転職エージェントおすすめランキング13選

生活相談員を辞めたい、辛い…ストレスで大変な理由&おすすめの転職先

生活相談員を辞めたい、辛い…ストレスで大変な理由&おすすめの転職先

この記事でお伝えすること
  • 生活相談員を辞めたいと悩む3つの理由
  • 生活相談員からの転職におすすめの業種・業界
  • 生活相談員からの転職で失敗を最小限する方法
  • 生活相談員からの転職体験談
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『忙しすぎて休めない…、生活相談員を辞めたい…。』

『人間関係がストレスで、今の職場を辞めたい…。』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

生活相談員として働いていますが、転職を考えています。

人手不足で、最近ちゃんと休めていなくて…。

佐々木

生活相談員は精神的なストレスがたまりやすいポジションですからね…。

そこで、まずは辞めたいと悩む人が多い「生活相談員」の現状についてお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

生活相談員を辞めたい…ストレスが限界に達する前に行動を!

佐々木
実際、ストレスで生活相談員を辞めたいと思う人は多くいらっしゃいます。

理由は次の通りです。

  • 利用者と施設の間で板挟みになる
  • 施設の「何でも屋」的なポジションで忙しい
  • 大変な割に給料が低い
ゆり
大変な割に給料が低かったら、辞めたくなるのは当然です…。
佐々木
そうなんです…。

たしかに、生活相談員の人から転職相談を受けることはよくあります。

例えば、生活相談員がつらくて辞めたい事例は、次の通りです。

もし生活相談員を辞めたいと感じているなら、ストレスが限界に達する前に転職活動をすべきです!

また、辛い気持ちのまま生活相談員を続けていると、うつ病や自律神経失調症のリスクもあるので、まずは逃げ道を確保すべきです。

佐々木
生活相談員を辞めても活躍できる環境は必ずあります!

辞めたい気持ちがあるなら、環境を変えることも考えてみましょう。

次の章で、生活相談員を辞めたいと感じる理由について、もっと詳しく見ていきましょう。

生活相談員は大変で辛い…辞めたいと悩む理由3選

佐々木

生活相談員を辞める理由は人それぞれですが、代表的な理由は次の3つになります。

よくある辞めたい理由を知れば、今の仕事を客観的に見つめ直すことができますよ。

生活相談員を辞めたいと感じる理由
  1. 利用者と施設の間の橋渡し役で、板ばさみになる
  2. 仕事量が多く体力的にきつい
  3. 大変な割に給料が少ない

それでは、1つ目の理由から詳しく見ていきましょう。

理由1|利用者と施設の間の橋渡し役で、板ばさみになる

まず生活相談員として多いのが、「利用者側」と「施設の職員」の間で板ばさみになってしまうことです。

たとえば、介護施設の職員がミスして利用者の家族からクレームが来るとなると、対応するのは責任者である生活相談員です。

生活相談員の立場上、現場の施設の職員の大変さも分かるので、きつくは言えないということもしばしばあります。

このように、利用者側のクレーム対応、施設側への気遣いで悩んでしましい、精神的なストレスを抱えることが多いです。

佐々木

他にも、介護士・ケアマネ・行政の人との打ち合わせもあり、苦労が多いポジションでもあります。

「辞めたい、転職したい」と思うのも仕方はありません。

理由2|仕事量が多く体力的にきつい

次の通り、生活相談員の仕事はとにかくやることが多いです。

生活相談員の仕事内容の一部
  • 施設利用者の入所に関する面談・判定会議
  • ケアプランの作成
  • 施設利用者の相談・クレーム対応
  • 行政からの通知や会議

生活相談員は、施設等の中心的な役割なので、その分関わる人の数も多くやることもたくさんあります。

様々な職種と打合ちわせや会議があるので、スケジュールがバラバラになってしまいます。

そのため、定時で帰れることは少なく、サービス残業も当たり前という状況になってしまうんです。

佐々木
考えることも多い上、仕事量自体も多いので、体力的に身体が保たないですよね…。

理由3|大変な割に給料が少ない

ここで問題なのは、生活相談員は大変な割に給料が少ないということです。

介護の現場では無くてはならない職種ですが、統計上年収は300万円前後が平均となっています。

介護士を経て生活相談員にキャリアアップをした人もいると思いますが、あまり給料が上がらず、むしろ仕事が増えただけというのが現状です。

佐々木

平成29年に「介護事業の処遇改善加算精度」という介護士への給付金のような制度があり、

介護士の給料は1人あたり月1万円上がり、ほんの少し改善されました。

その分、介護士との給料の差は縮まってしまい、生活相談員の不満は大きくなるばかりですよね。


生活相談員を辞めたい理由は以上になります。

もう一度まとめると、次の通りです!

生活相談員を辞めたいと感じる理由
  1. 利用者と施設の間の橋渡し役で、板ばさみになる
  2. 仕事量が多く体力的にきつい
  3. 大変な割に給料が少ない
ゆり
やりがいがあって介護の仕事を選んでも、これでは辞めたくなるのも仕方ないですね…。
佐々木

そうですよね…。

我慢をし続けると精神的にも壊れてしまいます。

一度、体を休めて今の状況を考え直してみるといいかも知れません。

次の章では、生活相談員の転職した体験談についてお伝えしていきます。

生活相談員を辞めてよかった!大変なストレスから解放された体験談

佐々木

この章では、実際に生活相談員を辞めた人の例を見ていきましょう!

体験談を見ることで、より転職がイメージしやすくなりますよ!

ゆり
転職に成功できた人は、悩みから解放されて、楽しく働けていますね!
佐々木
そうなんです!

正しい方法で転職活動を行えば、自分らしく働ける転職先に出会える確率はグッと高まりますよ!

次の章では、生活相談員を辞めたい人が転職を成功させる方法についてお伝えしていきます!

生活相談員を辞めたい人が転職を成功させる方法

佐々木

もし生活相談員の仕事が辛い場合は、体を壊す前に、転職を検討するべきです。

転職する場合は、転職エージェントを活用して、働きながら転職活動するのがするのがおすすめです。

転職エージェントのサポート内容は次の通りです。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントでは、次のようなサポートをしてくれます。

転職エージェントの流れ

1人では面倒な書類の手続きを手伝ってくれたり、面接対策もサポートしてくれるので、

ムダのない効率的な転職活動ができます。

ゆり
こんなにサポートしてくれるんですね…。
佐々木

そうなんです!

登録から転職後まで完全無料で利用でき、一切費用はかからないので、1度登録してみるのをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

ゆり
実際、どこの転職エージェントを使えばいいんですか?
佐々木
それでは、業界で定番の転職エージェントをいくつか紹介していきますね!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

また業界でもサポートが充実していると定評のある転職エージェントばかりなので、

自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらうことができ、年収を下げない転職を実現できます!

ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…。
佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

生活相談員を辞めた後に、スキルを活かせるおすすめの転職先

佐々木
では生活相談員からおすすめの業種・業界を、次のように表にしたのでお伝えしていきます。

転職先で何をしたいかわからない人は、転職先の参考にしてみると良いですよ。

生活相談員におすすめの転職先
  1. 社会福祉士
  2. ケアマネージャー
  3. 事務職
  4. 営業職
  5. 接客業
  6. 他の施設の生活相談員

それでは1つずつ見ていきましょう!

おすすめの転職先1|社会福祉士

生活相談員として社会福祉士の資格を取得している場合、それを活かす職種を選ぶのもおすすめです。

平均年収約476万円
仕事内容パソコンを使って書類の管理や作成をしたり、電話対応などを行う。
おすすめ
ポイント
  • 資格や経験を活かせる
資格
  • 社会福祉士
佐々木

社会福祉士は、介護のイメージが強いかもしれませんが、介護業界以外にも活躍できる場所はあります。

病院、保健所、障害者支援施設、地方自治体の福祉事務所など、さまざまな場所で働けます。

おすすめの転職先2|ケアマネージャー

実務経験が5年以上ある場合、ケアマネジャーもおすすめです。

平均年収約385万円
仕事内容ケアプランを作成し、介護サービスの内容や料金などを説明する、など。
おすすめ
ポイント
資格や経験を活かせる。
資格・条件
  • 社会福祉士
  • 実務経験5年以上
  • 各自治体の介護支援専門員実務研修試験に合格する
佐々木

転職するハードルは高いですが、キャリアアップを考えて目指してみるのもおすすめです。

おすすめの転職先3|事務職

平均年収約329万円
仕事内容パソコンを使って書類の管理や作成をしたり、電話対応などを行う。
おすすめ
ポイント
  • パソコンのスキルが身につく
  • コミュニケーション能力が活かせる
資格なし
佐々木

ある程度の会社規模であれば、事務職は単独での業務ではなく、チームとして業務を進めています。

そのため、コミュニケーション能力が活かせる職場でもあります。

おすすめの転職先4|営業職(ルートセールス)

平均年収約349万円
仕事内容定期的に得意先を訪問し、主に商品やサービスのセールスを行う
おすすめ
ポイント
  • 飛び込み営業がない
  • 資格や学歴よりも、コミュニケーション能力が求められる
資格普通運転免許が必要な場合がある
佐々木

介護現場で様々な職種と関わった経験で培ったコミュニケーション能力を活かすことができます。

営業職は人気の高い職業なので、未経験だと少し難しい業務でもあるので気をつけてください。

おすすめの転職先5|接客業

未経験からの転職でおすすめなのは、接客業です。

接客業は何か特別なスキルが必要な訳ではないので、転職難易度は低めです。

平均年収約376万円
仕事内容
  • 飲食店や、量販店、旅館・ホテル・レジャー施設などにおいて、お客の対応などを行う仕事
おすすめ
ポイント
  • 接客が好きなら、経験を活かすことができる
資格なし
佐々木

介護から離れたいけど、人と関わるのが好きという人は選択肢に入れてみてください!

おすすめの転職先6|他の施設の生活相談員

生活相談員は続けてもいいけど給料に不満がある人などは、待遇のよい施設を探すのも良いでしょう。

平均年収約293万円
おすすめ
ポイント
資格や経験を活かせる
資格社会福祉士、社会福祉主事、介護福祉士、介護支援専門員など
佐々木
今いる施設の待遇がよっぽど酷いという人もいると思います。

何より、これまでの経験を1番活かせるのは、同じ生活相談員の仕事です。


以上が接客業からおすすめの転職先です。

まとめると、次の通りです。

生活相談員におすすめの転職先
  1. 社会福祉士
  2. ケアマネージャー
  3. 事務職
  4. 営業職
  5. 接客業
  6. 他の施設の生活相談員
ゆり
生活相談員から転職できる職業はあるんですね!
佐々木
はい!今の経験を活かせる転職先はたくさんありますよ!

年間20,000人の就職支援実績!

生活相談員を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

佐々木
今回は、生活相談員の現状と辞めたい時の対処法についてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 生活相談員を辞めたいと悩む人は多い
  • 体を壊す前に転職を考えるべき
  • もし転職するなら転職エージェントに登録すべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

いくつか登録してみます。

佐々木
はい!

どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「マイナビエージェント」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!