営業が辛い…きつい理由と乗り越え方&営業職が向いていない人の特徴

営業が辛い...きつい理由7選と乗り越え方&仕事が向いてない人の特徴

「営業が辛い…」

「ノルマが達成できない…」

営業職で働いているものの、営業成績や営業の方法などが原因で悩んでいる人は多いです。

この悩みを解決するために、『きついと感じる時の乗り越え方』や『営業が向いていない人の特徴』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、自分が辛いと感じる原因が分かり、今ある状況を改善出来ますよ!
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

営業が辛い、うまくいかない…きついと感じる7つの理由

佐々木
それでは、営業が辛いと思う理由から見ていきましょう!

周りの人の状況も知ることで、自分の状況を冷静に判断できるようになりますよ!

営業が辛い理由
  1. 営業ノルマが辛い
  2. 結果のみで判断される
  3. 新規営業が苦しい
  4. 人間関係につかれた
  5. 商品に自信が持てない
  6. 営業のやり方に納得できない
  7. お客様に頭を下げるのが辛い

1つずつ見ていきましょう!

理由1|営業ノルマが辛い

営業で辛いと思う理由で一番多いのは、営業ノルマがあることです。

営業ノルマがあることで責任や重圧に押し潰されるなど、

精神的に追い詰められると本来の力が発揮できず、仕事がただ辛いものになってしまいます。

また、ノルマを達成させるためにプレッシャーをかけたり、部署内での競争心を煽るなど、精神的に追い込まれる環境の企業も多いです。

ノルマを計画的にクリアできれば問題ないですが、結果を出せない状況が続くと、気が休まらない状況から一向に抜け出せません。

理由2|結果のみで判断される

営業は経過ではなく結果だけで評価される場合が多いため、辛いと感じる人が多いです。

なぜなら、どんなに工夫したり一生懸命仕事をしたとしても、成績が良くなければ何もしていないのと同様の評価をされるからです。

そのため、毎日残業をしたり成果を出すために頑張っていても、結果が出ていなれば昇級も難しく、賞与も年収も上がりません

理由3|新規営業が苦しい

新規営業は、朝から晩まで電話をかけたり飛び込みで営業をする必要があるので、精神的にも体力的にも辛い状況になりやすいです。

また、どんなに営業を行ってもアポイントを取ることができず、どんどん疲れが溜まっていくことも…。

門前払いされたり電話をすぐ切られるだけでなく、ひどい時には暴言を吐かれることもあるため、精神的に追い詰められてしまいます。

理由4|人間関係につかれた

営業ではお客様との人間関係はもちろん、会社の中での厳しい上下関係や上司との人間関係に疲れてしまう人も多いです。

業務時間内の仕事なら我慢できても、接待など業務時間外もお客様や上司と顔を合わせる必要もあるでしょう。

それに加えて、会社の雰囲気は常にピリピリしており、上司から詰められるような環境の場合も…。

このように、多方面で人間関係を気にする必要があるため、気が休まる暇がなく営業が辛いと思うようになります。

理由5|商品に自信が持てない

自分が売っている商品に自信が持てない場合、心からその商品が良いと思って売り込むことができません。

そのため、商品の営業をするたびに、辛いと感じてしまう人が多いです。

自分の売っている商品がお客様のためになると思えなければ、徐々に商品をオススメしづらくなり、営業成績にも影響してしまいます

理由6|営業のやり方に納得できない

営業自体が相手を騙している気がしたり、営業手法が過酷であるなど営業のやり方に納得できず、辛いと思う人も多いです。

会社によっては、会社の方針に加えて上司の方針があり、営業手法がどんどん過酷になる場合もあります

また、嘘をついている訳では無いものの、契約を取るために話を構成していくと、お客様を騙しているような気持ちになってしまう人も…。

そのため、上手く契約が取れたとしても罪悪感が心に残り、辛いと感じる営業マンが多いのです。

理由7|お客様に頭を下げるのが辛い

契約を取るために、必要以上に頭を下げることが辛いと感じる営業マンは多いです。

なぜなら、自信を持って商品を売り込んでも、契約が取れなければ評価に繋がらないため、

お客様にお願いする形であっても契約を取る必要があるからです。

特に新規営業では、信頼関係が築けていない中でアポイントを取ったり、売り込みをする必要があります。

そのため、契約を取るためにひたすら頭を下げたり、低姿勢で話をする営業が多くなり、次第に辛いと思うようになります。


佐々木
ここまで、営業が辛いと思う原因についてお伝えしました。

まとめると次の通りです!

営業が辛い理由
  1. 営業ノルマが辛い
  2. 結果のみで判断される
  3. 新規営業が苦しい
  4. 人間関係につかれた
  5. 商品に自信が持てない
  6. 営業のやり方に納得できない
  7. お客様に頭を下げるのが辛い
ゆり
営業ノルマが辛いと思っていましたが、皆さん同じ気持ちなんですね…。

他にも辛いと思う理由を知れて良かったです!

佐々木
辛いと思う理由は人それぞれですが、大きく分けると7つの理由が原因と言えます。

自分が特にどのポイントで辛いと感じるのかが分かると、次の行動を決めやすくなりますよ!

次の章では対処法を紹介するので、出来るものから実践して負担を減らしていきましょう!

営業が辛くてノルマが達成できない時の対処法7選

佐々木
それでは、営業が辛くてノルマ達成できない人の対処法を紹介します!

対処法を知ることで、自分の仕事を見直すことができ、ノルマ達成に近づくでしょう!

営業が辛い人の対処法
  1. 営業がうまくいかない原因を考える
  2. 事前準備をしっかり行う
  3. 誠意をもった対応をする
  4. 成績の良い営業マンの真似をする
  5. ノルマをゲームと捉える
  6. 先輩や同僚に相談する
  7. 自分から心を開いて笑顔で接する

1つずつ説明します!

対処法1|営業がうまくいかない原因を考える

営業が上手くいかない場合は、まずは上手くいかない原因を考えてみましょう!

なぜなら、原因を洗い出していくことで、少しの工夫で改善できる事柄が出てくるからです。

実際に原因として考えられるのは、次のようなことです。

営業が上手くいかない原因
  • 話す内容が決まっていない
  • 人前に出るのが緊張する
  • 上司の言うことを実践出来ていない

これらのことは、事前の準備や自分の出来る範囲で行動に移すことで、改善されることが多いです。

まずは、自分の状況を客観視しながら、なるベく細かく原因を洗い出していくことが大切です!

対処法2|事前準備をしっかり行う

事前準備をしっかり行うことで心の準備ができ、より良いプレゼンが出来るようになります。

具体的には、自分の売る商品だけでなく、お客様のことや取引先の会社のことなど、相手の情報を知っておくことが大切です。

相手が明確に分かっている場合は、執筆記事やSNSなど一歩踏み込んだ情報まで目を通しておくことで、

信頼関係が築きやすくなったり、相手に合ったプレゼンをしやすくなるでしょう!

対処法3|誠意をもった対応をする

誠意をもった対応をすることで、お客様からの信頼感を得られ、話を聞いてもらいやすくなります。

具体的には、次の3点を意識しましょう!

誠意をもった対応
  1. 約束を守る
    小さなことや口約束でも、しっかり守る
  2. 期日は余裕をもって提出する
    不測の事態が起こっても期日までに終えられるように、余裕を持って行動する
  3. 嘘をつかない
    信用問題に関わるので、嘘でごまかすなど小さな嘘も付かないようにする

これらの3つは小さなことに感じる人が多いと思いますが、大きな信用は小さな信用の積み重ねでしか勝ち取れません。

小さなことでも信用を失ってしまえば、売上も失うことになるので気を付けましょう。

また、誠意をもった対応はお客様だけでなく、社内の人でも同じことが言えるため、信頼が得られれば仕事の波に乗ることが出来ますよ!

対処法4|成績の良い営業マンの真似をする

営業方法に不安があったり、自分のやり方で売上が上がらない場合は、成績の良い営業マンの真似をしてみましょう!

なぜなら、成績の良い営業マンの行動には、成績が良いだけの理由が必ずあるからです。

いきなり全てを真似するのは難しいので、自分が出来ることから真似してみましょう。

具体的には、次のようなポイントを真似してみることが大切です。

マネするポイント
  • 電話で話している内容や話し方
  • メールの文頭の内容
  • 勤務時間や時間の使い方
  • デスクトップに置いているもの

このように、一見営業とは関係ないことでも、営業成績に繋がる1つのポイントであることが多いです。

営業成績の良い人は無駄な動きが少なく、小さな行動にも意味があるため、小さなことでも真似することで行動や成績に変化が表れるはずですよ!

対処法5|ノルマをゲームと捉える

ノルマが辛いと感じる人は、ノルマをゲームとして捉えてみましょう!

なぜなら、ゲームと捉えることで気持ちが楽になるだけでなく、ノルマを達成できなかった原因を考えられるようになるからです。

ノルマと考えると「達成しないと怒られる」と不安や恐怖が先行し、嫌気がさす人も多いです。

しかし、ノルマは「自分の能力値」ではなく、次のような様々な要素があった上で設定されています。

ノルマに関わる要素
  1. 商品単価
  2. 成約数
  3. アポイント数
  4. アプローチ数

このような要素を優秀な人と比較することで、自分の修正点が明確になり、ゲーム感覚で数値を伸ばしていけますよ!

対処法6|先輩や同僚に相談する

悩みがある場合は、1人で抱え込まず先輩や同僚に相談してみることが大切です。

なぜなら、1人で抱えてしまうと心を塞ぎ込んでしまい、ミスが増えたり焦りが生じる原因になるからです。

相談をすることで、自分1人で考えるよりも幅広い視点で考えやすくなったり、経験豊富な人からのアドバイスをもらえます。

相談する際は、「自分の考え・工夫や努力している点・悩んでいるポイント」など、自分の理解や行動を伝えたうえで改善点を聞きましょう。

漠然とした質問や相談をするよりも、一歩踏み込んだ内容を伝えることで詳しいアドバイスをもらえる可能性が高まりますよ!

このような相談を何人かに行い、その中で自分が納得できたものを行動に移していくことで、結果が付いてきます。

対処法7|自分から心を開いて笑顔で接する

冷たい態度を取られないためには、笑顔で接することが大切です!

なぜなら、明るい印象を与えることで、営業をしても相手が不快感を抱きづらくなるからです。

笑顔で接することで、会話を自分のテンポに持って行きやすくなり、言いたいことを言い切りやすくなります!

さらに、相手の話をしっかり聞くことも意識することで、「自分の話を聞いてもらえている」という安心感に繋がり、さらに話を聞く姿勢になってもらえます。

自分から心を開いて笑顔で接することで、お客様との信頼関係を築けますよ!


佐々木
ここまで、営業が辛い人の対処法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

営業が辛い人の対処法
  1. 営業がうまくいかない原因を考える
  2. 事前準備をしっかり行う
  3. 誠意をもった対応をする
  4. 成績の良い営業マンの真似をする
  5. ノルマをゲームと捉える
  6. 先輩や同僚に相談する
  7. 自分から心を開いて笑顔で接する
ゆり
ありがとうございます!

すぐにでも実行できそうな対処法があったので、行動したいと思います!

佐々木
そうですね!

営業が辛いからと自分を責めたり諦めたりせず、問題と向き合って対処していきましょう!

前向きに行動に移すことで、結果はついてきますよ!

次は、営業の仕事が向いていない人の特徴を紹介します!

営業の仕事が向いていない人の特徴

佐々木
営業の仕事が向いていない人の特徴を見ていきましょう!

向いていない人の特徴が分かれば、営業が向いていないから辛いと思うのか判断できますよ!

営業が向いていない人の特徴
  1. コミュニケーションが苦手
  2. ストレスを感じやすい
  3. プライドが高い
  4. 目標から逆算が出来ない
  5. 提案力がない
  6. 人のせいにしてしまう
  7. ネガティブ思考

1つずつ詳しく見ていきます!

特徴1|コミュニケーションが苦手

佐々木
営業が向いていない人の特徴の1つ目は、コミュニケーションが苦手なことです。

営業職は初対面の人とも信頼関係を築き、自分を売り込んでいく必要があるため、コミュニケーションが取れないと関係を作れません。

具体的には、次のような人は営業に向いていないと言えます。

コミュニケーションが苦手な人の特徴
  • 初対面の人に自分をアピール出来ない
  • 笑顔で会話をすることが難しい
  • 空気を読めない
  • お客様の質問に答えられない
  • 目を見て話すことが苦手

さらに、営業で関わるお客様はタイプや性格・年齢がバラバラなので、様々な人とコミュニケーションをとる能力が求められます。

特徴2|ストレスを感じやすい

佐々木
営業が向いていない人の特徴の2つ目は、ストレスを感じやすいことです。

営業職はノルマがあり、売上や人間関係など様々なプレッシャーを感じることが多いです。

そのため、メンタルが弱い人やプレッシャーを負担に感じる人にとっては、過酷な仕事になる可能性があります。

実際、営業では断られることの方が多いので、その都度落ち込んでいては心が持ちません。

また、ストレスの感じ方や解消能力は人によって異なるにも関わらず、

部署内にストレス耐性が高い人が多いと、ストレス耐性が高い人たちの普通が基準になってしまいます。

特徴3|プライドが高い

佐々木
営業が向いていない人の特徴の3つ目は、プライドが高いことです。

プライドが高い人は、売上を伸ばしきれないことが多いです。

なぜなら、プライドが高いと素直に要望を聞き入れたり、アドバイスを受け入れることが出来ないからです。

ある程度のプライドは必要ですが、プライドが高すぎると売上の邪魔になります。

自分なりのやり方や鉄板トークがある人ほどプライドを持っているため、上司からの注意やアドバイスを素直に聞き入れません。

そのため、上司からの指示を受け入れられず、徐々に売上が下がってしまいます。

特徴4|目標から逆算ができない

佐々木
営業が向いていない人の特徴の4つ目は、目標から逆算ができないことです。

営業では結果が全てなので、「いつまでに、何を、どのくらい行うのか」を考える必要があるため、逆算能力が重要です。

具体的には、次のように考えて行動していきます。

逆算できる人の考え方
  • 1週間後までに〇〇円売上をつくる必要があるから、1日▲件の営業が必要
  • 10日後までに▲件のアポイントが必要だから、今日は□件のテレアポをしよう

このように、最終ゴールから今やるべきことを細かく考えることが大切なので、目標やゴールから逆算できない人は、営業に向いていません。

特徴5|提案力がない

佐々木
営業が向いていない人の特徴の5つ目は、提案力がないことです。

提案力がなかったり、自分で考えて行動できない人は、お客様に商品を売ることが出来ません。

なぜなら、営業職ではお客様に合わせて、自社商品の提案方法を考える必要があるからです。

営業はモノを売る仕事と考えらることが多いですが、提案することが仕事であり、醍醐味のひとつになります。

指示がないと動けない人は、上司に言われたことしか言えないので、商品の魅力を伝えられません

特徴6|人のせいにする

佐々木
営業が向いていない人の特徴の6つ目は、人のせいにすることです。

上手くいかないことがあると逃げてしまったり、人のせいにする人は営業に向いていません。

なぜなら、売れない理由を他人のせいや外部の環境のせいにしていては、一行に売上が上がらないからです。

具体的には、次のように考える人が自分に責任がないと思っている人に当てはまります。

人のせいにする人の考え方
  • 会社の商品が良くない
  • テレアポのリストが悪い
  • 高価な商品だから売れない
  • 担当エリアが悪い

このように、自分で改善できる部分を考えないなど、自分の能力不足を人のせいにしてしまう人は、成長が見込めないため営業には向きません。

特徴7|ネガティブ思考

佐々木
営業が向いていない人の特徴の7つ目は、ネガティブ思考なことです。

営業職では、マイナス面よりもプラス面を考える必要があります。

なぜなら、営業は断られることが多いので、マイナス面を見続けてしまうと精神的に追い込まれる可能性が高いからです。

具体的に、ネガティブ思考の人とポジティブ思考の人では、次のように考え方に大きな差があります。

考え方の違い
◎営業で10件回って3件アポを取れた場合

  • ポジティブ思考の人
    『今日は3件アポが取れた!明日は4件取れるように頑張ろう!』
  • ネガティブ思考の人
    『3件しか営業が取れなかった…なんで自分はこんなにダメなんだろう…』

このように、同じ結果でもネガティブに捉えてしまうため、自分で自分を追い詰めてしまい精神的な負担が大きくなってしまいます。


佐々木
ここまで、営業が向いていない人の特徴をお伝えしました。

まとめると次の通りです!

営業が向いていない人の特徴
  1. コミュニケーションが苦手
  2. ストレスを感じやすい
  3. プライドが高い
  4. 目標から逆算が出来ない
  5. 提案力がない
  6. 人のせいにしてしまう
  7. ネガティブ思考
ゆり
これらに当てはまる人は、営業に向かないんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

営業は行動して結果を残すことが大切なので、受け身の人や繊細な人はダメージが大きいので向いていません。

次に、営業が辛くて転職したいと思う場合の対策方法を紹介します!

営業職が辛くてしんどい時は転職するのもあり!

佐々木

それでは、営業からの転職活動のために使うべきサービスについてお伝えします!

転職する時は「転職エージェント」を使うことをオススメします!

転職エージェントに登録すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

具体的には、次のような転職のサポートを無料で行ってくれます!

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、営業からの転職におすすめの仕事を紹介します!

営業からの転職におすすめの仕事

佐々木
それでは、営業からの転職におすすめの仕事を紹介します!

次の仕事は、営業職からのスキルを活かしやすいのでおすすめです!

おすすめの仕事
  1. 今の営業に向いてないなら種類を変えてみる
  2. 事務職
  3. 人事・労務職
  4. 企画、マーケティング職

それぞれ見ていきましょう!

おすすめの仕事1|営業の種類を変えてみる

「営業職にはもう少し関わりたい」「スキルアップしたい」と考えている人は、種類を変えて営業職を続けることをオススメします!

今の仕事が合わないと思っていても、別の種類の営業なら成績を伸ばせることもあります。

具体的には、次のような種類があります。

営業の種類
  • 新規営業:新しいお客様を開拓する
  • 既存営業(既存フォロー、ルート営業):取引のあるお客様に要望に沿って新しい提案をする
  • 法人営業:会社を相手に営業する
  • 個人営業:一般の方を相手に営業する
  • 営業事務:営業マンのサポート役で電話対応から書類作成まで幅広い事務作業を行う

このように、営業には幅広い種類があるので、自分のタイプにあわせて選ぶと成績を伸ばしやすいでしょう!

おすすめの仕事2|事務職

事務職は、営業で培ったコミュニケーションスキルやパソコンスキルを活かせるため、比較的転職がしやすい職種です。

しかし、営業職に比べ給料は低く、仕事に慣れてくると物足りなさを感じる人も多いです。

自分が安定と刺激のどちらを求めているのかなど、自分の理想や環境の変化を考えた上で転職しましょう!

おすすめの仕事3|人事・総務

人事・総務も営業職から転職がしやすい職種のひとつであり、事務職に含まれる場合もある職種です。

人事は、新卒採用から中途採用、社員教育など幅広い人と関わるため、営業で培ったコミュニケーション能力が活かされます。

また、総務は売上増加やコスト削減の施策を考えたり、業務効率化を支えるなど業務全般の管理を行うため、重要な役割を担っています。

営業には自信が無くても、会社を向上させるためのサポートを行いたい人にはぴったりの仕事でしょう!

おすすめの仕事4|企画、マーケティング職

営業を通して業界の知識が豊富だったり、販売戦略を立てることが得意な人は、企画・マーケティング職がおすすめです!

企画職とマーケティング職の仕事内容は次の通りです。

仕事内容
  • 企画職:新しい商品やサービスを生み出す
  • マーケティング職:新しい商品を売り出すための調査をする

どちらも深い知識や情報収集スキル。分析力などが必要になるため、新入社員が配属されることはありません。

また、商品の販売戦略を立てるためには、営業との連携が必要になるため、営業職で培った経験が活きるでしょう。


佐々木
ここまで、営業職からの転職におすすめの仕事をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

おすすめの仕事
  1. 今の営業に向いてないなら種類を変えてみる
  2. 事務職
  3. 人事・労務職
  4. 企画、マーケティング職
ゆり
これらが、営業職のスキルを活かせる仕事なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

営業職の人はどんな仕事にも役立つスキルを持っていますが、これらの仕事は特におすすめです!

自分がどんなスキルを活かしたいかを考えれば、転職先が見えてきますよ!

次に、営業が辛いと思う人からよくある質問を紹介します!

仕事が辛い営業マンからよくある質問

佐々木
それでは最後に、営業が辛いと思う人から良くある質問にお答えします!

辛い状況から脱出するためにも、確認してみましょう!

質問1|営業職がおすすめの理由は?

営業職がおすすめの理由は、どの業界・職種でも必要となるスキルが身に付くことです!

なぜなら、営業職には様々な職種のスキルが少しずつ含まれているため、未経験転職の際などに有利になりやすいからです。

また、成果が目に見えるためやりがいを感じやすいこともメリットと言えます!

具体的には、次のような点をメリットと感じている人が多いようです。

メリットと感じる点
  • お客様から直接感謝の言葉が聞ける
  • 自分の成長を感じられる
  • 大きな商談を任せてもらえる
  • コミュニケーション能力が上がる
  • 様々な人と関わることが出来る

このように、自分の成果や成長を感じられる実感があることがメリットになっています!

質問2|営業の中で辛い仕事内容ってある?

辛いと思うポイントは人それぞれなので一概には言えませんが、辛いと感じる人が多い仕事は次の通りです。

辛いと感じる人が多い仕事
  1. 飛び込み営業:アポ無しで訪問し、商品で売り込む必要がある
  2. テレアポ営業:電話でアポイントを取る必要があり、それなりの技術が必要
  3. 個人向け営業:個人のお客様を対象にするため、対応に差がある
  4. 代理店営業:新規開拓と既存のお客様のサポートを並行して行うため激務である
  5. ルート営業:新規開拓やノルマは無いが、お客様のタイミングに左右される

営業で辛いと思われるポイントは、やりがいや成長に繋がるポイントでもあります。

そのため、自分が働く目的や性格によって、仕事に対する感じ方は違いますよ!

質問3|営業が辛い業界ってある?

営業が辛いと言われている業界は次の通りです!

営業が辛い業界
  1. 不動産:基本給が低く歩合制のことが多いため、激務なのに安定しづらい
  2. 商社:中小企業は労働環境が悪く激務なため、心身ともに体調を崩しやすい
  3. 広告:激務で週7勤務、週7営業日と言われるなど休みが無い
  4. 医療:プライドの高いお医者さんを相手にするため新規開拓が難しい
  5. 投資業界:証券などお客様のお金を扱うのでクレームを言われることもある

これらの業界は、精神的・体力的にきついと感じやすいので、営業が辛いと言われています。

取引先や業務内容によって辛さは変わってくるので、自分との相性を見極めることが大切です!


佐々木
営業が辛いと感じると、マイナスな部分ばかり見てしまいます。

自分の辛さを客観視するためにも、プラスの部分や業界としてなど幅広い視点を持つことが大切ですよ!

まとめ|営業が辛い・向いてないなら転職も検討すべき!

佐々木

今回は、営業が辛いと思う人に向けて、辛い状況の解決方法や向いていない人の特徴をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 営業職は精神的負担が多いため辛いと感じる
  • 受け身の人や繊細な人は営業に向いていない
  • 営業職が辛いなら、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたの転職が成功することを祈っています!