる業界の例
  1. 医薬品業界
  2. 生保・損保業界
  3. 介護業界

業界3:娯楽に関わる業界・仕事

もう一つ不況に強い業界として挙げられるのは、娯楽に関わる業界です。

娯楽は無くても生きていけると思われがちですが、娯楽があることによって、人々のストレスは保たれています。

実際、多くの人が娯楽施設でストレス解消をしており、生きる活力を見出している人もいます。

全員に必要な訳ではありませんが、娯楽に関わる業界の仕事も、たとえ不況でも、人々が健康に生きていくために欠かせるものではありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
パチンコなどの娯楽施設は、不況でも多くの人が訪れており、業界全体としてそれほど不景気の影響を受けていません。

具体的に、娯楽に関わる業界は次のようなものがあります!

娯楽に関わる業界の例
  1. 通信・携帯電話業界
  2. ITサービス業界

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況に強い業界です!
不況に強い業界
  1. 生活に関わる業界・仕事
  2. 生命に関わる業界・仕事
  3. 娯楽に関わる業界・仕事
転職希望者のゆり
ゆり
生活・生命・娯楽に関わる業界が、不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

この3つの業界の仕事は、世の中の状況がどうあれ、人々の生活には欠かせない業界です!

各仕事の詳しい詳細について知りたい方は、次の記事をご覧ください!

次の章では、不況に弱い業界から転職するための方法をお伝えします!

不況に弱い業界から転職するための方法

佐々木

それでは、不況に弱い業界から転職するための方法を紹介します!

不況に弱い業界から抜け出したい人は、効率よく転職するためにも、転職エージェントを活用すべきですよ!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに、不況の影響を受けにくいかつ、あなたに向いてる仕事を紹介してくれます!

様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、不況に弱い業界から転職できるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、不況でも儲けている業界で働いている人の体験談を紹介します!

不況でも儲けている業界で働いている人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況でも影響なく儲けている業界で働いている人の体験談を紹介します!

不況に強い業界で働いている人は、どんな状況なのか参考にしてください!

仕事がたくさんある

自分は介護業界で働いていますが、たとえ不況でも高齢者の数は変わらない、むしろ増えているので仕事がたくさんあります。

コロナの影響で、働き手の数は減っているけど、仕事の量は変わらない。勤務すればした分だけお金はもらえるので、正直コロナ前よりも収入は増えました。仕事があることは幸せなことだと思っています。

転職相談:28歳・男性

普段と変わらない

物流関係の会社で、事務の仕事をしています。コロナの影響は多少ありますが、物流を止めることは出来ないので、普段と変わらず仕事はできています。

会社自体の話で言うと、ここ最近は仕事も増え利益は増えているみたいです。個人の生活はもちろん、会社規模でも物流に頼る人が多くなっているので、私たちの業界は儲かっています。個人としての収入はそれほど変わっていませんが、いつもと変わらず毎日仕事ができています。

転職相談:27歳・女性


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況でも儲けている業界で働いている人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
不況でも特に変わることなく、今まで通り仕事ができている人はたくさんいるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

仕事を選べば、不況でも関係なく働き続けられますよ!

次の章では、不況時の転職活動を乗り切るためのコツをお伝えします!

不況でも上手く転職活動を乗り切るための3つのコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不況でも上手く転職活動を乗り切るコツをお伝えします!

お伝えすることを実践すれば、転職の成功率がグッと高くなりますよ!

転職活動を乗り切るコツ
  1. これまでの成果を洗い出す
  2. 希望条件をやや下げてみる
  3. コネクションを活かして転職する

それぞれのコツについてお伝えします!

コツ1:これまでの成果を洗い出す

不況時の転職活動では、自分の実績を上手く伝え、即戦力であることをアピールするのが大切です。

そのためにやるべきなのが、これまでの成果を洗い出すことです。

どんなに細かいことや小さいことも良いので、成果だと思うことを実績として履歴書に書き、転職先でどう活かせるかを考えるようにしましょう。

不況になれば、企業側はより即戦力の人材を求めるので、成果を上手くアピールできれば、採用される確率が高くなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
不況時の転職活動では、持っている潜在能力よりも、実績に魅力を感じる企業が多い傾向があります!

コツ2:希望条件をやや下げてみる

あえて現職で得ている雇用条件よりも、低く希望を出すこともおすすめです。

実際不況時には、少ない採用枠に対して多くの応募が集まることが多いので、下手に条件にこだわりすぎると採用を見送られます。

まずは条件を低く希望した方が、採用される確率は高くなります。

ただ給与が低賃金のままは辛いので、不況が解消された後には、給与アップやボーナスアップしてもらうなど、事前に交渉をしておくのが良いでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
下手にお金にこだわると、転職に失敗する確率が高くなるので要注意です!

コツ3:コネクションを活かして転職する

自分が持っているコネクションを活かして、転職先を探すこともおすすめです。

不況時は、通常より求人倍率が高くなる傾向にありますが、コネクションを活かした転職なら、競争率は低くなります。

また、企業も採用にかける費用を抑えられ、かつ顔見知りを採用できるといったメリットを得られるので、お互いにとって嬉しいことばかりです。

不況時には、転職サイトなどに求人を掲載せず、密かに採用活動を行う会社もあるので、コネクションが使える人は、転職の相談をしてみるべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
むやみに応募しても競争率が高いので、コネクションも上手く活用して転職先を探すべきですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不況の中で上手く転職活動を乗り切るコツです!
転職活動を乗り切るコツ
  1. これまでの成果を洗い出す
  2. 希望条件をやや下げてみる
  3. コネクションを活かして転職する
転職希望者のゆり
ゆり

これらのコツを意識して、転職活動を進めれば良いんですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

不況だからこその厳しいこともあるので、これらのコツはしっかり意識すべきですよ!

不況に弱い業界で仕事をしている人は、もしも時のために準備を!

佐々木

今回は、不況に弱い業界はどこか疑問を持っている方に向けて、

不況に弱い業界一覧や、不況を上手く乗り切るための準備をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 不況に弱い業界で働き続けるのは、かなりリスクがある
  • 不況を乗り切るためにも、転職エージェントに登録すべき
  • 生活・生命・娯楽に関わる業界や仕事は不況に強い
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!